無職 なんとかなる

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

無職でも人生なんとかなる?無職10回経験者が語る状況改善のコツを知りたい!」

相談女性1

フリーターやニートの末路は生涯不安で悲惨?会社に正社員登用就職など正規雇用を中卒・高卒・大卒中退などの経歴で目指すのは無理?

相談男性2

接客販売などの職歴(仕事経験)や、職種スキル採用を目指すのではなく、公務員など資格が必要な職業を目指したほうが、将来の国民年金制度不足のリスクを考えると賢明?

相談女性2

「無料転職サイト登録」「転職エージェント」「ハローワーク」など求人サポート支援サービスでの面接活用メリット・デメリットなど、おすすめ活動方法を教えて♪

相談男性3

派遣や契約社員・ブラック企業ばかりで、新卒育成枠に入れず職場の人間関係問題が多い場合に備えて、不安定な状況の仕事を避けるコツを知りたいです。

相談女性3

アルバイトや無職からの生活保護受給脱出し、安定した働き方の人生や給料年収(収入/賃金給与/ボーナス)などの経済基盤を安定させるために、副業人生などを始める適職診断活用方法を紹介して下さい。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も無職でも人生なんとかなる方法を模索したり、無職期間は不安で夜も眠れなかったり泣き出してしまう時期があったので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな僕が「無職でも人生なんとかなる方法や、状況改善のコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断のおすすめ

向いてる仕事 適職診断
不適職で働く人の心の声


■今の仕事が辛く苦しい…もっと幸福で楽しい働き方を実現したい…。

残業ばかりで頑張って働いてるのに、人生が悪くなる一方…。

適職・天職が自分にあるのか?を知りたい!誰か助けて…。



なお最初に補足として、適職診断のおすすめを以下のリンク先にて紹介しているので、合わせて参考にしてください♪





また、以下のリンク先にて「一般転職・第二新卒転職サイト&エージェントの口コミや各HPの利用メリット」をまとめているので、こちらも合わせて参考にしてください♪





無職で人生なんとかなる?無職OK例

目次

 

諒

ではまずはじめに、無職で人生なんとかなる?無職OK例についてご紹介していきます。

 

貯金や安定収入がある

目次 1

 

貯金や安定収入がある人は、無職でもなんとかなる期間が長い人です。

 

生活費を切り詰めれば「10数万円で生活」できますし「株や不動産収入、FXやアフィリエイトなどで権利収入がある人」は、残金が0にならない限り安心です。

 

「ネオニート」なる新語も生まれている通り、無職のまま生活している人も世の中には一定数いるので、実現できない生き方ではありません。

 

失業保険受給中の人

目次 2

 

失業保険受給中の人も、一定期間収入が入ってくるのでなんとかなる人です。

 

ただし、受け取り方にもよりますが、おおよそ「3ヶ月〜半年程度」なので、それを超えると厳しい現実が待っています。

 

さらに、失業保険自体も「働いていた時代の6割程度」しかもらえず、よほど高級取りでない限り「生活ギリギリの失業保険」にならざるを得ません。

 

実際「額面上30万円」あった時の僕も「30万円×0.6倍=18万円」だったので、一人暮らしでそれほど余裕があったわけではありませんでした。

 

そのため失業保険受給中に、転職活動や収入源確保に動かなければ、生活が厳しい数ヶ月後を迎えることになるでしょう。

 

実家or田舎暮らしで生活費が安い

目次 3

 

実家or田舎暮らしで生活費が安い人も、なんとかなる期間が長いです。

 

田舎暮らしが必ずしも安いとは言いませんが、家賃や食費などはたいてい「東京などより安い」です。

 

実家暮らしも一人暮らしよりは生活費が安いので、貯金などと合わせれば無職安定期間が伸びるケースが多いでしょう。

 

まとめ
  • 貯金や安定収入がある
  • 失業保険受給中の人
  • 実家or田舎暮らしで生活費が安い

無職で人生なんとかなる?無職体験談

目次

 

諒

では次に、無職で人生なんとかなる?無職体験談についてご紹介していきます。

 

転職先が決まらず日雇い3ヶ月

目次 1

 

