向いてる仕事 適職診断

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

適職がわからないから、それを明確にできる天職・天職の見つけ方を知りたい!

相談女性1

株式会社リクルート運営のリクナビネクスト適職診断を信じて転職した結果や精度は?口コミや評価は当たると評判なの?テストツール設問に対する、システム回答の所要時間を知りたい!

相談男性2

「転職サイト無料会員登録サービス」「エージェントアドバイザー利用相談&担当営業問い合わせなどのサポートアドバイス」「ハローワーク就職」の良い点・悪い点や評価比較感想を教えてほしい♪

相談女性2

自分の職種経験&業界キャリアや性格分析のタイプに合った適性自己分析内容・強みや弱みなど特徴を知る質問に答えれば、おすすめの職業や仕事が分かるような方法を紹介してほしい…。

相談男性3

スカウトやオファーは、希望年収の高い業種や非公開求人項目掲載情報・個人の働き方改革・向いてる適正職場や大手の会社勤務採用を実現するためのサービスとして使える?

相談女性3

必須資格・知識や経歴の活きる種類を知るのに使える?退職選択するのはいつかわからない…。データを活動に活用する成功参考例やメリット・デメリットは?アドバイスが欲しい!

 

あなたはそう思いながら、適職診断は当たらないし意味ないと思っていませんか?

 

僕自身も「石の上にも3年」「適職・転職なんて特別な人のもの」「仕事は同じ場所で、一つの事を長く続けなければならない」と思い込んでいたので、あなたの気持ちが良く分かります…。

 

 

しかし適職診断をすることで「自分の得意なこと」「好きなこと」の傾向が簡単に分かり、今までよりラクで豊かな経済基盤を築ける可能性が上がるのです!

 

なぜなら29歳まで「自分に最も適性のない理系的素養を必要とされる通信系IT営業マン」から「得意な文系的素養を使えるWEBライター」という天職に転職した僕がそう感じているのですから…。

 

目次 8

 

そのためそんなあなたに、この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断を行うメリット

目次



なお最初に補足として、適職診断を行うメリットについてご紹介していきます。



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



毎日のストレスをDOWNできる

目次 1



毎日のストレスをDOWNできるのが、適職に転職する一番のメリットです。



なぜなら「自分が好きor得意な仕事に就いて自尊心を育むことで、思い通りの現実を創造したり、選択する力」を育めるからです♪





例えば嫌いor苦手な仕事で働いている人は「冒険気質なのにガマン中心の仕事」「運動が苦手なのに肉体系労働」など「どうせ自分なんて…」という「自分を苦しませる判断基準」で働いているので苦労します。





しかも不適職で働く人ほど「仕事がサビ残だらけで時間を奪われる」「人間関係がイライラと深いさの毎日で、人や自分のことが嫌いになる」という我慢の現実を生きている可能性が高いのです!



しかし適職に転職することでメンタルが安定し、「苦痛が不適職時代よりはるかに少なく、毎日を過ごせる」「好きなことや楽しいことを楽しめる精神的・経済的余裕が生まれる」というメリットが生まれますよ♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



自尊心UP=幸福度UPできる

目次 2



自尊心UP=幸福度UPできるというメリットもあります。



なぜなら「嫌いor苦手な不適職で働く人ほど、自分を苦しませるクセが強い」一方で「好きor得意な適職で働く人ほど、自分を喜ばせるクセが強い」人間になっていけるからです!





例えば僕は数学などの理系が大嫌いなのに「数学的素養がメインのIT系技術営業」は、ストレスが強すぎて、リボ払いで借金地獄にだったことがあります。



なぜなら「自分を苦しませて、努力しながらお金を稼ぐ毎日」が、お金や人間関係も「努力と我慢の毎日」を引き寄せ続けていたからです。





しかし、適職診断により判明した「本にまつわる仕事=物書き/WEBライター」に転職してからは、自分の得意分野だったので、毎日夢中で働けた上に「プライベートも夢中が増えた」のです。



物書き/WEBライターに転職した後の変化


お金=6年近くリボ払いの借金漬けだったのが、借金0になった上に、毎月それなりに使っているつもりでも、月数万円貯金できる余裕ができた

時間1=メンタルが安定したので「行きたかったレストラン」「ちょっとした旅行」など、我慢していた事も夢中でできる精神的・経済的余裕が生まれた

時間2=定時帰りになった上、年収はIT営業時代より減ったが「副業ブログで月1〜3万円レベルまでは稼げるようになり、収入はほぼ横ばい」に回復したので、結果的にIT営業時代より幸福度が激増した♪

人間関係=自分の得意分野で仕事ができるようになったので「憧れです♪」「あなたのお陰で成果が上がりました♪ありがとうございます♪」と取引先に感謝されたり、社内で褒められる機会が増えた





このように、不適職から適職に転職したことで、不適職時代には考えられなかった幸福度UPを実現できたのです♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



我慢・努力・夢中の生き方

目次 3



そして適職・不適職で思い出すのは、「我慢・努力・夢中の生き方」です。



格言


我慢は努力に勝てず、努力は夢中に勝てない





つまり「我慢している人<努力している人<夢中になってる人が一番稼げたり幸福度が高い」ということです。



それまで「仕事は辛く苦しんだ対価」と思っていた僕にとってはカルチャーショックでしたが「お金は喜びの対価」と価値観を変えてから、お金を受け取ることへのストレスが激減しましたから♪



