仕事 ミス 墓場まで

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「仕事のミスを墓場まで持っていきたい…」「どうやったら一番安心・安全な状態で終えられるか知りたい

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も何度も上司や取引先にド叱られたり、隠しておきたい大きなミスをしてしまった経験があるので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「今スグ不安な気持ちが和らぐコツと解決する方法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

転職10回経験者が語る!意欲が少ない内から転職サイト登録が絶対必要な理由

今スグ転職サイト登録すべきただ1つの理由

転職サイト登録



最初に補足として、今スグ転職サイト登録すべきただ1つの理由についてご紹介していきます。





転職先が不明確な退職は死に直結

会社員 向いていない どうすれば



今スグ転職サイト登録すべきただ1つの理由は、転職先が不明確な退職は死に直結するからです。



なぜなら「勢いで退職した結果、非常に苦しい極貧生活を経験した僕」から言わせてもらうと「本当に退職したいタイミングで転職活動開始するのは、かなり遅い!」と断言できるからです!




もちろんかつての僕のように「失業保険を貰いながらで良いじゃないか…。」と思うかもしれませんが、以下のように「ダラダラ転職活動をしていられないケースのほうが多い」からです!



★1、自己都合退職扱いで3ヶ月間給付なしになる可能性も高く、バイトしながら転職活動はかなりキツい

★2、失業保険を貰えても月給の6割支給(月給20万なら12万支給)で、しかも支給中はバイトなどの小銭稼ぎも出来ないので、貯金がないとかなりキツい




だからこそ「将来自分が過労で倒れたり、会社が倒産・縮小になっても大丈夫な逃げ道(保険)を漠然とでも知っておくこと」はとても重要です!



さらに転職サイトに登録しておくことで、在職中でも以下のような4つのメリットを得られます。



★1、我慢が減る=逃げ道を確保できる

→逃げ道があるという心理状態を獲得できれば「自分を押し殺し過ぎなくて済む」メンタル状態にシフトできますよ♪

★2、心の余裕=将来の視野が広がる

→「年収が上がった」「残業激減できた」などの成功例も多数あり「職務経歴書登録によって優良求人情報をGET」することで、もしものチャンスやリスクに備えられるのです!

★3、見える化=無料で市場価値が分かる

→転職サイト登録及び職務経歴書を記載しておくことで「転職メリットが分かる情報」を受け取ることができ、今の会社よりホワイト企業に移れるチャンスが生まれる。

★4、自己適性が分かる=適職診断がある

→リクナビNEXTには「全8,568通りから5つの強みを診断」してくれる有料級テストがあり、自己分析や転職用履歴書に使える評価を受けられる。



このように、無料登録で得られるには十分すぎる利用メリットを提供してくれています♪



そのため「就職活動でリクナビに登録して情報収集」したように、不測の事態に備えて登録して情報収集しておくのがおすすめですよ♪




リクナビNEXT診断の正確性

診断

ちなみにリクナビNEXT診断の正確性が分かるように、僕自身の「キツかった仕事・楽しかった仕事との照らし合わせ」も紹介しておきます。



まず僕の診断結果では、「自立」「独創性」「高揚性」「自己信頼」「俊敏性」の5つの強みがあると分かりました。




日本の誇りの柱
★1、自立=意見の調和より自らが納得いく結論を求めるタイプ

★2、独創性=オリジナリティ・自分らしさを大切にするタイプ

★3、高揚性=変化や刺激を好むタイプ

★4、自己信頼=自己信頼を軸に周りを引っ張るリーダータイプ

★5、俊敏性=思い立ったら即行動タイプ



とくに「通信系営業マン時代」は、この強みと全く真逆で「毎日が苦痛でストレスフル」だったことからも、この診断の正確性に驚きました。



なぜならその会社は、以下のような仕事環境でしたから…。



ルート営業 怖い
★1、リーダーシップNG=平均年齢44歳で、周りは歳上ばかり

★2、自立NG=厳密な規律と手順書があり、周りとの協調最優先

★3、俊敏性NG=半年以上先の納期までじっくり計画を詰める



そのため当時は「死なないために毎日仕事を頑張る」というネガティブモチベーションで動いていたことも事実です…。




しかしその後転職したWEBライターでは「グッドポイント診断にて診断された個性を活用できる環境」だったので、毎日のストレスが激減しました♪





WEBライター 独学
★1、リーダーシップ=平均年齢30歳で、後輩を指導・育成する機会が多い

★2、自立=原則として責任者が顧客の方向性を元に執筆するので自由裁量が大きい

★3、俊敏性=誤字・脱字はNGだが、期日までの納期に向けてスピーディに対応



このように自分にとって働きやすい環境に変わったので、通信IT系営業職の時と比べたら「毎日のモチベーションやストレスが圧倒的に改善されました」から♪



このような「履歴書にも書ける強み診断が可能な贅沢診断サービス」「メールアドレス登録だけすれば、無料で受けられる」ので、ぜひ取り組んでみてくださいね♪





職務経歴書が絶対必要な理由

診断



また、職務経歴書も登録しておくことで、スカウトやオファーメールを受け取れる恩恵も増えるので、ぜひおトクに享受しておきましょう♪



なぜなら「元転職サイトのWEBライター」という立場から言わせてもらうと「せっかく転職サイトに登録したのに、オファーやスカウトメールを受けないのは、非常にもったいない」からです!



具体的には以下のような理由があるからです。



★1、オファーやスカウトは追加料金支払いケースが多いので、企業側の採用本気度が高い

★2、未経験採用への応募であってもオファーを出すほど採用・育成意欲が高いため、漠然と調べて応募した会社より採用確率+マッチ度が高い

★3、しつこい電話勧誘がない+メールを一方的に受け取るだけなのでストレスが少ない



そして無料登録+職務経歴書入力で、以下のようなメリットを享受できるので「職務経歴書を登録せずに放っておく人は、ハッキリ言ってアホ」ですよ!♪




★1、登録した職歴・経歴にマッチしたオファーやスカウトを受けられる

★2、自分の職歴・経歴でどのようなオファーが来るのか?漠然と自分の市場価値が分かる

★3、定期的にあなたにマッチした新規募集企業のおすすめメールを受け取れる

★4、理想の働き方5問回答があるので、自分の理想の働き方に近い会社を調べやすくなる



このように「自分で探す事なく、自動的にマッチした求人を受け取れる仕組み」を作れるため、忙しくて転職サイトを見る暇がない時でも、便利に活用できるメリットは大きいので、ぜひ登録しておいて下さいね♪



PS.職務経歴書の経験業務に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪




そして繰り返しますが「もうこんなクソ上司の部下は辞めてやらぁ!」「心が殺さ続けるブラック企業から、もういい加減逃げるぞ!」と退職が決まった後に、転職活動を始めるのは遅すぎます!」



※実際僕はこのパターンを何回もやって「日雇いバイト地獄」「前職以上のクズ会社へ飛び込み就職して短期離職」「転職先が見つからずに親から金銭的支援」という情けない現実を味わいましたからね…。




そのため僕と同じような苦い経験をあなたも味合わないように「事前の保険・防衛策」として「今の理不尽な現実からの脱出先」をイメージしておいたり、情報収集しておくことを強くおすすめするのです!



