仕事 暇すぎる 正社員

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「仕事が暇すぎる正社員を継続してて不安…会社貢献度UPする時間投資テクを知りたい!」

相談女性3

「有給の余裕が得られる“職種転換”体験談」「働く生き方をハッピーにする社会生活のコツ」を教えてほしい♪

相談男性3

「転職サイト」「転職エージェント」「適職診断」「キャリアカウンセリング」「退職代行」など、必要な相談先や対策を紹介してほしい。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. リクナビネクスト
    リクナビネクスト
    実績:
    転職最大手&全国TOPクラスの求人数!転職希望者は必ず登録すべき♪
    対応4.0
    実績5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国8万件以上
    ★おすすめ理由=全国TOPレベルの求人サイト♪「18種類のタイプから5つの強み判定適職診断」も無料で利用できる♪

    もっと詳しく

    公式

  3. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

仕事が暇すぎる正社員【辛い点】

目次

 

諒

ではまずはじめに、仕事が暇すぎる正社員【辛い点】についてご紹介していきます。

 

給料泥棒扱い

 

給料泥棒扱いされるケースが一番多いです。

 

社内に何もしないで給料を貰っている(と感じる)人がいると、必然的に「なんであいつだけ…。」という怒りを向けられやすいです。

 

その為、少なくとも「給料を貰っている分、しっかり仕事や自主学習をしています♪」という姿勢は見せておいた方が良いのです。

 

仕事できない奴扱い

 

仕事できない奴扱いというケースもあります。

 

実際「あいつはしばらく勤めてるのに何やってるんだ?」という怒りの目を向けられます。

 

試用期間 辞める 気まずい

 

ちなみに、僕もこのパターンにハマった経験者ですが、その時は「10人単位で暇になった為難を逃れた」のですが、それでもその時間は非常に苦痛でしたから…。

 

その為「大義名分がある場合は堂々としていればOK」ですが「マズイと思う場合は積極的に状況改善すべき」でしょう。

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

浮いてる窓際族扱い

 

浮いてる窓際族扱いされているケースもあります。

 

例えば「定年退職まで後数年という人」が、社内ニートの如く仕事していましたが、周りから厄介者扱いされていましたから…。(性格は良いけど、無責任という点で)

 

その為、若くして窓際族扱いに陥ってしまった場合は、状況をうまく使いこなしたり、転職するのもアリでしょう。

 

適職 不適職

 

なお、実際辞める為には「退職イメージ」をしっかり固めておくのがおすすめです。

 

そして、以下のリンク先にて「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

仕事が暇すぎる正社員【問題点】

目次

 

諒

では次に、仕事が暇すぎる正社員【問題点】についてご紹介していきます。

 

スキル・能力が育めない

 

まず一番の問題が、スキル・能力が育めない点です。

 

具体的には、社内スキル・能力はもちろん、他の会社でも使えるような「普遍的なスキル」を磨くチャンスすら奪われているわけです。

 

その為、自主的にスキルアップ・キャリアアップを図れるような能力を育んだ方が良いです。

 

 

例えば僕が転職する場合、以下のような自己PRを使います。

 

大島諒一の自己PR

日本景気の誇りの柱

  • ライター経験=「WEBライター実務経験2年以上」「求人記事を500社・1000件以上執筆」「個人ブログで累計3,000記事以上執筆」
  • 営業経験=「新規開拓・ルート営業実務経験3年以上」「新規開拓単月100件達成/チームの先輩と連結売り上げ年商6,000万円達成」

 

このように「仕事に関する自己アピールポイント」が思い浮かばないと、今後社会人としての自尊心を育めないまま、窓際族になってしまうリスクがあります。

 

残念ながら「会社に出勤さえしていれば生きていけた」時代は終わった為、自発的にレベルUPしなければ、将来が悲惨ですよ!

