短期離職 2回目

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

短期離職2回目はキケン?経験者が語る転職成功をGETするコツを知りたい!」

相談女性1

会社の仕事を辞めたいと退職意思を伝える場合は期間は2週間〜1/2ヶ月でタイミングはOK?非常識で職場の同僚社員に気まずい形で引き止められないように、辞める時の円満な伝え方は一身上の都合で正社員退職できる?

相談男性2

事前に上司への退社相談&申告及び、理由の報告や内容書類提出が必要?労働契約に関する法律(民法)や、就業規則の記載が異なる場合の対処法や、不安な時は弁護士申し出交渉などの代行手段が良いか教えて♪

相談女性2

出社してスムーズな引き継ぎ徹底、有給休暇消化スケジュール、うつ病などの健康問題で同じ企業での休職拒否された場合など嫌がらせ対応イメージなどの対処法を知りたい!

相談男性3

自己都合による失業手当申請(雇用保険受給)書面手続きの解説情報が見たい。

相談女性3

「無料転職サイト」「転職エージェント」など、口コミで評判の求人サービスを用いた転職活動はあり?年収アップや残業不満解消や働く時間ストレスを減らして、新しい生活を得るための職種転換など、適職診断を利用したい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「入社1週間でクビ」「新卒入社の会社を3ヶ月で離職」という短期離職を何回も経験してきたので、今のあなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな僕が「短期離職2回目はキケンな理由や、転職成功をGETするコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断のおすすめ3選(リンク先にて適職診断情報を解説中)

自分の強みを知ることで、快適&幸福な仕事人生に近づける♪

目次

短期離職2回目の問題点

目次

 

諒

ではまずはじめに、短期離職2回目の問題点についてご紹介していきます。

 

スグ辞める危険な印象を与える

目次 1

 

スグ辞める危険な印象を与えるので、短期離職は好まれません。

 

なぜなら入社させる以上、一定以上の貢献を会社側は期待しており、求人に少なくない費用を投資しているからです。

 

例えば、僕がいた会社でも「求人掲載に最低2週間20万円〜最高60万(オプションを含むと100万越え)」という費用がかかっていたからです。

 

 

さらに、求人情報は1社だけでなく複数依頼する場合もあるので、場合によっては応募者を募集するために数百万円使っている企業もあるわけです。

 

その結果採用を決めたのに、スグ辞められてしまっては「求人掲載に使ったお金をドブに捨てたようなもの」なので、そのリスクを求人企業は回避したいのです。

 

同僚

先輩が監督指導した子、1年で辞めたらしいですよ?

諒

え?マジで!手塩にかけて育てたのに…。

他に誇れるスキルや実績がない

目次 2

 

他に誇れるスキルや実績がない場合も、短期離職者は好まれません。

 

要するに「入社させて一から育てなければならない」ので、下手をすると新入社員より年齢を重ねている分「教育費用が余計かかる懸念」があるのです。

 

必然的に「中途であれば即戦力採用」というのが一般的な転職市場の暗黙のルールなので、誇れるスキルや経験がない場合は、特殊な転職活動にならざるを得ません。

 

特殊な転職活動の例

学校卒業後3年以内なら第二新卒エージェントを使う

未経験OKなど一から成長できる企業に応募する

 

このような方法で入社しなければ、歴戦の経験者たちの中で未経験から成長していくのはかなり厳しいですよ!

 

前職と似た業種・職種で離職を懸念

目次 3

 

前職と似た業種・職種で離職を懸念しているため、短期離職が好まれないケースもあります。

 

なぜなら、同じような業種・職種に勤める場合は、同じようなトラブルが起こる可能性があり、同様の理由で早期離職される懸念があるのです。

 

そのため「この人は同じ理由で早期離職しそう」と思われる企業に応募した場合は、採用確率が下がると思っておいた方が良いでしょう。

 

まとめ
  • スグ辞める危険な印象を与える
  • 他に誇れるスキルや実績がない
  • 前職と似た業種・職種で離職を懸念

短期離職2回目以上の体験談

目次

 

諒

では次に、短期離職2回目以上の体験談についてご紹介していきます。

 

入社1週間でカメラマン退職

目次 2

 

そして、車の営業マンを辞めた後に転職先が決まったのですが、その後も入社1週間でカメラマン退職しました。

 

具体的には、趣味のカメラ経験を活かして「結婚式場のカメラマン・ベンチャー会社」に採用されたのです。

 

しかし「オフィスはマンションの一室」「就業規則が無いような会社で、毎日徹夜続きや会社で寝泊まりが当たり前」という環境にビビって無断欠勤したのです。

 

 

そして案の定、携帯に何回も電話が来て呼び出しがあり、渋々出勤しました。

 

そこで、社長から直接色々罵詈雑言を浴びせられ、土下座して謝りましたが、帰って数時間後に上司から「クビです」と連絡を受けて失職しました。

 

諒

申し訳ありませんでした(土下座)

上司

残念ですが、クビです…。

入社半年で出版社営業をクビ

目次 2

 

自己都合退職ではないですが、入社半年で出版社営業をクビという経験もあります。

 

具体的には、入社3ヶ月で辞めた自動車営業トラウマを克服する為に「大学の先生向けビジネス雑誌営業」で、テレアポ&新規開拓7:ルート営業3の仕事に就いたです。

 