ぜひ「リクナビNEXTに登録+職務経歴書登録」で、今スグ「より快適な未来を作る準備」を始めておいてくださいね♪







仕事のミスを墓場まで隠し通す基準

 

ではまずはじめに、仕事のミスを墓場まで隠し通す基準についてご紹介していきます。

 

どうでもいいなら忘れるのもアリ

 

どうでもいいなら忘れるのもアリです。

 

そもそもミスを隠し通すなら「罪悪感が少ないor無い」状態でなければ、どこかのタイミングで突っ込まれてバレてしまいます。

 

そのため「隠しておいても表面化しない」「突っ込まれてもバックれられる」という条件を満たしていれば、そのまま隠しておいても良いでしょう。

 

発覚パニックで眠れない経験

 

ちなみに参考として、発覚パニックで眠れない経験についてもご紹介しておきます。(結論としては隠し通した例です)

 

ミスとは少し異なるかもしれませんが、僕は車の営業マン時代に、取引先の車が駐車している所に「自分の車で擦ってしまった経験」があります。

 

まだ新人で、なおかつ相手は取引先の怖いベテラン社員だったので、その日の夜は「怖くて動悸が早まるわ、うつになりそうで凹むわ」で涙が止まらなかったのです。

 

 

しかし「銀色の擦れが付いちゃったから、絶対バレてるだろうな…」と思って翌日謝罪訪問に伺ったのですが、何事もない雰囲気だったので隠したのです。

 

その後も結局「お前、ブツけただろ?」と言われることがなかったので、最終的に隠し通しました。

 

ミス放置で隠し通すコツ

新卒2年目 メンタル

 

なお参考として、ミス放置で隠し通すコツについても補足しておきます。

 

リフレッシュして気持ちを回復

心理テク

 

忘れてそのまま仕事を続けるためには、リフレッシュして気持ちを回復するのがおすすめです。

 

そもそも「罪悪感を抱えやすい人」というのは、ネガティブな気持ちをリフレッシュする方法やコツを知らないケースが多いです。

 

もちろん「生まれつきネガティブな罪悪感を抱えにくい人」もいますが、何千人も見てきた僕からすると極めてごく一部の人です(多分100人に1人程度)

 

 

そして僕も昔は「超がつくほどネガティブで、ミスや失敗に対してものすごくビビったり、罪悪感を感じるタイプの人間」でした。

 

しかし「イヤなことがあったり、ネガティブなことを感じた後に、それを減らすコツや習慣」を手に入れてから、だいぶメンタルが安定しました♪

 

 

そのためあなたも「メンタルをリフレッシュするコツや習慣」を手に入れて、仕事のミスに対する罪悪感を減らすのがおすすめです。

 

※なお、詳しいメンタルのリフレッシュ方法に関しては、以下の記事にて詳しく紹介しているので、合わせて参考に使ってください♪

 

友達や恋人に話して発散する

友達 シェア

 

友達や恋人に話して発散するのもおすすめです。

 

なぜなら「人に話して発散するメンタルのリフレッシュ効果は高い」からです。

 

 

実際キリスト教圏では懺悔室という「教会の神父様に懺悔して、どんな罪でも“許します”と言ってメンタルを浄化する仕組み」があります。

 

懺悔室

 

とはいえあなたがクリスチャンでもない限り、この仕組みを使うことには抵抗があると思うので、友人や恋人に話して「疑似懺悔」を行うのです。

 

もちろん聞いてくれる相手が「批判・非難したりあなたの会社に密告しない人」という前提が必要ですが、やってみるとかなり心のストレスが軽減できますよ♪

 

罪悪感が強い・懸念アリなら報告

プレッシャー

 

「怒られるパワハラや暴力が怖い」「罰金や減給でリカバリー・挽回を求められる」など、罪悪感が強い・懸念アリなら報告したほうが良いです。

 

なぜなら「余計怒られるのが怖いと思う限り、不安や恐怖はドンドン増える」からです。

 

そもそも「ネガティブな感情はガマンすれば過ぎ去る」「我慢すれば何事も上手くいく」と思っている人が多いですが、それは間違いです。

 

 

なぜなら「感情は食事と同じで、消化せずに放置すればゴミになって腐臭を放つ」からです。

 

そのため「今ガマンして隠し通せば大丈夫」と思っていても、自分の中に強い罪悪感がある限り、いつかその感情が原因で「謝る」現実を引き寄せるのです。

 

そのため大抵のミスは「時間が経つほど怒られるレベルが上がる」ので、早めに報告して白状しておいたほうが、結果的に安心・安全ですよ♪

 

ミス自体を浄化する方法

PDCA

 

また、ミス自体を浄化する方法についても補足しておきます。

 

証拠を徹底的に隠滅する

パワハラ上司 仕返し

 

報告せずに済ませたいのであれば、証拠を徹底的に隠滅するという方法があります。

 

証拠を隠滅するためには「関連する人に感知されない状態を作る」「物理的な証拠・デジタル的な証拠を抹消」しなければなりません。

 

 

例えば同じ資料やデータフォルダを使っている人がいるのであれば、それがバレないように「データの奥底にしまう」「ファイルの一番奥にしまう」などの対策が必要です。

 

なぜなら会社のルール上「重要な取引や書類は一定期間の保存義務がある(2年〜10年程度)」ので、その間引っ張り出されないようにしておけば良いからです。

 

よほど継続的に資料を見返されるものではない限り、それらが引っ張り出されるケースは稀ですから、バレるのが不味いものでなければ、そのまま放っておくのもアリですよ♪

 

 

※ただし「取引先からクレームが来ることが分かっている」など、会社の信用に関わるものを隠蔽すると、慰謝料請求などの事件にも発展してしまうので、注意が必要です!

 

思い切ってミスを謝罪する

謝罪

 

思い切ってミスを謝罪するのも一つの手です。

 

ハッキリ言って「ミス発生時から時間が経つほど、バレた時の叱責度合いは大きくなる」ので、早めに謝ってしまってスッキリしてしまうのもアリです。

 

時には自分が思っているほど叱責されずに、何事もなかったように終わるケースもあるので、一か八か隠すことを諦めてしまうのもおすすめですよ♪(詳しい謝罪方法は後述)

 

転職してミスを忘れる

転職

 

転職してミスを忘れるのもおすすめです。

 

なぜなら「ミスが会社の社会的信用を失墜させ、慰謝料請求される」のは、よほどでない限り発生しないからです。

 

慰謝料請求される例

会社の決算情報を意図的に誤って計算・公開し、株価暴落などの信用低下を招いた

度重なる不正取引に手を出し、ミスを引き金に会社のお金を横領した

 

世の中には良い人ばかりではないので、あなたのようにミスを真剣に悩んでいる人もいれば、会社の損害を深く考えずにムチャクチャやる人もいるものです。

 

 

