週6勤務 疲れ 取れない

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「週6勤務はしんどいのが当たり前?疲れが取れないストレス対処法を知りたい」

相談女性2

「週6勤務+1日休みの企業」は労働基準法違反じゃないの?

相談男性3

「1週間週4~5日以内」で業務を回せて「土日法定休日の仕事」に転職したいから、問題点や必要手順を知りたい!

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「週6勤務はマジでしんどい=疲れが取れないと感じた経験がある」為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「週6勤務がしんどい=疲れが取れない環境の対処法」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

週6勤務はしんどい【一般知識】

目次

 

諒

ではまずはじめに、週6勤務はしんどい【一般知識】についてご紹介していきます。

 

週6勤務は休暇少なめリスクあり

 

まず大前提として、週6勤務は休暇少なめリスクありです。

 

そして「休みに関する求人記載ルール」を以下に補足しておく為、求人チェックの参考にして下さい。

 

休みに関する求人記載ルール

リラックス

  • 週休二日制=1ヶ月4〜5週の内「1回以上2日休み」があれば該当
  • 完全週休二日制=「毎週どこかで合計2日休み」があれば該当
  • 完全週休二日制(土日)=毎週必ず「土日に休日取得」できる
  • 完全週休二日制(土日祝)=毎週必ず「土日に休日取得」+「祝日があればその日も休める」

休みに関する求人記載ルール補足

否定 拒否 NO

  • 「最長・年間休日125日以上」=「土日祝休み」+「夏季休暇・年末年始休暇」などを含む
  • 「一般的・年間休日110日」=「土日休み」+「祝日出勤or祝日休みで土曜に出勤」変更
  • 「最短・年間休日105日」=「労働基準法ギリギリ」の働き方

※いずれの休日形態でも「年間休日日数●●日」という合計休日数が記載されている

労働基準法の最低ライン

 

合わせて、労働基準法の最低ラインについても補足します。

 

労働基準法の最低ライン

役所

  • 「週に1日」or「4週間中休日4日」or「週40時間以内勤務」が最低ライン
  • 「年間最低105日」が最低ライン(週4日/52日+長期休暇/約15日+その他38日で成立)

 

このようなルールになっていますが、ここから先は「2割5分増の残業代適用」で延長する事ができます。

 

そして、企業の中には「みなし残業代orサービス残業=休日出勤常態化」しており、実質週6勤務を強いているケースもあるのです。

 

その為「建前上は週5勤務だけれど、実質週6勤務でプライベートが潰されている」なら、転職などを考えた方が良いですよ!

 

みなし残業制のリスク

 

また合わせて、みなし残業制のリスクについても補足しておきます。

 

具体的には「みなし残業などで、残業代がつかない正社員」として働いていた場合、時給換算すると悲惨なケースがあるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

借金 リボ払い

  • 年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)
  • 年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円
  • 33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円
  • 1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このように、たとえボーナスを貰って年収400万円でも「残業代なしで22時ごろまで働いている人」は、アルバイト並みの時給になっているのです。

 

もちろん、月給制には「毎月同じ金額が入る安心感」がありますが、残業が多すぎる場合は「派遣社員のほう時給が高いケースも多い」のです。

 

 

そして出世していき「表面上は年収が上がった場合」でも、時給換算してみるとそれほど増えていないケースもあります。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

否定 拒否 NO

  • 年収600万円の例(賞与・役職手当含む)
  • 年収600万円÷12ヶ月=月給約50万円
  • 50万円÷24日勤務(土曜日を4回出勤)=日給2万833円
  • 2万833円÷15時間勤務(残業5h/日)=時給1,388円

 

このように、正社員で出世していても「一緒に働いている派遣社員の方が時給が高い」という現実があるのです。

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職+諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=労働組合対応+安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「お金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=一括比較したい場合はこちら♪

週6勤務はしんどい【デメリット】

目次

 

諒

では次に、週6勤務はしんどい【デメリット】についてご紹介していきます。

 

一般的な休日に働いてる苦痛

 

一般的な休日に働いてる苦痛はデメリットです。

 

なぜなら「長期休暇で楽しそうな人達の雰囲気や行動」が空気感として感じられる為「どうして自分は、この人達と同じ幸福を味わえないんだろう…。」という鬱憤感情が出てくるからです。

 

お局 ストレス

 

もちろん、同じ会社の人間は同じ休みサイクルの為「自分達は自分達のルールがある」と割り切れればOKですが、そうでない場合、週5勤務企業への転職を考える必要性が出てくるのです。

