短期離職 期間

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

短期離職期間とはどのくらいでいつから?3ヶ月〜何年?第二新卒や超短期離職の定義や基準・転職成功のコツを知りたい!」

相談女性1

会社の仕事を辞めたいと退職意思を伝える場合は期間は2週間〜1/2ヶ月でタイミングはOK?非常識で職場の同僚社員に気まずい形で引き止められないように、辞める時の円満な伝え方は一身上の都合で正社員退職できる?

相談男性2

事前に上司への退社相談&申告及び、理由の報告や内容書類提出が必要?労働契約に関する法律(民法)や、就業規則の記載が異なる場合の対処法や、不安な時は弁護士申し出交渉などの代行手段が良いか教えて♪

相談女性2

出社してスムーズな引き継ぎ徹底、有給休暇消化スケジュール、うつ病などの健康問題で同じ企業での休職拒否された場合など嫌がらせ対応イメージなどの対処法を知りたい!

相談男性3

自己都合による失業手当申請(雇用保険受給)書面手続きの解説情報が見たい。

相談女性3

「無料転職サイト」「転職エージェント」など、口コミで評判の求人サービスを用いた転職活動はあり?年収アップや残業不満解消や働く時間ストレスを減らして、新しい生活を得るための職種転換など、適職診断を利用したい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

 

僕も「入社1週間でクビ」「新卒入社の会社を3ヶ月で離職」という短期離職を何回も経験してきたので、今のあなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「短期離職の期間はどのくらい?という疑問解決や、天職の見つけ方」を具体的に紹介しています♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断を行うメリット

目次



なお最初に補足として、適職診断を行うメリットについてご紹介していきます。



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



毎日のストレスをDOWNできる

目次 1



毎日のストレスをDOWNできるのが、適職に転職する一番のメリットです。



なぜなら「自分が好きor得意な仕事に就いて自尊心を育むことで、思い通りの現実を創造したり、選択する力」を育めるからです♪





例えば嫌いor苦手な仕事で働いている人は「冒険気質なのにガマン中心の仕事」「運動が苦手なのに肉体系労働」など「どうせ自分なんて…」という「自分を苦しませる判断基準」で働いているので苦労します。





しかも不適職で働く人ほど「仕事がサビ残だらけで時間を奪われる」「人間関係がイライラと深いさの毎日で、人や自分のことが嫌いになる」という我慢の現実を生きている可能性が高いのです!



しかし適職に転職することでメンタルが安定し、「苦痛が不適職時代よりはるかに少なく、毎日を過ごせる」「好きなことや楽しいことを楽しめる精神的・経済的余裕が生まれる」というメリットが生まれますよ♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



自尊心UP=幸福度UPできる

目次 2



自尊心UP=幸福度UPできるというメリットもあります。



なぜなら「嫌いor苦手な不適職で働く人ほど、自分を苦しませるクセが強い」一方で「好きor得意な適職で働く人ほど、自分を喜ばせるクセが強い」人間になっていけるからです!





例えば僕は数学などの理系が大嫌いなのに「数学的素養がメインのIT系技術営業」は、ストレスが強すぎて、リボ払いで借金地獄にだったことがあります。



なぜなら「自分を苦しませて、努力しながらお金を稼ぐ毎日」が、お金や人間関係も「努力と我慢の毎日」を引き寄せ続けていたからです。





しかし、適職診断により判明した「本にまつわる仕事=物書き/WEBライター」に転職してからは、自分の得意分野だったので、毎日夢中で働けた上に「プライベートも夢中が増えた」のです。



物書き/WEBライターに転職した後の変化


お金=6年近くリボ払いの借金漬けだったのが、借金0になった上に、毎月それなりに使っているつもりでも、月数万円貯金できる余裕ができた

時間1=メンタルが安定したので「行きたかったレストラン」「ちょっとした旅行」など、我慢していた事も夢中でできる精神的・経済的余裕が生まれた

時間2=定時帰りになった上、年収はIT営業時代より減ったが「副業ブログで月1〜3万円レベルまでは稼げるようになり、収入はほぼ横ばい」に回復したので、結果的にIT営業時代より幸福度が激増した♪

