退職 2ヶ月前 非常識

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

退職3ヶ月前報告は非常識?10回経験者が語るセーフな退職手順を知りたい!」

相談女性1

会社の仕事を辞めたいと退職意思を伝える場合は2週間〜1・2ヶ月でタイミングはOK?非常識だと引き止められないように、辞める時の円満な伝え方は一身上の都合で退職できる?

相談男性2

事前に上司への退社相談&申告及び、理由報告や内容書類提出が必要?就業規則記載が異なる場合の対処法や、不安な時は弁護士申し出交渉などの代行手段が良いか教えて♪

相談女性2

出社してスムーズな引き継ぎ徹底、有給休暇消化スケジュール、うつ病などの健康問題で同じ企業での休職拒否された場合など嫌がらせ対応イメージなどの対処法を知りたい!

相談男性3

自己都合による失業手当申請(雇用保険受給)書面手続きの解説情報が見たい。

相談女性3

「無料転職サイト」「転職エージェント」など、口コミで評判の求人サービスを用いた転職活動はあり?職種転換など、適職診断を利用したい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も退職報告が2ヶ月前は非常識で遅いか?不安に思いながらも実践した経験があるので、今のあなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな僕が「退職2ヶ月前は遅いし非常識な理由や、ハッピー退職作法」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

退職2ヶ月前は遅い非常識?法律知識

目次

 

諒

ではまずはじめに、退職2ヶ月前は遅い非常識?法律知識についてご紹介していきます。

 

1ヶ月前の報告がルール

目次 1

 

結論からお伝えすると、1ヶ月前の報告がルールです。

 

一般的に「会社のルールとして1ヶ月以上前に退職意思を伝える」事になっているので「組織の一員である以上、その規則に従う」のが筋です。

 

※とは言え「引き継ぎなどに1ヶ月以上かかると感じる」のであれば、早めに退職の意思を伝えた方が、気持ちよく辞められます♪

 

ただし、就業規則に「2ヶ月以上前など、もっと早めに設定されている」可能性もあるので、不安な場合は確認しておいた方が良いでしょう。

 

就業規則は「社員10人以上の会社が作成していなければならないルール」なので、入社後に貰っているはずです

 

民法上は2週間前

目次 2

 

ちなみに「正社員など雇用期間の定めがない契約関係の場合は、民法上は2週間前に退職意思表示すれば強行退職できるルール」があります。

 

非正規雇用は「次の契約更新時まで勤める義務がある」ので、2週間前は適用外

 

とはいえ「あくまでルール上の最低期限」なので、これをやって退職するなら「よほど出勤が不可能に近い状態」でなければ、波風立ちまくりです!♪

 

そのため、このやり方を使いたいのであれば、退職代行などの「第三者を介した退職」にしておいた方が、自己防衛して辞められますよ♪

 

民法の2週間前は派遣非適用

目次 2

 

ちなみに「正社員は、2週間前に退職意思表示すれば強行退職できるルール」がありますが、民法の2週間前は派遣非適用です。

 

つまり「契約更新タイミング以外で辞めることは原則許されない」というルールになっており、それを破ると「自己都合退職」となり、失業保険受給資格から外れます。

 

派遣社員は半年以上勤めて雇用保険受給対象になれるのですが、契約期間中に辞めるとそれが叶いません。

 

 

とはいえ、僕が派遣社員で働いていた時は、急に来なくなったり仕事をバックれる人を何人も見ました。

 

そのため「本当にやってられっか!」となった時は「派遣社員の方がスグ辞めるよな(笑)」とも思いましたが…。

 

同僚

派遣で入った●●さん、昨日から出社してないらしいですよ?

諒

マジで?重要な仕事を引き継ぐ前で良かったのかも?

 

まとめ
  • 1ヶ月前の報告がルール
    • 民法上は2週間前
    • 民法の2週間前は派遣非適用

退職2ヶ月前は遅い非常識?雇用問題例

目次

 

諒

では次に、退職2ヶ月前は遅い非常識?雇用問題例についてご紹介していきます。

 

年棒制で縛りがある

目次 1

 

年棒制で縛りがある場合には、非常識とされる可能性が高いです。

 

一般的に、年棒制は「1年間で期待する業務達成量を見越した年収を12ヶ月(+賞与)で提示」しているので、途中で辞められると計算が狂うのです。

 

そのためこの場合は、2ヶ月前という感覚に囚われず「次の年棒制更新時期」を視野に、退職報告を宣言したほうが良いでしょう♪

 

契約社員などで縛りがある

目次 2

 

契約社員などで縛りがある場合も、非常識とされる可能性が高いです。

 

こちらも年棒制と似たようなものですが、僕の場合も「1年更新の契約社員」で働いていた時は、半年前に退職宣言をしました。

 

なぜなら、1ヶ月前宣言だと「僕の補充要員+組織内を回せる人員補充」が必要になったので、3ヶ月以上のスパンが必要だと判断したからです。

 

 

このように「契約更新が長期の契約社員」「急に代替要員を補充できない」という場合にも、3ヶ月以上余裕を持ったほうが、非常識と言われる確率を減らせますよ♪

 

まとめ
  • 年棒制で縛りがある
  • 契約社員などで縛りがある
適職診断のおすすめ3選(リンク先にて適職診断情報を解説中)

自分の強みを知ることで、快適&幸福な仕事人生に近づける♪

退職2ヶ月前は遅い非常識?勤務問題例

目次

 