無職状態でも何とかなった経験として、転職先が決まらず日雇い3ヶ月の記憶が鮮明です。

 

厳密に言えば「フリーター」と名乗れたかもしれませんが、毎回職場が変わっていたので無職に毛が生えた状態でした。

 

当時は「東京に転職先も決めずに上京し、とにかく日銭を稼ぎながら貯金を切り崩す毎日」を送っていたのです。

 

ある意味勢いで上京したのもあり、その前まで勤めていた工場ライン作業アルバイトでは失業保険が出ないことに焦り、毎日不安と戦っていたことを覚えています…。

 

※具体的には以下のような経済状態でした

 

無職状態で東京上京した時の経済状態

固定費として月額16〜17万円が出ていく状態

週4〜5日働いても、月収12〜13万円

毎月3万円程度の赤字

貯金も50万円を上京費用で半額以上使い、残りは15万円以下

無職でお金がとことんない不安体験談

日雇いバイト帰りのコンビニで「100円チョコ」を買おうか悩んでたら、1時間経っていた

友達と行ったレストランで食事代が払えず「100円サラダ」を友達に奢ってもらって泣いた

家賃が払えずに数ヶ月先延ばし、毎月なんとか支払いながら「地上げ屋みたいな電話」に怯えていた

税金が払えずに「赤色の催促封筒」が届き、差し押さえの恐怖を味わっていた

 

こような状態で毎月3万円程度減っていき、残り10万円以下まで追い込まれましたから…。

 

しかし、運良く3ヶ月が経った頃に事務職の転職先が決まり、ひとまず月収20万円状態を確保でき、無職状態を脱出できました(笑)

 

※ただし、当時は「給料が月中・月末の2回払い」だったので、半年程度「ヤクザのような家賃催促の電話がかかってくる」という恐怖も続きましたが(汗)

 

貯金切り崩し中に職種転換を覚悟

目次 2

 

そして色々あって事務職から営業職に転職し、その後30歳を目前に控えていた時に営業職を辞め、貯金切り崩し中に職種転換を覚悟した経験もあります。

 

具体的には以下の選択肢を考えていたのです。

 

30歳前に悩んだ2つの選択肢

IT通信系営業がそれなりに出来るようになったから、東京はシンドいので名古屋に帰って営業マンとして働く

IT通信系営業が正直苦痛で不得意な仕事だと分かっていたので、それ以外の職種に転換する

 

結果的に「自分は営業を一生続けていくのはイヤだな!」「どうせやるなら、得意な物書きの仕事にしたい!」と決めて職種転換を覚悟しました。

 

そして、無職で貯金もなかった為、転職情報を漁って物書きに関連する仕事を必死で探したのです!

 

その一生懸命さが功を奏し「趣味で作っていた観光系ブログ」を成果物として、WEBライターへの道へシフト成功でき、無職期間も脱出できたのです♪

 

まとめ
  • 転職先が決まらず日雇い3ヶ月
  • 貯金切り崩し中に職種転換を覚悟
適職診断のおすすめ3選(リンク先にて適職診断情報を解説中)

自分の強みを知ることで、快適&幸福な仕事人生に近づける♪

無職で人生なんとかなる?無職状況改善

目次

 

諒

では次に、無職で人生なんとかなる?無職状況改善についてご紹介していきます。

 

固定費を限りなく下げる

目次 1

 

固定費を限りなく下げることで、無職でもなんとかなる期間を延命できます。

 

無職期間の延命措置

収入や貯金-支出=あなたの生活維持可能な期間

※例1・(月収10万円+貯金30万円)-支出月20万円=3ヶ月は延命可能

※例2・(月収10万円+貯金30万円)-支出月15万円=6ヶ月は延命可能

※例3・(月収10万円+貯金30万円)-支出月10万円=不足の事態がない限り延命無限大

 

もちろん月収が多いに越したことはありませんが、支出が少ないことで無職期間を延命できるわけですね♪

 

国民年金・健康保険切り替え

目次 4

 

失業保険は「ハローワークに行って行う」一方で、区・市役所に行って国民年金・健康保険切り替えする必要もあります。

 

これらは、自発的に行って切り替えないと「年金未加入・健康保険未加入」のままになってしまうので、大変危険です!

