職場 20代 自分だけ

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「職場の20代が自分だけで気まずい…勤務継続メリット・デメリットまとめを知りたい!」

相談女性3

仕事の職場で「20代社員が自分しかいない環境」にいる…。人間関係スキルやキャリア可能性のメリットはあるけど「相手が年上ばかりでストレスも多い」から、将来が不安…。

相談男性3

世代が違いすぎて「入社してからずっと悩み相談相手がいない。」雰囲気が合わないなら「退職&転職」すべき企業例は?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「職場の20代が自分だけで気まずい経験」をした事がある為、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「職場の20代が自分だけで気まずい時の対処法」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

職場20代は自分だけ【デメリット】

目次

 

諒

ではまずはじめに、職場20代は自分だけ【デメリット】についてご紹介していきます。

 

価値観・話が合わない

 

価値観・話が合わないデメリットは大きいです。

 

なぜなら「信頼関係・コミュニケーションが必要な仕事ほど、価値観が違いすぎるとズレが生じてくる」からです。

 

転職活動 途中でやめる

 

例えば「これヤバイですね!」と何気なく話した時、若い世代は「ポジティブな意味」で使っていても、ベテランは「ネガティブな意味」で捉えたりします。

 

必然的に「こいつ!何かやらかしたのか!」と突然叱られるミスジャッジが来る可能性もあります。

 

同僚

見て下さい!この取引先からのメール、俺の事マジでヤバイって書かれてるんですよ!

上司

何!お前何かやらかしたのか!

諒

課長、違いますよ?ccで見ましたけど、こいつは「この前の仕事の手際が良かったって、俺の事褒めてくれてる」って意味で、ヤバイって言ってるんです。

上司

そ、そうかぁ…。紛らわしいなぁ…。

同僚

助かりました♪ありがとうございます♪

 

このように「間に入れる先輩がいれば問題ないような事」も、年齢層が離れすぎていると色々価値観ズレが起きてしまい、コミュニケーションエラーが出たりするストレスがあるのです。

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

上下関係にとても気を遣う

 

上下関係にとても気を遣うというデメリットもあります。

 

そもそも、個人的な感覚としては「年上に気を使うレベルは、以下のように変わってくる」と思っています。

 

年上に気を使うレベル

物覚えが悪い 向いてる仕事

  • 数歳程度の差=ある程度「気を使わず」に話したり相談しやすい
  • 12歳以内の差=「気は使う」が、ある程度共通の価値観で会話できる
  • 12歳〜24歳の差=共通の価値観が割と少なく「仕事話以外だと、ちょっと関わりにくい存在」
  • 24歳以上=「両親世代」に該当しており「完全に価値観が異なる存在」

 

何千人も会ってきた中で、僕個人はこのような感覚を持っています。

 

その為「20代の若手の時に、12歳以内の年上が一人もいない環境」というのは、正直言って非常に心細さを感じました…。

 

その為「周りが年上ばかり+気軽に相談できる頼れる相手がいない」なら、後ほど紹介する解決策を試すべきですよ♪

 

 

※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

雑務・後処理が集中する

 

雑務・後処理が集中するというデメリットもあります。

 

残念ながら「飲み会」「イベント設営」「細かな雑用」などは、どの会社でも若手に集中するのが一般的です。

 

しかし、ある程度若手層がいれば分散して対応できますが「1人or職場メンバーに対して少数しかいない」場合、結構面倒くさい頻度で雑用が回ってきます。

 

おっちょこちょい 向いてる仕事

 

その為、組織の他事に追われて自分の仕事が中々進まず、残業続きになってしまうなどのデメリットもあるのです。

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

身近な目標がいない

 

身近な目標がいないというデメリットもあります。

 

先ほど、僕なりの「年齢別・年上への関わりやすさ」をお伝えしましたが、それは「憧れて学びたいと思える対象年齢層」にも関連してきます。

 

即ち「20歳〜30歳も年上の存在だと、憧れる事は出来ても、色々学んで近づいていける感覚」はないからです。

 

圧迫面接 帰る

 

その為「周りの年上は自分と違う存在」という感覚が強くなっていき「この人のようになりたい!」といった成長意欲が削がれてしまうリスクがあるのです…。

 

気軽に頼ったり相談できない

 

気軽に頼ったり相談できないというデメリットもあります。

 

数歳程度の差であれば、ちょっとした事も気軽にお願いしたりしやすいですが、20歳〜30歳以上の年上しかいないと、中々相談しにくいものがあります…。

 

同僚

先輩!ちょっと●●の案件で悩んでて、相談に乗って欲しいんですけど…。

諒

良いよ?♪何?

