テレアポ やりたくない

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

テレアポはもうやりたくない!辛い気持ちを軽減する成約獲得テクを知りたい!」

相談女性1

相手の思いを感じる顧客対応やコミュニケーション能力が必要だけど、自分は苦手なお客様ばかりだし、会社の契約販売実績に即したノルマ達成計画は厳しいからストレスが多い…。

相談男性2

プライドの高い強い世界で失敗すると辛いのは業界・業種問題で、上司や社内の先輩社員関係の悩みが絶えないから異動した方が良い?成果主義が不向きな人へのメリット・デメリット解説がほしい!

相談女性2

トップに信頼される行動ができる目標達成型人間になる方法や、初対面でも上手く新規開拓チャレンジして商談できるようになるコツ、成績アップして自信をつけるたり、キャリア・年収アップするコツを知りたい♪

相談男性3

退職して辞める理由を作るには?営業経験で可能な職種転換職業の特徴や、就職求人サービスとして「転職サイト登録」「転職エージェントサポート」のどちらに相談するのが良いか紹介して♪

相談女性3

性格や強みを活かす質問回答後に正社員の働き方提案してくれる、おすすめ無料適職診断情報や転職活動の方法(スキルチェック〜面接〜採用)を知りたい!

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も新規開拓のテレアポで病む経験をしたり、成約を取るために「あぁでもない、こうでもない」と四苦八苦した経験があるので、あなたの今の悩みが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな僕が「テレアポはもうやりたくない方向け、辛い気持ちを軽減する成約獲得テク」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

テレアポをやりたくない原因

目次

 

諒

ではまずはじめに、テレアポをやりたくない原因についてご紹介していきます。

 

誰でもテレアポはやりたくない

目次 1

 

そもそも誰でもテレアポはやりたくないものです。

 

それに、かつての僕のように、人によっては死ぬほど怖い恐怖体験の一つになっている可能性もあります。

人によってやりたくないもの

頭を使って考える知的労働

体を動かして働く肉体労働

高いところに登って作業する高所作業

細かい作業の連続の職人的作業

人前に出て話すプレゼン作業

 

このように「人によってやりたくないもの」は異なっていますが、大抵の場合「商品を積極的に売る作業」を最初から好きな人はいません。

 

大切なことは「テレアポをした先にどんなメリットが自分やお客様にあるか?」という成功体験を少しでも早く積み上げるという視点です。

 

そのため「成功体験でストレスは減る」と思って、早く「アポ獲得」「受注成功体験」を得て最悪の状況を脱出するのがおすすめですよ♪

 

話術に自信がない

目次 2

 

話術に自信がないからやりたくないというケースも多いです。

 

しかし、自分が商品を買った時のことを思い出して欲しいのですが、本当に「話が上手い人から買ったから満足」でしたか?

 

そうではなくて「自分の不安や悩みを的確に聞いて解決してくれた人」「聞き上手から買った」時のほうが、満足度が高くありませんでしたか?

 

つまり「お客様の問題解決及び購入決意のサポート」さえ出来れば、話は下手でも満足度が高いものなのです。

 

そのため「話し上手ではなくても、聞き上手になれば良い」と考え方を変えれば、売れる数が増えますよ♪

 

自分の個性に合っていない

目次 3

 

自分の個性に合っていないから、やりたくないケースもあります。

 

先ほどお伝えした例で言えば「高いところが苦手な人は、やっぱり高所作業には苦痛を感じ続ける」わけです。

 

実際、僕はこのパターンだったので、営業職からWEBライターになったわけですし…。

 

 

そのため、テレアポ成功体験を得ても、その後続けることにワクワクしないのであれば「転職や副業」を考えるのがおすすめです♪

 

ノルマでやらされ感が強い

目次 4

 

ノルマでやらされ感が強いので、やりたくないと思っているケースも多いです。

 

とはいえ、これはテレアポに限らず、どんな仕事でも「勉強」でも当てはまります。

 

なぜなら「親や上司に言われたからやる」という人と「明確な目的があるからやる」という人では、成約に天と地ほどの開きがあるからです。

 

そのため「自分なりのテレアポに取り組む理由と目的」を明確にできれば、一人前にこなせるようになりますよ♪

 

「同期で1番になりたい!」「一人前の営業マンとして自立したい」「まずは1件成約させたい」など、情熱が入る理由なら何でもOKです

 

売れないという先入観

目次 5

 

売れないという先入観が原因で、やりたくないと思っているケースも多いです。

 

そもそも「売れると確信している営業マンは、売れる結果を引き寄せる」一方で「売れないと思っている営業マンは、売れない理由を引き寄せる」と言われています。

 