人間関係=自分の得意分野で仕事ができるようになったので「憧れです♪」「あなたのお陰で成果が上がりました♪ありがとうございます♪」と取引先に感謝されたり、社内で褒められる機会が増えた





このように、不適職から適職に転職したことで、不適職時代には考えられなかった幸福度UPを実現できたのです♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



我慢・努力・夢中の生き方

目次 3



そして適職・不適職で思い出すのは、「我慢・努力・夢中の生き方」です。



格言


我慢は努力に勝てず、努力は夢中に勝てない





つまり「我慢している人<努力している人<夢中になってる人が一番稼げたり幸福度が高い」ということです。



それまで「仕事は辛く苦しんだ対価」と思っていた僕にとってはカルチャーショックでしたが「お金は喜びの対価」と価値観を変えてから、お金を受け取ることへのストレスが激減しましたから♪



僕の我慢・努力・夢中時代


我慢ばかりで自己否定と抑圧の毎日=教育関係OA事務職時代の「裏方で無機質に働き続けた時代

努力ばかりでイライラと発狂の毎日=通信IT系営業マンに転職して「設計図や数値を扱う苦手分野でストレスを溜め込み続けた時代

夢中ばかりで快適で安心幸福な毎日=転職系WEBライターに転職して「人の喜怒哀楽を扱い自尊心を復興する、毎日夢中に働く時代





そして僕は今「自分の記事を通して日本人の自尊心を復興することに夢中」なわけですが、あなたが今の人生に「我慢」「努力」しているなら、引き寄せる現実を変える為に、自己投資を行うべきですね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



適職で収入選択肢が増える例

目次 4



また、適職で収入選択肢が増える例についても補足しておきます。



先ほどお伝えした通り、適職で働くと夢中になってレベルUPできるので、自尊心UPが可能となります。



その結果の一つとして「自分が好きなことor得意なことで稼ぐ現実にOKが出しやすくなる」というメンタルブロックの解除が起こったりするのです。





その結果、僕のように「本業の会社員では収入UPできなくても、副業で稼げるようになる」という選択肢が生まれたりします。



例えば某スキル売買サイトでは、以下のような「自分が社会還元できるスキル」を持っていれば、月5万円程度は稼げるチャンスを得られるのです。



給料以外で収入を得るチャンス


イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで

デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで


動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで

音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成

IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

占い系=占い自体から占い師養成まで

勉強系=資格取得アドバイスから就職・転職サポートまで





挙げればキリがありませんが、このように「趣味?と思っているようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです。(雑貨販売やネットショップ開設という手もあります)





そして実際に僕の知っている人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。



僕の知ってる副業・スキル活用者例


美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)

プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)

飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者





もちろん「絶対起業だ!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源を持てる適職」で働いていると、それだけでかなり将来の安心度が増しますよ♪



ぜひ、以下のリンク先から「あなたにとって快適&幸福度が高い、好きor得意を活かせる適職」を見つけて、幸福度をレベルUPする参考にしてくださいね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



短期離職の期間はどのくらい?

目次

 

諒

ではまずはじめに、短期離職の期間はどのくらい?についてご紹介していきます。

 

一般的には3年以内

目次 1

 

一般的には3年以内です。

 

「石の上にも3年」ということざわもありますし「第二新卒枠が学生卒業後3年以内対象」となっていることからも、その期間内が短期離職扱いと言って差し支えありません。

 

会社により3年以上も短期扱い

目次 2

 

とはいえ会社より3年以上も短期扱いになる可能性もあります。

 

とくに「昔からある古い会社で、転職という概念があまり浸透していない」「職人系の職種で3年以上の経験を欲する」などの理由があったりします。

 

しかしこのような会社は、短期離職者が入っていきにくい社風とも言えるので、むしろ避けておいたほうが良いとも言えますよ♪

 

新卒3割以上は短期離職経験者

目次 3

 

とはいえ新卒3割以上は短期離職経験者なので、今の時代において「短期離職がネガティブな経歴」と考えすぎなくても良いでしょう。

 