諒

では次に、退職2ヶ月前は遅い非常識?勤務問題例についてご紹介していきます。

 

長期プロジェクトを任されている

目次 1

 

長期プロジェクトを任されている場合には、2ヶ月前では非常識と言われる可能性が高いです。

 

なぜなら、数年単位の責任あるプロジェクトの主要メンバーになっている場合には「なんでこんな時に…」という小言の一つや二つは言われるからです。

 

そのため「自分が外れても大丈夫なタイミング」を見越して、もうすこし余裕を持って退職宣言をしたほうが良いでしょう。

 

繁忙期の最中に退職

目次 2

 

繁忙期の最中に退職すると、周りから非常識だと非難される可能性が非常に高いです。

 

もちろん、一年中忙しい会社もあると思いますが、それでも繁忙期・閑散期の差は出るでしょう。

 

逆の立場で考えれば分かりますが「忙しい時に仕事を押し付けて辞める人」より「忙しくない時に辞める人」のほうが印象が良いですよね?

 

 

そのため「立つ鳥跡を濁さず」の精神で、なるべく心地よい退職を心がけるのが賢明ですよ♪

 

引き継ぎの段取りなしで退職

目次 3

 

引き継ぎの段取りなしで退職する人も、非常識だと非難される可能性が高いです。

 

そもそも退職にあたっては、具体的に以下のような段取りが必要です。

 

引き継ぎの段取り例

引き継ぐ資料やデータを整理してまとめておく

取引先への連絡準備(メールなどを作成)

必要に応じて引き継ぎの人への指導

 

このようなことが必要となるのですが、これを上手くやっていない人は、退職前にド叱られたり、退職後も連絡が頻繁にきたりする可能性が高いです。

 

例えば僕は、自動車営業マンの時に「売り上げ台数達成のために、ムチャな値引き交渉をしていた先輩」から担当を引き継いで、地獄を見た経験があります。

 

なぜなら、リーマンショックが重なったこともあり「どの取引先も赤字の値引き交渉を吹っ掛けてくる状況」の連続だったのです。

 

当時の僕は新卒で気弱な人間だったので、思わず退職して逃げてしまったのですが、今同じことをされたら怒鳴り込むくらい酷かったです!

 

諒

もしもし?前任の●●さん?●●株式会社の後任の者ですが、引き継ぎがずさんすぎるので電話しましたが!あなたの責任ですから時間もらいますよ?

同僚

ごめんなさい…。

 

そのため「後任の方が気持ちよく対応できる状況」を作っておく責任がありますよ♪

 

迷惑をかける有休消化使用退職

目次 4

 

迷惑をかける有休消化使用退職をする場合も、非常識だと非難される可能性が高いです。

 

次の会社に移ってしまうと、有給を引き継ぎすることはできないので、きっちり使っておくのはおすすめです。

 

しかし「明らかにあなたがいて欲しい時に、嫌がらせのように有給取得が入ってる」と、お叱りの一つや二つが発生します。

 

ちなみに僕は「残りの有給を退職最終日前にまとめて使う」やり方でしたが、人によっては退職前の土日祝に追加して使いたい場合もあるでしょう。

 

そのような希望がある時は、上司やチームの状況を見ながら1ヶ月以上前に申告しておけば、上司もイヤとは言えないはずですよ♪

 

仕事をずさんな姿勢で取り組む

目次 5

 

もう辞めることが決まったからと言って、仕事をずさんな姿勢で取り組むと、非常識と言われる可能性が高いです。

 

てめぇ、もう辞めるからって、こんな仕事水準じゃ迷惑だ!ふざけてんのか!」と怒られても仕方ありません。

 

諒

おい?退職が決まったからって、ゲームで遊んでんじゃねーぞ?さすがに職務怠慢で、給料引くよう総務に指示するぞ?

同僚 女性

すみません…、もうしません…。

 

もちろん、退職が決まって引き継いでいくと、自分の仕事は減りますが、給料発生中は社内の一員として、調和を保つようにしたようが良いですよ♪

 

まとめ
  • 長期プロジェクトを任されている
  • 繁忙期の最中に退職
  • 引き継ぎの段取りなしで退職
  • 迷惑をかける有休消化使用退職
  • 仕事をずさんな姿勢で取り組む

退職2ヶ月前は遅い非常識?伝え方作法

目次

 

諒

では次に、退職2ヶ月前は遅い非常識?伝え方作法についてご紹介していきます。

 

直属の上司に退職意向を伝える

目次 1

 

直属の上司に退職意向を伝えるのが筋です。

 

当然あなたの監督責任者であり、チーム全体の仕事を指揮しているので、上司に退職の意向を伝えるのが一般的です。

 

具体的には「重要な話があると伝えてMTG時間を確保してもらう」など、ある程度まとまった問答時間を確保してもらうのがベターです。

 

諒

すみません、大事な話があるので、MTG予定を入れさせていただいてもよろしいですか?

