社内ニート 開き直り

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「社内ニートは開き直りが大切?会社が悪いと正当防衛するコツを知りたい!」

相談女性1

「仕事に行きたくない」から毎日出社前に泣く…。「パワハラ上司/先輩/同僚問題」で辛い…。

相談男性2

「泣いてる状況の解決方法」「気持ち整理」するコツは?「人事相談して転勤/うつ病休職/休業治療など休む判断を貰う」のが良い?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も社内ニートになり「開き直りするしかない状況」に追い込まれた経験がある為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「社内ニート状態開き直りのコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

社内ニートを開き直り【考え方】

メンタルマネジメント

 

諒

ではまずはじめに、社内ニートを開き直り【考え方】についてご紹介していきます。

 

会社・上司が悪いと考える

 

何よりも社内ニートを開き直るには、会社・上司が悪いと考えるのがおすすめです。

 

そもそも、時給・月給とは「自分の時間を売って給料という対価を得ている」わけなので、究極的には「会社の言われた状態にいればお金をもらう権利がある」わけです。

 

カイジ ウキ

出典:カイジ

 

もちろん、仕事があればそれをやるのが当たり前ですが、上司が社内ニート状態を改善できない以上「会社や上司が悪い!」と開き直っておいても問題ありません。

 

上司

………………

同僚

暇だ…けど上司も何も言ってこないし、このままでいいか♪

 

※ただし「逃げ回りながら社内ニート状態を続けている」なら評価が下がるので辞めておいた方が良いです

 

業務や資格勉強に使う時間と考える

 

ボーッと座ってるだけでは罪悪感を感じるなら、業務や資格勉強に使う時間と考えるのもおすすめです。

 

机に座っていてやる事がなくても「社内資料やデータ」「職種のスキルUPに必要なサポート資料」など、時間があるから手をつけられる物はいろいろあるはずです。

 

 

実際僕も、暇な時は「会社の仕事に関連があり、上司に履歴を突っ込まれても言い返せるHPなどのネットサーフィン」「社内資料や過去メールの見直し」などをしていました。

 

その為「何もせずに座ってるのは苦痛だし、罪悪感も感じる」という場合は、正当防衛状況を作るのもアリですよ♪

 

居るだけで稼げてると考える

 

完全にやる事がなく、時間だけがボーッと過ぎていくなら、居るだけで稼げてると考えるのもアリでしょう。

 

例えば僕も驚いた話ですが、世の中には業務中暇すぎて「自分のスマホアプリで、ひたすら鳩に餌をあげ続けるだけ」という暇つぶしで、数時間過ごしたという人もいました。

 

しかも月給にもよりますが、激務なアルバイターより時給が良い可能性が高い為「楽して儲けている今の時間に感謝♪」と開き直るのもアリですよ♪

 

社内ニートを開き直り【体験談】

社内ニート 開き直り 体験談

 

諒

では次に、社内ニートを開き直り【体験談】についてご紹介していきます。

 

繁忙・閑散が極端な営業職時代1

 

繁忙・閑散が極端な営業職時代1に、社内ニート経験があります。

 

具体的には、僕が「準官公庁系の大手IT企業ルート営業マン」だった時の話です。

 

「部署内大再編があり、半年で2回異動があった」のですが、1回目の「契約書の作成部隊配属時」は、まさに社内ニート状態でした。

 

社内ニート 開き直り ボボボーボ・ボーボボ メケメケ

出典:ボボボーボ・ボーボボ

 

具体的には「出勤しても1日数件の契約書を作成するだけ」だった為、8時間中6時間程度「ほぼやることがなく暇だった」のです。

 

しかし、その時に「PBX(社用内線割振り機)や電話回線勉強」をしていた為、社内ニート状態から数ヶ月で異動させられた「PBX販促部隊」で、その知識が役立ちました。

 

このように「暇な時期に時間を有効活用していた」為、必然的にレベルUPできていたのです♪

 

繁忙・閑散が極端な営業職時代2

 

実は、その後配属された「PBX部隊」でも、繁忙・閑散が極端な営業職時代2を過ごしました。

 

具体的には「全国出張して営業対応するPBX部隊に配属」された為、基本的に全体の半分は暇だったのです。

 

 

ただし、今回は「PBXが非常に複雑&高度な商品」だと分かっていた為「これを一生の仕事にするのは辛いな…」と思い、転職前提で時間を有効活用しました。

 

具体的には「早めに帰って副業ブログ開始」「会社でバレても怒られない程度に、ブログや記事作成に必要な情報をネットサーフィン」していたのです。

 

※基本的には「通信系IT企業」であり「ブログ・HPの作り方」「通信系の記事」を読んでいても不思議はなかった為、大義名分はあったのです

 

上司

大島君、何見てるの?