実際僕が最初に新卒で入った自動車営業マンでは、12人中3人が3ヶ月以内で辞めており、3年以内には半分以上が転職したようです(僕は3ヶ月以内離職組の1人です)

 

しかも現代では「第二新卒枠」という概念も浸透してきているので、必ずしも3年以内に辞めたことがネガティブとは言えませんよ♪

 

業種・職種によっては半数以上

目次 4

 

業種・職種によっては半数以上が短期離職しています。

 

とくに「営業」などのストレスが多い仕事は、3年以内に辞める人が多いです。

 

※僕が勤めた「新卒が大半の準官公庁系の通信系IT企業」では、僕が居た2年ほどの間に8割の中途組(契約社員)が辞めていきましたからね…。

 

超短期離職の期間はどのくらい?

目次

 

諒

では次に、超短期離職の期間はどのくらい?についてご紹介していきます。

 

元勤め先企業が雇用手続き完了時

目次 1

 

まず結論からお伝えすると、元勤め先企業が雇用手続き完了時と判断できます。

 

なぜなら社会保険に関する情報「雇用保険被保険者証・年金手帳・源泉徴収票」に、何日間であっても記載されるからです。

 

もちろん雇用手続きは会社によってタイミングは異なりますが「おおよそ2週間程度勤務した」のであれば、雇用手続きされていると判断できます。

 

※年金手帳に前職情報が記載されていれば、雇用手続き後に退職したと分かります

 

 

しかも「直近に勤めていた会社の情報」くらいはスグに確認される恐れがあるので、それを言わなかった場合には「嘘つき」とバレてしまいます。

 

もちろん「入社後1〜2週間で辞めた」など、雇用手続き前に辞めていれば隠しても良いですが、そうでなければまずバレます!

 

そのため直近が短期離職になっている場合は「試用期間中に合わないと感じて辞めた」「試用期間後に採用されなかった」などで留めた方が良いでしょう。

 

問題なのは「経歴詐称」

目次 2

 

超短期離職の場合、問題なのは「経歴詐称」ということを覚えておいた方が良いです。

 

経歴詐称の例

営業経験が1年未満なのに勤務年数を水増しして、3年以上の勤務実績アリの求人に応募

必要なスキル・能力を持っていないのに、それを持っていると報告して応募

 

要するに「あなたが伝えた情報を信じて採用したのに、採用基準に満たない」など、損害を与える経歴詐称は問題です。

 

もちろん「法律で裁かれたり、刑務所行き」ということはありませんが、詐称したことが問題となった上で経歴詐称がバレれば、退職宣告される可能性大です。

 

そのため「明らかに入社後バレるマズイ嘘や経歴詐称」は止めておいた方が、安心して働けますよ♪

 

ネガティブな情報・印象は伏せる

目次 3

 

とはいえ「すでに短期離職した後に話せる長期経験がある」上で「短期離職の情報を一々伝えていたらネガティブな印象を与える」と思うのであれば、ネガティブな情報・印象は伏せるのもおすすめです。

 

例えば僕は「新卒で自動車ディーラー営業マンを3ヶ月で辞めたという職歴」がありますが、面接時の履歴書には記載していません。

 

なぜならその後1年間公務員試験を行なっていたので、最初から「既卒で1年公務員試験を受験していたが、落ちたので民間企業就職に切り替えた」と伝えています。

 

 

しかも僕の場合は「営業職に再挑戦してトータル約3年の通信系IT企業営業マンの経験」があります。

 

そのため、わざわざネガティブな印象を与える「最初の短期離職の話」を面接でする必要がないと判断しています。

 

※先ほどお伝えした通り、厳密には「雇用保険被保険者証・年金手帳・源泉徴収票」に「前職で雇用手続き処理済み」の場合にはバレますが、面接時には未提出なので問題ありません。

 

一番大切なのは貢献できる経験値

目次 4

 

そして短期離職をネガティブに考えて転職失敗するのではなく、一番大切なのは貢献できる経験値だと、フォーカスする視点を変えましょう。

 

