パワハラ上司 末路

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

パワハラ上司の末路や弱点は?管理能力のない無能な上司の行く末や縁切り左遷するコツを知りたい!」

相談女性1

パワハラ上司仕返しに効果的な考えや復讐嫌がらせ、苦痛を与える報復行為は?課長など相手の立場を絶対破壊する訴え方は?賠償賠償の成功確率が一番高い?

相談男性2

部下の仕事を注意して追い込む人の特徴や、問題発言・暴力などのハラスメント被害を作るタイプは?職場の社内人間関係などブラック労働問題の悩み相談した場合のリスクやメリット・デメリットを知りたい!

相談女性2

「弁護士付き退職代行」「転職サイト無料登録」「転職エージェント」など利用可能な求人サービスの対応先や活動方法、おすすめ対処方法を紹介してほしい♪

相談男性3

業界選びを失敗せずに経験を活かせる場所で働きたい!精神や気持ちが安定する人生が必要だから、我慢から解放されて働く業務ストレス解決したり、有給休暇取得して余裕ある生き方を実現したい!

相談女性3

辞める理由の作り方や、適性能力や性格を活かせる適職診断の結果参考回答例や、副業などの対策内容を解説してほしい。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕もパワハラ上司の弱点や末路を考え尽くした経験があるので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな僕が「パワハラ上司の末路解説及び、管理能力のない無能な上司を縁切りするコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

パワハラ上司の末路例

目次

 

諒

ではまずはじめに、パワハラ上司の末路例についてご紹介していきます。

 

役職に分不相応のため降格

目次 1

 

一番よくあるパターンが、役職に分不相応のため降格という末路です。

 

具体的には「パワハラ耐性がある人だけが残り、組織の活力が低下し、吠えれば吠えるほど悪循環な現実」になっていくわけです。

 

実際、僕はWEBライター時代にこのタイプの新人上司と出会いましたが「部下が異動願いを出したり退職が相次ぐ」という結果になったのです。

 

降格した所は見ていませんが、どう考えても「マネージャーとしての素養に問題がある」という状況だったので、立場を追われていても当然だと思いましたから♪

 

部下からの信頼が0になる

目次 2

 

部下からの信頼が0になる末路もあります。

 

なぜなら、部下たちがパワハラ上司をいなすの能力が上がるので「部下たちがパワハラ上司をスルーして仕事できる状況を作り出す」からです。

しかも、パワハラ上司を上司として受け入れている部下は「100%上司以外(会社やさらに上の上司)を信頼しているだけ」なので、別の信頼ルートを確保するのです。

 

例えば、学校の先生が信頼できなければ「塾の先生」「近所の兄さん・姉さん」など、他の信頼できる人のサポートがもらえるように活動して、バランスをとりますよね?

 

それと同じで「全然一緒にいたくないパワハラ上司になるべく関わらずに生活できる状況」を自然に作り出すわけです。

 

とは言え、残念ながら「自分はパワハラして評価を得ている」と上司が勘違いしているケースも多いので、状況維持しているケースも多いです。

 

組織が自然に崩壊する

目次 3

 

組織が自然に崩壊する末路も多いです。

 

なぜなら「人の脳は“自分と他人を区別できない”ので、パワハラする責任者が率いる組織はパワハラされ続けるからです。

 

実際、パワハラ上司が多いのは「新規開拓など、存在が期間限定の部署」「社内のお荷物扱いになっている部署」など、存在危機に陥っている場所のケースが多いのです。

 

 

そのため、景気が良い時は見過ごされていても、数年〜10年も経つと変化の波が訪れるので、必然的に「パワハラで率いる組織は真っ先にパワハラの波に飲まれる」のです。

 

部下が自然に離れていく

目次 4

 

部下が自然に離れていく末路は多いです。

 

先ほど、パワハラ上司を受け入れて、そこを頼らないルートを部下が作って現状維持するケースをお伝えしましたよね?

