職場 馴染めない 半年

 

D

どうも!大島諒一(りょうさん)です♪この記事を見て下さり、ありがとうございます♪

今回は職場に馴染めない期間が半年!馴染む生き方GETテク21選のご紹介です。

 

「職場に馴染めない期間が半年続いていて、対処法を知りたい「場合によっては、転職すべきか悩んでいる…。」

 

あなたのために、10社を自ら経験し、転職サイトのライターとして1,000以上の求人記事を書いた僕の視点・体験談などをまとめました。

 

職場に馴染めない半年を振り返る

仕事 半年 辞める 疑問

 

D

ではまずはじめに、職場に馴染めない半年を振り返るについてご紹介していきます。

どの会社も入社後半年〜1年は慣れない

自由 会社

 

どの会社も入社後半年〜1年は慣れないのが当たり前なので、その期間は「ここに入社して良かったんだろうか?」と悩むものです。

 

さらに人間関係も構築できていないから、辞めたいという気持ちが強まっている可能性もあります。

 

しかもどの会社に入ってもある程度、「マジかそれ!?」と思うような時期が用意されています。

 

 

例えば僕は新卒で入った自動車営業の外回りを入社2週間でスタートし、2ヶ月目からはノルマを課されました。

 

僕以外の例でも制作部に入社した子は、1週間該当アンケート調査で武者修行のようなことをさせられていました。

 

他にも通信営業に新卒入社した結果、非人道的とも言える軍隊的入社後研修で、「心が一回死んだ」と言っていた先輩もいました。

 

 

そのため仮に転職しても、似たような場面に出くわす可能性はあると心がけておきましょう。

 

可能なら半年~1年は経験するのがベター

仕事 転職

 

可能なら半年~1年は経験するのがベターです。

 

なぜなら転職する際に「前職で得た経験や知識」を話せるようになるのに、それくらいはかかるからです。

 

実際紹介予定派遣も入社後半年程度仮雇用になるのは、そのくらい期間を見ることで「入社した人物がどのような人か?」を見定められるからです。

 

 

さらにどんなクソったれな職場でも学べることはあるので、入社できたのにスグ手放してしまうのは勿体ないという面もあります。

 

ただしどうしても状況が好転しない、自分のストレスが頂点に達しているなら、自分の適性に合った職場を探すのがベターです。

 

明確な理由があれば転職もOK

デメリット

 

そして結論として、明確な理由があれば転職もOKです。

 

そもそも終身雇用を生きてきた「今までの会社員生活」の人には、「石の上にも三年」と必ず言われます。

 

しかし終身雇用が崩壊した上に転職が一般化した現代では、周りの意見を聞いている程、適正に合った仕事で成長できる時期がどんどん遅れます。

 

 

そのため仕事を半年で辞めるのがOKだと、転職先の面接担当者が感じるような理由があれば、罪悪感を感じる必要はないのです。

 

明確な理由で辞めた体験談

自己紹介

 

参考までに明確な理由で辞めた体験談についてもご紹介しておきます。

 

僕は通信系営業 (派遣)で働いた時に、お金に困っていて業務内容をしっかり確認せず、墓場みたいな職場に入ってしまったことがあります。

 

■僕が勤めた通信営業部署

  • 個人の契約は1ヶ月更新
  • 渋谷の飲食店に手当たり次第飛び込み営業
  • wi-fiルーター拡販の為に3ヶ月単位で存続が更新されている期間限定部署
  • 日銭に困っている人間が50人位寄せ集められた営業部隊
  • 方針は1日訪問件数ノルマ達成の人海戦術

 

結果的に2ヶ月で辞めたのですが、数ヶ月先あるか不明の部署で一生懸命働けという方が無理難題だと思った経験でした。

 

このようにあなたも頑張り所が見当たらない状況なら、ガマンせずに転職を見据えた方が良いと思います。

 

転職前に自分の得意・好きを明確にする

ジョブバイブル トップ画像

 

なお、あなたが転職を考えているなら転職前に自分の得意・好きを明確にする必要もあるので、その点も紹介しておきます。

 

なぜならあなた自身の個性に合った仕事を選べない限り、ずっと苦しい現実が続いてしまうからです。

 

 

そのためどのような職種や業界が最適なのか?が明確になるように、僕の自己分析を参考としてご紹介します。

 