実際僕が勤めた大手通信会社には「カラ出張で何百万円も受け取っており、懲戒免職された」というクズ社員の例もありましたから…。

 

※カラ出張=本当は出張しておらず、予定もないのに、架空の案件対応で外出して交通費・宿泊費などを受け取っていたこと

 

そのため「ミスが仮にバレても、自分まで矛先が向かってこない手段」として、転職は一つの有力な選択肢となり得ます。

 

 

もしくは、今からいきなり転職しなくても「ミスがバレた時やクビに備えて、転職準備しておく」だけでも大分違います。

 

なぜなら「ミスがバレて会社に居られなくなっても、自分には他に居場所がある」というのは、強烈な安心材料になるからです。

 

そのため「リクナビNEXTなどの大手転職サイトに登録しておく」「職務経歴を登録しておいて、転職先候補のスカウトメールを受け取り始める」だけでも、心が大分落ち着きますよ♪

 

仕事のミスで生きた心地がしない体験

 

では次に、仕事のミスで生きた心地がしない体験についてご紹介していきます。

 

電話で何度も聞き直してド叱られた

厳しい親

 

社会に出てから一番はじめに仕事のミスで落ち込んだのは、電話で何度も聞き直してド叱られた時です。

 

トラブルが発生したのは、自動車営業マン時代に取引先のベテラン営業マンから受注が入った時です。

 

その時「“追加料金なしのホワイトor追加料金の発生するパールホワイト”」があったのですが、それを確認しようとして、以下のような流れでド叱られたのです!

 

ド叱られた流れ

僕=車のお色は白で良いんですよね?本当に白で大丈夫ですか?白ですね?白なんですね?

取引先=チッ!何回も同じこと聞きやがって?あぁ?白ったら白だ!そんなことも分からんのか!?何回も言わせやがって、ウゼェな…。

 

このように何度も「同じことを聞いてしまい、本当に聞きたかった“無償or有償”のどちらか?」を聞きそびれたのです。

 

そして結局「無償のほうの白」だと勝手に決めて納車をしたのですが、納車後しばらくは「色が違うぞボケ!」といったクレーム電話が来ないかヒヤヒヤした経験があります。

 

結局ミスにはなりませんでしたが、ミスする以前にド叱られたので、非常にメンタルがやられたことを今でも鮮明に覚えています…。

 

取引先の車に自分の車を擦った

事故

 

同じく新人自動車営業マン時代に、取引先の車に自分の車を擦ったというミスも鮮明に覚えています。

 

まだ新人で、なおかつ相手は取引先の怖いベテラン社員だったので、その日の夜は「怖くて動悸が早まるわ、うつになりそうで凹むわ」で涙が止まらなかったのです。

 

 

しかし「銀色の擦れが付いちゃったから、絶対バレてるだろうな…」と思って翌日謝罪訪問に伺ったのですが、何事もない雰囲気だったので隠したのです。

 

この時はド叱られることはありませんでしたが、数日は生きた心地がしませんでした…。

 

飛び込み営業でド叱られた

上司

 

東京に上京した後に勤めた「某大手ビジネス系雑誌の出版社」の営業マン時代に、飛び込み営業でド叱られた苦い経験もあります。

 

当時は「大学の先生(ゼミ)向けにビジネス雑誌購買の新規開拓を行う部隊」に配属されたのですが、そこでミスしてトラブルを引き起こしました。

 

トラブルになった原因は、都内でも有数の「お坊ちゃま・お嬢様大学」で図書課のアポがあったので、普段中々入れないこともあり、アポ前に「教授棟」を回って挨拶回りしたのです。

 

 

そうしたら図書課のアポ後に、担当者から「教授棟の責任者から、●●の営業マンがいれば、こちらに来て欲しいという電話があった」と言われたのです。

 

何か悪い予感がしつつ伺ったら「ガングロ+茶髪+金色の縞々ネクタイをしたヤクザっぽいおっさん」がスゴイ剣幕で怒っていました。

 

怒られた時の発言

当大学はセキュリティの高さを売りにしており、学内での新規開拓や挨拶回りは言語道断!

当大学のブランドに傷をつけるだけでなく、御社の知名度からしても、今回の行動はレベルが低くて品位が無さすぎる!

ハイエナみたいな真似をして、出入り禁止にしても良いんだぞ!

 

言葉こそ丁寧語でしたが、ヤクザみたいな出立ちのオッチャンに小一時間ひたすら罵倒され続けて、メンタルはズタズタになりました…。

 

その後は駅前の吉野家で食事している時に「俺のミスかな?俺が悪いのかな?」と思いながら、ボロボロ涙を流し続けて、会社に戻った苦い経験です…。

 

仕事水準が低くて大否定された

ミス 失敗

 

準官公庁系の某大手通信企業で営業マンをしていた時代も、仕事水準が低くて大否定された経験があります。

 

そもそもその会社は「早稲田・上智・慶應などの一流大学卒業生が、終身雇用でじっくり学んで働く環境」だったので、既卒で入った僕には修羅場でした。

 

覚える必要があったジャンル

新しく生まれてきたクラウドサービス(Office365/AWS)などの知識

インターネット固定回線(光回線/ADSLなど)の知識

モバイル回線(格安SIM/料金プラン)の知識 など

 

そのように膨大な知識が必要だったのです。

 

 

しかし周りは「通信の知識を知っていて、しかも業務が出来て当たり前」という態度で迫ってきました。

 

とはいっても僕は既卒の新人だったので、毎日深夜まで仕事や勉強をしても能力が間に合っていませんでした。

 

そして一生懸命勉強していたけれど、結局数ヶ月後に「言ってることが分からない」という顔をしてしまった時、女上司から強い避難とお叱りを受けたのです!

 

怒られた時の発言

あなたにとって何が分からないか?それがもう私には分からないわ!!

 

これを言われた時は流石に僕もイラッとして「こっちも一生懸命にやっとるんじゃ!」と思い、思わずトイレに駆け込み壁を飛び蹴りしてました。

 

※穴を開けてしまったので、そっと逃げました(翌日シールが貼ってあり直っていたので、良くあることなんだなと不思議と安心しました)

 

 

そもそも今振り返れば、僕にとってこの仕事は「苦手な数式・公式を用いた知識を覚える」という一番「自分に合っていない仕事環境」でした。

 

※数学は200点中0点を取るほど、僕は公式や理屈が苦手

 

さらに万年目標未達という「無能女課長」の下という最悪の状況で働いていたので、ミスが多かった上にメンタルも非常にやられたのです。

 

 

※ちなみにその後見かねた別の課長が僕を引っ張ってくださり、落ち着いて仕事できるようになったのは感謝しかありませんでした。

 

このように、人によって沢山の苦い経験があるということが分かれば、あなたも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

 

仕事のミスで生きた心地がしない人の特徴

原因

 

では次に、仕事のミスで生きた心地がしない人の特徴についてご紹介していきます。

 

ミスを恐れすぎる人

パワハラ フラッシュバック

 

ミスを恐れすぎる人は、結果的にミスが多くなりがちです。

 

