引き寄せワーク

 

僕自身が「末端アルバイト社員→上場企業のビジネスマンから独立」まで導いてもらった年商3億円社長の教えをご紹介します。

 

「人生を変えるにはどうすれば?」「不満・不安のない人生を創りたい!」と心の中で叫んでいた僕を変え導いてくれたワークや体験談をまとめました。

 

「人生このままじゃイヤだ!」「もっと変化・成長したい」と思うのであれば、以下のリンクから読んでみてくださいね♪

 

営業 きつい

 

D

どうも!大島諒一(りょうさん)です♪この記事を見て下さり、ありがとうございます♪

今回は営業がきつい!転職を考える上で知っておきたい必須知識のご紹介です。

 

「営業がきつい!転職を考える上で知っておきたい必須知識を知りたい」

 

あなたのために、転職サイトのライターとして1,000以上の求人記事を書いた僕の視点・体験談などをまとめました。

 

営業がきつい時の対処法

テク

 

D

ではまずはじめに、営業がきつい時の対処法についてご紹介していきます。

自分自身の問題を解決する

仕事

 

ストレスの原因が自分にあるのであれば、自分自身の問題を解決するのがオススメです。

 

とくに「人間関係問題」「仕事効率」はたいてい自分に問題があります。

 

 

仕事効率は能力UPで解決できますし、人間関係問題も「イヤな人間を引き寄せない」人生を手に入れれば解決ですから♪

 

そのため「まだ今の職場でやるべき事がある」と感じるのであれば、もう少しチャレンジした方が良いでしょう。

 

自分が働きやすい営業会社に転職

自由 会社

 

自分が働きやすい営業会社に転職するのもオススメです。

 

例えば新規開拓やルート営業で働き方はだいぶ違うほか、業界によって全然雰囲気なども違います。

 

 

実際「準官公庁系営業=規律重視の環境」と「広告系営業=実績重視・自由重視」で、大きく働き方が違いましたから。

 

そのため「営業という職種は好きだけど、今の働き方を続けるのはイヤだ!」と思うなら、この選択肢がベターです。

 

営業以外の職種に転職

副業

 

営業以外の職種に転職するのもオススメです。

 

実際僕も営業を3年ほどした後に、WEBクリエイターへ転職したタイプです。

 

やはり人には個性や好き嫌いがあるので、ずっと営業で行くべきタイプの人もいれば、他が合っている人もいるからです。

 

適性に合わない仕事はストレス

好き 天職

 

そして自分の適性に合わない仕事はストレスです。

 

例えば僕はクリエイターの才能があるので、自分で何か創ったりするのが好きです。

 

しかも直感的に仕事するのが好きですが、一方で他の職種で経験した「数値チェック」「規律・監査」の分野はストレスが一杯でした。

 

このように人によって適性は異なるので、ストレスが今後も続きそうなのであれば転職も考えた方が良いでしょう!

 

 

令和になった現代では若手専門の転職エージェントもありますし、20代なら未経験チャレンジも十分可能です。

 

実際僕もWEBクリエイター転職時は不安を感じましたが、結果的には営業マン時代より快適に仕事ができるようになりました。

 

しかも興味がある分野でも、若手なら未経験OKの可能性も高く、イチから覚えていくことができ大変オススメです!

 

楽しい仕事発見のコツ

性格

 

また楽しい仕事発見のコツについてもご紹介しておきます。

 

要点は「あなたが歩んだプロセス」「得意とする教科・科目」にあります。

 

 

そもそも例えば文系大学卒の場合は、大まかに以下の学部があるわけです。

 

■主な文系学部

  • 経営学部
  • 経済学部
  • 法学部
  • 文学部・人文学部
  • 教育学部
  • 外国語学部 など

 

この中であなたが通学した学部は「自らが選んだ学問」だったわけです。

 

もちろんたまたま受かった学部に入っただけと思うかもしれませんが、少なくとも「選ばなかった学部」もありますよね?

