土曜出勤 頭おかしい

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「土曜出勤は頭おかしい!時間の貧困を阻止するコツを知りたい」

相談女性2

「週6勤務+1日休みの企業」は労働基準法違反じゃないの?

相談男性3

「1週間週4~5日以内」で業務を回せて「土日法定休日の仕事」に転職したいから、問題点や必要手順を知りたい!

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「土曜出勤させる企業はマジで頭おかしいと感じた経験がある」為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「土曜出勤で頭おかしい環境の対処法」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

土曜出勤は頭おかしい【一般知識】

目次

 

諒

ではまずはじめに、土曜出勤は頭おかしい【一般知識】についてご紹介していきます。

 

土曜出勤は休暇少なめリスクあり

 

まず大前提として、土曜出勤は休暇少なめリスクありです。

 

そして「休みに関する求人記載ルール」を以下に補足しておく為、求人チェックの参考にして下さい。

 

休みに関する求人記載ルール

リラックス

  • 週休二日制=1ヶ月4〜5週の内「1回以上2日休み」があれば該当
  • 完全週休二日制=「毎週どこかで合計2日休み」があれば該当
  • 完全週休二日制(土日)=毎週必ず「土日に休日取得」できる
  • 完全週休二日制(土日祝)=毎週必ず「土日に休日取得」+「祝日があればその日も休める」

休みに関する求人記載ルール補足

否定 拒否 NO

  • 「最長・年間休日125日以上」=「土日祝休み」+「夏季休暇・年末年始休暇」などを含む
  • 「一般的・年間休日110日」=「土日休み」+「祝日出勤or祝日休みで土曜に出勤」変更
  • 「最短・年間休日105日」=「労働基準法ギリギリ」の働き方

※いずれの休日形態でも「年間休日日数●●日」という合計休日数が記載されている

労働基準法の最低ライン

 

合わせて、労働基準法の最低ラインについても補足します。

 

労働基準法の最低ライン

役所

  • 「週に1日」or「4週間中休日4日」or「週40時間以内勤務」が最低ライン
  • 「年間最低105日」が最低ライン(週4日/52日+長期休暇/約15日+その他38日で成立)

 

このようなルールになっていますが、ここから先は「2割5分増の残業代適用」で延長する事ができます。

 

そして、企業の中には「みなし残業代orサービス残業=休日出勤常態化」しており、実質土曜出勤込みの週6勤務を強いているケースもあるのです。

 

その為「建前上は週5勤務だけれど、実質週6勤務でプライベートが潰されている」なら、転職などを考えた方が良いですよ!

 

みなし残業制のリスク

 

また合わせて、みなし残業制のリスクについても補足しておきます。

 

具体的には「みなし残業などで、残業代がつかない正社員」として働いていた場合、時給換算すると悲惨なケースがあるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

借金 リボ払い

  • 年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)
  • 年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円
  • 33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円
  • 1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このように、たとえボーナスを貰って年収400万円でも「残業代なしで22時ごろまで働いている人」は、アルバイト並みの時給になっているのです。

 

もちろん、月給制には「毎月同じ金額が入る安心感」がありますが、残業が多すぎる場合は「派遣社員のほう時給が高いケースも多い」のです。

 

 

そして出世していき「表面上は年収が上がった場合」でも、時給換算してみるとそれほど増えていないケースもあります。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

否定 拒否 NO

  • 年収600万円の例(賞与・役職手当含む)
  • 年収600万円÷12ヶ月=月給約50万円
  • 50万円÷24日勤務(土曜日を4回出勤)=日給2万833円
  • 2万833円÷15時間勤務(残業5h/日)=時給1,388円

 

このように、正社員で出世していても「一緒に働いている派遣社員の方が時給が高い」という現実があるのです。

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職+諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

土曜出勤は頭おかしい【デメリット】

目次

 

諒

では次に、土曜出勤は頭おかしい【デメリット】についてご紹介していきます。

 

一般的な休日に働いてる苦痛

 

一般的な休日に働いてる苦痛はデメリットです。

 

なぜなら「長期休暇で楽しそうな人達の雰囲気や行動」が空気感として感じられる為「どうして自分は、この人達と同じ幸福を味わえないんだろう…。」という鬱憤感情が出てくるからです。

 