 

同僚

課長…。ちょっと●●の案件で悩んでて、相談に乗って欲しいんですけど…。

上司

ん?自分で解決できんのか?ちゃんと検討し尽くしてから、聞きにきてるんだろうな?

同僚

いえ…。すいません…。

 

このように、年の離れた人しか周りにいないと「大きな悩み以外相談できない雰囲気」に陥ってしまいやすい為、大失敗を犯すリスクを抱えてしまう可能性もあるのです。

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

職場20代は自分だけ【メリット】

目次

 

諒

では次に、職場20代は自分だけ【メリット】についてご紹介していきます。

 

指導されやすい=成長しやすい

 

指導されやすい=成長しやすいメリットはあります。

 

なぜなら「若手へのデメリットが集中する=メリットも集中する」からです。

 

成長

 

もちろん、叱られたり指導される機会が多いのは、決して嬉しいわけではありませんが、その分確実に「同世代のぬくぬく育っている人」より、仕事能力は早く上がっています。

 

その為、数ヶ月〜1年単位ではイヤな環境と感じていても、数年単位で考えれば「市場価値を上げやすい環境」とも言えるのです♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

若い内から色々任せてもらえる

 

若い内から色々任せてもらえるというメリットもあります。

 

若手は基本的に「手を挙げるほどやらせて貰えるケースが多い」為、積極的に色んな事に挑戦しやすい環境にいるとも言えます。

 

出世 諦める

 

その為、同年代が周りにいない事を逆手にとって「今のうちに沢山経験して、レベルアップしておくんだ!」と捉えるのもアリですよ♪

 

根回しや年上懐柔が上手くなる

 

根回しや年上懐柔が上手くなるというメリットもあります。

 

もちろん、世の中には「若手世代のみの会社」なども一定数ありますが、大半は「必ずどこかで自分より一回り〜二回り以上年上の先輩と関わったり、根回しする仕事」があるものです。

 

その為、年上の方と一緒に仕事をしたり、こちらの意図通りに動いて欲しい場合、日頃から慣れている人とそうでない人では、実力に雲泥の差が出ます。

 

転職エージェント おすすめ

 

その為、一生今の会社に勤めるか?は別として、離れた年上しかいない事をチャンスと捉え「高齢の年上に気に入られる&可愛がられる技術」を磨くのも、一つの選択肢としてアリですよ♪

 

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

職場20代は自分だけ【勤務継続】

目次

 

諒

では次に、職場20代は自分だけ【勤務継続】についてご紹介していきます。

 

優良ホワイト企業で勤務しやすい

 

優良ホワイト企業で勤務しやすいなら、そのまま働き続けるべきでしょう。

 

特に、古くからの大企業系は「平均年齢40歳以上」というケースも多く、配属部署によっては「若手は自分だけ」という例も少なくありません。

 

※幸か不幸か?「就職氷河期世代(1970年〜1980年頃生まれ)の方以降」は、IT系企業などに多く流れている為、古くからのメーカー系企業などは、その層がゴッソリいなかったりします

 

会社

 

とは言え「福利厚生が充実している」「給料が良い」「定年まで見据えたキャリア形成ができる」などの魅力があるなら、そのまま働き続けるべきと言えますよ♪

 

学びたい先輩・上司がいる

 

学びたい先輩・上司がいる場合も、勤務継続した方が良いでしょう。

 

なぜなら「同世代の仲間・知り合いはいくらでも見つけられるが“影響を受けたい”“憧れる”と感じられる年上は、簡単には見つからない」からです。

 

目次 10

 

