年功序列 無能1

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

日本の年功序列は無能の温床?おかしい原因や状況改善のコツを知りたい!」

相談女性1

日本の終身雇用&年功序列はパワハラ無能上司や、頭おかしい老害問題社員ばかり増えて、会社組織の仕事の質が下がるし、やる気が出ず時代に合ってない!メリット・デメリットや失敗の原因を紹介して♪

相談男性2

勤続年数昇進・昇給などの出世&役職制度崩壊して、企業の雇用制度が変化している現在において、今の社会人経験を活かして、実力成果や有能な労働能力評価が中心の会社に正社員転職したい!

相談女性2

働く努力が好きになる自尊心UPのコツや、優秀になって残業減or給料(収入/年収/賃金)などのお金増収、快適なコミュニケーションができる職場生活や人間関係を築きたい♪

相談男性3

若い時の新人や新卒は、結局自己意見を我慢しなきゃいけない?将来のリスクを低下させるために、解雇以外の辞め方や退職作法を学びたい。

相談女性3

定年廃止や年金低下が検討される今、副業成功できて感謝で溢れる幸福な人生を構築するために、天職を知る適職診断関連情報を知りたい!

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も年功序列によって育まれたモンスター無能上司に絶望し、様々な対策を実践してきた経験があるので、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな僕が「日本の年功序列は無能の温床解説及び、おかしい原因や状況改善のコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

日本の年功序列が無能でおかしい原因

目次

 

諒

ではまずはじめに、日本の年功序列が無能でおかしい原因についてご紹介していきます。

 

頑張っても給料が同じ

目次 1

 

頑張っても給料が同じなのが、一番の問題点です。

 

なぜなら「どれだけ頑張っても勤続年数評価なので、やる気が有っても無くても同じだと気づき、モチベーションを失う」からです。

 

もっと言うと「今頑張って来月から月収50万になる会社」と「いるだけで60歳手前になったら月収50万円になる会社」のどちらに、優秀な社員が多いか分かりますよね?

 

もちろん、昔は年功序列・終身雇用が当たり前だったので「いるだけで60歳手前になったら月収50万円になる会社」に誰もが在籍していたし、そう信じていたわけです。

 

上司

君も若い内は薄給でも、頑張り続ければ50代から良い給料に昇給・昇進できるよ♪今は知らんけど?

諒

おい?そのルートになってねーだろ?お前らの時代はそうかもしれないけど、今そうじゃないだろ?嘘つくんじゃねー(怒)

 

しかし現代では「転職」「キャリアアップ」という選択肢が広まったので、優秀な人ほど年収UPや実績正当評価を求めて転職するわけです。

 

必然的に「会社にいることだけを評価されてきた無能社員」が蔓延っているのです。

 

だから年功序列企業には、ビックリするくらい憧れない上司が溢れているわけですね…。

 

現代で年功序列は倒産危険予備軍

目次 2

 

現代で年功序列は倒産危険予備軍なのに、それを理解していない会社だからクズとも言えます。

 

なぜなら「年功序列を前提に、長いスパンで製品知識習得や育成をしていたら、あっという間に製品寿命が尽きる」からです。

商品ライフサイクル

プロダクトライフサイクル

出典:Logmi biz

 

このように「1970年以前は5年以上、商品の6割が売れ続けた」のに対して「2000年以降は3年以内に商品寿命が8割尽きる」のです。

 

しかし「会社に出勤さえしてればOK」と考えている人が蔓延している組織で、立て続けに新商品・サービスを生み出して利益活動できると思いますか?

 

年功序列組織は現在崩壊中

目次 3

 

このような日本の情勢があるので、年功序列組織は現在崩壊中なのです。

 

年功序列組織で現在崩壊中の例

東芝=物言う株主と内輪揉めしてトラブっている

パナソニック=早期退職者を募った結果、優秀な社員がドンドン辞めている

SHARP=台湾企業・鴻海に買収されて国営企業ではなくなった

 

現在は主に電化製品系の会社を中心にトラブっていますが、他の業種も「対岸の火事」と他人事ではいられません。

 

年功序列組織で現在崩壊危機の例

自動車業界=テスラをはじめとした電気自動車化の波に対応するため、各企業が社内改革に乗り出す

※トヨタは2020年に年功序列制(定額昇給)完全廃止・成果主義移行を決定

銀行業界=みずほ銀行の副業奨励など、自社のみでの勤続経験以外のキャリアUPを解禁

 

このような超大手企業が「年功序列を諦めた」ことからも、年功序列がもう古い価値観だとお分かりいただけるでしょう。

 

まとめ
  • 頑張っても給料が同じ
  • 現代で年功序列は倒産危険予備軍
    • 年功序列組織は現在崩壊中
適職診断のおすすめ3選(リンク先にて適職診断情報を解説中)

自分の強みを知ることで、快適&幸福な仕事人生に近づける♪

日本の年功序列@おかしい無能社員原因

目次

 

諒

では次に、日本の年功序列@おかしい無能社員原因についてご紹介していきます。

 

出退勤を継続してきただけだから

目次 1

 

出退勤を継続してきただけだからというのが、年功序列が無能を生む一番の原因です。

 

年功序列が生きている会社への入社経験があれば分かりますが、ビックリするくらい「憧れない大人」が多いことに気付かされます。

 

「仕事ができない」「ハゲてたりデブだったり、見た目から汚い」「人として魅力がない」といった大人が溢れているのです。

 

 

そしてその原因は「毎朝決められた時間に出社さえしていれば安泰」という人生を生きてきた「会社依存人間」が多すぎるからです!