 

手続きしておかないと「障害年金の対象外」になってしまいますし、健康保険も「10割負担」になって、ケガや病気の時に大赤字です。

 

とはいえ「年金は無職・無収入の間免除・猶予できる制度」「健康保険も減免制度」があるので、合わせてやっておきましょう。

 

それをしないと「年金1〜2万円+健康保険数千円(前年度所得による)」が発生してしまうので、大幅減額できる仕組みを賢く利用しましょう♪

 

住民税の支払い方法変更

目次 5

 

無職期間が長期化した場合に怖いのが住民税なので、必要に応じて住民税の支払い方法変更も行いましょう。

 

住民税の基礎知識

前年度の収入に応じて課税されるため、無職期間の収入は関係しない

会社で支払っていた時期を除き、前年度課税分の残りが年後半にくる

例=年収400万円で約18万円ほどを分割して4回請求が来る(会社天引きがあれば減額はされている)

 

このようになっているので、無職だからといってずるずると無収入期間を続けていると、3〜4万円の支払い催促が4回来てしまいます。

 

残念ながら、住民税に関して「減免や免除はない」ので、支払いを遅らせたり、月1万円程度に分割して払うしか方法がありません。

 

支払いを遅らせるといっても、あくまで「支払いが発生した年度までに払うのは必須」なので、ズラせて数ヶ月

 

自分で稼げる収入源を確立する

目次 2

 

自分で稼げる収入源を確立するのもおすすめです。

 

これからの時代は、会社員(正社員)であっても「週休3日での月収減」「老後2000万円問題」「副業奨励」など、自分で稼いでいく必要性があります。

 

そのため「自分を護り育んでいくためにも、自分で稼げる力」を付けるのは、これからの必須科目とも言えるのです♪

 

まとめ
  • 固定費を限りなく下げる
    • 国民年金・健康保険切り替え
    • 住民税の支払い方法変更
  • 自分で稼げる収入源を確立する
リクナビネクスト無料登録メリット(リンク先にてリクナビNEXT情報を解説中)

退職・転職を思い立ってから急いで準備を始める前に、逃げ先情報を増やして安心をストックできる♪

無職でも人生なんとかなる?無職末路例

目次

 

諒

では次に、無職でも人生なんとかなる?無職末路例についてご紹介していきます。

 

社会人で独り立ち出来ない

目次 1

 

社会人で独り立ち出来ない末路が、一番あり得る末路です。

 

そもそも、社会人といっても「正社員になって結婚して、35年ローンを組んで家を建てて、65歳で定年退職する」といった、旧時代の生き方でなくても構いません。

 

大切なことは「自分で何だかんだ生きていける術を持つ」ことであり、それができればフリーターでもニートでも肩書きはなんでも良いです。

 

周りとの隔絶が強くなる

目次 2

 

ニートで引きこもりになると、必然的に周りとの隔絶が強くなるという末路があります。

 

なぜなら「社会人としての自信が育めない」「社会適性がどんどん周りとズレてくる」ので、社会や人間関係が怖くなってきてしまうからです…。

 

そのため、親元から出かけられない対人恐怖症になってしまったり、引きこもり傾向が強くなってしまう恐れがあるのです。

 

生活や健康が不規則になる

目次 3

 

生活や健康が不規則になるという末路もあります。

 

引きこもりニート状態になると「昼夜逆転」「不規則な食生活」などで体調を壊してしまいがちになります。

 

その結果、心だけでなく身体面でも不調をきたしてしまい、将来的には早死にや、医療・介護にお世話になるのが早まったりするリスクがあるのです!

 

将来の選択肢がどんどん減る

目次 4

 

将来の選択肢がどんどん減るという末路もあります。

 

なぜなら、日本社会は「高学歴」「若手」「経験豊富」な人材を求める傾向があるので「低学歴&経験未熟」な中卒ニートが「高齢」になるほど、取り返しがつかないからです!