 

しかし、昭和の時代は「パワハラ・怒号が当たり前」でしたが、現代の流れは「パワハラは悪」という組織がどんどん増えています。

 

必然的に、数年後組織変革の流れが押し寄せたときに、部下が離れていき自然崩壊のリスクを負うのです。

 

取引先クレームに潰される

目次 5

 

取引先クレームに潰されるという末路もあります。

 

なぜなら、パワハラ上司は「下に強く・上に弱い」ので、何らかの理由で組織バランスが崩れた時に「上司・取引先・会社の意向」に潰される可能性が非常に高いからです。

その為「今までずっと不満だったが、おたくの●●課長は気に食わないんだ!うちの担当を外してくれ!」など、取引先との信用失墜リスクの起点になる可能性が高いわけですね♪

 

家庭トラブルで心身疲弊する

目次 6

 

家庭トラブルで心身疲弊する末路もあります。

 

なぜなら、パワハラ上司は「息子・娘・結婚相手の誰かと歪な上下関係を作っている」為、異動・左遷・会社の変動などがきっかけで、抑圧されていた不満が噴出するからです。

実際、定年退職を迎えた夫婦が熟年離婚したり、子供が急に反旗を翻すのは、今までパワハラ気味だった父親の「立派な収入源」が終わった時に、怒りが噴出しているわけですね。

 

もちろん、定年退職よりもっと前にバランスが崩れるケースもありますが、いずれにしてもどこかで因果応報が発生する可能性は十分あるわけです。

 

新規開拓などに左遷

目次 2

 

パワハラ上司は組織が崩壊する前提部署に飛ばされる傾向がある為、新規開拓などに左遷させられる末路もあります。

 

そもそも、高圧的なパワハラで組織を動かそうとする人間が有能なわけがありません。

 

必然的に「あまり会社に影響のない変な組織を任せる」という流れに落ち着くことが多いです。

 

 

結果として「パワハラできる相手が沢山入ってくる組織」に引き寄せられていくわけですから、それと同時に「パワハラされる相手が増える状況」に陥っていくわけですね…。

 

誰かに強く当たるパワハラ気質の人は、それと同程度の「パワハラを受け入れている現実」も抱えている哀れな人なのです

 

部下から仕返しされる

目次 9

 

部下から仕返しされるという末路もあります。

 

例えば「チームメンバーが退職時に損害を残していく」「労基署や弁護士、週刊誌に訴えられる」などですね。

 

なぜなら、人は「自分がしていることを社会から還元される」ので「与える者は与えられ、パワハラする者はパワハラされるから」です。

 

 

因果応報というやつで、スグにはパワハラ仕返しが来なくても「異動・左遷時」「転職時」「退職時」「子々孫々がパワハラされる」などの巡りがくるものなのです。

 

何も変わらず存続する

目次 1

 

残念ながら、何も変わらず存続するという事例もあります。

 

とくに年功序列・終身雇用の会社だと、入社してしまえばよほど休職続きや勤務態度に問題がない限り、そのまま働き続けるのです。

 

しかも、こういったパワハラ上司ほど「パワハラする相手以外には良い顔するのが上手い」ので、なんだかんだ言って世渡り上手だったりします。

 

 

個人的には「真面目で繊細で一生懸命な人ほど馬鹿を見る社会」というのは腹が立って仕方ないのですが、現実問題としてこうなのだから仕方ありません。

 

そのため「自分がパワハラ上司から離れていく」か「パワハラ上司がどうしても会社にいられなくなるような決定的な打撃を与える」しか方法はないのです。

退職を突き付けられる

目次 4

 

近年ではパワハラに関する風当たりも強くなってきたので、パワハラ現場を録音したなどの決定的な証拠を突きつけられた場合、パワハラ上司が退職を突き付けられるケースもあります。

 

中には「社員の悩み相談窓口」などを設置し始めた会社もあり、そちらに報告すると誠実に対応してくれたりするケースも増えています。

 

とくに「●●のチームに新人を配属したら、すでに何人も辞めている」など、異常自体が発生していれば、会社としても是正する気になるからです。

 

 

しかも、せっかく入社した「未来の金の卵」を何人も失っては会社も大損害ですから、そういった「社員の相談窓口」を使って、思い切って訴える人もいるのです♪

 

※ちなみに、もしあなたが訴える場合は、そんなクズパワハラ上司を放置し続ける「クソ会社」自体からオサラバした方が良いですよ♪!