 

※なお「20代であれば現状(非正規/既卒/ニート/フリーター)に関わらず第二新卒転職エージェントを利用できる」為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

第二新卒/ニート/フリーター/既卒のおすすめ

  1. 第二新卒エージェントneo未経験1万人以上&18〜28歳22,500人支援実績で一番おすすめ♪
  2. UZUZ=平均12時間サポートで手厚く支援!アドバイザーは全員第二新卒or既卒経験者♪
  3. 第二新卒転職エージェントランキング=エージェントを一括ランキング比較したい場合はこちら

自尊心がドンドン低下する

 

自尊心がドンドン低下するというデメリットもあります。

 

そもそも自尊心が低下すると、以下のような“悪魔の囁き”が頭の中に響いてきます。

 

同僚 女性

どうせ自分なんていなくても良い…

同僚

仕事のできない自分は、なんて情けないんだ…

同僚 女性

周りと違って自分は出来損ないだなぁ…

 

このように「仕事ができない=生きている価値がない」という自己否定がドンドン強まってしまうので、要注意です。

 

減少

 

逆に「独学でスキルUP」「尊敬できる先輩に学ぶ」「社外で弟子入り」などを実践し、自尊心を向上すれば以下のような“神の囁き”が聞こえてくるものです。

 

諒

自分はなんて価値ある存在なんだ♪大変立派だ♪

諒

仕事ができる自分を誇りに思う♪

諒

自分は最高傑作だ↑

 

幸福

 

このような、ポジティブな自尊心を育めていないのであれば「主体的に自分をレベルアップしていくチャンス」と思って、現実を変えるアクションを起こした方が良いですよ♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

他の職場でも生きていけなくなる

 

一番懸念される問題点が、他の職場でも生きていけなくなるというケースです。

 

残念ながら、現代では「会社に貢献できない社員でも、雇用を守ってくれる終身雇用の会社」は、ほとんどありません。

 

※あっても、公務員のような「入る時点で高いハードルを超えている人」の限られた世界です

 

役所

 

その為「能力不足でクビ=他で生きていける自信が無く、行き場を失い命を絶つ」という“最悪の事態”に陥っている人が、毎年一定数いるのも事実です。

 

だからこそ「自分はどこにいても価値がある」という自尊心を育んで、安心・安全の生き方を勝ち取る努力をすべきなのです。

 

 

ちなみに僕が実践したのは「独学で副業ブログを始める」という選択肢です。

 

その結果、ブログ修行を通して「営業職→WEB制作職」に転職し、働きやすい職種に転換したのです。

 

その為、このような経験を持つ僕が、以下のリンク先にて「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、自尊心UPの参考にご活用ください♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億円社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ!絶対バレない為の対策まとめ

 

また、独学での成長が難しいと思われるのであれば、成長業界のIT企業で働ける「プログラミング」「WEBデザイン」をスクールで学ぶのもアリです。

 

※なお「プログラミング」「WEBデザイン」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プログラミングスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%!転職コースは実践アリで転職前提におすすめ♪
  2. テックアカデミー=無料プログラミング体験アリ!適正を確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=スクールを一括ランキング比較したい場合はこちら

WEBデザインスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=デザインのみorサイト制作のみも選べる!大手で学びたい方におすすめ♪
  2. デイトラ=他のWEBデザインコースより安く学びたい方におすすめ♪
  3. WEBデザインスクールランキング=スクールを一括ランキング比較したい場合はこちら

仕事が暇すぎる正社員【体験談】

目次

 

諒

では次に、仕事が暇すぎる正社員【体験談】についてご紹介していきます。

 

繁忙・閑散が極端な営業職時代1

 

繁忙・閑散が極端な営業職時代1に、社内ニート経験があります。

 

具体的には、僕が「準官公庁系の大手IT企業ルート営業マン」だった時の話です。

 

「部署内大再編があり、半年で2回異動があった」のですが、1回目の「契約書の作成部隊配属時」は、まさに社内ニート状態でした。

 

申請

 

具体的には「出勤しても1日数件の契約書を作成するだけ」だった為、8時間中6時間程度「ほぼやることがなく暇だった」のです。

 

しかし、その時に「PBX(社用内線割振り機)や電話回線勉強」をしていた為、社内ニート状態から数ヶ月で異動させられた「PBX販促部隊」で、その知識が役立ちました。

 

このように「暇な時期に時間を有効活用していた」為、必然的にレベルUPできていたのです♪

 