そしてミスを恐れすぎる人は「そもそも経験が少ない新人」「過去にド叱られたトラウマ経験がある人」のいずれかです。

 

とくに僕の場合は、この両方に入っていた時期ほどキツかったので、ミスを異常に怖がる人の気持ちが良く分かります。

 

 

そして過去に「ミスや何らかの出来事でド叱られたパワハラ経験」が邪魔になっているのであれば、それを取り除くしかありません。

 

ちなみに僕自身が「過去のパワハラ経験のフラッシュバック記憶から脱出したコツ」に関しては、以下の記事にて詳しく紹介しているので、参考に使ってくださいね♪

 

ミスを引きずりやすい人

ストレス 我慢

 

ミスを引きずりやすい人も、ミスを連鎖させてしまうタイプです。

 

とくにこういった人は、1回目は軽いミスにもかかわらず、そこから派生して大きなミスを発生させてしまいやすいのです。

 

そのため「過去にやってしまったことは仕方ない!次きっちり取り組むぞ!」という気持ちを切り替える人間になったほうが良いと言えます。

 

ミスを引きずる自分を変える

食事

 

ちなみに僕自身が実践して効果があった、ミスを引きずる自分を変えるコツについても補足しておきます。

 

ミスを引きずる自分を変えるコツ

外食時に「1分以内に注文を決める」など、時間制限をつけて後悔する気持ちに慣れるトレーニング

 

このようなトレーニングがおすすめです。

 

実際やってみると分かりますが、最初は「本当はやっぱパスタ食べたかったのに、肉頼んじゃった…。」と後から考え直したくなる癖が強いことに気付きます。

 

 

しかし3ヶ月程度やっていると「1分悩むのも5分悩むのも同じ」だと考えられるようになるのです。

 

そしてこの考え方がミスや仕事の習慣にも繋がり「ミスして後悔するのは、1分も5分も同じ」と気持ちを切り替えられるようになります。

 

このように「後悔する気持ちを早く切り上げる練習」に取り組むことによって、ダラダラ後悔してミスの連鎖を増やしてしまう癖を取り除けますよ♪

 

あいまいなまま仕事に取り組む

仕事 大失敗 クビ

 

あいまいなまま仕事に取り組む人も、ミスが多いです。

 

なぜなら「全体像や手順を段取らずに始めているので、所々でボロが出る」からです。

 

他にも「上司や先輩、共同作業者や取引先への報連相が足りないため、仕事にズレが生じてミスや時間膨張を引き起こす」というパターンもあります。

 

 

そのため勢いよく仕事に取り組むのは良いですが「事前に完了までのイメージや手順を明確化しておく」ことで、作業抜けやミスを減らすことができますよ♪

 

メモを取る習慣を作る

適職診断

 

仕事の手順や段取りを整える上で必要なのが、メモを取る習慣を作ることです。

 

なぜなら「記憶で対処しようとして忘れるので、何度も聞きに来る人」ほど、ミスしたり信頼できないからです。

 

 

そのため「まず最初に重要事項をしっかりメモしておいて、抜けや把握できていないことを再度確認する」という1回完結を目指すようにすべきなのです。

 

※そもそも人間の脳は「記憶に関しては曖昧」なので、記憶よりメモ帳などに記録した方が正確に対処できるのです

 

仕事のミスで生きた心地がしない時対策

心理学

 

では次に、仕事のミスで生きた心地がしない時対策についてご紹介していきます。

 

新人ならミスは元々織り込み済み

上司 先輩

 

大前提として「新人ならミスは元々織り込み済み」という視点が大切です。

 

つまり「レベル5の新人くんを、いきなりレベル30相当のダンジョンには行かせない」ということです。

 

とくに社員を大切に思っている組織ほど、「一歩一歩積み重ねていく大切さ」を意識した上司が、それに対応した仕事を割り振ってくれます。

 

 

そのため「自分のミスが周りに迷惑をかけた…」と落ち込みそうになった時にも「それを含めてこの仕事を担当させてもらってる」と思えば良いでしょう♪

 

※ただしブラック企業で「いきなりレベル5でも、平気でレベル30相当のダンジョンに行かせる」現実もあるので、その時は迷わず逃げましょう

 

ミスは人を成長させる

成長

 

ミスは人を成長させるという視点も大切です。

 

例えば自転車に乗れるようになる訓練も、何回もコケる中で「自分のバランス感覚」が養われていき、コケる回数が減るor無くなるわけです。

 

仕事もこれと同じで、ベテランほどミスが少なくなっていくのは、業務に慣れていくというだけでなく「ミスしそうになるポイント」が分かっているからです。

 

しかも責任者や「人間的な魅力・厚みを持っている人」ほど、チャレンジした経験や失敗経験が多かったりするものです。

 

 

そのため「この失敗が自分を成長させてくれている」「このミスを経て、自分はさらに魅力的になれる」という視点を持てれば、ミスに対するネガティブさが緩和されますよ♪

 

早く立ち直り再発防止するのが大事

PDCA

 

やったことがないことでミスをするのは仕方ないので、それよりも早く立ち直り再発防止するのが大事です。

 

そもそも同じミスを何回も繰り返していては「無能で頼りにならない」というレッテルを貼られるだけです。

 

そのためミスをしたら、いかに早く立ち直って「過ちを繰り返さない」ようにできるかの方が、よっぽど重要だったりしますよ♪(再発防止策の方法は後述)

 

仕事のミスを墓場まで持たない謝り方

謝罪

 

では次に、仕事のミスを墓場まで持たない謝り方についてご紹介していきます。

 

次の日の事後報告はなる早で

当日

 

まず何よりも、次の日の事後報告はなる早で行うのが必須です。

 

なぜなら「すでにミスして怒られる要素」があるのに「何で早く報告しなかったんだ!」という怒られ要素が追加されてしまうからです。

 

そのため「自分は気づいてからなるべく早く報告した」という姿勢で伝えたほうが、意外と「まぁ起こしてしまったことは仕方ない…」という暖かい返答の可能性もあるので♪

 

謝り方

●●さん(課長)、すみません。自分の仕事でミスを犯してしまい、至急ご報告したいのですが

※中々会えない場合は電話or留守電に残す、それでもダメならメールの順序(スピーディーな報告が重要)

 

そもそもあなたの手に負えないような仕事を振って大損害が出ていた場合「あなたのミス」だけでなく、上司や会社の「判断ミス・連帯責任」とも言えます。

 

そのためミスをしたからといって自己否定し過ぎず、ある程度「終わったこと」として気持ちを切り替えておくのもオススメです。

 

言い訳や人のせいにせず事実報告

愛

 

言い訳や人のせいにせず事実報告する姿勢も大切です。

 

謝罪する上で一番見苦しいのが、根暗な言い訳です。

 

使ってはいけないNGワード

「でも…だって…●●だったら…●●であれば…」

 

この場合も「すでにミスして」という怒られる要素に、「ミスを真摯に受け止めていない」という怒られ要素が追加されてしまいます。

 

 