上司

あぁ、分かった。予定を共有しておいてくれ。

 

※よほど嫌いな上司であれば「●月末日を持って辞めたいと思います」と伝えてから、上司の対応を見るのもありですが…。

 

勤務時間中は避ける

目次 2

 

そして退職を切り出す場合には、勤務時間中は避けるのがおすすめです。

 

なぜなら「勤務時間中は、上司も仕事に全集中なので、他のことを考える余裕がない為、辞めるという話を聞くとイラッとする可能性が高い」からです。

 

そのため、具体的には以下のタイミングで伝えるのがベターです。

 

退職意思を伝えるタイミング

定時勤務終了後で、上司がまだ残っている時

上司が早朝出勤する人だった場合、勤務前に朝イチで宣言

休憩時に一緒にご飯などに行った時に、そこで宣言

 

このように「上司が100%指揮監督者ではない時間帯で、心の余裕がある時」に伝えるのがベターです。

 

よほど淡白な上司でない限り「数分〜数十分理由を聞いたりする時間」をとる可能性が高いです。

 

その事を踏まえると「業務時間外のタイミング」で言い出したほうが、上司に選択肢を提供できます。

 

 

そのため個人的には「勤務終了後→昼休憩の後→勤務開始前」といった判断基準で行動するのがおすすめです♪

 

※ちなみに僕は、勤務時間中に退職宣言をした時に「今言うことじゃないでしょう?」と怒られたことがあるので、臨機応変に行動しましょうね…。

 

ポジティブな言い方に変える

目次 2

 

そして一番大切なことは、ポジティブな言い方に変えることです。

 

例えば、退職理由で良くある「お金」「勤務時間」「人間関係」に関する問題をポジティブに言い換えると、以下のようにできます。

 

ポジティブな言い方変換例

給料が少ないから辞める→もっとチャレンジして自分の可能性を試したい

残業や休日出勤が多くてストレスで辞める→オンオフを大切にしながら、長く安定して働ける場所に転職が決まった

人間関係トラブルで辞める→長く落ち着いて働ける地元に戻る

 

大義名分としては「長く働いて貢献できる場所に転職決定した」「次の場所では、この会社を辞める原因と同じ要素はない」というスタンスで伝えることです。

 

引き継ぎの段取りもしておく

目次 3

 

引き継ぎの段取りもしておくのもおすすめです。

 

具体的には以下のような段取りが必要です。

 

引き継ぎの段取り例

引き継ぐ資料やデータを整理してまとめておく

取引先への連絡準備(メールなどを作成)

必要に応じて引き継ぎの人への指導

 

このようなことが必要となるので、事前に準備しておいたほうがスムーズに退職できますよ♪

 

迷惑をかけずに有休消化する段取り

目次 4

 

迷惑をかけずに有休消化する段取りも必要です。

 

どうせ次の会社に移ってしまうと、有給を引き継ぎすることはできないので、きっちり使っておいた方が良いです。

 

僕は大抵の場合「残りの有給を退職最終日前にまとめて使う」やり方でしたが、人によっては退職前の土日祝に追加して使いたい場合もあるでしょう。

 

そのような希望がある時は、上司やチームの状況を見ながら1ヶ月以上前に申告しておけば、上司もイヤとは言えないはずですよ♪

 

まとめ
  • 直属の上司に退職意向を伝える
    • 勤務時間中は避ける
  • ポジティブな言い方に変える
  • 引き継ぎの段取りもしておく
  • 迷惑をかけずに有休消化する段取り
リクナビネクスト無料登録メリット(リンク先にてリクナビNEXT情報を解説中)

退職・転職を思い立ってから急いで準備を始める前に、逃げ先情報を増やして安心をストックできる♪

退職2ヶ月前は遅い非常識?参考報告例

目次

 

諒

では次に、退職2ヶ月前は遅い非常識?参考報告例についてご紹介していきます。

 

やりたい仕事・夢があるorできた

目次 4

 

やりたい仕事・夢があるorできたという理由は、一番無難かつ今の会社に納得してもらえる理由です。

 

辞める正当理由

●●の仕事にチャレンジする覚悟ができた

●●の業界で働こうと思っています

 

このように「今と違う自分になる」という覚悟を持って話せば、上司や人事も「それは仕方ない…」と言わざるを得ません。

 

そもそも会社を辞める上で大切な覚悟は「今の会社では“自分の求める変化・成長・安定が達成できない”」と割り切ることです。

 

そうでなければ、上司や人事が「今の会社にいれば良いじゃないか?」と提案して、あなたを引き止める可能性が強いからです。

 

諒

副業から起業へ挑戦しようと思っています!

上司

分かった。それなら止めはしない。頑張れよ♪

他の転職先が見つかった

目次 5

 

他の転職先が見つかったという理由も、正当な退職理由になり得ます。

 

これは退職に先んじて転職活動を行っておいて、ある程度採用見込みが見えたら切り出すといったパターンです。

 

そのため「転職先が決まっていないならやりたいことがある退職」「転職先がある程度決まったなら事後報告退職」という切り分けになります。

 

生活基盤を移す・地元に帰る

目次 6

 

生活基盤を移す・地元に帰るという理由も、退職する上で正当な理由になります。

 

ただし、あなたが「全国に支店を持つ大手企業」に勤めているのであれば「今の会社に居ながら異動願いを出せば良いのでは?」と切り返される可能性があります。

 

しかし、そういった状況でなければ「退職も仕方ないな…。」という正当理由になるわけです。

 

 

ただし、大切なことは「引っ越しor実家に帰って何をするか?」を伝えられるか?が一番大切です。

 

例えば正当な理由になるのは以下のようなケースです。

 

引っ越しor実家に変える場合の退職例

■実家が持ち家or自営業でいずれは継ぐ予定のため、UorJターンして生活基盤を変える退職理由

※「Uターン=故郷に戻る」「Jターン=地元に仕事は少ないので、近隣の大型都市に移って地元近隣で生活する」

■どうしても「●●に住んで人生を送りたい」という移住希望の退職理由

「沖縄に住みたい!」「奄美大島に住みたい!」など場所先行で引っ越している人も世の中にはいる

 

このような理由であれば、なんだかんだ言って辞める理由にはなります。

 

※ただし「●●に住みたい」という「移住先行の退職理由」は、相応の情熱がないと「引き止めに根負け」してしまう可能性があるので、あまりオススメはしません。

 

諒

田舎に住みたいと思ったので、山奥に移住するために辞めます!