 

 

つまり本能的に「自分に向いていない学部を除外し、自分に向いている学部を受験した」わけです。

 

そのため「あなたが学ぶ学部を選んだ理由」を明確にすることで、自らが楽しいと思える働き方・生き方に近づけるのです!

 

楽しい仕事発見のコツ例

文系 仕事 楽しい 自己紹介

 

そして楽しい仕事発見のコツ例についても、僕の体験談を交えてご紹介します。

 

まず僕が学生期間に選び、学んだものは以下の通りです。

 

■大島諒一の通った道

  • 大学は経営学部・情報システムコース
  • 卒業論文は「日本人の外国人に対する非積極性」
  • 得意科目は「日本史・国語(特に現文)」
  • 「経営・経済・心理」を中心に受験
  • アルバイトはゲームショップのみを経験

 

そして大学卒業から10年を経て、通ってきている道は以下の通りです。

 

■大島諒一の通った道

  • 通信業界や広告業界を中心に従事
  • 転職サイト=新境地開拓サポートに従事
  • ライティングなど「ストーリーを伝える」仕事に従事
  • 心理学・人間行動学を日々学習し実践
  • 仕事は「営業・ライターなどのストーリーを伝える仕事」が中心

 

このように過去学んだものにリンクするように、自らの知識・経験を伸ばしてきています。

 

しかも「アルバイトは飲食業界未経験なので、飲食系への興味は薄い」「外国語学部では無いので対外国興味は薄い」ことも分かります。

 

 

つまり社会人10年という期間を通して「学生時代に無意識に選んだことを育んできた」と言えるのです。

 

そのためあなたが通ってきた文系学部の道にも、「好き・得意」が隠れている可能性が非常に高いと思います。

 

だからこそ「楽しい仕事は学生時代に無意識に自覚していた」という観点を持って、自己分析してみるのがオススメです!

 

営業がきつい!辞めたい時の職種選択肢

文系 仕事 ない 仕事

 

D

では次に、営業がきつい!辞めたい時の職種選択肢についてご紹介していきます。

資格を取得して事務系

ノート

 

人と接することが苦手であれば事務系の仕事もあります。

 

ただし事務系の場合は一般事務や営業事務などより、経理・人事など専門資格・経験を積める職種の方が安泰だと思います。

 

 

厳しいことを言えば一般事務や営業事務は「営業や他の部署の人間をサポートする業務」です。

 

そのためキャリアアップしにくく、場合によっては「必要ない」と言われてしまいやすいキャリアだと感じるからです。

 

 

もちろん経理・人事・総務も人件費削減の一環として縮小される可能性もあります。

 

実際僕が勤めた自動車ディーラーの会社では、各営業所にいた総合事務職(総務・経理など)を削減し、本社一括管理にしましたから。

 

 

しかし資格や専門的な能力を持てば、能力を伸ばして希少価値を高めることができ、転職する強みにすることが可能です!

 

実際僕はOA事務という「手に職になりにくい職種」を2年ほど続けた後に営業に戻ったくらいです。

 

そのため「自分への自信とキャリアへの自信が持てる」ことが、仕事においてはとても重要だと思いますよ♪

 

デザイン・編集を学んでクリエイター系

副業

 

モノ作りや裏方が好きだと感じる場合には、クリエイター系もオススメです。

 

実際僕は営業時代に独学で学んでいた「HP作成スキルやWEBライティングスキル」を活かして転職したタイプです。

 

それにIT・WEB業界は今後も成長が見込める将来も明るい業種だと感じています。

 

 

そのため完全未経験OKで求人を探すか、独学でブログを書いたり講座受講しながらWEBスキルを学んでおくのが良いと感じています。

 

ちなみに職種としても、クリエイターは以下のように様々なものがあります。

 

■クリエイター例

  • 美的センスを活かせるWEBデザイナー
  • 文章を通して動かせるWEBライター
  • HPの成長を促せるWEBマーケター
  • HP全般を管理するWEBディレクター など

