離職期間 1年1

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

離職期間が1年〜2年ある場合の伝え方!経験者が語る思い通りの転職を実現するコツを知りたい!」

相談女性1

退職理由は自分の本当の気持ちを言わない方が良い?辞める時に上司に伝える必要言い訳や、同僚などに引き留められない円満な話し方、ポジティブな伝え方やタイミングを知りたい!

相談男性2

職場社員の人間関係トラブル問題・仕事の悩みからの体調不良・家族の病気・家業を継ぐ・などと回りくどいことを言わず、一身上の都合にしておいた方が良い?おすすめは?

相談女性2

会社の転職経験がないけど「転職サイト登録」「転職エージェントサービス」を使って、口コミ人気企業の正社員求人を探す場合の利用活動テクを知りたい♪

相談男性3

スムーズな退社が可能な業界労働時間の少ない仕事に職種転換して、副業生活開始or資格取得して給料(年収/お金)の高い仕事に就きたいけど、キャリアチェンジのメリット・デメリットを知りたい。

相談女性3

面接&面談結果を良くするために、ネガティブな不満の正直な申し出方や、前向きに挑戦したい気持ちの答え方を教えてください♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

 

僕も「公務員試験受験という建前で、1年以上の無職・空白期間」を抱えた経験をしてきたので、今のあなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「短期離職1年〜2年の伝え方や、天職の見つけ方」を具体的に紹介しています♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断を行うメリット

目次



なお最初に補足として、適職診断を行うメリットについてご紹介していきます。



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



毎日のストレスをDOWNできる

目次 1



毎日のストレスをDOWNできるのが、適職に転職する一番のメリットです。



なぜなら「自分が好きor得意な仕事に就いて自尊心を育むことで、思い通りの現実を創造したり、選択する力」を育めるからです♪





例えば嫌いor苦手な仕事で働いている人は「冒険気質なのにガマン中心の仕事」「運動が苦手なのに肉体系労働」など「どうせ自分なんて…」という「自分を苦しませる判断基準」で働いているので苦労します。





しかも不適職で働く人ほど「仕事がサビ残だらけで時間を奪われる」「人間関係がイライラと深いさの毎日で、人や自分のことが嫌いになる」という我慢の現実を生きている可能性が高いのです!



しかし適職に転職することでメンタルが安定し、「苦痛が不適職時代よりはるかに少なく、毎日を過ごせる」「好きなことや楽しいことを楽しめる精神的・経済的余裕が生まれる」というメリットが生まれますよ♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



自尊心UP=幸福度UPできる

目次 2



自尊心UP=幸福度UPできるというメリットもあります。



なぜなら「嫌いor苦手な不適職で働く人ほど、自分を苦しませるクセが強い」一方で「好きor得意な適職で働く人ほど、自分を喜ばせるクセが強い」人間になっていけるからです!





例えば僕は数学などの理系が大嫌いなのに「数学的素養がメインのIT系技術営業」は、ストレスが強すぎて、リボ払いで借金地獄にだったことがあります。



なぜなら「自分を苦しませて、努力しながらお金を稼ぐ毎日」が、お金や人間関係も「努力と我慢の毎日」を引き寄せ続けていたからです。





しかし、適職診断により判明した「本にまつわる仕事=物書き/WEBライター」に転職してからは、自分の得意分野だったので、毎日夢中で働けた上に「プライベートも夢中が増えた」のです。



物書き/WEBライターに転職した後の変化


お金=6年近くリボ払いの借金漬けだったのが、借金0になった上に、毎月それなりに使っているつもりでも、月数万円貯金できる余裕ができた

時間1=メンタルが安定したので「行きたかったレストラン」「ちょっとした旅行」など、我慢していた事も夢中でできる精神的・経済的余裕が生まれた

時間2=定時帰りになった上、年収はIT営業時代より減ったが「副業ブログで月1〜3万円レベルまでは稼げるようになり、収入はほぼ横ばい」に回復したので、結果的にIT営業時代より幸福度が激増した♪

