退職

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「どうしても仕事に行きたくないから休む理由が欲しい…」「上司に怒られる、会社に波風立てないようにしたい…」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も心がズタズタに擦り切れて自殺しそうになっていた時や、パワハラ上司と衝突していた時は、何度もこのような状況を経験したので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「安全に休みを取得する方法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

【当日】仕事に行きたくない時の休む理由

当日

 

ではまずはじめに、【当日】仕事に行きたくない時の休む理由についてご紹介していきます。

 

体調不良(頭痛/胃痛・腹痛/腰痛など)

頭痛

 

一番オーソドックスな休む理由は、体調不良(頭痛/胃痛・腹痛/腰痛など)です。

 

何度も同じ理由で休んでしまうと「バカタレ!仕事舐めとんのか!」と叱られるかもしれませんが、どうしてもという時にはやむを得ないでしょう。

 

 

例えば僕は「偏頭痛持ち」なので、時々出勤していてもフラフラになっていることがあり、上司や同僚はその特徴を理解してくれていました。

 

そのため朝起きて頭痛が本当に酷かった時に「頭痛がどうしても治らないので、お休みを頂きます」という休暇を年に1〜2回は取得していましたから…。

 

 

このように「●●君が●●で休む」となった時に「まぁ、仕方ないか…。」と、自分自身にも周りにも正当化できる理由にしておいた方が賢明です。

 

人は「嘘」に敏感なので、突然「腹が痛いので休みます」なんて言っても、後で「本当に腹が痛かったのか?」と聞かれてドギマギしたら、キツいお叱りを受けますからね…。

 

風邪やインフルエンザ

風邪

 

風邪やインフルエンザも、休む理由として正当です。

 

ただしインフルエンザや新型コロナウイルスなど「会社に持ち込まれるとヤバいウイルス」は上司や社内に過剰反応されてしまう可能性が大です。

 

しかも「PCR検査」「インフルエンザの予防接種」など「具体的な病院受診のアクション」を強制される可能性もあります。

 

 

そのため「仮病として使うなら突っ込まれる可能性大のグレーゾーン」「本当に風邪などであれば、しっかり病院の診察を受ける」想定が必要です。

 

家族の体調不良

家族

 

実家暮らしや子供や結婚相手がいる場合には、家族の体調不良で休みたいと言えるケースもあります。

 

ただし基本的には「年端もいかない子供or介護が多少必要なレベルな親」でなければ、叱られる可能性が高いです。

 

とはいえ有給休暇など「正当な休む理由」を持っていれば、家族を大事にしたいという姿勢で堂々としてれば良いでしょう。

 

クレカ・キャッシュカード紛失

クレジットカード

 

クレカ・キャッシュカード紛失などの突発的トラブルも、当日休む理由として正当です。

 

なぜなら「誰かに使用されて預金を引き出される危険性」があるからです。

 

そのため以下のような休暇申請が自然ですよ♪

 

休暇申請の流れ

朝手元に財布やクレカorキャッシュカードがないことに気づく

急いで手続きしたいので午前休申請

※いくら緊急事態と言っても、凍結手続きだけで全休はちょっと理由として弱い

【前日】仕事に行きたくない時の休む理由

昨日

 

では次に、【前日】仕事に行きたくない時の休む理由についてご紹介していきます。

 

役所などで公的手続き

役所

 

役所などで公的手続きが必要という理由で、事前に休みを申請することは自然です。

 

理由

免許証の更新

引越しに伴う諸手続き

転職に伴う年金・税金関係での申請 など

 

しかも一般的に市役所は「平日8:30〜17:30頃まで」しか開庁していないケースが多く、延長していてもせいぜい「19時頃まで」なので、間に合わないことも多いです。

 

 

そのため事前に「●●の手続きが必要なので、午後休orお休みをいただきます」と申請しておけば、自然に休みをいただけるでしょう。

 

病院での受診

病院

 

病院での受診を理由に、休みを申請することも可能です。

 

理由

持病の検診が必要な病院受診

健康診断や人間ドック

メンタル的な相談(精神科医) など

 

ただし受診理由によっては上司や会社に報告する必要があるので、本当に病院受診した証明「問診票」などを受け取って帰りましょう。

 

※ちなみに僕は上司と大ゲンカしてた結果、精神科医受診を強制されて問診票をもらった経験があります。

 

その時は、30分程度のヒアリングで「3,000円」を払って、問診票を貰って帰りました(話した程度でこれは、ちょっと値段高くないですかね?)

