短期離職 繰り返す

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「短期離職を繰り返すとマジやばい?経験者が語る安定基盤をGETするコツを知りたい!」

相談女性3

幸福度の高い生活を確立したいから「好き嫌いで夢中になって働ける適職診断」のおすすめを知りたい!また、スグ内定を掴む為のコツを教えてほしい!

相談男性3

「退職&離職理由」の作り方は?経歴を活かす求人を探すには「リクルート系転職サイト登録」がおすすめ?それとも「転職エージェント」が良い?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「短期離職を繰り返す経験」をした為、あなたの気持ちが痛いほどよく分かります…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「短期離職を繰り返すとやばい理由&対策」を具体的に紹介します♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

短期離職を繰り返す【問題点】

目次

 

諒

ではまずはじめに、短期離職を繰り返す【問題点】についてご紹介していきます。

 

スグ辞める危険な印象を与える

 

スグ辞める危険な印象を与えるので、短期離職は好まれません。

 

なぜなら「会社側は資金投入して募集〜入社させる以上、一定以上の貢献を期待している」からです。

 

 

例えば、僕がいた転職サイト企業の求人掲載料金は「最低2週間20万円〜最高60万(オプションを含むと100万越え)」という費用がかかっていましたた。

 

 

さらに、求人情報は他の転職サイトに複数依頼するケースもある為、場合によっては「人員採用する為に“数百万円投資している企業”もある」わけです。

 

そのように、多額のお金を払って採用を決めたのに、スグ辞められてしまっては「求人掲載に使ったお金をドブに捨てたようなもの」になる為、そのリスクを求人企業は回避したいのです。

 

同僚

先輩が監督指導した子、1年で辞めたらしいですよ?

諒

え?マジで!手塩にかけて育てたのに…。

他に誇れるスキルや実績がない

 

他に誇れるスキルや実績がない場合も、短期離職者は好まれません。

 

なぜなら「入社させて一から育てなければならない」為「新入社員より教育費用・時間がかかる懸念」があるからです。

 

 

そして「中途=即戦力採用」が一般的な「暗黙のルール」なので、誇れるスキルや経験がない場合は、特殊な転職活動にならざるを得ません。

 

特殊な転職活動の例

中途採用 扱い ひどい

  • 学校卒業後3年以内なら第二新卒エージェントを使う
  • 未経験OKなど一から成長できる企業に応募する

 

このような方法で入社しなければ「歴戦の経験者たちがいる中で、未経験から成長するプロセスになる」為、非常に厳しい勤務となるのです…。(経験者談)

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

前職と似た業種・職種で離職を懸念

 

前職と似た業種・職種で離職を懸念している為、短期離職が好まれないケースもあります。

 

なぜなら、同じような業種・職種に勤める場合は「同じようなトラブルが起こる可能性がある=同様の理由で早期離職される懸念がある」からです。

 

その為「この人は同じ理由で早期離職しそう…。」と思われる企業に応募した場合、採用確率がは下がると思っておいた方が良いでしょう。

 

 

※なお「20代であれば現状(非正規/既卒/ニート/フリーター)に関わらず第二新卒転職エージェントを利用できる」為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

第二新卒/ニート/フリーター/既卒のおすすめ

  1. 第二新卒エージェントneo未経験1万人以上&18〜28歳22,500人支援実績で一番おすすめ♪
  2. UZUZ=平均12時間サポートで手厚く支援!アドバイザーは全員第二新卒or既卒経験者♪
  3. 第二新卒転職エージェントランキング=エージェントを一括ランキング比較したい場合はこちら

短期離職を繰り返す【体験談】

目次

 

諒

では次に、短期離職を繰り返す【体験談】についてご紹介していきます。

 

新卒3ヶ月で営業を辞めた

 

僕の社会人デビューは、新卒3ヶ月で営業を辞めた現実で始まりました。

 

具体的には「地元・名古屋で社員200人程度の軽自動車ディーラー・ルート営業マン」として働き始めました。

 

 

しかし、当時の僕は「実家暮らし・彼女を作った経験なし・自分に自信なし」という無いない尽くしのダメ人間でした…。

 

その上、以下のようなストレスフルな環境だった為、弱々メンタルでは全然やっていけなかったのです。

 

自動車営業がストレスフルだった理由

涙 失業

  • 営業先は強面モータース屋社長巡り&値段交渉
  • 担当エリアの売り上げが良く、受注がドンドン入ったが、営業所は皆出払っており、相談相手がいなかった

 

そして「ある時営業所で10年先輩から言われた話」が引き金となり、思わず退職を願い出てしまいました…。

 

同僚

俺のお小遣いは月3,000円食費込みなんだよ…

諒

え?…マジっすか?

