it業界 営業 やめとけ

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「IT業界営業はきついからやめとけ?楽しいリアルに改善するコツを知りたい!」

相談女性3

「性格・強み」を活かす適職診断のおすすめは?質問回答後に働き方提案してくれる「無料情報」を知りたい!

相談男性3

「転職サイト登録」「転職エージェント」のどちらを利用するのが良い?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「IT業界営業はやめとけと言われた人間」の為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「IT業界営業はやめとけという理由&改善策」を具体的に紹介します♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

IT業界営業はやめとけ【きつい例】

it業界 営業 やめとけ きつい例

 

諒

ではまずはじめに、IT業界営業はやめとけ【きつい例】についてご紹介していきます。

 

競争相手との見積り競争

 

競争相手との見積り競争になりやすい原因もあります。

 

独自サービスなら差別化しやすいですが、僕がいた業界のように「大手三社が独占してるスマホサービス」は、どうしても見積もり競争になりがちでした。

 

 

比較対象も「月額料金」「パケット通信量上限」など、それほど差別化できるものも無かった為、いつも見積もり競争に流れ込む事が多かったです。

 

女上司

御社より、A社の方が月額100円安い為、1,000個だと10万円差です。何とかなりませんか?

諒

(また来たよ…。いつもの値引き戦争…。)

無形商品で現物がない

 

無形商品で現物がないのもきつい原因です。

 

車や家電など「手に取って触れるものは五感に訴えられる」ので説得力がありますが、IT商品は形がないので「資料やデータ」でしか紹介できません。

 

IT業界 営業 やめとけ テニスの王子様 消えるよ

出典:テニスの王子様

 

もちろん「HPやシステム」を見せたり、通信であれば「スマホなどで実際の商品を見せながら伝える」ことが出来るケースもあります。

 

しかし、それでも商品を実際に見せられないケースも多い為、その場合は顧客への説得力が心細いと言えるのです。

 

諒

このように、画期的なシステムで業務効率を改善できるようになっております♪●●ちゃん資料をお渡しして♪

同僚 女性

はい。

上司

形のないものに、何百万も払う余裕はウチにはないなぁ…。申し訳ないけど不採用で。

諒

(頭の中まで古臭いジジイが!じゃぁ検討で呼び出さず、事前に決めとけってんだ!)

新商品・サービスの変化が激しい

 

新商品・サービスの変化が激しいのも、きつい原因です。

 

そもそも、IT業界は「ドッグイヤー(犬の寿命は人間の1/7であり、“IT業界は他業界の7倍の速さ”で進化する)」と言われています。

 

その為、ドンドン新商品やサービスが出てくるので、それを覚えるのも一苦労です。

 

上司

俺たちの時代は、ITなんて物はなくて、せいぜいFAX位だったよ。

諒

もうFAXは博物館に飾られる時代ですよ?まだ扱ってる会社も多いですが、世界的にはオワコンです。

 

若い時は物覚えも良いので問題ないかもしれませんが、年齢を重ねると「新商品に付いて行き続けるのはキツい」です。

 

※ちなみに、僕のいた会社では「年齢を重ねるほど、固定回線などの変化が少ない商材部隊」に行くなど、それなりの対処が行われていました。

 

奥深い基礎知識の勉強が必要

 

奥深い基礎知識の勉強が必要なのもきつい原因です。

 

とくに「ITはプログラミング言語などの専門知識」「通信系も専門用語のオンパレード」の為、とにかく覚える分野が奥深いです。

 

その為、電話対応ケースでも「顧客によって知識レベルが異なる」為、その対応が大変でしたから…。

 

ITに強い顧客だと知識が大変

 

ITに強い顧客だと知識が大変というきつさもあります。

 

なぜなら「情報システム部」「エンジニア」とのコミュニケーションが発生した場合、かなり奥深くまで突っ込まれる為、手に負えない時があるからです。

 

もちろん、こちらも「専門のエンジニア」などと相談できれば良いのですが、それが出来なかった場合はかなり地獄です。

 

ITに疎い顧客だと説明が大変

 

ITに疎い顧客だと説明が大変というきつさもあります。

 

「古い会社」「情報システム部がない会社」だと、IT知識に疎い為、初心者レベルから説明しなければならなくなります。

 

上司

スマホ連携だ、アプリだと言われても、ウチは黒電話レベルしか理解してないからなぁ…。

諒

(こりゃぁ、いくら話をしても無駄だろうな…。)

 

「ITに強い会社」「情報システム部がある会社」は、そこが社内説明を巻き取ってくれたりしますが、そうでない場合は説明に手間がかかるのです…。

 