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

長期連休を取得しにくい

 

長期連休を取得しにくいというデメリットもあります。

 

なぜなら「土日祝休み&長期休暇アリの会社なら、有給を追加して3連休〜8連休程度も確保できる」のですが、週6勤務の会社はそれが実現しにくいからです。

 

仕事 ミス 大損害

 

その為「平日で日帰り旅行などはしやすいが、長期大型旅行は中々難しい」というデメリットもあるのです。

 

確定休みがなく緊張感がある

 

確定休みがなく緊張感があるのもデメリットです。

 

「シフト制などで、休みがバラバラ」だと、必然的に「この日はゼッタイ休み!という安心感がない」わけです。

 

仕事 ミス 生きた心地 しない

 

その為「数ヶ月先で休み予定を立てたいけど、不意に呼び出されたりイレギュラーが発生するから、中々決めにくい」などのデメリットがあります。

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

1日休みだと疲れが取れない

 

1日休みだと疲れが取れないというデメリットもあります。

 

残念ながら、1日休みだと「土日祝休みで、金曜夜〜土曜の夜までは“明日も休みという安心感”」がありません…。

 

減少

 

その為「1日休みだと、翌日の出勤を考えてしまい、休み切れない」というデメリットがあるのです…。

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職+諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=労働組合対応+安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「お金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=一括比較したい場合はこちら♪

週6勤務はしんどい【体験談】

目次

 

諒

では次に、週6勤務はしんどい【体験談】についてご紹介していきます。

 

月7日シフト+残業1.0h/日

 

僕の社会人デビューは、月7日シフト+残業1.0h/日で始まりました。

 

具体的には「地元・名古屋で社員200人程度の軽自動車ディーラー・ルート営業マン」として働き始めました。

 

 

しかし、当時の僕は「実家暮らし・彼女を作った経験なし・自分に自信なし」という無いない尽くしのダメ人間でした…。

 

その上、以下のようなストレスフルな環境だった為、弱々メンタルでは全然やっていけなかったのです。

 

自動車営業がストレスフルだった理由

涙 失業

  • 営業先は強面モータース屋社長巡り&値段交渉
  • 担当エリアの売り上げが良く、受注がドンドン入ったが、営業所は皆出払っており、相談相手がいなかった
  • 「休みはシフト制で販売店は正月三ヶ日以外ほぼオープン」「1日休みばかりで休んだ気がしない」

 

そして「ある時営業所で10年先輩から言われた話」が引き金となり、思わず退職を願い出てしまいました…。

 

同僚

俺のお小遣いは月3,000円食費込みなんだよ…

諒

え?…マジっすか?

 

このように「その会社での10年後の姿に恐怖を感じた」のが決め手となり、ある時所長に「辞めさせて下さい!」と宣言して、飛び出してしまったのです。

 

土曜ほぼ出社+残業1.5h/日

 

僕が工場の期間工として働いていた時は、土曜ほぼ出社+残業1.5h/日の会社でした。

 

製造業 求人サイト

 

ラインのリーダーが金曜日の午後に「土曜日出勤できない?」と、全員に順番に声をかけて回っていたのです。

 

ラインは2つあり「最低でも半分以上の人が出勤しないと機能しない」と分かっているので、断れない人ほど休日出勤していたのです。

 

涙 失業

 

無論僕も、当時は「断れないYESマン良い子ちゃん」だったので「分かりました…。出勤します…。」と言って受け入れていました。

 

しかし、能力開発の研修に参加したことがきっかけとなり「東京に上京して一流のビジネスマンになる!」とコミットしてから、土曜日出勤を断る覚悟ができたのです。

 

結果として、休日出勤を断り始めて半年後にその仕事を辞めて、50万円の貯金を持って東京に上京しました。

 

東京

 

このように「これ以上!言いなりになったたまるかクソ野郎!」という覚悟が固まってから転職したわけです。

 

とは言え、その決意が引き金となり、その後「休日出勤」は一度もしたことがありません。

 

年休120日以上+残業3h/日

 

その次に、年休120日以上+残業3h/日の会社で事務職として働き始めました。

 

土日祝日は完全休みなのですが、平日がかなり遅くまで仕事になってしまうので、週5日はほとんど何もできなかったです。

 

その為、その頃から「仕事術や効率を意識した働き方」を実践し、勤めている2年の間に20時間程度までは、残業を減らせるようになりました。

 