諒

時間があるので、仕事に必要な情報とかをネットで勉強してます♪(キリッ♪)

上司

そうか…。頑張ってな♪

 

結果的に「社内ニートを半年ほど継続して辞めた」後、2年ほど続けた観光ブログをポートフォリオ(成果物)として「未経験WEBライター転職」できた為、良い時間の使い方ができました(笑)

 

このように、社内ニート状態でも「時間を有効活用する方法」はいくらでもある為、出来ることはやるべきですよ♪

 

有能で暇になったWEBライター時代

 

有能で暇になったWEBライター時代もあります。

 

その頃の僕は、WEBライターに職種転換してから「帰宅後&土日祝も副業ブログを1日中執筆」していた為、仕事能力を急激に上げていました。

 

その為「言われたことだけダラダラやっている人」より有能になった為、割振り時間より早く終わるケースも多くなり「空き時間が増える社内ニート状態」になったのです。

 

 

そして、営業時代と同じく「暇な時間を使って、ブログレベルUPする方法を自席で学習」し、さらなる能力向上に役立てました♪

 

※そこも「転職サイトのHP会社」であり「HPの作り方」「記事の書き方」を見る大義名分があった為、誰にも疑われず「副業の自主学習時間」に使えたのです。

 

なお、その時に学んだことを始め「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を以下のリンク先にて詳しく紹介している為、合わせて参考にして下さい♪

アフィリエイトブログの始め方
アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ

 

社内ニートを開き直り【放置原因】

社内ニート 開き直り 放置原因

 

諒

では次に、社内ニートを開き直り【放置原因】についてご紹介していきます。

 

現場と人事・採用の認識ずれ

 

中途転職に関しては、現場と人事・採用の認識ずれというケースが一番多いです。

 

なぜなら、転職求人を数多く扱ってきた中で分かったことですが、企業は以下のカテゴリーに分けて求職者選定しているからです。

 

求人のカテゴリー

  • 完全未経験OK=1から育てる予定(求人票には1から育成・教育環境アリなどと記載あり)
  • 未経験OKor未経験者歓迎=経験者が良いが、未経験もOK(応募数UP目的でハードルを下げただけ=“入社後放置される可能性アリ”)
  • 経験者歓迎=即戦力前提求人の為、教育予定なし(業務内容を事細かに記載し、OKな人のみ応募可能という事前振るい分け)

 

そして、中途採用後の放置ケースが一番多いのが「未経験OKor未経験歓迎の扱いで入社」している場合です。

 

なぜなら「当初“経験者採用”で求人を出したが、反応が悪いので“現場でOJTするため未経験歓迎”に裾野を広げたケース」があるからです。

 

 

具体的には「求人依頼者=人事・創業者」の場合、配属先との認識にズレが発生し、入社後「じゃあOJTで育成してね♪」と人事や上から言われて、現場任せになるわけです。

 

その結果、現場では「なんだよ?使える奴くれるんじゃないのかよ?」という“使えない奴が入社してきた扱い”されてしまい、居心地が悪くなってしまうのです。

 

上司

なんだよ?中途採用が来るっていうから期待してたのに、実力不足じゃん…。

諒

なんか、すみません…。

 

その為「未経験歓迎レベルの求人」に応募する場合は、自発的に動く覚悟を持って入社しないと、放置されてしまう可能性があるのです。

 

教育体制やシステムが不十分

 

教育体制やシステムが不十分というケースもあります。

 

なぜなら「できて日の浅いスタートアップ企業」や「社員の少ない中小・零細企業」では、新人を育てるという風土が熟成されておらず、手探り状態のケースがあるからです。

 

社内ニート 開き直り ボボボーボ・ボーボボ ホットドッグ

出典:ボボボーボ・ボーボボ

 

しかも「どこかから即戦力を引っ張ってきて、不要になったら使い捨てる」というクズ組織は、離職率が高かったり、非正規雇用が大勢いたりします。

 

よく言えば「完全実力主義」「自力で成長しやすい環境」とも言えますが、社風や雰囲気が合っていない場合、毎日が地獄と言わざるを得ません。

 

