退職 2ヶ月前 非常識

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「退職2ヶ月前報告は非常識で遅いと怒られた?穏便に辞めるコツを知りたい!」

相談女性3

「働くストレスを減らす」「年収UPする」「職種転換する」為に「転職サイト」「転職エージェント」を利用したい♪

相談男性2

「労働契約の法律関係トラブル」「就業規則対応」が不安な時は「弁護士交渉アリの退職代行利用」が良い?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「退職報告2ヶ月前は非常識で遅いと怒られた人がいる?」と不安に思った経験がある為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「退職2ヶ月前が非常識で遅いと怒られたケースや対処法」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

退職2ヶ月前は怒られた【法律知識】

退職 2ヶ月前 非常識 怒られた 法律知識

 

諒

ではまずはじめに、退職2ヶ月前は怒られた【法律知識】についてご紹介していきます。

 

原則1ヶ月前報告がルール

 

結論からお伝えすると、1ヶ月前の報告がルールです。

 

一般的に「会社のルールとして、1ヶ月以上前に退職意思を伝える」事になっている為「組織の一員である以上、その規則に従う」のが筋です。

 

※とは言え「引き継ぎなどに1ヶ月以上かかると感じる」なら、早めに退職の意思を伝えた方が、気持ちよく辞められます♪

 

 

なお、就業規則に「もっと早めに設定されている」可能性もある為、不安な場合は確認しておいた方が良いでしょう。

 

※就業規則は「社員10人以上の会社が作成必須のルール」の為、入社後に貰っているはず

 

民法上は2週間前

 

ちなみに「正社員など“雇用期間の定めがない“場合、民法上は2週間前に退職意思表示すれば“強行離職できる”」と言えます。

 

※非正規雇用は「次回契約更新時まで勤める義務がある」為、2週間前は適用外

 

 

とはいえ「あくまで国が定めた法律ルール」の為、これで退職する場合は「退職代行を利用して、即日退職強行」以外は、あまりおすすめできません(余計なトラブルが増える為)

 

その為、このやり方を使いたいなら、退職代行利用がおすすめです♪

 

民法の2週間前は非正規NG

 

ちなみに、民法の2週間前は非正規NGです。

 

具体的には「契約更新タイミング以外の退職は原則NG」となっており、それを破ると「自己都合退職」となり、色々デメリットが発生します(失業給付がスグ受給できないなど…。)

 

※非正規雇用は「6ヶ月以上勤務で会社都合退職扱い」になるのですが、契約期間中の退職だと「2ヶ月〜3ヶ月の給付制限がある“自己都合退職“」になるデメリットがあります

 

 

とはいえ、実際は「派遣・契約社員の“無断欠勤〜退職=バックレ“」を何人も見ました。

 

その為、本当に「やってられっか!」となった時は「非正規の方がスグ辞めるよな(笑)」とも思いましたが…。

 

同僚

派遣で入った●●さん、昨日から出社してないらしいですよ?

諒

マジで?重要な仕事を引き継ぐ前で良かったのかも?

 

※なお、以下のリンク先にて「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

退職2ヶ月前は怒られた【雇用問題例】

退職 2ヶ月前 非常識 怒られた 雇用問題例

 

諒

では次に、退職2ヶ月前は怒られた【雇用問題例】についてご紹介していきます。

 

年棒制で縛りがある

 

年棒制で縛りがある場合には、非常識とされる可能性が高いです。

 

一般的に、年棒制は「1年分の報酬を12ヶ月(+賞与)で事前分割提示」している為、途中で辞められると計算が狂うのです。

 

その為この場合は、2ヶ月前という感覚に囚われず「次回更新時期」を視野に、退職報告宣言したほうが良いでしょう♪(もしくは退職代行利用で強行退職)

 

契約社員などで縛りがある

 

契約社員などで縛りがある場合も、非常識とされる可能性が高いです。

 

こちらも年棒制と近いですが、僕の場合も「1年更新の契約社員」で働いていた時は、半年前に退職宣言しました。

 