そして「半泣きになりながらテレアポの毎日」「恐怖を感じながら、新規開拓のドアノックローラー作戦」などを乗り越えていきました。

 

 

その結果、4ヶ月目でテレアポ成功した先生に「ゼミ生が買う決断を促すために、購入メリットのプレゼンをして欲しい」と頼まれたのです。

 

そこは「観光系学部」だったのもあり、売る予定のビジネス誌から「観光系情報を引用」しながら、一生懸命プレゼン資料を作成して提案したのです。

 

そして、プレゼンが終わった後に先生と別室に戻って、以下のような感謝の言葉を伝えられたことを、今でも強く覚えています。

 

同僚

友人の中にも「ゼミで何か売らせて欲しい」と頼んでくるのがいるけど、今までは一切断ってました。でも今回大島さんにプレゼンをお願いして本当に良かった♪

諒

ありがとうございます♪(嬉)

 

このような感謝の言葉を戴けたことは本当に嬉しかったです♪

 

結果的に、そのゼミからは受注できなかったのですが、先生経由で紹介していただいた同学部の別の先生から受注が入り、初めてテレアポ成功体験ができたのです。

 

しかし、一生懸命努力し続けましたが、残念ながら「能力が我が社の基準に満たない」という理由でクビになりました…。

 

入社2ヶ月で新規開拓営業退職

目次 3

 

その後、色々あって東京に上京したり、営業再就職をして「出版社営業→通信系ルート営業」で働いた後、入社2ヶ月で新規開拓営業退職もあります。

 

具体的には、お金に困った為「入社がスグ決まると勧められて入った新規開拓営業の仕事」に就いたことがあるのですが、入社前の話と全然違い、2ヶ月で辞めました。

 

聞いた話と実態が全然違ったケース

入社前の事前情報=既にNTT系列で固定通信回線をご利用いただいている企業向けのwi-fiルーター提案営業(既存顧客向けの新商品案内)

入社後の実態=渋谷の飲食店を食べログからリストアップしたリストで、ひたすらローラー作戦(金の●、漫画喫茶マンボ●など、明らかにwi-fi設置点などもお構いなしに強制飛び込み)

 

この組織は「東京オリンピックに向けてwi-fiルーターを売り込んでみる」という実験営業部隊だったので、実態が固まっておらずムチャクチャだったのです。

 

そのため、あまりのブラック企業状態にストレスがピークに達し「親の紹介で正社員入社が決まったので、地元名古屋に帰ります」と伝えたのです。

 

派遣担当営業マンも「あまり職場環境が良くない」と分かっていたようで「分かりました。では契約期間を短くしますね」と快く引き受けてくれました。

 

諒

地元・名古屋で正社員転職が決まったので、辞めさせていただきます(嘘だけど…。)

上司

そうなんですね?分かりました。

 

正直辞めてしまえば二度と会うことは無くなったので、ぶっちゃけ嘘でも辞めることができました。

 

とはいえ「安易な転職は非常に危険」「スグに働けるという企業や組織はブラックの可能性大」と痛感しました。

 

そのため「ある程度ジックリ転職先を考える」「自分の適職・天職を明確にした上で転職活動を行う」「企業分析も行う」必要があると言えるでしょう。

 

半年で辞めた医療系WEBライター

目次 1

 

その後、適職診断や占いなどの結果を踏まえて、職種転換の一大決心を固めたにもかかわらず、半年で辞めた医療系WEBライターの経験もあります。

 

実は、独学で2年ほど個人ブログを制作してはいましたが、プロとしてお金をもらって記事を書くのは初体験だったのです。

 

そして実際に入社してみると、色々なダメ出し・添削を受けてちょっと鬱になったりしました。

 

営業はキャリア数年だったので「相応の社会人の自負」はあったものの、WEBライターとしては新卒同然だったので、かなり手痛い経験をしたんですよね…。

 

しかも「直属の女上司がヒステリー気味の厄介な姉ちゃん」だったので、1ヶ月に1回は口論になったり喧嘩になったのも、鬱っぽくなった原因です。

 

女上司

記事の質にムラがあり、良い時は感動するのに悪い時は手直しが必要なくらい悪い

諒

コッチは毎日一生懸命やっとるんじゃボケ!ムラなんか気にしとれんわ!アホか!

 

女上司

頻繁にトイレに行って席を離れているけれど、サボっているんですか?

諒

生理現象じゃボケ!そもそも席からトイレが遠すぎるんじゃ!改善を求む!

 

女上司

いつもギリギリに出社してますけど、もっと早く来ないとクビにしますよ?

諒

いやいや、遅刻ワーストに入ってるあんたが言うことじゃないでしょ?アホですか?