 

このように「その会社での10年後の姿に恐怖を感じた」のが決め手となり、ある時所長に「辞めさせて下さい!」と宣言して、飛び出してしまったのです。

 

入社1週間でカメラマン退職

 

そして、車の営業マンを辞めた後に転職先が決まったのですが、その後も入社1週間でカメラマン退職しました。

 

具体的には、趣味のカメラ経験を活かして「結婚式場のカメラマン・ベンチャー会社」に採用されたのです。

 

 

しかし「オフィスはマンションの一室」「就業規則が無いような会社で、毎日徹夜続きや会社寝泊まりが当たり前」という環境にビビり、週明けに無断欠勤したのです。

 

結婚式

 

そして案の定、携帯に何回も電話が来て呼び出しがあり、渋々出勤しました。

 

そこで、社長から叱責を浴びせられ、土下座して謝りましたが、帰って数時間後に上司から「クビです」と連絡を受けて失職しました。

 

諒

申し訳ありませんでした(土下座)

上司

残念ですが、クビです…。

入社半年で出版社営業をクビ

 

自己都合退職ではないですが、入社半年で出版社営業をクビという経験もあります。

 

具体的には、入社3ヶ月で辞めた自動車営業トラウマを克服する為に「大学の先生向けビジネス雑誌営業で、テレアポ&新規開拓7:ルート営業3」の仕事に就いたのです。

 

 

そして「半泣きになりながらテレアポの毎日」「恐怖を感じながら、新規開拓のドアノックローラー作戦」などを乗り越えていきました。

 

営業職

 

その結果、4ヶ月目でテレアポ成功した先生に「ゼミ生が買う決断を促す為、購入メリットプレゼンをして欲しい」と頼まれたのです。

 

そこは「観光系学部」だったのもあり、売る予定のビジネス誌から「観光系情報を引用」しながら、一生懸命プレゼン資料を作成して提案しました。

 

 

そして、プレゼンが終わった後に先生と別室へ戻り、以下のような感謝の言葉を伝えられたことを、今でも強く覚えています。

 

同僚

友人の中にも「ゼミで何か売らせて欲しい」と頼んでくるのがいるけど、今までは一切断ってました。でも今回大島さんにプレゼンをお願いして本当に良かった♪

諒

ありがとうございます♪(嬉)

 

このような感謝の言葉を戴けたことは本当に嬉しかったです♪

 

親密性

 

その後結果的に、そのゼミからは受注できなかったのですが、先生経由で紹介戴いた同学部の先生から受注が入り、初めてテレアポ成功体験ができました。

 

しかし、一生懸命努力し続けましたが、残念ながら「能力が我が社の基準に満たない」という理由にて、入社半年でクビになりました…。

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

入社2ヶ月で新規開拓営業退職

 

その後「出版社営業→通信系ルート営業」で働いた後、入社2ヶ月で新規開拓営業退職もあります。

 

具体的には、お金に困った為「入社がスグ決まると勧められて入った新規開拓営業の仕事」に就いたことがあるのですが、入社前の話と全然違い、2ヶ月で辞めました。

 

聞いた話と実態が全然違ったケース

減少

  • 入社前の事前情報=既にNTT系列で固定通信回線をご利用いただいている企業向けのwi-fiルーター提案営業(既存顧客向けの新商品案内)
  • 入社後の実態=渋谷の飲食店を食べログからリストアップした情報で、ひたすらローラー作戦(金の●、漫画喫茶マンボ●など、明らかにwi-fi設置店などもお構いなしに強制飛び込み)