人間関係=自分の得意分野で仕事ができるようになったので「憧れです♪」「あなたのお陰で成果が上がりました♪ありがとうございます♪」と取引先に感謝されたり、社内で褒められる機会が増えた





このように、不適職から適職に転職したことで、不適職時代には考えられなかった幸福度UPを実現できたのです♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



我慢・努力・夢中の生き方

目次 3



そして適職・不適職で思い出すのは、「我慢・努力・夢中の生き方」です。



格言


我慢は努力に勝てず、努力は夢中に勝てない





つまり「我慢している人<努力している人<夢中になってる人が一番稼げたり幸福度が高い」ということです。



それまで「仕事は辛く苦しんだ対価」と思っていた僕にとってはカルチャーショックでしたが「お金は喜びの対価」と価値観を変えてから、お金を受け取ることへのストレスが激減しましたから♪



僕の我慢・努力・夢中時代


我慢ばかりで自己否定と抑圧の毎日=教育関係OA事務職時代の「裏方で無機質に働き続けた時代

努力ばかりでイライラと発狂の毎日=通信IT系営業マンに転職して「設計図や数値を扱う苦手分野でストレスを溜め込み続けた時代

夢中ばかりで快適で安心幸福な毎日=転職系WEBライターに転職して「人の喜怒哀楽を扱い自尊心を復興する、毎日夢中に働く時代





そして僕は今「自分の記事を通して日本人の自尊心を復興することに夢中」なわけですが、あなたが今の人生に「我慢」「努力」しているなら、引き寄せる現実を変える為に、自己投資を行うべきですね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



適職で収入選択肢が増える例

目次 4



また、適職で収入選択肢が増える例についても補足しておきます。



先ほどお伝えした通り、適職で働くと夢中になってレベルUPできるので、自尊心UPが可能となります。



その結果の一つとして「自分が好きなことor得意なことで稼ぐ現実にOKが出しやすくなる」というメンタルブロックの解除が起こったりするのです。





その結果、僕のように「本業の会社員では収入UPできなくても、副業で稼げるようになる」という選択肢が生まれたりします。



例えば某スキル売買サイトでは、以下のような「自分が社会還元できるスキル」を持っていれば、月5万円程度は稼げるチャンスを得られるのです。



給料以外で収入を得るチャンス


イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで

デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで


動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで

音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成

IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

占い系=占い自体から占い師養成まで

勉強系=資格取得アドバイスから就職・転職サポートまで





挙げればキリがありませんが、このように「趣味?と思っているようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです。(雑貨販売やネットショップ開設という手もあります)





そして実際に僕の知っている人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。



僕の知ってる副業・スキル活用者例


美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)

プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)

飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者





もちろん「絶対起業だ!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源を持てる適職」で働いていると、それだけでかなり将来の安心度が増しますよ♪



ぜひ、以下のリンク先から「あなたにとって快適&幸福度が高い、好きor得意を活かせる適職」を見つけて、幸福度をレベルUPする参考にしてくださいね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



離職期間1年〜2年の伝え方例

目次

 

諒

ではまずはじめに、離職期間1年〜2年の伝え方例についてご紹介していきます。

 

何らかの自己学習をしていた

目次 1

 

何らかの自己学習をしていたという伝え方が一番おすすめです。

 

ちなみに「完全に0から嘘をでっち上げる」と、面接担当官も何千〜何万人も見てきたプロなので、あっさりバレる可能性が非常に高いです。

 

そのため「離職期間に少しでも学んだことや経験」を主軸として、それを膨らませて話せば良いのです。

 

 

例えば僕の妹にも長期離職期間があるのですが、それは「結婚を前提とした男性の家での花嫁修行」を1年ほどしていたからです。

 

結果的に結婚の話は破談したのですが、その時に「家の税務関係書類を扱ったり、受付をやっていた」という経験も得ていたので、それで一般事務職転職成功したのです。(個人経営のお宅だった)

 

 

他にも離職期間ではないですが、僕は営業職時代にやっていた副業ブログを成果物(ポートフォリオ)として、WEBライターに転職しました。

 

このように「離職期間で多少なりともやっていたこと」「転職先で役立つ経験を自己学習していた」という伝え方は、かなり有利に働きますよ♪

 