事務職

 

また、勤務し始めてから1年半後に「24万円+平日4日間の能力開発の研修を受けた」こともあり、その会社を退職する決意を固めたのです。

 

※具体的には「一流のビジネスマンに到達するには、営業職にチャレンジして商品を売る自信をつけなければならない」という結論を導き出し、事務職から離れる決意をしたわけですね♪

 

年休120日以上+残業1.5h/日

 

営業職に転職してからは、年休120日以上+残業1.5h/日で勤めることになりました。

 

そこで「通称:吉田商会」と呼ばれる課長のチームに配属されたのですが「五営本(第五営業本部)に吉田あり」と言われるほど敏腕チームだったのです。

 

その為、仕事量やスピードは本当に半端なかったですが「休日出勤はあり得ない+遅くとも20時には皆帰る」というテンポで仕事ができました。

 

俊敏性

 

そして、1年ほど経つとそのペースにも慣れることができ、それ以後は「残業や休日出勤なんかするかボケ!」という自信を育むことができましたよ♪

 

年休120日以上+残業0h/日

 

最終的には、転職サイトのWEBライターとして年休120日以上+残業0h/日で働いていた時が、ほぼ毎日定時帰りでした。

 

転職サイトは広告分野の一つなので、決して楽ではないのですが、僕は「転職経験豊富&文章が得意」だったので、スピーディーに業務遂行できたのです。

 

天職

 

あとは「時間ごとに案件割り振り」が決まっているので、余分なイレギュラーが挟まりにくかったというのも幸いしました。

 

残業・休日出勤は会社で異なる

 

このように残業・休日出勤は会社で異なるわけですし、会社によって働き方や「残業・休日出勤」に関する考え方、企業風土は全く異なるのです。

 

その為、もし今の会社が「休日出勤は当たり前+長時間残業も当たり前」という価値観なのであれば、それは異常と思った方が良いです。

 

減少

 

実際、僕が転職サイトライターをやっていた経験から言っても「会社の歴史は浅いけれど、本当に働きやすいと感じる会社」もたくさんありましたから♪

 

その為「今の生き方がどうしても合わない」のであれば、今の会社で休日出勤を断る力を育むのもアリですし、数年後に転職するという選択肢もアリですよ♪

 

日本には400万法人以上の会社・環境があるので、今の会社に一生を捧げる必要はありませんよ♪

 

 

なお、そんな将来の働き方を考える上でおすすめなのが「転職サイトに登録しておき、情報収集しておく」という予防策です。

 

実際、余裕を持って情報を見ておいた方が、いざという時にスムーズに動くことが可能ですから♪

 

そして、中でも特におすすめな「20代未経験転職の味方=RE就活「全転職希望者の味方=リクナビNEXT」を以下のリンク先にて詳しく紹介している為、参考にご活用ください♪

Re就活の求人口コミ・評判!適職診断体験談などまとめ

リクナビネクストの口コミ・評判!適職診断体験談まとめ

 

週6勤務はしんどい【対処法】

目次

 

諒

では次に、週6勤務はしんどい【対処法】についてご紹介していきます。

 

信頼できる相談先に申告

 

今の仕事を続けていくことに不安や強いストレスを感じているのなら、信頼できる相談先に申告がベターです。

 

信頼できる相談先

俊敏性

  • 会社の相談窓口に内部通報
  • 人事の責任者に訴える
  • 上司を頼る

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

人事担当者や上司であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

 

※なお「失業保険」「職業訓練」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職不安がある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=職業訓練について知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4.  

異動願いを試みる

 

理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

適職 不適職

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

その為ネガティブな話だけではなく、「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

諒

前線の営業で活躍するよりも、フォロー側の制作業務のほうが自分を活かせると思います!

上司

そうか…。じゃあ検討してみるか♪

 

※なお、僕自身が経験した「営業など職種のリアル」「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=WEB職を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=営業職を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職を知りたい場合はこちら

休職相談・精神科相談

 

所属部署を変えるだけでは改善できず、一定期間の休養が欲しいのであれば、休職相談・精神科相談するのもアリです。

 

正社員であれば「数十年雇用関係を維持する責任」を会社が持っているので、最低限の給与保障or復職確約で休ませてくれるケースもあります。

 

 

実際車メーカーに勤めている僕の知り合いにも、このケースで復職した人がいます。

 

具体的には、メンタルがどうしても病んだ時に休職願いを出し、その間に海外放浪して精神面を鍛え、その後復職を迎えたという荒療治でしたが…。

 