■大島諒一の好き・得意な事

  • アウトドアよりインドア派=室内業務派
  • 読書が好き=WEBライターや出版系向き
  • 芸術やデザインが好き=デザイナー向き
  • 人と情報共有が好きなので話す系向き
  • 自由が好き=IT系やベンチャー向き

■大島諒一の嫌い・苦手な事

  • 肉体労働や体を動かすのは苦手
  • ずっと人と一緒にいる仕事は嫌い
  • 公式通りが苦手=エンジニアに向かない
  • 規則が嫌い=大企業や公務員に向かない

 

以上のように僕は対人関係系とクリエイター系の両方に強みがあると分かりました。

 

そして結果的に「好きで得意」なWEBクリエイターに転職し、文字通り天職にたどり着いたのです。

 

このように自分の個性を棚卸した方が、転職をスムーズに進めることができますよ♪

 

 

そして「強み・弱みを知る」「より良い転職先を見つける」には、転職エージェントの登録がオススメです!

 

実際僕も自分を見つめ直したのは、転職を意識し出して「自分は何が好きか?」をエージェントと話し合ったからです。

 

 

そのため今すぐ転職する気は無くても、とりあえず「自分への求人情報」が手に入るようにしておくのがオススメです!

 

そうすることで、将来の選択肢をもっと広げることができますから♪

 

■第二新卒向けオススメ転職エージェント

 

■一般向けオススメ転職エージェント

 

職場に馴染めないと感じる瞬間

疑問

 

D

では次に、職場に馴染めないと感じる瞬間についてご紹介していきます。

社風や周りとノリが合わない

チーム

 

社風や周りとノリが合わない時に、職場に馴染めないと感じるケースが多いです。

 

実際会社によって気風や体質は全く異なるので、あなたの個性と合っていないケースは十分あり得ます。

 

「ひきこもり気質なのに体育会系の会社にいる」「派手好きなのに地味な会社にいる」などですね。

 

 

こういったアンマッチな環境に居続けると、落ち着ける感覚がないので心身がどんどん疲弊していきます。

 

そのため馴染めないことを気にしないようにするか、転職して環境を変えるのがオススメです。

 

昼休憩などに孤立しがち

プライベート

 

昼休憩などに孤立しがちなのも、職場に馴染めないと気づく瞬間です。

 

とくに休み時間というのはプライベート感覚があるので、素が出せる相手でないと付き合いにくいものです。

 

そのため周りが気を使ってしまう相手ばかりだと、「ぼっち」になってしまいがちなのです。

 

 

しかし逆に面倒くさい人間関係から離れられるなど、メリットも確実にあります。

 

勉強のために本を読んだり、自分のペースで昼休憩を取れるなど良い面に目を向ければ良いのです。

 

下手に外食ばかりに付き合って出費を増やすたりせずに、自分の時間を有効活用すれば良いと思いますよ♪

 

職場の人と話が合わない

会話

 

職場の人と話が合わないことで、職場に馴染めないと感じる瞬間もあります。

 

とくに自分の趣味や好きなことと価値観が合わないと、社内で話がしずらかったりします。

 

しかしそれ自体が職場に居続けにくい理由にはならないので、逆に同僚や周りの人の趣味に興味を持ってみるのがオススメです。

 

 

実際僕自身も同僚が好きな映画「アベンジャーズ」を見てから、その楽しさにハマり話が盛り上がった経験があります。

 

そのため価値観が合わないからといって諦めるのではなく、話を合わせる努力をしてみるのがオススメです。

 

自分の視野では触れなかったものに触れる事ができたり、良い気づきを得るチャンスだったりしますから♪

 

相談先が見つからない

好き 天職

 

相談先が見つからないのも、職場に馴染めないと感じる瞬間です。

 

やはり心の底を明かせる相手がいないということは、とても精神的なストレスが大きいです。

 

だからこそ会社の中に頼れる存在がいないのであれば、他の場所に活路を見出さないと今後辛い部分もあると思います。

 

もちろん彼女や奥さんなど、身内に相談しやすい存在がいればメンタルバランスを整えられるでしょう。

 

 

しかしそういった存在がいないのであれば、他のコミュニティで探したり、そんな存在を求めて新しい職場に転職するのもオススメです。

 

とても働きやすい環境になって、快適なワークライフバランスを実現できる可能性も高いですから♪

 

職場に馴染めない時の対処法

テク

 

D

では次に、職場に馴染めない時の対処法についてご紹介していきます。

馴染めないメリットに目を向ける

OK

 

馴染めないメリットに目を向けるのが一番の対処法です。

 

馴染めないということは、ゴーイングマイウェイで行ける面もあるので、自分の時間を創りやすかったりします。

 

他にもある意味馴れ合いの関係にならないので、仕事や自分のことに集中できたりします。

 

 

とはいえそこにずっと居続けるというのはとても苦痛になるので、ある程度我慢できなくなったら転職するのもアリですよ!