上司

アホか!もうちょっとマシな理由でなければ認めんぞ!

僕の引っ越し理由退職体験談

目次

 

ちなみに参考として、僕の引っ越し理由退職体験談についてもご紹介しておきます。

 

具体的には失業後、お金に困った為「入社がスグ決まると派遣エージェントに勧められて入った新規開拓営業の仕事」に就いたのですが、入社前の話と全然違ったので、2ヶ月で辞めました。

 

聞いた話と実態が全然違ったケース

入社前の事前情報=既にNTT系列で固定通信回線をご利用いただいている企業向けのwi-fiルーター提案営業(既存顧客向けの新商品案内)

入社後の実態=渋谷の飲食店を食べログからリストアップしたリストで、ひたすらローラー作戦(金の●、漫画喫茶マンボ●など、明らかにwi-fi設置点などもお構いなしに強制飛び込み)

 

この職場は「東京オリンピックに向けて、海外旅行者も安心して使えるwi-fiルーターを取り敢えず売り込んでみる」という実験営業部隊だったので、実態が固まっておらずムチャクチャだったのです。

 

そのため、あまりのブラック企業振りにストレスがピークに達したので「親の紹介で入社が決まった正社員営業職ができたので、地元名古屋に帰ります」と伝えたのです。

 

派遣担当営業マンも「あまり職場環境が良くない」と分かっていたようで「分かりました。では契約期間を短くしますね」と快く引き受けてくれたのです。

 

諒

地元・名古屋で正社員就職が決まったので、辞めさせていただきます。(嘘だけど…。)

上司

それなら仕方ないですね。新天地でも頑張ってください♪

 

正直辞めてしまえば二度と会うことは無くなったので、ぶっちゃけ嘘でも辞めることができました。

 

とはいえ「安易な転職は非常に危険」「スグに働けるという企業や組織はブラックの可能性大」と痛感しました。

 

そのため「ある程度ジックリ転職先を考える」「自分の適職・天職を明確にした上で転職活動を行う」「企業分析も行う」必要があると言えるでしょう。

 

今の仕事を続けていけない

目次 7

 

今の仕事を続けていけないという「やりたいことがあるわけでもなく、転職先が決まっているわけでもない」なら、穏便な退職は難しいでしょう。

 

ちなみに無断欠勤・無断退職を試みるのはオススメできません!

 

なぜなら、僕はこの理由で「無断欠勤→社長呼び出し→土下座して謝罪→クビ」を言い渡された経験があります。

 

そのため、このような退職パターンは「ビックリするくらいハートへのダメージがデカい」ので、よほど「上司や同僚と殴り合ってでも辞める覚悟」がなければオススメしません。

 

うつなどの病気や体調不良

目次 2

 

うつなどの病気や体調不良も、退職理由として使うことが可能です。

 

ただし、この場合は「休職などを勧められる可能性がある」「医師の診断書を求められる可能性がある」懸念があります。

 

そのため、気軽な嘘というよりも「診断書を受け取れるレベル」の報告ができない場合は、退職代行などを利用した方が良いでしょう。

 

病気の退職体験

目次

 

ちなみに僕にも、病気の退職体験があります。

 

僕も、WEBライターとして転職した後に就いた課の女課長との関係が最悪で「なんでこんなに毎日キツイんだ…」とノイローゼになったのです…。

 

そして、最終的には「精神科に行ってきて下さい!」なんて人格否定みたいなことまで言われましたから(心療内科ではADHD=社会不適合障害の診療だそうか?と提案され、断りました)

 

このあと、色々あって「会社や女上司の元でこれ以上働くのが困難」と判断し「単なる転職意思」を伝えて辞めたのです。

 

諒

辞めて転職することに決めました!言うことはそれしかありません。

女上司

そうですか?それなら仕方ないですね?

諒

(ウザ!バーカバーカ!テメェの顔を一生見なくなるなんて清々しいわ♪)

 

しかし、色々あって別の会社のWEBライターに転職したことで、人間関係も円滑でとても働きやすい毎日となり「あれはなんだったんだ…。」と拍子抜けしましたから(笑)

 

そのため、能動的に環境を変えることで、ビックリするくらい状況が改善されることは良くあります。

 

パワハラ退職なら一矢報いる

目次 3

 

ちなみにパワハラ退職なら一矢報いるべきです。

 

なぜなら「●●のせいで辞めるのに、全部こちらに被害を被るのはおかしい!」と心の中にストレスが残る可能性があるからです。

 

実際僕は「パワハラ上司に一矢報いて辞めた成功体験」があるので、理不尽に対しては一泡吹かせることをおすすめしています♪

 

諒

正義は勝つ!悪は駆逐する!