 

そのため、少なくとも「若いうちに経験を積んで選択肢を広げる」という、学歴以外の選択肢を増やす努力をした方が良いですよ!

 

生活保護などでギリギリ生きる

目次 5

 

生活保護などでギリギリ生きるという末路もありますが、生きてる分にはチャンスがあると言えます。

 

生きてさえいれば「現状を良くしたい!」と奮い立つチャンスはありますし、日本社会のセーフティネットは優秀なので、頼る先は必ずあります♪

 

もちろん「生活保護はあくまで最低限の保証」「世間体が悪い」などの面もありますが、死ぬよりはマシですよ♪!

 

せっかく生まれてきたのだし、あなたは「生かされている価値ある存在」でもあるわけですから、その尊い命を大切にしましょうね♪

 

自殺や犯罪に手を染める

目次 6

 

自殺や犯罪に手を染めるという末路が、一番最悪です。

 

実際僕の妹は、大学時代にうつ病をわずらい、そこから就職活動に取り組むことができず、ニート期間2年を経て自殺しました。

 

理由は「うつ病により社会人化への抵抗が強い」ことに悩み続けた末、煉炭自殺で命を断ちました。

 

 

もちろん「人はいつか必ず死ぬ」のですが、世の中には楽しいことや「生きてて良かったと思う充実感」を感じられるチャンスがたくさんあるのも、また事実です。

 

そのため「今を越えたら、楽しいことも経験できるチャンスがある」という視点は、覚えておいてほしいと思います…。

 

まとめ
  • 社会人で独り立ち出来ない
  • 周りとの隔絶が強くなる
  • 生活や健康が不規則になる
  • 将来の選択肢がどんどん減る
  • 生活保護などでギリギリ生きる
  • 自殺や犯罪に手を染める

無職で人生なんとかなる?無職状況克服

目次

 

諒

では次に、無職で人生なんとかなる?無職状況克服についてご紹介していきます。

 

失業保険受給中に転職活動する

目次 5

 

失業保険受給中に転職活動するのはオススメです。

 

なぜなら「直近1年間平均月収の60%のサポートを受けながら、転職活動ができる」からです。

 

例えば、残業代や深夜勤務手当がついて平均月収25万円だった場合、60%の15万円を受け取りながら転職活動できるのです。

 

 

ただし、生活費には少し足りないくらいのレベルになりやすいので、貯金がない場合は急いで転職しなければなりませんが…。

 

※しかも失業保険受給を申請してからは、メルカリで物を売ったりしてお金を工面するのはOKですが、アルバイトなどの“労働”は日雇いでもNGです。

 

失業保険の受給方法

目次 3

 

ちなみに念のため、失業保険の受給方法についてもご紹介します。

 

一般的に失業保険受給対象は、以下の通り。

 

失業保険受給対象

一般の離職者=離職の日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算12カ月以上

特定理由離職者=離職の日以前1年間に被保険者期間が通算6カ月以上

特定理由離職者

有期労働契約の更新を希望したが認められず離職した方

出産や育児により離職し受給期間の延長措置を受けた方

父・母の扶養や介護など家庭事情の急変により離職した方

配偶者や扶養親族と別居生活を続けることが困難になり離職した方

特定の理由で通勤が困難になり離職した方

企業の人員整理などで希望退職者の募集に応じて離職した方

 

このような区分けになるわけですが、要するに「正社員=一般の離職者」「派遣・契約社員などで契約更新がある=特定理由離職者」といったイメージです。

 

そして派遣社員の場合は「契約期間満了で退職した場合も、特定理由離職者」に該当するので「直近1年以内に6ヶ月以上被保険者として働いたことがある」のであれば、失業給付受給できます。

 

この場合は派遣会社から「失業書類をもらう必要がある」のですが、他の派遣会社で仕事を探したり、正社員就職を目指す前提であれば問題ないでしょう。

 

ちなみに失業保険は「一般の離職者=申請して約2ヶ月+7日後」「特定理由離職者=申請して7日後」という違いがあります。

 

※7日間とは失業状態などをチェックする審査期間であり、その期間は転職活動なども一切やってはいけない

 