 

転職先が無く路頭に迷う

目次 7

 

転職先が無く路頭に迷う末路もあります。

 

なぜなら、パワハラ上司は「会社の肩書きに守られた権力」を自分の力と勘違いしているケースがほとんどなので、その組織を追い出されると人生のバランスが崩れるからです。

先ほどもお伝えしたように「人を攻め過ぎている人は、他人や社会から攻め過ぎられるタイミングが生まれる」というわけですね。

 

その為、会社にいた時は何とか保たれていたバランスが、失業などで放り出された結果、社会から冷たく冷遇される因果応報が巡ってきて、自殺したりホームレスになったりするわけです。

 

実際、リストラされて路頭に迷う人にこのケースは多いので、日頃から人を大切にする姿勢を整えないと「自殺ルートに入っていると気づいていない残念な人」になるわけですね…。

 

まとめ
  • 役職に分不相応のため降格
    • 部下からの信頼が0になる
  • 組織が自然に崩壊する
    • 部下が自然に離れていく
    • 取引先クレームに潰される
    • 家庭トラブルで心身疲弊する
    • 新規開拓などに左遷
    • 部下から仕返しされる
  • 何も変わらず存続する
  • 退職を突き付けられる
    • 転職先が無く路頭に迷う

パワハラ上司の末路が悲惨な理由

目次

 

諒

では次に、パワハラ上司の末路が悲惨な理由についてご紹介していきます。

 

パワハラ上司はパワハラ被害者

目次 1

 

まず前提知識として、パワハラ上司はパワハラ被害者であると覚えておきましょう。

 

それは過去の「両親との確執」かもしれませんし、現在進行形で「上の上司からのパワハラ」「夫婦関係での軋轢」などかもしれません。

 

いずれにしても「誰かに対して攻撃的になる人」というのは、なんらかの形で「誰かに攻撃されているorされた事がある人」なのです。

 

そして同時に「何らかの弱点を持っており、その弱点を今でも引きずる可哀想な人なんだな…」と思っておけば良いのです。

 

パワハラされた可哀想な人

目次

 

ちなみに僕の一番身近な「父親」は、パワハラされた可哀想な人です。

 

僕の父方の祖父は「大酒飲み・貧乏・DV(家庭内暴力)」という事をやっていたクズみたいな爺ちゃんですが、親父はそれを「全てを我慢する」という意識で切り抜けました。

 

おかげさまで、俺の親父は「酒NG・中流で年収1000万・家族に暴力は振るわないという我慢」をタバコでメンタル安定させながら乗り切ってきたのです。

 

 

しかし、僕が「感情を露わにした時」はスグに頭を殴ってきたり、羽交い締めにするなど「我慢を強制する暴力」で、ひたすらパワハラしてきました。

 

この話からも、パワハラ上司は「何らかのストレスの捌け口をあなたにしている可哀想な人」と分かりますよね?

 

※残念ながら、パワハラ上司はずっと「パワハラできる相手」を探し続けるので、あなたがそんなクズのストレス発散に付き合う必要はないのですよ♪

 

居場所・立場が不安定な恐怖

目次 2

 

パワハラ上司の弱点背景として一番多いのは、居場所・立場が不安定な恐怖というパターンです。

 

例えば、営業系のマネージャーにはパワハラ系が多いのですが、それは「売り上げ目標未達だと立場や収入を脅かされる日常」だからです。

 

必然的に、日常的な恐怖や不安を抱えやすい場所にいるので、部下や周りに対する関わり方もキツくなりがちです。

 

 

そのため、売り上げ安定や立場の強化サポートを実践すると、パワハラが落ち着いたりするとも言えます(つまり、あなたが有能になればOK)

 

自信がない劣等感の塊

目次 3

 

自信がない劣等感の塊という弱点パターンもいます。

 

自信とは不思議なもので「立場や学歴が高くても劣等感の塊」という人もいれば「低学歴で立場がなくても自信の塊」という人もいます。

 

実際、僕もこのタイプの部下になった経験があるから分かりますが「自分の劣等感や無能さを隠すために、部下に強くあたって威厳を見せようとする」わけですね…。

 

 

こういうタイプは「部下に依存して上司というメンタルバランスを取る」という歪な心理構造になってしまっているので、早めに離れたほうが良いですよ♪

 

嫉妬心・嫉みが強い

目次 4

 

嫉妬心・嫉みが強いという弱点もあります。

 

「俺に持ってない能力を持ってるんだから、もっと上手くできるだろ!」とう、嫉妬心をベースとしたパワハラを行ってくるわけですね…。

 

そもそも、こういうタイプの上司は「あなたが誇るべき能力を過小評価している場合」に遭遇することが多いです。

 

そのため「そうですよ?俺はあなたより有能ですよ?」というメンタルを作ることで、相手の嫉妬心の手が届かない状態にすることも可能ですよ♪

 

まとめ
  • パワハラ上司はパワハラ被害者
    • パワハラされた可哀想な人
  • 居場所・立場が不安定な恐怖
  • 自信がない劣等感の塊
  • 嫉妬心・嫉みが強い
適職診断のおすすめ3選(リンク先にて適職診断情報を解説中)