上司

どうもすみません…。ごめんなさい…。

 

そのため、以下の記事にて「パワハラ上司を追い込む方法や成功体験談」を紹介しているので、合わせて参考に使ってください♪

 

生活が苦しい

目次 1

 

生活が苦しいという原因を、直接の退職理由として筋を通せます。

 

ただし、勤務先にそのまま伝えると角が立つので「もっとレベルの高い仕事にチャレンジしたい」といったポジティブな言い方に変換した方が良いです。

生活が苦しい退職体験談

目次

 

ちなみに僕にも、生活が苦しい退職体験談があります。

 

僕は事務職として勤務開始から1年半が経った頃「給料が少ない(月給20万円+ボーナスなし)」「今の仕事は今後のキャリアとして将来が不安」というモヤモヤを持っていました。

 

そして個人で約25万円を払って受けてきた研修で「自尊心を高めるには“3ヶ月で辞めてトラウマになった営業職”に再チャレンジしなければ!」という気づきを得たのです。

 

 

その勢いもあって、思い切って退職を室長に切り出した後、半年後に退職する運びとなり、実際に営業職への再転職を成功させたのです!

 

結果的に月収を約10万円UPさせることができ、生活が苦しい状況をかなり改善できました♪

 

このようなもっとステージアップした経験が僕にはあり、今でもあの職場で働いていたら「給料が少ない」「自分に自信がない」という、諦めの人生を送っていたと感じています…。

 

そのため、あなたが「今の仕事では将来が不安」という感覚を感じ始めているのであれば、かつて僕が転職を決断したようなタイミングが来ているのかもしれませんね?♪

 

まとめ
  • 退職理由=やりたい仕事・夢があるorできた
  • 退職理由=他の転職先が見つかった
  • 退職理由=生活基盤を移す・地元に帰る
  • 退職理由=今の仕事を続けていけない
  • 退職理由=うつなどの病気や体調不良
    • パワハラ退職なら一矢報いる
  • 退職理由=生活が苦しい

退職2ヶ月前は遅い非常識? 覚悟のコツ

目次

 

諒

では次に、退職2ヶ月前は遅い非常識? 覚悟のコツについてご紹介していきます。

 

自分を幸福にできるのは自分

目次 2

 

自分が辞めることを「堂々と宣言する」ためには「自分を幸福にできるのは自分」という認識も必要です。

 

辞める時のメンタルバランス

自分を万全に保つ社会に貢献する=自己犠牲が強過ぎる

自分を万全に保つ社会に貢献する=傲慢すぎて上司に引き止められる

自分を万全に保つ社会に貢献する=何だかんだ幸福

 

そもそも、この記事にたどり着いているあなたは「普段から必要以上に頑張り過ぎる性格」なので「ちょっと自分に甘い」くらいでちょうど良いのです(笑)

 

そのため「僕を辞めさせてくれて、愛してくれてありがとうございます」くらいのイメージでいましょう♪

 

大切な価値観

キミが幸せになっても、誰も困らない(リクルートの広告)

退職理由はあくまで建前

目次 3

 

基本的に、退職理由はあくまで建前でOKです。

 

なぜなら、会社や上司側にとっては「あなたが抜けること自体が重要であり、理由はさして重要ではない」からです。

 

もちろん「ブラック企業の超過残業でうつ病認定された」「パワハラで上司を刑事訴訟する」など、退職理由以外の責任が会社・上司にあるなら問題です。

 

 

しかし「あなたが自主的に辞めるだけ」であれば、どのような理由であっても「最終的に上司や会社は受け入れざるを得ない」のです。

 

嘘の退職理由を使う人は多い

目次 4

 

そもそも嘘の退職理由を使う人は多いです。

 

具体的には「会社や上司を立てるため、嘘の建前を使う人」「ネガティブな退職理由だと揉めるので、円満な言い方に変えている人」などですね。

 

そして、会社や上司に損害を与える意図がなければ、筋を通して辞めれば、会社を離れられますよ♪

 

大切なことは退職覚悟

目次 5

 

大切なことは退職覚悟を固めることです。

 

なぜなら「続けようか?退職できるかな?と迷っていると、必ず引き止められる」からです。

 

逆に言えば「もう絶対にこの会社を辞める!」と決めていれば、その覚悟が上司や会社に伝わって、あなたの退職意思を受け入れるしかなくなるのです。

 

退職後をイメージできればOK

目次 6

 

そして、嘘を付いてでも辞めたいのであれば、退職後をイメージできればOKです。

 

なぜなら「ただ辞めたい!」と伝えるより「●●の未来を予定しているので辞めたいです!」と伝えたほうが、成功確率が上がるからです。

 

そして、一番手っ取り早いのは「転職先が決まった」「やりたい仕事で求職活動中」など、次の目的地を退職理由と合わせて伝える方法です。

 

もちろん以下のような、ある程度の叱責やお咎めは上司や会社側から来るかもしれません。

 

上司

じゃあ何でウチに入ったんだ?

上司

ウチでもやりたいことはやれるんじゃないか?

上司

趣味じゃダメなのか?

 

しかし、先ほどお伝えした通り「もう絶対やめる!」と覚悟を決めておけば、それらのお咎めも受け止めた上で、最終的には辞めることが可能ですよ♪

 

僕自身が引き止められた例

目次

 

なお、どのような理由で引き止められるかは分かりませんが、参考として僕自身が引き止められた例についてご紹介しておきます。

 

女上司

いずれこの会社の社長になれると思って採用したのに!辞めるなんて本当にもったいないよ!

上司

そんな甘い気持ちでは、どの道失敗するだろうね…。

同僚

一緒にやってきた2年間を振り返っても、うちの会社でもっと昇っていけると思うよ?残ったら?