繁忙・閑散が極端な営業職時代2

 

実は、その後配属された「PBX部隊」でも、繁忙・閑散が極端な営業職時代2を過ごしました。

 

具体的には「全国出張して営業対応するPBX部隊に配属」された為、基本的に全体の半分は暇だったのです。

 

海外旅行

 

ただし、今回は「PBXが非常に複雑&高度な商品」だと分かっていた為「これを一生の仕事にするのは辛いな…」と思い、転職前提で時間を有効活用しました。

 

具体的には「早めに帰って副業ブログ開始」「会社でバレても怒られない程度に、ブログや記事作成に必要な情報をネットサーフィン」していたのです。

 

※基本的には「通信系IT企業」であり「ブログ・HPの作り方」「通信系の記事」を読んでいても不思議はなかった為、大義名分はあったのです

 

幸福

 

上司

大島君、何見てるの?

諒

時間があるので、仕事に必要な情報とかをネットで勉強してます♪(キリッ♪)

上司

そうか…。頑張ってな♪

 

結果的に「社内ニートを半年ほど継続して辞めた」後、2年ほど続けた観光ブログをポートフォリオ(成果物)として「未経験WEBライター転職」できた為、良い時間の使い方ができました(笑)

 

このように、社内ニート状態でも「時間を有効活用する方法」はいくらでもある為、出来ることはやるべきですよ♪

 

※なお、万一に備えて「転職先情報収集を転職サイトでしておく」のもおすすめな為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

有能で暇になったWEBライター時代

 

有能で暇になったWEBライター時代もあります。

 

その頃の僕は、WEBライターに職種転換してから「帰宅後&土日祝も副業ブログを1日中執筆」していた為、仕事能力を急激に上げていました。

 

その為「言われたことだけダラダラやっている人」より有能になった為、割振り時間より早く終わるケースも多くなり「空き時間が増える社内ニート状態」になったのです。

 

リラックス

 

そして、営業時代と同じく「暇な時間を使って、ブログレベルUPする方法を自席で学習」し、さらなる能力向上に役立てました♪

 

※そこも「転職サイトのHP会社」であり「HPの作り方」「記事の書き方」を見る大義名分があった為、誰にも疑われず「副業の自主学習時間」に使えたのです。

 

なお、その時に学んだことを始め「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を以下のリンク先にて詳しく紹介している為、合わせて参考にして下さい♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億円社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ
アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ!絶対バレない為の対策まとめ

 

仕事が暇すぎる正社員【選択肢】

目次

 

諒

では次に、仕事が暇すぎる正社員【選択肢】についてご紹介していきます。

 

メールチェックや取引先勉強

 

メールチェックや取引先勉強はおすすめです。

 

なぜなら「過去のメール履歴や引き継ぎ情報に目を通すことで、既存のやり方をスムーズに学べる」からです。

 

 

とくに、会社の仕事には「ルーティンワーク」も多い為、暇なうちに少しでも把握しておいた方が、忙しくなった時に対応しやすいです♪

 

幸福

 

その為「前任者が退職済みなら、メール履歴を転送して貰う」「自分宛以外の“Cc/BCCメール”にも目を通す」のはおすすめですよ♪

 

電話対応や雑用を引き受ける

 

電話対応や雑用を引き受けるのもおすすめです。

 

なぜなら「電話対応や雑用を引き受けることは、組織内のメンバーの顔と名前&取引先を覚えるチャンス」だからです。

 

 

そもそも、電話対応で大惨事発生は少なく、せいぜい「名前を間違える」「転送失敗する」といったレベルです。

 

電話

 

しかも名前の読み間違いをした場合、逆に笑いを提供して「組織内での緊張感がほぐれるケース」もあったりします。

 

同僚

大島さん♪●●ウ●コの●●さんからお電話です♪

諒

ありがとう♪でも、●●運送な(笑)

同僚

あ…、ごめんなさい…。(恥)

 

もちろん、ウケを狙う必要はありませんが、組織内にいち早く馴染み、社内ニート状態を叱られないためにも、このような行動はおすすめと言えますよ♪

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

勉強資料を能動的に集める

 

勉強資料を能動的に集めるのもオススメです。

 

