社内ニート 開き直り

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「社内ニートをいい加減開き直りたい!」「現状の暇な時間を有効活用する方法や、もっと良い生き方を明確にしたい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

閑散期や、定年退職前の人ばかりの墓場部署に飛ばされて社内ニートになり、そこから開き直り転職したり自分で仕事を産み出した経験があるのであなたの今の悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「社内ニートから開き直りする方法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

社内ニートが開き直りして良い理由

不幸

 

では次に、社内ニートが開き直りして良い理由についてご紹介していきます。

 

仕事がない状況自体は会社の責任

会社

 

開き直るのに一番必要な視点は、仕事がない状況自体は会社の責任ということです。

 

あなたが「新規開拓営業」など、自分で仕事を主体的に取ってくる仕事であれば、それを実践すれば良いでしょう。

 

しかしあなたが、ある程度仕事を上司や直属のリーダーから割り振られる立場なら、その状況はあなたのせいではありません。

 

 

そのため「いるだけでお金を貰える不労所得状態でラッキー♪」というくらい軽い気持ちで、職場にいるのがベターです♪

 

勤続期間は延びるので自習は必要

天職

 

ただし何もせずボーッとしていても、勤続期間は延びるので自習は必要です。

 

なぜなら社歴や勤続年数で、ある程度「これ位の知識を持っていて、この仕事をこなせるだろう」という周りの評価があるので、実際に仕事が来た時にギャップが生まれるからです。

 

そのため社内ニート状態でボーッとしていたら、急にレベルの高い仕事が振られて対応できないという危険性があるので、要注意です!

 

僕の社内ニート開き直り体験談

 

ちなみに参考として、僕の社内ニート開き直り体験談についてもご紹介しておきます。

 

僕が「準官公庁系の大手IT企業ルート営業マン」だった時の話です。

 

部署内の大きな再編があり、半年ほどで2回も部署移動があったのですが、1回目の「契約書作成部隊」に配属された時は、まさに社内ニート状態でした。

 

 

出勤しても1日数件の契約書作成をするだけなので、8時間中6時間くらいはほぼやることがなく暇だったのです。

 

しかしその時に「PBXや電話回線の勉強」をしていたので、社内ニート状態から数ヶ月で異動させられた「PBX敷設部隊」でその知識が役立ちました。

 

非常に難易度の高い仕事だったのですが、暇な時に自力で色々勉強していたので、仕事をこなせるレベルの知識は身に付けていたのです。

 

 

このように社内ニート状態でもしっかり準備しておけば安心な一方で、何もしないと後でしっぺ返しを喰らうので、出来ることはやっておいた方が良いですよ♪

 

社内ニートが開き直りできる原因

プレッシャー

 

では次に、社社内ニートが開き直りできる原因についてご紹介していきます。

 

会社が暇で閑散期

当日

 

会社が暇で閑散期なのが、社内ニートになる一番のケースです。

 

僕のいた業界で言えば、通信系のIT企業は通年通して忙しかったですが、転職系のWEBライターは比較的「4月or9月以降」は落ち着いたり暇になりました。

 

そのためあなたが所属している業界や会社によって、暇になるタイミングは少なからずあるでしょう。

 

 

とはいえ会社が暇になるリズムであれば問題ないですが、会社が傾いてきて「行政の支援金頼み」になっているなどであれば話は別です。

 

それは倒産前の兆候とも言えるので、転職前の準備をしておいた方が良いとも言えます。

 

職場が暇な状況

オフィス 職場

 

職場が暇な状況というケースもあります。

 

先ほどもお伝えしましたが、定年退職間際の人が集まる墓場みたいな職場に配属され、暇な時期を過ごしました。

 

 

ただしこういった職場に飛ばされている場合は、正直言って「クビ一歩手前」のような扱いをされている可能性が高いです。

 

そのため自己防衛するために資格取得を考えたり、配置転換依頼や転職を考えるのがオススメです。

 

あなた自体が暇

 

あなた自体が暇というケースもあります。

 

これは「今現在たまたまあなたに割り振られる仕事が少ない」だけなら良いですが「クビ予備軍」の場合は非常に危険です。

 

そのため仕事が暇で行きたくない状況を逆手に捉えて、自分の「適職・天職」を目指して転職活動を始めたり、快適に働ける生き方を考えるのがオススメです♪

 

社内ニートが開き直りできる勉強方法

レベルアップ

 