 

このような「添削攻めや喧嘩トラブル」が何回もあり、結局半年で自主退職することになりました。

 

とはいえ「自分の気持ちと正当性を伝える」という意味では、WEBライターという仕事に必要な能力だったので、神様からの引き寄せと天啓だったと今では思っており、感謝しています♪

 

まとめ
  • 新卒3ヶ月で営業を辞めた
  • 入社1週間でカメラマン退職
  • 入社半年で出版社営業をクビ
  • 入社2ヶ月で新規開拓営業退職
  • 半年で辞めた医療系WEBライター
リクナビネクスト無料登録メリット(リンク先にてリクナビNEXT情報を解説中)

退職・転職を思い立ってから急いで準備を始める前に、逃げ先情報を増やして安心をストックできる♪

短期離職2回目以降の失敗回避策

目次

 

諒

では次に、短期離職2回目以降の失敗回避策についてご紹介していきます。

 

ポジティブな動機がない転職

目次 1

 

ポジティブな動機がない転職は、失敗しやすいです。

 

例えば僕の場合、ザックリと以下のような目標を持って転職してきました。

 

僕の転職目的

大前提=2011年8月8日に決めた“一流のビジネスマンになる”という目標・目的

工場のライン作業=東京に上京する資金集め+一人暮らしの独立

事務職=東京での生活に慣れる+一人前のビジネスマンになる

営業職=自分の自尊心を高める+新卒3ヶ月で辞めた営業トラウマの克服

WEBライター=自分ビジネスを所有+好きで得意な仕事で起業・独立

※営業職・WEBライターでおおよそ上場企業5年を経験し、ここからはマネージャー以上になるルートor起業の道しかないと確信

 

このような「ポジティブな転職理由」を持って、転職や職種転換を経験してきました。

 

そのため「一つ一つの仕事や職種経験に誇りがある」という自負も蓄え切ったので、転職して良かったと確信しています。

 

一方で「なんとなく嫌だから辞めた」というふにゃけた理由で辞めた、1〜2回目の手痛い転職失敗経験もあります。

 

その時に「1ヶ月引きこもりになってうつ手前になる」という経験をしてから「二度と同じ過ちを繰り返すもんか!」と腹を決めましたから♪!

 

似た職種・業種を選ばない

目次 2

 

似た職種・業種を選ばないことで転職失敗を回避できる確率が上がります。

 

なぜなら、基本的に同じ職種であれば、似たような性格・個性の人が集まっていますし、業種でも同様の傾向が見受けられるからです。

 

例えば僕が経験した職種・業種では、以下のような傾向がありました。

 

僕が経験した職種のメリット・デメリット

事務職=比較的大人しめの良い人が多いので社内人間関係は円滑だが、営業などの他部署から無茶を言われがち

営業職=各個人がプライドが高い上に、どちらが上手を取るか?の世界なので、自分に自信はつくが人間関係が社内外ともに結構疲れる

WEBライター=内勤職でありながら文章を通して利益を上げるので、内勤と営業の中間的感覚だが、クリエイターなので良く言うと各個人が個性的、悪く言うと相性が合わない人は最悪

僕が経験した業種のメリット・デメリット

出版・広告関係=メンツの世界なので、仕事にハイな人が多くて完全実力成果主義!成果必達の人にとっては天国だが、成果が未達の人間にとっては地獄の世界

通信関係=今後も成長が見込める上に無くなることがない業界なので、経験を蓄えておくメリットは大きいが、システム的な知識を扱うため理系的才能も必要+インテリが多い

ベンチャー=良く言うと凝り固まっていないので自由度が高いが、悪く言うと社長やマネージャーの裁量で雰囲気がかなり異なる(というかワガママ)

大手企業=ルールや規律がしっかりしており、福利厚生も充実しているが、悪く言うと「上は絶対」といった縦割り意識が強いうえ、自由裁量も少ないので組織の歯車になりがち

 

このように「営利目的に寄った会社ほど、力がつく一方で仕事がストレス」「公共性・公益性に寄った会社ほど、規律が厳しい点でストレス」と言えます。

 

そのため、似た業種・職種に転職している限り、共通のストレスを感じ続けるので、同じ理由で失敗続きになる可能性が非常に高いと言えるのです。

 

※ただし、どんな業種・職種にも「何らかのネガティブなストレス」は必ずあるので、後は「あなたがそれに適応・順応できるか?」次第とも言えます

 

募集の仕方に違和感のある会社

目次 3

 

募集の仕方に違和感のある会社も避けた方が良いでしょう。

 

なぜなら、求人情報を扱っていたプロとして言えるのですが、一般的に以下のような企業は危険だからです。

 

ブラック企業orブラック企業の可能性があるケース

募集人数が異常に多い(期間限定のスポット採用の可能性や、大量退職が常時出ている可能性が高い)

ずっと求人募集を行い続けている(常態的に人手不足の会社であり、入社後責任がいきなり重い可能性)

採用〜入社期間が短い(入社まで最短1〜2週間は明らかに早すぎで、人材育成を軽んじている可能性)

 

もちろん、上記に当てはまる会社が全部ブラック企業とは言いませんが、確率的に多い印象を受けます。

 

研修制度の整った会社を探す

目次 4

 

経験が浅くて転職失敗しそうなのであれば、研修制度の整った会社を探すのがおすすめです。

 

なぜなら「研修制度が充実と謳っている会社であれば、きちんと成長できる可能性が高い」からです。

 

実際、転職ライターとして働いた経験者から言うと「研修制度の整った会社は必ずメリットとして求人票に書き出していた」と自信を持って言えます。

 

諒

おぉ、自社研修制度を他社にも売ってるんですか?これはOJTだけの会社以上の強みですね♪ぜひ求人で強調しましょう♪

同僚

そうなんですね?よろしくお願いします♪

 

