失業保険 残り2日

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「失業保険が残り2日でマジ辛い?3回経験者が語る経済基盤確保のコツを知りたい!」

相談女性3

失業保険受給は「雇用保険加入期間が有期雇用なら半年or無期雇用なら1年以上」が支給条件?「離職前の被保険者半年の基本給」が失業給付認定金額になる?

相談男性3

7日間の待機期間とは?「アルバイト収入」はハローワークに申告が必要?「労働時間14時間=週20時間以上」は日額0円のボランティアでも不正受給になる?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「失業保険が残り2日でマジ辛い!」と思った経験がある為、あなたの気持ちが痛いほど良くわかります…。

 

 

その為、そんな僕が「失業保険が残り2日でマジ辛い時の対処法」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

失業保険が残り2日【基礎知識】

目次

 

諒

ではまずはじめに、失業保険が残り2日【基礎知識】についてご紹介していきます。

 

※なお、ここで紹介している金額/支給期間などは「2023年(令和5年)8月現在」のデータを基に作成しており、各地域&時期によって頻繁に変わる為「考え方の参考」程度に理解して下さい

 

失業保険の受給方法

 

まずは念の為、失業保険の受給方法についてご紹介します。

 

一般的に失業保険受給対象は、以下の通り。

 

失業保険受給対象

役所

  • 一般の離職者=離職の日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算12カ月以上
  • 特定理由離職者=離職の日以前1年間に被保険者期間が通算6カ月以上

特定理由離職者

感受性

  • 有期労働契約の更新を希望したが認められず離職した方
  • 出産や育児により離職し受給期間の延長措置を受けた方
  • 父・母の扶養や介護など家庭事情の急変により離職した方
  • 配偶者や扶養親族と別居生活を続けることが困難になり離職した方
  • 特定の理由で通勤が困難になり離職した方
  • 企業の人員整理などで希望退職者の募集に応じて離職した方

 

このような区分けですが、要するに「正社員=一般の離職者」「派遣・契約社員などで契約更新がある=特定理由離職者」といったイメージです。

 

そして派遣社員などの有期雇用は「契約期間満了=特定理由離職者」に該当する為「直近1年以内に6ヶ月以上被保険者(雇用保険支払い)アリ」なら、スグ失業給付を受給できます。

 

この場合は「派遣会社/勤務先企業から失業書類をもらう必要がある」のですが、他の派遣会社を利用したり、正社員就職前提であれば問題なく受け取れるでしょう。

 

親密性

 

ちなみに失業保険は「自己都合退職者=申請して約2〜3ヶ月(給付制限)+7日後」「特定理由離職者=申請して7日後」という違いがあります。

 

※7日間=失業状態チェック期間であり、その期間はボランティア・バイト・転職活動なども一切NG

 

 

その為「失業関連書類を受け取る→ハローワークで手続き→7日後から失業保険受給」すれば、退職翌月からお金を受け取れますよ♪

 

※とはいえ、僕の時とはルールが変わっている可能性がある為、ハローワークで「最新の正式手続き」を確認しておきましょう

 

失業保険受給の注意点

 

なお参考として、失業保険受給の注意点についても押さえておきましょう。

 

まず、失業保険は「雇用保険支払い期間」が一定期間ないとNGな為、給与明細に「雇用保険」というお金がキチンと引かれていたかチェックしましょう。

 

※「雇用保険支払いをゴマかすブラック企業勤めだった」「自分の想定より支払い期間が短かった」などのトラブルで、受給対象外という可能性もあり得るため

 

受容力

 

ちなみに「失業保険=給与(基本給/諸手当/残業代込み)の約6割程度=月給20万なら12万」であり、それほど余裕はない為、貯金があまり無い場合、転職先を早めに探しておくなどの「事前準備」が大事になりますよ♪

 

年齢・勤務年数での受給期間

 

また、年齢・勤務年数での受給期間も異なる為、「自己都合」「会社都合」も各々補足しておきます。

 

年齢・勤務年数別受給期間

\自己都合退職/

失魚保険 受給期間 自己都合

\会社都合退職(リストラ/契約更新なし/倒産など)/

失魚保険 受給期間 会社都合

出典:ハローワークインターネットサービス

 

このように「自己都合=最低90日(約3ヶ月)〜最高150日(約5ヶ月)」「会社都合=最低90日(約3ヶ月)〜最高330日(約11ヶ月)」の間、前職の約6割程度(厳密には45~80%)が支給されるというわけです。

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

不正受給になる注意事項

 

また、大前提として「ある程度貯金があるor前職給与が高かった場合」以外は、失業保険受給中の金銭問題はかなり深刻な為、不正受給になる注意事項について解説しておきます。