 

必然的に勤務歴だけ積み上げて威張っている上の立場のクズが多いので、そんな「教えてもらう事がないor少ない上下関係はいらない」と断言できるのです!

 

同僚

ウチは何でこんなに死んだ魚の目した大人しかいないんすかね…。

諒

だよなぁ…。

 

※ただし、優秀な先輩や上司に出会った場合は「その方からしっかり仕事術や人生観を学ぶ」こともおすすめですよ♪

 

職務制で該当業務能力が低い

目次 2

 

職務制で該当業務能力が低いのも、年功序列が無能人間を生む原因です。

 

職務制と職能制の違い

職務制=「課長」「部長」など「職務(役職)に相応しい能力を持つ人」に対して仕事と給与を割り振る

職能制=「事務専門家」「税理専門家」など「相応しい能力を持つ人」に対して仕事と給与を割り振る

 

このように時代が「職務制→職能制」に変わってきており、該当業務の専門家の方がより重宝される時代になっているので、上下関係より横の関係の方が重要視されてきているのです。

 

しかし、長らく職務制が続いた為、現代では「ITに疎い課長が、部下に支えられて何とか組織を回しているのに、課長の方が給料が高い」というアベコベな現実を生んでいるのです。

 

しかも、年功序列は「ある一定の勤続年数を超えた人間から抜擢せざるを得ない」ので、無能でも役職を与えられている「困ったちゃん上司」が溢れているわけですね。

 

そのため「そもそも自分が上司の器ではないのに、部下を持たされたので、パワハラして叱りつけるしか能がない」クズみたいな人間が、残念ながら僕らの上の世代には多いのです。

 

まとめ
  • 出退勤を継続してきただけだから
  • 職務制で該当業務能力が低い

 

日本年功序列@おかしい無能社員体験談

目次

 

諒

では次に、日本年功序列@おかしい無能社員体験談についてご紹介していきます。

 

会議満載で職場放棄のジジイ幹部達

目次 1

 

年功序列で思い出すのが、会議満載で職場放棄のジジイ幹部達です。

 

そこは「誰もが知る大手有名ビジネス雑誌の営業部隊」だったのですが、部長以上はほとんど一日中席にいませんでした。

 

なぜなら、ひたすら会議・会議・会議!で、スケジュールが埋まっていたからです。

 

しかも、具体的に何か意思決定しているわけでもなく「景気が悪いなぁ…」「どんな商品なら売れるか分からんなぁ…」といった、成果無し丸出しの呟きを自席でしている始末です。

 

上司

今日も会議で有益なアイデアが出なかったなぁ…。

諒

(そんな非生産的な時間の使い方してたら、会社潰れるぞ!穀潰しが!)

 

結果的に、若手が頑張って売り上げを上げて「会議という名の時間潰し」をしているジジイ幹部達の給料を稼いでくる構図だったので、とにかく苦痛しかない組織でしたね…。

 

能力がないのに課長になったババア

目次 2

 

能力がないのに課長になったババアの記憶も鮮明です。

 

具体的には、準官公庁系の某大手通信企業で営業マンをしていた頃の話です。

 

そもそも、その会社は「早稲田・上智・慶應などの一流大学卒業生が、終身雇用でじっくり学んで働く環境」だったので、既卒で入った僕には修羅場でした。

 

覚える必要があったジャンル

新しく生まれてきたクラウドサービス(Office365/AWS)などの知識

インターネット固定回線(光回線/ADSLなど)の知識

モバイル回線(格安SIM/料金プラン)の知識 など

 

そのように膨大な知識が必要だったのです。

 

しかし、周りは「通信の知識を知っていて、しかも業務が出来て当たり前」という態度で迫ってきました。

 

と言っても僕は既卒の新人だったので、毎日深夜まで仕事や勉強をしても能力が間に合っていませんでした。(会社の残業は月20時間程度だが、自宅学習の毎日)

 

そして、一生懸命勉強していたけれど、結局数ヶ月後に「言ってることが分からない」という顔をしてしまった時、女上司から強い避難とお叱りを受けたのです!

 

女上司

あなたにとって何が分からないか?それがもう私には分からないわ!!

諒

(怒!)

 

これを言われた時は流石に僕もイラッとして「こっちも一生懸命にやっとるんじゃ!」と思い、思わずトイレに駆け込み壁を飛び蹴りしてました。

 

※穴を開けてしまったので、そっと逃げました(翌日シールが貼ってあり直っていたので、良くあることなんだなと不思議と安心しました)

 

そもそも今振り返れば、僕にとってこの仕事は「苦手な数式・公式を用いた知識を覚える」という一番「自分に合っていない仕事環境」でした。

 

※数学は200点中0点を取るほど、僕は公式や理屈が苦手

 

さらに、万年目標未達という「無能女課長」の下という最悪の状況で働いていたので、ミスが多かった上にメンタルも非常にやられたのです。

 

※ちなみにその後見かねた別の課長が僕を引っ張ってくださり、落ち着いて仕事できるようになったのは感謝しかありませんでした。

 

上司

大変やったな♪大島ちゃん♪

諒

助けていただき、ありがとうございます♪

 

そしてその後「WEBライターという物書き」に転職しましたが、こちらは一日中取り組んでいても苦痛なく仕事できる環境だったのです!♪

 

このように、働く環境によってきつさは変わるということが分かれば、あなたも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

 

定年退職前で仕事をしないジジイ

目次 3

 

同じく準官公庁系のIT企業での話ですが、定年退職前で仕事をしないジジイもいました。

 