では次に、社内ニートが開き直りできる勉強方法についてご紹介していきます。

 

勉強資料を能動的に集める

診断

 

勉強資料を能動的に集めるのがオススメです。

 

勉強資料の例

過去の案件資料・データ

業務に関連する資料・データ など

 

「会社の誰も経験したことがなく、あなたが初めて対応する仕事」というケースは、よほどのベンチャー企業や新規部署でない限りあり得ません。

 

そのため前任者が残した資料やデータ、業務に関連するものを上司や先輩に相談して、見せてもらうようにするのがベターです。

 

 

意外に「少し手の空いた時間に読んでいた資料やデータが、後で割り振られた初めての仕事に役立ったりする」こともあるので、ぜひ探してみましょう♪

 

※ただし社外持ち出し厳禁のケースがほとんどなので、昼休み休憩や空いた時間に見るようにするのがオススメです

 

自分マニュアルを作る

適職診断

 

能動的に集めた勉強資料や、過去の「業務記録」などを参考に、自分マニュアルを作るのもオススメです。

 

そもそも仕事が暇な時に何もせず、忙しくなった時にテンパる人の特徴として「その場その場で手順や流れを変えるので、非常にムラっ気があるケース」が多いです。

 

そのため「具体的な手順を決めたマニュアル」を自分で持っておくことで、ミスを減らしたり、スムーズに仕事を完遂できるのです。

 

手順を明確化する例

チェックシートを作って手順を見える化

指差し確認して、記憶にも残すように冷静にチェックする など

エクセル関数などを学ぶ

エクセル

 

事務職などでパソコン作業レベルをアップさせておいた方が良いのであれば、エクセル関数などを学ぶのもおすすめです。

 

資料や統計データを用いた会議が無くなることは、今後しばらくないはずなので、レベルアップしておけば、あなたの評価は必ず上がりますから♪

 

そのため「ワード」「エクセル」「パワーポイント」といった業務用ソフトを学んでおくことで、後々その経験が活きてくる可能性は十分あります。

 

暇つぶしに仕事関連サイトを見る

天職

 

僕自身がよくやっていた方法ですが、暇つぶしに仕事関連サイトを見るのはオススメです。

 

なぜなら「時間があったので業務に関連する情報を見ていたという言い訳が立つ」からです。

 

ビジネス雑誌の営業マンをしていた時は「ビジネス系のHP」、転職WEBライターになった時は「転職や記事作成のHow to情報」を見ていました。

 

 

他にもゲーム系のエンジニアがゲーム記事や個人ブログを見ていても不思議ではないので、友達がそういうことをやっていました。

 

とはいえ必ずしも「スキルアップに直結した情報」だけを見れるわけではありませんが、色々な「知識というデータ」を蓄えることができるので、やっておいて損はないですよ♪

 

副業ブログや情報発信勉強

ブログ

 

こちらも同じく個人的に僕がやっていたことですが、副業ブログや情報発信勉強もオススメです。

 

HPを自分で一から作成するのは大変難しいですが、ある程度「整ったパッケージ」も売っていたり「代行依頼」できたりするので、覚えておいて損はないです。

 

しかも僕のように趣味でやっていた所から、仕事に昇華できるケースもあるので、もしそういった情報を見ても良い職場であれば、暇な時間に勉強するのアリですよ♪

 

社内ニートが開き直りできる他力本願

退職

 

では次に、社内ニートが開き直りできる他力本願についてご紹介していきます。

 

恐れず上司や先輩に仕事をもらう

上司 先輩

 

恐れず上司や先輩に仕事をもらうのも、社内ニートを脱出するコツです。

 

そもそも忙しい上司や先輩ほど「あなたに仕事を振っていないだけで、振れる仕事を持っている」ケースが多いです。

 

そのため積極的に御用聞きすることで「あぁ、あいつに仕事振ってあげないとな」と上司や先輩に刷り込むのです。

 

 

仕事をしていないで「急にリストラや配置転換対象」になるより「あいつは良くやっている」という印象も持ってもらう為にも、暇な状態を受け身で続けるのはやめた方が良いですよ♪

 

異動願いを試みる

人事

 

あまりにも今のチームでは現状突破できそうにないなら、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

 

さらに人事担当者であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

そのためネガティブな話だけではなく、「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

まとめ

 

以上が社内ニートを開き直り!暇つぶしする過ごし方や異動したい・辞めたい時の対処法のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。