具体的には「中途採用にも関わらず、しっかりと研修制度を用意しているのは非常に魅力的」なので、それは求人票に大々的に宣伝していたわけです。

 

もちろん「経験の浅い転職者をしっかり育てる」「未経験OKで、中途入社も柔軟に対応」という会社はあります。

 

しかし、それ以外の「一定の年齢層もしっかり教育」という会社は、それだけで応募に値します。

 

OJTアリだけの会社は危険

目次 5

 

ちなみに補足ですが、誇れるスキルや経験がないままで転職する場合、OJTアリだけの会社は危険です。

 

なぜなら「転職用の求人票を作成する場合、きちんとした研修制度を用意していない会社は“とりあえずOJTあり”と記載する傾向がある」からです。

 

そのため「研修制度アリ」「未経験者の転職例多数」など、経験が浅くてもステージUPできる確信がない会社は、辞めておいたほうが良いでしょう。

 

職業訓練以外はハロワNG

目次 6

 

そして転職サイト利用と比較したお話ですが、個人的には職業訓練以外はハロワNGとお伝えしておきます。

 

なぜなら「失業保険の受給」など頼りになる面も多いですが、転職利用に関しては以下のデメリットがあるからです。

 

求人サイトや転職エージェントとハローワークの違い

求人サイトや転職エージェント=企業が「お金を払って求人依頼する」ので、売り上げをある程度確保しており、求人掲載依頼ができるレベルの優良企業が多い

ハローワーク=求人掲載料が無料であり、面接者or入社した人が「求人情報と実態が違う」とハローワークに後報告する対応で事前調査も甘く、変な会社も混じっている

 

ここでいう「変な会社」とは、犯罪という意味ではなく「零細企業・一族経営会社が、一般的に見て不思議なルールを社員に課しているケースがある」ということです。

 

ハローワーク経由の痛手体験

目次 7

 

例えばハローワーク経由の痛手体験として、事務職時代の同僚に「ハローワークを利用して基本給8万円の正社員として勤務していた経験がある」という女性がいました。

 

当初は「額面20万円」という話だったので、それを信じて入社したのですが、実態は「基本給8万円+独自の手当で上増しして合計20万円」だったとのこと。

 

そして、基本給が異常に低かったのは「諸々の諸手当を安く済ませるためのセコい対策」だったとのこと。

 

そのため「失業保険は基本給×60%なので、失業保険が5万円程度しか支給されない」という不足の事態に直面し、失業保険頼みの転職活動を断念したのです…。

 

同僚 女性

失業保険が月5万ですよ?それで3ヶ月生活しろって言われても無理な話よ!

諒

それは最悪でしたね…。

 

その女性が勤めていたのは「東京の卸問屋街で有名な人形橋にある、小さな零細企業」だったそうですが、ある意味社長のやりたい放題だったようです。

 

このように、ハローワークを経由して転職する時は「求人掲載が無料」「変な零細企業も混じっている」というリスクを考えた方が良いでしょう。

 

そのため「リクナビNEXT」などの転職サイトを使ったほうが、しっかりした会社に転職できる確率は高いと言えるのです。

 

まとめ
  • ポジティブな動機がない転職
  • 似た職種・業種を選ばない
  • 募集の仕方に違和感のある会社
    • 研修制度の整った会社を探す
    • OJTアリだけの会社は危険
    • 職業訓練以外はハロワNG
    • ハローワーク経由の痛手体験

短期離職2回目以降の再発防止策

目次

 

諒

では次に、短期離職2回目以降の再発防止策についてご紹介してきます。

 

何が原因で転職したか?を考える

目次 1

 

まず10社転職して、4職種経験してきた立場から言わせてもらうと、何が原因で転職したか?を考えるのがおすすめです。

 

なぜなら「業界を変えて改善できるもの」「会社を変えて改善できるもの」「職種を変えて改善できるもの」があるからです。

 

そのため「本来会社を変えて改善できるストレスなのに、業界ごと変えて“今まで蓄えた知識を失う”のは遠回りしすぎる」と言えます。

 

例えば、僕は「体育会系のIT企業で新規開拓営業」をやっていた時は、毎日「ノルマを威圧してくる社風」に飽き飽きして、半年で辞めました。

 

諒

うぇ…、毎日理不尽なくらいキツいんですけど…。

 

しかし「IT系ルート営業」をやっていた時は、ある程度ストレスが減ったからです。

 

諒

キツいけど、一応前の会社よりは何とか働けるぞ…。

 

さらに「IT系の転職サイトWEBライター」に職種転換した結果、ストレスが激減しました。

 

諒

文系大卒の得意な才能が活かせるから、適職でメチャクチャ働きやすいぞ♪

 

このように「今の業界での知識や経験自体は割と好き」なのであれば、かつての僕のように「会社を変える」「職種を変える」という選択肢もアリなのです♪

 

同職種だとストレス自体は同じ

目次 2

 

同職種だとストレス自体は同じという事実も覚えておきましょう。

 

例えば「通信IT系営業は、変化の早い新商品・サービスを把握するのが大変」というデメリットは共通します。

 

しかし「新規開拓中心のIT営業からルート営業中心のIT営業」に転職した結果、少なくとも「新規開拓ストレスは激減した」という体験があります。

 

