50代 おっさん うざい

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「50代のおっさんがうざいしめんどくさい!ストレスじじい対処法を知りたい!」

相談女性2

「職場いじめする意地悪おじさん」が女性社員or仕事の上司で最悪…。相手にせず無視するコツを知りたい!

相談男性3

ずっと「悪口や悩みに付き合う」のは、性格が歪みそうでイヤだ!転職先を探し始めるのが「心を落ち着ける」のに必要なコツ?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕は「50代のおっさんがうざいと思った経験」がある為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「50代のおっさんがうざい体験談及び、快適人生をゲットするコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

50代のおっさんがうざい【特徴】

目次

 

諒

ではまずはじめに、50代のおっさんがうざい【特徴】についてご紹介していきます。

 

要領&頭が悪くてイライラする

 

要領&頭が悪くてイライラするというケースは多いです。

 

例えば「成果の出し方のコツを聞いてくる」「何でも頼ってくる」など「仲間だから良いように頼って良い(依存してOK)」と勘違いしているなどです。

 

仕事 ミス 大損害

 

その為「無視する」「ある程度波長を合わせずに、適当に関わる」などで、自然と一定の距離を取れるようになりますよ♪

 

悪口・愚痴がヒドい

 

自信がなかったり、自己否定が多い人ほど、悪口・愚痴がヒドいケースもあります。

 

なぜなら「人の脳は“主語を理解できない=自分と他人を区別できない”」為、自己否定が多い人ほど他者否定も多いからです。

 

パワハラ上司 心理

 

その為、飲み会などに行って「ひたすら上司や先輩の愚痴で終わるケース」も多いですが、ハッキリ言ってどこかで辞めた方が良いでしょう!

 

なぜなら「あなたがストレスの溜まる歪んだ働き方に染まっていっている証」だからです。

 

パワハラ トラウマ

 

実際、僕は「転職サイトのWEBライター」に適職転職してから、愚痴に染まり切ったストレス解消の飲み会を断るようになりました。

 

具体的には「適職・天職で日々楽に働けるようになった為、他でストレス発散する必要がなくなった」為です。

 

その為、愚痴ばかりのネガティブ人間集団だとしたら、それに嫌悪感を持っているあなたも「ある程度ネガティブに染まっている」ので、長期的には転職を視野に入れた方が良いでしょう♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

面倒事を押し付けてくる

 

面倒事を押し付けてくるというケースもあります。

 

あるある

自由

  • 飲み会の幹事・イベントの取りまとめなどを押し付けてくる
  • 「仲間のよしみで♪」と言って、仕事やサポート依頼をしてくる(奪う思考の人)

 

このように「仲間だから気軽に甘えられる」というマインドで、責任を押し付けてくる厄介なタイプも一定数います。

 

しかし、そもそも「あなたが先に相手に恩を感じるような事をしてもらっている」なら話は別ですが、相手が特に何もしてくれていないのに責任を押し付けてくるなら、断っても良いでしょう。

 

もしくは「じゃあ、次回同じような事があったら、お前はちゃんと引き受けてくれるんだろうな?約束だぞ?」と念を押しておくのもアリですよ。

 

不利益なことは無視してくる

 

不利益なことは無視してくる人も多いです。

 

「良いことだけは首を突っ込んで、悪い不利益はスグに避ける」というクズは、残念ながらどんな職場でも一定数いました。

 

 

とくに「責任を取りたくない」という人もいたりするので、責任転嫁できる相手に責任を押し付けて、自分は逃げるというケースがあります。

 

頭痛

 

実際僕も、しばらくそういう相手に付け込まれましたが、ある時から「イヤ、それはお前がちゃんとやれよ?」と伝えられるようになってから、関わらなくなりました♪

 

上司

ちょっとこれもやっておいて〜♪

諒

いやそれ!あなたの責任領域でしょ?自分でやって下さいよ!

上司

そうだね…、ごめんなさい…。

 

その為、あまり不愉快に感じるのであれば、ある程度キッチリ嫌味を言って、遠ざけたほうが良いですよ♪

 

何事も小バカにしてくる

 

何事も小バカにしてくる人も多いです。

 

「そんな事も分からないの?」「バカじゃないの?」といった、人をけなすことが当たり前になっている人格否定者ですね…。

 

 

しかし、逆に言えば「あなたが相手に対して、同様の事を言ってもOK」とも言えます。

 

「その位覚えておけよ?ボケました?」「頭悪いなぁ…」といった、相手の言葉尻と同じことを返すわけですね。

 

諒

そんなことも覚えてないの?シャキッとしろよ!

上司

……。

 

これで相手が反発してきたら「イヤ、あなたもいつも同じような事言ってますから!」と言って、対等な立場で発言すれば良いですよ♪(時には忖度したほうが良いかもですが…)

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

機嫌が悪いと周りに当たる

 

機嫌が悪いと周りに当たる人も多いです。

 

イライラしてる理由は色々あると思いますが、日によって機嫌の上下が激しいのです。

 

 

実際僕も、このタイプと仕事した経験はありますが、とにかく「機嫌悪くいれば、周りが言うこと聞く」と勘違いしているんですよね…。

 

上司

ちょっとお前!うるさいぞ!

諒

仕事してんだから仕方ないだろ!他の人は何も言ってないだろ?お前が我慢しろや?