お局 ストレス

 

もちろん、同じ会社の人間は同じ休みサイクルの為「自分達は自分達のルールがある」と割り切れればOKですが、そうでない場合、キッチリ休める企業への転職を考える必要性が出てくるのです。

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

長期連休を取得しにくい

 

長期連休を取得しにくいというデメリットもあります。

 

なぜなら「土日祝休み&長期休暇アリの会社なら、有給を追加して3連休〜8連休程度も確保できる」のですが、土曜勤務常態化の会社はそれが実現しにくいからです。

 

仕事 ミス 大損害

 

その為「長期大型旅行は中々難しい」というデメリットもあるのです。

 

確定休みがなく緊張感がある

 

確定休みがなく緊張感があるケースがあるのもデメリットです。

 

「土曜はしょっちゅう仕事になる」「シフト制などで、休みがバラバラ」だと、必然的に「この日はゼッタイ休み!という安心感がない」わけです。

 

仕事 ミス 生きた心地 しない

 

その為「数ヶ月先で休み予定を立てたいけど、不意に呼び出されたりイレギュラーが発生するから、中々決めにくい」などのデメリットがあります。

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

1日休みだと疲れが取れない

 

1日休みだと疲れが取れないというデメリットもあります。

 

残念ながら1日休みだと「明日も休みという安心感」がありません…。

 

減少

 

その為「1日休みだと、翌日の出勤を考えてしまい、休み切れない」というデメリットがあるのです…。

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職+諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

土曜出勤は頭おかしい【勤務別体験談】

目次

 

諒

では次に、土曜出勤は頭おかしい【勤務別体験談】についてご紹介していきます。

 

残業1〜2h/日+土曜出勤=月60時間

 

僕が工場の期間工として働いていた時は、土曜日がほぼ絶対だったので、残業1〜2h/日+土曜出勤=月60時間の会社でした。

 

※8時間×4=32時間+通常残業1.5h×20=30=合計月60時間程度

 

製造業 求人サイト

 

ラインのリーダーが金曜日の午後に「土曜日出勤できない?」と、全員に順番に声をかけて回っていたのです。

 

ラインは2つあり「最低でも半分以上の人が出勤しないと機能しない」と分かっているので、断れない人ほど休日出勤していたのです。

 

涙 失業

 

無論僕も、当時は「断れないYESマン良い子ちゃん」だったので「分かりました…。出勤します…。」と言って受け入れていました。

 

しかし、能力開発の研修に参加したことがきっかけとなり「東京に上京して一流のビジネスマンになる!」とコミットしてから、土曜日出勤を断る覚悟ができたのです。

 

結果として、休日出勤を断り始めて半年後にその仕事を辞めて、50万円の貯金を持って東京に上京しました。

 

東京

 

このように「これ以上!言いなりになったたまるかクソ野郎!」という覚悟が固まってから転職したわけです。

 

とは言え、その決意が引き金となり、その後「休日出勤」は一度もしたことがありません。

 

残業3h/日=月60時間

 

その次に残業3h/日=月60時間の会社で事務職として働き始めました。

 

土日祝日は完全休みなのですが、平日がかなり遅くまで仕事になってしまうので、週5日はほとんど何もできなかったです。

 

その為、その頃から「仕事術や効率を意識した働き方」を実践し、勤めている2年の間に20時間程度までは、残業を減らせるようになりました。

 

事務職

 

また、勤務し始めてから1年半後に「24万円+平日4日間の能力開発の研修を受けた」こともあり、その会社を退職する決意を固めたのです。

 

※具体的には「一流のビジネスマンに到達するには、営業職にチャレンジして商品を売る自信をつけなければならない」という結論を導き出し、事務職から離れる決意をしたわけですね♪

 

残業1.5h/日=月30時間

 

営業職に転職してからは、残業1.5h/日=月30時間で勤めることになりました。

 

そこで「通称:吉田商会」と呼ばれる課長のチームに配属されたのですが「五営本(第五営業本部)に吉田あり」と言われるほど敏腕チームだったのです。

 

その為、仕事量やスピードは本当に半端なかったですが「休日出勤はあり得ない+遅くとも20時には皆帰る」というテンポで仕事ができました。

 

俊敏性

 