実際、1件でも売ってみると分かりますが、欲しい人は意外とすんなり「ください」と言ってくれたりするものです。

 

これは、自転車に乗るのと同じで「1回成功体験を積むと、その感覚で何件も売れるようになる」ブレイクスルーが起こるのです。

 

そのため、まずは「1件の壁」を越えることで、気持ちがすごくラクになりますよ♪

 

テレアポ=先方に迷惑

目次 6

 

テレアポ=先方に迷惑」と思っている場合も、やりたくないと思いやすいケースです。

 

もちろん、突然の電話で「先方の時間を奪っている」わけですから、その視点でテレアポしてる限りは「ウザいな」という反応をもらいやすいです。

 

しかし「売る商品・サービスは顧客にメリットがある」という確信を持って連絡できるようになれば、相手の心を開いて商談できるようになるものです。

 

まとめ
  • 誰でもテレアポはやりたくない
    • 話術に自信がない
  • 自分の個性に合っていない
  • ノルマでやらされ感が強い
  • 売れないという先入観
  • テレアポ=先方に迷惑
適職診断のおすすめ3選(リンク先にて適職診断情報を解説中)

自分の強みを知ることで、快適&幸福な仕事人生に近づける♪

テレアポをやりたくない状況改善体験談

目次

 

諒

では次に、テレアポをやりたくない状況改善体験談についてご紹介していきます。

 

テレアポがイヤで泣き出した時

目次 1

 

テレアポがイヤで泣き出した時の記憶は、今でも強く印象に残っています。

 

当時は、中途転職しましたが「営業職内で僕だけ新人扱い」だったので「毎日一定の時間にテレアポして営業慣れする流れ」になっていました。

 

しかし「自動車営業を3ヶ月で辞めたトラウマを治すために実質未経験入社した状態」だったので、その途中に過去の恐怖を思い出し、思わず泣き出してしまったのです。

 

※今にして思えば、様々な要因が重なって泣き出してしまったと分かります。

 

テレアポに恐怖を感じていた原因

怒号が飛んでくる

断れることに慣れていない

自信がない

 

しかも当時は、僕を部長が後ろから見える席に座っていたので、テレアポをテンポよくやっていないと、叱られたのです。

 

そのため「テレアポなんて、何のためにやってるんだろう…。」「本当に受注できるんだろうか…。」という不安やストレスと闘い続けていたことを覚えています。

 

初めてテレアポ成功した時

目次 2

 

毎日が苦痛やストレスで一杯でしたが、初めてテレアポ成功した時もまた、訪問先で涙を流してしまいました。

 

当時の僕は「大学の先生向けビジネス雑誌営業」をしていたのですが、何十件も断られた先にようやくアポを取り付けたのです。

 

その時は、たまたま春休み期間だったのもあって「教授棟にいるけれど、時間はあるのでとりあえず来て良いよ♪」と快くOKを戴けたのです。

 

そして僕としては、あまりに苦痛な毎日の中でようやく前進できたのもあり、実際に訪問して話をしながら、最後の10分ほどで思わず泣き出してしまったのです…。

 

優しい先生だった為、ティッシュを受け取りながら「よく分からないけど、頑張ってるんだね…。」と諭してもらいながら、教授棟にパンフを配るアシストも戴きました。

 

結果的に、そこから受注を得ることはできませんでしたが「テレアポ成功体験の第一歩」を確立できたことで、少し前進できたことが嬉しかったです♪

 

初めて受注が決まった時

目次 3

 

初めて受注が決まった時は泣きませんでしたが、嬉しくてガッツポーズしたのを覚えています。

 

僕が当時行っていたのは「大学の先生及びゼミ生にビジネス雑誌購入営業を行うこと」でした。

 

そして、テレアポ成功した先生に「ゼミ生が買う決断を促すために、購入メリットのプレゼンをして欲しい」と頼まれたのです。

 

そこは「観光系学部」だったのもあり、売る予定のビジネス誌から「観光系情報を引用」しながら、一生懸命プレゼン資料を作成して提案したのです。

 

そして、プレゼンが終わった後に先生と別室に戻って、以下のような感謝の言葉を伝えられたことを、今でも強く覚えています。

 

同僚

友人の中にも「ゼミで何か売らせて欲しい」と頼んでくるのがいるけど、今までは一切断ってました。でも今回大島さんにプレゼンをお願いして本当に良かった♪

諒

ありがとうございます♪(嬉)

 

このような感謝の言葉を戴けたことは本当に嬉しかったです♪

 