 

この組織は「東京オリンピックに向けてwi-fiルーターを売り込んでみる」という実験営業部隊だったので、実態が固まっておらずムチャクチャでした…。

 

その為、あまりのブラック企業にストレスがピークとなり「親の紹介で正社員入社が決まった為、地元名古屋に帰ります」と伝えたのです。

 

 

そもそも、派遣担当営業マンも「あまり職場環境が良くない」と分かっていたようで「分かりました。では契約期間を短くしますね」と快く引き受けてくれました。

 

諒

地元・名古屋で正社員転職が決まったので、辞めさせていただきます(嘘だけど…。)

同僚

そうなんですね?分かりました。

 

正直辞めてしまえば二度と会うことは無くなったので、ぶっちゃけ嘘でも辞めることができました。

 

とはいえ「安易な転職は非常に危険」「スグに働けるという組織は、ブラック企業の可能性大」と痛感しました。

 

その為「ある程度ジックリ転職先を考える」「自分の適職・天職を明確にした上で転職活動を行う」「企業分析も行う」必要があると言えるでしょう。

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

半年で辞めた医療系WEBライター

 

その後、適職診断や占いなどの結果を踏まえて、職種転換の一大決心を固めたにもかかわらず、半年で辞めた医療系WEBライターの経験もあります。

 

実は、独学で2年ほど個人ブログを制作していましたが、プロとしてお金をもらって記事を書くのは初体験だったのです。

 

カフェ

 

そして実際に入社してみると、色々なダメ出し・添削を受けてちょっと鬱(うつ)になったりしました。

 

営業はキャリア数年だった為「相応の自負」はあったものの、WEBライターとしては新卒同然だったので、かなり手痛い経験をしたんですよね…。

 

 

しかも「直属の女上司がヒステリー気味の厄介な姉ちゃん」だったので、1ヶ月に1回は口論になったり喧嘩になったのも、鬱っぽくなった原因です。

 

女上司

記事の質にムラがあり、良い時は感動するのに悪い時は手直しが必要なくらい悪い

諒

コッチは毎日一生懸命やっとるんじゃボケ!ムラなんか気にしとれんわ!アホか!

 

女上司

頻繁にトイレに行って席を離れているけれど、サボっているんですか?

諒

生理現象じゃボケ!そもそも席からトイレが遠すぎるんじゃ!改善を求む!

 

女上司

いつもギリギリに出社してますけど、もっと早く来ないとクビにしますよ?

諒

いやいや、遅刻ワーストに入ってるあんたが言うことじゃないでしょ?アホですか?

 

このような「添削攻めや喧嘩トラブル」が何回もあり、結局半年で自主退職することになりました。

 

とはいえ「自分の気持ちと正当性を伝える」という意味では、WEBライターという仕事に必要な能力だったので、神様からの引き寄せ&天啓だったと今では思っており、感謝しています♪

 

 

なお「20代前半の短期離職」であれば「第二新卒枠での転職」「若手未経験転職を募集している特化サイト利用」で、経済基盤を壊さず転職できる確率が上がります。

 

「業種・職種・企業」を変えるだけで、驚くほど働きやすくなるケースは多いので、3回以内の転職であれば、積極的に理想の働き方を追求すべきだと思います♪

 

※なお、万一に備えて「転職先情報収集を転職サイトでしておく」のもおすすめな為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

短期離職を繰り返す【再発防止】

目次

 

諒

では次に、短期離職を繰り返す【再発防止】についてご紹介していきます。

 

ポジティブな動機がない転職

 

ポジティブな動機がない転職は、失敗しやすいです。

 

例えば僕の場合、ザックリと以下のような目標を持って転職してきました。

 

僕の転職目的

日本景気の誇りの柱

  • 大目的=“一流のビジネスマンになる”“年商3億円”という目標を達成する事
  • 工場のライン作業=上京する資金集め+「一人暮らしで独立」する為
  • 事務職=東京での生活に慣れる+「一人前のビジネスマン」になる為
  • 営業職=自尊心を高める+新卒3ヶ月で辞めた「営業トラウマ」を克服する為
  • WEBライター=「自分ビジネス」を所有+「好き&得意な仕事」で起業・独立する為