その企業は中途で入ってきた人間がぼこぼこ辞めていくのですが、僕は踏ん張って継続していたのです。(2年目の頃には、後輩は10人ほど辞めました)

 

そして、そんなタフさも買われたのか、組織内でも最難関レベルの商材を扱う部署に配属されたのです。

 

しかし、そこは「定年退職前の人ばかりが集まる、平均年齢50歳近い墓場部署」だったのです…。

 

しかも定年退職前ジジイは、面倒なことを任されたくないので、仕事をどんどん僕のような若手に振ってきたわけです。

 

会社としては「僕に“定年退職組の能力を吸収”して欲しい」という魂胆だったと思いますが、あまりの理不尽さに腹がったので、結局辞めました。

 

そもそも、僕は契約社員で入社でしたが「ボーナスなし」「昇給確約なし」など、正社員組より明らかに待遇が悪かったのです。

 

つまり「年功序列で働かない正社員組の穴埋めに若手契約社員を入社させて、人件費をケチりながら働かせる」という構図だったわけですね…。

 

上司

じゃあ大島くん、後を頼むね…。

諒

はい…。(高齢正社員が働かない、高級取りなのに仕事ができない…。年功序列は負の温床やな…。F●CK!)

 

辞める時に、正社員組の数人から「辞めるなんて羨ましいなぁ…。」と言われましたから、その会社で腐らなくて本当に良かったと思います♪

 

まとめ
  • 会議満載で職場放棄のジジイ幹部達
  • 能力がないのに課長になったババア
  • 定年退職前で仕事をしないジジイ

日本の年功序列@おかしい無能状況問題

目次

 

諒

では次に、日本の年功序列@おかしい無能状況問題についてご紹介していきます。

 

組織が右肩上がりになりにくい

目次 8

 

まず大前提として、先ほどまででお伝えした通り、組織が右肩上がりになりにくいのが年功序列組織の特徴です。

 

しかも、会社はオフィスの建て替えや人員循環など、定期的なコストが発生することからも、成長せずに現状維持し続けるのはムリです。

 

必然的に、そのような右肩下がりの年功序列組織にしがみついていこうとする人ほど、残念ながらどんどん苦しい未来になっていきます。

 

そのため、年功序列の右肩下がり組織に居ても豊かな未来を作るためには「社内改革を徹底して中から変えていく」しかありません…。

 

※そうしなければ「どんどん苦しくなる未来を我慢増で耐える」「早めに見切りをつけて転職する」しかないでしょう

 

終身雇用・年功序列の崩壊リスク

目次 1

 

まず「終身雇用・年功序列の崩壊リスク」が、一番大きな上下関係がいらない時代背景です。

 

そしてそれを知る上で、過去と現在の「企業寿命」を知っておいた方が良いでしょう。

1965年〜2030年の企業寿命推移

企業寿命

※出典:リクルートワークス研究所

 

このグラフから分かる通り、1980年頃のバブル崩壊前までに正社員になった僕たちの両親世代にとっては「企業寿命=30年〜40年」です。

 

つまり「20代に新卒入社して55歳以降に定年退職を迎える」のが成立していた世代では終身雇用・年功序列は機能していたわけです。

 

しかし一方で、バブル崩壊後の21世紀(2000年)以降に社会に出た人にとっては「企業寿命=10年〜20年」です。

 

つまり「20代から働き始めて、60代でリタイアする場合」でも、平均2回〜4回は会社にいられなくなる危機が迫るということです(もしくは実際に倒産)

 

そのため、年功序列の会社にしがみついて勤続年数だけ積み上げていたら、倒産して「出来ることは社内スキルしかなかった」というヘボい人間が続出しているのです。

 

会社員平均年収の低下

目次 4

 

会社員平均年収の低下もまた、年功序列企業勤務だからといって安心していられない要因です。

 

そしてこの事実を知るために「約20年間の日本の平均年収推移」「日本と世界の賃金上昇率の比較」という二つの指標をご覧ください。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、世界の主要先進国はこの20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下した」のです。

 

つまりこのままいけば、何も打開策を実施しない限り、今後20年間で日本はさらに10%以上の収入低下が想定されるわけです。

 

そして原因は色々ありますが、僕が認識している限りで日本の賃金低下を引き起こしている諸悪の根源は以下の通りです。

 

会社員平均年収の低下原因

人材を「コスト(消耗品)扱い」し、内部留保(会社の貯金)を増やす一方で人件費をどんどん削ったツケ

非正規雇用の増加・派遣会社という「人を右から左に流すだけの中抜き組織の増加」

正規雇用に対しても、みなし残業労働制などの「無給奉仕」を強いるワークライフバランス崩壊制度施行

変化の早い現代では創造性・想像性などが大切なのに、いまだに「暗記能力が高い=優秀」の教育を行なっているため、イノベーションが生まれない

お金や資産を蓄えるという「お金の教育」に関して全く触れていない為、収入UP・資産構築が他国よりショボい

戦後世代が全員「国を豊かにする」という革新的行動を取った上で、次世代が「上と同じことする」という信念で動き、僕たち世代に「俺と同じやり方をやれ」と誤った指導をしている

 

これが親世代と同じ価値観で仕事をしていても、先行きが悪くなる一方な要因となっており、「頑張っているのに、収入がどんどん先細る危険」を孕んでいるのです!