自分の強みを知ることで、快適&幸福な仕事人生に近づける♪

パワハラ上司の末路体験談

目次

 

諒

では次に、パワハラ上司の末路体験談についてご紹介していきます。

 

仕事能力の低さが露呈した男上司

目次 1

 

パワハラ上司を追い込んだ成功体験として、仕事能力の低さが露呈した男上司の記憶があります。

 

具体的には「誰もが知るビジネス雑誌企業の営業」に転職して出会った「無能部長」の話です。

 

元々「総務畑から勤続10数年後に営業転換した人」だったのですが、営業ほぼ未経験の僕に毎日パワハラ三昧でしたから…。

 

パワハラ上司に叱責され続けた半年間

管理職会議では上役から色々叱責されていた為、いつも俺の仕事能力の低さを叱責してストレス発散していた

俺がテレアポ慣れできずに戸惑っていると、辺り構わず怒号で叱責してきた(席が俺を見える近くだったため)

 

このようなことが重なり、周りの課長部長に心配されるほどで、他の課長部長と飯に行った折に「パワハラ無能部長の酷さ」を密告していたのです。

 

同僚

大島君、だいぶ●●部長にきつく当たられてるけど大丈夫?

諒

正直メンタルはぐちゃぐちゃです…。マジできついですよ…。

 

結局、僕はその会社を半年で辞めることになったのですが、転機になったのは「パワハラ上司へも僕の仕事が割り振られた後」でした。

 

なぜなら「仕事能力が部長に相応しくない」と露見したので、僕の密告と相まって「こいつはこのまま同じ部長ポジションに置いておくのはマズい」と、社内に表面化したのです。

 

結果的に、僕の半年退職と時期を同じく「事実上の左遷で、他の組織へ降格及び異動」を命じられていました。

 

あの時は本当に「他の部長や課長に本音を吐露しておいて良かったな…」「自分が我慢すればOKと勘違いしなくて良かったな…。」という成功体験になりましたから♪

 

管理能力問題で降格した女上司

目次 2

 

管理能力問題で降格した女上司の記憶も強いです。

 

そこは営業職からWEBライター職に未経験転職して入った会社だったのですが、パワハラが酷い女上司の部下に配属されたのです。

 

そして、具体的には以下のようなパワハラが俺に対して行われました。

 

パワハラ上司に叱責され続けた半年間

仕事能力にムラがあるからと、派遣の更新期間を「3ヶ月→2ヶ月→1ヶ月」と短縮して脅す

派遣社員として入社した僕にも“インセンティブ払うので貢献してください”という始末

 

このように「徹底的に叱責・脅せば部下はやる気が出る」と勘違いしていた女上司だったので、その都度ケンカになっていました。

 

しかし、そのような「部下を蹴落とせば成果が上がる」と勘違いしていたアホだったので、辞めることが決まった後に「会社の相談窓口」にパワハラ実態を密告しておいたのです。

 

結果的に僕は辞めることになりましたが、そのパワハラクズ女上司は降格になっていたので「俺の気持ちの落とし前をつける」ことに成功できたわけですね♪

 

女上司

お世話になりました…。

諒

こちらこそお世話になりました♪(ふっ!降格処分になって良い気味だぜ)

 

※とはいえ思い返せば、そもそも「ブラック企業として有名な会社のグループ企業」だったので「徹底した実力主義」が強烈な社風でしたからね…。

 

だから「あんなクソみたいな会社で一生生きようとしがみ付いている彼女」が、今ではある意味哀れで可哀想とも思えてきます(笑)

 

一矢報いた後の好引き寄せ

目次 3

 

ちなみに、どちらのケースも僕は退職していますが、一矢報いた後の好引き寄せがあったので、後悔はありません。

 

具体的には、パワハラ上司に一矢報いた後「ステキと思える上司と巡り合う引き寄せ」を得たからです。

 

ステキと思える上司と巡り合う引き寄せ

営業職で一矢報いた後=次のIT企業営業職でも半年無能女上司に苦しんだが、その後尊敬できる男性課長の下に異動でき、一流の営業作法を学ばせて戴けた

WEBライターで一矢報いた後=「大島くんの好きにして」という基本スタンスで、放置ではなく「信頼」をベースに、ほぼ叱責されずに好きなように仕事させてもらえた

 

そのため「絶対あなたもそうなる」とは断言できませんが、僕は「一矢報いた上に、転職先でより働きやすい現実(報償)を得た」とお伝えしておきます。

 