海外に行っていた・留学していた

目次 2

 

海外に行っていた・留学していたという伝え方もあります。

 

「JICA海外協力隊」「ピースボートで世界一周」「語学留学」など、視野・見聞を広めるために世界を旅する人は一定数います。

 

しかも終身雇用が崩壊した現代においては「ある時期海外に出て新たな知見・経験を求めた人」は、非常に向上心溢れているとも言えます。

 

 

実際僕の知り合いには、このような経験を経て旅行会社に転職成功した人もいますから、前向きな離職期間として有意義に話せる話題です。

 

ただし「単なる観光旅行レベル」では、面接担当官にも「ただ遊んでただけだな?」というネガティブな印象を与えてしまいます。

 

そのため転職希望企業の雇用メリットにならない場合は、辞めておきましょう。

 

アルバイト・フリーターをしていた

目次 3

 

もう一つのおすすめは、アルバイト・フリーターをしていたという伝え方です。

 

アルバイトの中には「年金や雇用保険対象」に入ってしまっている場合もありますが、一般的にはフルタイムレベルでない限り、その情報の真意は確かめられません。

 

そのためあなたが人生で1度もアルバイト経験がなければダメですが、最悪の場合は「学生時代にやっていたバイト経験」を離職期間の言い訳に使うという手もあります。

 

 

面接担当官としても「何らかの形で社会貢献していた」という事実を聞ければ、それほど突っ込まずに終わりますし、場合によっては「その経験も書いておいてね」位で終われますから♪

 

離職期間1年〜2年の伝え方知識

目次

 

諒

では次に、離職期間1年〜2年の伝え方知識についてご紹介していきます。

 

雇用情報未記載経験を伝える

目次 1

 

大前提として、雇用情報未記載経験を伝えるのがおすすめです。

 

なぜなら「年金や税金関係など、会社で正確性を遡及して調べられない情報」は、悪い言い方をすればいくらでもでっち上げられるからです。

 

 

例えば僕は「23歳頃の1年近い無職期間は、予備校に通いながら公務員受験生」をしていたのですが、その真意を調べられたことはありません(予備校に電話して確認はしないでしょう…)

 

このように「一社会人として真面目に一生懸命に何かをしていた」というポジティブな情報を伝えられれば、大して突っ込まれずに終われます。

 

負の感情が足を引っ張る

目次 2

 

ちなみにメンタル的な補足情報ですが、負の感情が足を引っ張るということも覚えておきましょう。

 

つまり「離職期間を情けなくて恥ずかしいネガティブな時期」と自分が思っていると、面接時にその感情をネチネチ突かれるのです。

 

 

しかし離職期間があるという過去は消えないので、「離職期間中も堂々と生きていた!」という考え方に切り替えることで、転職面接時も「あ、そう」位で終わるのです。

 

実際僕は「公務員試験受験中の離職期間1年」を超える社会人経験を獲得してから、離職期間があったことを気にしなくなりました。

 

もっと言えば、既卒後社会人1年未満の時も「自分は一社会人としてちゃんと働ける成功体験を作るんだ!」と前のめりで生きていたので、離職期間はむしろモチベーションの一つになった位です。

 

 

そのためあなたも「自分なりの長期離職期間を上塗りする決意と覚悟」を固めれば、数年後には「そいや長期離職期間もあったな?♪」くらいになれますよ♪

 

一番大切なのは貢献できる経験値

目次 3

 

そして離職期間をネガティブに考えて転職失敗するのではなく、一番大切なのは貢献できる経験値だと、フォーカスする視点を変えましょう。

 

例えば僕は離職期間ではありませんが「新卒入社3ヶ月で自動車営業マンを辞めた」短期離職経験がありますが「大手通信系IT企業でトータル約3年の勤務実績」もあります。

 

そのため「営業に関しては一人前レベルの貢献ができる」という自負があるので、ネガティブな部分の話はあまりしません。

 

 

そして「長期勤務ほど信頼度が増す根拠」として覚えておいて欲しいのが、「500時間・5,000時間・50,000時間の法則」という普遍の法則です。

 

