無職 やること

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「無職になったらやることを知りたい!」「仕事がない状態でも、貯金と生活を守るためにはどうすれば?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も無職を何度も経験し、やることが明確になって行動できるようになるまで不安だったので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「無職になったらやることや、脱出する方法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

無職になったらやること必須事項

正社員になりたくない

 

では次に、無職になったらやること必須事項についてご紹介していきます。

 

会社から失業書類受領

派遣 契約更新しない 会社都合

 

一番最初にやるべきなのが、会社から失業書類受領です。

 

主な失業書類

「雇用保険被保険者証」「離職票」「健康保険資格喪失証明書」「源泉徴収票」

 

無職になったらスグに「失業保険手続き」したいものですが、会社によって書類を送ってくれるタイミングがバラバラなので、下手すると受給期間が1ヶ月近く延びてしまったりします。

 

そのため僕の場合は、退職前に担当部署に一言言いに行ったり、会社のHPに「失業書類に関するお問い合わせ」などがあれば、そちらから催促連絡を入れておくようにします。

 

 

もう辞めて関係なくなる職場なわけですから、ちょっと強気で行って「失業書類、急ぐんでスグ下さいね!」くらい言っても良いですよ♪

 

失業保険の手続き

役所

 

無職になったら一番最優先でやるべきことが、失業保険の手続きです。

 

一般的に失業保険受給対象は、以下の通り。

 

失業保険受給対象

一般の離職者=離職の日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算12カ月以上

特定理由離職者=離職の日以前1年間に被保険者期間が通算6カ月以上

特定理由離職者

有期労働契約の更新を希望したが認められず離職した方

出産や育児により離職し受給期間の延長措置を受けた方

父・母の扶養や介護など家庭事情の急変により離職した方

配偶者や扶養親族と別居生活を続けることが困難になり離職した方

特定の理由で通勤が困難になり離職した方

企業の人員整理などで希望退職者の募集に応じて離職した方

 

このような区分けになるわけですが、要するに「正社員=一般の離職者」「派遣・契約社員などで契約更新がある=特定理由離職者」といったイメージです。

 

ちなみに失業保険は「一般の離職者=申請して約2ヶ月+7日後」「特定理由離職者=申請して7日後」という違いがあります。

 

※7日間とは失業状態などをチェックする審査期間であり、その期間は転職活動なども一切やってはいけない

 

 

そのため「正社員はボーナスをもらって辞める」「派遣や契約社員はスグに手続きして失業保険を貰う」という切り分けがオススメです。

 

失業保険受給の注意点

ミス 失敗

 

なお参考として、失業保険受給の注意点についても押さえておきましょう。

 

まず失業保険は「雇用保険」を支払っている期間が一定期間以上ないとNGなので、給与明細に「雇用保険」というお金がキチンと引かれていたかチェックしましょう。

 

※「雇用保険」を支払っていないブラック企業だったり、自分のイメージより支払っていた期間が短くて、受給対象になれないというトラブルもあり得るため

 

 

ちなみに失業保険は「額面給与の約6割程度」しかもらえず、それほど余裕があるわけではないので、ある程度金策に走ったほうが良いかもしれませんね。

 

※しかも失業保険受給を申請してからは、メルカリで物を売ったりしてお金を工面するのはOKですが、アルバイトなどの“労働”は日雇いでもNGです。

 

国民年金・健康保険切り替え

派遣 1年で辞める

 

失業保険は「ハローワークに行って行う」一方で、区・市役所に行って国民年金・健康保険切り替えする必要もあります。

 

これらは自発的に行って切り替えないと「年金未加入・健康保険未加入」のままになってしまうので、大変危険です!

 

手続きしておかないと、年金は心身に何かあった時にもらえる「障害年金の対象外」になってしまいますし、健康保険も「10割負担」になって、ケガや病気の時に大赤字です!