僕の我慢・努力・夢中時代


我慢ばかりで自己否定と抑圧の毎日=教育関係OA事務職時代の「裏方で無機質に働き続けた時代

努力ばかりでイライラと発狂の毎日=通信IT系営業マンに転職して「設計図や数値を扱う苦手分野でストレスを溜め込み続けた時代

夢中ばかりで快適で安心幸福な毎日=転職系WEBライターに転職して「人の喜怒哀楽を扱い自尊心を復興する、毎日夢中に働く時代





そして僕は今「自分の記事を通して日本人の自尊心を復興することに夢中」なわけですが、あなたが今の人生に「我慢」「努力」しているなら、引き寄せる現実を変える為に、自己投資を行うべきですね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



適職で収入選択肢が増える例

目次 4



また、適職で収入選択肢が増える例についても補足しておきます。



先ほどお伝えした通り、適職で働くと夢中になってレベルUPできるので、自尊心UPが可能となります。



その結果の一つとして「自分が好きなことor得意なことで稼ぐ現実にOKが出しやすくなる」というメンタルブロックの解除が起こったりするのです。





その結果、僕のように「本業の会社員では収入UPできなくても、副業で稼げるようになる」という選択肢が生まれたりします。



例えば某スキル売買サイトでは、以下のような「自分が社会還元できるスキル」を持っていれば、月5万円程度は稼げるチャンスを得られるのです。



給料以外で収入を得るチャンス


イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで

デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで


動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで

音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成

IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

占い系=占い自体から占い師養成まで

勉強系=資格取得アドバイスから就職・転職サポートまで





挙げればキリがありませんが、このように「趣味?と思っているようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです。(雑貨販売やネットショップ開設という手もあります)





そして実際に僕の知っている人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。



僕の知ってる副業・スキル活用者例


美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)

プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)

飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者





もちろん「絶対起業だ!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源を持てる適職」で働いていると、それだけでかなり将来の安心度が増しますよ♪



ぜひ、以下のリンク先から「あなたにとって快適&幸福度が高い、好きor得意を活かせる適職」を見つけて、幸福度をレベルUPする参考にしてくださいね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



適職発見体験談

目次

 

諒

ではまずはじめに、適職発見体験談についてご紹介していきます。

 

適職・天職は誰にでもある

目次 1

 

まず結論からお伝えしておくと、適職・天職は誰にでもあると思って大丈夫です。

 

なぜなら転職ライターとして多くの求人に目を通したり、元営業マンとして多くの企業を見ましたが、働き方は多種多様であり、自分に合う働き方も沢山あると確信したからです♪

 

多種多様な企業例

バランスボールに座って仕事するなど、電話が一つしかない自由なエンジニア会社

規律とルールがしっかりしており、充実した福利厚生を整備している通信系営業会社

ベンチャーながら、未経験から文系でもエンジニアとして成長できる教育環境を持つ会社

 

このように「自由で社員任せの裁量が大きい」「教育に強い」「決められた指示がキッチリしており働きやすい」など、会社によって働き方は全く異なります。

 

 

さらに職種も「営業」「事務」「エンジニア」「職人」「税務や弁護などの士業」「介護や看護」などで、求められる能力・スキルも異なります。

 

多種多様な企業・職種例

営業=新規開拓なら「強気な傲慢さ」が武器になるが、ルート営業なら「謙虚さ」が武器になるので逆

エンジニア=守る側の「インフラ系」は忍耐力だが、新商品開発の「アプリ系エンジニア」はスピード

警備と介護=警備は「犯罪の可能性を断ち切る仕事」で、介護は「要介護者を受け入れる仕事」

 

このように求められるスキルが全く異なるので、自分の「個性」に合った職種に就けば、ムリなく働けると言えるのです♪

 

僕が天職に辿り着いた道程

目次

 

ちなみに、僕が天職に辿り着いた道程についてもご紹介しておきます。

 

大島諒一の主な個性職歴

事務職=六本木の某大手教育系企業=教育会社の研修で使う「教科書」を作成する事務

→苦痛を感じる仕事ではなかったが、工場のライン作業と同じで「誰でも出来る仕事」と感じ退職

営業職=日比谷の某大手通信系企業

→「数値を図面に書いてお客様に提案」という理系的要素が強く、文系の僕は苦手意識が強く退職

WEBライター職=赤坂の某転職系企業

→自分の経験をもとに記事を書いてお客様に喜ばれる仕事で、天職と強く感じる

大島諒一の主な個性職歴

■人の感情や歴史、文章を扱う文系科目が好きで得意■

大学入試では国語・歴史で8割を取るほど文系科目が得意

■個人で仕事に取り組むスタイルが好きで得意■

学生時代はテニスなど「1人or2人の少人数で取り組むスポーツ」を好んだ

 

このように学生時代から「なんとなく得意」「なんとなく好き」と思っていた自分の得手・不得手が、自分の適職・天職に辿り着いて明確になったわけです。

 

誰にでも適職・天職はある

目次 2

 

そしてそんな誰にでも適職・天職はあると、かつて通信系営業マンで半人前だった所から、一人前のWEBライターになれた僕は、自信を持ってお伝えできます。

 

ちなみに天職に到達した僕から「適職・天職と確信するコツ」も紹介しておきます。

 

適職・天職を確信する方法

目・口・毛穴から愛が溢れるような、自分と相手の役に立っている確信が持てる仕事

 

このように感覚的には、お客様に対して「自分の大切な人と接するような気持ち」で関われるのが適職・転職と言えます。

 