勉強資料の例

申請

  • 過去の案件資料・データ
  • 業務に関連する資料・データ など

 

そもそも「会社の誰も経験したことがない&あなたが初めて対応する仕事」というケースは「創業間もない企業or新規部署」でない限り、ほぼあり得ません。

 

その為「前任者が残した資料やデータ」「業務関連書類・データ」を上司や先輩に相談して、見れるようにして貰うのがベターです。

 

現実思考

 

意外に「手の空いた時間に読んでいた資料やデータが、後の割り振り業務で役立つ」事もある為、ぜひ探してみましょう♪

 

※ただし「社外持ち出し厳禁のケース」がほとんどの為「昼休み休憩や空いた時間」に見るのがオススメです

 

仕事に関連した本を読む

 

仕事に関連した本を読むのもアリです。

 

あまりにやることが無ければ、社内には「仕事に使える“知識”を吸収できるような本や雑誌」を置いているケースもある為、許可をとってそれを読むのもアリです。

 

「仕事に使える知識」を暇なうちに吸収するのは立派な大義名分の為、仕事を振れない上司や先輩もイヤとは言えないはずですからね♪

 

自分マニュアルを作る

 

「勉強資料」「過去の業務記録」などを参考に、自分マニュアルを作るのもオススメです。

 

そもそも「仕事が暇な時に何もしない&忙しくなった時にテンパる人」の特徴として「決まった手順や型がない為、仕事にムラがある」というケースが多いです。

 

 

その為「具体的な手順を決めたマニュアル」を自分で持っておくことで、ミスを減らしたり、スムーズに仕事を完遂できるのです。

 

手順を明確化する例

柔軟性

  • チェックシートを作って手順を見える化
  • 指差し確認して、記憶に残すようにチェックする など

エクセル関数などを学ぶ

 

作業レベルUPしたいのであれば、エクセル関数などを学ぶのもおすすめです。

 

「資料や統計データを用いた会議が無くなる事」は、今後しばらく無いはずなので、レベルUPしておけば、あなたの評価は必ず上がりますから♪

 

その為「ワード」「エクセル」「パワーポイント」といった業務用ソフトの使い方を学んでおくことで、後々その経験が活きてくる可能性は十分あります。

 

 

とは言え、そもそも「今の働き方・職種」が本当に合っていないと、キャリアップの抵抗感が強い可能性もあります。

 

なぜなら、僕は通信IT系の営業マン時代は「この仕事を一生はイヤだ!」と思っていたところ、適職診断で判明した「WEB制作者」に転職してから、仕事を楽しめるようになったからです♪

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

自己分析して今後を考える

 

あまりに暇な状況が続くなら、自己分析して今後を考えるのもおすすめです。

 

なぜなら「自分に合ってない不適職でキャリア育成していた場合、会社が潰れたりクビになった時のリスク対策をしておいた方が安全」だからです。

 

 

そして、以下の紹介する「仕事選びの4基準」を参考にして、自己分析し直すのがおすすめです。

 

仕事選びの4基準

仕事選びの4基準

出典:リクナビネクスト

心が喜ぶ×苦手

 

まず「好きを仕事に」などで流され間違いがちな、心が喜ぶ×苦手という領域があります。

 

この領域は「心が喜ぶ為ずっと続けられるが、他人や社会に貢献して報酬を得るまではいかない」という感覚です。

 

例えば僕にとっての「心が喜ぶ×苦手」は以下の通り。

 

心が喜ぶ×苦手

カメラ

  1. 写真=カメラを持って外出は好きだが「指定された場所で撮影」「人に指示されて撮影」は苦手
  2. レース=車をカスタムして走るのは好きだが「他者との競争」「騒々しいサーキット漬け」は苦手
  3. 釣り=キレイな環境で釣るのは好きだが「他者との競争」「荒天下の釣り」は苦手

 

このように、僕の場合は「一定の環境でできないもの」「他者との競争」などが苦手ですし、これらの分野は人からスキル提供を求められない為「あくまで気分転換の選択肢」になっています。

 

リラックス

 