 

自尊心を高めて群れから卒業

残業を減らす方法

 

自尊心を高めて群れから卒業するのもオススメです。

 

そもそも職場に馴染めていないことを活かして、自分磨きに励んでいる優秀な人も沢山います。

 

しかも人や周りに合わせることを辞め始めると、「自分に合わせる」という感覚が育ち始めるというメリットもあります。

 

 

例えばなぁなぁで残業している周りに合わせずに、自分はテキパキと仕事して帰るといったパターンですね。

 

このように自分のリズムを作ったり、自分の生き方・ライフスタイルを見つめ直せるチャンスに使うこともできますよ♪

 

※なお以下の記事にて残業を減らすテクについても詳しくご紹介しているので、合わせて参考にご活用下さい。

残業を減らす方法!定時帰りを実現する王道効率化テク27選

 

自分の心を見つめ直すチャンス

自己紹介

 

職場に馴染めないのは、逆にいえば自分の心を見つめ直すチャンスです。

 

なぜならこのタイミングで「なぜ今の職場に馴染めないのか?」「自分はどんな環境なら馴染めるのか?」を見つめ直す事ができるからです。

 

そのため自分の心に向き合ってその答えを見出したり、自己分析をしてみるのがオススメです。

 

 

実際よくあるのが、あなた自身が成長して今の環境に合わなくなったというケースがあり得ます。

 

例えば周りが全員高卒だったのに、自分だけ大学に行くと話が合わなくなるわけです。

 

こういった感覚で周りとあなたのレベルがずれていて、話が合わなかったり馴染めないという事は十分ありますよ♪

 

1人は気の合う人間を見つける

仕事

 

全員に馴染む必要はないので、1人は気の合う人間を見つけるのもオススメです。

 

全員に対して八方美人になるより、1人との信頼を軸にメンタルバランスを整えるのもアリです。

 

とても心を打ち解けられる存在になったりするので、気楽に仕事に向き合えるようになりますよ♪

 

職場以外のコミュニティと繋がる

プライベート

 

職場以外のコミュニティと繋がるのも、職場に馴染めない時にオススメのテクです。

 

とくに普段の価値観とは違う人と繋がってみると、とても信頼できる相談相手になったりするものです。

 

 

そういった存在と飲みに行けたり、共通の趣味を持っている友人を会社以外に持っていると、精神的にとても楽です。

 

なぜならお互いが客観的に愚痴を聞き合えたり、第三者的な視点からアドバイスし合えたりするので、メリットが多いからです。

 

そのため新しい趣味を作ってみたり、かつてハマっていたことにもう一度チャレンジして、新しいコミュニティ開拓するのがオススメです♪

 

異動や配置転換を願い出る

キャリアチェンジ

 

異動や配置転換を願い出るのもオススメです。

 

とくにある程度組織規模があれば、異動できる場所はあるはずですし、あなたの意向を組んでくれる余裕もあるはずです。

 

しかしそういった望みが皆無の職場であれば、別の新天地を求めて転職活動をするのが将来的に一番安泰です。

 

転職活動で別の居場所を探す

転職エージェント

 

転職活動で別の居場所を探すのが、一番の解決策です。

 

実際僕が経験した話ですが、準官公庁系のNTTグループで働いていた時は「ペナルティも大きく、ミスできない社風」で息苦しく、職場に馴染めませんでした。

 

一方で転職サイトのライターとして働いていた広告会社はとても自由な社風で、NTT系より馴染める環境でした。

 

 

そのためもし「職場に馴染めない」と感じているのであれば、転職で解消できる確率は高いです♪

 

職場に馴染めない時のリフレッシュテク

テク

 

D

では次に、職場に馴染めない時のリフレッシュテクについてご紹介していきます。

美味しいものを食べる

美味しいもの

 

気持ちを切り替えるためには、美味しいものを食べるのがオススメです。

 

もちろんあなた自身が好きな食べ物を食べるのが一番ですが、そうでないなら「牛肉」がベターです。

 