残念ながら「毎月定額の給料が入ってくるサラリーマン」の性質上、魅力的と言えるほど自己研鑽している大人は、世の中にはそれほど多くないのが現状です。

 

※感覚的には「大企業レベルでも、10課に1名いるかな?(50〜100名中1名)」くらいのイメージです

 

その為「この人に付いて行きたい!学びたい!」と思える方がいるなら、その方にしっかり付いて学ぶのがベターですよ♪

 

同年代仲間はオフで探せばOK

 

ちなみに「仕事の事や諸々の事を気軽に相談できる同世代がいない」という悩みなら、同年代仲間はオフで探せばOKです。

 

もちろん、会社の具体的な悩みを共感できるのは社内の人間だけですが、大抵の悩みは「社外の知り合いでも共有できるもの」です。

 

※「仕事の悩み」「上司への不満」「ミスした時の落ち込み」など

 

人手不足 休めない 体調不良

 

その為「社内に気軽に関われる知り合いがいない→それを補完できる相手を社外で探す」という考え方に切り替えればOKですよ♪

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

職場20代は自分だけ【転職必須】

目次

 

諒

では次に、職場20代は自分だけ【転職必須】についてご紹介していきます。

 

斜陽産業or会社に将来性がない

 

斜陽産業or会社に将来性がないなら、どこかのタイミングで転職すべきです!

 

そして特に問題なのが「年功序列・終身雇用制が残っている+自分世代ではその恩恵を与えられない企業」にいる場合です。

 

 

なぜなら「どれだけ頑張っても勤続年数評価の為、やる気が有っても無くても同じだと気づき、早期にモチベーションを失った人が多い」からです。

 

もっと言うと「頑張ったら来月から月収50万になる会社」と「60歳手前になったら月収50万円になる会社」のどちらに、若いリーダーが多いか分かりますよね?

 

もちろん「高齢でもやる気のあるリーダー」が沢山いれば良いですが「若い時代に薄給で働かされて、ようやく高給を貰える人間」が、晩年に情熱を燃やせる例は非常に稀です。

 

 

しかも現代日本は、そのような「ピークを過ぎた晩年責任者が中心の年功序列組織」が多い一方で、若手がリーダーシップを発揮して、どんどん成長してきた「先進国」「新興国」と競争相手が激化しています。

 

その為、このような「イノベーションを生み出してきた企業」に対して、イノベーションを生む気骨あるリーダーを育んでこなかった日本企業は「若手が無能組織の尻拭い役に回されている」可能性が高いのです。

 

現代で年功序列は倒産危険予備軍

 

現代で年功序列は倒産危険予備軍なのに、それを理解していない会社だからクズとも言えます。

 

なぜなら「年功序列を前提に、長いスパンで製品知識習得や育成をしていたら、あっという間に製品寿命が尽きる」からです。

 

実際、以下のグラフから分かるように、商品ライフサイクルはここ30年で劇的に短くなっています。

 

商品ライフサイクル

プロダクトライフサイクル

出典:Logmi biz

 

このように「1970年以前は5年以上、商品の6割が売れ続けた」のに対して「2000年以降は3年以内に商品寿命が8割尽きる」のです。

 

しかし「会社に出勤してればOKと考えている人が蔓延している組織」が、立て続けに新商品・サービスを生み出して利益活動できると思いますか?

 

つまり「年功序列でじっくりものを作る組織VSイノベーターが多いスピーディーな組織」では、必然的に年功序列組織が喰われていくのも無理ないのです。

 

上司

俺の時代は、この商品を30年近く売り続けることができたからラクだったわ♪

諒

いや、変化の早い現代ではそんな物ほぼないから!俺の世代はスピーディーに仕事しなきゃならんの!アホか?!