 

【事前】仕事に行きたくない時の休む理由

計画年休

 

では次に、【事前】仕事に行きたくない時の休む理由についてご紹介していきます。

 

旅行やお出かけ

お風呂

 

旅行やお出かけを計画している場合に、休みをもらうのは自然です。

 

しかも旅行や温泉旅といった「自分を労る時間」を作ることは、自尊心を高めることができるので、非常におすすめです。

 

その上「仕事詰めの人生」より「メリハリのついた人生」のほうが、結果的に生産性が上がるという真理もあります。

 

 

そのため、そのことを良く分かっている上司や職場環境であれば、とてもあなたのことを大切にしてくれている会社・コミュニティと言えますよ♪

 

結婚式や法事

結婚

 

結婚式や法事で休みを申請することも自然です。

 

遠方の結婚式であれば、前日入りしておきたいという理由に正当性がありますし、葬式で急遽呼ばれた場合は「忌引き休暇」を使える可能性もあります。

 

 

とはいえ僕も今まで「祖父の危篤」「妹の自殺」で忌引きを取得したことがありますが、身内が死んだ時のメンタルは相当落ち込むものです…。

 

そのため「忌引き休暇」を申請した後の復職後には、「それ相応にメンタルが落ち込んでいる自分」になっていないと、不自然に思われてしまいますよ。

 

実家帰省

実家

 

両親の顔を見に行くなど、実家帰省を理由として休み申請するのも自然です。

 

気軽に帰れる距離の実家であれば、日帰りでも可能かもしれませんが、1日〜数日必要な距離であれば、あと何回会えるか分かりませんからね…。

 

そのため1ヶ月以上前の申請であれば、深く理由を話すこともなく「実家帰省するのでお休みをもらいます」程度で大丈夫でしょう。

 

【補足】仕事に行きたくない時の休む理由

 

では次に、【補足】仕事に行きたくない時の休む理由についてご紹介していきます。

 

休む決断をした自分を労う

愛

 

まず何よりも大切なことが、休む決断をした自分を労う気持ちです。

 

そもそも「休むことに罪悪感を持ちやすい人」ほど「周りを気にしやすい」「自分を責めやすい」傾向があります。

 

そのため自分に対して「休みたい気持ちを叶えてくれてありがとう」「今日はゆっくり休んでOK」という気持ちを強めに持っておく位でちょうど良いのです。

 

 

それに厳しいことを言えば「あなたが1日休んでダメになるような会社・職場・上司であれば、どの道潰れる」とも言えます。

 

さらに「あなたしか出来ない仕事があるのであれば、それこそ会社や上司に問題がある」と断言できます!

 

 

例えば僕が昔の会社でやっていたことも、ほぼ全部と言って良いほど「該当業務が無くなったor誰かが引き継いでやっている」のです。

 

そのため「あなたが1日程度いなくても、何もなかったように会社や社会は動いている」という事実を受け入れた方が良いでしょう♪

 

その上で「会社や上司・先輩に迷惑をかけた自分」という視点よりも「自己決断を優先できた自分」を大切にしてほしいと思います。

 

 

※また、以下の記事にて「仕事に行きたくない毎日を変えるコツ」を紹介しているので、休みの日に取り組む行動例として参考にして下さい♪

 

迷惑をかけた相手に出社後謝る

感謝

 

そして次に大切なことは、迷惑をかけた相手に出社後謝ることです。

 

直属の上司はもちろん、仕事を休んだ結果サポートしてくれた先輩や同僚がいれば、そちらにも一言謝罪しておきましょう。

 

 