※また、僕の時とは受給資格条件やルールが変わっている可能性があるので、ハローワークに行って最新の正式手続きを確認しておきましょう

 

失業保険受給の注意点

目次 4

 

なお参考として、失業保険受給の注意点についても押さえておきましょう。

 

まず失業保険は「雇用保険」を支払っている期間が一定期間以上ないとNGなので、給与明細に「雇用保険」というお金がキチンと引かれていたかチェックしましょう。

 

※「雇用保険」を支払っていないブラック企業だったり、自分のイメージより支払っていた期間が短くて、受給対象になれないというトラブルもあり得るため

 

適職へ職種転換を目指す

目次 7

 

個人的におすすめなのは、適職へ職種転換を目指す選択肢です。

 

これからの時代は「今後も生き残れる会社で働く」「一緒に成長できる会社で、共に成長していく」「自分で稼げる力を育む」の三つしか選択肢がありません。

 

今後も、日本人の貧乏化は避けられないので、将来安泰の企業で働くか?一緒に成長できる環境を勝ち取るか?自分自身で成長するしか選択肢はありません。

 

 

そのため「一生い続けられる正社員に就く」事ができない場合は「一生この仕事で生きていきたい♪」という適職に職種転換するのは、非常におすすめなのです♪!

 

経理・税務などの専門分野

目次 2

 

内勤の中でもより専門性の高い、経理・税務などの専門分野に転職してステップアップしていくのもアリです。

 

とくに「他の人や機械に代替できる業務」は今後どんどんあなたの手を離れていくので、そうならない分野のスキルを蓄えるしかありません。

 

もちろん、経理や税務が「人手のかかる作業からオフィスソフトに置き換わる懸念」もありますが、単純業務よりはもっと先の話です。

 

 

しかも「FP(ファイナンシャルプランナー)など、個人や企業のお金の悩みを解決する仕事」は、コミュニケーションして問題解決する必要性がある分、あなたにしか出来ない仕事になり得ます。

 

そのため「自分がずっと価値を提供できる誇りある仕事は何か?」という視点で、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

WEB系内勤職

目次 3

 

個人的に在宅勤務やリモートワークが実現可能なWEB系内勤職がおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも、強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語記述で、理系的業務

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

未経験から経験を積む

目次 4

 

他にもこれらに共通する知識として、ある程度思い切ったやり方ですが、職種未経験から経験を積むのもアリです。

 

実際、僕の転職系WEBライター時代の後輩は「25歳の時(入社3年目)に第二新卒枠転職で、地元京都で未経験からWEBデザイナーに転職」していきました。

 

同僚

先輩♪俺、地元で転職決まりました♪未経験からWEBデザイナーをやります♪

諒

入社3年目だし、能力もあるから大丈夫じゃない♪次の職場も楽しんでね♪

 

年齢が若い時しかこのようなチャレンジができないか?と言えばそうではなく、僕自身も30歳の時に営業職からWEBライターに転職したので、やりようはありますよ♪

 

独学で勉強する

目次 5

 

一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

 

実際僕も、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

 

他にも「エステティシャンから独学で勉強してWEBデザイナーになった」という女の子もいましたし、プログラミング言語を学べばシステムエンジニアになれる道もあります。

 

 

もちろん「●●勤務経験1年以上」などの経歴が必要な中途採用求人には応募できませんが、時間がある内にスキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

 

職業訓練を受ける

目次 6

 

ヒューマンアカデミーなどの「資格取得・社会人学校」に行ったり、ハローワークなどで職業訓練を受けるのもアリです。

 

僕もヒューマンアカデミーには「WEBデザイナーに関する資料請求&入校相談」に行きましたが、数十万円払って専門スキルを学べる魅力があります。

 

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー

 

またハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

 

支援制度の区分け

「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」

「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

プログラミング言語

WEBアプリエンジニア

建築系CAD

保育士

介護福祉士

調理師

自動車整備

溶接技術

トラックドライバー

WEBデザイナー

電気設備

ネイリスト など

 

このように非常に幅広い訓練が用意されています。

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい

実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要

国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使ったことはありませんが、職種自体を変えたいのであれば、ハローワークで相談してみるのもアリでしょう。