同僚 女性

ムリだよムリ…。世の中厳しいんだから、思い通りに行くわけないよ?

諒

うっせーうっせーうっせーわ!

 

このように「ポジティブな引き止めやネガティブな引き止め」など、色々な厳しいor暖かい引き止めをいただきました。

 

引き止める上司・同僚の視点

目次 7

 

そして、このような時に直面したら忘れないでいて欲しいのが、引き止める上司・同僚の視点です。

 

引き止める上司・同僚の視点

上司or同僚が今まで自分がやったことがないorやった経験の少ない選択を取ろうとしている

要するに「妬み・嫉み・嫉妬・憧れ」といった負の感情で引き止めている

 

転職してやりたい仕事・業種に行こうとするのに引き止めるということは「自分は出来ないことをして羨ましい・ムカつく」という感情が根底にあるのです。

 

例えば、僕が「準官公庁系の大手IT企業の営業マン」を辞めた時は「羨ましいor貶される」のどちらかでした。

 

なぜなら、その会社の人達は、新卒から入って定年まで勤め上げる「終身雇用神話」に生きているので、僕の行動に「ムカつくor羨ましい」という感情が動いたからです。

 

同僚

大島くん、辞めるんだって?羨ましいなぁ…。僕はしがみついていくしかないよ…。

同僚 女性

仕事を辞めるなんて!どんどん苦しくなるだけよ?

 

※実は中途入社+契約社員だったので、どの道「僕にその会社での終身雇用は適用されていなかった」という側面もありますが…。

 

 

しかし「転職サイトのWEBライター」は「周りも新卒or1回〜複数回の転職経験を持つ上司or同僚ばかり」だったので100%応援されました

 

同僚

次のステージでも頑張ってくださいね♪

上司

君なら大丈夫だ♪応援してるよ♪

 

そのため、この例から分かるように「あなたが今いる環境で“当たり前とされている価値観”によって、上司や同僚の態度が異なる」ということも覚えておきましょう♪

 

まとめ
  • 自分を幸福にできるのは自分
  • 退職理由はあくまで建前
    • 嘘の退職理由を使う人は多い
  • 大切なことは退職覚悟
    • 退職後をイメージできればOK
    • 僕自身が引き止められた例
    • 引き止める上司・同僚の視点

 

なお、リクナビネクストでは「適職診断を無料で受けられる」「転職先情報収集を行える」メリットもある為、今スグ登録しておくのがおすすめですよ♪

 

諒

ストレスが限界に達する前に、脱出準備は早めに始めたほうが、後々ラクになりますよ♪

 

生涯安定の経済基盤を獲得するコツ

目次

 

諒

では次に、生涯安定の経済基盤を獲得するコツについてご紹介してきます。

 

現状維持は将来10%以上不幸

目次 1

 

まず大切なお知らせからお伝えすると、現状維持は将来10%以上不幸になると断言できます!

 

もっと言うと「将来不安な会社」「今後も成長見込みのない会社」で働いており「稼げる資格や副業スキルも勉強していない」人は、沈没間際の船に乗っているに等しいのです!

 

そしてこれは「過去20年間の日本の年収推移」を理解すると、その現実が見えてきます。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、先進国は20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下」しており、このままだと日本はさらに10%以上収入低下が想定されるわけです。

 

今後も成長見込みのない会社で働いており、稼げる資格や副業スキルも勉強していない人の悲惨な20年後

現在20歳年上の先輩が得ている年収から10%以上減(50歳前に年収500万円なら、年収450万円以下)

年収は現在20歳年上の先輩と同じでも、サービス残業が10%増(平均40時間なら、毎月44時間)

人件費圧縮により社内の非正規雇用UP、リストラや早期退職勧告UPで居場所が減っていく

 

このような現実な上に「老後2000万円問題」「借金返済の増税」などの懸念材料もある中、今の延長線上で生きるあなたの選択肢は「ガマンして節約して耐える」のみです。

 

※しかも「僕の祖父母は年金生活でも子孫に還元」してくれましたが「両親は退職金と年金で手一杯」なので、僕たち世代は自分で切り拓くしかありません

 

このように、様々な右肩下がりの可能性がありますが、何も行動しない場合あなたの未来は「悪化」しかありません。

 

転職は勇気が必要ですし、新天地に慣れるのは努力が必要ですが、苦痛な現実が増えると分かっているのに今の場所に固執してガマンし続けるよりは、将来的に楽ですよ♪

 

「国のせいだ!親のせいだ!会社のせいだ!」と思って責めていても、このままでは私達の現実が悪化していく事実は変わらないので、具体的な改善策を練って行動しましょう♪

 

今後の安定経済基盤は3つ

目次 2

 

以上の厳しい現実を踏まえた上で、10社転職経験&1000件以上の求人を書いてきた転職WEBライターとして立場から言わせてもらうと、おすすめできる今後の安定経済基盤は3つと断言できます!

 

今後も安定の経済基盤3パターン

1.今後も安泰の業界・会社で働く

2.今後も働き続けたい会社で働く

3.会社や社会情勢に関係なく生きれるように、副業スキルを育む

 

ハッキリ断言させてもらうと、今後も安心して生きていく道はこの3パターンがベストです!

 

そのため、あなたの現実ルートがこれに入れていない場合は、転職情報収集や副業について学び始めたほうが良いのです!