 

同一労働同一賃金で特権衰退

目次 5

 

同一労働同一賃金で特権衰退が始まっている点も、年功序列企業勤務だからといって将来安泰と言えない原因です。

 

まず、残業代に関しては「みなし残業などで、残業がつかない正社員」として働いていた場合、時給換算すると悲惨なケースがあるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)

年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円

33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円

1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このように、たとえボーナスを貰って年収400万円でも、残業代なしで22時ごろまで働いている人は、アルバイト並みの時給になっているということです。

 

そして出世していき「表面上は年収が上がった場合」でも、時給換算してみるとそれほど増えていなかったりもします。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

年収600万円の例(賞与・役職手当含む)

年収600万円÷12ヶ月=月給約50万円

50万円÷24日勤務(土曜日を4回出勤)=日給2万833円

2万833円÷15時間勤務(残業5h/日)=時給1,388円

 

このように正社員で出世していても、時給換算してみると「一緒に働いている派遣社員の方が時給が高い」という現実があったりするのです。

 

まとめ
  • 組織が右肩上がりになりにくい
  • 終身雇用・年功序列の崩壊リスク
  • 会社員平均年収の低下
  • 同一労働同一賃金で特権衰退
  • 年金制度の衰退

日本の年功序列はおかしい!転職問題例

目次

 

諒

では次に、日本の年功序列はおかしい!転職問題例についてご紹介していきます。

 

日本企業の年功序列思想維持問題

目次 1

 

日本企業の年功序列思想維持問題は非常に大きいです。

 

つまり「年齢」「勤務年数」など「一つの会社に何年いたか?」という考え方が今でも蔓延しているという問題です。

 

極端なことを言えば「転職回数が多い有能な人」より「転職回数が少ない無能な人」を高評価にしてしまうというわけですね。

 

同僚

まぁ、ぼちぼちそこそこやっていければ…。(転職1回)

諒

僕にお任せいただければ、必ず売り上げをUPしてみせます!(転職10回)

上司

転職1回の彼を採用で。

諒

何でやねん!クソが!

 

もちろん「組織の調和を保つ」「社内のルールに従う」など、一定のガマンや忍耐力は必要だと言えます。

 

しかし「何でもかんでも石の上にも三年」「ただ組織に長くいただけの無能な人」が、会社や組織の成長を邪魔している側面も間違いなくあります。

 

そのため「経歴を伸ばすためにガマンしてでも長く勤める」よりも「早めに見切りをつけて、若いうちに挑戦経験を増やす」ほうが良いと、個人的には思いますよ♪

 

スキルより勤務年数重視

目次 2

 

スキルより勤務年数重視なのは、日本の転職市場がおかしい展開例だと言えます。

 

幸いなことに「年功序列が蔓延した古い組織」と違い、新興ベンチャーやIT系企業では「勤務年数よりスキル重視」にシフトできている会社も多いです。

 

しかし「泥舟のような古臭い組織」にいつまでも掴まっていると、40代〜50代で誇れるスキルなしという危険な未来に陥る可能性も高いです!

 

実際、年功序列から上手くシフトできていない日本企業はどんどん没落していき「50代で年収1000万円だった方がリストラに遭い、転職先が見つからずホームレス」という例も増えています。

上司

私は、50歳になるまで●●株式会社で課長をやっていました…。出来ることはハンコを押すことです。

諒

ウチは電子書類なので、その能力はいらないですね。前職では高給だったかもしれませんが、そのご年齢では当社の清掃業務以外はムリですね…。

上司

ありがとうございました…。他を当たります…。

 

そのため、今からでも「自分が誇れるスキルを積み上げられる適職で働く」「副業を始めて経済的基盤の独立性を育む」のがおすすめですよ♪!

 

転職回数がデメリットになる

目次 3

 

転職回数がデメリットになるのも、正直言っておかしな話です。

 

一般的に「転職回数は3回程度まで」という暗黙の日本社会ルールみたいなものが蔓延していますが、個人的にはもう少し多くても良いのでは?と思っています。

 

なぜなら「住居の良し悪しは3回程度でだんだん分かってくる」「恋愛も3人程度付き合ってから、だんだんコツが掴めてくる」からです。

 

そのため、転職回数3回でストップがかかってしまう風潮は「やっと自分の適職や環境が掴めてきたレベル」であり、本当の納得まで到達できていないケースもあり得るからです。

 

実際、システムエンジニアなどITの世界では、以下のようなフリーランスの方々が沢山活躍しています。

 

システムエンジニアなどのITの世界

企業勤務経験ではなく「どのプログラミング言語にどれだけ実務経験があるか?」が基準

 

このように「単一企業でどれだけ勤めたか?」ではなく「プロジェクト合計で何年得意なプログラミング言語を磨いたか?」で判断されるのです。

 

個人的には、今後どの職歴もこのような「得意な業務・実務経験が合計何年」という職能制が一般化すべきだと思っていますが、現状の日本はまだまだ難しいようです…。

 

新卒一括採用問題

目次 4

 

新卒一括採用問題も、日本の転職市場がおかしい原因です。

 

なぜなら「新卒で入社したルートが絶対で、そこから外れたら落伍者のレッテルを貼られる」からです。

 

これは、先ほどのような例え方をすれば「始めて付き合った恋人と結婚して一生添い遂げる強制」のようなものです。

 

しかし、果たして一体どれくらいの方が「最初に付き合った恋人が最高で、別れたり浮気せずにOK」という生き方が正解と思うでしょうか?