なぜなら牛肉には「幸せホルモン」と呼ばれている「セロトニンを作るトリプトファン」が豊富だからです。

 

 

この「セロトニン」が減ると、人はイライラや疲労感が増えやすいと言われているので、定期的に「トリプトファン」を摂取した方が良いのです。

 

実際僕もこの事を知ってから、週に一回は「いきなりステーキ」「ステーキくに」などのハンバーグorステーキランチを食べるようにしました。

 

結果的にランチ後「幸せオーラムンムン状態」で仕事に取り組む事ができ、とても効果的だったのを覚えています。

 

 

他にも綺麗な女の子と会話しつつ肉やハンバーガーも食べられる、フーターズなども良く行っていました。

■フーターズ

フーターズ

出典:フーターズ

このような自分なりの「定期的に行きたくなる店」を持っておくと、足を運びやすかったりしますよ♪

 

温泉やスーパー銭湯に行く

温泉

 

温泉やスーパー銭湯に行くのもオススメです。

 

なぜなら「お風呂が好き・毎日入る人ほど幸福度が高い」という調査結果が出ているからです。

■「おふろ白書2017」〜おふろと幸福度〜

おふろ白書

出典:NORITZ

僕は昔「時間と水道代が勿体ない」という理由で、毎日シャワーで済ませている時期がありました。

 

 

しかしある時から「毎週日曜日はお風呂の王様で1週間の疲れを取る+エビスビールで自分を労う」という生活習慣を作りました。

■お風呂の王様

お風呂の王様

出典:お風呂の王様

結果的に1週間のメリハリも付くようになったり、幸福なエネルギーも増えてやり気が持つようになりました。

 

 

もちろんただのお風呂も良いですが、高濃度炭酸泉など「温泉の効能」を持ったお風呂に定期的に入る習慣を作ると、幸福度が上がりますよ♪

 

ノートにネガティブな気持ちを殴り書き

ノート

 

ノートにネガティブな気持ちを殴り書きするのも大変効果があります。

 

カラオケで叫んだり、段ボールを破るストレス解消法もありますが、紙に書くのは一番手軽にできるのでオススメです。

 

 

「あんなミスをした自分なんてもうキライだ!」とか、落ちるとこまで気持ちを落とすんです。

 

中途半端に後悔を引きずるより、「もう悩むのやめよう」と切り替えるタイミングを早めて、ミスを忘れることができるからです。

 

この方法はイライラする人がいる場合にも気持ちを吐き出せるので、習得しておくのがオススメですよ♪

 

感情を発散した方が良い理由

自己紹介

 

ちなみに感情を発散した方が良い理由についてもご紹介します。

 

そもそも「感情のコントロール=喜怒哀楽を抑え込む」と勘違いしている人も多いのですが、それでは悪循環です!

 

なぜなら人間の感情というのは食べ物のようなもので、蓋をして沈めようとすると臭い生ゴミのようになるからです。(つまり腐る)

 

 

しかも以下の図の通り、怒りは感情の一番表面にあるため、怒りを我慢するほど他の感情を出せなくなってしまうデメリットもあります!

 

喜怒哀楽

 

そのため直接怒りを直接表明するのが恐ければ、あなたなりのストレス発散法で怒りを消さないと、うつ病患者のようになってしまいます!

 

リラックスする音楽を聴く

プライベート

 

リラックスする音楽を聴く習慣を取り入れるのもオススメです。

 

大好きなアーティストを聴くのもアリですが、Youtubeに上がっているリラックス音楽を聴く、瞑想を取り入れるのもオススメです。

 

 

実際僕も昼の休憩時間には、瞑想CDを10分ほど聴いて心身を落ち着ける習慣を取り入れていました。

 

その結果として、仕事前や仕事中もネガティブな気持ちに囚われないようできましたから♪

 

 

このようにネガティブな気持ちに歯止めが効かないのであれば、音楽の力を借りるのもオススメです!

 

また心のデトックスとして有名なハワイの秘術「オポノポノ」を聴き続けるのもオススメなので、以下に合わせて紹介しておきますね♪

 

■「(1時間バージョン)聞くだけ浄化☆オポノポノ☆」(1時間)

 

職場に馴染めない半年対策まとめ

 

以上が職場に馴染めない期間が半年!馴染む生き方GETテク21選のご紹介でした。

 

ぜひ素敵な天職人生を見つけて楽しんで下さいね。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