適職の見つけ方

目次

 

諒

では実際に僕自身が行なった、適職の見つけ方についてご紹介していきます。

 

ウェルスダイナミクス(1万3千円)

ウェルスダイナミクス

ウェルスダイナミクス

 

ウェルスダイナミクスは設けられたテストに回答していくことで、8種類のどれにどの程度才能があるかを教われるプロファイルです。

 

オススメの人

自分のフロー(熱中状態)の入り方を知りたい人

人生の方向性を明確にしたい人

高めの金額支払いに対応できる人

 

例えば世界的に有名な投資家「ウォーレン・バフェット」は、「成功に必要なのは慎重・忍耐である」と言いっています。

 

しかし一方でマイクロソフト創業者「ビル・ゲイツ」は、「しばしば直感が頼みの綱となる」「スピードこそが最も重要」と、忍耐・慎重と全く真逆のことを言っています。

 

 

実はともに成功者ではありますが、重要な点は「自分の才能を適切に使った」から成功したという事実です。

 

つまり、もしバフェットが直感やスピードが大事と思って生きていたり、ビルゲイツが忍耐を大事していたら、大成功は無かったわけです。

 

 

そしてこのような才能診断(プロファイル)を可能としているのが、ウェルスダイナミクスです。

 

ちなみに僕のプロファイルは以下の通りで、「1位=スター」「2位=クリエイター」「3位=メカニック」でした。

 

僕の個性例

ウェルスダイナミクス例

 

僕の個性の代表例は「ターミネーター」などのアクション映画で有名な、「アーノルド・シュワルツェネッガー」の属するタイプでした。

 

ウェルスダイナミクスの詳細

ダイナモ=直感型(アイデアを活かす)

「ブレイズ=外向型(個性化して拡大)

「テンポ=タイミング(時期を読む)

「スチール=内向型(単純化して増殖)

スター=独自の存在価値を確立(アーノルドシュワルツェネッガー/映画俳優)

クリエイター=より良い製品を生み出す(ウォルトディズニー/ディズニー創業者)

メカニック=よりよいシステムを編み出す(ジェフベゾス/アマゾン創業者)

ロード=お金を生み出す権利を支配(ジョン・ロックフェラー/世界初のビリオネア)

アキュムレーター=価値が上がる資産を所有(ウォーレン・バフェット/大投資家)

トレーダー=安く買い高く売る(ジョージソロス/売買投資家)

ディールメーカー=交渉力で人同士をつなげる(ドナルド・トランプ/不動産王)

サポーター=チームを率いて事業サポート(ジャック・ウェルチ/GECEO)

     

    有料なのが玉に瑕ですが、自分の個性を一番明確にできる診断テストと言っても過言ではないので、いつかやってみることをオススメします♪

     

     

    天職占い(3,000円)

    目次 4

     

    僕が職種転換を果たした大きな理由の一つとして「天職占い」があります。

     

    先ほどまでお伝えしたように、誰しも「頑張ってやっても苦手な事」がある一方で、天職と言える「夢中でやってしまう得意な事」があります。

     

    実際僕は働き方や生き方に行き詰まった29歳の時に「これ以上東京での生活はキツイ」「IT通信営業を続けるのはキツイ」と思った時に、何箇所か「占い相談」を利用したのです。

     

     

    その中で職種転換に役立った相談結果の一つが以下の通り。

     

    オススメの人

    ■電話占い・明讃(めいさん)先生へのメール占い相談結果

    明讃先生

    ■鑑定結果

    乙女座=どんな出来事においても、瞬時に本質を見抜いてしまう

    霊数1=個人で独創性を活かせる仕事の方が成功しやすい

    四柱推命1=天徳貴人×月徳貴人・趣味や道楽が高じて成功する例も多く恵まれた運命の持ち主

    四柱推命2=文昌貴人・作家や学者が持つ特性で、学問や文学に才能がある

    小さいときから勉強しているのを活かす仕事に就けば運気は最高です。

     

    このように「集団より個人」「本質を見抜く」「趣味が高じて成功する」「作家に才あり」「小さい時から勉強しているのを活かす仕事」というアドバイスにより、営業から物書きになりました。

     

    ※昔から本を読んだり、何かを伝えるのが得意だった上、29時の時点で「観光趣味ブログ」を作っていたのもあり、それを自己PRの軸としてWEBライターになったのです

     

    さらに別の場所ですが「前世は出版社の編集者だったので、その力が今世に引き継がれている」というアドバイスも、後押しになったのです。

     

     

    現実世界だけを信じて生きていると、占いは怪しいものに感じるかもしれませんが、何千年も「迷った時の人生の指針をくれる存在」として継承され続けてきたものです。

     

    そのため「ちょっとしたチャレンジの前に、振り返りの意味を込めて相談してみる」ことで、僕のように運気が開けるかもしれませんよ♪

     

    ※ちなみに明讃先生は「西洋占星術」「霊数」「四柱推命」で自分の適正を占ってくれる他に、3つまで相談に乗ってくれるので、そこで「前世」「天職」「適職」などを相談すればOKですよ♪

     

     

    ※そして別サイトにはなりますが、以下のリンク先では具体的なメール占い相談のやり方を紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

     

    グッドポイント診断(無料)

    目次 5

     

    グッドポイント診断は、有名サイト「リクナビNEXT」が提供している診断方法です。

     