 

このように、恋愛で考えればおかしいと分かるような「価値観の歪み」が、日本経済社会では一般化したままなのです。

 

高年齢ほど転職が厳しくなる

目次 5

 

新卒一括採用の一番の弊害は、高年齢ほど転職が厳しくなるというリスクです。

 

普通に考えれば「営業一筋30年」「車の技術開発で20年」などのキャリアは、どんどん市場価値が高まっていて良いはずです。

 

しかし残念ながら、現代日本社会では「35歳以降に転職する」という場合、キャリアアップしていくルートというのはかなり少ないです…。

 

 

これは「本当の意味での個人のスキルや才能を正当評価していない証」と言えますよね?

 

そのため、今後の選択肢としては「歪な評価制度の中でガマンして生き続ける」か「新しい働き方にシフトしていく」ことを選ぶ必要性が出てくるわけです♪

 

まとめ
  • 日本企業の年功序列思想維持問題
    • スキルより勤務年数重視
    • 転職回数がデメリットになる
  • 新卒一括採用問題
    • 高年齢ほど転職が厳しくなる
リクナビネクスト無料登録メリット(リンク先にてリクナビNEXT情報を解説中)

退職・転職を思い立ってから急いで準備を始める前に、逃げ先情報を増やして安心をストックできる♪

日本の年功序列はおかしい!新形態実例

目次

 

諒

では次に、日本の年功序列はおかしい!新形態実例についてご紹介していきます。

 

ティール組織の台頭

目次 1

 

ティール組織の台頭、年功序列が崩壊しつつある代わりに出てきた最たる例です。

 

ティール組織

ティール組織

出典:実務とつなげる経営の新潮流

 

ティールとは「青緑色」を指す言葉であり、今までの「仕事は生きる為の手段・戦争・奪う=赤」から変異してきているという話です。

 

そして「有名企業のパタゴニア」など、徐々に企業もこの考え方を取り入れ始めています。

 

簡単に言うと「課長・部長などの職務制」から「登山の専門家・釣りの専門家など分野ごとの職能制」へとシフトしているわけです。

 

もちろん全ての業種・業態がティール組織に移行するとは言い切れませんが、少なくとも「上に聞く」から「横の専門家に聞く」というスタイルが一般化している事実はあるのです。

 

協同組合の出現

目次 2

 

協同組合の出現も、年功序列以外の組織の一角です。

 

 

このように、今までの「株式会社=一人or少人数の共同経営者が実権を握る」という運営方法から「共同経営者=出資者全員がTOPとして実権を握る」という組織運営方法が出てきているのです。

 

そのため「上の人の意見を聞いていれば正解」というのではなく「自分の意見をしっかり持ち、適切な権利を得る」のが一般的になりつつあるのです。

 

副業・個人事業主の増加

目次 3

 

僕の主戦場ですが、副業・個人事業主の増加も年功序列組織から飛び出して活躍しているケースです。

 

そもそも、僕が副業で経験を積みながら個人事業主化した背景には「日本のTOPマーケター・神田昌典先生」が「2022年」という本の中で仰られていた事実に基づいています。

 

 

この本は2012年に書かれた本ですが「日本は2020年以降、崖から転がるように落ち込む」という予想を的中させているものです(外したものもあります)

 

そして個人的には「今後は大企業とフリーランス集団に二極化する」という提唱が、現状を見ても非常に理に叶っていると思います。

 

もちろん「大企業トヨタやソニーのように、大型船団で運行していく優秀な会社」はある程度波風が立っても巡航を続けていけるでしょう。

大型船

 

しかし「中小企業や組織に守ってもらえる立場にいない人」「年功序列でイノベーションが生まれない会社にいる人」は間違いなく泥舟に乗っているに等しいのです。

 

そのため「身を護れるような、一緒に成長していける企業(新たな船)に行く」「副業など“自分で稼ぐ力を育む”(自分で漕ぎ出す)」という対策が必要になってくると思います。

 

少なくとも、あなたが「年功序列で無能な上司・先輩ばかりの会社にいる危機感を感じている」のであれば、そこから逃げて航路を変更した方が良いでしょう♪

 

「40〜50代で無職になって、会社でしか通用しないスキルしかなくてホームレス化」という、悲しい道を辿っている人も増えているので、自発的な情報収集・行動が必要ですよ!

 

まとめ
  • ティール組織の台頭
  • 協同組合の出現
  • 副業・個人事業主の増加

日本の転職はおかしい!今後の対策例

目次

 

諒

では次に、日本の転職はおかしい!今後の対策例についてご紹介していきます。

 

古い企業穴埋め人員は避ける

目次 1

 

一番大切な判断基準として、古い企業穴埋め人員は避けるのがおすすめです。

 

正直言って、社内平均年齢が高い会社ほど「若い奴を安くor長時間労働させて、高齢社員が働かない穴埋めをさせる」という組織が蔓延しています!

 

実際、僕はそういった組織に契約社員などで何回か入りましたが「うむ!君なら正社員も目指せるぞ♪」と言って若者を酷使して、自分たちが働かない老害ばかりの組織が大半でしたからね…。

 

 

もちろん、若い会社が全て良いとは言いませんが、少なくとも「社名のブランド力がある」程度の認識で転職先を選ぶほうが、後々後悔する確率が高いと思いますよ!