製造業 求人サイト

 

他にも、精神科に相談することで「メンタル的な不調によって数週間〜数ヶ月休みをもらう」ケースもあるので、社内で事例がないか?可能性を探るのもアリです。

 

ただし「同じ部署に復職する場合、腫れ物扱いされて肩身の狭い思いをする」というケースもあるので、ある程度退職の覚悟も持っておいた方が良いでしょう。

 

退職代行に依頼

 

ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

 

そもそも、僕の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要です。

 

 

例えば、僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

 

※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

 

しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

 

エンジニア 転職サイト ランキング

 

その為、これ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

 

そもそも僕は何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

 

その為「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

 

 

なお、以下のリンク先にてそんな「退職代行おすすめランキング」を紹介しているので、必要に応じて参考に使ってください♪

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=労働組合対応+安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「お金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=一括比較したい場合はこちら♪

転職準備を始める

 

転職準備を始めるのも非常におすすめです。

 

なぜなら、自分の強みを活かせたり、自分に適した環境にシフトできれば「ギスギスした職場から離れる事ができる=結果として快適・幸福度が上がる」からです♪

 

貯金 成長

 

例えば、同じ学校に通っていても「数学が好き」「理科が得意」「国語なら任せて♪」「日本史なら自信がある」など、好きor得意な傾向は異なるわけです。

 

仕事もこれと同じで「自分が好きor得意な業種・職種・会社」にマッチしているほど、ストレス少なく現場に向き合えるわけです。

 

実際僕は、文系大学・経営学部卒にも関わらず、IT系通信営業のセールスエンジニアとして働いていた時は、毎日が地獄のような苦痛でした。

 

 

なぜなら「配線図やルート設計図の制作」「通信料配分の計算」など、自分が嫌い&苦手で拒否したはずの「数学&理系的業務」ばかりだったからです。

 

諒

毎日夜遅くまで働いているのに、半人前レベルから抜けられない…。

 

しかし、本来自分の適正に合っていたWEBライターに転職してからは、通信営業時代のストレスが嘘のように快適な仕事人生を確立できたのです♪

 

諒

あ〜♪仕事って楽しいぜ♪

 

このように「自分の長所・強み」を見つめ直すのも大切ですし、今の辛い環境から脱出するために、転職サイトで情報収集を始めるのもおすすめですよ♪

 

 

※なお「プログラミング・WEBデザイン・動画編集」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

スキルUPスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%で相談の価値アリ♪
  2. テックアカデミー=無料体験で適正確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=一括比較したい場合はこちら
  4. WEBデザインスクールランキング=一括比較したい場合はこちら
  5. 動画編集スクールランキング=一括比較したい場合はこちら

 

また合わせて「転職実績豊富なエージェント=リクルートエージェント」なども紹介している為、こちらもご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=「非公開求人21万人以上」の日本TOPクラスサイト♪
  2. 転職エージェントランキング=一括比較したい場合はこちら♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=体験談を知りたい場合はこちら♪

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて「このままでは将来がダメになる…」と感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


その為「半年後に辞めると宣言→退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を開始→ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決定」という危うさで転職先決定しました(苦笑)

僕のヒーローアカデミア ゴミ掃除

出典:僕のヒーローアカデミア


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」という事です。

しかも、ストレスで疲れ切ったり「もうこんな人生イヤだ…」という無気力状態に陥ると、逃げる気力すら湧かず「うつ」「過労死」など、心や体が死んでしまうリスクがあるのです…。

転職サイト登録対策なしorありの例

呪術廻戦 最強

出典:呪術廻戦

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


その為、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、非公開求人数21万件&公開求人30万件以上があり、幅広い要望に応えてくれる為「情報収集だけしたい」「履歴書/職務経歴書など、プロのアドバイスが欲しい」という転職初心者は、登録必須のサイトです♪

諒

備えあれば憂いなし♪

僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア



リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験OK多数」など「20代の就活やり直しサポート」してくれるサイトの為、20代は登録必須のサイトと言えますよ♪

諒

若い頃の苦労は買ってでもしよう♪

呪術廻戦 誇れ

出典:呪術廻戦



Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断は「自分に合った快適な働き方が分かるチェック方法」であり、僕自身「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

諒

自己の可能性の限界に挑戦するぜよ♪



るろうに剣心 答え

出典:るろうに剣心



適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


さらに、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 油断せずに行こう

出典:テニスの王子様