まとめ
  • パワハラ上司を追い込んだ体験談=仕事能力の低さが露呈した男上司
  • パワハラ上司を追い込んだ体験談=管理能力問題で降格した女上司
リクナビネクスト無料登録メリット(リンク先にてリクナビNEXT情報を解説中)

退職・転職を思い立ってから急いで準備を始める前に、逃げ先情報を増やして安心をストックできる♪

パワハラ上司の末路@仕返し選択肢

目次

 

諒

では次に、パワハラ上司の末路@仕返し選択肢についてご紹介していきます。

 

仲間を集めて社内評価を下げる

目次 1

 

一番現実的にやりやすい方法は、仲間を集めて社内評価を下げるという追い込み方です。

 

そもそも、パワハラをあなた以外が受けている可能性もありますし、その状況を良くないと思っている人も潜在的にいたりします。

 

実際、先ほど僕の体験談でもお伝えしたように「大島に当たりすぎている」「仕事の成果も芳しくない」という理由で、異動させられたクソ上司もいましたから♪

 

 

しかも、社内の評判が悪いというのは、居心地の悪さや仕事の流れに支障が出るなど、パワハラ上司にとってもマイナス要素を増やせる仕返し方法と言えます。

 

諒

●●課長って、本当に仕事ができないのに、部下にきつく当たりすぎだよな?

同僚

そうそう…。俺たちがフォローしてやってるのが全然分かってないし!

同僚 女性

意図的に●●部長の耳に入るように、今度の飲み会で●●課長がいない時に、近くでこの話しようね♪

 

このように「身内を徐々に仲間に引き入れて、印象操作をしていく」というのは、戦争などの情報工作でも使われる常套手段ですよ♪

 

※ただし、印象操作というより「パワハラ上司という隠された悪行を表に出すだけ」なので、正義の鉄槌ですけどね(笑)

 

立場が上の人に成敗してもらう

目次 2

 

立場が上の人に成敗してもらうという方法もあります。

 

会社内であれば「上の責任者」「人事・総務」「大組織であれば社内相談サービス」など、ルートは色々あります。

 

実際、部下への恫喝のようなメールを送っていた上司に対して、メール内容を社内相談サービスに告発した結果「自身の異動+パワハラ上司の降格」を達成していた人もいました。

 

このように「自分では仕返しできなくても、十分な証拠やパワハラ事実があれば、立場が上の人や組織の力を借りる事ができる」わけですね♪

 

弁護士・労基署など外部圧力を使う

目次 3

 

サービス超過残業強制など、会社の信用に関わる問題でパワハラされているのであれば、弁護士・労基署など外部圧力を使うという方法もあります。

 

ただし、弁護士の場合は裁判所通いや費用がかかるデメリットがあったり、労基署も転職斡旋のような形に落ち着く可能性があります。

 

そのため、お金や時間に余裕がある場合や、会社の失墜事態を招くような高リスクを覚悟できる場合でなければ、他の追い込み方のほうが良いでしょう。

 

パワハラや不正告発で退職成敗

目次 4

 

パワハラや不正告発で退職成敗という方法もあります。

 

実際、TVドラマでも「自分が退職を決めて覚悟を決めた結果、上司の不正証拠などを匿名で週刊誌に告発する」などのやり方も、現実的にはあります。

 

もちろん、週刊誌レベルは「大企業の不正・汚職などの大問題」でないと相手にされませんが、先程のように「パワハラ上司の上の立場へ申告する」のは十分現実的です。

 

そのため、不正やパワハラ証拠を押さえて仕返しするというのは、選択肢の一つとして捉えることはできますよ♪

 

まとめ
  • 仲間を集めて社内評価を下げる
  • 立場が上の人に成敗してもらう
  • 弁護士・労基署など外部圧力を使う
  • パワハラや不正告発で退職成敗

パワハラ上司の末路@回避選択肢

目次

 

諒

では次に、パワハラ上司の末路@回避選択肢についてご紹介していきます。

 

あまりにストレスが強い状況が続くのであれば、異動・休職・適職への転職などを考えるのもアリですよ♪

信頼できる相談先に申告

目次 1

 

今の仕事を続けていくことに不安や強いストレスを感じているのなら、信頼できる相談先に申告がベターです。

 

信頼できる相談先

会社の相談窓口に内部通報

人事の責任者に訴える

上司を頼る

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

人事担当者や上司であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

異動願いを試みる

目次 2

 

理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には先ほどと同じく「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

そのためネガティブな話だけではなく、「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

諒

前線の営業で活躍するよりも、フォロー側の制作業務のほうが自分を活かせると思います!

