向いてる仕事

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

適職診断は当たらないし意味ないと思っていませんか?

 

しかし適職診断をすることで「自分の得意なこと」「好きなこと」の傾向が簡単に分かり、今までよりラクで豊かな経済基盤を築ける可能性が上がるのです!

 

転職変化

 

そしてそんなあなたに、この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職・天職を見つける方法

適職

 

ではまずはじめに、適職・天職を見つける方法についてご紹介していきます。

 

適職・天職は誰にでもある

天職

 

まず結論からお伝えしておくと、適職・天職は誰にでもあると思って大丈夫です。

 

なぜなら転職ライターとして多くの求人に目を通したり、元営業マンとして多くの企業を見ましたが、働き方は本当に多種多様であり、自分に合う働き方も沢山あると確信したからです♪

 

多種多様な企業例

バランスボールに座って仕事するなど、電話が一つしかない自由なエンジニア会社

規律とルールがしっかりしており、充実した福利厚生を整備している通信系営業会社

ベンチャーながら、未経験から文系でもエンジニアとして成長できる教育環境を持つ会社

 

このように「自由で社員任せの裁量が大きい」「教育に強い」「決められた指示がキッチリしており働きやすい」など、会社によって働き方は全く異なります。

 

 

さらに職種も「営業」「事務」「エンジニア」「職人」「税務や弁護などの士業」「介護や看護」などで、求められる能力・スキルも異なります。

 

多種多様な企業・職種例

営業=新規開拓なら「強気な傲慢さ」が武器になるが、ルート営業なら「謙虚さ」が武器になるので逆

エンジニア=守る側の「インフラ系」は忍耐力だが、新商品開発の「アプリ系エンジニア」はスピード

警備と介護=警備は「犯罪の可能性を断ち切る仕事」で、介護は「要介護者を受け入れる仕事」

 

このように求められるスキルが全く異なるので、自分の「個性」に合った職種に就けば、ムリなく働けると言えるのです♪

 

僕が天職に辿り着いた道程

 

ちなみに、僕が天職に辿り着いた道程についてもご紹介しておきます。

 

大島諒一の主な個性職歴

事務職=六本木の某大手教育系企業=教育会社の研修で使う「教科書」を作成する事務

→苦痛を感じる仕事ではなかったが、工場のライン作業と同じで「誰でも出来る仕事」と感じ退職

 

営業職=日比谷の某大手通信系企業

→「数値を図面に書いてお客様に提案」という理系的要素が強く、文系の僕は苦手意識が強く退職

 

WEBライター職=赤坂の某転職系企業

→自分の経験をもとに記事を書いてお客様に喜ばれる仕事で、天職と強く感じる

大島諒一の主な個性職歴

■人の感情や歴史、文章を扱う文系科目が好きで得意■

大学入試では国語・歴史で8割を取るほど文系科目が得意

■個人で仕事に取り組むスタイルが好きで得意■

学生時代はテニスなど「1人or2人の少人数で取り組むスポーツ」を好んだ

 

このように学生時代から「なんとなく得意」「なんとなく好き」と思っていた自分の得手・不得手が、自分の適職・転職に辿り着いて明確になったわけです。

 

適職・天職を確信する方法

確信

 

そしてそんな適職・天職を確信する方法は以下の通り。

 

適職・天職を確信する唯一の方法

目・口・毛穴から愛が溢れるような、自分と相手の役に立っている確信が持てる仕事

 

感覚的には、お客様に対して「自分の大切な人と接するような気持ち」で関われるのが適職・転職と言えます。

 

 

そして適職・天職は「自分がムリなく継続できて、他の人の役に立てる仕事」でもあります。

 

例えば僕にとっては「読書や文章書き=1日中取り組める」仕事ですが、他の人にとっては「読書も書くのも眠くなるからNG」というケースがあります。

 

つまり物書きは「ダメな人には苦痛となる仕事」ですが、僕にとって「文章にまつわる仕事=好きで得意」なので「ムリなくできること」なわけです。

 