 

伸びてる企業補充に入る

目次 2

 

個人的におすすめなのが、伸びてる企業補充に入るという考え方です。

 

なぜなら「人員拡充をしている組織は、それだけ自分も一緒に成長していきやすい」からです。

 

ただし、この場合で注意したいのは「大手●●が新たに発足した子会社」などは、先ほどの古臭い穴埋め人員と同じ考え方をしているケースが多いです。

 

要するに、大元の会社が無能社員を一杯抱えていて身動きが取れないので、若い社員が多いフロント企業を作って、そこに上納金を納めさせようという魂胆があるケースも多いからです。

 

※僕はNTTグループの子会社で、このような組織にハマりましたから…。

 

そのため「会社の理念やビジョンに共感できる」「自分も一緒に成長していきたいと思える」ものがなければ、この判断基準も辞めておきましょう。

副業で稼ぐ力を身につける

目次 5

 

副業で稼ぐ力を身につけるのもおすすめです。

 

もちろん、今の仕事で経験を積むのも良いですが、僕のように独学でITスキルを積み上げて、そこから転職なり副業化を見据えていくのもアリです♪

 

そして、この発想の根拠になるのが「500時間・5,000時間・50,000時間の法則」という普遍の法則です。

 

500時間・5,000時間・50,000時間の法則

500時間=その道で「趣味」程度は名乗れるようになるレベル

5,000時間=その道で「1人前」と名乗れるレベル

50,000時間=その道で一流と名乗れるレベル

1日10時間・週5日(約20日/月)で働く場合

500時間=2.5ヶ月が必要(3ヶ月程度で、とりあえずその道の人に見えるレベル)

5,000時間=25ヶ月(約2年)が必要(入社3年目で一人前になるレベル)

50,000時間=250ヶ月(約20年)が必要(40半ば頃でベテランになるレベル)

 

このような「法則」があるので「今まで社会人として経験したスキル」が身についているか?の基準として、入社3年は一人前として仕事を任せられる説得力があるのです。

 

そして、その積み重ねが「稼げる力」を育めるというわけですね♪

 

ちなみに繰り返しますが、直接的に成果が出ていないレベルでも、ブログ運営が適職と感じた僕のように、以下のような職業への職種転換を目指すのもアリです♪

 

ブログ練習の先にある職種転換例

WEBライター/WEBディレクターサイト運営方針の目標立てや、ライティングスキルを磨ける

WEBマーケターSEOや検索上位を獲得する戦略立案スキルを磨ける

WEBデザイナープログラミングを駆使して、デザインスキルを磨ける

プログラマー/システムエンジニアプログラミングを駆使して、サービス創出スキルを磨ける

 

このようなWEB系の職種募集は、ある程度大都市に固まっている傾向がありますが、近年ではリモートワークなどの普及もあり、これらの職種はそれを実現しやすいです。

 

さらに「クラウドワークス・ココナラ」など、スキル売買サービスも右肩上がりで成長しています。

 

そのため、このようなWEBスキルは「在宅副業で稼げる能力」としても有望なので、経験を積んで損はないと言えますよ♪

 

まとめ
  • 古い企業穴埋め人員は避ける
  • 伸びてる企業補充に入る
  • 副業で稼ぐ力を身につける

 

なお、リクナビネクストでは「適職診断を無料で受けられる」「転職先情報収集を行える」メリットもある為、今スグ登録しておくのがおすすめですよ♪

 

諒

ストレスが限界に達する前に、脱出準備は早めに始めたほうが、後々ラクになりますよ♪

 

生涯安定の経済基盤を獲得するコツ

目次

 

諒

では次に、生涯安定の経済基盤を獲得するコツについてご紹介してきます。

 

現状維持は将来10%以上不幸

目次 1

 

まず大切なお知らせからお伝えすると、現状維持は将来10%以上不幸になると断言できます!

 

もっと言うと「将来不安な会社」「今後も成長見込みのない会社」で働いており「稼げる資格や副業スキルも勉強していない」人は、沈没間際の船に乗っているに等しいのです!

 

そしてこれは「過去20年間の日本の年収推移」を理解すると、その現実が見えてきます。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、先進国は20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下」しており、このままだと日本はさらに10%以上収入低下が想定されるわけです。

 

今後も成長見込みのない会社で働いており、稼げる資格や副業スキルも勉強していない人の悲惨な20年後

現在20歳年上の先輩が得ている年収から10%以上減(50歳前に年収500万円なら、年収450万円以下)

年収は現在20歳年上の先輩と同じでも、サービス残業が10%増(平均40時間なら、毎月44時間)

人件費圧縮により社内の非正規雇用UP、リストラや早期退職勧告UPで居場所が減っていく

 

このような現実な上に「老後2000万円問題」「借金返済の増税」などの懸念材料もある中、今の延長線上で生きるあなたの選択肢は「ガマンして節約して耐える」のみです。

 

※しかも「僕の祖父母は年金生活でも子孫に還元」してくれましたが「両親は退職金と年金で手一杯」なので、僕たち世代は自分で切り拓くしかありません

 

このように、様々な右肩下がりの可能性がありますが、何も行動しない場合あなたの未来は「悪化」しかありません。

 

転職は勇気が必要ですし、新天地に慣れるのは努力が必要ですが、苦痛な現実が増えると分かっているのに今の場所に固執してガマンし続けるよりは、将来的に楽ですよ♪

 

「国のせいだ!親のせいだ!会社のせいだ!」と思って責めていても、このままでは私達の現実が悪化していく事実は変わらないので、具体的な改善策を練って行動しましょう♪

 

今後の安定経済基盤は3つ

目次 2

 

以上の厳しい現実を踏まえた上で、10社転職経験&1000件以上の求人を書いてきた転職WEBライターとして立場から言わせてもらうと、おすすめできる今後の安定経済基盤は3つと断言できます!

 

今後も安定の経済基盤3パターン

1.今後も安泰の業界・会社で働く

2.今後も働き続けたい会社で働く

3.会社や社会情勢に関係なく生きれるように、副業スキルを育む

 

ハッキリ断言させてもらうと、今後も安心して生きていく道はこの3パターンがベストです!