さらに「人間関係は好きだけど苦手」という思いもあったので、最終的には「内勤中心のWEBライター」に転職して、ストレスをさらに激減できた体験もあります。

 

このように「あなた自身が合っていると感じる業種・職種・会社」を自己分析して情報収集することで、より働きやすい生き方へシフトできますよ♪

 

まとめ
  • 何が原因で転職したか?を考える
  • 同職種だとストレス自体は同じ

短期離職2回目以降の面接対策例

目次

 

諒

では次に、短期離職2回目以降の面接対策例についてご紹介していきます。

 

長期勤務経験を強調する

目次 1

 

短期で辞める印象を弱めるためにも、長期勤務経験を強調するのがおすすめです。

 

なぜなら「環境に適応できていれば、しっかり長期で働ける」という安心材料を転職先に提供できるからです。

 

※ただし「新卒3ヶ月以内で辞めた」など、長期勤務経験が全く無いのであれば、第二新卒枠などのデメリット払拭可能な応募方法を利用するのがベターです。

 

問題なのは「経歴詐称」

目次 2

 

問題なのは「経歴詐称」ということを覚えておいた方が良いです。

 

経歴詐称の例

営業経験が1年未満なのに勤務年数を水増しして、3年以上の勤務実績アリの求人に応募

必要なスキル・能力を持っていないのに、それを持っていると報告して応募

 

要するに「あなたが伝えた情報を信じて採用したのに、採用基準に満たない」など、損害を与える経歴詐称は問題です。

 

もちろん「法律で裁かれたり、刑務所行き」ということはありませんが、詐称したことが問題となった上で経歴詐称がバレれば、退職宣告される可能性大です。

 

そのため「明らかに入社後バレるマズイ嘘や経歴詐称」は止めておいた方が、安心して働けますよ♪

 

大切なのは貢献できる経験値

目次 4

 

そして短期離職をネガティブに考えて転職失敗するのではなく、大切なのは貢献できる経験値だと、フォーカスする視点を変えましょう。

 

例えば、僕は先ほどお伝えした通り「新卒入社3ヶ月で自動車営業マンを辞めた」短期離職経験がありますが「大手通信系IT企業でトータル約3年の勤務実績」もあります。

 

そのため「営業に関しては一人前レベルの貢献ができる」という自負があるので、短期離職のネガティブな話はあまりしません。

 

 

そして「長期勤務ほど信頼度が増す根拠」として覚えておいて欲しいのが、「500時間・5,000時間・50,000時間の法則」という普遍の法則です。

 

500時間・5,000時間・50,000時間の法則

500時間=その道で「趣味」程度は名乗れるようになるレベル

5,000時間=その道で「1人前」と名乗れるレベル

50,000時間=その道で「一流」と名乗れるレベル

1日10時間・週5日(約20日/月)で働く場合

500時間=2.5ヶ月が必要(3ヶ月程度で、とりあえずその道の人に見えるレベル)

5,000時間=25ヶ月(約2年)が必要(入社3年目で一人前になるレベル)

50,000時間=250ヶ月(約20年)が必要(40半ば頃でベテランになるレベル)

 

このような「法則」があるので「前職で経験したスキル」が身についているか?の基準として、入社3年は説得力があります。

 

そのため「少なくとも何らかの分野で3年以上の経験がある」のであれば、他の短期離職をネガティブに考える必要はありません。

 

※ただし「短期離職経験しかない」のであれば「どこかの分野で3年以上のスキルや経験を積んで自信をつけた方が良い」という見方もあります。

 

まとめ
  • 長期勤務経験を強調する
    • 問題なのは「経歴詐称」
    • 大切なのは貢献できる経験値

短期離職2回目以降の面接正当化例

目次

 

諒

では次に、短期離職2回目以降の面接正当化例についてご紹介していきます。

 

仕事が非常に厳しかった

目次 1

 

仕事が非常に厳しかったという理由は筋を通せます。

 

実際、僕が勤めた「準官公庁系の通信IT営業職」では、勤めていた2年ほどの間に、後輩が10人ほど辞めていきましたから…。

 

とはいえ「難しい仕事はスグ投げ出す」という印象を転職先の面接で与えないためにも、ある程度自己防衛した言い方にするのがベターです。

 

 

具体的には「何十年も学びが必要な業界で、スグそれを求められて厳しかった」など、転職先の面接官が聞いても「それは仕方ない…」と思われる筋書きが必要ですよ

 

社員を大切にしない環境だった

目次 2

 

社員を大切にしない環境だったという退職理由も筋が通ります。

 

実際、求人票だけでは分からない社風や働き方を感じて、長期で続けていけないと感じて辞める人は多いです。

 

「毎日壁に向かって営業職が全力で声を張り上げてる」「ノルマ未達だった時の叱責が尋常じゃなかった」などの正当な理由があれば、転職先に言っても良いでしょう。

 

 

※ただし、あまりに憎悪の表情で言い続けていると印象が悪いので、サラッと伝えて「転職先で頑張りたい理由」などの明るい話題を多く喋るのが賢明ですよ♪

 

将来に不安を強く感じた

目次 3

 

将来に不安を強く感じたという理由も筋が通ります。

 