※「営業職&WEBライター」で上場企業の最前線を5年経験し、ここからは「年商3億円を目指す起業家ルート」しかないと確信し、会社員を完全卒業

 

このような「ポジティブな転職理由」を持って、転職や職種転換を経験してきました。

 

その為「各職種経験に誇りがある」という自尊心も育めた為、転職して良かったと確信しています♪

 

仕事 ミス 隠したことある

 

一方で「なんとなく嫌だから辞めた」というフザけた理由で辞めてしまった、転職失敗経験もあります。(新卒スグの2回の勤務経験)

 

しかしその結果「1ヶ月引きこもりになってうつ手前になる…。」という経験をしてから「二度と同じ過ちを繰り返すもんか!」と覚悟を決めましたから♪

 

その為、いずれにしても「自分の心に正直に従った行動」なら、納得できる人生に出来るとお伝えできますよ♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

似た職種・業種を選ばない

 

似た職種・業種を選ばないことで、転職失敗回避確率が上がります。

 

なぜなら、基本的に同じ職種であれば「似たような性格・個性の人」が集まっていますし、業種でも同様の傾向が見受けられるからです。

 

中途採用 扱い ひどい

 

例えば「僕が経験した職種・業種」では、以下のような傾向がありました。

 

僕が経験した職種のメリット・デメリット

  • 事務職=「大人しい&良い人」が多い為、社内人間関係は円滑だが、営業など他部署から無茶を言われがち

事務職

  • 営業職=「各自プライドが高い&どちらが主導権を握るか?の世界」なので、自分に自信はつくが、人間関係が全体的にストレス

営業職

  • WEBライター=内勤だが文章で利益を上げる為「内勤&営業の中間的感覚」。また、クリエイターの為、社内人間関係は「相性の良い悪い」が激しい印象

天職

僕が経験した業種のメリット・デメリット

  • 出版・広告関係=メンツの世界なので「ハイで陽キャな人が多い&実力主義」。その為、相性により天国or地獄

独創性

  • 通信関係=「今後も成長が見込める&必要とされる業界」なので、勤務メリットは大きいが、システム的知識を扱うため理系才能も必要であり、高学歴なインテリが多い印象

継続力

  • ベンチャー・スタートアップ=創業から若い為「自由度は高い」が、社長やマネージャーの裁量で企業雰囲気がかなり異なる(というかワガママなケースが多い)

幸福

  • 大手企業=「ルールや規律がしっかりしている」「福利厚生も充実している」が、縦割り意識が強い上、自由裁量も少ないので「組織の歯車」になりがち

上司

 

このように「営利目的寄りの会社ほど刺激的だが、ストレスも多い」「公益性寄りの会社ほど規律の安心感はあるが、理不尽も多い」と言えます。

 

その為、似た業種・職種に転職している限り、共通のストレスを感じ続ける為、同じ理由で失敗する可能性が非常に高いのです。

 

※ただし、どんな業種・職種にも「何らかのネガティブなストレス」は必ずある為「あなたがそれに適応・順応できるか?」次第とも言えます

 

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

募集の仕方に違和感のある会社

 

大前提として、募集の仕方に違和感のある会社は避けた方が良いでしょう。

 

なぜなら、求人情報を扱っていたプロとして言えるのですが、一般的に以下のような企業は危険だからです。

 

ブラック企業orブラック企業の可能性があるケース

パワハラ上司 心理

  • 募集人数が異常に多い(スポット採用や、常に大量退職の可能性が高い)
  • ずっと求人募集が出てる(常態的に人手不足の会社=入社後責任がいきなり重い可能性アリ)
  • 採用〜入社期間が短い(入社まで最短1〜2週間は明らかに早すぎで、人材育成を軽んじている可能性アリ)

 

もちろん、上記に当てはまる会社が全て全部ブラック企業とは言いませんが、確率的に多い印象を受けます。

 

研修制度の整った会社を探す

 

また転職失敗しそうなのであれば、研修制度の整った会社を探すのがおすすめです。

 