ちなみに、僕はこの中で「カメラ=結婚式場のカメラマン」に転職した事がありますが、結局1週間で辞めました(無断欠勤でクビでしたが…)

 

なぜなら「決められたパターンの中で結婚式写真を撮り続ける」「一生に一回しかない新郎新婦の決定的瞬間を失敗した場合のリスク」が嫌に感じられたからです。

 

実際、カメラマンは「1日中首からカメラを下げて年間何百日も写真を撮る仕事」なので、それが続くのがイヤなら、趣味レベルに留めた方が良いというイメージですね♪

 

ストレス×得意

 

お金稼ぎファーストの人が良く提唱しているのは、ストレス×得意の領域です。

 

感覚としては「やってても自分の心は喜ばないが、人から求められて高報酬は貰える」といったイメージですね♪

 

 

そして参考として、僕にとっての「ストレス×得意」は以下の通り。

 

ストレス×得意

営業 セールス

  1. 整理整頓=部屋や空間をキレイにするのは得意だが「毎日汚い場所に行く」のはストレス
  2. 営業=人と会話・交渉はできるが「長時間対面で関わり続ける」のはストレス
  3. カウンセリング=ネガティブ感情を払うのは得意だが「不幸な人と毎日関わる」のはストレス

 

このように、僕の場合は「悪い状況を改善するのは得意だが、悪い状況に付き合い続けるのがストレス」な為、なるべく関わらないようにしている領域です。

 

ストレス×苦手

 

一番ハマってしまうと最悪なのが、ストレス×苦手の領域です。

 

これは「やってても心が喜ばない上、人からも求められない」という悪循環パターンです。

 

そして、僕の場合の「ストレス×苦手」は以下の通り。

 

ストレス×苦手

仕事 ミス 大損害

  1. 細かい計算・数字業務=高校の数学テストで0/200点を取るほどダメで「他人の役にも立てない」
  2. 規則・規律重視の業務=創造性を発揮して自己責任でやりたい為「全体最適の邪魔者になる」
  3. 株やデイトレ=潮目を読んだり理論公式を当てるやり方は苦手な為「1万円試してスグ吹っ飛んだ」

 

僕はとにかく「理系的業務」「お役所的業務」と相性が悪く、NTT系のセールスエンジニアで働いていた時は、マジで毎日が地獄でした…。

 

正直その時は「会社の肩書きが良い」「年収が比較的高い」という理由で頑張ってましたが、あのまま一生を終える流れになっていたら、絶望と後悔しか残らなかったと思います…。

 

その為「今の仕事が間違いなく“ストレス×苦手”なのに、勤務年数/給料/福利厚生などのメリットでしがみついてる」なら、どこかで転職した方が良いですよ♪

 

心が喜ぶ×得意

 

最後に、心が喜ぶ×得意な領域を仕事にするのが、一番幸福度が高いです。

 

なぜなら「自分も心が喜び、他社貢献して報酬も沢山貰える」からです。

 

 

そして僕の「心が喜ぶ×得意」は以下の通り。

 

心が喜ぶ×得意

幸福

  1. 成功物語を学び伝える伝道師=知識欲旺盛で「教えてくれてありがとう」と感謝される事が多い
  2. 物書き=文章の読み書きが得意な上、他人からも「心に響く」と褒められる
  3. スピーカー=数時間一人がたりするのは得意な上「貫禄があって聞きやすい」と褒められる

 

このように「自分が良いと思った経験/情報/物語を文字にする・話し伝える」仕事は、僕の心が喜ぶし得意です。

 

その為、あなた自身も「自分が継続的に続けられるもの×人に喜ばれたり感謝されやすいもの」を選ぶのがベターですよ♪

 

仕事が暇すぎる正社員【改善策】

目次

 

諒

では次に、仕事が暇すぎる正社員【改善策】についてご紹介していきます。

 

※あまりにストレスが続くなら「異動/休職/適職への転職」を考えるのもアリですよ♪

 

異動願いを試みる

 

理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

適職 不適職

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

その為ネガティブな話だけではなく、「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

諒

前線の営業で活躍するよりも、フォロー側の制作業務のほうが自分を活かせると思います!

