高卒就職 やめとけ

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「高卒は生きていけない?人生終わりENDを改善するコツを知りたい!」

相談女性1

「中学or高校卒業/大学中退/大卒資格取得後」に新卒就職したけど、将来が不安…。

相談男性2

「学歴や実績がない人間」が、スキルやキャリアを獲得するには?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

高卒は生きていけない【理由】

高卒 生きていけない 人生終わり 理由

 

諒

ではまずはじめに、高卒は生きていけない【理由】についてご紹介していきます。

 

大卒より求人選択肢が狭い

 

転職サイトWEBライターの立場から言わせてもらうと、大卒より求人選択肢が狭いのがネガティブポイントです。

 

実際、転職サイトの紹介求人は「大卒以上基準」が多い為、選択肢は大卒より数割減ります。

 

しかも「学歴不問などは、強メンタル・強体力が求められる求人」が増える為、離職率が高いケースも多いです。

 

学歴による扱いの差

  • 大卒=ひとまず「大卒以上」の全ての求人に応募できる
  • 高卒=「高卒以上」の求人にしか応募できない為、応募に制限がある
  • 中卒=「学歴不問」のみしか応募できない為、新規開拓・肉体労働など「精神or肉体に自信がある求人」しかないケースが多い

 

正直言って、このような現実があると言わざるを得ません。

 

高卒 生きていけない カイジ

出典:カイジ

 

しかし、逆に言えば「学歴不問の土建屋にて、20代半ばで年収1,000万超え」「新規開拓営業で記録を打ち立て、社内No.1の中卒」という圧倒的な人も数多くいます。

 

同僚

俺は大卒じゃないけど、30代前半で年収1,000万達成したよ?

諒

マジかよ?すげ〜な♪

 

その為「学閥・学歴重視企業入社」でない限り、社会人にとって「学歴はあくまで入社時の指標」でしかない為、その後の頑張り次第で、シッカリ上に登って行けますよ♪

 

大卒より生涯年収が3割少ない

 

大卒より生涯年収が3割少ないというネガティブポイントもあります。

 

中卒・高卒・大卒の生涯年収

高卒 生きていけない 人生終わり 生涯年収

出典:年収ラボ

※カッコ内は転職無しで勤め切れた場合の値

 

このように、大卒より数千万単位で年収が少ない為「学歴社会が強い会社・業種・職種で働き続ける」場合、大卒より厳しい現実が待っているのです…。

 

社会的な信用が低い

 

社会的な信用が低いというデメリットもあります。

 

具体的には、低収入の場合「住宅ローン拒否」「クレジットカード審査NG」などがあります。

 

恋人・結婚の敷居が高い

 

恋人・結婚の敷居が高いというデメリットもあります。

 

あくまで「恋人を作るか?結婚するか?」は選べるのが現代ですが、低学歴で薄給だと「相手の親に拒絶される可能性」が非常に高いです。

 

 

とはいえ学歴・経済状況に関係なく、世の中には「田舎暮らしで、都会と異なる人生を楽しむ家族」がいるのも事実です。

 

その為「自分にとって何が一番大切にしたいか?」という基準に沿って生きれば、肩書きではない「真の幸福」を生き続けられますよ♪

 

高卒は生きていけない【将来理由】

高卒 生きていけない 人生終わり 将来理由

 

諒

では次に、高卒は生きていけない【将来理由】についてご紹介していきます。

 

大卒よりクビになりやすい

 

大卒よりクビになりやすいのが、一番のデメリットです。

 

とくに、現代日本では「院卒・大卒>高卒>中卒」という構図がある為、不景気ほど影響を強く受けやすいです。

 

その為「雇用維持優先度が低い」という意味では、非常に厳しいと言えるのです。

 

外国人労働者が求人を喰う

 

外国人労働者が求人を喰うというネガティブポイントもあります。

 

低学歴求人は「知的熟練をあまり求められない仕事」が多いのですが、言い換えればそこは「外国人労働者でも対応しやすいジャンル」なのです。

 

 