 

そのため、あなたの現実ルートがこれに入れていない場合は、転職情報収集や副業について学び始めたほうが良いのです!

 

今後も安泰の業界・会社で働く

目次 3

 

まず1番目の、今後も安泰の業界・会社で働くパターンとは、言ってしまえば「大型客船に乗ろう」ということです。

 

大型客船

 

そして、具体的な安泰の業界・会社とは「準国営企業(JAL/NTT)」「ライフライン系企業(ガス/電力/水道)」「市場が安泰な会社や、特別な特許技術を持っている会社」などです。

 

まず、準国営企業は「国の威信そのもので根幹」なので、リストラなどはありますが、倒産させないように国費投入などの可能性もあり、存続率は一般企業より高いです。

 

※例え大企業でも「シャープの鴻海(ホンハイ)買収」「ブリヂストンの8000人規模の人員を含む中国企業への売却」など、外資の危機やリストラの危機に晒されるリスクがあります

 

 

そしてライフライン系企業も、人間が生活している限り必須の分野なので、これらが0になることは、人間が肉体を捨てない限りあり得ません。

 

もちろん、そのような企業は「●●電力」「●●ガス」などの大会社もありますし、電気関連商品を扱う会社など、安泰企業もたくさんあります。

 

ただし、問題なのは「これらの企業は、現時点において“高学歴エリート”が新卒入社して活躍している狭き門の世界」ということです。

 

ぶっちゃけて言うと、僕はこの中で「新橋にあるNTTグループの本社で営業マンとして働いていた経験」があるのですが、そこでは「3ヶ月契約更新のある契約社員」でした。

 

そして、2年ほどで会社を辞める時には、正社員の同僚から「僕はしがみ付いてでも働き続けるよ…。羨ましいなぁ…」と言われた位なので、辞めないメリットのほうが大きいわけです。

 

このような「高学歴エリートが新卒で入る会社」は、中途で転職しようとする場合、よほど前職で有能な実績を持っていない限り、ほぼムリと言えるのです。

 

実態は「正社員登用をチラつかせながら、働かない正社員に変わって、クビリスクがある契約社員を働かせていた状況」だったので、クソだなと思って辞めましたから…。

 

そのため、あなたが僕のように「高学歴エリートの会社に正社員として入社ができない」のであれば、このパターンはほぼムリと言えます。

 

今後も働き続けたい会社

目次 4

 

会社の大きさや勤務継続メリットに関係なく、今後も働き続けたい会社で働くという選択肢もおすすめです。

 

なぜなら「会社が潰れない限り、一緒に成長・繁栄していく覚悟ができている」からです。

 

「会社の創業者に惚れている」「居心地が良くて、今後も一緒に働きたい」「特に不満がない」など、人によって今の会社を辞めるつもりがない理由は沢山あります。

 

しかし、このサイトを訪れているあなたは「今の会社や生き方に疑問を感じている」わけですから、このように「働き続けたいと自信を持って言える会社」を探し始める必要性が高いのではないでしょうか?

 

だからこそ、転職サイトに登録して「自分が働き続けたい会社・生き方を引き寄せ始める」ことが必要と言えるでしょう!

 

副業スキルを育む

目次 5

 

僕が転職以外に取った選択肢ですが、副業スキルを育むというのも非常におすすめです。

 

そして、この副業スキルを育むというのは「自分の船を自分の手で作りor買い、大きくしていく」ようなものです。

 

ヨット

 

例えばスキル売買サイトでは、以下のような能力を持っている人には、給料以外で収入を得るチャンスがあります。

 

給料以外で収入を得るチャンス

  • イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで
  • デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで
  • 動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで
  • 音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
  • 文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成
  • IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

 

挙げればキリありませんが、このように「趣味?のようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです(雑貨販売やネットショップ開設もアリ)

 

 

そして実際に僕の知人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)
  • プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)
  • 飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者

 

もちろん「絶対起業成功!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源」を持てる人間になると、それだけでかなりメンタルが安定しますよ♪

 

ちなみに副業経験を積むには、以下のパターンがおすすめです。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 転職先自体でレベルUP=自分がワクワクした気持ちで働ける仕事で副業スキルUP(僕がWEBライターとして文章スキルを磨いたやり方)
  • 残業少なめの会社で副業開始=時間確保して副業に挑戦時間を作って、知識と経験を積む
  • 副業OKの会社で副業開始=堂々と副業できる為、転職後に自分の好きor得意なことを始めてみる(リクナビネクストでは400件以上が副業OK)

 

副業OK

 

このようなやり方がありますし、年収20万円以上稼がなければ、副業事実は会社側にバレませんし、適切に対処すれば、転職しなくても副業収入を得ることは可能です♪

 

※なお、以下の記事では「副業禁止企業で副業収入を得るためのコツ」を解説しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

また、以下の記事では「副業ブログの始め方」を以下の記事にて紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

転職準備最大のメリット

目次 6

 

そして、転職準備最大のメリットは「苦痛を感じる会社・上司・生き方から距離を置ける&転職すれば永遠に縁切りできる」点にあります。

 

そもそも「副業スキルを育む」と決意しても、毎日長時間残業だったりストレスフルな状況で生きていると、心身が安定しません。

 

しかし、転職サイトに登録して情報収集を行い、来るべき日に転職した結果、ワークライフバランスが劇的に改善できた例は沢山あります。

 

ワークライフバランスが劇的に改善できた例

  • 「体育会系の周りは敵という会社」から転職して「周りと協力・強調して仲間として働く会社」に転職してストレスが激減
  • 「会社の肩書は良いけど、毎日残業だらけのエンジニア」から転職して「基本的に定時帰り〜月平均20時間程度」でワークライフバランスが劇的に向上
  • 「社歴が長いだけで仕事をしない、老害がイッパイの会社」から「同年代が多い会社に転職」した結果、人間関係ストレスが激減

 

このように転職することで「イヤな現実を縁切りできる」ので、リクナビネクストに登録して情報収集を始めるだけでも、徐々に不快な現実縁切りをスタートできるのです♪

 

 

逆に現代日本では「我慢さえしてればOK」と甘んじて現実を何も変えず、取り返しのつかないレベルで行き場がなくなり、路頭に迷ってしまうリスクがあります!