 

このように、ある時我慢の限界が来てブチギレたのですが、それ以後少なくとも「僕に対するいじめ」は消えました。

 

こういうタイプは「いじめやすい人」を狙って攻撃する為、舐められないように仕返しする事で、安全圏へ離脱できたりしますよ♪

 

揚げ足をとって嫌味を言う

 

揚げ足をとって嫌味を言うケースもあります。

 

嫌味を言う人

同僚

  • そんなことも知らないの?どんな勉強を学校でしてきたんだか(笑)
  • これ一般常識だよ?どんな育ち方してきたの?
  • そんな年齢にもなってこれだけの事しかできないの?

 

このように「モラルを盾にした人格否定」をしてくる為、イチイチ腹が立つんですよね!

 

 

そして、こういう人間がいる職場は「周りも見て見ぬふりをして“触らぬ神に祟りなし”状態」だったりします。

 

その為、あなたが「牙を向いて仕返し」するか?転職して目の前から消さない限り、手助けや守ってもらえる可能性は低いでしょう。

 

※また、嫌味を言ってくる自分勝手な相手を成敗するコツについては、以下のリンク先にて「パワハラ相手を追い込むコツ」などを紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

プライベートを執拗に聞く

 

プライベートを執拗に聞く人も多いです。

 

「恋人はいるの?」「家族とは仲良いの?」「地元は?」「貯金は?」「将来どう考えてるの?」と執拗に聞いてくる人がいますね。

 

時には職場にいると鬱陶しいタイプとも言えるので、必要以上に近づかず距離をとっておいた方が、精神衛生上良いですよ♪

 

単純に波長が合わない

 

単純に波長が合わないというケースもあります。

 

「文化系なのに体育会系に入ってしまった」「文系なのに理系に入ってしまった」など、あなたの個性と異なる環境に入ってしまった場合、地獄が続く可能性は高いです!

 

家族経営 うんざり

 

その為「間違った環境に居続けるストレス」から離れる為にも、自分の適職傾向を把握し始めたり、転職準備を始めておいた方が、低ストレスで毎日過ごせるでしょう♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

50代のおっさんがうざい【心理】

目次

 

諒

では次に、50代のおっさんがうざい【心理】についてご紹介していきます。

 

気が小さい=自信がない

 

気が小さい=自信がないケースは非常に多いです。

 

なぜなら「いじめる人は、自分の現在位置に自信がないから弱い者いじめして、メンタルバランスを取っている傾向がある」からです。

 

パワハラ上司 心理

 

基本的に「立場が上の存在に卑屈な人間=立場が下の存在に傲慢な人間」になりがちです。

 

その為、そのようなクズを相手にした場合の処世術としては「上の者に密告」「格下の立場からの脱却」「関わらない無視」などで是正すべきです。

 

残念ながら、世の中には一定数そのようなクズが存在する為、少なくともあなたは「そいつと関わらない人生」を構築すべきと言えますよ♪

 

過大評価の立場にいる

 

上司などの立場に男がいる場合、過大評価の立場にいるというケースも多いです。

 

とくに「年功序列&終身雇用社会」では「入社年度=年齢が評価対象」の為、極論を言えば無能でも課長くらいになっていたりします。

 

女上司

 

その為、そういう人に「それ?課長としてどうなんですか?」と言った「不相応な立場にいる弱点を指摘する発言」をすると、途端に怒り出したりする事もあります。

 

上司

そんな事は分かってるさ!俺だって好きでこの立場にいるわけじゃない!

 

ただし「お前はショボい!と直球で言う=イヤな仕返しが来る可能性もある」為、どうしてもやりたいなら、僕のように退職前提でやり尽くすのが良いでしょう♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

承認欲求が強い

 

承認欲求が強いという心理もあります。

 

要するに褒められたがりなわけですが、過度に依存度が高い人の場合「褒められる為に、一方で誰かを貶す(けなす)」という行動をとっていたりするものです。

 

女上司

ほら♪私こんなに部下を怒ってるのよ♪スゴイでしょ?

 

このように、極めて迷惑な存在ですが「部下・後輩にキツく当たれる=優秀で褒めてもらえる」という面倒くさいクズが一定数いるのも事実です。

 

その為、このような弱点上司の場合「それはシンプルにイヤな行動です」と直接言い返したり、それが難しいなら第三者仲介で伝わるように仕向ければ良いのです。

 

偏屈+視野が狭い

 

偏屈+視野が狭いという心理パターンもあります。

 

上司

俺の時代は、皆こうやって来たんだ!

 

このように「自分の非or間違いを認めたくない為、感情的になっていじめ解決しようとするクズ」も一定数います。

 

しかし、このような「感情的になれば物事は解決すると勘違いしている動物野郎」に対しては、淡々と「エビデンス(根拠)・正論」をジワジワ続ければ良いのです。

 

モラハラ上司 追い込む

 

そもそも相手が間違っているわけですから、時間をかけて外堀を埋めていけば、その内相手を正す事が出来る可能性も増えていくはずです。

 

もしくは「上司より上の役職者に直談判して、一気に正して貰う」事で、あっという間に解決する事もありますよ♪

 

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。

具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

カイジ 覚悟出典:カイジ



このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。

しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!


そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

カイジ 無気力出典:カイジ



それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪


転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちらが一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
「短期離職で誇れるキャリアがない…」「就活失敗したから、職種転換を含めて未経験OK企業に転職したい」なら、Re就活がおすすめです。

Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験からの職種転換OK企業多数」「転職博でイベント参加できる」など「20代の就活やり直しを徹底サポート」してくれるサイト。

登録するだけなら「スカウトなどは来ても、エージェントからの連絡なし」「情報収集のみに使える」為、キャリアのやり直しを考えるなら、登録必須のサイトと言えますよ♪

Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
「適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 俺が王様だ

出典:テニスの王子様