つまり「国外の人件費が安い所に頼めるケースが多い」為、秘密契約保持を行えば「日本人雇用維持の必要がない」のです。

 

その為「日本人に1人当たり年300万払う」より「発展途上国で1人当たり年30万払う」方が、コストが1/10分で済むわけですね…。

 

 

実際、僕の親戚のおじさんは、某自動車会社の幹部として「マレーシアの現地工場責任者に数年赴任」していました。

 

そして、そこでは「現地雇用で従業員採用」していた為「これ以上国内に増雇用増はない」とも感じた次第です(日本が途上国より賃金が安くなれば再逆転しますが、それは日本貧乏化の証とも言えます)

 

このように、単純労働ほど「人件費が安い方に流れる」ので、代替しやすい仕事で働き続けるのはリスクが高いわけです。

 

機械化が求人を喰う

 

機械化が求人を喰うという、ネガティブポイントもあります。

 

そもそも、単純業務は「機械化・自動化」しやすい為「機械を上回る高度な人財」にならない限り、機械に変わられる可能性が非常に高いです。

 

高卒 生きていけない ワンパンマン ジェノス 焼却

出典:ワンパンマン

 

しかもヒューマンエラーがない分、同作業は機械のほうが優秀なため、機械導入の方がコストを減らせるケースも多いわけです。

 

上司

●●サン、コンゴハ「AI」ガ、シゴトヲヒキツギマス。

同僚 女性

分かりました…。

 

必然的に「取って変わられるようなレベルの業務」を続けていくと、将来機械に未来を潰されてしまうリスクもあるのです!

 

大卒よりキャリアUPしにくい

 

大卒よりキャリアUPしにくいというデメリットもあります。

 

「大卒・院卒>高卒>中卒」で扱いが分かれるのは、同時に「昇給・昇進が大卒より難しい」というデメリットにもなるわけです。

 

 

もちろん、僕のように副業を学び始めて「物書きとしてのスキル」を高めるなど、自分で稼ぐ力を伸ばしていくというルートもあります。

 

しかし「低学歴+努力しない人生」ではキャリアUP出来ない為、自分なりの「これなら誇れる♪」という分野を育むのがおすすめですよ♪

 

失業後のリスクが高い

 

失業後のリスクが高いというデメリットもあります。

 

具体的には「学歴で拒否される」「キャリアが大卒より劣り、選択肢が狭い」などのリスクがあります。

 

 

とは言え、「良い会社で正社員→結婚&出産→35年ローンで家を建てる→65歳で定年退職する“昭和時代のルート”」は、もはや大卒でも一部しか歩めません。

 

その為、現代社会人は「若い内に視野を広げる」「自分なりのキャリアUPルートを見出す」必要があるのです!

 

高卒は生きていけない【改善例】

高卒 生きていけない 人生終わり 改善例

 

諒

では次に、高卒は生きていけない【改善例】についてご紹介していきます。

 

今の会社で勝ち組になる

 

今の会社で勝ち組になるという方法が、選択肢として一番おすすめです。

 

なぜなら「実績評価」が高くなれば、将来昇進・昇給の道もあるからです。

 

 

例えば、仮に転職しても「古臭い学歴主義の会社」に入ってしまうと「どんな学歴か?」が一生つきまとい、ハッキリ言ってメンドくさいです…。

 

しかし「既に雇用された会社」であれば、少なくとも一定の評価は得ていける為、キャリアUP自体は可能なわけです。

 

その為「今いるorこれから働く会社の仕事を、勝ち組にしていくには?」という考え方もアリですよ♪(副業などを+αで持つのもおすすめです)

 

管理職にステップアップ

 

管理職にステップアップするのもおすすめです。

 

マネジメントは「どんな会社でも必要とされるスキル」の為、職務経歴上も「大きなプラス要素」にできます。

 

その為「人を動かす&管理するマネジメント経験」を積めるのであれば、その会社でステージUPしていくのもアリでしょう♪

 

試験合格して公務員

 

「現在の年齢なら受験資格がある」「経験者採用枠に入れるようなスキルがある」なら、試験合格して公務員になるのもアリです。

 

現状の日本で数少ない「終身雇用の環境」ですし「景気に左右されない安定した経済的基盤の代表例」とも言えます。

 

 

ただし「公務員受験経験者」として言わせて貰うと、ぶっちゃけ「有名大学入学レベル(偏差値60以上)の難易度=大学受験より難しい」です。

 

諒

数理・経済・社会学・民放・憲法・行政法…。勉強すること多すぎ…。

 

もちろん、入庁地域によって難易度は変わりますが、いずれにしても「学生時代以上の受験勉強をクリア」しなければ、公務員採用はかなり厳しいです!