結果的に、そのゼミからは受注できなかったのですが、先生経由で紹介していただいた同学部の別の先生から受注が入り、初めてテレアポ成功体験ができたのです。

 

このように「1度成功体験を得ることができれば、テレアポに対するストレスが減り、売る楽しさが分かるという事実がある」という点も覚えておいてください。

 

まとめ
  • テレアポがイヤで泣き出した時
  • 初めてテレアポ成功した時
  • 初めて受注が決まった時
リクナビネクスト無料登録メリット(リンク先にてリクナビNEXT情報を解説中)

退職・転職を思い立ってから急いで準備を始める前に、逃げ先情報を増やして安心をストックできる♪

テレアポをやりたくない状況改善方法

目次

 

諒

では次に、テレアポをやりたくない状況改善方法についてご紹介していきます。

 

売れてる人からコツを盗む

目次 1

 

テレアポをやりたくない状況から脱出する手っ取り早い方法は、売れてる人からコツを盗むのがおすすめです。

 

具体的には、テレアポで実績を積み上げる人には、以下のような特徴があります。

 

売れる人の共通点

愛想の悪い客は“こちらを否定しているわけではない”という「自己否定」と「テレアポ否定」を心の中で分けている

話していて気持ち良い“売れる優良顧客”もいれば、態度の悪い“クズ客”もいると受け入れている

売れる成功体験を持っており“ありがとう”と言われる喜びや“成功報酬UP”の楽しさを知っている

 

このように「売れた後の喜び」にフォーカスしているので、売れる実績を積み重ねているというわけです。

 

利益提供者の誇りを持つ

目次 2

 

利益提供者の誇りを持つ必要もあります。

 

テレアポのメンタル視点

良い情報を提供している誇り先方の時間を奪っている=話を聞いてくれる・売れる

良い情報を提供している誇り先方の時間を奪っている=クレームやガチャ切りされる

 

もちろん、どんな優秀な営業マンでも、テレアポ成功率100%はあり得ません。

 

しかし「自分が時間を割いて、良い情報と商品・サービス購入機会を提供している」という自負と誇りを持ってテレアポすることで、成約確率は上がりますよ♪

 

※とはいえ、傲慢になりすぎると、それはそれでクレームになるので、バランス良くいきましょう

 

テレアポをゲーム化する

目次 3

 

テレアポをゲーム化するという視点もおすすめです。

 

そもそも、新規開拓指針の一つに「月100件アポを達成すると、世界が違って見える」というアドバイスがあります。

 

実際、僕もテレアポ新規開拓時代にそれを達成してから、以下のような法則を身をもって体感しました。

 

100件アポの顧客遭遇別人数

100件中20件は好意的な反応=その内4件は契約濃厚or契約確定

100件中20件は批判的な反応=その内4件はクソッタレな反応orクレーマー予備軍

100件中60件は可もなく不可もなくといった反応

 

これを「20対80の法則」というのですが、リスト化してみたらこの通りの反応・結果が現実化されたのです。

 

 

ちなみに念のため、クソッタレな反応がどのようなものだったかも紹介しておきますね♪

 

100件アポ中4件のクソッタレな反応4名

こちらの商材を散々全否定してきた上で、自社製品を逆に売り込んできた

テレアポしてきたことに激怒し、数分怒り続けた(じゃぁスグ切れよクソ野郎!)

散々「欲しいかも?」で引っ張った挙句、最後に「いりません」で終わった(俺の数回対応返せバカ!)

「テレアポ=時代遅れ」「商品=高い・無駄」など、ネガキャン祭りだったのでサッサと切った

 

このように、こちらも胸糞悪くなるようなクズに当たってしまったわけですが、100件アポをやれば必ず「一定数こういった人間」に遭遇します。

 

しかし裏を返せば、100件中4件は契約につながる顧客を捕まえられるので、数をやるほど実績が積み上がるとも言えます。

 

100件アポをやっても1件も良い反応がないのであれば、やり方や手順に問題があるので、先輩や上司に相談しましょう

 

まとめ
  • 売れてる人からコツを盗む
  • 利益提供者の誇りを持つ
  • テレアポをゲーム化する

テレアポをやりたくない状況改善戦略

目次

 

諒

では次に、テレアポをやりたくない状況改善戦略についてご紹介していきます。

 

効果的な連絡時間にテレアポ

目次 1

 

まず何よりも、効果的な連絡時間にテレアポするのがおすすめです。

 

なぜなら「どれだけ性格の良い人でも、忙しかったり電話対応したくない時間」があるからです。

 

そして、僕が実践していた「テレアポで会話がしやすい時間帯」は以下の通り。

 

テレアポで会話がしやすい時間帯

昼休憩前後(11時〜14時頃)