上司

そうか…。じゃあ検討してみるか♪

 

休職相談・精神科相談

目次 4

 

所属部署を変えるだけでは改善できず、一定期間の休養が欲しいのであれば、休職相談・精神科相談するのもアリです。

 

正社員であれば「数十年雇用関係を維持する責任」を会社が持っているので、最低限の給与保障or復職確約で休ませてくれるケースもあります。

 

じっさい車メーカーに勤めている僕の知り合いにも、このケースで復職した人がいます。

 

具体的には、メンタルがどうしても病んだ時に休職願いを出し、その間に海外放浪して精神面を鍛え、その後復職を迎えたという荒療治でしたが…。

 

他にも、精神科に相談することで「メンタル的な不調によって数週間〜数ヶ月休みをもらう」ケースもあるので、社内で事例がないか?可能性を探るのもアリです。

 

ただし「同じ部署に復職する場合、腫れ物扱いされて肩身の狭い思いをする」というケースもあるので、ある程度退職の覚悟も持っておいた方が良いでしょう。

 

退職代行に依頼

目次 5

 

ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

 

そもそも、僕自身の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要です。

 

例えば、僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

 

※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

 

しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

 

そのため、これ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

 

そもそも僕自身何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

 

そのため「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

 

転職準備を始める

目次 10

 

転職準備を始めるのも非常におすすめです。

 

なぜなら、自分の強みを活かせたり、自分に適した環境にシフトできれば、快適・幸福度がだいぶ上がるからです♪

 

例えば、同じ学校に通っていても「数学が好き」「理科が得意」「国語なら任せて♪」「日本史なら自信がある」など、好きor得意な傾向は異なるわけです。

 

仕事もこれと同じで「自分が好きor得意な業種・職種・会社」にマッチしているほど、ストレス少なく現場に向き合えるわけです。

 

実際僕は、文系大学・経営学部卒にも関わらず、IT系通信営業のセールスエンジニアとして働いていた時は、毎日が地獄のような苦痛でした。

 

なぜなら「配線図やルート設計図の制作」「通信料配分の計算」など、自分が嫌い&苦手で拒否したはずの「数学&理系的業務」ばかりだったからです。

 

諒

毎日夜遅くまで働いているのに、半人前レベルから抜けられない…。

 

しかし、本来自分の適正に合っていたWEBライターに転職してからは、通信営業時代のストレスが嘘のように快適な仕事人生を確立できたのです♪

 

諒

あ〜♪仕事って楽しいぜ♪

 

このように「自分の長所・強み」を見つめ直すのも大切ですし、今の辛い環境から脱出するために、転職サイトで情報収集を始めるのもおすすめですよ♪

 

まとめ
  • 信頼できる相談先に申告
  • 異動願いを試みる
  • 休職相談・精神科相談
    • 退職代行に依頼
    • 転職準備を始める

 

また、リクナビネクストでは「適職診断を無料で受けられる」「転職先情報収集を行える」メリットもある為、今スグ登録しておくのがおすすめですよ♪

 

諒

ストレスが限界に達する前に、脱出準備は早めに始めたほうが、後々ラクになりますよ♪

 

生涯安定の経済基盤を獲得するコツ

目次

 

諒

では次に、生涯安定の経済基盤を獲得するコツについてご紹介してきます。

 

現状維持は将来10%以上不幸

目次 1

 

まず大切なお知らせからお伝えすると、現状維持は将来10%以上不幸になると断言できます!

 

もっと言うと「将来不安な会社」「今後も成長見込みのない会社」で働いており「稼げる資格や副業スキルも勉強していない」人は、沈没間際の船に乗っているに等しいのです!

 

そしてこれは「過去20年間の日本の年収推移」を理解すると、その現実が見えてきます。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、先進国は20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下」しており、このままだと日本はさらに10%以上収入低下が想定されるわけです。

 

今後も成長見込みのない会社で働いており、稼げる資格や副業スキルも勉強していない人の悲惨な20年後

現在20歳年上の先輩が得ている年収から10%以上減(50歳前に年収500万円なら、年収450万円以下)

年収は現在20歳年上の先輩と同じでも、サービス残業が10%増(平均40時間なら、毎月44時間)

人件費圧縮により社内の非正規雇用UP、リストラや早期退職勧告UPで居場所が減っていく

 