例えば僕は先ほどお伝えした通り「新卒入社3ヶ月で自動車営業マンを辞めた」短期離職経験がありますが「大手通信系IT企業でトータル約3年の勤務実績」もあります。

 

そのため「営業に関しては一人前レベルの貢献ができる」という自負があるので、短期離職のネガティブな話はあまりしません。

 

 

そして「長期勤務ほど信頼度が増す根拠」として覚えておいて欲しいのが、「500時間・5,000時間・50,000時間の法則」という普遍の法則です。

 

500時間・5,000時間・50,000時間の法則

500時間=その道で「趣味」程度は名乗れるようになるレベル

5,000時間=その道で「1人前」と名乗れるレベル

50,000時間=その道で「一流」と名乗れるレベル

1日10時間・週5日(約20日/月)で働く場合

500時間=2.5ヶ月が必要(3ヶ月程度で、とりあえずその道の人に見えるレベル)

5,000時間=25ヶ月(約2年)が必要(入社3年目で一人前になるレベル)

50,000時間=250ヶ月(約20年)が必要(40半ば頃でベテランになるレベル)

 

このような「法則」があるので「前職で経験したスキル」が身についているか?の基準として、入社3年は説得力があります。

 

そのため「少なくとも何らかの分野で3年以上の経験がある」のであれば、他の短期離職をネガティブに考える必要はありません。

 

※ただし「短期離職経験しかない」のであれば「どこかの分野で3年以上のスキルや経験を積んで自信をつけた方が良い」という見方もあります。

 

\【残業・休日出勤対策】1秒でも多く自分の時間を取り戻すノウハウ関連記事はこちら!/

短期離職の期間はどのくらい?離職体験談

目次

 

諒

では次に、短期離職の期間はどのくらい?離職体験談についてご紹介していきます。

 

新卒3ヶ月で営業を辞めた

目次 1

 

僕の社会人デビューは、新卒3ヶ月で営業を辞めた現実で始まりました。

 

僕は「地元名古屋で社員200人程度の軽自動車販売会社・ルート営業マン」として働き始めました。

 

 

しかし当時は「実家暮らし・彼女を作った経験なし・自分に自信なし」という無いない尽くしのダメ人間でした。

 

その上「営業先は強面モータース屋社長巡り&値段交渉」「担当エリアの売り上げが良く、受注がドンドン入ったが、社内は皆出払っていて相談相手がいない」というストレスフルな環境だったのです。

 

そして「ある時営業所で先輩から言われた話」が引き金となり、思わず退職を願い出てしまいました…。

 

3ヶ月で退職する気持ちになった引き金

10年上の先輩が毎日カップラーメンを食べている姿を見ていたので、質問したら「俺のお小遣いは月3000円食費込みなんだよ…」と言われ、10年後の将来像に幻滅した

 

このように「その会社での10年後の姿に恐怖を感じた」のが決め手となり、ある時所長に「辞めさせて下さい!」と宣言して、飛び出してしまったのです。

 

入社1週間でカメラマン退職

目次 2

 

そして勢いで車の営業マンを辞めた後に転職先が決まったのですが、その後も転職失敗して入社1週間でカメラマン退職しました。

 

具体的には趣味のカメラ経験を活かして「結婚式場のカメラマンベンチャー会社」に採用されたのですが、毎日徹夜続きという職場環境にビビって無断欠勤したのです。

 

 

そして案の定、携帯に何回も電話が来て呼び出しがあり、渋々出勤しました。

 

そこで社長から直接色々罵詈雑言を浴びせられましたが、負い目は完全に僕の方にあったので、土下座して謝りましたが、帰って数時間後に上司から「クビです」と連絡を受けて失職しました。

 

入社2ヶ月で新規開拓営業退職

目次 3

 

その後色々あって東京に上京したり、営業再就職をしたのですが、入社2ヶ月で新規開拓営業退職もあります。

 

具体的には失業後、お金に困った為「入社がスグ決まると派遣エージェントに勧められて入った新規開拓営業の仕事」に就いたことがあるのですが、入社前に聞いていた話と全然違ったので、2ヶ月で辞めました。