さらに先ほど「キャパオーバーの仕事を振っていたなら、上司や会社にも責任がある」と言いましたが、それはあくまで「自分を責め過ぎる場合」の話です。

 

そもそもすでに上司や先輩が怒って感情的になりやすい報告をするという「視点」を忘れてはいけません。

 

そのためあくまでも「自分の●●な点がミスを引き起こしました、申し訳ありません」という姿勢で一貫した報告をしましょう♪

 

対処や再発防止策も考えて伝える

PDCA

 

ただ単に「どうしましょう…」と「ミスを丸投げ」するのではなく、対処や再発防止策も考えて伝えるのがオススメです。

 

そもそも全く何も考えずに報告されても、「お前はミスが発覚してから何もしていなかったのか?」と思われてしまいます。

 

しかも「無能な人ほど言われたことしかやれないor言われたことすらやれない」ので、余計に上司や会社からの評価を落としてしまいます…。

 

 

そのため以下のような対処や再発防止策も伝えましょう。

 

報告する対処や再発防止策

「自分は今回のミスに対して、●●な対応をしようと思うのですが」

「次に同じミスを繰り返さないように、自分は●●の再発防止策を実践しますor仕組み化します」

 

それでOKであればGOサインが出ますし、ダメなら「●●したほうが良い」というアドバイスをもらえるはずです(しかもミスに対する真摯な姿勢も伝えられます)

 

 

もちろん再発防止策はある程度ミス対策が落ち着いてから報告すればOKですが、少なくとも「すでにある程度決めておく」必要があります。

 

再発防止策の例

指差し確認を行う

チェックシートを作る

重要な文章送信などが不安なら、上司や先輩に相談した上で送る など

 

このような「再発防止策を決めておく」ことで「で?このミスを起こさないためには、どうするつもりだ?」と聞かれた時に、スムーズに返答できますよ♪

 

仕事のミスで生きた心地しない(バレた)

最終手段

 

では次に、仕事のミスで生きた心地しない(バレた)についてご紹介していきます。

 

上司or担当責任者にド叱られる

上司

 

まず間違いなく発生するのが、上司or担当責任者にド叱られるイベントです。

 

ド叱られる例

お前今までこのミス黙っとったんか!仕事舐めとんのかお前!ちょっと来い!

スグ報告せんから、余計に問題がややこしくなってるぞ!どう責任取るんだ?あぁ?

もういいわ…。お前信用できないから、全部自分で尻拭けよ?そんでもう俺はお前の責任持てんから、他の部署に移すわ。

 

まぁぶっちゃけ、僕が今まで言われたような罵詈雑言を並べてみました(汗)

 

そのため隠し通せる自信がなければ、大人しく降参しておいたほうが良いですよ…。

 

上司や取引先からの信頼を損なう

厳しい親

 

上司や取引先からの信頼を損なう可能性も、視野に入れておいたほうが良いでしょう。

 

信頼を損なう例

上司視点=こいつに仕事振っても、ちゃんと報告しないしミスを隠すから割り振りにくい

取引先視点=この人が担当者でいる限り、また何かミスしても影でコソコソするから、担当を変えてもらいたい

 

このような印象を抱かせてしまう可能性が高いわけです。

 

そもそも信頼されていない人と一緒に仕事するほどキツいことはないので、諦めて降参しちゃいましょう…。

 

職場にいられなくなる可能性

オフィス 職場

 

最悪、職場にいられなくなる可能性があることも覚悟しておきましょう。

 

ミスが発覚しなければ何も問題ありませんが、ミスが発覚して、なおかつ「気付かなかったと言い訳しきれない」と、問題だらけです。

 

なぜなら「今後あなたに仕事を任せて良いか上司や周りが不安になる」ので、「次ミスしたら必ず報告する」という覚悟と姿勢を示せなければならないからです。

 

 

ちなみに僕はミスでは無いですが、無断欠勤をして信頼を無くした結果、クビになったことがあります。

 

個人的には土下座してまで謝ったのですが、それでも許してもらえなかったので、一度破綻した信頼関係を再構築するのは難しいと、元経験者がお伝えします…。

 

仕事のミスで生きた心地がしない時ケア

無職 不安

 

では次に、仕事のミスで生きた心地がしない時ケアについてご紹介していきます。

 

仕事中にリフレッシュ

会社 休む理由 事前

 

仕事中にリフレッシュする習慣を作るのは、大変おすすめです。

 

そもそもミスを引きずり続けやすい人は「切り替えるコツや方法」を持っていないケースが多いです。

 

しかし「ミスは謝罪などが完結したら10分以内に気持ちを切り替える」「朝起きたら前日までのミスは忘れる」など、ケジメのタイミングを持つことで、前向きに仕事に取り組むことができますよ♪

 

チョコレートを摂取する

チョコレート

 

子供の頃は午後3時になると「おやつタイム」があったと思いますが、その時間にチョコレートを摂取するのもオススメです。

 

なぜならカカオポリフェノールを多く含むカカオ製品を摂取すると、以下の効果が確認されているからです。

 

■一般的なチョコレート摂取による効果

  • 脳血流量が上昇する
  • 記憶・学習能力に関連するBDFN増加を確認(BDFN=Brain-derived neurotrophic factor:脳由来神経栄養因子)

 

つまりチョコレートを食べる事で、脳を活性化できるというわけです。

 

■チョコレート摂取による健康効果

チョコレート効果

出典:meiji

■GABAチョコレート

GABAチョコレート

出典:グリコ

 

さらにその中でも個人的にオススメなのが、上記の「GABAチョコレート」です。

 

心理的ストレスを低減する「GABA」が含まれているので、精神面でとても良い感じだと個人的に感じています。

 

100円チョコよりはちょっと高いのですが、精神的に不安定だと感じる日は良くこれを食べていました。

 

 

もちろん毎日食べると健康を害する可能性もあるので、「精神的に不安定な日」「脳を活性化せたい時」に食べるようにしましょう♪

 

リラックスする音楽を聴く

音楽

 

昼休憩後や、ミスして落ち込んでいて少し現場を離れたい時には、リラックスする音楽を聴く習慣を取り入れるのもオススメです。

 

大好きなアーティストを聴くのもアリですが、Youtubeに上がっているリラックス音楽を聴く、瞑想を取り入れるのもオススメです。

 

 

じっさい僕も昼の休憩時間には、瞑想CDを10分ほど聴いて心身を落ち着ける習慣を取り入れていました。

 

その結果として、仕事前や仕事中もネガティブな気持ちに囚われないようできましたから♪

 

 

このようにネガティブな気持ちに歯止めが効かないのであれば、音楽の力を借りるのもオススメです!