 

不正受給扱いになる注意事項

否定 拒否 NO

  • 失業保険受給申請後の待機期間(7日間)は、アルバイト/転職活動など一切禁止(失業状況を確認する期間の為、バイトなどをすると待機期間延長されるリスクあり)
  • 失業保険受給期間中は「週20時間以上」「同一事業主に31日以上継続雇用」を越した場合「就業とみなす=失業保険停止」
  • 「1日4時間以上」働いた場合は「就労」と見なされ、その日分の支払いは繰り越される(ただし受給資格は「離職翌日から1年以内」の為、伸ばし過ぎると受け取れなくなる)
  • 「1日4時間未満」働いた場合は「内職」と見なされ、受け取った賃金によって「失業保険全額給付」「減額支給」「支給繰越し」に分かれる

\失業認定申告書/

失業保険認定証

出典:ハローワーク(失業保険認定証)

不正受給措置

減少

\不正受給対象/

  1. 就職や就労をしたことを申告しなかった場合(パート/アルバイト/日雇い/試用期間/研修期間を含む)≪収入がない場合であっても申告が必要です≫
  2. 就職日や求職活動の実績を偽って申請した場合
  3. 内職や手伝いをしたこと。または、その収入があったことを申告しなかった場合
  4. 自営(保険代理店を含む)を始めたこと、または、その準備をしたことを申告しなかった場合≪収入がない場合であっても申告が必要です≫
  5. 会社の役員(名義だけの役員を含む)や非常勤嘱託、顧問などに就任したことを申告しなかった場合
  6. 健康保険による傷病手当金や労災保険による休業補償給付などの支給を受けたこと、または、受けようとすることを申告しなかった場合≪雇用保険と重複して給付は受けることができません。≫
  7. その他、就職ができる状態でなくなったことを申告しなかった場合≪失業の状態ではありません≫

怒られる ミスが増える

\不正受給措置/

  1. 不正の行為のあった日以降のすべての給付が受けられません(支給停止)
  2. 不正に受給した金額を、全額ただちに返還しなければなりません(返還命令)
  3. 不正の行為により受けた額の最大2倍の納付が命じられます(納付命令)
  4. もし、返還や納付をしないときは、財産差押えなどの強制処分がなされます
  5. 特に悪質な場合は、刑事事件として告発(刑法の詐欺罪)されます

出典:厚生労働省/大阪労働局

 

要点は「失業保険申請後の待機期間(7日間)は経済活動NG」「アルバイトなど労働は要申告」「31日以上の継続雇用は失業保険停止」「不正受給は最大3倍の返還義務を負う」と覚えておきましょう!

 

内職する場合の計算方法

 

さらに「アルバイトして稼いでも大丈夫なライン」を知る為に、内職する場合の計算方法も補足しておきます。

 

内職する場合の計算方法

\「年齢別」最高日額賃金&給付金額上限/

給付率1

\最低日額賃金&給付金額下限/

給付率2

\年齢別給付率/

給付率3

出典:厚生労働省|雇用保険の基本手当日額(令和5年8月1日〜)

\内職の計算例(30歳/日給10,000=月給30万円)/

  1. 失業保険日額支給分=6,036円(6,036円=8,000-0.3{(10,000-5,110)/7,470}10,000)
  2. 前職賃金の8割=10,000円×0.8=8,000円
  3. 控除額=1,331円
  4. 減額計算式「(②)-(⓵)+(③))」=(8,000円-6,036円)+1,331円=3,295円

→「1日/3,295円未満」なら、失業保険全額受給に追加して稼げる

 

このように「30歳/月給30万円の場合、1日3,295円未満なら稼いでもOK」という訳です。

 

※なお「3,295円以上=差額分を失業保険から減額して支給」「収入の日額が8,000円以上(前職日割の8割以上)=失業保険繰越し」となります

 

また「1日の勤務時間は4時間未満が前提」「31日以上勤務して雇用保険被保険者にならない事」「週何日まで働いて良いか?ハローワークに必ず確認&勤務実績報告」は絶対条件ですよ♪

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

満額受給後の手続きは不要

 

ちなみに、満額受給後の手続きは不要です。

 

なぜなら「失業保険は受給資格中に、少しでも安心して転職・就職活動をサポートしてもらえる支援制度」の為、受給満了後は自動的に終了するからです。

 

※受給最終回のハローワーク訪問時に「次回の振り込みが最終回となります」と言った事を担当職員の方から言われます

 

減少

 

その為、それ以降は特別な手続きが必要ない一方で、金銭的支援が消滅する不安も襲ってくると言えるのです。

 