IT業界営業はやめとけ【将来きつい例】

it業界 営業 やめとけ 将来きつい例

 

諒

では次に、IT業界営業はやめとけ【将来きつい例】についてご紹介していきます。

 

AIの発達により営業市場縮小

 

AIの発達により営業市場縮小という可能性があります。

 

「インターネット広告の進化」「ビッグデータ及びAI技術の進化」によって「最適な営業タイミングや広告方法」が確立された場合、人を使って売り込む必要性が減るのです。

 

 

例えば現在、事務職の世界では「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」という「事務的単純作業の機械化」が進行しています。

 

要するに「事務・単純作業が機械に置き換えられている」為「単純作業レベルの事務職求人」がドンドン減る引き金になっています。

 

そして、これがより高度化すれば「単純な御用聞き営業」は必要性が無くなってくる為、求人も右肩下がりというわけです。

 

2045年のシンギュラリティ

 

そして、2045年のシンギュラリティが、最も重大な転換点です。(2030年代など、もっと速くなる可能性もあると言われています)

 

シンギュラリティ(技術的特異点)とは「人間の能力をAIが上回り始めるタイミング」と言われる現象です。

 

 

要するに、あと20数年で「人間よりAIに任せたほうが良い」という時代になるので、その時はAIに人間が完全敗北するのです。

 

IT業界 営業 やめとけ ワンパンマン ジェノス 焼却

出典:ワンパンマン

 

諒

AI課長!業務終わりました♪

上司

オマエハモウ必要ナイ…。来月カラコナクテヨイ…。

 

もちろん、これは機械に置き変わる仕事全般に言える事です。

 

その為「AIに奪われることがない、人間の個性が重要視される働き方」を確立しなければならないのです。

 

外資に市場を奪われる

 

外資に市場を奪われるのも、将来きつい可能性です。

 

もちろん「外資系IT営業マン」になれば良いのですが「本社が自国社員&自動化」した場合には話が変わります。

 

即時翻訳機能の成熟

 

外資系企業に市場を奪われる懸念として、即時翻訳機能の成熟が挙げられます。

 

現在でもリモートワークなどで「直接顔を合わせなくても、インターネットを介してやりとりできる時代」になってきました。

 

さらに、高精度な「即時翻訳機能」が発達して搭載されれば、本国営業マンが「全世界の会社と、言語の壁を超えてやりとり出来るようになる」わけです。

 

上司

%$#)&’)’%($&’)%

諒

それでしたら♪当社のサービスの方が、20%ほどお安く提供できるかと♪

上司

%#$’$%)(’0(’$&#!&$

 

必然的に「日本法人を設立して、現地社員を雇う必要がなくなる」という話になっても不思議は無い為「日本の雇用市場が低下する恐れ」があるのです!

 

IT業界営業はやめとけ【体験談】

IT業界営業はやめとけ 体験談

 

諒

では次に、IT業界営業はやめとけ【体験談】についてご紹介していきます。

 

仕事水準が低くて大否定された

 

準官公庁系の某大手通信企業で営業マンをしていた時代も、仕事水準が低くて大否定された経験があります。

 

そもそも、その会社は「早稲田・上智・慶應などの一流大学卒業生が、ほぼ終身雇用でじっくり学んで働く環境」だったので、既卒で入った僕には修羅場でした。

 

覚える必要があったジャンル

  • 新しく生まれてきたクラウドサービス(Office365/AWS)などの知識
  • インターネット固定回線(光回線/ADSLなど)の知識
  • モバイル回線(格安SIM/料金プラン)の知識 など

 

そのように膨大な知識が必要だったのです。

 

 

しかし、周りは「通信の知識を知っていて、しかも業務が出来て当たり前」という態度で迫ってきました。

 

と言っても僕は既卒の新人だった為、毎日深夜まで勉強しても能力が間に合っていませんでした。(会社の残業は月20時間程度だが、自宅学習の毎日)

 

 

そして、一生懸命勉強していたけれど、結局数ヶ月後に「言ってることが分からない」という顔をしてしまった時、女上司から強い非難とお叱りを受けたのです!

 

女上司

あなたにとって何が分からないか?それがもう私には分からないわ!!

諒

(怒!)