夕方の定時前(16時〜18時頃)

 

逆の立場で考えた場合「朝一番の忙しい時間帯」「自分の仕事に集中している午後」などは避けるようにしていました。

 

もちろん、業種・業態によって異なると思うので、あなたが考える「比較的仕事が落ち着いているであろう時間帯」にかけるのが賢明ですよ♪

 

話すのではなく傾聴が大切

目次 2

 

話すのではなく傾聴が大切です。

 

なぜなら「お客様に購入ニーズがあり、そこに的確な提案を行って受注を得なければ、どれだけ話してもムダ」だからです。

 

実際、僕も「何十分も話し込んだのに、受注に一切繋がらないテレアポ体験」が沢山ありますし、一方で「向こうから欲しいと言われた体験」も沢山あります。

 

そのため「お客様に購入ニーズがあるか傾聴する」「購入ニーズがある人をどんどん探す」という視点が大切ですよ♪

 

端的に連絡目的を決裁権者に伝える

目次 3

 

まず一番大切なことは、端的に連絡目的を決裁権者に伝えるという目標です。

 

なぜなら「電話応対者がどれだけ良い反応でも、決裁権者の反応が悪ければ時間のムダ」だからです。

 

例えば、転職業界の新規開拓であれば「●●の件でお電話させて戴いたのですが、人事担当者の方はいらっしゃいますでしょうか?」といった具合です。

 

メールやDM確認連絡から入る

目次 4

 

ちなみに、テレアポで決裁権者まで繋がれるようにする裏技として、メールやDM確認連絡から入るという方法があります。

 

要するに「いきなり初めまして」ではなく「先頃お送りさせて戴いたメールorDMはご覧いただけましたでしょうか?」という「接点がある前提」で電話をかけるのです。

 

転職業界の新規開拓であれば「人事部にメールを送る→人事担当者に確認連絡する」といった流れですね。

 

会社や組織によっては、責任者の名前や情報を公開しているケースもありますから、なるべく「こちらに非があるテレアポを避ける」のがコツです。

 

聞くメリットを端的に伝える

目次 5

 

また、聞くメリットを端的に伝えるという視点も覚えておきましょう。

 

聞くメリットを端的に伝える例

会社名や商品名が有名であれば「会社名や商品名を全面に出して」聞くメリットを伝える

自社商品・サービスの実績を伝える(当社商品により、転職希望者が3倍に増えた実績があるなど)

 

このように「相手にとって聞いて損はないという数字・情報・メリット」を伝えることで、そこから先のコミュニケーションに繋げていけるのです。

 

※これは「最初の電話応対者」に対しても効果的なので「そんな有益情報なら、決裁権者に伝えた方が良い」と思ってもらうことで、取り次ぎ確率も上がります

 

単純接触回数を増やす

目次 6

 

単純接触回数を増やすという視点も覚えておきましょう。

 

単純接触回数を増やすというのは、「1年に1回12時間一緒にいた人より、1年に毎月1時間一緒にいた人の方が信頼感・親近感が増す]という法則に由来します。

 

そのため、1回の連絡で契約を取ってしまおうと焦るのではなく、テレアポはあくまで「信頼関係を構築するステップ」だと考えるのが妥当です。

 

 

ちなみに、おおよそテレアポから成約まで繋げるイメージは以下の通りです。

 

テレアポから成約まで繋げるイメージ

1回目=電話応対者から取り次いでもらい決裁権者と繋がる(色良い返事はない為、後日再連絡を確約)

2回目=確認連絡を入れた結果、まずは打ち合わせしたいという脈あり反応

3回目=先方に訪問して、課題や問題を聞いた上で自社商品・サービス成約メリットを伝える

4回目=先方から成約連絡が入る

 

実際に僕が勝ち取った成約例でご紹介しましたが、おおよそこのような流れを辿ると思うので、あとは実践で経験してみてくださいね♪

 

※ちなみに「ちなみにこの商品が必要な方を知りませんか?」という紹介につなげた結果、社内の別部署やグループ会社で成約したケースもありますよ♪!