 

とはいえクリエイター系はどうしても東京や大阪などの大都市圏の方が圧倒的に求人数が多いです。

 

そのため大都市圏が遠方であれば、まずは地元である程度落ちついて仕事ができる会社に転職するのがオススメです。

 

その上で専門講座を受講しながらレベルアップし、後々都心に出ていくというパターンもあります。

 

 

さらにWEBデザイナーなどはフリーランスを目指せますし、一通りできるようになれば副業でアフィリエイトなどもスタートできます。

 

そのため自分で稼ぐ力を手に入れることもでき、独立・自由業にしていきやすい職種だとも思います。

 

IT言語を学んでITエンジニア系

エンジニア

 

ITエンジニア系も、意外に文系からいける職種の一つとして将来有望です。

 

とくに高齢の人はITに抵抗感も持ってますし、IT業界は就業年齢層が若い会社も多いので、古臭い会社より働きやすい可能性も高いです。

 

 

そしてステップアップとしても、以下のようなケースがあり得ます。(主に未経験からでも募集がある職種) 

 

■インフラエンジニア

  • システム稼働を維持・管理・設計する仕事
  • 保守・運用=システムの安定稼働を担当
  • 設計・構築=システムを一から構築
  • キャリアアップ=保守・運用→設計・構築

■SE(システムエンジニア)・PG(プログラマー)

  • アプリや会社のシステムを作る仕事
  • PG=設計に基づいた開発のみ
  • SE=設計・開発・テストまで実施可能
  • キャリアアップ=PG→SE

※どちらもチームを率いる「PL(プロジェクトリーダー)/PM(プロジェクトマネージャー)」に昇格していける

 

エンジニアはプログラムを作る言語(C#やらJava)やルールを覚えていく必要があるので、懐の深い職種ではあります。

 

しかしその分覚えて使いこなせるようになれれば、着実に収入UPと経済的安定をレベルアップしてくことができます。

 

 

言語習得に抵抗がなければ、給与水準も高く求人も多いITエンジニアを将来的なキャリアにしていくのもアリです。

 

ステップアップしていけばリーダー格に昇格できますし、フリーランスとして働く場所を選ばずに働く選択肢を持てるのも、IT系の魅力ですから♪

 

分析を学びWEBコンサル・マーケター系

マーケティング

 

数字に向き合うのが得意であれば、分析を学びWEBコンサル・マーケター系を目指すのもアリです。

 

HP運営においては「ユーザー訪問数を増やす」「商品を買ってもらう」など、データを基にした改善業務はとても重要です。

 

そのためその分野で必要な知識・ノウハウを習得したり、資格を取得することで文系卒でも分析業務に携わることが可能です。

 

 

ちなみにWEBマーケティング関連の資格は、以下のようなものがあります。

 

■WEBマーケティング関連の資格

  • ウェブ解析士
  • 統計検定
  • Google広告認定資格
  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  • Webアナリスト検定
  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • IMA検定
  • Webディレクター試験

 

「成長させたり改善するのが好き」「データや数字での改善業務に興味がある」のであれば、有力な転職先になり得ます。

 

オススメ転職エージェント紹介

転職エージェント

 

D

そしてここからは、オススメ転職エージェントを紹介します。

転職エージェント利用のメリット

OK

 

転職エージェント利用のメリットは、何よりも求職者のサポートを無料で行ってくれる点です。(報酬は採用企業が支払い)

 

しかも担当者に転職活動の悩みを相談できる他、会社の風土や雰囲気、福利厚生などの情報も教わることができます。

 

さらに履歴書・職務経歴書作成サポートや面接対策、入社フォローなども受けることができ、一人で挑むより安心です♪

 

 

その上転職サイトの求人票を見ているだけでは「本当に自分が望む職場か?」見えにくいです。

 

そのため転職前に事前入手できる情報が格段に増え、転職後のギャップを防ぐことができます。

 