    これは「最長約45分&約300問解答で、全8,568通りから5つの強みを診断」という充実ぶりで、しかもリクナビネクスト経由の職務経歴書に、診断を添えて企業応募できます。

     

    実際僕も「転職10回経験との適合性」を振り返りましたが、非常に信憑性も高いと感じましたから♪

     

    グッドポイント2

    オススメの人

    グッドポイント1

    無料」で履歴書に使えるような強みを診断したい人

    ネットで気軽に」自分の強みを知りたい人

    しっかりした信頼できる評価基準で診断を受けたい人

     

    無料の個性診断は占いを含めてたくさんありますが、やはり無料がゆえに「どこか信頼できないあいまいさ」を感じました。

     

    それに比べて、こちらのグッドポイント診断は「転職業界大手のリクルート」が提供している診断なので、クオリティも相当高いです。

     

     

    なぜならこちらはリクナビ NEXTにて提供されているサービスの一環なので、登録者に対して「適当なサービス」を提供していないからです。

     

    グッドポイント診断が無料でもキッチリしている理由

    リクナビNEXT登録者数が増えることで、オファーなどを送れる数も増え、転職希望者の母数も増える→リクナビの価値向上

     

    転職サービスは転職成功者を斡旋することで数十万円〜数百万円の売り上げが上がるので、無料でグッドポイント診断を沢山の方に提供しても、十分採算が取れるようです。

     

    もちろん「ムリな勧誘電話」などはなく、メールが来るくらいなので、無料で履歴書に書けるレベルの個性診断を受けられるメリットは大きいです。

     

    ※こういった「適正診断」は数千円するケースもあるので、無料でできる内に使っておいたほうがお得です(いつか有料化する可能性も否定できませんから…。)

     

     

    そしてこの診断を行うことで、例えば以下のような「診断結果と仕事がミスマッチ」であれば、それは不適職と分かるのです。

     

    グッドポイント診断で分かる転職すべき例

    感受性(場の雰囲気を感じ取る)が診断されたのに、無機質なルーティン作業中心の仕事で働いている

    挑戦心(高い目標もクリア)が診断されたのに、既存のルール通りでしか動けない仕事で働いている

    慎重性(掘り下げて考える)が診断されたのに、緻密な行動よりスピード最重視の仕事で働いている

    高揚性(ノリが良い)が診断されたのに、感情を使わない仕事で働いている

     

    このように「あなたにとっての長所が埋もれるどころか、それを抑圧される仕事」だと、ストレスが大きかったり実力を発揮しきれていない可能性が高いのです!

     

    そのため一度は「自分の長所ってなんだろう?」という自己分析に使うのがおすすめです(無料ですし♪)

     

    登録すれば無料で受けることができるので、ぜひやってみてください♪

     

     

    PS.オファーが届く仕事のスキル(経験業務)に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、働き方に自信がなくても安心してくださいね♪

     

    良い口コミ1
    診断には30分程かかってちょっと大変でしたが、結果には納得しました。無料で診断できて自己分析にも役立つので、やって良かったです。
    良い口コミ3
    診断結果を読んだらアピールに使えそうな強みに気付いたので自己PRを見直し、追記してから応募することにしました。
    良い口コミ4
    診断結果を見ていたら、面接時に話せそうな仕事のエピソードを思い出しました。自分らしい強みが伝わる経験談として話してみたいと思います。

     

    \メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

     

    グッドポイント診断体験談

    目次

     

    諒

    では次に、グッドポイント診断体験談についてご紹介していきます。

     

    僕のグッドポイント診断例

    目次 1

     

    実際に体験した僕のグッドポイント診断例では、「自立」「独創性」「高揚性」「自己信頼」「俊敏性」の5つの強みがあると分かりました。

     

    自立
    自立
    あなたは、何事も自力でやっていこうとする心構えを持っており、常に主体的に行動することができます。

     

    また、対立を恐れず、どんな相手に対しても臆せず自分の意見を伝えることができます。自身の軸がしっかりとしており、周囲の意見や状況に左右されることがありません。

     

    主体的に行動できる人は限られます。解決のために費やせる時間が限られたり、困難な課題に直面するなど難易度が高いほど、あなたの力が必要とされ、周囲から頼りにされることでしょう。
    独創性
    独創性
    「人と同じではつまらない」あなたはいつもそう考えています。あなたはオリジナリティにこだわりを持ち、仕事でもプライベートでも自身が納得できるかを重視します。

     

    あなたは、常識にとらわれず広い分野から情報を収集し、興味がある題材が見つかると自分だったらどうするか必ず考えるなど、自身の独創性をより高める努力をし続けます。

     

    周囲の人はあなたのユニークな発想に魅力を感じ、次にあなたが創り出すものを楽しみに待っています。
    高揚性
    変化や刺激は、あなたにとってとても魅力的です。あなたは周りの人よりも楽しむことが得意です。

     

    楽しいと感じると気持ちが高ぶり、気持ちの変化や表情のしぐさにはっきりと表れます。その様子を見た周りの人も楽しい気持ちになり、一緒に盛り上がっていきます。

     

    自然と場の中心になったり、盛り上げ役を任されることもあるでしょう。あなたは自身が楽しいと感じるだけで、自然と周りの人の気持ちを盛り上げることができているのです。
    自己信頼
    自己信頼
    あなたは自分の力に自信を持っており、たとえ目の前に大きな障壁があっても決してひるむことなく、信じた道をどんどん突き進むことができます。

     