 

まとめ
  • 効果的な連絡時間にテレアポ
  • 話すのではなく傾聴が大切
  • 端的に連絡目的を決裁権者に伝える
    • メールやDM確認連絡から入る
    • 聞くメリットを端的に伝える
  • 単純接触回数を増やす

テレアポをやりたくない状況改善選択肢

目次

 

諒

では次に、テレアポをやりたくない状況改善選択肢についてご紹介していきます。

 

自分のメンタルケア習慣を作る

目次 1

 

自分のメンタルケア習慣を作るのがおすすめです。

 

なぜなら「気合や根性論だけで、負の感情は消せない」からです。

 

そのため「自分を癒やし労う」「自分を大切にする時間や習慣を持つ」ことで、イライラやストレスを減らすことが可能です。

 

そして、経験者の僕が習得した「メンタルケア習慣」に関しては、以下の記事にて詳しく紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

趣味や支えになる分野を得る

目次 2

 

ストレス発散するという意味では、趣味や支えになる分野を得るのもおすすめです。

 

なぜなら「自分は●●のために仕事を頑張る」という明確な目的意識が手に入るからです。

 

「毎年豪遊する海外旅行のため」「結婚相手や子供のため」「欲しい車や時計を買うため」など、モチベーションがあったほうが頑張れますからね♪

 

そのため「自分にとって価値ある経験を獲得する対象」を見つけて、そのために頑張ると言うのはアリですよ♪

 

テレアポ成功体験を早く作る

目次 3

 

テレアポ成功体験を早く作るのもおすすめです。

 

なぜなら、経験者の立場から言っても「1件受注を取ることができたら、テレアポストレスは減る」からです。

 

そのため、まだ受注成功体験がないのであれば、成功体験を作るために努力して、早く慣れるのがおすすめですよ♪

 

そもそもテレアポが苦手と諦める

目次 4

 

僕のように、そもそもテレアポが苦手と諦めるのもアリです。

 

例えば、僕の場合は「最低限テレアポできるという成功体験」を達成してから、テレアポを含む営業から離れました。

 

僕は「勝つまでやるタイプ」ではあるのですが、不適職と分かっていたので、それ以降はルート営業主体の仕事に転職したのです。

 

そのため「テレアポを生涯続けるのはムリだ」と感じるのであれば、ある程度のレベルまで頑張ったら見切りをつけて、転職準備を始めるのアリですよ♪

 

僕は電話より文章が得意だった

目次 5

 

ちなみに参考として、僕は電話より文章が得意だったという情報も共有しておきます。

 

実際、世の中には「テレアポや飛び込みで爆発的な売り上げを上げる営業マン」もいれば「人を動かすセールスレターが得意な営業マン」もいたりします。

 

そのため「営業という軸は好きだけど、もう少し違う働き方のほうが合ってる気がする」というのであれば、転職準備を検討するのもアリかもしれませんね♪

 

転職準備を始めて心を落ち着ける

目次 6

 

「受注成功体験はあるけれどノルマが達成できなくて病む」など、今後も続けることに不安を感じるのであれば、転職準備を始めて心を落ち着けるのがおすすめです。

 

なぜなら「誰しもどれだけやっても好きor得意になれないことは必ずある」からです。

 

そのため「適職診断を行なったり転職サイトに登録する」「副業に使える経験を積む」など、今の現実から離れる準備をスタートするのがおすすめですよ♪

 

ルート営業はテレアポ率激減

目次 7

 

ルート営業はテレアポ率激減という面があるので、転職情報を得る上でおすすめの選択肢と言えます。

 

ルート営業のしんどさは「顧客の要求難易度が上がる」「商材知識の難易度が増える」というデメリットがあります。

 

しかし「ある程度商材購入を検討している方」がメインとなるので、新規開拓の強気さはかなり不必要となります。

 

そのため「気は弱いけど、顧客満足度を高める自信はある」というタイプであれば、ルート営業への転職も検討するのがおすすめですよ♪

 

 

※なお、以下の記事にて僕自身が経験した「ルート営業のキツさや現実」を解説しているので、合わせて参考にしてください♪

 

営業自体から転職する

目次 8

 

将来的な判断で大丈夫ですが、営業自体から転職するという選択肢もアリです。

 

例えば僕は、WEBライターに転職しましたが「内勤+文章でセールスを実践する」という仕事は天職だと感じています。

 

もちろん、完全未経験では転職難易度が高いですが「独学で経験を積む」「学校で学んだ上で転職する」などの選択肢はありますから♪

 

まとめ
  • 自分のメンタルケア習慣を作る
    • 趣味や支えになる分野を得る
  • テレアポ成功体験を早く作る
  • そもそもテレアポが苦手と諦める
    • 僕は電話より文章が得意だった
  • 転職準備を始めて心を落ち着ける
    • ルート営業はテレアポ率激減
    • 営業自体から転職する

 

なお、リクナビネクストでは「適職診断を無料で受けられる」「転職先情報収集を行える」メリットもある為、今スグ登録しておくのがおすすめですよ♪

 

諒

ストレスが限界に達する前に、脱出準備は早めに始めたほうが、後々ラクになりますよ♪

 

生涯安定の経済基盤を獲得するコツ

目次

 

諒

では次に、生涯安定の経済基盤を獲得するコツについてご紹介してきます。

 

現状維持は将来10%以上不幸

目次 1

 

まず大切なお知らせからお伝えすると、現状維持は将来10%以上不幸になると断言できます!