このような現実な上に「老後2000万円問題」「借金返済の増税」などの懸念材料もある中、今の延長線上で生きるあなたの選択肢は「ガマンして節約して耐える」のみです。

 

※しかも「僕の祖父母は年金生活でも子孫に還元」してくれましたが「両親は退職金と年金で手一杯」なので、僕たち世代は自分で切り拓くしかありません

 

このように、様々な右肩下がりの可能性がありますが、何も行動しない場合あなたの未来は「悪化」しかありません。

 

転職は勇気が必要ですし、新天地に慣れるのは努力が必要ですが、苦痛な現実が増えると分かっているのに今の場所に固執してガマンし続けるよりは、将来的に楽ですよ♪

 

「国のせいだ!親のせいだ!会社のせいだ!」と思って責めていても、このままでは私達の現実が悪化していく事実は変わらないので、具体的な改善策を練って行動しましょう♪

 

今後の安定経済基盤は3つ

目次 2

 

以上の厳しい現実を踏まえた上で、10社転職経験&1000件以上の求人を書いてきた転職WEBライターとして立場から言わせてもらうと、おすすめできる今後の安定経済基盤は3つと断言できます!

 

今後も安定の経済基盤3パターン

1.今後も安泰の業界・会社で働く

2.今後も働き続けたい会社で働く

3.会社や社会情勢に関係なく生きれるように、副業スキルを育む

 

ハッキリ断言させてもらうと、今後も安心して生きていく道はこの3パターンがベストです!

 

そのため、あなたの現実ルートがこれに入れていない場合は、転職情報収集や副業について学び始めたほうが良いのです!

 

今後も安泰の業界・会社で働く

目次 3

 

まず1番目の、今後も安泰の業界・会社で働くパターンとは、言ってしまえば「大型客船に乗ろう」ということです。

 

大型客船

 

そして、具体的な安泰の業界・会社とは「準国営企業(JAL/NTT)」「ライフライン系企業(ガス/電力/水道)」「市場が安泰な会社や、特別な特許技術を持っている会社」などです。

 

まず、準国営企業は「国の威信そのもので根幹」なので、リストラなどはありますが、倒産させないように国費投入などの可能性もあり、存続率は一般企業より高いです。

 

※例え大企業でも「シャープの鴻海(ホンハイ)買収」「ブリヂストンの8000人規模の人員を含む中国企業への売却」など、外資の危機やリストラの危機に晒されるリスクがあります

 

 

そしてライフライン系企業も、人間が生活している限り必須の分野なので、これらが0になることは、人間が肉体を捨てない限りあり得ません。

 

もちろん、そのような企業は「●●電力」「●●ガス」などの大会社もありますし、電気関連商品を扱う会社など、安泰企業もたくさんあります。

 

ただし、問題なのは「これらの企業は、現時点において“高学歴エリート”が新卒入社して活躍している狭き門の世界」ということです。

 

ぶっちゃけて言うと、僕はこの中で「新橋にあるNTTグループの本社で営業マンとして働いていた経験」があるのですが、そこでは「3ヶ月契約更新のある契約社員」でした。

 

そして、2年ほどで会社を辞める時には、正社員の同僚から「僕はしがみ付いてでも働き続けるよ…。羨ましいなぁ…」と言われた位なので、辞めないメリットのほうが大きいわけです。

 

このような「高学歴エリートが新卒で入る会社」は、中途で転職しようとする場合、よほど前職で有能な実績を持っていない限り、ほぼムリと言えるのです。

 

実態は「正社員登用をチラつかせながら、働かない正社員に変わって、クビリスクがある契約社員を働かせていた状況」だったので、クソだなと思って辞めましたから…。

 

そのため、あなたが僕のように「高学歴エリートの会社に正社員として入社ができない」のであれば、このパターンはほぼムリと言えます。

 

今後も働き続けたい会社

目次 4

 

会社の大きさや勤務継続メリットに関係なく、今後も働き続けたい会社で働くという選択肢もおすすめです。

 

なぜなら「会社が潰れない限り、一緒に成長・繁栄していく覚悟ができている」からです。

 

「会社の創業者に惚れている」「居心地が良くて、今後も一緒に働きたい」「特に不満がない」など、人によって今の会社を辞めるつもりがない理由は沢山あります。

 

しかし、このサイトを訪れているあなたは「今の会社や生き方に疑問を感じている」わけですから、このように「働き続けたいと自信を持って言える会社」を探し始める必要性が高いのではないでしょうか?