 

これを言われた時は流石に僕もイラッとして「こっちも一生懸命にやっとるんじゃ!」と思い、思わずトイレに駆け込み壁を飛び蹴りしてました。

 

※穴を開けてしまいましたが、そっと逃げました(翌日シールが貼ってあり直っていたので、良くあることなんだなと安心しました)

 

IT業界 営業 やめとけ HUNTER×HUNTER ゴンさん

出典:HUNTER×HUNTER

 

そもそも今振り返れば、僕にとってこの仕事は「苦手な数式・公式を用いた知識を覚える」という一番「自分に合っていない仕事環境」でした。

 

※数学は200点中0点を取るほど、僕は公式や理屈が苦手

 

さらに、万年目標未達という「無能女課長」の下という最悪の状況で働いていたので、ミスが多かった上メンタルも非常にやられたのです。

 

※ちなみにその後見かねた別の課長が僕を引っ張ってくださり、落ち着いて仕事できるようになったのは感謝しかありませんでした。

 

上司

大変やったな♪大島ちゃん♪

諒

助けていただき、ありがとうございます♪

 

そしてその後「WEBライターという物書き」に転職しましたが、こちらは一日中取り組んでいても苦痛なく仕事できる環境だったのです!♪

 

このように、働く環境によってキツさは変わると分かれば、あなたも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

 

入社2ヶ月で新規開拓営業退職

 

その後「出版社営業→通信系ルート営業」で働いた後、入社2ヶ月で新規開拓営業退職もあります。

 

具体的には、お金に困った為「入社がスグ決まると勧められて入った新規開拓営業の仕事」に就いたことがあるのですが、入社前の話と全然違い、2ヶ月で辞めました。

 

聞いた話と実態が全然違ったケース

  • 入社前の事前情報=既にNTT系列で固定通信回線をご利用いただいている企業向けのwi-fiルーター提案営業(既存顧客向けの新商品案内)
  • 入社後の実態=渋谷の飲食店を食べログからリストアップした情報で、ひたすらローラー作戦(金の●、漫画喫茶マンボ●など、明らかにwi-fi設置店などもお構いなしに強制飛び込み)

 

この組織は「東京オリンピックに向けてwi-fiルーターを売り込んでみる」という実験営業部隊だったので、実態が固まっておらずムチャクチャでした…。

 

IT業界営業はやめとけ【勤務利点】

it業界 営業 やめとけ 勤務利点

 

“諒”

では次に、IT業界営業はやめとけ【勤務利点】についてご紹介していきます。

 

IT業界は原則右肩上がり

 

まずお伝えしておきたい事実として、IT業界は原則右肩上がりという嬉しい現実があります。

 

例えば「ネット広告市場」に関して言うと、既に「TV・ラジオ・新聞・雑誌」より市場が大きくなったというデータがあります。

 

マスメディアの利益推移

■日本の総広告費推移

it業界 営業 やめとけ ネット広告費1

■マスコミ4媒体VSインターネット広告費の推移

it業界 営業 やめとけ ネット広告費2

■媒体別構成比

it業界 営業 やめとけ ネット広告費3

出典:電通報

 

このように、すでにIT業界の主戦場であるインターネット広告は「テレビ・新聞・雑誌・ラジオ」の合計より、広告利益が増えている業界なのです。

 

そして、今後もこの傾向は続くと予想できることからも「TV・新聞・雑誌・ラジオ勤務」より将来が明るいと言えます♪

 

IT業界の需要は今後もある

 

IT業界の需要は今後もあるという側面もあります。

 

例えばTV全盛期に育った世代は、日常的にTVを見る習慣を今後も続けますし、新聞なども同様です。

 

 

同様に今後も「インターネットで検索→悩み解決情報を探す」「アプリでニュースを見る」「アプリで遊ぶ」という方も、一定数残り続ける可能性が高いです。

 

実際、今でも「企業公式サイトはHPがあって当たり前♪SNS経由でも、最終的に公式HPを見る」という人も多いわけです。

 

その為、IT業界で培ったスキルを今後も活かせる可能性は高いのです。

 

●●さんから買いたいは最強

 

また、●●さんから買いたいは最強です。

 

なぜなら「強固な絆が出来ていれば、同じ商品がセール品などで出回っていても、結局あなたから買ってもらえる」からです。

 

IT業界 営業 やめとけ スラムダンク ハイタッチ

出典:スラムダンク

 

誰しも「長年任せている美容師さん」「好きな服を買うお店」「電化製品の相談先」など「●●と言ったら●●さん」という人が思い浮かぶと思います。

 

これはIT営業でも同じ事なので「あなたから買いたい」という能力を育めば、今後も安心と言えるのです。

 

上司

この領域のことは難しいから良く分からないけど、大島さんに任せてれば安心だから、今後とも頼みますよ♪

諒

お任せください♪プロの私が責任を持って担当させていただきます♪

心の繋がりは人間しかできない

 

心の繋がりは人間しかできないため、どれだけAIが発展してもこの分野は安泰です(人間と同じ心のAIが誕生しない限り)

 

その為「●●は僕に任せてください♪」という状況を確立できれば、IT営業として生涯活躍していくことが可能ですよ♪

 

アフターケアは人間の強み

 

例えば、アフターケアは人間の強みと言えます。

 

寒くて凍えそうな時に「温めてくれるコタツ」もありがたいですが、やはり「手を繋いで、人と温め合う喜び」の方がほっこりしますよね♪

 

これと同じで「商品を買った後の機械的な提案」よりも「●●さん、最近当社の製品の調子はどうですか?」といったアフターケアのほうが、嬉しいものです。

 

諒

ちわ〜。最近●●の調子はいかがですか?