例えば、短期離職者では無いですが、一時期一緒に働いた人が、以下のような理由で大手企業を退職したと話してくれました。

 

誰もが知る大手企業を退職した人の話

誰もが知る大手飲料系メーカーのルート営業正社員になったが、土日出勤も常態化しており、直属の上司が「子供の運動会に参加しながら、PCでリモート業務をしていた」という話に絶望した

 

このように「給与・福利厚生面では良いと言われる大手企業に勤めたにも関わらず、ワークライフバランスが崩壊していた」という理由で、そのレールを外れたのです。

 

他にも、僕は新卒で入った自動車営業のルート営業を3ヶ月で辞めたのですが、仕事のノルマがキツかった以外にも、先輩の以下のような発言で退職を決めたのです。

 

3ヶ月で退職する気持ちになった引き金

10年上の先輩が毎日カップラーメンを食べている姿を見ていたので、質問したら「俺のお小遣いは月3000円食費込みなんだよ…」と言われ、10年後の将来像に幻滅した

 

このように「その会社での10年後の姿に恐怖を感じた」のが決め手となり、ある時所長に「辞めさせて下さい!」と宣言して、飛び出してしまったのです。

 

求人情報と著しく相違があった

目次 4

 

求人情報と著しく相違があったという退職理由も筋が通ります。

 

実際、僕もこのパターンで辞めていますが、短期離職しても「それは仕方ないね…。」と言ってもらえる確率が高いです。

 

もちろん、嘘をついてそれがバレてしまうとマズイですが、本当に求人と実態が異なっていたのであれば、堂々と伝えてしまって問題ありません。

 

まとめ
  • 仕事が非常に厳しかった
  • 社員を大切にしない環境だった
  • 将来に不安を強く感じた
  • 求人情報と著しく相違があった

 

なお、リクナビネクストでは「適職診断を無料で受けられる」「転職先情報収集を行える」メリットもある為、今スグ登録しておくのがおすすめですよ♪

 

諒

ストレスが限界に達する前に、脱出準備は早めに始めたほうが、後々ラクになりますよ♪

 

生涯安定の経済基盤を獲得するコツ

目次

 

諒

では次に、生涯安定の経済基盤を獲得するコツについてご紹介してきます。

 

現状維持は将来10%以上不幸

目次 1

 

まず大切なお知らせからお伝えすると、現状維持は将来10%以上不幸になると断言できます!

 

もっと言うと「将来不安な会社」「今後も成長見込みのない会社」で働いており「稼げる資格や副業スキルも勉強していない」人は、沈没間際の船に乗っているに等しいのです!

 

そしてこれは「過去20年間の日本の年収推移」を理解すると、その現実が見えてきます。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、先進国は20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下」しており、このままだと日本はさらに10%以上収入低下が想定されるわけです。

 

今後も成長見込みのない会社で働いており、稼げる資格や副業スキルも勉強していない人の悲惨な20年後

現在20歳年上の先輩が得ている年収から10%以上減(50歳前に年収500万円なら、年収450万円以下)

年収は現在20歳年上の先輩と同じでも、サービス残業が10%増(平均40時間なら、毎月44時間)

人件費圧縮により社内の非正規雇用UP、リストラや早期退職勧告UPで居場所が減っていく

 

このような現実な上に「老後2000万円問題」「借金返済の増税」などの懸念材料もある中、今の延長線上で生きるあなたの選択肢は「ガマンして節約して耐える」のみです。

 

※しかも「僕の祖父母は年金生活でも子孫に還元」してくれましたが「両親は退職金と年金で手一杯」なので、僕たち世代は自分で切り拓くしかありません

 

このように、様々な右肩下がりの可能性がありますが、何も行動しない場合あなたの未来は「悪化」しかありません。

 

転職は勇気が必要ですし、新天地に慣れるのは努力が必要ですが、苦痛な現実が増えると分かっているのに今の場所に固執してガマンし続けるよりは、将来的に楽ですよ♪

 

「国のせいだ!親のせいだ!会社のせいだ!」と思って責めていても、このままでは私達の現実が悪化していく事実は変わらないので、具体的な改善策を練って行動しましょう♪

 

今後の安定経済基盤は3つ

目次 2

 

以上の厳しい現実を踏まえた上で、10社転職経験&1000件以上の求人を書いてきた転職WEBライターとして立場から言わせてもらうと、おすすめできる今後の安定経済基盤は3つと断言できます!

 

今後も安定の経済基盤3パターン

1.今後も安泰の業界・会社で働く

2.今後も働き続けたい会社で働く

3.会社や社会情勢に関係なく生きれるように、副業スキルを育む

 

ハッキリ断言させてもらうと、今後も安心して生きていく道はこの3パターンがベストです!

 

そのため、あなたの現実ルートがこれに入れていない場合は、転職情報収集や副業について学び始めたほうが良いのです!

