中途採用 放置 退職

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「中途採用社員なのに転職後放置されて退職したい…辞めた体験談を知りたい!」

相談女性3

幸福度の高い生活を確立したいから「夢中になって働ける適職診断のおすすめ」を知りたい!

相談男性3

経歴を活かす求人を探すには「リクルート系転職サイト」がおすすめ?それとも「転職エージェント」が良い?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も中途採用後に放置され、自主努力したり退職した経験があるので、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「中途採用後放置が長い時の退職方法や状況改善テク」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

中途採用後放置退職【問題原因】

中途採用社員 転職後放置 退職 問題原因

 

諒

ではまずはじめに、中途採用後放置退職【問題原因】についてご紹介していきます。

 

現場と人事・採用の認識ずれ

 

現場と人事・採用の認識ずれというケースが一番多いです。

 

なぜなら、転職求人を数多く扱ってきた中で分かったことですが、企業は以下のカテゴリーに分けて求職者選定しているからです。

 

求人のカテゴリー

  • 完全未経験OK=1から育てる予定(求人票には1から育成・教育環境アリなどと記載あり)
  • 未経験OKor未経験者歓迎=経験者が良いが、未経験もOK(応募数UP目的でハードルを下げただけ=“入社後放置される可能性アリ”)
  • 経験者歓迎=即戦力前提求人の為、教育予定なし(業務内容を事細かに記載し、OKな人のみ応募可能という事前振るい分け)

 

そして、中途採用後の放置ケースが一番多いのが「未経験OKor未経験歓迎の扱いで入社」している場合です。

 

なぜなら「当初“経験者採用”で求人を出したが、反応が悪いので“現場でOJTするため未経験歓迎”に裾野を広げたケース」があるからです。

 

 

具体的には「求人依頼者=人事・創業者」の場合、配属先との認識にズレが発生し、入社後「じゃあOJTで育成してね♪」と人事や上から言われて、現場任せになるわけです。

 

その結果、現場では「なんだよ?使える奴くれるんじゃないのかよ?」という“使えない奴が入社してきた扱い”されてしまい、居心地が悪くなってしまうのです。

 

上司

なんだよ?中途採用が来るっていうから期待してたのに、実力不足じゃん…。

諒

なんか、すみません…。

 

その為「未経験歓迎レベルの求人」に応募する場合は、自発的に動く覚悟を持って入社しないと、放置されてしまう可能性があるのです。

 

教育体制やシステムが不十分

 

教育体制やシステムが不十分というケースもあります。

 

なぜなら「できて日の浅いスタートアップ企業」や「社員の少ない中小・零細企業」では、中途採用者を育てるという風土が熟成されておらず、手探り状態のケースがあるからです。

 

 

しかも「どこかから即戦力を引っ張ってきて、不要になったら使い捨てる」というクズ組織は、離職率が高かったり、非正規雇用が大勢いたりします。

 

よく言えば「完全実力主義」「自力で成長しやすい環境」とも言えますが、社風や雰囲気が合っていない場合、毎日が地獄と言わざるを得ません。

 

その為、毎日苦しさを感じるのであれば「実力をつけたら、こんなクソ会社辞めてやるよ!」くらいの目標設定で働けば、気が楽になりますよ♪

 

高年齢者ばかりで育てる気がない

 

高年齢者ばかりで育てる気がないというケースもあります。

 

そもそも、当事者になって考えれば分かりますが「定年退職したら新人を育てても、自分に価値が還元されない」為、高齢で若手育成に対して「本気になれる人」は稀(まれ)です。

 

※「自分が退職した後も、会社が発展して欲しい」という思いで、新人育成に情熱を注げる人も稀にいますが…。

 

上司

大島、厳しいことも言うが、しっかり成長できるようにサポートするから、付いてこいよ♪

諒

よろしくお願いします♪

 

その為「平均年齢が高い会社ほど、研修が終わって現場に入ったら悲惨」というケースは多いです。

 

だからこそ「自発的に成長していく」「社内で頼れる人脈を増やす」など、主体的な行動が求められますよ♪

 

指導役に割ける人的余裕がない

 

「倒産間近で踏ん張っている会社」「ブラック企業」に多いのが、指導役に割ける人的余裕がないケースです。

 

そもそも「人を育てる」のは「自分の仕事もこなしながら並行して行う」為、専門のトレーナー制度or先輩指導制度を用意していない限り、かなり面倒な役割です。

 

 

その為「キッチリと指導役を任命していないまま、新人を育てようとする会社」ほど危険と思っておいた方が良いでしょう。

 

女上司

あ、あなたこれもやっておいて頂戴!