 

もっと言うと「将来不安な会社」「今後も成長見込みのない会社」で働いており「稼げる資格や副業スキルも勉強していない」人は、沈没間際の船に乗っているに等しいのです!

 

そしてこれは「過去20年間の日本の年収推移」を理解すると、その現実が見えてきます。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、先進国は20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下」しており、このままだと日本はさらに10%以上収入低下が想定されるわけです。

 

今後も成長見込みのない会社で働いており、稼げる資格や副業スキルも勉強していない人の悲惨な20年後

現在20歳年上の先輩が得ている年収から10%以上減(50歳前に年収500万円なら、年収450万円以下)

年収は現在20歳年上の先輩と同じでも、サービス残業が10%増(平均40時間なら、毎月44時間)

人件費圧縮により社内の非正規雇用UP、リストラや早期退職勧告UPで居場所が減っていく

 

このような現実な上に「老後2000万円問題」「借金返済の増税」などの懸念材料もある中、今の延長線上で生きるあなたの選択肢は「ガマンして節約して耐える」のみです。

 

※しかも「僕の祖父母は年金生活でも子孫に還元」してくれましたが「両親は退職金と年金で手一杯」なので、僕たち世代は自分で切り拓くしかありません

 

このように、様々な右肩下がりの可能性がありますが、何も行動しない場合あなたの未来は「悪化」しかありません。

 

転職は勇気が必要ですし、新天地に慣れるのは努力が必要ですが、苦痛な現実が増えると分かっているのに今の場所に固執してガマンし続けるよりは、将来的に楽ですよ♪

 

「国のせいだ!親のせいだ!会社のせいだ!」と思って責めていても、このままでは私達の現実が悪化していく事実は変わらないので、具体的な改善策を練って行動しましょう♪

 

今後の安定経済基盤は3つ

目次 2

 

以上の厳しい現実を踏まえた上で、10社転職経験&1000件以上の求人を書いてきた転職WEBライターとして立場から言わせてもらうと、おすすめできる今後の安定経済基盤は3つと断言できます!

 

今後も安定の経済基盤3パターン

1.今後も安泰の業界・会社で働く

2.今後も働き続けたい会社で働く

3.会社や社会情勢に関係なく生きれるように、副業スキルを育む

 

ハッキリ断言させてもらうと、今後も安心して生きていく道はこの3パターンがベストです!

 

そのため、あなたの現実ルートがこれに入れていない場合は、転職情報収集や副業について学び始めたほうが良いのです!

 

今後も安泰の業界・会社で働く

目次 3

 

まず1番目の、今後も安泰の業界・会社で働くパターンとは、言ってしまえば「大型客船に乗ろう」ということです。

 

大型客船

 

そして、具体的な安泰の業界・会社とは「準国営企業(JAL/NTT)」「ライフライン系企業(ガス/電力/水道)」「市場が安泰な会社や、特別な特許技術を持っている会社」などです。

 

まず、準国営企業は「国の威信そのもので根幹」なので、リストラなどはありますが、倒産させないように国費投入などの可能性もあり、存続率は一般企業より高いです。

 

※例え大企業でも「シャープの鴻海(ホンハイ)買収」「ブリヂストンの8000人規模の人員を含む中国企業への売却」など、外資の危機やリストラの危機に晒されるリスクがあります

 

 

そしてライフライン系企業も、人間が生活している限り必須の分野なので、これらが0になることは、人間が肉体を捨てない限りあり得ません。

 

もちろん、そのような企業は「●●電力」「●●ガス」などの大会社もありますし、電気関連商品を扱う会社など、安泰企業もたくさんあります。

 

ただし、問題なのは「これらの企業は、現時点において“高学歴エリート”が新卒入社して活躍している狭き門の世界」ということです。

 

ぶっちゃけて言うと、僕はこの中で「新橋にあるNTTグループの本社で営業マンとして働いていた経験」があるのですが、そこでは「3ヶ月契約更新のある契約社員」でした。

 

そして、2年ほどで会社を辞める時には、正社員の同僚から「僕はしがみ付いてでも働き続けるよ…。羨ましいなぁ…」と言われた位なので、辞めないメリットのほうが大きいわけです。

 