 

だからこそ、転職サイトに登録して「自分が働き続けたい会社・生き方を引き寄せ始める」ことが必要と言えるでしょう!

 

副業スキルを育む

目次 5

 

僕が転職以外に取った選択肢ですが、副業スキルを育むというのも非常におすすめです。

 

そして、この副業スキルを育むというのは「自分の船を自分の手で作りor買い、大きくしていく」ようなものです。

 

ヨット

 

例えばスキル売買サイトでは、以下のような能力を持っている人には、給料以外で収入を得るチャンスがあります。

 

給料以外で収入を得るチャンス

  • イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで
  • デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで
  • 動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで
  • 音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
  • 文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成
  • IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

 

挙げればキリありませんが、このように「趣味?のようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです(雑貨販売やネットショップ開設もアリ)

 

 

そして実際に僕の知人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)
  • プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)
  • 飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者

 

もちろん「絶対起業成功!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源」を持てる人間になると、それだけでかなりメンタルが安定しますよ♪

 

ちなみに副業経験を積むには、以下のパターンがおすすめです。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 転職先自体でレベルUP=自分がワクワクした気持ちで働ける仕事で副業スキルUP(僕がWEBライターとして文章スキルを磨いたやり方)
  • 残業少なめの会社で副業開始=時間確保して副業に挑戦時間を作って、知識と経験を積む
  • 副業OKの会社で副業開始=堂々と副業できる為、転職後に自分の好きor得意なことを始めてみる(リクナビネクストでは400件以上が副業OK)

 

副業OK

 

このようなやり方がありますし、年収20万円以上稼がなければ、副業事実は会社側にバレませんし、適切に対処すれば、転職しなくても副業収入を得ることは可能です♪

 

※なお、以下の記事では「副業禁止企業で副業収入を得るためのコツ」を解説しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

また、以下の記事では「副業ブログの始め方」を以下の記事にて紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

転職準備最大のメリット

目次 6

 

そして、転職準備最大のメリットは「苦痛を感じる会社・上司・生き方から距離を置ける&転職すれば永遠に縁切りできる」点にあります。

 

そもそも「副業スキルを育む」と決意しても、毎日長時間残業だったりストレスフルな状況で生きていると、心身が安定しません。

 

しかし、転職サイトに登録して情報収集を行い、来るべき日に転職した結果、ワークライフバランスが劇的に改善できた例は沢山あります。

 

ワークライフバランスが劇的に改善できた例

  • 「体育会系の周りは敵という会社」から転職して「周りと協力・強調して仲間として働く会社」に転職してストレスが激減
  • 「会社の肩書は良いけど、毎日残業だらけのエンジニア」から転職して「基本的に定時帰り〜月平均20時間程度」でワークライフバランスが劇的に向上
  • 「社歴が長いだけで仕事をしない、老害がイッパイの会社」から「同年代が多い会社に転職」した結果、人間関係ストレスが激減

 

このように転職することで「イヤな現実を縁切りできる」ので、リクナビネクストに登録して情報収集を始めるだけでも、徐々に不快な現実縁切りをスタートできるのです♪

 

 

逆に現代日本では「我慢さえしてればOK」と甘んじて現実を何も変えず、取り返しのつかないレベルで行き場がなくなり、路頭に迷ってしまうリスクがあります!

 

今の会社から放り出されて路頭に迷う将来例

突然のリストラに会い、何も誇れるスキルがなくて転職先が見つからず、路頭に迷う

 

このような絶望的な未来を避ける為にも、今のうちからリクナビネクストに登録して「イヤな会社や人間関係からの縁切り」を始めるべきです!

 

 

1年後〜数年後に「なんであの時チャレンジしなかったんだ?」と後悔する情けない人生が良いですか?

 

それよりも「あの時、現実のルートを少しずつ変え始めてくれて、本当にありがとう俺or私」と自分を誇れる人生が良いですよね♪

 

学生時代は進路を親や周りが決めてくれたかもしれませんが、社会人時代は「どんな人生を生きるのも自己責任」です。

 

もちろん、会社内評価や指導は上司や会社がしてくれますが「あなたの人生の責任」は、あなたしか取れないのです!!

 

そのため「現在の延長線上は、後悔・不安・絶望が増え続ける」のであれば、今すぐリクナビNEXTに登録して「今のクソッタレな現実を拒絶する行動」を起こすべきです!

 

良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?

 

\転職参考記事!/

 

まとめ

 

諒

以上がパワハラ上司の末路や弱点11選!管理能力のない無能な上司の行く末や縁切り左遷するコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