 

今後も安泰の業界・会社で働く

目次 3

 

まず1番目の、今後も安泰の業界・会社で働くパターンとは、言ってしまえば「大型客船に乗ろう」ということです。

 

大型客船

 

そして、具体的な安泰の業界・会社とは「準国営企業(JAL/NTT)」「ライフライン系企業(ガス/電力/水道)」「市場が安泰な会社や、特別な特許技術を持っている会社」などです。

 

まず、準国営企業は「国の威信そのもので根幹」なので、リストラなどはありますが、倒産させないように国費投入などの可能性もあり、存続率は一般企業より高いです。

 

※例え大企業でも「シャープの鴻海(ホンハイ)買収」「ブリヂストンの8000人規模の人員を含む中国企業への売却」など、外資の危機やリストラの危機に晒されるリスクがあります

 

 

そしてライフライン系企業も、人間が生活している限り必須の分野なので、これらが0になることは、人間が肉体を捨てない限りあり得ません。

 

もちろん、そのような企業は「●●電力」「●●ガス」などの大会社もありますし、電気関連商品を扱う会社など、安泰企業もたくさんあります。

 

ただし、問題なのは「これらの企業は、現時点において“高学歴エリート”が新卒入社して活躍している狭き門の世界」ということです。

 

ぶっちゃけて言うと、僕はこの中で「新橋にあるNTTグループの本社で営業マンとして働いていた経験」があるのですが、そこでは「3ヶ月契約更新のある契約社員」でした。

 

そして、2年ほどで会社を辞める時には、正社員の同僚から「僕はしがみ付いてでも働き続けるよ…。羨ましいなぁ…」と言われた位なので、辞めないメリットのほうが大きいわけです。

 

このような「高学歴エリートが新卒で入る会社」は、中途で転職しようとする場合、よほど前職で有能な実績を持っていない限り、ほぼムリと言えるのです。

 

実態は「正社員登用をチラつかせながら、働かない正社員に変わって、クビリスクがある契約社員を働かせていた状況」だったので、クソだなと思って辞めましたから…。

 

そのため、あなたが僕のように「高学歴エリートの会社に正社員として入社ができない」のであれば、このパターンはほぼムリと言えます。

 

今後も働き続けたい会社

目次 4

 

会社の大きさや勤務継続メリットに関係なく、今後も働き続けたい会社で働くという選択肢もおすすめです。

 

なぜなら「会社が潰れない限り、一緒に成長・繁栄していく覚悟ができている」からです。

 

「会社の創業者に惚れている」「居心地が良くて、今後も一緒に働きたい」「特に不満がない」など、人によって今の会社を辞めるつもりがない理由は沢山あります。

 

しかし、このサイトを訪れているあなたは「今の会社や生き方に疑問を感じている」わけですから、このように「働き続けたいと自信を持って言える会社」を探し始める必要性が高いのではないでしょうか?

 

だからこそ、転職サイトに登録して「自分が働き続けたい会社・生き方を引き寄せ始める」ことが必要と言えるでしょう!

 

副業スキルを育む

目次 5

 

僕が転職以外に取った選択肢ですが、副業スキルを育むというのも非常におすすめです。

 

そして、この副業スキルを育むというのは「自分の船を自分の手で作りor買い、大きくしていく」ようなものです。

 

ヨット

 

例えばスキル売買サイトでは、以下のような能力を持っている人には、給料以外で収入を得るチャンスがあります。

 

給料以外で収入を得るチャンス

  • イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで
  • デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで
  • 動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで
  • 音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
  • 文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成
  • IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

 

挙げればキリありませんが、このように「趣味?のようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです(雑貨販売やネットショップ開設もアリ)

 

 

そして実際に僕の知人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)
  • プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)
  • 飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者

 

もちろん「絶対起業成功!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源」を持てる人間になると、それだけでかなりメンタルが安定しますよ♪

 

ちなみに副業経験を積むには、以下のパターンがおすすめです。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 転職先自体でレベルUP=自分がワクワクした気持ちで働ける仕事で副業スキルUP(僕がWEBライターとして文章スキルを磨いたやり方)
  • 残業少なめの会社で副業開始=時間確保して副業に挑戦時間を作って、知識と経験を積む
  • 副業OKの会社で副業開始=堂々と副業できる為、転職後に自分の好きor得意なことを始めてみる(リクナビネクストでは400件以上が副業OK)

 

副業OK

 

このようなやり方がありますし、年収20万円以上稼がなければ、副業事実は会社側にバレませんし、適切に対処すれば、転職しなくても副業収入を得ることは可能です♪

 

※なお、以下の記事では「副業禁止企業で副業収入を得るためのコツ」を解説しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

また、以下の記事では「副業ブログの始め方」を以下の記事にて紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

転職準備最大のメリット

目次 6

 

そして、転職準備最大のメリットは「苦痛を感じる会社・上司・生き方から距離を置ける&転職すれば永遠に縁切りできる」点にあります。

 

そもそも「副業スキルを育む」と決意しても、毎日長時間残業だったりストレスフルな状況で生きていると、心身が安定しません。

 

しかし、転職サイトに登録して情報収集を行い、来るべき日に転職した結果、ワークライフバランスが劇的に改善できた例は沢山あります。

 

ワークライフバランスが劇的に改善できた例

  • 「体育会系の周りは敵という会社」から転職して「周りと協力・強調して仲間として働く会社」に転職してストレスが激減
  • 「会社の肩書は良いけど、毎日残業だらけのエンジニア」から転職して「基本的に定時帰り〜月平均20時間程度」でワークライフバランスが劇的に向上
  • 「社歴が長いだけで仕事をしない、老害がイッパイの会社」から「同年代が多い会社に転職」した結果、人間関係ストレスが激減

 

このように転職することで「イヤな現実を縁切りできる」ので、リクナビネクストに登録して情報収集を始めるだけでも、徐々に不快な現実縁切りをスタートできるのです♪

 

 

逆に現代日本では「我慢さえしてればOK」と甘んじて現実を何も変えず、取り返しのつかないレベルで行き場がなくなり、路頭に迷ってしまうリスクがあります!

