急募 求人 やばい

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「欠員補充の急募求人はやばい?やめたほうがいい募集の見分け方を知りたい!」

相談女性3

急募求人は「応募募集〜面接〜人材採用」までのスパンが短い?担当者からの質問には最低限答える必要がある?

相談男性3

「職種未経験」だとスキル面で不採用の可能性が高い?仕事面で即戦力と判断されるコツは?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「急募求人はやめたほうがいい」と思った経験がある為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「急募求人はやめたほうがいい理由&対処法」を具体的に紹介します♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

急募求人はやめたほうがいい【理由】

急募求人はやめたほうがいい 理由

 

諒

ではまずはじめに、急募求人はやめたほうがいい【理由】についてご紹介していきます。

 

事業拡大で使い捨て要員補充

 

事業拡大で使い捨て要員補充というケースは多いです。

 

そもそも、このケースは「ブラック企業=離職率が高いから、大量募集している」「ホワイト企業=期間限定の募集を行っている」という両極端ケースが多いです。

 

ブラック企業の場合は「代わりはいくらでもいる」という常時採用方針なのに対して、ホワイト企業の場合は「今スグこの良い船に乗りたい方限定」という期間限定採用方針なわけです♪

 

 

その為「ある程度情報収集をして、どのような急募企業なのか?」を見極めてから応募するか決めるのがおすすめですよ♪

 

お金がない中小零細企業

 

お金がない中小零細企業というケースもあります。

 

そもそも「ハローワークなどの掲載無料組織」ではなく「転職サイト・エージェント」を利用する場合は、ある程度の金銭的代償を支払います。

 

転職サイト・エージェント利用時の代償

  • 転職サイト=「一定期間の掲載」を条件に、プラン費用を請求(数十万〜数百万の例も)
  • 転職エージェント=「入社1名あたり、年収の30%程度」を報酬として求人掲載企業が支払う など

 

このように「ある程度人材採用に資金を投入するリスク」を求人掲載企業は背負っているわけです。

 

その為、ベンチャー・中小零細企業など「ダラダラ人材募集をしていられるほど、金銭的余裕はない」という場合、急募募集するケースもあるのです。

 

 

しかし、その様な企業の中には「社会保険制度もしっかり整っていない様な家族経営企業」もゴロゴロあります。

 

そういう企業に入った場合「社長家族のお守りが日常業務にある」などの謎社風があったりする公私混同アホ企業だったりする為、急いで入るのは辞めた方が良いでしょう。

 

常時退職者が多いブラック企業

 

常時退職者が多いブラック企業というケースもあります。

 

こればかりは「ずっと求人掲載し続けている」「募集人数の数が異様に多い」など、ある程度特徴的な共通点はあったりします。

 

その為「なんでこんなに募集しているの?」と違和感があるものや「悪評が目立つような企業」は、ブラック企業の可能性を疑った方が良いですよ!

 

急募求人はやめたほうがいい【問題点】

急募求人はやめたほうがいい 問題点

 

諒

では次に、急募求人はやめたほうがいい【問題点】についてご紹介していきます。

 

ブラック企業入社リスク

 

ブラック企業入社リスクが、一番の問題点です。

 

先ほどまででお伝えした通り「人材が大量に離職するから、大量に急募している企業」というのは、一定数あるものです。

 

その為、ここでは「急募求人が出ている企業に入ってしまった場合のリスク」をお伝えしておきます。

 

人手不足=業務量が多い

 

人手不足=業務量が多いというリスクがあります。

 

そもそも、そもそも、ブラック企業は「常時人手不足=長時間労働で離職率が高い」というケースが多いです。です。

 

具体的には「急募で焦って入社してくる人材はいくらでもいる」と考えているなどですね。

 

その為、あまりにひどい場合は、我慢していても自尊心が削られてしまうだけの為、早めに再転職を目指すのがベターです♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

研修・教育なしの使い捨て

 

研修・教育なしの使い捨てというケースもあります。

 

例えば僕は、入社2ヶ月で急募求人だった「新規開拓営業」を退職した経験があります。

 