 

今後も安泰の業界・会社で働く

目次 3

 

まず1番目の、今後も安泰の業界・会社で働くパターンとは、言ってしまえば「大型客船に乗ろう」ということです。

 

大型客船

 

そして、具体的な安泰の業界・会社とは「準国営企業(JAL/NTT)」「ライフライン系企業(ガス/電力/水道)」「市場が安泰な会社や、特別な特許技術を持っている会社」などです。

 

まず、準国営企業は「国の威信そのもので根幹」なので、リストラなどはありますが、倒産させないように国費投入などの可能性もあり、存続率は一般企業より高いです。

 

※例え大企業でも「シャープの鴻海(ホンハイ)買収」「ブリヂストンの8000人規模の人員を含む中国企業への売却」など、外資の危機やリストラの危機に晒されるリスクがあります

 

 

そしてライフライン系企業も、人間が生活している限り必須の分野なので、これらが0になることは、人間が肉体を捨てない限りあり得ません。

 

もちろん、そのような企業は「●●電力」「●●ガス」などの大会社もありますし、電気関連商品を扱う会社など、安泰企業もたくさんあります。

 

ただし、問題なのは「これらの企業は、現時点において“高学歴エリート”が新卒入社して活躍している狭き門の世界」ということです。

 

ぶっちゃけて言うと、僕はこの中で「新橋にあるNTTグループの本社で営業マンとして働いていた経験」があるのですが、そこでは「3ヶ月契約更新のある契約社員」でした。

 

そして、2年ほどで会社を辞める時には、正社員の同僚から「僕はしがみ付いてでも働き続けるよ…。羨ましいなぁ…」と言われた位なので、辞めないメリットのほうが大きいわけです。

 

このような「高学歴エリートが新卒で入る会社」は、中途で転職しようとする場合、よほど前職で有能な実績を持っていない限り、ほぼムリと言えるのです。

 

実態は「正社員登用をチラつかせながら、働かない正社員に変わって、クビリスクがある契約社員を働かせていた状況」だったので、クソだなと思って辞めましたから…。

 

そのため、あなたが僕のように「高学歴エリートの会社に正社員として入社ができない」のであれば、このパターンはほぼムリと言えます。

 

今後も働き続けたい会社

目次 4

 

会社の大きさや勤務継続メリットに関係なく、今後も働き続けたい会社で働くという選択肢もおすすめです。

 

なぜなら「会社が潰れない限り、一緒に成長・繁栄していく覚悟ができている」からです。

 

「会社の創業者に惚れている」「居心地が良くて、今後も一緒に働きたい」「特に不満がない」など、人によって今の会社を辞めるつもりがない理由は沢山あります。

 

しかし、このサイトを訪れているあなたは「今の会社や生き方に疑問を感じている」わけですから、このように「働き続けたいと自信を持って言える会社」を探し始める必要性が高いのではないでしょうか?

 

だからこそ、転職サイトに登録して「自分が働き続けたい会社・生き方を引き寄せ始める」ことが必要と言えるでしょう!

 

副業スキルを育む

目次 5

 

僕が転職以外に取った選択肢ですが、副業スキルを育むというのも非常におすすめです。

 

そして、この副業スキルを育むというのは「自分の船を自分の手で作りor買い、大きくしていく」ようなものです。

 

ヨット

 

例えばスキル売買サイトでは、以下のような能力を持っている人には、給料以外で収入を得るチャンスがあります。

 

給料以外で収入を得るチャンス

  • イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで
  • デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで
  • 動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで
  • 音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
  • 文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成
  • IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

 

挙げればキリありませんが、このように「趣味?のようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです(雑貨販売やネットショップ開設もアリ)

 

 

そして実際に僕の知人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)
  • プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)
  • 飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者

 

もちろん「絶対起業成功!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源」を持てる人間になると、それだけでかなりメンタルが安定しますよ♪

 

ちなみに副業経験を積むには、以下のパターンがおすすめです。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 転職先自体でレベルUP=自分がワクワクした気持ちで働ける仕事で副業スキルUP(僕がWEBライターとして文章スキルを磨いたやり方)
  • 残業少なめの会社で副業開始=時間確保して副業に挑戦時間を作って、知識と経験を積む
  • 副業OKの会社で副業開始=堂々と副業できる為、転職後に自分の好きor得意なことを始めてみる(リクナビネクストでは400件以上が副業OK)

 

副業OK

 

このようなやり方がありますし、年収20万円以上稼がなければ、副業事実は会社側にバレませんし、適切に対処すれば、転職しなくても副業収入を得ることは可能です♪

 

※なお、以下の記事では「副業禁止企業で副業収入を得るためのコツ」を解説しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

また、以下の記事では「副業ブログの始め方」を以下の記事にて紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

転職準備最大のメリット

目次 6

 

そして、転職準備最大のメリットは「苦痛を感じる会社・上司・生き方から距離を置ける&転職すれば永遠に縁切りできる」点にあります。

 

そもそも「副業スキルを育む」と決意しても、毎日長時間残業だったりストレスフルな状況で生きていると、心身が安定しません。

 

しかし、転職サイトに登録して情報収集を行い、来るべき日に転職した結果、ワークライフバランスが劇的に改善できた例は沢山あります。

 

ワークライフバランスが劇的に改善できた例

  • 「体育会系の周りは敵という会社」から転職して「周りと協力・強調して仲間として働く会社」に転職してストレスが激減
  • 「会社の肩書は良いけど、毎日残業だらけのエンジニア」から転職して「基本的に定時帰り〜月平均20時間程度」でワークライフバランスが劇的に向上
  • 「社歴が長いだけで仕事をしない、老害がイッパイの会社」から「同年代が多い会社に転職」した結果、人間関係ストレスが激減

 

このように転職することで「イヤな現実を縁切りできる」ので、リクナビネクストに登録して情報収集を始めるだけでも、徐々に不快な現実縁切りをスタートできるのです♪

 

 

逆に現代日本では「我慢さえしてればOK」と甘んじて現実を何も変えず、取り返しのつかないレベルで行き場がなくなり、路頭に迷ってしまうリスクがあります!