女上司

かなり良いわよ♪いつも定期的に見に来てもらって悪いわね…。せっかくだから、別のこの商品について教えてもらえないかしら?

諒

あぁ、それなら、本音を言うとウチより●●会社さんが出してる商品の方が良品で安いので、担当営業マンを紹介しますよ♪

女上司

そうなの?なんか悪いわねぇ♪今度はお宅から買うから、今後ともよろしくね♪

 

そして、この成功例として「地元の地域密着型家電製品店」が挙げられます。

 

「地域密着型の家電製品店」は売り上げ減少したケースも多いですが「地道な地域の個人宅巡り」を継続しているお店は、売り上げが安定しています。

 

なぜなら「切れた電球を取り替える」「写りの悪くなったTVアンテナの調整をやってあげる」など、常に「お客様に寄り添った家電製品のプロ」を貫いているからです。

 

 

そのような「いつもサポートしてくれる人やお店」は、地道な営業活動によって売り上げが安定しており、今後も安定のお店作りを堅持していけるでしょう♪

 

これと同じように「いつもお世話になっているあなたから買いたい♪」というアフターケアができるのは「人間だからできる特権」と言えるのです。

 

※ドラえもんのような「自立思考型ロボット」が出てきたら、また話は別ですが…。

 

潜在ニーズに訴えかけられる

 

潜在ニーズに訴えかけられるのも、人間の特権です。

 

現代は「ビッグデータなどの発展・浸透」によって、顧客傾向ごとに「おすすめ商品を提示するサービス」がどんどん普及しています。

 

他にも「アレクサ」「Siri」などにおすすめを聞いて、その提案で音楽を聞いたり、商品を購入したりするケースも生まれています(ChatGPTも一例)

 

 

しかし、それはあくまで「機械的な提案を情報として受け取っているだけ」に過ぎません。

 

一方で、人間は「商品・サービス関連情報だけでなく、自らの情熱や商品購入メリット」も併せて伝えることができます。

 

 

例えば僕は「当サイトで転職準備をすすめている」わけですが、それは「全く準備せずに辞める=お金が底をつく・生活不安の恐怖をなるべく避けよう!」と提案しているわけです。

 

諒

転職するorしないは別として、自分が快適&幸福に生き続けるには?という視点は、常に持つべきだよ♪

同僚

なるほど♪勉強になります♪

 

これは「志」「情熱」といったものですが、このような「自分と同じような人を救う」という想いに基づいた営業は、潜在ニーズに訴えかけられるわけです。

 

その為「自分が売る商品・サービスには絶対の価値がある!なぜなら●●」という情熱を持てれば、AIを上回る価値を提供できますよ♪

 

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて「このままでは将来がダメになる…」と感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


その為「半年後に辞めると宣言→退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を開始→ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決定」という危うさで転職先決定しました(苦笑)

僕のヒーローアカデミア ゴミ掃除

出典:僕のヒーローアカデミア


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」という事です。

しかも、ストレスで疲れ切ったり「もうこんな人生イヤだ…」という無気力状態に陥ると、逃げる気力すら湧かず「うつ」「過労死」など、心や体が死んでしまうリスクがあるのです…。

転職サイト登録対策なしorありの例

呪術廻戦 最強

出典:呪術廻戦

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


その為、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、非公開求人数21万件&公開求人30万件以上があり、幅広い要望に応えてくれる為「情報収集だけしたい」「履歴書/職務経歴書など、プロのアドバイスが欲しい」という転職初心者は、登録必須のサイトです♪

諒

備えあれば憂いなし♪

僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア



リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験OK多数」など「20代の就活やり直しサポート」してくれるサイトの為、20代は登録必須のサイトと言えますよ♪

諒

若い頃の苦労は買ってでもしよう♪

呪術廻戦 誇れ

出典:呪術廻戦



Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断は「自分に合った快適な働き方が分かるチェック方法」であり、僕自身「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

諒

自己の可能性の限界に挑戦するぜよ♪



るろうに剣心 答え

出典:るろうに剣心



適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


さらに、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 油断せずに行こう

出典:テニスの王子様