 

今の会社から放り出されて路頭に迷う将来例

突然のリストラに会い、何も誇れるスキルがなくて転職先が見つからず、路頭に迷う

 

このような絶望的な未来を避ける為にも、今のうちからリクナビネクストに登録して「イヤな会社や人間関係からの縁切り」を始めるべきです!

 

 

1年後〜数年後に「なんであの時チャレンジしなかったんだ?」と後悔する情けない人生が良いですか?

 

それよりも「あの時、現実のルートを少しずつ変え始めてくれて、本当にありがとう俺or私」と自分を誇れる人生が良いですよね♪

 

学生時代は進路を親や周りが決めてくれたかもしれませんが、社会人時代は「どんな人生を生きるのも自己責任」です。

 

もちろん、会社内評価や指導は上司や会社がしてくれますが「あなたの人生の責任」は、あなたしか取れないのです!!

 

そのため「現在の延長線上は、後悔・不安・絶望が増え続ける」のであれば、今すぐリクナビNEXTに登録して「今のクソッタレな現実を拒絶する行動」を起こすべきです!

 

良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?

 

\転職参考記事!/

 

まとめ

 

諒

以上が短期離職2回目はキケン?経験者が語る転職成功をGETするコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

意欲が弱い内からの転職サイト登録利点

転職サイト gif

諒

なお最後に補足として、意欲が弱い内からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。

キツい時は登録意欲すら無くなる

目次 1



キツい時は登録意欲すら無くなるのが、転職意欲が少ない内から登録しておく、一番のメリットです!!



あなたも人生で深く悩んだ時期に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありますよね?



それと同じ状況が「今勤めている会社」で起こってしまうと、そこから逃げようとする気力すら湧かず、もっときつい現実に発展するリスクがあるのです!



転職サイト登録対策なしorありの例


■突然退職=ストレスが頂点になり辞める→転職活動を始める→アルバイトor貯金を崩しながら転職先を急いで探す!!

0から転職活動開始すると大抵3ヶ月以上かかる為、場合によっては貯金が足らず逃げられません

■転職サイトで情報収集して退職気力に余裕のある内から転職サイト登録→ストレスが頂点の時に退職→安心して転職先確保

僕は退職1ヶ月以内に正社員転職先を勝ち取った為、同じことをすれば最悪状況を回避できますよ♪



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が可能ですよ♪

転職サイト登録は一種の保険

目次 8

このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!



保険を利用する安心例


■医療・がん保険高額医療費が発生した時などのリスクを回避

■自動車保険事故や、慰謝料問題などのリスクを回避

■転職保険働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは、今の会社に居られなくなった時のリスク回避保険」として利用できるのです!



後ほど紹介する「リクナビネクスト」は、登録利用料無料も大きなメリットです(報酬は求人企業が支払っている為)

\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

求人ストックで選択肢を増やせる



転職意欲が低い内の登録メリットとして、求人ストックで選択肢を増やせるという利点もあります!



これは「メールアドレス登録+職務経歴書」を入力することで「転職先オファーをストックして、情報収集をシステム化できる」のです♪





例えば、僕がおすすめするリクナビネクストでは「直近3ヶ月で20件ほどのオファー」を受け取りました。



リクナビネクストで職務経歴書入力しておくメリット


オファー メリット

職務経歴書登録で受け取ったオファー例

オファー例



このように、今スグ登録しておけば「上司のパワハラでストレスが頂点に達した時」「ガマンの毎日に嫌気がさした時」の逃げ道確保を、15分もあれば対策できるのです♪



職務経歴書を入力しておいた方が良い理由


オファーやスカウトは採用企業側の追加料金支払いの為、採用本気度が高い

未経験採用であってもオファーを出すほど育成意欲が高いため、採用確率が高い

電話勧誘がない+メールを受け取るだけなので、ストレスフリー



PS.職務経歴書に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

リクナビネクスト登録利点

リクナビネクスト

そして業界最大級の転職サイトである、リクナビネクスト登録利点をご紹介しておきます。



リクナビネクスト登録メリット


就活で誰もが使用した「リクナビ」の転職版なので、使い方が理解しやすい

業界最大級の求人掲載数なので、転職しなくても必ず登録しておきたいサイト

電話や応募催促がキツい転職エージェントより気軽に使える

職務経歴書登録しておけば、自分の市場価値が分かる



このように「転職情報が一番集まっているサイト」なので、転職意欲が弱い内から登録メリットは大きいのです!!



しかも、再補足しておくと「職務経歴書登録でオファーやスカウトメールをストックできる」という利点もあります。



そのため「今の会社に一生勤めるつもりはない」なら、今スグ登録しておくべきサイトと言えます!!!



良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?


今スグ人生を変える覚悟を決めてリクナビネクストに登録すれば、理想の未来を引き寄せ始められますよ♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/