 

今の会社から放り出されて路頭に迷う将来例

突然のリストラに会い、何も誇れるスキルがなくて転職先が見つからず、路頭に迷う

 

このような絶望的な未来を避ける為にも、今のうちからリクナビネクストに登録して「イヤな会社や人間関係からの縁切り」を始めるべきです!

 

 

1年後〜数年後に「なんであの時チャレンジしなかったんだ?」と後悔する情けない人生が良いですか?

 

それよりも「あの時、現実のルートを少しずつ変え始めてくれて、本当にありがとう俺or私」と自分を誇れる人生が良いですよね♪

 

学生時代は進路を親や周りが決めてくれたかもしれませんが、社会人時代は「どんな人生を生きるのも自己責任」です。

 

もちろん、会社内評価や指導は上司や会社がしてくれますが「あなたの人生の責任」は、あなたしか取れないのです!!

 

そのため「現在の延長線上は、後悔・不安・絶望が増え続ける」のであれば、今すぐリクナビNEXTに登録して「今のクソッタレな現実を拒絶する行動」を起こすべきです!

 

良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?

 

\転職参考記事!/

 

まとめ

 

諒

以上が日本の年功序列は無能の温床!おかしい原因や状況改善のコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

意欲が弱い内からの転職サイト登録利点

転職サイト gif

諒

なお最後に補足として、意欲が弱い内からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。

キツい時は登録意欲すら無くなる

目次 1



キツい時は登録意欲すら無くなるのが、転職意欲が少ない内から登録しておく、一番のメリットです!!



あなたも人生で深く悩んだ時期に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありますよね?



それと同じ状況が「今勤めている会社」で起こってしまうと、そこから逃げようとする気力すら湧かず、もっときつい現実に発展するリスクがあるのです!



転職サイト登録対策なしorありの例


■突然退職=ストレスが頂点になり辞める→転職活動を始める→アルバイトor貯金を崩しながら転職先を急いで探す!!

0から転職活動開始すると大抵3ヶ月以上かかる為、場合によっては貯金が足らず逃げられません

■転職サイトで情報収集して退職気力に余裕のある内から転職サイト登録→ストレスが頂点の時に退職→安心して転職先確保

僕は退職1ヶ月以内に正社員転職先を勝ち取った為、同じことをすれば最悪状況を回避できますよ♪



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が可能ですよ♪

転職サイト登録は一種の保険

目次 8

このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!



保険を利用する安心例


■医療・がん保険高額医療費が発生した時などのリスクを回避

■自動車保険事故や、慰謝料問題などのリスクを回避

■転職保険働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは、今の会社に居られなくなった時のリスク回避保険」として利用できるのです!



後ほど紹介する「リクナビネクスト」は、登録利用料無料も大きなメリットです(報酬は求人企業が支払っている為)

\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

求人ストックで選択肢を増やせる



転職意欲が低い内の登録メリットとして、求人ストックで選択肢を増やせるという利点もあります!



これは「メールアドレス登録+職務経歴書」を入力することで「転職先オファーをストックして、情報収集をシステム化できる」のです♪





例えば、僕がおすすめするリクナビネクストでは「直近3ヶ月で20件ほどのオファー」を受け取りました。



リクナビネクストで職務経歴書入力しておくメリット


オファー メリット

職務経歴書登録で受け取ったオファー例

オファー例



このように、今スグ登録しておけば「上司のパワハラでストレスが頂点に達した時」「ガマンの毎日に嫌気がさした時」の逃げ道確保を、15分もあれば対策できるのです♪



職務経歴書を入力しておいた方が良い理由


オファーやスカウトは採用企業側の追加料金支払いの為、採用本気度が高い

未経験採用であってもオファーを出すほど育成意欲が高いため、採用確率が高い

電話勧誘がない+メールを受け取るだけなので、ストレスフリー



PS.職務経歴書に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

リクナビネクスト登録利点

リクナビネクスト

そして業界最大級の転職サイトである、リクナビネクスト登録利点をご紹介しておきます。



リクナビネクスト登録メリット


就活で誰もが使用した「リクナビ」の転職版なので、使い方が理解しやすい

業界最大級の求人掲載数なので、転職しなくても必ず登録しておきたいサイト

電話や応募催促がキツい転職エージェントより気軽に使える

職務経歴書登録しておけば、自分の市場価値が分かる



このように「転職情報が一番集まっているサイト」なので、転職意欲が弱い内から登録メリットは大きいのです!!



しかも、再補足しておくと「職務経歴書登録でオファーやスカウトメールをストックできる」という利点もあります。



そのため「今の会社に一生勤めるつもりはない」なら、今スグ登録しておくべきサイトと言えます!!!



良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?


今スグ人生を変える覚悟を決めてリクナビネクストに登録すれば、理想の未来を引き寄せ始められますよ♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/