 

聞いた話と実態が全然違ったケース

入社前の事前情報=既にNTT系列で固定通信回線をご利用いただいている企業向けのwi-fiルーター提案営業(既存顧客向けの新商品案内)

入社後の実態=渋谷の飲食店を食べログからリストアップしたリストで、ひたすらローラー作戦(金の●、漫画喫茶マンボ●など、明らかにwi-fi設置点などもお構いなしに強制飛び込み)

 

この職場は「東京オリンピックに向けて、海外旅行者も安心して使えるwi-fiルーターを取り敢えず売り込んでみる」という実験営業部隊だったので、実態が固まっておらずムチャクチャだったのです。

 

そのためあまりのブラック企業振りにストレスがピークに達したので「親の紹介で入社が決まった正社員営業職ができたので、地元名古屋に帰ります」と伝えたのです。

 

派遣担当営業マンも「あまり職場環境が良くない」と分かっていたようで「分かりました。では契約期間を短くしますね」と快く引き受けてくれたのです。

 

 

正直辞めてしまえば二度と会うことは無くなったので、ぶっちゃけ嘘でも辞めることができました。

 

とはいえ「安易な転職は非常に危険」「スグに働けるという企業や組織はブラックの可能性大」と痛感しました。

 

そのため「ある程度ジックリ転職先を考える」「自分の適職・天職を明確にした上で転職活動を行う」「企業分析も行う」必要があると言えるでしょう。

 

\【ミス・失敗】いち早く立ち直るコツ関連記事はこちら!/

短期離職の期間はどのくらい?問題点

目次

 

諒

では次に、短期離職の期間はどのくらい?問題点についてご紹介していきます。

 

スグ辞める危険な印象を与える

目次 1

 

スグ辞める危険な印象を与えるので、短期離職は好まれません。

 

なぜなら入社させる以上、一定以上の貢献を会社側は期待しており、求人に少なくない費用を投資しているからです。

 

例えば僕がいた会社でも「求人掲載に最低2週間20万円〜最高60万(オプションを含むと100万越えの場合アリ)」という費用がかかっていたからです。

 

 

さらに求人情報は1社だけでなく複数依頼する場合もあるので、場合によっては応募者を募集するために数百万円使っている企業もあるわけです。

 

その結果採用を決めたのに、スグ辞められてしまっては「求人掲載に使ったお金をドブに捨てたようなもの」なので、そのリスクを求人元企業は回避したいのです。

 

他に誇れるスキルや実績がない

目次 2

 

他に誇れるスキルや実績がない場合も、短期離職者は好まれません。

 

要するに「入社させて一から育てなければならない」ので、下手をすると新入社員より年齢を重ねている分「教育費用が余計かかる懸念」があるのです。

 

必然的に「中途であれば即戦力採用」というのが一般的な転職市場の暗黙のルールなので、誇れるスキルや経験がない場合は特殊な転職活動にならざるを得ません。

 

特殊な転職活動の例

学校卒業後3年以内なら第二新卒エージェントを使う

未経験OKなど一から成長できる企業に応募する

 

このような方法で入社しなければ、歴戦の経験者たちの中で未経験から成長していくのはかなり厳しいですよ♪!

 

前職と似た業種・職種で離職を懸念

目次 3

 

短期離職した前の会社と同じような場所へ再転職している場合ですが、前職と似た業種・職種で離職を懸念しているため、短期離職が好まれないケースもあります。

 

なぜなら同じような業種・職種に勤める場合は、同じようなトラブルが起こる可能性があり、同様の理由で早期離職される懸念があるのです。

 

そのため「この人は同じ理由で早期離職しそう」と思われる企業に応募した場合は、採用の確率が下がると思っておいた方が良いでしょう。

 

\【上司に腹が立つ】パワハラを現実から消滅するコツ関連記事はこちら!/

短期離職後の転職期間伸長対策

目次

 

諒

では次に、短期離職後の転職期間伸長対策についてご紹介してきます。

 

何が原因で転職したか?を考える

目次 1

 