具体的には、お金に困った為「入社がスグ決まると勧められて入った新規開拓営業の仕事」に就いたことがあるのですが、入社前の話と全然違い、2ヶ月で辞めました。

 

聞いた話と実態が全然違ったケース

  • 入社前の事前情報=既にNTT系列で固定通信回線をご利用いただいている企業向けのwi-fiルーター提案営業(既存顧客向けの新商品案内)
  • 入社後の実態=渋谷の飲食店を食べログからリストアップした情報で、ひたすらローラー作戦(金の●、漫画喫茶マンボ●など、明らかにwi-fi設置店などもお構いなしに強制飛び込み)

 

この組織は「東京オリンピックに向けてwi-fiルーターを売り込んでみる」という実験営業部隊だったので、実態が固まっておらずムチャクチャでした…。

 

その為、あまりのブラック企業にストレスがピークとなり「親の紹介で正社員入社が決まった為、地元名古屋に帰ります」と伝えたのです。

 

そもそも、派遣担当営業マンも「あまり職場環境が良くない」と分かっていたようで「分かりました。では契約期間を短くしますね」と快く引き受けてくれました。

 

諒

地元・名古屋で正社員転職が決まったので、辞めさせていただきます(嘘だけど…。)

同僚

そうなんですね?分かりました。

 

正直辞めてしまえば二度と会うことは無くなったので、ぶっちゃけ嘘でも辞めることができました。

 

とはいえ「安易な転職は非常に危険」「スグに働けるという組織は、ブラック企業の可能性大」と痛感しました。

 

その為「ある程度ジックリ転職先を考える」「自分の適職・天職を明確にした上で転職活動を行う」「企業分析も行う」必要があると言えるでしょう。

 

専門性が高い=高離職率の可能性

 

専門性が高い=高離職率の可能性もあります。

 

例えば僕は「通信IT系の高度な知識が必要なセールスエンジニア」として、このような急募求人に入社した経験があります。

 

そもそも、その会社は「早稲田・上智・慶應などの一流大学卒業生が、ほぼ終身雇用でじっくり学んで働く環境」だったので、既卒で入った僕には修羅場でした。

 

覚える必要があったジャンル

  • 新しく生まれてきたクラウドサービス(Office365/AWS)などの知識
  • インターネット固定回線(光回線/ADSLなど)の知識
  • モバイル回線(格安SIM/料金プラン)の知識 など

 

そのように膨大な知識が必要だったのです。

 

 

しかし、周りは「通信の知識を知っていて、しかも業務が出来て当たり前」という態度で迫ってきました。

 

と言っても僕は既卒の新人だった為、毎日深夜まで勉強しても能力が間に合っていませんでした。(会社の残業は月20時間程度だが、自宅学習の毎日)

 

そして、一生懸命勉強していたけれど、結局数ヶ月後に「言ってることが分からない」という顔をしてしまった時、女上司から強い非難とお叱りを受けたのです!

 

女上司

あなたにとって何が分からないか?それがもう私には分からないわ!!

諒

(怒!)

 

これを言われた時は流石に僕もイラッとして「こっちも一生懸命にやっとるんじゃ!」と思い、思わずトイレに駆け込み壁を飛び蹴りしてました。

 

※穴を開けてしまいましたが、そっと逃げました(翌日シールが貼ってあり直っていたので、良くあることなんだなと安心しました)

 

 

そもそも今振り返れば、僕にとってこの仕事は「苦手な数式・公式を用いた知識を覚える」という一番「自分に合っていない仕事環境」でした。

 

※数学は200点中0点を取るほど、僕は公式や理屈が苦手

 

 

さらに、万年目標未達という「無能女課長」の下という最悪の状況で働いていたので、ミスが多かった上メンタルも非常にやられたのです。

 

※ちなみにその後見かねた別の課長が僕を引っ張ってくださり、落ち着いて仕事できるようになったのは感謝しかありませんでした。

 

上司

大変やったな♪大島ちゃん♪

諒

助けていただき、ありがとうございます♪

 