受給期間延長はかなり難しい

 

ちなみにハローワーク最終訪問時に「受給延長手続きも別途あります」など一言貰えたりしますが、受給期間延長はかなり難しいと考えておくのがベターです。

 

※なお「失業保険受給期間延長できるケース」は以下の通り

 

受給期間延長例

延長給付1

延長給付2

出典:厚生労働省

 

このような要件を満たす必要がある為「健常者が普通に退職している場合、まず受給期間延長はできない」と思っておくのがベターです。

 

職業訓練による受給期間延長

 

特定理由なく受給期間を延長できる唯一の方法は「職業訓練による受給期間延長」です。

 

具体的にはハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのです。

 

支援制度の区分け

役所

  • 「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」
  • 「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

成長

  • プログラミング言語
  • WEBアプリエンジニア
  • 建築系CAD
  • 保育士
  • 介護福祉士
  • 調理師
  • 自動車整備
  • 溶接技術
  • トラックドライバー
  • WEBデザイナー
  • 電気設備
  • ネイリスト など

 

このように、非常に幅広い訓練が用意されています。

 

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

否定 拒否 NO

  • 応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい
  • 実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要
  • 国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使いませんでしたが、職種自体を変えたいなら、ハローワーク相談もアリでしょう。

 

※また「失業保険受給対象者は、受給期間残2/3以上が必要」「満額受給後の人は10万円の求職支援訓練になる」という要件がある為、ルールの違いに注意しておきましょう

 

失業保険が残り2日【選択肢】

目次

 

諒

では次に、失業保険が残り2日【選択肢】についてご紹介していきます。

 

正社員採用を手広く探す

 

「無職状態のリスク」からいち早く脱出できる選択肢は、正社員採用を手広く探すというものです。

 

もちろん、焦らずやるのも大事ですが「家賃が支払えなくなる」「クレジット残高不足でブラックリストに載る」などのトラブルが起こると、生活に大きな支障が出てしまいます…。

 

仕事 ミス 大損害

 

その為「なるべく求人件数の多い転職サイトor転職エージェントを利用する」「転職サイトで求人応募を数打ちする」などで、経済基盤再確保のスピードを早められますよ♪

 

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

 

※また、万一に備えて「転職先情報収集を転職サイトでしておく」のもおすすめな為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

勤務開始が早い派遣利用

 

正社員転職はどれだけ早くても「1ヶ月〜2ヶ月以上かかる」為、とにかく急いで安定収入を確保したければ、勤務開始が早い派遣利用もおすすめです。

 

派遣社員採用の場合「面談1回&2週間程度で勤務スタート」も可能な為、正社員より経済安定スピードは早いです。

 

残業 辛い

 

ただし「定期的な契約更新(クビ)リスクがある」「未経験OK求人は、正社員より給料は低い傾向がある」などのデメリットも、受け入れる必要があります。

 

 

※なお、以下のリンク先にて「派遣転職サイトおすすめランキング」を紹介している為、必要に応じて参考に使って下さい♪

派遣転職サイト@比較おすすめランキング!口コミで評判のHPまとめ

 

日雇いバイトで食い繋ぐ

 

「勤務先が決まるまで」は不安定な状況に置かれる為、日雇いバイトで食い繋ぐのもアリです。

 

例えば僕は、失業期間中に「ランスタッドで日雇いバイト」をして食い繋いだ経験があります。

 

ランスタッド

ランスタッド

出典:ランスタッド

 

これは「登録する→毎日1日勤務募集のリストが来る→選んで返信→選考に合格したら当日の集合場所などの返信が来る」という流れです。

 

 

他にも、個人的におすすめなのが「WEB仕事などを在宅勤務で対応しつつ、ブログ副業能力を育む」という選択肢です。

 

具体的には「ランサーズ/クラウドワークス」など、ライティングで依頼を受けられるサイトがある為、そちらで記事を書いて「実力UP&知名度獲得」するわけです。

 

クラウドソーシング

ランサーズ

出典:ランサーズ

クラウドワークス

出典:クラウドワークス

 

このような「クラウドソーシング会社」がある為、登録して「記事作成案件」に取り組むのもアリです。

 

ただし、1件300円(2,000文字)などで、時給にするとアルバイトより低い可能性もある為、あくまで「練習+お小遣い」として取り組むのがベターです。

 

とはいえ、経験を積んでランクを上げれば単価UPできるので、レベルアップの要領で取り組むのもアリですよ♪

 

メルカリなどで不用品整理

 

メルカリなどで不用品整理も、貯金が乏しい場合のお小遣い稼ぎ対策として活用できます。

 