諒

(ロクに仕事を教えずに、あれこれ言いやがってクソが…。)

 

なぜなら「●●さん教えてください!」という頼る先が分からないので、孤立したり社内ニートになってしまう可能性大だからです。

 

その為この場合も、自発的に相談できる先輩を見つけたり、自力で成長していくしかないと言えます。

 

職場に馴染ませているだけ

 

時々あるのですが、職場に馴染ませているだけというパターンもあります。

 

実際、大きな組織では「人員過剰になるケース」がある為、中途入社後や配置転換後に「しばらく仕事がない時期」はあります。(俗に言う社内ニート状態)

 

 

例えば僕は、NTTグループの会社に転職してから、割り振ってもらえる仕事がない為、数週間放置された経験があります。

 

さらに入社2年目の配置転換後も「1〜2ヶ月程度、ビックリする位暇な時間を過ごした」こともあります。

 

このように「人員配置問題で放置されて暇」というケースもある為、怒られない範囲に時間を有効活用するのもおすすめですよ♪(社内資料を読むなど)

 

諒

やることもないし、暇っすね…。

同僚

まぁ、仕方ないですよね…。

自主的姿勢を見てる

 

自主的姿勢を見てるというケースもあります。

 

たとえ暇だったとしても、本当に何もせずに数週間もブラブラしていたら「あぁ…こいつは自分で何も出来ない奴なんだ」と周りに思われてしまうでしょう…。

 

その為「こいつはキチンと時間を有効活用するから、信頼できる」と思われる行動実践がベターですよ♪

 

あなたに何かしらの原因がある

 

あなたに何かしらの原因があるから、放置されているケースはあります。

 

会社の問題でなければ、残念ながらあなたに「放置状態にされている理由」があるわけですね…。

 

仕事への姿勢が受け身

 

仕事への姿勢が受け身だから、必然的に放置されているケースは多いです。

 

とくに社会人歴が浅かったり、社会人として未熟など「誰かが構ってくれる前提」が強いと、このような状況に陥りやすいです。

 

 

残念ながら日本の教育は「指示・指導されてから動く」という価値観を長年刷り込まれている為、社会に出てからは「自主性を取り戻す必要性」があります。

 

その為「あ〜暇だなぁ〜」といった、甘えた状態だと薄々感じているのであれば、自主的に動くようにしてくださいね♪

 

勤務態度や能力が良くない

 

勤務態度や能力が良くないから、仕事を依頼したくなくて放置されているケースもあります。

 

とくに「愛想の悪い新人」や「何を言っても聞き分けがない新人」だと、そのうち組織内で無視が加速してしまう恐れがあります…。

 

 

他にも「遅刻が多い」「任せた仕事のクオリティが低い」などで、退職を暗に勧められてしまっているケースもあります。

 

もちろん逆に、あなたが会社側に不信感を持っていて、無意識にそのような行動をしている可能性もあるでしょう。

 

しかしそうでなければ、会社にしっかり馴染めるよう、改善すべき点は改善した方が良いですよ!

 

中途採用後放置退職【辞めた体験談

中途採用社員 転職後放置 退職 辞めた体験談

 

諒

では次に、中途採用後放置退職【辞めた体験談】についてご紹介していきます。

 

繁忙・閑散が極端な営業職時代1

 

繁忙・閑散が極端な営業職時代1に、社内ニート経験があります。

 

具体的には、僕が「準官公庁系の大手IT企業ルート営業マン」だった時の話です。

 

「部署内大再編があり、半年で2回異動があった」のですが、1回目の「契約書の作成部隊配属時」は、まさに社内ニート状態でした。

 

 

具体的には「出勤しても1日数件の契約書を作成するだけ」だった為、8時間中6時間程度「ほぼやることがなく暇だった」のです。

 