 

職種未経験歓迎に入社する

目次 7

 

職種未経験歓迎に入社するという方法もおすすめです。

 

なぜなら「1から成長していける環境だと会社側が提示している」ので、独学して学ぶより早いからです。

 

さらに「講座受講でお金を払いながら成長する」より「入社すればお金をもらいながら成長できる」ので、真剣に学んで習得できるメリットもあります。

 

まとめ
  • 担当営業に勤務先紹介を受ける
    • 失業保険の受給方法
    • 失業保険受給の注意点
    • 有給を計画消化する
  • 正社員入社を目指す
    • 経理・税務などの専門分野
    • WEB系内勤職
    • 未経験から経験を積む
    • 独学で勉強する
    • 職業訓練を受ける
    • 職種未経験歓迎に入社する

まとめ

 

諒

以上が無職でも人生なんとかなる!無職10回経験者が語る状況改善のコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

適職診断のおすすめ

向いてる仕事 適職診断
不適職で働く人の心の声


■今の仕事が辛く苦しい…もっと幸福で楽しい働き方を実現したい…。

残業ばかりで頑張って働いてるのに、人生が悪くなる一方…。

適職・天職が自分にあるのか?を知りたい!誰か助けて…。



なお最後に補足として、適職診断のおすすめを以下のリンク先にて紹介しているので、合わせて参考にしてください♪



低意欲からの転職サイト登録利点

転職サイト gif

諒

また合わせて、意欲が弱い内からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。

辛い時は意欲が完全に0

目次 1

辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが、転職意欲が少ない内から登録しておく、一番のメリットです。



あなたも人生で深く悩んだ時期に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありますよね?



それと同じ状況が「今勤めている会社」で起こってしまうと、そこから逃げようとする気力すら湧かず、もっときつい現実に発展するリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

転職

  • ■対策なしで退職=ストレス爆発して辞める→転職活動を始める→アルバイトor貯金を崩しながら転職先を急いで探す
  • ■対策ありで退職=気力に余裕のある内から情報収集→準備を整えて退職→安心して転職先確保



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が可能ですよ♪

転職サイト登録は保険

目次 8

このように、転職サイト登録は保険と言えます。



保険を利用する安心例

会社 休む理由 事前

  • ■転職保険=働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避
  • ■自動車保険=事故や、慰謝料問題などのリスクを回避
  • ■医療・がん保険高額医療費が発生した時などのリスクを回避



このように「転職を感がせる選択肢」は「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは、今の生き方に限界が来た時のリスク軽減策」として利用できるのです!

ストックで選択肢を増やす



転職意欲が低い内の登録メリットとして、ストックで選択肢を増やすという利点もあります。



具体的には「転職先のオファー/スカウトをストックして、移動先選択肢の情報収集をシステム化」しておけるのです♪





例えば、僕がおすすめするリクナビネクストでは「3ヶ月で20件ほどのオファー」を受け取りました。



リクナビネクストで職務経歴書入力しておくメリット


オファー メリット

職務経歴書登録で受け取ったオファー例

オファー例



このように、職務経歴書なども登録しておけば「上司のパワハラでストレスが頂点に達した時」「ガマンの毎日に嫌気がさした時」の今後の選択肢を、15分もあれば対策できるのです♪



オファー・スカウトを仕組み化しておいた方が良い理由

ルート営業 つらい

  • オファーやスカウトは採用企業側の追加料金支払いの為、採用本気度が高い
  • 未経験採用であってもオファーを出すほど育成意欲が高いため、採用確率が高い
  • 電話勧誘がない+メールを受け取るだけなので、ストレスフリー



なお最後に、様々な情報収集先として「適職診断/転職サイト」「転職&第二新卒専門エージェント」「退職代行サービス」も紹介しておきますので、自尊心を取り戻す参考に使ってください♪