なぜなら「研修制度が充実と謳っている会社であれば、きちんと成長できる可能性が高い」からです。

 

 

実際、転職ライター経験者として言うと「研修制度の整った会社は、必ずメリットとして求人票に書き出していた」と自信を持って言えます。

 

諒

おぉ、自社研修制度を他社にも売ってるんですか?これはOJTだけの会社以上の強みですね♪ぜひ求人で強調しましょう♪

同僚

そうなんですね?よろしくお願いします♪

 

具体的には「中途採用にも関わらず、しっかりと研修制度を用意しているのは非常に魅力的」な為、求人票にしっかり宣伝していたわけです。

 

もちろん具体的なアピール記載がなくても「経験の浅い転職者をしっかり育てる」「未経験OKで、中途入社も柔軟に対応」という会社はあります。

 

しかし「一定の年齢層もしっかり教育する制度がある会社」は、それだけで魅力があると言えるのです(第二転職枠でも無ければ、中途採用=即戦力ですからね)

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

OJTアリだけの会社は危険

 

ちなみに「誇れるスキル」「経験が少ない」まま転職する場合、OJTアリだけの会社は危険です。

 

なぜなら「転職用求人を作成する場合、きちんとした研修制度を用意していない会社は、とりあえず“OJTあり”と記載する傾向がある」からです。

 

 

その為「OJTアリ」「アットホームな職場」など、具体的な指導方針が明記されていない場合、未経験での転職は、辞めておいたほうが良いでしょう。(即戦力ならOKですが…)

 

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

転職サイト gif

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職



僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。


なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。


事務職で働いていて不安に感じていたこと

成長

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった



正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!


そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。




具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)


ルート営業 つらい

このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。




しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!



中途採用 放置 退職

そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪

失業後に4ヶ月かけて転職



また別の機会ですが、失業後に4ヶ月かけて転職した経験もあります。


この時は「失業保険即時受給=3ヶ月間月15万円程度」を受け取っていたのですが、その余裕に甘んじてダラダラ活動してしまい、貯金が底を付いてしまったのです…。


※「契約更新がある雇用(派遣/契約社員)は、契約満了後に最速で失業後2週間程度から受給開始できる」「正社員&自己都合退職は2〜3ヶ月給付制限がつく」


仕事 ミス 大損害

結局「お盆に実家帰省した折、両親から20万円をサポートを貰う→失業4ヶ月後に転職先決定」して、何とか窮地を脱しました…。


※正直言って、イオンのフードコートで両親に泣きながら「転職活動資金がないからお金を下さい…」と悔し涙を流した記憶が、今でも鮮明に残っています…。


涙 失業

そして、このように悔しい経験をした僕から言えることは、「自分の乗っている船(会社生活)が危機に陥った時、乗り換える船(転職先/稼ぎ先)を用意しておく」のが非常に大切です!


その為「転職ライター」「転職経験10回」「三職種以上」を経験した僕が、責任を持って「万一に備えた転職対策」について補足しておきます♪

辛い時は意欲が完全に0



まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


仕事量 少ない人

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!


保険を利用する安心例

祝日休みじゃない会社

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/




【職種転換+副業に最適】アフィリエイトブログ運営

アフィリエイトブログ

強烈な影響力のあるブログ TOPアイコン



また、今の所転職する気はないけれど「自分の力でお金を稼げるようになりたい!」「副業にチャレンジしたい!」方におすすめなのが「アフィリエイトブログ」です。


「初期投資0円〜3万円以内」「月額数百円〜3,000円以下」で稼ぐ環境を獲得でき、アルバイトの稼ぎでも維持できる為「初心者におすすめな最初の副業」として、自信を持っておすすめできます!


さらに、稼げるようになれば「会社依存の抑圧感覚を減らせる→上手く軌道に乗れば、会社員から独立できる(経験者談)」というメリットもあるので、挑戦しないのは損ですよ♪


\アフィリエイトブログの副業ノウハウはこちら/




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

まとめ

 

諒

以上が短期離職を繰り返すとマジやばい!経験者が語る安定基盤をGETするコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/