しかし、その時に「PBX(社用内線割振り機)や電話回線勉強」をしていた為、社内ニート状態から数ヶ月で異動させられた「PBX販促部隊」で、その知識が役立ちました。

 

このように「暇な時期に時間を有効活用していた」為、必然的にレベルUPできていたのです♪

 

繁忙・閑散が極端な営業職時代2

 

実は、その後配属された「PBX部隊」でも、繁忙・閑散が極端な営業職時代2を過ごしました。

 

具体的には「全国出張して営業対応するPBX部隊に配属」された為、基本的に全体の半分は暇だったのです。

 

 

ただし、今回は「PBXが非常に複雑&高度な商品」だと分かっていた為「これを一生の仕事にするのは辛いな…」と思い、転職前提で時間を有効活用しました。

 

具体的には「早めに帰って副業ブログ開始」「会社でバレても怒られない程度に、ブログや記事作成に必要な情報をネットサーフィン」していたのです。

 

※基本的には「通信系IT企業」であり「ブログ・HPの作り方」「通信系の記事」を読んでいても不思議はなかった為、大義名分はあったのです

 

上司

大島君、何見てるの?

諒

時間があるので、仕事に必要な情報とかをネットで勉強してます♪(キリッ♪)

上司

そうか…。頑張ってな♪

 

結果的に「社内ニートを半年ほど継続して辞めた」後、2年ほど続けた観光ブログをポートフォリオ(成果物)として「未経験WEBライター転職」できた為、良い時間の使い方ができました(笑)

 

このように、社内ニート状態でも「時間を有効活用する方法」はいくらでもある為、出来ることはやるべきですよ♪

 

有能で暇になったWEBライター時代

 

有能で暇になったWEBライター時代もあります。

 

その頃の僕は、WEBライターに職種転換してから「帰宅後&土日祝も副業ブログを1日中執筆」していた為、仕事能力を急激に上げていました。

 

その為「言われたことだけダラダラやっている人」より有能になった為、割振り時間より早く終わるケースも多くなり「空き時間が増える社内ニート状態」になったのです。

 

 

そして、営業時代と同じく「暇な時間を使って、ブログレベルUPする方法を自席で学習」し、さらなる能力向上に役立て、1年半後に辞めました。

 

※そこも「転職サイトのHP会社」であり「HPの作り方」「記事の書き方」を見る大義名分があった為、誰にも疑われず「副業の自主学習時間」に使えたのです。

 

なお、その時に学んだことを始め「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を以下のリンク先にて詳しく紹介している為、合わせて参考にして下さい♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億円社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ
アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ

 

中途採用後放置退職【回避対策】

中途採用社員 転職後放置 退職 回避対策

 

諒

では次に、中途採用後放置退職【回避対策】についてご紹介していきます。

 

信頼できる相談先に申告

 

今の仕事を続けていくことに不安や強いストレスを感じているのなら、信頼できる相談先に申告がベターです。

 

信頼できる相談先

  • 会社の相談窓口に内部通報
  • 人事の責任者に訴える
  • 上司を頼る

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

人事担当者や上司であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

異動願いを試みる

 

理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

その為ネガティブな話だけではなく「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

諒

前線の営業で活躍するよりも、フォロー側の制作業務のほうが自分を活かせると思います!

上司

そうか…。じゃあ検討してみるか♪

 

休職相談・精神科相談

 

所属部署を変えるだけでは改善できず、一定期間の休養が欲しいのであれば、休職相談・精神科相談するのもアリです。

 

正社員であれば「数十年雇用関係を維持する責任」を会社が持っているので、最低限の給与保障or復職確約で休ませてくれるケースもあります。

 

 

実際車メーカーに勤めている僕の知り合いにも、このケースで復職した人がいます。

 

具体的には、メンタルがどうしても病んだ時に休職願いを出し、その間に海外放浪して精神面を鍛え、その後復職を迎えたという荒療治でしたが…。

 

 

他にも、精神科に相談することで「メンタル的な不調によって数週間〜数ヶ月休みをもらう」ケースもあるので、社内で事例がないか?可能性を探るのもアリです。

 

ただし「同じ部署に復職する場合、腫れ物扱いされて肩身の狭い思いをする」というケースもあるので、ある程度退職の覚悟も持っておいた方が良いでしょう。

 