上司

そうか…。じゃあ検討してみるか♪

 

転職準備を始める

 

転職準備を始めるのも非常におすすめです。

 

なぜなら、自分の強みを活かせたり、自分に適した環境にシフトできれば、快適・幸福度がだいぶ上がるからです♪

 

貯金 成長

 

例えば、同じ学校に通っていても「数学が好き」「理科が得意」「国語なら任せて♪」「日本史なら自信がある」など、好きor得意な傾向は異なるわけです。

 

仕事もこれと同じで「自分が好きor得意な業種・職種・会社」にマッチしているほど、ストレス少なく現場に向き合えるわけです。

 

実際僕は、文系大学・経営学部卒にも関わらず、IT系通信営業のセールスエンジニアとして働いていた時は、毎日が地獄のような苦痛でした。

 

 

なぜなら「配線図やルート設計図の制作」「通信料配分の計算」など、自分が嫌い&苦手で拒否したはずの「数学&理系的業務」ばかりだったからです。

 

諒

毎日夜遅くまで働いているのに、半人前レベルから抜けられない…。

 

しかし、本来自分の適正に合っていたWEBライターに転職してからは、通信営業時代のストレスが嘘のように快適な仕事人生を確立できたのです♪

 

諒

あ〜♪仕事って楽しいぜ♪

 

このように「自分の長所・強み」を見つめ直すのも大切ですし、今の辛い環境から脱出するために、転職サイトで情報収集を始めるのもおすすめですよ♪

 

 

なお、僕が実際に「自分が働きやすい環境・働き方」に到達する上で、とても参考になったのが「適職診断」です。

 

これは「自分の得意・不得意を棚卸しできる」「自分が認識していなかった強みが理解できる」ため「社会人の自己分析・他己分析」と言えるものです。

 

そして、以下のリンク先にて僕が実際に利用した「適職診断おすすめ3選」を紹介しているので「自分はどんな生き方が向いているか?」を明確にする参考に使ってください♪

適職診断おすすめサイト3選!正確に当たるテストまとめ

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. doda=求人数10万件以上!エージェント相談+自主的に活動したい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

仕事が暇すぎる正社員【適職診断】

目次

 

諒

では次に、仕事が暇すぎる正社員【適職診断】についてご紹介していきます。

 

自分のキャリア設計を明確化

 

今の場所から転職すべきか?を迷うのは「目指したい未来が不明確」だからであり、自分のキャリア設計を明確化するのがおすすめです。

 

なぜなら「自分の5年後〜10年後にどうなりたいか?が明確になれば、内定先企業がそれに沿っているか?違うか?が分かる」からです。

 

 

例えば僕は、27歳の時に事務職から営業職に職種転換しましたが、以下のような目標があった為、転職しても辛い時期を乗り越えられました♪

 

僕が事務職→営業職に転職した時

日本景気の誇りの柱

  • 一流のビジネスマンになりたい
  • 営業コンプレックスを克服したい

 

シンプルにこの二つを掲げて転職した為「現職より会社知名度が上」「新規開拓もあるバキバキの営業会社」に入りました。

 

そして、シンドい時期も沢山ありましたが、転職前に覚悟した目標があったからこそ「トータル3年ほど営業職で働いた」後に再転職し、適職と分かったWEB系制作職にシフトしました♪

 

その為、あなたも「そもそも何の為に転職するのか?」「現状より内定先企業でどうメリットが生まれるか?」を明確にするのがおすすめです。

 

転職する理由例

適職 不適職

  • 現職が残業50h以上の為、プライベート時間に自由が欲しい(もっとオフを優先できる組織がないか?探す)
  • 体育会系の社風に馴染めず、もっとアットホームな職場で働きたい(アットホームな職場と銘打つ求人を探す)
  • 今の職種に疑問を感じており、職種転換/業種転換を含めて検討している(適職診断で自分の適正を見つめ直す)

 

このように「一生勤めるという考え方」ではなく「自分が短期/中期/長期でメリットを感じる会社か?」を明確にすれば、内定企業に入社すべきか?が明確になりますよ♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

適職診断で自己適正見極め

 

なお「内定先企業が自分に合っているか?」という悩みをスパッと解決したいなら、適職診断で自己適正見極めが一番おすすめです。

 