 

料理人/伝統工芸/大工など職人系

 

料理人/伝統工芸/大工など職人系などで技術を磨くのもアリです。

 

職人の世界は、極めていけば「匠」を目指せる為、そこまでレベルUPする選択肢もあります。

 

ただし「その仕事が数十年後も、需要が必ずあるとは限らない」為「他の人や機械に替えがきかない分野」に精通しておいた方が良いとも言えます。

 

肉体を使う運送・土木系

 

体力に自信があるなら、肉体を使う運送・土木系という選択肢もあります。

 

実際、僕の知り合いには「高卒入社で運送会社に10年ほど勤務した後、個人事業主化した結果、年収1,000万円超えを達成した男性(30代前半)」もいました。

 

カイジ 億万長者

出典:カイジ

 

彼は「荷物1個で報酬が入る歩合給」で稼いでおり、会社員時代に「運送速度・能力」を高めていた為、他の個人事業主より3倍近く稼いでいるそうです。

 

※さらに「メルカリ利用者増」「在宅による通販利用者増」のトレンドに乗り、運送・個人事業は右肩上がりと言っていました

 

もちろん「生涯同じ仕事が出来るか?」は不安ですが、若い内からしっかり稼ぎ、余裕のある貯金を投資に回すなどの選択肢は、大変おすすめですよ♪

 

実績比例型の営業職

 

実績比例型の営業職も選択肢としてあります。

 

シンプルに言えば「度胸のある人が稼げる世界」の為、学歴不問の会社で年収1000万円を超えている高卒プレイヤーもたくさんいます。

 

その為「中途半端なぬるま湯に浸からない事をチャンスに置き換えて、実績重視の営業で成果を出す」のもアリですよ♪

 

WEB系内勤職+副業

 

個人的に、在宅勤務やリモートワークが実現可能なWEB系内勤職+副業がおすすめです。

 

WEB系内勤職

  • WEBライター・WEBディレクター
  • WEBデザイナー
  • WEBマーケター・WEBコンサルタント
  • プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学&未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていた為、とても働きやすくなりました♪

 

しかも、強みとして「自分でHPを育てるスキルを蓄えられる」為、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

その上、HPを持てば「自分が伝えたいことを発信する力」「お金を稼ぐ力」も高めていける為、選択肢として非常におすすめです♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語記述で、理系的業務

 

 

なお、僕はいきなり未経験転職したわけではなく、2年ほどブログ副業を実践していた結果、そのブログを成果物(ポートフォリオ)として転職することに成功しました。

 

その為、できれば職種転換する前に「スクールに通ってある程度基礎を固める」「独学で実力を育む」という期間が必要と言えます。

 

そして、以下のリンク先では、「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

アフィリエイトブログの始め方

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ

 

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。

具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

カイジ 覚悟出典:カイジ



このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。

しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!


そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

カイジ 無気力出典:カイジ



それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪


転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちらが一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
「短期離職で誇れるキャリアがない…」「就活失敗したから、職種転換を含めて未経験OK企業に転職したい」なら、Re就活がおすすめです。

Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験からの職種転換OK企業多数」「転職博でイベント参加できる」など「20代の就活やり直しを徹底サポート」してくれるサイト。

登録するだけなら「スカウトなどは来ても、エージェントからの連絡なし」「情報収集のみに使える」為、キャリアのやり直しを考えるなら、登録必須のサイトと言えますよ♪

Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
「適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 俺が王様だ

出典:テニスの王子様