退職代行に依頼

 

ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

 

そもそも、僕の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要です。

 

 

例えば、僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

 

※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

 

しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

 

 

その為、これ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

 

そもそも僕は何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

 

その為「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

 

 

なお、以下のリンク先にてそんな「退職代行おすすめランキング」を紹介しているので、必要に応じて参考に使ってください♪

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=労働組合対応+安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「お金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=一括比較したい場合はこちら♪

転職準備を始める

 

転職準備を始めるのも非常におすすめです。

 

なぜなら、自分の強みを活かせたり、自分に適した環境にシフトできれば、快適・幸福度がだいぶ上がるからです♪

 

 

例えば、同じ学校に通っていても「数学が好き」「理科が得意」「国語なら任せて♪」「日本史なら自信がある」など、好きor得意な傾向は異なるわけです。

 

仕事もこれと同じで「自分が好きor得意な業種・職種・会社」にマッチしているほど、ストレス少なく現場に向き合えるわけです。

 

実際僕は、文系大学・経営学部卒にも関わらず、IT系通信営業のセールスエンジニアとして働いていた時は、毎日が地獄のような苦痛でした。

 

 

なぜなら「配線図やルート設計図の制作」「通信料配分の計算」など、自分が嫌い&苦手で拒否したはずの「数学&理系的業務」ばかりだったからです。

 

諒

毎日夜遅くまで働いているのに、半人前レベルから抜けられない…。

 

しかし、本来自分の適正に合っていたWEBライターに転職してからは、通信営業時代のストレスが嘘のように快適な仕事人生を確立できたのです♪

 

諒

あ〜♪仕事って楽しいぜ♪

 

このように「自分の長所・強み」を見つめ直すのも大切ですし、今の辛い環境から脱出するために、転職サイトで情報収集を始めるのもおすすめですよ♪

 

中途採用後放置退職【離職手順】

中途採用社員 転職後放置 退職 離職手順

 

諒

では次に、中途採用後放置退職【離職手順】についてご紹介していきます。

 

退社1ヶ月前までに伝えればOK

 

まず辞める意思表明に関してですが、退社1ヶ月前までに伝えればOKです。

 

なぜなら、一般的に「会社のルールとして1ヶ月以上前に退職意思を伝える」事になっている為「組織の一員である以上、その規則に従う」のが筋だからです。

 

民法の2週間前は派遣非適用

 

ちなみに「正社員は、2週間前に退職意思表示すれば強行退職できるルール」がありますが、民法の2週間前は派遣非適用です。

 

つまり「契約更新タイミング以外で辞めることは原則許されない」というルールになっており、それを破ると「自己都合退職」となり、失業保険受給資格から外れます。

 

※派遣社員は半年以上勤めて雇用保険受給対象になれるのですが、契約期間中に辞めるとそれが叶いません。

 

 

とはいえ、僕が派遣社員で働いていた時は、急に来なくなったり仕事をバックれる人を何人も見ました。

 

その為「本当にやってられっか!」となった時は「派遣社員の方がスグ辞めるよな(笑)」とも思いましたが…。

 

同僚

派遣で入った●●さん、昨日から出社してないらしいですよ?

諒

マジで?重要な仕事を引き継ぐ前で良かったのかも?

 

直属の上司に退職意向を伝える

 

直属の上司に退職意向を伝えるのが筋です。

 

当然あなたの監督責任者であり、チーム全体の仕事を指揮している為、上司に退職の意向を伝えるのが一般的です。

 

 

具体的には「重要な話があると伝えてMTG時間を確保してもらう」など、ある程度まとまった問答時間を確保してもらうのがベターです。

 

諒

すみません。大事な話があるので、MTG予定を入れてもよろしいですか?