そして、1年ほど経つとそのペースにも慣れることができ、それ以後は「残業や休日出勤なんかするかボケ!」という自信を育むことができましたよ♪

 

残業0h/日=月0時間

 

最終的には、転職サイトのWEBライターとして残業0h/日=月0時間で働いていた時が、ほぼ毎日定時帰りでした。

 

転職サイトは広告分野の一つなので、決して楽ではないのですが、僕は「転職経験豊富&文章が得意」だったので、スピーディーに業務遂行できたのです。

 

天職

 

あとは「時間ごとに案件割り振り」が決まっているので、余分なイレギュラーが挟まりにくかったというのも幸いしました。

 

残業・休日出勤は会社で異なる

 

このように残業・休日出勤は会社で異なるわけですし、会社によって働き方や「残業・休日出勤」に関する考え方、企業風土は全く異なるのです。

 

その為、もし今の会社が「休日出勤は当たり前+長時間残業も当たり前」という価値観なのであれば、それは異常と思った方が良いです。

 

減少

 

実際、僕が転職サイトライターをやっていた経験から言っても「会社の歴史は浅いけれど、本当に働きやすいと感じる会社」もたくさんありましたから♪

 

その為「今の生き方がどうしても合わない」のであれば、今の会社で休日出勤を断る力を育むのもアリですし、数年後に転職するという選択肢もアリですよ♪

 

日本には400万法人以上の会社・環境があるので、今の会社に一生を捧げる必要はありませんよ♪

 

 

なお、そんな将来の働き方を考える上でおすすめなのが「転職サイトに登録しておき、情報収集しておく」という予防策です。

 

実際、余裕を持って情報を見ておいた方が、いざという時にスムーズに動くことが可能ですから♪

 

そして、中でも特におすすめな「20代未経験転職の味方=RE就活「全転職希望者の味方=リクナビNEXT」を以下のリンク先にて詳しく紹介している為、参考にご活用ください♪

Re就活の求人口コミ・評判!適職診断体験談などまとめ

リクナビネクストの口コミ・評判!適職診断体験談まとめ

 

土曜出勤は頭おかしい【適職診断】

目次

 

諒

では次に、土曜出勤は頭おかしい【適職診断】についてご紹介していきます。

 

自分のキャリア設計を明確化

 

今の場所から転職すべきか?を迷うのは「目指したい未来が不明確」だからであり、自分のキャリア設計を明確化するのがおすすめです。

 

なぜなら「自分の5年後〜10年後にどうなりたいか?が明確になれば、内定先企業がそれに沿っているか?違うか?が分かる」からです。

 

 

例えば僕は、27歳の時に事務職から営業職に職種転換しましたが、以下のような目標があった為、転職しても辛い時期を乗り越えられました♪

 

僕が事務職→営業職に転職した時

日本景気の誇りの柱

  • 一流のビジネスマンになりたい
  • 営業コンプレックスを克服したい

 

シンプルにこの二つを掲げて転職した為「現職より会社知名度が上」「新規開拓もあるバキバキの営業会社」に入りました。

 

そして、シンドい時期も沢山ありましたが、転職前に覚悟した目標があったからこそ「トータル3年ほど営業職で働いた」後に再転職し、適職と分かったWEB系制作職にシフトしました♪

 

その為、あなたも「そもそも何の為に転職するのか?」「現状から内定先企業に転職する事で、どうメリットが生まれるか?」を明確にするのがおすすめです。

 

転職する理由例

適職 不適職

  • 現職が残業50h以上の為、プライベート時間に自由が欲しい(もっとオフを優先できる組織がないか?探す)
  • 体育会系の社風に馴染めず、もっとアットホームな職場で働きたい(アットホームな職場と銘打つ求人を探す)
  • 今の職種に疑問を感じており、職種転換/業種転換を含めて検討している(適職診断で自分の適正を見つめ直す)

 

このように「一生勤めるという考え方」ではなく「自分が短期/中期/長期でメリットを感じる会社か?」を明確にすれば、今後の行動が明確になりますよ♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

適職診断で自己適正見極め

 

なお「内定先企業が自分に合っているか?」という悩みをスパッと解決したいなら、適職診断で自己適正見極めが一番おすすめです。

 

なぜなら「自分の性格傾向/好みの職場/働き方」が、質問回答形式で明確になるからです♪

 