    細かいことはあまり気にしないため、あなたのことを「おおらか」「自由」と評する人も多いかもしれません。

     

     

    あなたの存在感は、目の前の課題が困難なときほど際立ちます。仲間たちは、誇りを持って課題に向き合うあなたの姿勢や打たれ強さに勇気づけられます。

     

    なぜなら自分を信じることの大切さをあなたから学ぶことができるからです。

    俊敏性
    俊敏性
    何を行うにもスピードが重要であると考えているあなたは、思い立ったらすぐに行動することができます。

     

    たとえ、スピーディに動いたことによりなにかマイナス面があったとしても、あなたは次も同じように行動するでしょう。

     

    なぜなら、あなたは動くことによるリスクや損失よりも得られる成果のほうがはるかに大きいことを知っているからです。

     

    周囲の人は、あなたのスピーディな行動力に最初は圧倒されるかもしれませんが、あなたが起こす劇的な変化を目の当たりにして、行動力の効果の大きさを実感することになるでしょう。

     

    このような結論を得ました。

     

     

    ちなみに、グッドポイント診断で導き出された結果別でおすすめの職種・業種は以下の通りです。

     

    適職診断別おすすめ職種

    自立医療・法律関係・福祉など、自らの判断で責任を取って活動する仕事

    独創性教育・研究・リーダーなど、オリジナリティを大切にする仕事

    高揚性教師・牧師・芸人など、カリスマ性を持って人々の喜怒哀楽に影響を与える仕事

    自己信頼講演家・営業・プレゼンターなど、己が良いと信じたものを広める仕事

    俊敏性営業・コーチなど、機動力を活かして素早く対処・対応する仕事

    親密性ルート営業・社内営業など深い関係を作れる仕事

    冷静沈着企画職など長期的な計画に携わる仕事

    受容力プロデュースなど総合的な判断に携わる仕事

    決断力=新商品販売や集団を導く娯楽・エンタメ系の仕事

    悠然教育・医療など、権力・権威に携わる指導者系の仕事

    柔軟性企画・戦略系など状況に臨機応変に対応する仕事

    現実思考法律・心理・コンサルタントなど、現実的解決を提案する仕事

    バランス統計学・税理・マーケティング・弁護士・検察など物事を是正する仕事

    社交性教師・広告・政治家など人脈や人当たりの良さを生かして広く社会で活躍できる仕事

    慎重性経理・財務・コンサルティングなど、緻密な契約と実践が必要な仕事

    継続力法律・秘書・司書など、長期的な業務に粘り強く対応できる仕事

    挑戦心コーチ・営業など、常に新たな境地を切り拓いていく仕事

    感受性教師・カウンセラー・聖職者など、人の意思を汲んで解決を促す仕事

     

    まとめると「メールアドレスの登録だけ」「無料で受けられる」わけですが、そのわりに贅沢すぎる診断結果を得ることができるので、ぜひ取り組んでみてくださいね♪

     

    このようにリクナビNEXTが本気で作ったグッドポイント診断を受ければ、今後の人生の指針にできること間違いなしですよ♪!

     

    \メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

     

    転職意欲が少ない時からの登録利点

    目次

     

    諒

    では次に、転職意欲が少ない時からの登録利点についてご紹介していきます。

     

    ストレス過多だとサイト登録も面倒

    目次 1

     

    ストレス過多だとサイト登録も面倒になってしまうのが、転職意欲が少ない内から登録だけでもしておく、一番のメリットです。

     

    あなたも人生で悩んだ時期や、うつ手前のような時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありますよね?

     

    それと同じ状況が「今勤めている会社でストレスが頂点に達した時」に起こってしまうと、そこから逃げようとする気力すら湧かず、もっときつい現実に発展してしまうリスクがあるのです!

     

    転職サイト登録対策なしorありの例

    ■転職サイト登録などをせずに突然退職=ストレスが頂点になって会社を辞める→転職活動を始める→アルバイトor貯金を崩しながら精神が不安な中で転職決定

    0からスタートすると大抵3ヶ月以上かかるので、場合によっては貯金がないと逃げる余裕すらなくなります(一般的に失業保険は2〜3ヶ月後受給のため)

    ■転職サイト登録後に情報収集して退職気力に余裕のある内から転職サイト登録+情報収集→ストレスが頂点に達して退職を決意→退職して1ヶ月以内に転職先確保

    ※僕はこのように退職して1ヶ月以内に就職先(正社員)を勝ち取ったので、あなたも事前登録しておけば最悪の状況を回避できますよ♪(経験者談)

     

    どちらも僕の実体験ですが、このように意欲が低い内から転職サイトに登録しておけば「今の会社を本当に辞めたくなった時の安全対策」を施しておくことが可能ですよ♪

     

    転職サイト登録は一種の保険

    目次 8

     

    このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます。

     

    保険を利用する安心例

    ■医療・がん保険自分が働けなくなったり、高額の医療費が発生した時のリスクを月々の費用で回避する

    ■地震・火災保険自分が建てた大切な家が燃えたり、地震で崩れてしまうリスクを月々の費用で回避する

    ■自動車保険(自賠責・任意)車を運転していて事故を起こしたり、慰謝料問題などのリスクを月々の費用で回避する

    ■転職保険自分の今の働き先の倒産リスクや、ストレスが頂点に達して勤務継続できないリスクを完全無料で回避する

     

    このように「生命保険」「火災保険」「車の任意保険」などと同じく「転職サイトは、今の会社で勤められないリスクを回避する保険」として利用できるのです♪

     