 

じっさい僕は仕事とプライベートを含めて「WEBサイトに累計3,000記事以上を執筆」「ビジネス書を中心に、累計1000冊以上を読破」してきた経験は、ちょっとした自慢です(笑)

 

とはいえ「圧倒的No1」でなくても、人から「お前の●●は、俺にはマネできない」と少しでも言われるような個性が、あなたにとっての「適職」にマッチする才能となるのです。

 

あなたが将来必要とされ続ける方法

天職

 

では次に、あなたが将来必要とされ続ける方法についてご紹介していきます。

 

運命はあなたを幸福に導く

無職 不安

 

運命はあなたを幸福に導くという視点が大切です。

 

そしてこの視点を理解するために必要なのが「宿命・運命・天命・使命の違い」についてです。

 

宿命・運命・天命・使命の違い

宿命(ありのままの姿)=前世・過去のトラウマや親・先祖から引き継いだ能力や因縁(カルマ)

運命(シナリオ)=あなたがこの世に生まれた天命に近づくために“命”を“運”んでいく過程

天命(あるべき姿)=自分が目指し続ける到達点であり、生き続けるべき姿

使命(ミッション)=宿命を乗り越えて天命を生きる過程で歩んだ、あなただけの生き様

天命

出典:オンラインジャーナル/PMプロの知恵コーナー

 

このように「あなたが生まれてきた意味と、これから生きていく過程」は「世界であなただけが歩んでいる道(人生)」であり、その柱はあなたに安寧をもたらすのです。

 

我が天命「日本の誇りの柱」

日本の誇りの柱

 

ちなみに我が天命「日本の誇りの柱」についても、参考としてご紹介しておきます。

 

大島諒一の宿命・運命・天命・使命

宿命(ありのままの姿)=愛媛県の山守豪族(父方家系)と愛知県の農業一族(村社会)に生まれて、「パワフルな父方」と「安定の母方」のメンタルが違いすぎて非常に精神不安定な前半生を過ごす

運命(シナリオ)=「年商3億の社長」に弟子入りして、工場のライン作業から始まり、東京に上京して5年ほど上場企業で勤め、起業家を志す

天命(あるべき姿)=「日本の誇りの柱」として「誇りある日本人の育成」「神国日本の復興」に生きる

使命(ミッション)=「自信がない」ところから「誇りの象徴」にまでなったエネルギーを社会還元

天命

出典:オンラインジャーナル/PMプロの知恵コーナー

 

26歳の時に、25万円ほど払って平日4日間に受講した研修にて「私は強烈な影響力のある男です」という生き様を、自分自身と契約しました。

 

「強烈な影響力のある男」とは即ち「ものすごく現実を変える力のある存在」であり、親や上司、社会の言いなりだった僕からしたら、人生観を180度変えるほどの大転換決意でした。

 

しかしその過程で歩んできた「自らの自尊心を最優先する決断」を誰よりもしてきた誇りがあるので「あなたには大きな存在価値がある」と伝える仕事に生きられるようになったのです。

 

 

このように「あなただけが歩んでいる人生や過程」は唯一無二のものですから、それは機械やAIがどれだけ進化しても、あなたを支え続ける力になってくれますよ♪

 

適職・天職は必要とされ続ける

錬金術

 

以上の点から、適職・天職は必要とされ続けると断言できます。

 

なぜなら「あなたがこの世に生まれてきた理由であり存在意義」なので、これを生き続けている限りあなたは最強なのです。

 

ちなみに「分からないなりに歩んでいる過程」もまた運命なので、迷う事自体に意味があるのです。

 

 

そして天命を生きるのは「あなたの求めているものは何ですか?」と自分に問い続けるのです。

 

僕は8年間そうやって歩んできた結果「日本の誇りの柱」という生き方を実践する覚悟ができたので、ぜひ同じことをやってみてください♪

 

そして「今働いている環境から、もう一歩チャレンジしたい」という思いで、何回も職種転換したり転職してきました。

 