 

 

とはいえ「年金は無職・無収入の間免除・猶予できる制度」「健康保険も減免制度」があるので、合わせてやっておきましょう。

 

それをしないと「年金1〜2万円+健康保険数千円(前年度所得による)」が発生してしまうので、大幅減額できる仕組みを賢く利用しましょう♪

 

住民税の支払い方法変更

税金

 

無職期間が長期化した場合に怖いのが住民税なので、必要に応じて住民税の支払い方法変更も行いましょう。

 

住民税の基礎知識

前年度の収入に応じて課税されるため、無職期間の収入は関係しない

会社で支払っていた時期を除き、前年度課税分の残りが年後半にくる

例=年収400万円で約18万円ほどを分割して4回請求が来る(会社天引きがあれば減額はされている)

 

このようになっているので、無職だからといってずるずると無収入期間を続けていると、3〜4万円の支払い催促が4回来てしまいます。

 

残念ながら住民税(地域により都民税・府民税・道民税)に関しては、減免や免除はないので、支払いを送らせてもらったり月1万円程度に分割して払うしか方法がありません。

 

※支払いを遅らせるといっても、あくまで「支払いが発生した年度までに払うのは必須」なので、ズラせて数ヶ月です

 

 

もし分割したいのであれば、役所に相談することで対応してくれるので、まとめて払うのがキツイ時が来たら、この事を思い出してください♪

 

無職でやること@就職活動

レベルアップ

 

では次に、無職でやること@就職活動についてご紹介していきます。

 

正社員+副業で収益安定

ボーナス

 

個人的に一番おすすめなのは、正社員+副業で収益安定という生き方です。

 

そもそも、今後「正社員でいれば勝ち組」と胡座を掻いている人ほど、将来「使えない役立たず」になっていきキツイので、正社員+副業で自己研鑽がおすすめです。

 

もちろん「就業規定には副業禁止」としている会社も多いですが、今後も副業OKの会社は増加の一途を辿るでしょう。

 

 

とはいえ僕に仕事術やビジネスを教えてくれた師匠は、副業禁止の会社にいたにも関わらず月収20万円以上稼いでしまい、会社にバレて独立した経緯がありました。

 

つまり「副業が軌道に乗ってしまえば独立したり、副業OKの会社に転職してしまえば良い」という考えで、積極的に「自分で稼ぐ能力」を高めるもアリということです♪

 

※ただし年収20万円以上(月2〜3万円)稼げるようになってくると、場合によって会社と税金精査がズレてくる可能性があるので、副業に関しては事前に勉強しておきましょう

 

手に職をつけてフリーランス

天職

 

手に職をつけてフリーランスも、選択肢としてアリです。

 

「WEB系のデザイン・ライター」「システムエンジニア」「イラストレーターや物書き」など、フリーランスで生計を立てられる職種は増えています。

 

そのため「自分親方でやっていく方が楽」という自負があるのであれば、フリーランスを目指すために企業で修行して、独立を目指すというのもアリです。

 

 

もちろん正社員として勤めていれば「退職金」などのメリットも生まれますが、それを十分に払ってくる企業がドンドン減っているという事実もあります。

 

そのためフリーランスでは退職金こそもらえませんが「経費で節税対策ができる」などの強力なメリットも生まれるので、将来の選択肢にする価値はありますよ♪

 

派遣やバイトで仕事以外重視の人生

リゾート

 

派遣やバイトで仕事以外重視の人生というのもアリです。

 

僕の親族でも「モルディブに行ったら“ここで働かない?”とヘッドハントされて、事務職から転職した」ケースがあります。

 

このように「●●で生きていきたいから、そこで仕事を探して生活基盤を確立する」というケースはあります。

 

 

他に僕が工場のライン作業で働いていた時も「劇団がメインで仕事はサブ」「バンド趣味が生き甲斐で、仕事は最低限」という人もいました。

 

プライドさえ邪魔をしなければ「仕事よりも大事な生き方を優先する」という人も一定数いるので、正社員に固定されず風任せに生きるのも一興です。

 

主夫・主婦化で家事専業

主夫

 

相手を見つけなければなりませんが、主夫・主婦化で家事専業という生き方もアリです。

 

「高収入の結婚相手を探して、なおかつ家庭に入る許可を得る」必要があるので、ハードルは正直高いです。

 

しかし一定数この生き方を実践してる男性・女性はいるので「炊事・洗濯・家事・掃除を担う」必要はありますが、現状から脱却する選択肢の一つにはなります。

 

まとめ

 

以上が無職になったらやること!生活の安心を守るコツと最強の就職・転職術のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。