そしてその後「WEBライターという物書き」に転職しましたが、こちらは一日中取り組んでいても苦痛なく仕事できる環境だったのです!♪

 

このように、働く環境によってキツさは変わると分かれば、あなたも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

 

急募求人はやめたほうがいい【応募利点】

急募求人はやめたほうがいい 応募利点

 

諒

では次に、急募求人はやめたほうがいい【応募利点】についてご紹介していきます。

 

採用ハードルは低めが多い

 

採用ハードルは低めが多いメリットは大きいです。

 

なぜなら「急いで採用したい為、ある程度人材レベルの高さより、入社スピードの速さを優先している」からです。

 

その為「良質なホワイト企業+急募人材募集している穴場求人」を見つけたなら、早めに応募して内定獲得するのがおすすめですよ♪

 

内定獲得までが早い

 

内定獲得までが早いというメリットもあります。

 

通常の場合、正社員転職なら「書類選考〜面接複数回〜内定」というプロセスの為、2〜3ヶ月はかかってしまうケースが多いです。

 

 

しかし、急募求人の場合「早ければ1ヶ月以内に内定獲得できるケース」も多いです。

 

必然的に、ダラダラと面倒な転職活動を続ける事なく、新天地に向かって飛び出しやすいとも言えるのです♪

 

同僚

転職活動は面接が何回もあるから、時間がかかって辛い…。

諒

それなら急募求人にも選択肢を広げてみれば?思わぬ優良求人と出会えるかもしれないよ♪

事業拡大優良企業の可能性アリ

 

事業拡大優良企業の可能性アリというメリットもあります。

 

事業拡大優良求人の例

  • 「外資系の日本人スタッフ急募」の為「一般的な給与/待遇面」より遥かに好条件
  • 「業績好調企業急募」の為、普段なら「新卒でも中々入れないような好条件」を中途で挑戦できる

 

このように「上手くチャンスを掴めば、より良い就業条件を獲得できる可能性がある」のも、急募求人のメリットと言えますよ♪

 

自分の最適企業か判断が最重要

 

ただし、結局は自分の最適企業か判断が最重要と言えます。

 

なぜなら「Aさんにとってはブラック企業と感じる会社も、Bさんにとってはホワイト企業と感じているケース」も沢山あるからです。

 

その為、後ほど紹介する適職診断などを利用して「自分にとって最適な働き方とは?」を明確にした上で、転職活動をするのがおすすめですよ♪

 

急募求人はやめたほうがいい【内定判断】

急募求人はやめたほうがいい 内定判断

 

諒

では次に、急募求人はやめたほうがいい【内定判断】についてご紹介していきます。

 

会社公式HPで雰囲気見極め

 

会社公式HPで雰囲気見極めはアリでしょう。

 

もちろん、面接などに対して事前チェックはしたかもしれませんが、改めて「自分が組織の一員として働く目線で見直す」のはアリです。

 

会社公式HPを見極める例

  • 会社の理念に共感できるか?
  • 扱っている商品などに魅力を感じているか?
  • 組織やHPの雰囲気に違和感を感じないか?

 

勿論「外注してHPを立ち上げている会社」も沢山ありますが、少なくとも「我が社はこんな会社です♪」と外向けに発信している以上、一定の雰囲気はつかみ取れるはずですよ♪

 

転職口コミで他者評価見極め

 

転職口コミで他者評価見極めするのもおすすめです。

 

転職口コミサイト

急募求人はやめたほうがいい 転職会議

出典:転職会議

急募求人はやめたほうがいい enライトハウス

出典:enライトハウス

急募求人はやめたほうがいい open work

出典:open work

 

このような「実際に勤めている経験者の口コミ」をチェックする事で「これなら働けるな♪」と思うか「ここはマズイな…。」と気づく参考にできますよ♪

 

同業種・同職種情報で苦楽見極め

 

初挑戦の業種・職種で悩んでいるなら、同業種・同職種情報で苦楽見極めがおすすめです。

 