まず10社転職して、4職種経験してきた立場から言わせてもらうと、何が原因で転職したか?を考えるのがおすすめです。

 

なぜなら「業界を変えて改善できるもの」「会社を変えて改善できるもの」「職種を変えて改善できるもの」があるからです。

 

そのため「本来会社を変えて改善できるストレスなのに、業界ごと変えて“今まで蓄えた知識を失う”のは遠回りしすぎる」と言えます。

 

 

例えば僕は「体育会系のIT企業で新規開拓営業」をやっていた時は、毎日「ノルマを威圧してくる社風」に飽き飽きして、半年で辞めました。

 

しかし「IT系ルート営業」をやっていた時は、ある程度ストレスが減ったからです。

 

さらに「IT系の転職サイトWEBライター」に職種転換した結果、ストレスが激減しました。

 

 

このように「今の業界での知識や経験自体は割と好き」なのであれば、かつての僕のように「会社を変える」「職種を変える」という選択肢もアリなのです♪

 

同職種だとストレス自体は同じ

目次 2

 

同職種だとストレス自体は同じという事実も覚えておきましょう。

 

例えば「通信IT系の営業」は、変化の早い新商品・サービスを把握するのが大変というデメリットなどは共通します。

 

 

しかし「新規開拓中心のIT営業からルート営業中心のIT営業」に転職した結果、少なくとも「顧客を説得する労力とストレスは激減した」という体験が僕にはあります。

 

さらに「人間関係は好きだけど苦手」という思いもあったので、最終的には「内勤中心のWEBライター」に転職して、ストレスをさらに激減できた体験もあります。

 

 

これらは「営業は対人関係メインで疲れた」一方で「内勤PC作業は一日中こなせる業務であり、理系のプログラミングより文系のライティングのほうが得意だった」のが僕に合っていたとも言えます。

 

そのため「あなた自身が合っていると感じる業種・職種・会社」を自己分析して情報収集することで、より働きやすい生き方へシフトできますよ♪

 

短期離職後の転職期間伸長対策(業種転換)

目次

 

諒

では次に、短期離職後の転職期間伸長対策(業種転換)についてご紹介していきます。

 

※僕自身が経験してきた業種のメリットデメリットをご紹介します

 

メーカー系業種

目次 1

 

自動車・電化製品・鉄工業など様々な分野がありますが、一括りにメーカー系業種としてご紹介します。

 

メーカー系業種のメリット

企業として最も上流に位置しており、磐石な基盤を持っている上に、安定性も高い

歴史の長い古い企業が多い上に企業規模も大きいケースが多く、異動願いや転勤実現しやすい

年収や福利厚生が高い傾向にあり、離職率が低い

メーカー系業種のデメリット

組織内には堅物が多い上に組織の流動性が低いので、我慢や忖度が必要になりやすい

転職・副業など新しい価値観に対する理解が薄い人が多い為、若手が苦労しやすい傾向アリ

 

実際に僕が働いていた時に感じたことや、友人に聞いていたメリットデメリットはこのようなものです。

 

 

例えば「某財閥系重工業会社のエンジニア」として活躍している知り合いは「高年収」「社宅の豊富さ」「有給の多さ(福利厚生)」の良さを誇っていました。

 

しかし一方で「毎日終電帰りでも意見できない」「転職や副業など、自己の可能性にチャレンジする意欲が湧かない」「一回り〜二回り年上の上司の言いなり」と自虐もしていました。

 

このように「集団としての安心感は高い一方で、個人としての自尊心は低下する」といった傾向がある業界だと感じました。

 

広告系業界

目次 2

 

IT業界も似たジャンルになりますが、出版やTV業界なども含めた広告系業界としてご紹介します。

 

広告系業界のメリット

稼ぎの良い業界と言えるので、好景気の時は様々な美味しい体験ができる

スピーディーかつ影響力の強い業界なので、仕事人としての能力を上げやすい

インセンティブや実績に対する評価が高い傾向にあり、頑張るほど報われやすい

広告系業界のデメリット

メンツや体面を気にするので、不景気や業績が悪い時ほど社員へのパワハラが強い

金融系のようにお金に直結する業界なので、とにかくストレスが強い

ある意味で「馬車馬のように働け」傾向が強いので、心身を病みやすい

 