 

また心のデトックスとして有名なハワイの秘術「オポノポノ」を聴き続けるのもオススメなので、以下に合わせて紹介しておきますね♪

 

■「(1時間バージョン)聞くだけ浄化☆オポノポノ☆」(1時間)

昼寝を取り入れる

睡眠

 

気持ちを0ベースに戻すために昼寝を取り入れるのもオススメです。

 

僕は昼の食事後10分〜15分程度仮眠をとるようになってから、メンタルバランス安定に大きく貢献することに気付きました。

 

 

実際ある研究によると、以下の図のように「昼寝をした方が記憶力・正解率共に高かった」という結果も出ています。

 

■英語圏の学生に漢字を覚える実験を行った結果

仮眠結果

出典:本説伝

 

他にも厚生労働省の研究によって「昼寝の1分は夜の3倍の効果がある」とも発表されています。

 

実際「シエスタ制度(スペイン語でお昼寝)」を導入しているベンチャー企業も増えているくらいです。

 

そのため寝不足が多かったりして、ミスをぐるぐる考え続けてしまうケースが多いなら、一度試してみてください♪

 

昼寝の効果的な取り方

 

ちなみに昼寝の効果的な取り方ですが、「20分以内が良い」と言われています。

 

実際それ以上寝ると逆にボーッとしてしまうので、10分〜20分程度でアラーム設定して起きるのが良いです(周りが気になるならバイブ設定)

 

さらに静かに座っていられる場所を探したり、リフレッシュルームで目を閉じているだけでもだいぶ違いますよ!

 

退社後にリフレッシュ

休むのも仕事

 

退社後にリフレッシュする習慣を作るのもおすすめです。

 

もちろん「会社でミスをすぐ忘れられる」のであればOKですが、やはり帰ってから悶々とミスのことを考えたり、上手く寝付けない日もありますからね…。

 

そういう時こそ「メンタルバランスを整える習慣」を持つ事で、翌日にネガティブな気持ちを引きずらずに出社できるようになりますよ♪

 

定期的に肉を食べる

肉

 

気持ちを切り替えるためには、美味しいものを食べるのもオススメです。

 

もちろん好きな食べ物を食べるのが一番ですが、そうでないなら「牛肉」がベターです。

 

なぜなら牛肉には「幸せホルモン」と呼ばれている「セロトニンを作るトリプトファン」が豊富だからです。

 

 

この「セロトニン」が減ると、人はイライラや疲労感が増えやすいと言われているので、定期的に「トリプトファン」を摂取した方が良いのです。

 

実際僕もこの事を知ってから、週に一回は「いきなりステーキ」「ステーキくに」などのハンバーグorステーキを食べるようにしました。

 

結果的にランチ後「幸せオーラムンムン状態」で仕事に取り組む事ができ、とても効果的だったのを覚えています。

 

お風呂に入るor温泉に行く

お風呂

 

お風呂に入るor温泉に行くのもオススメです。

 

なぜなら「お風呂が好き・毎日入る人ほど幸福度が高い」という調査結果が出ているからです。

 

■「おふろ白書2017」〜おふろと幸福度〜

お風呂白書

出典:NORITZ

 

僕は昔「時間と水道代が勿体ない」という理由で、毎日シャワーで済ませている時期がありました。

 

 

しかしお風呂が「緊張状態を緩和する・体をゆるませる・深呼吸する」というリラックス効果がひじょうに高いことを知り、入浴を習慣化しました。

 

結果的に1週間のメリハリも付くようになったり、幸福エネルギーも増えて、やる気が維持できるようになりました。

 

そのため、かつての僕のように「忙しいからシャワーで済ます生活」を続けているなら、2日に1回でもOKなので、入浴習慣を取り入れるのがベターです♪

 

趣味を作って心のバランスを取る

趣味

 

趣味を作って心のバランスを取るのもおすすめです。

 

「恋人や結婚相手を作ってやる気を出す」「子供ができたり、家を買ってやる気を出す」というやり方もありますが、趣味も心のバランス剤として有効です。

 

しかも「釣りやアウトドアで自然に触れてリラックス」「読書で良い言葉の栄養を得る」など、楽しみながら心身回復ができるなど、思わぬ副産物が産まれたりしますしね♪

 

適職に転職する

転職

 

適職に転職するのもおすすめです。

 

なぜなら「自分の得意分野であれば、ミスが減ったり仕事自体が楽しくなる」ケースがあるからです。

 

 

例えば僕は「数学的素養が必要な通信IT系セールスエンジニア」として働いていた時は、数学分野が苦手だったので、毎日が地獄でミスも怖かったです。

 

しかし「文系的素養が必要な転職系WEBライター」に転職した後は、ミス自体に対する恐怖も激減しましたし、仕事のストレスも大きく減りました。

 

そのため「今の仕事が向いてないかもしれない…。」と思うのであれば、自分の未来の延長線上を考え直した方が良いかもしれませんね♪

 

仕事のミスを隠して退職する方法

無職 不安

 

では次に、仕事のミスを隠して退職する方法についてご紹介していきます。

 

転職先を明確にするための活動準備

転職

 

今の業種・職種や会社が合っていないとどうしても感じられるのであれば、転職先を明確にするための活動準備もおすすめです。

 

とはいえ転職10回経験した僕から言わせてもらうと「今の会社・今の働き方以外!」という考え方で、勢いのみで辞めてから転職活動を行うと手痛いことになります。

 

なぜなら「目的地が不明確なので、不満や“こんなはずじゃなかったという後悔”が生まれやすい」からです。

 

 

例えば旅行に行く前は、事前に「どこを観光するか?」「乗り物や移動手段は?」「どの程度のコストがかかるか?」などを調査してから行きますよね?

 

転職もそれと同じで「どんな業種・職種の会社に行けば満足度が高いか?」「働きがい重視か?ワークライフバランス重視か?」など、自分と転職先イメージを明確化しておく方が成功確率が上がります♪

 

さらに直前になって色々決めるよりも、今から転職サイトに登録しておいて「漠然でも転職先イメージを考え始めておく」ことで、本当に転職したい時に備えられるのです。

 

 

そのためあなたが就職活動でも利用したであろう「リクナビ」の転職版「リクナビNEXT」などに登録して情報収集しておくことは、非常にメリットが大きいですよ♪

 

例えば「ミスした時も同年代であれば話しやすい」のであれば、20代中心の若手が集まる会社に転職すれば良いのです。

 

 

他にも「今の会社はどんどん周りが辞めて行って不安」というのであれば「離職率が低い会社」の方が安心です♪

 

※リクナビNEXTには「平均年齢20代」「離職率5%以下」という検索方法もあるので、ミスをそれすぎない会社を見つける選択肢を得られますよ♪

 

リクナビネクスト 平均年齢20代

リクナビネクスト 離職率

 

副業・起業を見据えた転職

SEO

 

個人的に僕が取った選択肢ですが、副業・起業を見据えた転職をするのもおすすめです。

 

なぜなら「会社員としての収入UPや安定が確保されにくくなっている現代」では、自分で稼ぐ力を蓄える必要があるからです。

 

 

そしてその上でおすすめなのが「数年間は副業・起業を見据えられる職種で働いて、そこからステップアップしていく」という方法です。

 