「IT系」「自動車系」「金融系」「営業」「事務」「財務」「人事」「制作職」「エンジニア」など、同じジャンルで感じるメリット・デメリットはある程度共通しています。

 

その為「新天地に対する不安解消」「内定先の口コミだけでなく、同業種/職種の人はどう感じて働いているか?を知る」だけでも、モヤモヤが晴れる確率が上がりますよ♪

 

 

※なお「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  2. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  3. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

スキルを学んでから転職

 

なお、未経験転職で悩んでいる場合、スキルを学んでから転職するのもおすすめです。

 

なぜなら「スキルを持っておけば、即戦力orある程度基礎能力があるレベルで転職できる=自信を持って転職できる」からです。

 

 

また、ハローワークにも就職支援の職業訓練がありますが、あれは「素人+αレベル」が多い為、やはり転職前提なら、身銭を切って学ぶべきです。

 

それでも「10万円〜スクール受講できる場所」もある為、貯金した後で受講し、その後転職活動に活かすのは十分現実的ですよ♪

 

※なお「プログラミング・WEBデザイン・動画編集」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

スキルUPスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%!転職コースは転職前提におすすめ♪
  2. テックアカデミー=無料プログラミング体験アリ!適正確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  4. WEBデザインスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  5. 動画編集スクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら

 

なお、僕はいきなり未経験転職したわけではなく、2年ほどブログ副業を実践していた結果、そのブログを成果物(ポートフォリオ)として転職することに成功しました。

 

その為、できれば職種転換する前に「スクールに通ってある程度基礎を固める」「独学で実力を育む」という期間が必要と言えます。

 

そして、以下のリンク先では、「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億円社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ

 

周りに相談して意見集約見極め

 

周りに相談して意見集約見極めという方法もあります。

 

誰しも「自分独自の視点」「経験してきた事による価値観の違い」がある為、他者相談する事で入社覚悟が固まったり、内定辞退する決意ができるものです。

 

ただし、相談する上で注意して欲しいのは「相談してアドバイスを受けても、最終的に決断&責任を負うのは自分」という視点を忘れない事です。

 

相談アドバイス注意点例

  • 現職同僚のAさんは「今の会社で良くない?一緒にもっと働こうよ♪」と返答
  • 父に相談したら「転職回数を増やすのは良くない」と返答
  • 学生時代からの友人Bに相談したら「良いんじゃない♪失敗したらまた転職すれば♪」と返答
  • 転職エージェント経由で内定獲得した為、担当者Cに相談したら「ベストを提案した為、自信を持っておすすめできます♪」と返答

 

このように、様々な返答アドバイスが返ってくると思いますが、その中から「確かにそうだよな…。」と思える答えを軸に、判断するのもアリですよ♪

 

転職サイト併用で他情報見極め

 

それでも覚悟が決まらないのであれば、転職サイト併用で他情報見極めもおすすめです。

 

なぜなら「同業種/同職種でより良い求人が見つかる=辞退すべき」「内定先企業で十分魅力的だと分かった=入社すべき」と分かるからです♪

 

現代では気軽に転職できる雰囲気も増していますが「入社した以上、そこで一生懸命働くことになる側面」は変わりありません。

 

 

その為「20代ならRe就活」などを登録&検索利用し、覚悟を固められるまでチェックしてみるのもアリですよ♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活=20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。

具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

カイジ 覚悟出典:カイジ



このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。

しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!


そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

カイジ 無気力出典:カイジ



それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪


転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちらが一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
「短期離職で誇れるキャリアがない…」「就活失敗したから、職種転換を含めて未経験OK企業に転職したい」なら、Re就活がおすすめです。

Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験からの職種転換OK企業多数」「転職博でイベント参加できる」など「20代の就活やり直しを徹底サポート」してくれるサイト。

登録するだけなら「スカウトなどは来ても、エージェントからの連絡なし」「情報収集のみに使える」為、キャリアのやり直しを考えるなら、登録必須のサイトと言えますよ♪

Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
「適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 俺が王様だ

出典:テニスの王子様