ハローワークはオススメしない

政府 国会

 

また個人的にはハローワークはオススメしないです。

 

なぜなら理由は単純で以下のとおりです。

 

■転職エージェントとハローワークの差

  • 転職エージェント=転職者年収の30%程度(但し企業・案件により差アリ+短期離職時には返金規定アリ)
  • ハローワーク=掲載費無料

※転職エージェントのマージンは株式会社UZUZの著書データを参考

 

このように転職エージェント利用企業は、お金を払うという「リスク」を取っています。

 

さらに転職エージェント側も「短期離職時は返金が発生する」という「リスク」があるので、マッチングに真剣なのです。

 

そのため「転職エージェントと企業の双方リスク」に比べるとハローワークは無料で掲載でき、質の悪い企業が集まりやすいのです。

 

 

とは言え転職エージェントは連絡が掛かってきたり、面談に行く必要があるなど面倒だと思うかもしれません。

 

しかし質の悪い企業に入社する確率が高い方で、転職活動するよりは良いと思いますよ♪

 

※「ハローワーク=ブラック企業掲載」ではなく、「ハローワーク=無料掲載前提」という話です

 

エージェントは複数利用がオススメ

転職エージェント

 

そのためエージェントは複数利用がオススメです!

 

なぜなら会社によって「強み・弱み」が異なるほか、波長の会うエージェント担当者と出会える確率が違うからです。

 

実際僕も複数(3社)登録して、結果一番信用できると思った転職エージェントに依頼した経験もありますから♪

 

 

あなたも就職活動時には「リクナビ」「マイナビ」「その他」辺りで複数登録して活動しましたよね?

 

他にも住む場所を探すために「ミニミニ・アパマンショップ・地域密着の会社」などをはしごした経験があると思います。

 

 

そのため個人的には「転職エージェントは2社、できれば3社登録&利用」するのが安全策だと思っています。

 

そうすれば一番自分にしっくりくる転職先を見つけられますよ♪

 

転職エージェントの比較

確認 チェック

 

D

では実際に当サイトで紹介している若手特化エージェントの比較についてご紹介します。

転職イメージによっては利用するエージェントが合っていない可能性もありますからね♪

 

※なお当サイトでは「18歳〜35歳」までの若手特化エージェントを中心に紹介しているので、ここに該当していない場合はご了承ください。

 

転職エージェント名 第二新卒エージェントneo DYM就職 UZUZ(ウズウズ)
就職成功者数 1万5千人 5,000人
取引先企業 1万社 2,000社 1,500社
その他データ 未経験OK5千件 相談→就職率96% 内定率86%
定着率93%以上
メリット1 スタッフ全員第二新卒 書類選考なしで直面接 担当者は全員元第二新卒・既卒・フリーター
メリット2 支援実績がTOPクラス 最短1週間で就職◯ 面接対策は他社の5〜10倍
メリット3 未経験OK企業が豊富 面談先が全国各地アリ 入社強要ナシ・入社後相談OK
デメリット1 担当者は経験浅め 連絡は基本LINE 担当者は経験浅め
デメリット2 面接先は大都市圏中心 就職後のフォロー薄め IT業界・大都市圏求人に偏りアリ
デメリット3 面談先は東京/横浜/大阪(後はSkype/LINE面談)

 

■若手特化エージェント毎の利用メリット

  1. 第二新卒エージェントneo=支援実績TOPクラス企業で依頼したいケース
  2. DYM就職=書類選考ナシでスムーズに転職したいケース
  3. UZUZ(ウズウズ)=豊富な対策指導で寄り添ったサポートが欲しいケース

 

■第二新卒エージェントneoのデータ

第二新卒エージェントneo データ

■DYM就職のデータ

DYM就職 データ

■UZUZのデータ

UZUZ データ

DYM就職

DYM就職

 

DYM就職は最短1週間で就職可能な、スムーズに入社できる転職エージェントです。(対象年齢は18歳〜35歳)