おすすめの方法

第一段階=派遣社員・契約社員・正社員で未経験職種転換でも良いので、副業・起業と親和性の高い職種で経験を積む

第二段階=ある程度経験を積んだら「長く安定して働ける会社で現状維持or昇進を目指す」「副業を開始する」

第三段階=副業が軌道に乗ったらフリーランス化したりしてもOKだし、勤務し続けて収入源を複数もつのもOK

※ただしお金最優先ではなく、自分が「生涯続けてもOKと感じる適職」にしておいたほうが良いです

 

このようなプロセスを僕は辿りましたし、あなたにもおすすめしておきます。

 

 

そして個人的におすすめな「副業・起業を見据えた職種」は主に以下の通りです。(とくに座り仕事の苦痛が少ない僕のようなタイプの方)

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

ミスを隠したまま退職実践(未経験転職)

リモート

 

では次に、ミスを隠したまま退職実践(未経験転職)についてご紹介していきます。

 

独学で勉強する

天職

 

一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

 

実際僕も、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

 

他にも「エステティシャンから独学で勉強してWEBデザイナーになった」という女の子もいましたし、プログラミング言語を学べばシステムエンジニアになれる道もあります。

 

 

もちろん「●●勤務経験1年以上」などの経歴が必要な中途採用求人には応募できませんが、時間がある内にスキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

 

職業訓練を受ける

役所

 

ヒューマンアカデミーなどの「資格取得・社会人学校」に行ったり、ハローワークなどで職業訓練を受けるのもアリです。

 

僕もヒューマンアカデミーには「WEBデザイナー」に関する資料請求と入校相談に行きましたが、数十万円払って専門スキルを学べる魅力があります。

 

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー

 

またハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

 

支援制度の区分け

「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」

「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

プログラミング言語

WEBアプリエンジニア

建築系CAD

保育士

介護福祉士

調理師

自動車整備

溶接技術

トラックドライバー

WEBデザイナー

電気設備

ネイリスト など

 

このように非常に幅広い訓練が用意されています。

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい

実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要

国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使ったことはありませんが、職種自体を変えたいのであれば、ハローワークで相談してみるのもアリでしょう。

 

職種未経験歓迎に応募・入社する

新人 放置 辞める

 

職種未経験歓迎に応募・入社するという方法もおすすめです。

 

なぜなら「1から成長していける環境だと会社側が提示している」ので、独学して学ぶより早いからです。

 

さらに「講座受講でお金を払いながら成長する」より「入社すればお金をもらいながら成長できる」ので、真剣に学んで習得できるメリットもあります。

 

 

ちなみに僕はこのパターンを使って転職したタイプであり、リクナビNEXTでは「職種未経験歓迎」という応募検索もできますよ♪

 

リクナビネクスト 職種未経験歓迎

 

まとめ

 

以上が仕事のミスを墓場まで隠せる?生きた心地がしない時はミスばかりで落ち込みすぎるから辞めたい!隠す罪悪感対策のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

転職サイト登録「だけ」でも今スグすべきただ1つの理由

転職サイト登録



最後に補足として、転職サイト登録「だけ」でも今スグすべきただ1つの理由についてご紹介していきます。





転職先が不明確な退職は死に直結

会社員 向いていない どうすれば



転職サイトに登録「だけ」でも今スグすべきただ1つの理由は、転職先が不明確な退職は死に直結するからです。



なぜなら「勢いで退職した結果、非常に苦しい極貧生活を経験した僕」から言わせてもらうと「本当に退職したいタイミングで転職活動開始するのは、かなり遅い!」と断言できるからです!



もちろんかつての僕のように「失業保険を貰いながらで良いじゃないか…。」と思うかもしれませんが、以下のように「ダラダラ転職活動をしていられないケースのほうが多い」からです!



退職前に何も準備していない人の転職活動が切羽詰まる理由


自己都合退職扱いで3ヶ月間給付なしになる可能性も高く、バイトしながら転職活動はかなりキツい(バイトも日雇いなどになることも多く、毎日勤務先が変わって精神的ストレスが大きい)

失業保険を貰えても月給の6割支給(月給20万なら12万支給)で、しかも支給中はバイトなどの小銭稼ぎも出来ないので、貯金がないとかなりキツい





だからこそ「将来自分が過労で倒れたり、会社が倒産・縮小になっても大丈夫な逃げ道(保険)を漠然とでも知っておくこと」はとても重要です!



転職サイト登録する4つのメリット

錬金術



また合わせて、転職サイト登録する4つのメリットもご紹介していきます。



我慢が減る=逃げ道を確保できる

天職



我慢が減る=逃げ道を確保できるのが一番のメリットです。



逃げ道と聞くとネガティブに聞こえるかもしれませんが「自分の将来設計が今の会社にいないと絶対成立しない」のでは、何かあった時非常に苦しくありませんか?



もちろんあなたが「終身雇用を保証されている公務員」や「今後も安泰の超大手優良企業」に勤めていれば、その人生設計でも行けるでしょう。




しかしそれでも、一つの会社・人生設計に固執し過ぎてしまうと「どんなパワハラもガマンしなければいけない…」「理不尽に耐えるしかない…」と自分を抑え込んでしまいます。



しかし実際に転職しなくても、逃げ道があるという心理状態を獲得できれば「時には会社や上司の理不尽にNOと言う」「自分を押し殺し過ぎなくて済む」メンタル状態にシフトできますよ♪





心の余裕=将来の視野が広がる





心の余裕=将来の視野が広がるというメリットもあります。



そもそもあなたが日々経験を積んでいる仕事のスキルには「今の会社でしか通用しないスキル」と「他の会社でも通用するスキル」の2種類があります。



2種類のスキル例


今の会社でしか通用しないスキル=社内専用システムの使い方、社内の人脈、他の会社にはない独自技術や能力など

他の会社でも通用するスキル=営業経験3年以上など「対象求人」に該当できるスキルや経験、仕事術など





そして「他の会社でも通用するスキル」がどのようなものか?は、実際の求人票を見る機会がないと、なかなか実感が持てないものです。




ちなみに僕自身が転職求人を作成した中には、転職者自身が驚くような年収UPやワークライフバランスUPを果たしたケースもあります♪



幸福が大きく向上した求人例


中国系新興ベンチャーで、年収が1.5倍〜2倍に上がったエンジニア

→中国人が主流の会社のため、中国語不要で国内企業と調整できる人材を募集していた。案件獲得後に日本語ができるスタッフ中心で対応

営業経験を生かして、同商材系を扱う企業の部長職にステップアップした営業マン

→仕事のコツや押さえておくべきツボは似ていたので、一般社員転職の予定が部長職待遇を逆提示された

年収・福利厚生のランクをそれほど下げず、残業時間を激減したWEBデザイナー

→自社サイト担当のため、外注対応のような激務にならず、ワークライフバランスを充実できた





このように自分が積み上げてきたスキルを軸として、より「ムリなくラクに生きられる環境」を手に入れた方が沢山います。




しかし転職市場においては、優良求人ほど「一定期間しか掲載されない水商売」の側面もあるのです。



そのため転職サイトに登録だけでもしておくことで「自分が受け取れるオファーの傾向が分かる」「漠然とでも希望転職先情報をストックしておくことで、もしものリスクに備えられる」のです!