その為、毎日苦しさを感じるのであれば「実力をつけたら、こんなクソ会社辞めてやるよ!」くらいの目標設定で働けば、気が楽になりますよ♪

 

高年齢者ばかりで育てる気がない

 

高年齢者ばかりで育てる気がないというケースもあります。

 

そもそも、当事者になって考えれば分かりますが「定年退職したら新人を育てても、自分に価値が還元されない」為、高齢で若手育成に対して「本気になれる人」は稀(まれ)です。

 

※「自分が退職した後も、会社が発展して欲しい」という思いで、新人育成に情熱を注げる人も稀にいますが…。

 

上司

大島、厳しいことも言うが、しっかり成長できるようにサポートするから、付いてこいよ♪

諒

よろしくお願いします♪

 

その為「平均年齢が高い会社ほど、研修が終わって現場に入ったら悲惨」というケースは多いです。

 

だからこそ「自発的に成長していく」「社内で頼れる人脈を増やす」など、主体的な行動が求められますよ♪

 

指導役に割ける人的余裕がない

 

「倒産間近で踏ん張っている会社」「ブラック企業」に多いのが、指導役に割ける人的余裕がないケースです。

 

そもそも「人を育てる」のは「自分の仕事もこなしながら並行して行う」為、専門のトレーナー制度or先輩指導制度を用意していない限り、かなり面倒な役割です。

 

その為「キッチリと指導役を任命していないまま、新人を育てようとする会社」ほど危険と思っておいた方が良いでしょう。

 

女上司

あ、あなたこれもやっておいて頂戴!

諒

(ロクに仕事を教えずに、あれこれ言いやがってクソが…。)

 

なぜなら「●●さん教えてください!」という頼る先が分からないので、孤立したり社内ニートになってしまう可能性大だからです。

 

その為この場合も、自発的に相談できる先輩を見つけたり、自力で成長していくしかないと言えます。

 

職場に馴染ませているだけ

 

時々あるのですが、職場に馴染ませているだけというパターンもあります。

 

実際、大きな組織では「人員過剰になるケース」がある為、中途入社後や配置転換後に「しばらく仕事がない時期」はあります。(俗に言う社内ニート状態)

 

 

例えば僕は、NTTグループの会社に転職してから、割り振ってもらえる仕事がない為、数週間放置された経験があります。

 

さらに入社2年目の配置転換後も「1〜2ヶ月程度、ビックリする位暇な時間を過ごした」こともあります。

 

このように「人員配置問題で放置されて暇」というケースもある為、怒られない範囲に時間を有効活用するのもおすすめですよ♪(社内資料を読むなど)

 

諒

やることもないし、暇っすね…。

同僚

まぁ、仕方ないですよね…。

自主的姿勢を見てる

 

自主的姿勢を見てるというケースもあります。

 

たとえ暇だったとしても、本当に何もせずに数週間もブラブラしていたら「あぁ…こいつは自分で何も出来ない奴なんだ」と周りに思われてしまうでしょう…。

 

その為「こいつはキチンと時間を有効活用するから、信頼できる」と思われる行動実践がベターですよ♪

 

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて「このままでは将来がダメになる…」と感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


その為「半年後に辞めると宣言→退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を開始→ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決定」という危うさで転職先決定しました(苦笑)

僕のヒーローアカデミア ゴミ掃除

出典:僕のヒーローアカデミア


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」という事です。

しかも、ストレスで疲れ切ったり「もうこんな人生イヤだ…」という無気力状態に陥ると、逃げる気力すら湧かず「うつ」「過労死」など、心や体が死んでしまうリスクがあるのです…。

転職サイト登録対策なしorありの例

呪術廻戦 最強

出典:呪術廻戦

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


その為、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、非公開求人数21万件&公開求人30万件以上があり、幅広い要望に応えてくれる為「情報収集だけしたい」「履歴書/職務経歴書など、プロのアドバイスが欲しい」という転職初心者は、登録必須のサイトです♪

諒

備えあれば憂いなし♪

僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア



リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験OK多数」など「20代の就活やり直しサポート」してくれるサイトの為、20代は登録必須のサイトと言えますよ♪

諒

若い頃の苦労は買ってでもしよう♪

呪術廻戦 誇れ

出典:呪術廻戦



Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断は「自分に合った快適な働き方が分かるチェック方法」であり、僕自身「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

諒

自己の可能性の限界に挑戦するぜよ♪



るろうに剣心 答え

出典:るろうに剣心



適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


さらに、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 油断せずに行こう

出典:テニスの王子様