    ※後ほど紹介する「リクナビネクスト」に関しては、登録利用料無料なのも大きなメリットと言えます(報酬は掲載依頼企業が支払っている為)

     

    求人情報ストックで選択肢UP

     

    転職意欲が低い内から登録しておくメリットとして、求人情報ストックで選択肢UPという利点もあります。

     

    これは「メールアドレス登録+職務経歴書」を入力する必要があるので、10分ほどかかりますが、先ほどお伝えした通り「不足の事態に備えた情報収集」をシステム化できます。

     

     

    例えば僕が登録して利用したリクナビネクストでは?「直近3ヶ月ほどで20件ほどのオファー」を受け取りました。

     

    リクナビネクストで職務経歴書入力しておくメリット

    職務経歴書 メリット1

    職務経歴書 メリット2

    職務経歴書登録で受け取ったオファー例

    オファー1

    オファー2

    オファー3

     

    このように今スグ登録しておけば「上司のパワハラでストレスが頂点に達した時」「ブラック企業のサビ残で心が壊れそうになった時」「ガマンばかりの毎日に嫌気がさした時」の逃げ道確保を、15分もあれば対策できるのです♪

     

    職務経歴書を入力しておいた方が良い理由

    オファーやスカウトは追加料金支払いケースが多いので、企業側の採用本気度が高い

    未経験採用への応募であってもオファーを出すほど採用・育成意欲が高いため、漠然と調べて応募した会社より採用確率+マッチ度が高い

    しつこい電話勧誘がない+メールを一方的に受け取るだけなのでストレスが少ない

     

    PS.職務経歴書の経験業務に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪

     

    \メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

     

    リクナビネクストの口コミ・評判

    目次

     

    諒

    また合わせて、適職診断以外にも「リクナビネクストを利用するメリットは大きい」ので、ここからはリクナビネクストの口コミ・評判についてご紹介していきます。

     

    以下はすべて「みん評」より転載

    良い口コミ・評判

    良い口コミ1
    登録して損は無いと思います。特に気に入っているところは求人数の多さです。毎週新しい求人が増えるので、探しているうちに自分にぴったりの会社と出会えて、リクナビNEXTから応募した会社に転職しました。

     

    〜中略〜

     

    また、特にサポートが手厚いわけではないので、自分で転職先を探したい人向けのサイトかなと思います。
    良い口コミ3
    大手リクルートが運営している求人サイトなだけあって、求人数がとにかく多かったです。

     

    求人検索も使いやすく、興味のある求人を分析して教えてくれるサービスもありました。企業に公開する自分の履歴書と職務経歴書は決まったフォーマットに入力するだけで簡単に出来上がるので便利です。

     

    それに加えて、履歴書と職務経歴書を公開したくない企業(退職した企業など)を指定できるので安心です。
    良い口コミ4
    大学時代の就活の際にリクナビを使っていたので、親近感があり利用させてもらいました。本格的に転職に向けて動き出すまでも、コラムなど充実していたので、頻繁に利用していました。

     

    個人的には、求人数の多さは、利用していて安心感を感じる事が出来ましたし、業種のバリエーションの多さも豊富でした。普通に転職を考えて、転職先を探す上では選んで間違いの無いサイトだと思います。
    良い口コミ5
    求人内容を単純に業種別に分けているだけでなく、「女性の転職」や「第二新卒」といった分類もあり、自分の境遇に合った形態で検索することができました。

     

    なかには、「東京オリンピック関連」や「二大港都市(横浜・神戸)」などの求人特集もありました。

     

    私は業種の垣根を超えて自分に合った会社に転職したかったので、とても検索しやすかったです。おかげでワークライフバランスを実現している企業に転職することができました。
    良い口コミ6
    入社一年がたってもどうしても気に入らない上司がいたので、会社を辞める決意をしました。しかし直ぐ勤め先が決まるほど甘くないので、リクナビNEXTで転職先をさがしました。

     

    初めて就職活動したときも、利用したので安心感もありました。登録した数日後ある中堅企業からオファーがあり早速面接に行き、なんと採用が決まりました。とても便利でした。

    悪い口コミ・評判

    私は50代で都心から地方にUターンしました。さすが大手 情報量は1番!首都圏や都会では使えるかもだけど…地方の情報はほとんど来ません。
    口コミ 女性
    52歳女性正社員での経理事務志望大卒資格キャリアありで求職中。“応募しませんか”“オファー”は沢山届くので丁寧にこの3ヶ月で53社受けて面接2件回答待ち1件選考落ち50件でした。
    リクナビNEXTには企業側からのオファー制度もあります。求人者の履歴書、経歴書から企業のニーズに合致した人に企業側から勧誘するというものです。

     

    私は何件か、”応募しませんか”とお誘いのメールを頂き大変うれしく思い応募したところ全て瞬殺で不合格でした!なんだこりゃあ?
    良い口コミ5
    地方住みですが、全く使えません。検索すると、全国展開しており地方支店があるようなブラックっぽい企業ばかり引っ掛かります。

     

    レジュメ公開ブロックは良い機能だと思いますが、企業名で検索から除外する機能も欲しいです。

     

    また県内で絞って探しても県内のエリア毎の検索には対応していない為、とても通えないようなエリアの求人も引っ掛かり、見るだけ時間の無駄です。

    口コミ・評判に関する見解

    目次

     

    ちなみに口コミ・評判に関する見解も補足しておきます。

     