 

今の会社から放り出されて路頭に迷う将来例

突然のリストラに会い、何も誇れるスキルがなくて転職先が見つからず、路頭に迷う

 

このような絶望的な未来を避ける為にも、今のうちからリクナビネクストに登録して「イヤな会社や人間関係からの縁切り」を始めるべきです!

 

 

1年後〜数年後に「なんであの時チャレンジしなかったんだ?」と後悔する情けない人生が良いですか?

 

それよりも「あの時、現実のルートを少しずつ変え始めてくれて、本当にありがとう俺or私」と自分を誇れる人生が良いですよね♪

 

学生時代は進路を親や周りが決めてくれたかもしれませんが、社会人時代は「どんな人生を生きるのも自己責任」です。

 

もちろん、会社内評価や指導は上司や会社がしてくれますが「あなたの人生の責任」は、あなたしか取れないのです!!

 

そのため「現在の延長線上は、後悔・不安・絶望が増え続ける」のであれば、今すぐリクナビNEXTに登録して「今のクソッタレな現実を拒絶する行動」を起こすべきです!

 

良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?

 

\転職参考記事!/

 

まとめ

 

諒

以上が退職2ヶ月前は遅いし非常識?10回経験者が語るハッピー退職作法のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

意欲が弱い内からの転職サイト登録利点

転職サイト gif

諒

なお最後に補足として、意欲が弱い内からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。

キツい時は登録意欲すら無くなる

目次 1



キツい時は登録意欲すら無くなるのが、転職意欲が少ない内から登録しておく、一番のメリットです!!



あなたも人生で深く悩んだ時期に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありますよね?



それと同じ状況が「今勤めている会社」で起こってしまうと、そこから逃げようとする気力すら湧かず、もっときつい現実に発展するリスクがあるのです!



転職サイト登録対策なしorありの例


■突然退職=ストレスが頂点になり辞める→転職活動を始める→アルバイトor貯金を崩しながら転職先を急いで探す!!

0から転職活動開始すると大抵3ヶ月以上かかる為、場合によっては貯金が足らず逃げられません

■転職サイトで情報収集して退職気力に余裕のある内から転職サイト登録→ストレスが頂点の時に退職→安心して転職先確保

僕は退職1ヶ月以内に正社員転職先を勝ち取った為、同じことをすれば最悪状況を回避できますよ♪



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が可能ですよ♪

転職サイト登録は一種の保険

目次 8

このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!



保険を利用する安心例


■医療・がん保険高額医療費が発生した時などのリスクを回避

■自動車保険事故や、慰謝料問題などのリスクを回避

■転職保険働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは、今の会社に居られなくなった時のリスク回避保険」として利用できるのです!



後ほど紹介する「リクナビネクスト」は、登録利用料無料も大きなメリットです(報酬は求人企業が支払っている為)

\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

求人ストックで選択肢を増やせる



転職意欲が低い内の登録メリットとして、求人ストックで選択肢を増やせるという利点もあります!



これは「メールアドレス登録+職務経歴書」を入力することで「転職先オファーをストックして、情報収集をシステム化できる」のです♪





例えば、僕がおすすめするリクナビネクストでは「直近3ヶ月で20件ほどのオファー」を受け取りました。



リクナビネクストで職務経歴書入力しておくメリット


オファー メリット

職務経歴書登録で受け取ったオファー例

オファー例



このように、今スグ登録しておけば「上司のパワハラでストレスが頂点に達した時」「ガマンの毎日に嫌気がさした時」の逃げ道確保を、15分もあれば対策できるのです♪



職務経歴書を入力しておいた方が良い理由


オファーやスカウトは採用企業側の追加料金支払いの為、採用本気度が高い

未経験採用であってもオファーを出すほど育成意欲が高いため、採用確率が高い

電話勧誘がない+メールを受け取るだけなので、ストレスフリー



PS.職務経歴書に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

リクナビネクスト登録利点

リクナビネクスト

そして業界最大級の転職サイトである、リクナビネクスト登録利点をご紹介しておきます。



リクナビネクスト登録メリット


就活で誰もが使用した「リクナビ」の転職版なので、使い方が理解しやすい

業界最大級の求人掲載数なので、転職しなくても必ず登録しておきたいサイト

電話や応募催促がキツい転職エージェントより気軽に使える

職務経歴書登録しておけば、自分の市場価値が分かる



このように「転職情報が一番集まっているサイト」なので、転職意欲が弱い内から登録メリットは大きいのです!!



しかも、再補足しておくと「職務経歴書登録でオファーやスカウトメールをストックできる」という利点もあります。



そのため「今の会社に一生勤めるつもりはない」なら、今スグ登録しておくべきサイトと言えます!!!



良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?


今スグ人生を変える覚悟を決めてリクナビネクストに登録すれば、理想の未来を引き寄せ始められますよ♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/