適職診断/転職サイトおすすめランキング

転職サイト登録

  1. Re就活
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ20代向け転職サイトNo1!20代未経験歓迎の求人数では全国TOPクラス!
    対応 4.5
    実績 4.5
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上
    ★おすすめ理由=20代転職希望者登録必須のサイト♪「9種類のタイプ判定適職診断」も無料で利用できる♪
    ★デメリット=20代未経験者歓迎求人が多い為、ベンチャー・IT系求人が多い傾向

    Re就活の口コミ・評判へ

  2. リクナビネクスト
    リクナビネクスト
    実績:
    転職サイト全国TOPクラスの求人数・実績
    対応 4.0
    実績 5.0
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=全国8万件以上
    ★おすすめ理由=全国TOPレベルの求人サイト♪「18種類のタイプから5つの強み判定適職診断」も無料で利用できる♪
    ★デメリット=求人数が多い為、オファー・スカウトなどのメール連絡が多い傾向

    リクナビネクストの口コミ・評判へ

転職エージェントおすすめランキング

転職

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応 4.5
    求人数 5.0
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪
    ★デメリット=グイグイ営業が多い印象の為、嫌なら担当変更依頼or別で探すのがおすすめ

    リクルートエージェントの口コミ・評判へ

  2. マイナビ エージェント ひどい
    マイナビエージェント
    実績:
    就活で有名なマイナビの転職版!20代満足度No,1♪
    対応 5.0
    求人数 4.0
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=全国5万件以上
    ★おすすめ理由=求人数・実績はリクルートに劣るが、親切・丁寧な高評価が多い為、量より質を求める方におすすめ♪
    ★デメリット=悪く言えば淡白な営業が多いと口コミに散見される為、転職意欲が高い場合は他も併用した方が良い

    マイナビエージェントの口コミ・評判へ

  3. doda
    doda転職エージェント
    実績:
    転職満足度No1!全国12拠点&求人数10万件保有♪
    対応 4.5
    求人数 4.5
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=全国10万件以上
    ★おすすめ理由=年齢理由のお断りがない(少ない)+求人詳細がキチンとしている+良い担当者にサポートしてもらえたという高評価が多い♪
    ★デメリット=専門性に乏しい、転職対策サポートが手薄い、選考が進みにくいなどの低評価がある為、不満を感じたら他を利用すべき

    doda転職エージェントの口コミ・評判へ

  4. type転職エージェント
    type転職エージェント
    実績:
    年収UP成功者71%!関東1都3県でのIT系企業に強い♪
    対応 4.5
    求人数 4.0
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=関東2万件以上
    ★おすすめ理由=IT系企業求人に強く年収UP例多数♪担当者の高評価も多い為「関東勤務のIT系企業で年収UPしたい方」におすすめ♪
    ★デメリット=求人が関東IT系に偏る為、地方希望者・幅広い業種を探したい方は他で登録すべき

    type転職エージェントの口コミ・評判へ

  5. ヒューレックス
    ヒューレックス
    実績:
    利用者満足度95.9%!地方求人を多数保有♪
    対応 4.5
    求人数 3.5
    口コミ・評判 4.0
    ★保有求人数=全国1万件以上
    ★おすすめ理由=東北・仙台に本社を置き、東京/大阪/名古屋/福岡に支店アリ!地方求人も多数保有している為、U・Iターン希望者や地方転職者向け♪
    ★デメリット=都市部の求人数は他に大きく劣る為、都市部で仕事を探したい方は他で登録すべき

    ヒューレックスの口コミ・評判へ



また、以下のリンク先(ドロップボックス)にて、僕が12年間で習得した「理想の人生を育む引き寄せテクPDFレポート(118P/約4万5千文字)」を無料でお配りしているので、こちらもぜひお役立てください♪(ドロップボックスを含め、何も登録する必要はありません)



自尊心を取り戻すコツPDF無料プレゼント

引き寄せレポート日本景気の誇りの柱.800

\理想の人生を育む引き寄せテクを無料プレゼント/





※なお、ダウンロード方法(パソコン/スマホ)は、以下のリンク先にて手順解説しているので、不明な場合の参考に使って下さい♪





さらに、以下のリンク先にて「一般転職/第二新卒転職サイト・エージェントの口コミや各HPの利用メリット」をまとめているので、こちらも合わせて参考にしてください♪