    良い口コミに関しては、僕と同じ見解で「就職で過去使ったのと同じ安心感があった」「業界最大級の情報量」「上司がイヤで退職した際の受け皿になった」などの高評価が挙がっていました。

     

     

    一方で悪い口コミに関しては「地方在住者には厳しい」「高年齢で何十件も応募したけど不採用だった」という理由で低評価になっていました。

     

    しかしこれは「リクナビネクストに限らず、どのサイト利用でも同様の低評価を引き寄せる人」の評価だと思います。

     

     

    そのため「転職を漠然とでも対策しておきたい」方であれば、ひとまず登録しておくメリットは大きいということがお分かりいただけるでしょう(どうせ無料ですしね♪)

     

    \メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

     

    リクナビネクスト登録メリット

    目次

     

    諒

    では次に、リクナビネクスト登録メリットについてご紹介していきます。

     

    就活に使った感覚で使える

    目次 1

     

    就活に使った感覚で使えるのが一番のメリットです。

     

    「リクナビ」「マイナビ」は、就職活動経験者のほぼ全員が登録したと思いますが「リクナビネクスト」は、その転職者向け版です。

     

    そのため「転職意欲は薄いけど、とりあえず情報だけ欲しい」という人にとって最適と言えます♪

     

     

    しかもメールアドレス登録さえしてしまえば「サイト内の求人情報」にアクセスできるようになります。

     

    さらに「職務経歴書」も登録しておくことで、自動的にマッチした企業のオファーをストックしていけるので、登録して放置しておくだけでも大きなメリットです。

     

    ※これら全てが無料でOKなので、今スグ転職する気がなくても「とりあえず最低限の登録だけ」で十分メリットがあるわけです♪

     

    業界最大級の信頼性

    目次 2

     

    業界最大級の信頼性も大きなメリットです。

     

    世の中には「専門職向け」「第二新卒向け」「特定地域向け」など多種多様ですが、業界最大級のリクナビネクストであれば「おおよそ網羅できる」と言えます。

     

    そして「求人取扱数が多い」というのは、それだけで大きなメリットなのです。

     

     

    例えば「TVが欲しい」と思って家電量販店に行った時に「店員さんがSONY製しか勧めてこない」となったら「選択肢少ないな!」と不満が残りますよね?

     

    しかし「SHARP」「東芝」「パナソニック」などはもちろん、海外の「LG」「Hisence」まで網羅して紹介してくれたら、納得いく決断ができますよね?

     

     

    そしてこれと同じことが転職サイト利用でも言えるわけなんです♪

     

    つまり「特定特化転職サイト」を利用するのもアリですが、一つは「全体を網羅できる情報源」を持っておいた方が良いわけですね♪

     

    ※ちなみに例えでSONYを出しましたが、SONYは日本が誇る素晴らしいメーカーであり、決してSONYをディスっているわけではありませんので(あくまで例えです)

     

    誰もがリクルート利用経験アリ

    目次 3

     

    ちなみにリクナビネクストの大きさを補足する話ですが「就職・転職サービスに限らなければ、誰もがリクルート利用経験アリ」と言えます。

     

    なぜなら「リクルート」は就職・転職に限らず、様々な情報媒体を運営しているからです。

     

    主なリクルート管轄の雑誌・情報媒体

    リクナビ=就活生がほぼ全員登録する就活媒体

    SUUMO=賃貸や戸建て購入などの住居系媒体

    ゼクシィ結婚情報誌のド定番

    タウンワーク・フロムエーアルバイト情報媒体

    カーセンサー中古車情報媒体

    スタディサプリオンライン学習サービス

    じゃらん旅行系媒体

    ホットペッパー飲食系情報媒体

     

    上で紹介したのはとくに有名な情報媒体ですが、あなたも一つ〜複数利用したり見聞きしたことがあると思います。

     

    これらはすべて「株式会社リクルート」が運営しており、企業としての大きさや情報の多さに関する信頼性を理解していただけると思います。

     

    ※ちなみに僕は「リクルート自体への転職」を志ましたが、2回失敗した苦い経験もあります(こうして外部からおすすめする立場になるとは因縁ですね…)

     

    職業訓練以外はハロワNG

    目次 4

     

    そして転職サイトと比較したお話ですが、個人的には職業訓練以外はハロワNGとお伝えしておきます。

     

    なぜなら「失業保険の受給」など頼りになる面も多いですが、転職ライターという観点から言わせてもらうと、転職利用に関しては以下のデメリットがあるからです。

     

    求人サイトや転職エージェントとハローワークの違い

    求人サイトや転職エージェント=企業が「お金を払って求人依頼する」ので、売り上げをある程度確保しており、求人掲載依頼ができるレベルの優良企業が多い

    ハローワーク=求人掲載料が無料であり、面接者or入社した人が「求人情報と実態が違う」とハローワークに後報告する対応で事前調査も甘く、変な会社も混じっている

     

    ここでいう「変な会社」とは、犯罪という意味ではなく「零細企業・一族経営会社が、一般的に見て不思議なルールを社員に課しているケースがある」ということです。

     

    ハローワーク経由の痛手体験

    目次 5

     

    例えばハローワーク経由の痛手体験として、事務職時代の同僚に「ハローワークを利用して基本給8万円の正社員として勤務していた経験がある」という女性がいました。

     

    当初は「額面で20万円」という話だったので、それを信じて入社したのですが、実態は「基本給8万円+独自の手当で上増しして合計20万円」だったとのこと。

     