実際、僕も「無職期間で貧乏だった時、手元にある売れるもの(本/ゲーム/服など)を売却して数万円確保した」という経験があります。

 

貯金 成長

 

その為「断捨離も兼ねて、手元の売れる物を売って軍資金を稼ぐ」というのも、おすすめの稼ぎ方ですよ♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

身内から経済的支援を得る

 

正直あまりお勧めはしませんが、身内から経済的支援を得るという方法もあります。

 

シンプルに「お金が無いから助けて下さい」と懇願して、お小遣いを貰うというわけですね。

 

また、一方的に貰うのが心苦しいなら「祖父母/両親/親戚の家の草むしりや清掃を請け負ってお小遣いを貰う」など、家事手伝いでお小遣いを貰う作戦もアリですよ♪

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

一時的に借金する

 

何としても生活崩壊回避したいなら、一時的に借金するという方法もあります。

 

実際僕も「クレジットカード支払いを分割orリボルビング払いにする」「家賃滞納(全保連の1ヶ月立替制度利用)」などで、無職期間の借金を持ち越した経験があります。

 

※他にも「カードローン」などで、一時的にお金を外部から借りてくるという方法もあります

 

クレジットカードリボ払いの利息返済例

失業手当 途中でやめる

  • 20万円を年率15%で借り、毎月1万円設定で返す場合(元本の15%が毎月利子として取られる)
  • 2,466/2,421/2,293/2,096/2,038/1,849/1,784/1,656/1,430/1,401/1,233/1,147/986/892/764/616/510/370/255/127円が毎月の利息
  • 合計226,334を返済(20万円借りた結果、毎月1万円返済だと26,334円余計に多く返す事になる)

 

このように、借金は「借りた金額が大きいほど、利子も大きくなり、余計に多くお金を取られる仕組み」です。

 

その為「借金は返済金額が雪だるま式に増えていく」為、大金&長期間利用は辞めておいた方が懸命ですよ!

 

家族の扶養に入る

 

家族の扶養に入るという選択肢もあります。

 

少なくとも「専業主婦(主夫)になる」などの場合、実質的に「結婚相手の会社に諸々の社会保険支払いを委任できる(自分の年収が130万円未満が前提)」為、生活の圧迫は減ります。

 

否定 拒否 NO

 

その為「共働きだったが、失業保険満了を契機として結婚相手の扶養に入る」のも、一つの選択肢として使えますよ♪

 

年金を受け取る

 

年金を受け取る場合も、失業保険給付満了後の無職リスクを回避できます。

 

具体的には、年金は現状で「60歳〜支給開始依頼ができる制度」の為、制度利用を前倒しする申請をすれば良いでしょう(但し、前倒した分受給総額は減ります)

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

転職サイト gif

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

成長

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。


具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

ルート営業 つらい
このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。


しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!

中途採用 放置 退職
そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪

失業後に4ヶ月かけて転職


また別の機会ですが、失業後に4ヶ月かけて転職した経験もあります。

この時は「失業保険即時受給=3ヶ月間月15万円程度」を受け取っていたのですが、その余裕に甘んじてダラダラ活動してしまい、貯金が底を付いてしまったのです…。

※「契約更新がある雇用(派遣/契約社員)は、契約満了後に最速で失業後2週間程度から受給開始できる」「正社員&自己都合退職は2〜3ヶ月給付制限がつく」

仕事 ミス 大損害
結局「お盆に実家帰省した折、両親から20万円をサポートを貰う→失業4ヶ月後に転職先決定」して、何とか窮地を脱しました…。

※正直言って、イオンのフードコートで両親に泣きながら「転職活動資金がないからお金を下さい…」と悔し涙を流した記憶が、今でも鮮明に残っています…。

涙 失業
そして、このように悔しい経験をした僕から言えることは、「自分の乗っている船(会社生活)が危機に陥った時、乗り換える船(転職先/稼ぎ先)を用意しておく」のが非常に大切です!