ただし気持ちの上では「休んだことは正しい」「休んで“サポートしてもらったこと”に感謝」という切り分けが大切です。

 

そのため謝る時には「昨日はすみませんでした」という「謝罪ベース」ではなく、「お休みをありがとうございました」という「感謝ベース」がコツですよ♪

 

正当化できる休暇理由にする

確信

 

正当化できる休暇理由にする必要もあります。

 

なぜなら嘘で休みを取得してしまうと、後々「身から出た錆」になってしまい、どこかで「怒られる」「怪しまれる」可能性があるからです。

 

そのため「自分が休んでも仕方がないと思える休暇理由」「後で突っ込まれても“だって●●で休んだから仕方ないじゃないか!”」と自己防衛できる理由にしておきましょう。

 

休暇は自己の正当な権利

睡眠

 

自分が休むことを「堂々と宣言する」ためには、「休暇は自己の正当な権利」という認識も必要です。

 

そのため有給休暇を利用できれば一番ですが「有給休暇未取得の欠勤扱い」であっても「自分を万全に保つための休暇=結果的に会社・社会に貢献する」という認識でOKです。

 

休む時のメンタルバランス

自分を万全に保つ会社・社会に貢献する=自己犠牲が強過ぎる

自分を万全に保つ会社・社会に貢献する=傲慢すぎて上司に叱られる

自分を万全に保つ会社・社会に貢献する=何事もなく終わる

 

そもそもこの記事にたどり着いているあなたは「普段から必要以上に頑張り過ぎる性格」なので「ちょっと自分に甘い」くらいがちょうど良いのです(笑)

 

そのため「僕を休ませてくれて、愛してくれてありがとうございます」くらいのイメージでいましょう♪

 

 

※ただし「重要な会議の前に、当てつけのようにズル休みする」といった「イヤがらせ休み」は仕返しが来るので、気をつけましょうね…。

 

また、休日を利用してぜひやって欲しいことが「自分に向いている仕事探し」「自分強み・適性診断」です。

 

なぜなら自分の適性が分かることで「自分に向いていないことは断れるようになる」「自分に向いていることはどんどん成果を出せるようになる」からです。

 

 

そして以下のリンク先にて、具体的な「僕自身も実践した自分の強みや適性を知る診断」をご紹介しているので、1mmでも人生を良くする参考に使ってくださいね♪(転職の自己PRにも使えますよ♪)

 

【注意】仕事に行きたくない時の休む理由

メール

 

では次に、【注意】仕事に行きたくない時の休む理由についてご紹介していきます。

 

直属の上司など「責任者」に伝える

上司

 

直属の上司など「責任者」に伝えるのが筋です。

 

なぜなら「あなたが休んだ場合のフォロー体制」を整えるのは上司の役目なので、人事や先輩に相談しても「イヤ、上司に言ってよ…」となるからです。

 

そのためどれだけ怖い上司であろうと、責任者の部下である以上、他の人に伝えて逃げようとするのは止めましょう。

 

メール連絡は電話が来る可能性アリ

メール

 

メール連絡は電話が来る可能性アリという覚悟も持っておきましょう。

 

じっさい僕も経験がありますが、メールだけでは誠実さが足りないと思われていたり、体調を気遣ってくれて連絡をくれることがあるからです。

 

そのため「メール連絡は電話が来た場合にしっかり対応する」「そもそも電話連絡して完結させる」という姿勢にしておいた方が良いのです。

 

 

ちなみによほど近しい存在であっても、プライベートで使うような上司のメルアド宛メールやLINE連絡は「舐めとるんか!」と不快にさせる危険性があります。

 

そのため「公私をキッチリと分ける」という意味でも、休日申請連絡は上司の社用メールアドレスに連絡するようにしましょう。

 

※ただし「直属の先輩・チームリーダー」がいて、そちらに連絡すればOKなのであれば、課長などの「組織単位の上司」に伝えなくてもOKだったりします。

 

まとめ

 

以上が仕事に行きたくないから休む理由が欲しい!上司に怒られないコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時に辞める正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。