その結果「今の会社以外ではどんな将来設計が描けるか?」「優良転職求人案件はどんなものか?」をチェックでき、将来の選択肢が広げられますよ♪





見える化=無料で市場価値が分かる

確信



見える化=無料で市場価値が分かるというメリットもあります。



なぜなら転職サイトに登録することで、「あなたが欲しい人材にマッチした人」に該当すると、スカウトメールが届いたりするからです。



もちろん「ある程度詳細な職務経歴などは登録」しておかなければなりませんが、スカウトメールを受け取ることで「自分のスキル・キャリアに合う企業」が分かるようになるメリットは大きいです!




さらに中には「こんな優良企業が僕に連絡をくれるの?」「福利厚生が今の会社より、すごく良いんだけど…」と驚くスカウトが届くこともあります。



なぜなら転職サイト側としても、一人でも多くの「求人企業にマッチした人材からの応募」を確保したい思惑があるからです。



そのため一つでも多くの「他企業と大きく差別化できる、求人掲載企業への転職メリット(残業少なめ/高年収/低離職率など)を提示する」からです♪




もちろんあなた自身は「スカウトメールを読んでポイしてOK」ですが、目を通すだけでも自分の市場価値が分かりますから、もらって損はないわけです。



ひょっとしたら将来受け取るスカウトメールの中には、思わず転職したくなるような優良企業スカウトが来る可能性もあるわけですからね♪



そのため「今スグ転職する」わけではなくても「思わぬ優良求人からのスカウトに備えて転職サイトに無料登録と職務経歴書記載だけしておく」のは大きなメリットになるのです!





自己適性が分かる=適職診断がある

リクナビネクスト



意外に侮れないのが、自己適性が分かる=適職診断があるというメリットです。



就職活動時には「自己分析・他己分析」で自分の長所短所を振り返ったと思いますが、社会に出てからそんな事をした経験がある人は少ないでしょう。



しかし社会に出てから多少なりとも荒波を乗り越えてきていると、学生時代より明確に「苦痛orラクな働き方」が分かってきていると思いますから、改めて自己分析に取り組むことで「将来設計がより明確化できる」というメリットがあります。




そしてそんな自己分析チャンスを、転職サイト大手のリクナビNEXTが「無料で」「スグに」「ネットで気軽に」受けられる「グッドポイント診断」というサービスとして提供してくれています。



しかも「天職占いのようにタロットを1枚引いて診断」といったショボいものではなく「最長約45分&約300問解答で、全8,568通りから5つの強みを診断」してくれる有料級テストです。





僕の診断例





例えば僕の診断例では、「自立」「独創性」「高揚性」「自己信頼」「俊敏性」の5つの強みがあると分かりました。



僕の診断例


日本の誇りの柱
自立=意見の調和より自らが納得いく結論を求めるタイプ

独創性=オリジナリティ・自分らしさを大切にするタイプ

高揚性=変化や刺激を好むタイプ

自己信頼=自己信頼を軸に周りを引っ張るリーダータイプ

俊敏性=思い立ったら即行動タイプ





このような結論を得ましたが、とくに「通信系営業マン」をしていた時は、この強みと全く真逆の仕事人生を歩んでおり「毎日が苦痛で非常にストレスフル」だったことからも、この診断の正確性に改めて驚きました。



なぜならその会社は、以下のような仕事環境でしたから…。



僕の強みに合わなかった仕事環境例


ルート営業 怖い
リーダーシップNG=平均年齢44歳で、周りは歳上ばかり

自立NG=厳密な規律と手順書があり、周りとの協調最優先

俊敏性NG=半年以上先の納期までじっくり計画を詰める





そのため当時は「死なないために毎日仕事を頑張る」というネガティブモチベーションで動いていたことも事実です…。



しかしその後転職したWEBライターでは「グッドポイント診断にて診断された個性を活用できる環境」だったので、毎日のストレスが激減しました♪




僕の強みに合った仕事環境例


WEBライター 独学
リーダーシップ=平均年齢30歳で、後輩を指導・育成する機会が多い

自立=原則として責任者が顧客の方向性を元に執筆するので自由裁量が大きい

俊敏性=誤字・脱字はNGだが、期日までの納期に向けてスピーディに対応





このように自分にとって働きやすい環境に変わったので、通信IT系営業職の時と比べたら「毎日のモチベーションやストレスが圧倒的に改善されました」から♪



このような「履歴書にも書ける強み診断が可能な贅沢診断サービス」「メールアドレス登録だけすれば、無料で受けられる」ので、ぜひ取り組んでみてくださいね♪



グッドポイント診断が無料でもキッチリしている理由

リクナビNEXT登録者数が増える→オファーなどを送れる数も増える→転職希望者の母数も増える→リクナビの価値向上





このようにリクナビNEXTが本気で作ったグッドポイント診断を受ければ、今後の人生の指針にできること間違いなしですよ♪!





職務経歴書が絶対必要な理由

診断



また、職務経歴書も登録しておくことで、スカウトやオファーメールを受け取れる恩恵も増えるので、ぜひおトクに享受しておきましょう♪



なぜなら「元転職サイトのWEBライター」という立場から言わせてもらうと「せっかく転職サイトに登録したのに、オファーやスカウトメールを受けないのは、非常にもったいない」からです!



具体的には以下のような理由があるからです。



職務経歴書を入力しておいた方が良い理由


オファーやスカウトは追加料金支払いケースが多いので、企業側の採用本気度が高い

未経験採用への応募であってもオファーを出すほど採用・育成意欲が高いため、漠然と調べて応募した会社より採用確率+マッチ度が高い

しつこい電話勧誘がない+メールを一方的に受け取るだけなのでストレスが少ない





そして無料登録+職務経歴書入力で、以下のようなメリットを享受できるので「職務経歴書を登録せずに放っておく人は、ハッキリ言ってアホ」ですよ!♪



職務経歴書入力メリット


登録した職歴・経歴にマッチしたオファーやスカウトを受けられる

自分の職歴・経歴でどのようなオファーが来るのか?漠然と自分の市場価値が分かる

定期的にあなたにマッチした新規募集企業のおすすめメールを受け取れる

理想の働き方5問回答があるので、自分の理想の働き方に近い会社を調べやすくなる

職務経歴書 メリット1 職務経歴書 メリット2 ■職務経歴書入力後にあなたがマッチしやすい求人紹介メール スカウトメール例1 スカウトメール例1 2 ■定期的に受け取れるオファー・スカウトメール例 スカウトメール例2 スカウトメール例3 スカウトメール例4 スカウトメール例5





このように「自分で探す事なく、自動的にマッチした求人を受け取れる仕組み」を作れるため、忙しくて転職サイトを見る暇がない時でも、便利に活用できるメリットは大きいので、ぜひ登録しておいて下さいね♪







PS.職務経歴書の経験業務に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪



※なお、以下の記事にて「グッドポイント診断をやってみた体験談+職務経歴書入力」を紹介しているので、不安解消の参考に使ってください♪







日本の誇りの柱の関連記事