    そして働いていた時は分からなかったのですが、基本給が異常に低く設定されていたのは「諸々の諸手当などを安く済ませるためのセコい対策」だったとのこと。

     

     

    その女性が勤めていたのは「東京の卸問屋街で有名な人形橋にある、小さな零細企業」だったそうですが、ある意味社長のやりたい放題だったようです。

     

    このように、ハローワークを経由して転職する時は「求人掲載が無料」「変な零細企業も混じっている」というリスクを考えた方が良いでしょう。

     

    そのため「リクナビNEXT」などの転職サイトを使ったほうが、しっかりとした会社に転職できる確率は高いと言えるのです。

     

    転職エージェントより気軽に使える

    目次 6

     

    転職エージェントより気軽に使えるのもメリットです。

     

    そもそもリクナビにも「リクナビエージェント」がありますし、世の中には「転職成功をサポートしてくれるエージェント会社」は一杯あります。

     

    しかし何度もエージェントに転職相談をした立場で言えば「エージェント担当者の人格で満足度が乱高下する」ので、イヤな担当に当たると最悪なのです…。

     

     

    実際僕はかつて「誇れる職歴やスキルがなかった時に、多少人格否定込みで詰められた経験」があるので、エージェント経由の転職ははっきり言ってキライです!

     

    他にも「今はとにかく急いで転職したい!」と相談したら「既存顧客向けルート営業という事前情報で紹介されたのに、ゴリゴリの新規開拓部隊に配属させられた」苦い経験もあるので…。

     

     

    このように「担当者によってムラがある」というのが僕の見解ですが、もちろん「自分で動くよりサポーターが欲しい」という方には、転職エージェント活用で良いでしょう。

     

    しかし僕のように「自分主導で判断したい」という方には「転職サイト閲覧を主体とした情報収集」のほうがオススメですよ♪

     

    ※エージェントの場合は、電話がかかってきて応対するのもメンド臭いですし…。

     

    エージェント系の悪い口コミ

    第二新卒枠で転職しようと思い、エージェント登録をしました。当たった担当の方に、どんな仕事がしたいかを伝え、契約社員の求人をすすめられました。

     

    正社員で探していたため、婉曲に断ろうとすると、少し罵倒するような言い方をされ、どうしてもこの求人で応募するような事も婉曲に言われました。

     

    その後いくつか求人を見せていただきましたが、とても希望するものではなかったです。

    担当者がハズレで適当に紹介するだけでした。担当者を変えようとすると仕事関係なしに電話してくる。担当者を変更するため希望職種に詳しい方を依頼すると深い知見を持つアドバイザーが在籍してないとメールで返信してきた。

     

    ノルマ達成のために適当に紹介・転職させてくるだけなので使用しない方が良いと思います。はっきり言いますが自分で探した方が良いです。

     

    \メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

     

    職務経歴書作成例

    目次

     

    諒

    ちなみに無料登録後の職務経歴書作成例についてもご紹介しておきます。

     

    ※順次、職務経歴書の登録についてご紹介していきます。(PC画面での入力の流れでご紹介しますが、スマホでの入力も可能なのでご安心ください)

     

    PS.また繰り返しますが、オファーが届く仕事のスキル(経験業務)に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、働き方に自信がなくても安心してくださいね♪

     

    \メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

     

    まず画面左に「履歴書・職務経歴書」という項目があるので、そちらをクリックします。

     

    職務経歴書作成1

    職務経歴書作成2

     

    このように「オファーを待つ」という項目を満たすために、希望する就業条件や職務経歴などを入力する画面になるので、そちらを入力します。

     

    職務経歴書作成3

    職務経歴書作成4
    職務経歴書作成5
    職務経歴書作成6
    職務経歴書作成7
    職務経歴書作成8
    職務経歴書作成9

    職務経歴書作成10

     

    最後に「理想条件に合った求人」を受け取るために、簡単な設問(5問)に回答します。

     

    職務経歴書作成11

     

    以上で登録完了して、オファーやスカウトメールを受け取る事ができるようになりました。

     

     

    僕や職歴・経歴が多いので10分弱かかりましたが、登録しておいてメリットの方が多いので、ぜひ合わせて登録しておくのがベターですよ♪

     

    オファー・スカウトメール例

    目次 1

     

    合わせて参考として、オファー・スカウトメール例についてもご紹介しておきます。

     

    ■職務経歴書入力後にあなたがマッチしやすい求人紹介メール

    スカウトメール例1

    スカウトメール例1 2

    ■定期的に受け取れるオファー・スカウトメール例

    スカウトメール例2

    スカウトメール例3

    スカウトメール例4

    スカウトメール例5

    ■オファー・スカウトのストック例

    オファー1

    オファー2

    オファー3

     

    このように「自分で探す事なく、自動的にマッチした求人を受け取れる仕組み」を作れるので、忙しくて転職サイトを見る暇がない時でも、便利に活用できますよ♪

     

    \メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

     

    まとめ

     

    諒

    以上が適職診断@おすすめ3選!適職がわからない方向け当たる天職の見つけ方・転職用無料自己分析チェックテストのご紹介でした。

     

    自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

     

    自分の適職・天職を知るメリット

    チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

    カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

    ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

    自分の適職・天職を知らないデメリット

    「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

    今の自分から何も変わらず変化ナシ…

    何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

     

    あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

     

    強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

     

    \メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/