500時間・5,000時間・50,000時間の法則

500時間=その道で「趣味」程度は名乗れるようになるレベル

5,000時間=その道で「1人前」と名乗れるレベル

50,000時間=その道で「一流」と名乗れるレベル

1日10時間・週5日(約20日/月)で働く場合

500時間=2.5ヶ月が必要(3ヶ月程度で、とりあえずその道の人に見えるレベル)

5,000時間=25ヶ月(約2年)が必要(入社3年目で一人前になるレベル)

50,000時間=250ヶ月(約20年)が必要(40半ば頃でベテランになるレベル)

 

このような「法則」があるので「今まで社会人として経験したスキル」が身についているか?の基準として、入社3年は説得力があります。

 

そのため「少なくとも何らかの分野で3年以上の経験がある」のであれば、他の離職期間をネガティブに考える必要はありません。(バイトでも部活でも良いです)

 

※ただし「短期離職経験しかない」のであれば「どこかの分野で3年以上のスキルや経験を積んで自信をつけた方が良い」という見方もあります。

 

\【残業・休日出勤対策】1秒でも多く自分の時間を取り戻すノウハウ関連記事はこちら!/

離職期間1年〜2年ある問題点

目次

 

諒

では次に、離職期間1年〜2年ある問題点についてご紹介していきます。

 

スグ辞める危険な印象を与える

目次 1

 

スグ辞める危険な印象を与えるので、長期離職期間経験者は好まれません。

 

なぜなら入社させる以上、一定以上の貢献を会社側は期待しており、求人に少なくない費用を投資しているからです。

 

例えば僕がいた会社でも「求人掲載に最低2週間20万円〜最高60万(オプションを含むと100万越えの場合アリ)」という費用がかかっていたからです。

 

 

さらに求人情報は1社だけでなく複数依頼する場合もあるので、場合によっては応募者を募集するために数百万円使っている企業もあるわけです。

 

その結果採用を決めたのに、スグ辞められてしまっては「求人掲載に使ったお金をドブに捨てたようなもの」なので、そのリスクを求人元企業は回避したいのです。

 

他に誇れるスキルや実績がない

目次 2

 

他に誇れるスキルや実績がない場合も、長期離職期間経験者は好まれません。

 

要するに「入社させて一から育てなければならない」ので、下手をすると新入社員より年齢を重ねている分「教育費用が余計かかる懸念」があるのです。

 

必然的に「中途であれば即戦力採用」というのが一般的な転職市場の暗黙のルールなので、誇れるスキルや経験がない場合は特殊な転職活動にならざるを得ません。

 

特殊な転職活動の例

学校卒業後3年以内なら第二新卒エージェントを使う

未経験OKなど一から成長できる企業に応募する

 

このような方法で入社しなければ、歴戦の経験者たちの中で未経験から成長していくのはかなり厳しいですよ♪!

 

前職と似た業種・職種で離職を懸念

目次 3

 

長期離職した前の会社と同じような場所へ再転職している場合ですが、前職と似た業種・職種で離職を懸念しているため、長期離職期間経験者が好まれないケースもあります。

 

なぜなら同じような業種・職種に勤める場合は、同じようなトラブルが起こる可能性があり、同様の理由で離職される懸念があるのです。

 

例えば「前職が営業職だったのでノルマでうつになり1年離職したが、再び同業界の営業マンとして転職活動中」などのパターンですね。

 

 

そのため「この人は同じ理由で離職しそう」と思われる企業に応募した場合は、採用の確率が下がると思っておいた方が良いでしょう。

 

\【上司に腹が立つ】パワハラを現実から消滅するコツ関連記事はこちら!/

まとめ

 

諒

以上が離職期間が1年〜2年ある場合の伝え方!経験者が語る思い通りの転職を実現するコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

 

適職診断@おすすめ3選

向いてる仕事 適職診断
適職で生きていない時の悩み


今の仕事を一生続けていける自信がない…。

今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

もっと好きで得意な仕事で生きることは出来ないのかな?

適職に転職した人の話や体験談を読みたい♪





そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分に向いている適職の見つけ方」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/