広告業界には、このような傾向があります。

 

 

例えば「電博(電通・博報堂)」と呼ばれるような一流広告企業に勤めている人の話を聞いた所、かなりきついんだなと感じたことがあります。

 

具体的には「20代で年収1000万円も超えていける」ので社会的には一流な一方で「新卒で外車購入がほぼ強制」「飲み食いの付き合いコストが高い」など、体面を気にして借金漬けな人も多いとのこと。

 

このように「高い目標を持って自己を研鑽したい」のであれば最適ですが、ずっと最前線で活躍し続けられるのは、ごく一部の業界とも言えますよ♪

 

教育系業界

目次 2

 

学校向け商材販売のほか、塾などの学生向け会社、企業や会社員向けの研修・セミナー会社などを一括りとして、教育系業界についてご紹介します。

 

教育系業界のメリット

教えることや商材が急激に変わることは少ないので、業界や会社が比較的安定してる

教育は人が存在し続ける限り必要な業界なので、就職・転職できれば安泰

教育系業界のデメリット

対象が学生の場合は、気持ちの移り変わりや年齢差などで共感を得にくかったりする

メーカー系と同じく、人材の流動性は比較的少なくて、転職は狭き門

 

このように「業界自体が必要とされ続ける」ので「入れれば安泰」ですが、その分流動性が低いので、就職や転職が難しい業界とも言えます。

 

転職系業界

目次 3

 

ここ10年〜20年くらいで浸透してきた業界ではありますが、転職系業界についてもご紹介します。

 

転職系業界のメリット

比較的新しく出てきた業界なので、古臭い価値観や頭の硬い目上の存在が少ない

若手の場合は同世代が多いので、気軽かつフランクに関わりやすい

転職という新ジャンルなので、比較的転職したり業界参入しやすい

転職系業界のデメリット

業界としては広告系ジャンルの派生と言えるので、スピーディーな対応など仕事レベルは高い

転職サポートはスピード勝負で扱う量も多いので、超過残業などが多い傾向

創業年数が若い分、働き方がブラックだったり、労働組合など「社員側の抵抗力」が低い

 

これは僕が感じたことですが「年齢層が比較的若い会社が多いので、若手が転職する上でフランクに周りと接しやすい」のは大きなメリットです。

 

ただし「スピーディーな働き方で疲れる」という面もあるので、合う合わないをキッチリ判断したほうが良いとも言えますよ♪

 

短期離職後の転職期間伸長対策(会社転換)

目次

 

諒

では次に、短期離職後の転職期間伸長対策(会社転換)についてご紹介していきます。

 

創業年数や平均年齢の高低

目次 1

 

創業年数や平均年齢の高低が一つの判断基準となります。

 

創業年数や平均年齢が高い

企業ブランドや知名度が高かったり、福利厚生や社内ルールがしっかりしている

熟練の年上が多いので、業務面で頼れるケースが多い

古いことが災いして、面倒なルールや手順や規律が面倒と思うことも

頑固で堅物だったり、否定ばかりの先輩や上司が多い可能性も

創業年数や平均年齢が低い

会社として成長・発展途上なので、一緒に成長していける

同年代で気軽に話しかけたり、仲間意識が強い状態で働ける

社内ルールが甘いことも多く、働かされすぎや社員を守る制度が弱いことも

頼れる人が少なく、曲者のお客様や取引先がいる場合に難儀することも

 

このようなメリットデメリットがあるので、自分にとってどちらが最適か?を考えてから転職準備したほうが良いでしょう。

 

組織規模の大小

目次 2

 

組織規模の大小も判断基準となります。

 