終身雇用・年功序列の崩壊リスク

 

そして「終身雇用・年功序列の崩壊リスク」も問題です。

 

※それを知る上で、過去と現在の「企業寿命」を知っておいた方が良いでしょう。

 

1965年〜2030年の企業寿命推移

企業寿命

※出典:リクルートワークス研究所

 

このグラフから分かる通り、バブル崩壊前までの世代にとっては「企業寿命=30年〜40年」です。

 

つまり「20歳前後に新卒入社して、55歳以降に定年退職が成立していた世代」では、終身雇用・年功序列が正しく機能していたわけです。

 

幸福

 

しかし一方で、バブル崩壊後以降の社会人にとっては「企業寿命=10年〜20年」です。

 

つまり「20代から働き始めて、60代でリタイアする場合」でも、平均2回〜4回は会社にいられなくなる危機が迫るということです(もしくは実際に倒産)

 

これの違いが「1つの事しかやらず変化しない企業文化」を残してしまっている為、その硬直が「100年に一度の大変革期」において、対応の遅れを生み出しているのです。

 

不適職でストレスが強い

 

不適職でストレスが強い場合も、どこかのタイミングで転職すべきでしょう。

 

例えば、僕は数学&理科が苦手で「文系大学卒」なのに「数学的素養が求められる、IT系セールスエンジニア」として働いていた時期があります。

 

必然的に、その時は「毎日計算式やルート設計図などと向き合う仕事」になってしまい、日々地獄のような感覚で「周りが敵だらけ…。」と感じながら働いていました…。

 

転職先 ブラックだった

 

しかし、その後紆余曲折を経て転職した「転職サイトのWEB制作職」は、自分の文系的素養を活かす事ができ、とても楽しく働けるようになりました♪

 

そして、この経験から言える事は「自分が苦手意識を感じる事を仕事にし続けるのは苦痛=周りが敵だらけ感覚に陥る」という事です。

 

その為、後で紹介する「適職診断」などを参考に「自分にとって快適な働き方」を見つめ直すのがおすすめですよ♪

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

転職サイト gif

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職



僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。


なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。


事務職で働いていて不安に感じていたこと

成長

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった



正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!


そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。




具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)


ルート営業 つらい

このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。




しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!



中途採用 放置 退職

そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪

失業後に4ヶ月かけて転職



また別の機会ですが、失業後に4ヶ月かけて転職した経験もあります。


この時は「失業保険即時受給=3ヶ月間月15万円程度」を受け取っていたのですが、その余裕に甘んじてダラダラ活動してしまい、貯金が底を付いてしまったのです…。


※「契約更新がある雇用(派遣/契約社員)は、契約満了後に最速で失業後2週間程度から受給開始できる」「正社員&自己都合退職は2〜3ヶ月給付制限がつく」


仕事 ミス 大損害

結局「お盆に実家帰省した折、両親から20万円をサポートを貰う→失業4ヶ月後に転職先決定」して、何とか窮地を脱しました…。


※正直言って、イオンのフードコートで両親に泣きながら「転職活動資金がないからお金を下さい…」と悔し涙を流した記憶が、今でも鮮明に残っています…。


涙 失業

そして、このように悔しい経験をした僕から言えることは、「自分の乗っている船(会社生活)が危機に陥った時、乗り換える船(転職先/稼ぎ先)を用意しておく」のが非常に大切です!


その為「転職ライター」「転職経験10回」「三職種以上」を経験した僕が、責任を持って「万一に備えた転職対策」について補足しておきます♪

辛い時は意欲が完全に0



まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


仕事量 少ない人

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!


保険を利用する安心例

祝日休みじゃない会社

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/




【職種転換+副業に最適】アフィリエイトブログ運営

アフィリエイトブログ

強烈な影響力のあるブログ TOPアイコン



また、今の所転職する気はないけれど「自分の力でお金を稼げるようになりたい!」「副業にチャレンジしたい!」方におすすめなのが「アフィリエイトブログ」です。


「初期投資0円〜3万円以内」「月額数百円〜3,000円以下」で稼ぐ環境を獲得でき、アルバイトの稼ぎでも維持できる為「初心者におすすめな最初の副業」として、自信を持っておすすめできます!


さらに、稼げるようになれば「会社依存の抑圧感覚を減らせる→上手く軌道に乗れば、会社員から独立できる(経験者談)」というメリットもあるので、挑戦しないのは損ですよ♪


\アフィリエイトブログの副業ノウハウはこちら/




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

まとめ

 

諒

以上が職場の20代が自分だけで気まずい…勤務継続メリット・デメリットまとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/