 

なぜなら、契約更新確認タイミングまで悩むと「決意が鈍る」と思った為「もう辞める!」と覚悟が決まった半年前に伝えて「退職意思を職場に浸透させる事にした」からです♪

 

このように「早めに退職宣言して“今抜けられると困る!”」と言われる時期をやり過ごす「抑圧戦法」もあるのです♪

 

また、早めに退職宣言する事で「有給休暇の計画取得」「定時に帰ってプライベート時間を確保しやすい」というメリットも生まれます。

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

退職2ヶ月前は怒られた【勤務問題例】

退職 2ヶ月前 非常識 怒られた 勤務問題例

 

諒

では次に、退職2ヶ月前は怒られた【勤務問題例】についてご紹介していきます。

 

長期プロジェクトを任されている

 

長期プロジェクトを任されている場合には、非常識と言われる可能性が高いです。

 

なぜなら「数年単位のプロジェクト・主要メンバー」になっている場合には「なんでこんな時に…」という小言の一つや二つは言われるからです。

 

その為「自分が外れても大丈夫なタイミング」を見越し、余裕を持って退職宣言した方が良いでしょう。

 

繁忙期の最中に突然退職

 

繁忙期の最中に突然退職するケースも、周りから非難される可能性が高いです。

 

もちろん、一年中忙しい会社もありますが、それでも「繁忙期・閑散期の差」は多少出るでしょう。

 

 

そして、逆の立場で考えれば分かりますが「忙しい時に仕事を押し付けて辞める人」より「忙しくない時に辞める人」のほうが印象が良いですよね?

 

その為「立つ鳥跡を濁さず」の精神で、なるべく「心地よい退職」を心がけるのが賢明ですよ♪

 

引き継ぎ段取りなしで突然退職

 

引き継ぎ段取りなしで突然退職する場合も、非常識だと非難される可能性が高いです。

 

そもそも退職にあたっては、具体的に以下のような段取りが必要です。

 

引き継ぎの段取り例

  • 引き継ぐ資料やデータを整理してまとめておく
  • 取引先への連絡準備(メールなどを作成)
  • 必要に応じて引き継ぎの人への指導

 

短期離職なら別ですが、それ以外の場合は「退職前にド叱られる」「退職後も連絡が頻繁に来る」可能性が高いです。

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

引き継ぎなしで痛い目を見た例

 

例えば僕には、引き継ぎなしで痛い目を見た例があります。

 

具体的には「自動車営業マン時代に、目標販売台数達成の為に、ムチャクチャな値引き交渉をしていた先輩」から、全く引き継ぎなしで担当エリアを継承し、地獄を見たのです。

 

 

しかも、入社当時はリーマンショックと重なり「既に先輩のせいで“赤字取引基準の担当エリア”をそのまま引き継ぎ+取引先から過去以上の値引き交渉を迫られる状況」の連続になったのです。

 

その結果「後任の事を全く考えていない状況を引き継いだ」などが原因となり、ストレスが頂点に達し、スグに退職しました…。

 

しかし、仮に当時の僕が「先輩に引き継ぎ状況を逐一確認する」行動を取っていれば、不満が出るたびに怒鳴り込んでいたでしょう!

 

諒

もしもし?前任の●●さん?●●株式会社の後任の者ですが、引き継ぎがずさんすぎて電話しました!あなたの責任ですから!時間もらいますよ?!

同僚

ごめんなさい…。

 

その為、このような「ずさんな引き継ぎ」でも怒られる可能性が残ってしまう為「後任の方が気持ちよく対応できる状況」を作っておく責任がありますよ♪

 

退職2ヶ月前は怒られた【穏便手順】

退職 2ヶ月前 非常識 怒られた 穏便手順

 

諒

では次に、退職2ヶ月前は怒られた【穏便手順】についてご紹介していきます。

 

直属の上司に退職意向を伝える

 

直属の上司に退職意向を伝えるのが筋です。

 

当然あなたの監督責任者であり、チーム全体の仕事を指揮している為、上司に退職の意向を伝えるのが一般的です。

 

 

具体的には「重要な話があると伝えてMTG時間を確保してもらう」など、ある程度まとまった問答時間を確保してもらうのがベターです。

 

諒

すみません。大事な話があるので、MTG予定を入れてもよろしいですか?