上司

あぁ、分かった。予定を共有しておいてくれ。

 

※よほど嫌いな上司であれば「●月末日を持って辞めたいと思います」と伝えてから、上司の対応を見るのもありですが…。

 

勤務時間中は避ける

 

そして退職を切り出す場合には、勤務時間中は避けるのがおすすめです。

 

なぜなら「勤務時間中は“上司も仕事に全集中で他事を考える余裕がない”為、辞める話を聞いてイラッとする可能性が高い」からです。

 

 

その為、具体的には以下のタイミングで伝えるのがベターです。

 

退職意思を伝えるタイミング

  • 定時後で、上司もまだ残っている時
  • 上司が早朝出勤する人だった場合、勤務前に朝イチで宣言
  • 一緒にご飯などへ行って宣言

 

このように「上司が100%責任者マインドではない時間帯&心の余裕がある時」に伝えるのがベターです。

 

そもそも、よほど淡白な上司でない限り「数分〜数十分理由を聞いたりする時間」をとる可能性が高いです。

 

 

その為、その事を踏まえると「業務時間外のタイミング」で言い出したほうが、上司に選択肢を提供できます。

 

だからこそ、個人的には「勤務終了後→昼休憩の後→勤務開始前」といった判断基準で行動するのがおすすめですよ♪

 

※ちなみに僕は、勤務時間中に退職宣言した時「今言うことじゃないでしょう?」と怒られたことがあるので、臨機応変に行動しましょうね…。

 

ポジティブな言い方に変える

 

そして一番大切なことは、ポジティブな言い方に変えることです。

 

例えば、退職理由で良くある「お金」「勤務時間」「人間関係」に関する問題をポジティブに言い換えると、以下のようにできます。

 

ポジティブな言い方変換例

  • 給料が少ないから辞める→もっとチャレンジして自分の可能性を試したい
  • 残業や休日出勤が多くてストレスで辞める→オン・オフを大切にしながら、長く安定して働ける場所に転職が決まった
  • 人間関係トラブルで辞める→長く落ち着いて働ける地元に戻る

 

大事なことは「長く働いて貢献できる場所に転職決定した」「次の場所では、この会社を辞める原因と同じ要素はない」というスタンスで伝えることです。

 

引き継ぎの段取りをしておく

 

引き継ぎの段取りをしておくのもおすすめです。

 

具体的には以下のような段取りが必要です。

 

引き継ぎの段取り例

  • 引き継ぐ資料やデータを整理してまとめておく
  • 取引先への連絡準備(メールなどを作成)
  • 必要に応じて引き継ぎの人への指導

 

このような継承が必要となる為、事前準備しておいた方が、スムーズに退職できますよ♪

 

迷惑をかけずに有休消化する段取り

 

迷惑をかけずに有休消化する段取りも必要です。

 

なぜなら、次の会社に移ってしまうと、有給を引き継ぎできない為、キッチリ使っておいた方が良いからです。

 

 

僕は大抵の場合「残りの有給を退職最終日前にまとめて使う」やり方でしたが、人によっては「退職前の土日祝に1日ずつ追加して使いたい」場合もあるでしょう。

 

そのような希望がある時は、上司やチームの状況を見ながら1ヶ月以上前に申告しておけば、上司もイヤとは言えないはずですよ♪

 

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて「このままでは将来がダメになる…」と感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


その為「半年後に辞めると宣言→退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を開始→ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決定」という危うさで転職先決定しました(苦笑)

僕のヒーローアカデミア ゴミ掃除

出典:僕のヒーローアカデミア


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」という事です。

しかも、ストレスで疲れ切ったり「もうこんな人生イヤだ…」という無気力状態に陥ると、逃げる気力すら湧かず「うつ」「過労死」など、心や体が死んでしまうリスクがあるのです…。

転職サイト登録対策なしorありの例

呪術廻戦 最強

出典:呪術廻戦

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


その為、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、非公開求人数21万件&公開求人30万件以上があり、幅広い要望に応えてくれる為「情報収集だけしたい」「履歴書/職務経歴書など、プロのアドバイスが欲しい」という転職初心者は、登録必須のサイトです♪

諒

備えあれば憂いなし♪

僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア



リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験OK多数」など「20代の就活やり直しサポート」してくれるサイトの為、20代は登録必須のサイトと言えますよ♪

諒

若い頃の苦労は買ってでもしよう♪

呪術廻戦 誇れ

出典:呪術廻戦



Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断は「自分に合った快適な働き方が分かるチェック方法」であり、僕自身「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

諒

自己の可能性の限界に挑戦するぜよ♪



るろうに剣心 答え

出典:るろうに剣心



適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


さらに、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 油断せずに行こう

出典:テニスの王子様