その結果、こうして「自己決断して成長してきた自負」をシェアできるようになったので、今いる場所に違和感を感じているなら、進化の時が来ているのかもしれませんね♪

 

自分の個性を明確にする方法

診断

 

では実際に僕自身が行なった、自分の個性を明確にする方法についてご紹介していきます。

 

ウェルスダイナミクス(1万3千円)

ウェルスダイナミクス

ウェルスダイナミクス

 

ウェルスダイナミクスは設けられたテストに回答していくことで、8種類のどれにどの程度才能があるかを教われるプロファイルです。

 

オススメの人

自分のフロー(熱中状態)の入り方を知りたい人

人生の方向性を明確にしたい人

高めの金額支払いに対応できる人

 

例えば世界的に有名な投資家「ウォーレン・バフェット」は、「成功に必要なのは慎重・忍耐である」と言いっています。

 

しかし一方でマイクロソフト創業者「ビル・ゲイツ」は、「しばしば直感が頼みの綱となる」「スピードこそが最も重要」と、忍耐・慎重と全く真逆のことを言っています。

 

 

実はともに成功者ではありますが、重要な点は「自分の才能を適切に使った」から成功したという事実です。

 

つまり、もしバフェットが直感やスピードが大事と思って生きていたり、ビルゲイツが忍耐を大事していたら、大成功は無かったわけです。

 

 

そしてこのような才能診断(プロファイル)を可能としているのが、ウェルスダイナミクスです。

 

ちなみに僕のプロファイルは以下の通りで、「1位=スター」「2位=クリエイター」「3位=メカニック」でした。

 

僕の個性例

ウェルスダイナミクス例

 

僕の個性の代表例は「ターミネーター」などのアクション映画で有名な、「アーノルド・シュワルツェネッガー」の属するタイプでした。

 

ウェルスダイナミクスの詳細

ダイナモ=直感型(アイデアを活かす)

「ブレイズ=外向型(個性化して拡大)

「テンポ=タイミング(時期を読む)

「スチール=内向型(単純化して増殖)

スター=独自の存在価値を確立(アーノルドシュワルツェネッガー/映画俳優)

クリエイター=より良い製品を生み出す(ウォルトディズニー/ディズニー創業者)

メカニック=よりよいシステムを編み出す(ジェフベゾス/アマゾン創業者)

ロード=お金を生み出す権利を支配(ジョン・ロックフェラー/世界初のビリオネア)

アキュムレーター=価値が上がる資産を所有(ウォーレン・バフェット/大投資家)

トレーダー=安く買い高く売る(ジョージソロス/売買投資家)

ディールメーカー=交渉力で人同士をつなげる(ドナルド・トランプ/不動産王)

サポーター=チームを率いて事業サポート(ジャック・ウェルチ/GECEO)

     

    有料なのが玉に瑕ですが、自分の個性を一番明確にできる診断テストと言っても過言ではないので、いつかやってみることをオススメします♪

     

    さあ、才能に目覚めよう(1980円)

     

    さあ、才能に目覚めようは、読み物というより「個性診断を行う教科書」と言えるものです。

     

    オススメの人

    自分の個性をしっかり診断したい人

    ある程度お金がかかっても大丈夫な人

     

    なかにはインターネットを利用して個性診断を受けられる「診断コード」が入っており、そのコードを用いてちょっとした心理傾向テストを受けられます。

     

    ただし小一時間程度はかかる、しっかりとしたテストなので、かなり詳細な個性診断を受けることができます。

     

     

    ちなみに「診断コード」は1回しか使えないので、中古で購入しても意味がありません。

     

    さらに本の内容も、主に診断結果の詳細な説明が書かれているので、診断しなければ意味がないのです。

     

    そのため「2,000円程度出して、自分の個性(強み)を明確にする」うえでは、とても価値のある本と言えますよ♪

     

    天職占い(3,000円)

    天職占い

     

    僕が職種転換を果たした大きな理由の一つとして「天職占い」があります。

     