組織規模が大きい

会社としての影響力が強い上、中企業・大企業となれば、企業ブランドも高いので、安定性が高い

福利厚生がしっかりしていたり、高年収の傾向がある

学歴やスキルが高いものを要求される傾向があるので、就職・転職難易度も高い

俗に言う組織の歯車感が強いので、仕事に対する自己重要感が低いことも

転職・副業には否定的な古い価値観が強いので、会社依存度が高い人間になってしまう

組織規模が小さい

中小零細と言われるが、ベンチャーなどであれば、一緒に成長していける

新しいことに挑戦している会社であれば、自分の仕事が世に貢献している実感が強い

社内ルールがしっかりしていないことも多く、声を上げられないと大変なケースも

古臭い一族・家族経営などの会社に入ると、筋の通らない社内ルールなどが蔓延していたりする

 

このようなメリットデメリットがあるので、どちらで働きたいか?を明確にするのがおすすめですよ♪

 

短期離職後の転職期間伸長対策(職種転換)

目次

 

諒

では次に、短期離職後の転職期間伸長対策(職種転換)についてご紹介していきます。

 

なぜなら似た業種や職種では同じ転職原因にブチ当たる可能性が高いので、未経験から別職種にチャレンジするのもアリですよ♪(転職した結果、自分に合っていたりもしますから♪)

 

人前に立つ営業・販売職

目次 1

 

人前に立つ営業・販売職がシフトする転職先としてあります。

 

先ほどもお伝えした通り「新規開拓からルートに変わる」「IT系からメーカーに変わる」などの変化を加えるだけでも、働きやすさはだいぶ変わりますから♪

 

 

そして改めて、営業を経験した立場から言わせてもらうと、職種を人前に立つ仕事に変えるメリット・デメリットは以下の通り。

 

人前に立つ仕事への職種転換メリット

コミュニケーション能力が確実に上がる

コミュニケーション能力は人間関係能力であり、時に言うべきことを言う力が付き、自尊心が高まる

インセンティブがあったり基本給が上がるなど、収入UPの可能性が高い

個人の仕事能力を上げることで、周りに合わせず早めに帰ったりも出来るようになる(営業)

人前に立つ仕事への職種転換デメリット

お金や商品のやり取りをベースとした人間関係で動くので、とにかくストレスが多い

面倒なことを言ってくる顧客に対してストレスが溜まる

上司や同僚に気が強い人間が増えるので、内勤職より人間関係問題のレベルが上がる

仕事ができないとかなり直球でダメ出しや悪口を言われる

 

このように良くも悪くも「人と関わる良い点と悪い点が思い切り表面化する」のが人前に立つ仕事の全貌です。

 

そのため離職率も高かったりするので「営業職で収入を上げたい!」「接客業で自分に自信をつけたい!」という確固とした目的がなければ、そもそも職種転換しない方が良いジャンルとも言えます。

 

経理・税務などの専門分野

目次 2

 

内勤の中でもより専門性の高い、経理・税務などの専門分野にステップアップしていくのもアリです。

 

とくに「他の人や機械に代替できる業務」は今後どんどんあなたの手を離れていくので、そうならない分野のスキルを蓄えるしかありません。

 

もちろん経理や税務が「人手のかかる作業からオフィスソフトに置き換わる懸念」もありますが、単純業務よりはもっと先の話です。

 

 

しかも「FP(ファイナンシャルプランナー)など、個人や企業のお金の悩みを解決する仕事」は、コミュニケーションして問題解決する必要性がある分、あなたにしか出来ない仕事になり得ます。

 

そのため「自分がずっと価値を提供できる誇りある仕事は何か?」という視点で、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

WEB系内勤職

目次 3

 

個人的に営業や販売ほどストレスを抱えることなく、収入UPなどを目指せるWEB系内勤職がおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

まとめ

 

諒

以上が短期離職期間とはどのくらいでいつから?3ヶ月〜何年?第二新卒や超短期離職の定義や基準・転職成功のコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

 

適職診断@おすすめ3選

向いてる仕事 適職診断
適職で生きていない時の悩み


今の仕事を一生続けていける自信がない…。

今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

もっと好きで得意な仕事で生きることは出来ないのかな?

適職に転職した人の話や体験談を読みたい♪





そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分に向いている適職の見つけ方」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/