なぜなら「自分の性格傾向/好みの職場/働き方」が、質問回答形式で明確になるからです♪

 

チェックリスト

 

例えば僕は、適職診断結果を参考にして、以下のような企業は「自分に合ってないと判断=内定が仮に出ても断る」ようにしています。

 

大島諒一の不適職・職場例

日本復興の誇りの柱

  • 僕に合っていない職場例=ルール・規律重視で社員自由度が低い会社
  • 僕に合っていない働き方例=スピード感がなく、根回しなどでジックリと事を進める働き方

 

実はこの不適職にドンピシャな仕事を2年ほどしていましたが、何度も新橋で電車を待っている時「線路に飛び降りたら楽になるかな…。」と思うほど辛かったです(苦笑)

 

その為「適職診断結果によって、内定先企業が不適職・不適正職場と分かった」場合は、迷わずお断りした方が良いでしょう♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら

まとめ

 

諒

以上が仕事が暇すぎる正社員を継続してて不安…会社貢献度UPする時間投資テクのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/

低意欲からの転職サイト登録利点

目次

諒

なお最後に補足として、低意欲からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。


辛い時は意欲が完全に0



辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


涙 失業

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます。


保険を利用する安心例

休むのも仕事

  • 転職保険=働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避
  • 自動車保険=事故や、慰謝料問題などのリスクを回避
  • 医療・がん保険=高額医療費が発生した時などのリスクを回避



例えば実際に「事故った時」「病気になった時」に「どこに相談すれば良いか分からない…。」「何をすれば安心を取り戻せるか不明…。」だと、メチャクチャ不安ですよね?


しかし「少なくとも相談先が分かっている」「実際にどんな行動を取れば良いかイメージできている」なら、その不安が実際に訪れても、スグ安心を取り戻せるわけです♪


その為「転職サイト」も同じく「過労で倒れる」「ストレスが頂点に達する」「クビになる」など「不測の事態に備える為の保険」として利用できるのです♪

登録だけしておく利点



また、登録だけしておく利点も大きいです。



登録だけしておく利点

適職 不適職

  • 「希望業種・職種」に沿った求人情報を受け取れる&閲覧できるようになり「自分の市場価値が分かる」「転職先イメージが明確になる」
  • 転職エージェントに登録&相談すれば「具体的な応募書類添削&面接対策サポート」「転職相談先」が手に入る



このように「実際に登録しておくだけでも、今より確実に現実が良くなる」と言えるのです♪


しかも「無料で利用&情報収集できる」「市場価値&転職イメージが明確になる」為、とりあえず「今スグ登録」しておいて損はないですよ♪

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【全年齢+適職診断】リクナビネクスト

リクナビネクストがおすすめな理由

リクナビネクスト



リクナビネクスト」は、最大手の転職サイトであり、就活生なら誰もが利用した「リクナビ」の転職版情報媒体です。


こちらは「エージェント連絡が来ないから気楽」「適職診断がある」「経歴登録でDMを受け取れる」などのメリットがある為、とりあえず登録しておく価値がありますよ♪


\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/




【20代転職+適職診断】Re就活

Re就活がおすすめな理由

Re就活



Re就活」は20代専門転職サイトであり「フリーター/既卒/ニート」「就活失敗した若手の"第二新卒枠“就活再挑戦」「未経験職種転換」など、20代の転職をサポートしてくれるサイトです。


さらに「WEBセミナー」「累計1万社以上が参加+年間2万人が参加する転職博」「個性を明確にできる適職診断」なども利用できる為「20代なら必ず登録しておきたいサイト」と言えますよ♪


\20代が選ぶ、20代向け転職サイトNo.1!無料登録して求人を探す/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. リクナビネクスト
    リクナビネクスト
    実績:
    転職最大手&全国TOPクラスの求人数!転職希望者は必ず登録すべき♪
    対応4.0
    実績5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国8万件以上
    ★おすすめ理由=全国TOPレベルの求人サイト♪「18種類のタイプから5つの強み判定適職診断」も無料で利用できる♪

    もっと詳しく

    公式

  3. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選