上司

あぁ、分かった。予定を共有しておいてくれ。

 

※よほど嫌いな上司であれば「●月末日を持って辞めたいと思います」と伝えてから、上司の対応を見るのもありですが…。

 

勤務時間中は避ける

 

そして退職を切り出す場合には、勤務時間中は避けるのがおすすめです。

 

なぜなら「勤務時間中は“上司も仕事に全集中で他事を考える余裕がない”為、辞める話を聞いてイラッとする可能性が高い」からです。

 

 

その為、具体的には以下のタイミングで伝えるのがベターです。

 

退職意思を伝えるタイミング

  • 定時後で、上司もまだ残っている時
  • 上司が早朝出勤する人だった場合、勤務前に朝イチで宣言
  • 一緒にご飯などへ行って宣言

 

このように「上司が100%責任者マインドではない時間帯&心の余裕がある時」に伝えるのがベターです。

 

そもそも、よほど淡白な上司でない限り「数分〜数十分理由を聞いたりする時間」をとる可能性が高いです。

 

 

その為、その事を踏まえると「業務時間外のタイミング」で言い出したほうが、上司に選択肢を提供できます。

 

だからこそ、個人的には「勤務終了後→昼休憩の後→勤務開始前」といった判断基準で行動するのがおすすめですよ♪

 

※ちなみに僕は、勤務時間中に退職宣言した時「今言うことじゃないでしょう?」と怒られたことがあるので、臨機応変に行動しましょうね…。

 

ポジティブな言い方に変える

 

そして一番大切なことは、ポジティブな言い方に変えることです。

 

例えば、退職理由で良くある「お金」「勤務時間」「人間関係」に関する問題をポジティブに言い換えると、以下のようにできます。

 

ポジティブな言い方変換例

  • 給料が少ないから辞める→もっとチャレンジして自分の可能性を試したい
  • 残業や休日出勤が多くてストレスで辞める→オン・オフを大切にしながら、長く安定して働ける場所に転職が決まった
  • 人間関係トラブルで辞める→長く落ち着いて働ける地元に戻る

 

大事なことは「長く働いて貢献できる場所に転職決定した」「次の場所では、この会社を辞める原因と同じ要素はない」というスタンスで伝えることです。

 

迷惑をかけずに有休消化する段取り

 

迷惑をかけずに有休消化する段取りも必要です。

 

なぜなら、次の会社に移ってしまうと、有給を引き継ぎできない為、キッチリ使っておいた方が良いからです。

 

 

僕は大抵の場合「残りの有給を退職最終日前にまとめて使う」やり方でしたが、人によっては「退職前の土日祝に1日ずつ追加して使いたい」場合もあるでしょう。

 

そのような希望がある時は、上司やチームの状況を見ながら1ヶ月以上前に申告しておけば、上司もイヤとは言えないはずですよ♪

 

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。

具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

カイジ 覚悟出典:カイジ



このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。

しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!


そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

カイジ 無気力出典:カイジ



それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪


転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちらが一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
「短期離職で誇れるキャリアがない…」「就活失敗したから、職種転換を含めて未経験OK企業に転職したい」なら、Re就活がおすすめです。

Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験からの職種転換OK企業多数」「転職博でイベント参加できる」など「20代の就活やり直しを徹底サポート」してくれるサイト。

登録するだけなら「スカウトなどは来ても、エージェントからの連絡なし」「情報収集のみに使える」為、キャリアのやり直しを考えるなら、登録必須のサイトと言えますよ♪

Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
「適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 俺が王様だ

出典:テニスの王子様