このような「高学歴エリートが新卒で入る会社」は、中途で転職しようとする場合、よほど前職で有能な実績を持っていない限り、ほぼムリと言えるのです。

 

実態は「正社員登用をチラつかせながら、働かない正社員に変わって、クビリスクがある契約社員を働かせていた状況」だったので、クソだなと思って辞めましたから…。

 

そのため、あなたが僕のように「高学歴エリートの会社に正社員として入社ができない」のであれば、このパターンはほぼムリと言えます。

 

今後も働き続けたい会社

目次 4

 

会社の大きさや勤務継続メリットに関係なく、今後も働き続けたい会社で働くという選択肢もおすすめです。

 

なぜなら「会社が潰れない限り、一緒に成長・繁栄していく覚悟ができている」からです。

 

「会社の創業者に惚れている」「居心地が良くて、今後も一緒に働きたい」「特に不満がない」など、人によって今の会社を辞めるつもりがない理由は沢山あります。

 

しかし、このサイトを訪れているあなたは「今の会社や生き方に疑問を感じている」わけですから、このように「働き続けたいと自信を持って言える会社」を探し始める必要性が高いのではないでしょうか?

 

だからこそ、転職サイトに登録して「自分が働き続けたい会社・生き方を引き寄せ始める」ことが必要と言えるでしょう!

 

副業スキルを育む

目次 5

 

僕が転職以外に取った選択肢ですが、副業スキルを育むというのも非常におすすめです。

 

そして、この副業スキルを育むというのは「自分の船を自分の手で作りor買い、大きくしていく」ようなものです。

 

ヨット

 

例えばスキル売買サイトでは、以下のような能力を持っている人には、給料以外で収入を得るチャンスがあります。

 

給料以外で収入を得るチャンス

  • イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで
  • デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで
  • 動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで
  • 音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
  • 文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成
  • IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

 

挙げればキリありませんが、このように「趣味?のようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです(雑貨販売やネットショップ開設もアリ)

 

 

そして実際に僕の知人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)
  • プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)
  • 飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者

 

もちろん「絶対起業成功!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源」を持てる人間になると、それだけでかなりメンタルが安定しますよ♪

 

ちなみに副業経験を積むには、以下のパターンがおすすめです。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 転職先自体でレベルUP=自分がワクワクした気持ちで働ける仕事で副業スキルUP(僕がWEBライターとして文章スキルを磨いたやり方)
  • 残業少なめの会社で副業開始=時間確保して副業に挑戦時間を作って、知識と経験を積む
  • 副業OKの会社で副業開始=堂々と副業できる為、転職後に自分の好きor得意なことを始めてみる(リクナビネクストでは400件以上が副業OK)

 

副業OK

 

このようなやり方がありますし、年収20万円以上稼がなければ、副業事実は会社側にバレませんし、適切に対処すれば、転職しなくても副業収入を得ることは可能です♪

 

※なお、以下の記事では「副業禁止企業で副業収入を得るためのコツ」を解説しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

また、以下の記事では「副業ブログの始め方」を以下の記事にて紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

転職準備最大のメリット

目次 6

 

そして、転職準備最大のメリットは「苦痛を感じる会社・上司・生き方から距離を置ける&転職すれば永遠に縁切りできる」点にあります。

 

そもそも「副業スキルを育む」と決意しても、毎日長時間残業だったりストレスフルな状況で生きていると、心身が安定しません。

 

しかし、転職サイトに登録して情報収集を行い、来るべき日に転職した結果、ワークライフバランスが劇的に改善できた例は沢山あります。

 

ワークライフバランスが劇的に改善できた例

  • 「体育会系の周りは敵という会社」から転職して「周りと協力・強調して仲間として働く会社」に転職してストレスが激減
  • 「会社の肩書は良いけど、毎日残業だらけのエンジニア」から転職して「基本的に定時帰り〜月平均20時間程度」でワークライフバランスが劇的に向上
  • 「社歴が長いだけで仕事をしない、老害がイッパイの会社」から「同年代が多い会社に転職」した結果、人間関係ストレスが激減

 

このように転職することで「イヤな現実を縁切りできる」ので、リクナビネクストに登録して情報収集を始めるだけでも、徐々に不快な現実縁切りをスタートできるのです♪

 

 

逆に現代日本では「我慢さえしてればOK」と甘んじて現実を何も変えず、取り返しのつかないレベルで行き場がなくなり、路頭に迷ってしまうリスクがあります!

 

今の会社から放り出されて路頭に迷う将来例

突然のリストラに会い、何も誇れるスキルがなくて転職先が見つからず、路頭に迷う

 

このような絶望的な未来を避ける為にも、今のうちからリクナビネクストに登録して「イヤな会社や人間関係からの縁切り」を始めるべきです!