    29歳の時に「これ以上東京での生活はキツイ」「IT通信営業を続けるのはキツイ」と思った時に、何箇所か「占い相談」を利用したのです。

     

     

    その中で職種転換に役立った相談結果の一つが以下の通り。

     

    オススメの人

    ■電話占い・明讃(めいさん)先生へのメール占い相談結果

    明讃先生

    ■鑑定結果

    乙女座=どんな出来事においても、瞬時に本質を見抜いてしまう

    霊数1=個人で独創性を活かせる仕事の方が成功しやすい

    四柱推命1=天徳貴人×月徳貴人・趣味や道楽が高じて成功する例も多く恵まれた運命の持ち主

    四柱推命2=文昌貴人・作家や学者が持つ特性で、学問や文学に才能がある

    小さいときから勉強しているのを活かす仕事に就けば運気は最高です。

     

    このように「集団より個人」「本質を見抜く」「趣味が高じて成功する」「作家に才あり」「小さい時から勉強しているのを活かす仕事」というアドバイスにより、営業から物書きになりました。

     

    ※昔から本を読んだり、何かを伝えるのが得意だった上、29時の時点で「観光趣味ブログ」を作っていたのもあり、それを自己PRの軸としてWEBライターになったのです

     

    さらに別の場所ですが「前世は出版社の編集者だったので、その力が今世に引き継がれている」というアドバイスも、後押しになったのです。

     

     

    現実世界だけを信じて生きていると、占いは怪しいものに感じるかもしれませんが、何千年も「迷った時の人生の指針をくれる存在」として継承され続けてきたものです。

     

    そのため「ちょっとしたチャレンジの前に、振り返りの意味を込めて相談してみる」ことで、僕のように運気が開けるかもしれませんよ♪

     

    ※ちなみに明讃先生は「西洋占星術」「霊数」「四柱推命」で自分の適正を占ってくれる他に、3つまで相談に乗ってくれるので、そこで「前世」「天職」「適職」などを相談すればOKですよ♪

     

     

    ※そして別サイトにはなりますが、以下のリンク先では具体的なメール占い相談のやり方を紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

     

    グッドポイント診断(無料)

    リクナビネクスト

     

    グッドポイント診断は、有名サイト「リクナビNEXT」が提供している診断方法です。

     

    オススメの人

    無料」で履歴書に使えるような強みを診断したい人

    ネットで気軽に」自分の強みを知りたい人

    しっかりした信頼できる評価基準で診断を受けたい人

     

    無料の個性診断は占いを含めてたくさんありますが、やはり無料がゆえに「どこか信頼できないあいまいさ」を感じました。

     

    それに比べて、こちらのグッドポイント診断は「転職業界大手のリクルート」が提供している診断なので、クオリティも相当高いです。

     

     

    なぜならこちらはリクナビ NEXTにて提供されているサービスの一環なので、登録者に対して「適当なサービス」を提供していないからです。

     

    グッドポイント診断が無料でもキッチリしている理由

    リクナビNEXT登録者数が増えることで、オファーなどを送れる数も増え、転職希望者の母数も増える→リクナビの価値向上

     

    転職サービスは転職成功者を斡旋することで数十万円〜数百万円の売り上げが上がるので、無料でグッドポイント診断を沢山の方に提供しても、十分採算が取れるようです。

     

    もちろん「ムリな勧誘電話」などはなく、メールが来るくらいなので、無料で履歴書に書けるレベルの個性診断を受けられるメリットは大きいです。

     

    登録すれば無料で受けることができるので、ぜひやってみてください♪

     

    まとめ

     

    以上が自分の天職を見つける!ムリなく働き続けられる「適職診断方法」4選のご紹介でした。

     

    自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

     

    自分の適職・天職を知るメリット

    チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

    カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

    ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

    自分の適職・天職を知らないデメリット

    「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

    今の自分から何も変わらず変化ナシ…

    何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

     

    あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

     

     

    ※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

     

     

    強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