その為「転職ライター」「転職経験10回」「三職種以上」を経験した僕が、責任を持って「万一に備えた転職対策」について補足しておきます♪

辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

仕事量 少ない人
それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

祝日休みじゃない会社

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

具体的な転職成功例


そして、僕以外の具体的な転職成功例も補足しておきます。

具体的な転職成功例

  • 某財閥系大手エンジニアで「毎日終電続きで時間がない」→中小の同業種エンジニアに転職し、年収や企業ブランド価値は減ったが「残業平均20h/月以下でストレス激減」
リラックス
  • 中小企業の営業職だったが、上のポストがつかえていた→転職エージェント経由で「中小企業の営業部長職待遇」に出世でき「年収も100万円以上UP」
営業 セールス
  • シフト制の営業職だったが「毎週1日休みで疲れが取れない」→土日祝休みのルート営業に転職し「決まった固定休みがある為、リフレッシュしやすくなった」
釣り
  • ガツガツ実力主義系の会社で「体育会系に馴染めなかった」→仲間と一緒に和気あいあいな感覚で働きながら「皆で仕事を楽しむスタイルが肌に合い、ストレス激減した」
転職エージェント おすすめ


このように「自分がラクに働ける環境をGETした♪」「今より成長できる環境にシフトした!」事で、ストレスが減ったり、やる気が増えたわけです♪

もちろん、リスクもありますが、「どんな軸で転職したいのか?(残業減/年収UP)を明確にする」「情報収集をキッチリしておく」ことで最悪の事態を回避しやすいです。


さらに「転職先企業は事前に口コミチェックしておく」事で、納得いく転職先をGETできますよ♪

転職口コミサイト

転職会議出典:転職会議enライトハウス出典:enライトハウスopen work出典:open work

休みに関する求人記載ルール

リラックス

  • 週休二日制=月に1回以上週2日休日取得できる(1ヶ月4〜5週の内、1回以上2日休みがあれば該当)
  • 完全週休二日制=毎週必ず2日の休日をどこかで取得できる(週7日の内、各週どこかで2日休めば該当)
  • 完全週休二日制(土日)=毎週必ず土日に休日を取得できる
  • 完全週休二日制(土日祝)=毎週必ず土日に休日を取得+祝日も休める

休みに関する求人記載ルール補足

否定 拒否 NO

  • 最長=「年間休日125日」で、土日祝休み+夏季休暇・年末年始休暇などを含む
  • 一般的=「年間休日110日」で、土日休み+祝日出勤or祝日休みで土曜に出勤変更
  • 最短=「年間休日105日」で、労働基準法ギリギリの働き方
※いずれの休日形態でも「年間休日日数●●日=合計休日数」が記載されている

残業に関する求人記載ルール補足

残業 辛い

  • 残業月0〜10時間=定時〜+30分程度で帰れる環境
  • 残業月10〜20時間=定時+30分〜1時間程度で帰れる環境
  • 残業月20〜40時間=定時+1時間〜2時間程度で帰れる環境
※「固定残業代」「みなし残業代」は「我が社では●●時間の残業は当たり前の為、固定で先払い」という表記


また、仮に転職エージェント利用で面談〜転職決定した場合も「転職したい理由をポジティブに言い換えて伝える」事で、OKを貰いやすくなります。

ポジティブな言い方変換例

柔軟性

  • 給料が少ないから辞める→もっとチャレンジして「自分の可能性を試したい」
  • 残業や休日出勤が多くてストレスで辞める→オン・オフを大切にしながら「長く安定して働ける場所に転職したい」
  • 人間関係トラブルで辞める→「自分の性格に合った会社」で長く腰を据えて働きたい


大事なことは「長く働ける会社」「現職と同じストレスを感じる要素がない会社」という視点で探せば、より良い転職先を見つけやすくなりますよ♪

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット
リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト

また、以下のリンク先にて「転職エージェント利用失敗体験談〜快適に利用するコツ」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の転職エージェント利用失敗体験談

【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選

【職種転換+副業に最適】アフィリエイトブログ運営

強烈な影響力のあるブログ TOPアイコン
また、今の所転職する気はないけれど「自分の力でお金を稼げるようになりたい!」「副業にチャレンジしたい!」方におすすめなのが「アフィリエイトブログ」です。

「初期投資0円〜3万円以内」「月額数百円〜3,000円以下」で稼ぐ環境を獲得でき、アルバイトの稼ぎでも維持できる為「初心者におすすめな最初の副業」として、自信を持っておすすめできます!

さらに、稼げるようになれば「会社依存の抑圧感覚を減らせる→上手く軌道に乗れば、会社員から独立できる」「副業収益として節税できる」というメリットもあるので、挑戦しないのは損ですよ♪

ブログを副業禁止企業で始めるコツ
アフィリエイトブログの始め方

おすすめランキング

転職エージェント登録が必須の理由!

  1. 「沢山の求人情報にアクセスできるようになる」=「リスクに備えられる」
  2. 「年収UPチャンス」「残業時間DOWN」する転職先に出会える確率UP
  3. 「今の環境以外でも生きていける」という自尊心を取り戻せる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

まとめ

 

諒

以上が失業保険が残り2日でマジ辛い!3回経験者が語る経済基盤確保のコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/