 

 

1年後〜数年後に「なんであの時チャレンジしなかったんだ?」と後悔する情けない人生が良いですか?

 

それよりも「あの時、現実のルートを少しずつ変え始めてくれて、本当にありがとう俺or私」と自分を誇れる人生が良いですよね♪

 

学生時代は進路を親や周りが決めてくれたかもしれませんが、社会人時代は「どんな人生を生きるのも自己責任」です。

 

もちろん、会社内評価や指導は上司や会社がしてくれますが「あなたの人生の責任」は、あなたしか取れないのです!!

 

そのため「現在の延長線上は、後悔・不安・絶望が増え続ける」のであれば、今すぐリクナビNEXTに登録して「今のクソッタレな現実を拒絶する行動」を起こすべきです!

 

良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?

 

\転職参考記事!/

 

まとめ

 

諒

以上がテレアポはもうやりたくない?経験者が語る辛い気持ちを軽減する成約獲得テクのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

意欲が弱い内からの転職サイト登録利点

転職サイト gif

諒

なお最後に補足として、意欲が弱い内からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。

キツい時は登録意欲すら無くなる

目次 1



キツい時は登録意欲すら無くなるのが、転職意欲が少ない内から登録しておく、一番のメリットです!!



あなたも人生で深く悩んだ時期に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありますよね?



それと同じ状況が「今勤めている会社」で起こってしまうと、そこから逃げようとする気力すら湧かず、もっときつい現実に発展するリスクがあるのです!



転職サイト登録対策なしorありの例


■突然退職=ストレスが頂点になり辞める→転職活動を始める→アルバイトor貯金を崩しながら転職先を急いで探す!!

0から転職活動開始すると大抵3ヶ月以上かかる為、場合によっては貯金が足らず逃げられません

■転職サイトで情報収集して退職気力に余裕のある内から転職サイト登録→ストレスが頂点の時に退職→安心して転職先確保

僕は退職1ヶ月以内に正社員転職先を勝ち取った為、同じことをすれば最悪状況を回避できますよ♪



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が可能ですよ♪

転職サイト登録は一種の保険

目次 8

このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!



保険を利用する安心例


■医療・がん保険高額医療費が発生した時などのリスクを回避

■自動車保険事故や、慰謝料問題などのリスクを回避

■転職保険働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは、今の会社に居られなくなった時のリスク回避保険」として利用できるのです!



後ほど紹介する「リクナビネクスト」は、登録利用料無料も大きなメリットです(報酬は求人企業が支払っている為)

\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

求人ストックで選択肢を増やせる



転職意欲が低い内の登録メリットとして、求人ストックで選択肢を増やせるという利点もあります!



これは「メールアドレス登録+職務経歴書」を入力することで「転職先オファーをストックして、情報収集をシステム化できる」のです♪





例えば、僕がおすすめするリクナビネクストでは「直近3ヶ月で20件ほどのオファー」を受け取りました。



リクナビネクストで職務経歴書入力しておくメリット


オファー メリット

職務経歴書登録で受け取ったオファー例

オファー例



このように、今スグ登録しておけば「上司のパワハラでストレスが頂点に達した時」「ガマンの毎日に嫌気がさした時」の逃げ道確保を、15分もあれば対策できるのです♪



職務経歴書を入力しておいた方が良い理由


オファーやスカウトは採用企業側の追加料金支払いの為、採用本気度が高い

未経験採用であってもオファーを出すほど育成意欲が高いため、採用確率が高い

電話勧誘がない+メールを受け取るだけなので、ストレスフリー



PS.職務経歴書に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

リクナビネクスト登録利点

リクナビネクスト

そして業界最大級の転職サイトである、リクナビネクスト登録利点をご紹介しておきます。



リクナビネクスト登録メリット


就活で誰もが使用した「リクナビ」の転職版なので、使い方が理解しやすい

業界最大級の求人掲載数なので、転職しなくても必ず登録しておきたいサイト

電話や応募催促がキツい転職エージェントより気軽に使える

職務経歴書登録しておけば、自分の市場価値が分かる



このように「転職情報が一番集まっているサイト」なので、転職意欲が弱い内から登録メリットは大きいのです!!



しかも、再補足しておくと「職務経歴書登録でオファーやスカウトメールをストックできる」という利点もあります。



そのため「今の会社に一生勤めるつもりはない」なら、今スグ登録しておくべきサイトと言えます!!!



良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?


今スグ人生を変える覚悟を決めてリクナビネクストに登録すれば、理想の未来を引き寄せ始められますよ♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/