チェックリスト

 

例えば僕は、適職診断結果を参考にして、以下のような企業は「自分に合ってないと判断」するようにしています。

 

大島諒一の不適職・職場例

日本景気の誇りの柱

  • 僕に合っていない職場例=ルール・規律重視で社員自由度が低い会社
  • 僕に合っていない働き方例=スピード感がなく、根回しなどでジックリと事を進める働き方

 

実はこの不適職にドンピシャな仕事を2年ほどしていましたが、何度も新橋で電車を待っている時「線路に飛び降りたら楽になるかな…。」と思うほど辛かったです(苦笑)

 

その為「適職診断結果によって、不適職or不適正職場と分かった」場合は、適職+適正職場を目指した方が良いでしょう♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら

土曜出勤は頭おかしい【転職対策】

目次

 

諒

では次に、土曜出勤は頭おかしい【転職対策】についてご紹介していきます。

 

20代は第二新卒転職エージェント

 

20代は第二新卒転職エージェントがおすすめです。

 

なぜなら「過去・現在の職歴に関係なく、20代であれば転職先を斡旋・サポートしてくれる」からです。

 

そして「20代であれば現状(非正規/既卒/ニート/フリーター)に関わらず第二新卒転職エージェントを利用できる」為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

第二新卒/ニート/フリーター/既卒のおすすめ

  1. 第二新卒エージェントneo=未経験1万人以上&18〜28歳22,500人支援実績で一番おすすめ♪
  2. UZUZ=平均12時間サポートで手厚く支援!アドバイザーは全員第二新卒or既卒経験者♪
  3. 第二新卒転職エージェントランキング=エージェントを一括ランキング比較したい場合はこちら

転職サイトで数打ち

 

転職サイトで数打ちするのもおすすめです。

 

なぜなら「応募上限がない為、比較の意味を兼ねてたくさん応募できる」ので、良い転職先と出会いやすいからです。

 

このように「転職先の情報収集を転職サイトでしておく」のもおすすめな為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活=20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

スキルを学んでから転職

 

スキルを学んでから転職するのもおすすめです。

 

なぜなら「スキルを持っておけば、即戦力orある程度基礎能力があるレベルで転職できる=転職選択肢が広がる」からです。

 

自由

 

また、ハローワークにも就職支援の職業訓練がありますが、あれは「素人+αレベル」が多い為、やはり転職前提なら、身銭を切って学ぶべきです。

 

それでも「10万円〜スクール受講できる場所」もある為、貯金した後で受講し、その後転職活動に活かすのは十分現実的ですよ♪

 

※なお「プログラミング・WEBデザイン・動画編集」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

スキルUPスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%!転職コースは転職前提におすすめ♪
  2. テックアカデミー=無料プログラミング体験アリ!適正確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  4. WEBデザインスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  5. 動画編集スクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら

 

なお、僕はいきなり未経験転職したわけではなく、2年ほどブログ副業を実践していた結果、そのブログを成果物(ポートフォリオ)として転職することに成功しました。

 

その為、できれば職種転換する前に「スクールに通ってある程度基礎を固める」「独学で実力を育む」という期間が必要と言えます。

 

そして、以下のリンク先では、「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億円社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ

 

転職エージェントでジックリ相談

 

転職エージェントでジックリ相談するのもおすすめです。

 

やはり「転職希望条件を伝えて、求人を教えてもらう」「履歴書・職務経歴書の書き方や面接アドバイスをもらう」だけでも、転職成功率は劇的にUPしますから♪

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。

具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

カイジ 覚悟出典:カイジ



このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。

しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!


そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

カイジ 無気力出典:カイジ



それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪


転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちらが一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
「短期離職で誇れるキャリアがない…」「就活失敗したから、職種転換を含めて未経験OK企業に転職したい」なら、Re就活がおすすめです。

Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験からの職種転換OK企業多数」「転職博でイベント参加できる」など「20代の就活やり直しを徹底サポート」してくれるサイト。

登録するだけなら「スカウトなどは来ても、エージェントからの連絡なし」「情報収集のみに使える」為、キャリアのやり直しを考えるなら、登録必須のサイトと言えますよ♪

Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
「適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 俺が王様だ

出典:テニスの王子様