 

しかもこの迅速な入社可能な理由の一つは「書類選考ナシ」という点です。

 

そのため「書類審査に自信がない」「職務経歴不問の会社で面接を受けたい」方には、ここが最有力候補です。

 

■DYM就職の主な特徴

  • フリーアナウンサー「宇垣美里さん」がイメージキャラクターを務め認知度UP中!
  • 面接応募先企業は2,000社以上を確保+書類選考無しで直面接可能
  • 最短1週間での入社も実現可能(面接地は全国各地にあり)

■株式会社DYM各相談場所住所

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌のほか以下もアリ

  • 東京=池袋/秋葉原
  • 関東圏=立川/横浜/千葉/大宮
  • 関西圏=京都/神戸
  • 東海圏=静岡
  • 東北圏=仙台
  • 中国圏=岡山/広島
  • 九州圏=北九州

 

■「DYM就職CM 宇垣美里さん主演」(30秒)

 

 

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

 

第二新卒エージェントneoは、名前の通り「第二新卒(学校卒業後3年以内)」など若手に特化しているエージェントです。(対象年齢は18歳〜29歳まで)

 

ここは20代向け転職エージェントの中でも既に就職成功者数1万人以上を達成しており、支援実績はTOPクラスです。

 

 

さらに「担当者は全員第二新卒」なので、近い年齢の相手に率直に思いを伝えやすいというメリットもあります♪

 

しかも未経験OK求人5000件以上を謳っており、新職種に未経験でもチャレンジしたいならここは有力候補です。

 

■第二新卒エージェントneoの主なメリット

  • スタッフは全員第二新卒経験者
  • 平均10時間の厚いサポート(初回最大2h)
  • 自己PRの仕方や履歴書の書き方も教われるので,転職の流れやコツがつかめる
  • ブラック企業徹底排除!高離職率会社無し
  • 取引企業は約1万社!就職成功者1万5千人以上(未経験OK5000件以上)

 

 

UZUZ(ウズウズ)

UZUZ ウズウズ

 

UZUZ(ウズウズ)は「併走型サポート」をモットーに、求職者に寄り添ったサービスを提供する転職エージェントです。(対象年齢は18歳〜29歳まで)

 

実際担当者は全員「第二新卒・既卒・フリーター」を経験しており、就職・転職に苦労した経験を持っています。

 

しかも面接対策などは他社より多い「平均20時間程度」で対応してくれるので、寄り添ったサポートが欲しい場合にはこちらがオススメです!

 

 

番外編:DODA

DODA

 

若手特化エージェントではありませんが、今までの経験やキャリアを活かしたいならDODAもオススメです。

 

僕の勤めた転職求人企業も常に「DODA」を比較対象にしていたほど、業界で最も影響力のある企業です。

 

■DODAのメリット

  • 創業30年以上の転職企業最大手
  • 転職者満足度No1(電通バズリサーチ調)
  • 求人数は業界最大級の10万件以上
  • 残業無し/土日祝休み/大手/年収500万円以上など選択肢が豊富

 

深田恭子さんの「DODA子」CMも印象的な業界最大手の「DODA」で、より良い転職先を相談するのもオススメです!

 

 

まとめ

 

以上が営業がきつい!転職を考える上で知っておきたい必須知識のご紹介でした。

 

ぜひ素敵な天職人生を見つけて楽しんで下さいね。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

★年商3億円社長★から教わった人生好転ワーク13個を一部無料公開中★

引き寄せワーク

 

最後に、僕自身が「末端アルバイト社員→上場企業のビジネスマンから独立」まで導いてもらった年商3億円社長の教えをご紹介します。

 

「人生を変えるにはどうすれば?」「不満・不安のない人生を創りたい!」と心の中で叫んでいた僕を変え導いてくれたワークや体験談をまとめました。

 

「人生このままじゃイヤだ!」「もっと変化・成長したい」と思うのであれば、以下のリンクから読んでみてくださいね♪