販売職 きつい1

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

販売職スタッフ正社員はきつい?辞めたい方向け販売職から転職する方法を知りたい!」

相談女性1

接客販売サービスの仕事に新卒就職orフリーターアルバイト入社だけど、ブラックノルマやお客様のクレーム対応が難しいから後悔してる…。

相談男性2

リクルートの適職診断は自己評価を上げるのに良いの?口コミ・評判は?退職して辞める理由の作り方や、面接〜転職活動、業界/会社などの求人探し方法を教えて!

相談女性2

アパレル店舗スタッフ(店長候補採用)以外で営業社員や事務職などサポートなど、自分のスキルキャリアや職種経験を活かせる職種転換を考えたい♪

相談男性3

毎日の労働時間or残業減や休み増・大変な上司などの人間関係や職場勤務ストレスからの解放・年収(給料)アップする将来の成功相談をしたい!

相談女性3

「転職サイト無料会員登録」「人気エージェント支援」の利用方法や、派遣から正社員になるコツや、大手企業などのおすすめ比較を紹介して欲しい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も販売職(ゲームショップ)はきついと感じて正社員採用を受け入れなかった人間なので、今のあなたの気持ちが痛いほどよく分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「販売職スタッフ正社員はきついがきつくて辞めたい方向け、販売職から転職する方法」を具体的に紹介します♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断を行うメリット

目次



なお最初に補足として、適職診断を行うメリットについてご紹介していきます。



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



毎日のストレスをDOWNできる

目次 1



毎日のストレスをDOWNできるのが、適職に転職する一番のメリットです。



なぜなら「自分が好きor得意な仕事に就いて自尊心を育むことで、思い通りの現実を創造したり、選択する力」を育めるからです♪





例えば嫌いor苦手な仕事で働いている人は「冒険気質なのにガマン中心の仕事」「運動が苦手なのに肉体系労働」など「どうせ自分なんて…」という「自分を苦しませる判断基準」で働いているので苦労します。





しかも不適職で働く人ほど「仕事がサビ残だらけで時間を奪われる」「人間関係がイライラと深いさの毎日で、人や自分のことが嫌いになる」という我慢の現実を生きている可能性が高いのです!



しかし適職に転職することでメンタルが安定し、「苦痛が不適職時代よりはるかに少なく、毎日を過ごせる」「好きなことや楽しいことを楽しめる精神的・経済的余裕が生まれる」というメリットが生まれますよ♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



自尊心UP=幸福度UPできる

目次 2



自尊心UP=幸福度UPできるというメリットもあります。



なぜなら「嫌いor苦手な不適職で働く人ほど、自分を苦しませるクセが強い」一方で「好きor得意な適職で働く人ほど、自分を喜ばせるクセが強い」人間になっていけるからです!





例えば僕は数学などの理系が大嫌いなのに「数学的素養がメインのIT系技術営業」は、ストレスが強すぎて、リボ払いで借金地獄にだったことがあります。



なぜなら「自分を苦しませて、努力しながらお金を稼ぐ毎日」が、お金や人間関係も「努力と我慢の毎日」を引き寄せ続けていたからです。





しかし、適職診断により判明した「本にまつわる仕事=物書き/WEBライター」に転職してからは、自分の得意分野だったので、毎日夢中で働けた上に「プライベートも夢中が増えた」のです。



物書き/WEBライターに転職した後の変化


お金=6年近くリボ払いの借金漬けだったのが、借金0になった上に、毎月それなりに使っているつもりでも、月数万円貯金できる余裕ができた

時間1=メンタルが安定したので「行きたかったレストラン」「ちょっとした旅行」など、我慢していた事も夢中でできる精神的・経済的余裕が生まれた

時間2=定時帰りになった上、年収はIT営業時代より減ったが「副業ブログで月1〜3万円レベルまでは稼げるようになり、収入はほぼ横ばい」に回復したので、結果的にIT営業時代より幸福度が激増した♪

人間関係=自分の得意分野で仕事ができるようになったので「憧れです♪」「あなたのお陰で成果が上がりました♪ありがとうございます♪」と取引先に感謝されたり、社内で褒められる機会が増えた





このように、不適職から適職に転職したことで、不適職時代には考えられなかった幸福度UPを実現できたのです♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



我慢・努力・夢中の生き方

目次 3



そして適職・不適職で思い出すのは、「我慢・努力・夢中の生き方」です。



格言


我慢は努力に勝てず、努力は夢中に勝てない





つまり「我慢している人<努力している人<夢中になってる人が一番稼げたり幸福度が高い」ということです。



それまで「仕事は辛く苦しんだ対価」と思っていた僕にとってはカルチャーショックでしたが「お金は喜びの対価」と価値観を変えてから、お金を受け取ることへのストレスが激減しましたから♪



僕の我慢・努力・夢中時代


我慢ばかりで自己否定と抑圧の毎日=教育関係OA事務職時代の「裏方で無機質に働き続けた時代

努力ばかりでイライラと発狂の毎日=通信IT系営業マンに転職して「設計図や数値を扱う苦手分野でストレスを溜め込み続けた時代

夢中ばかりで快適で安心幸福な毎日=転職系WEBライターに転職して「人の喜怒哀楽を扱い自尊心を復興する、毎日夢中に働く時代





そして僕は今「自分の記事を通して日本人の自尊心を復興することに夢中」なわけですが、あなたが今の人生に「我慢」「努力」しているなら、引き寄せる現実を変える為に、自己投資を行うべきですね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



適職で収入選択肢が増える例

目次 4



また、適職で収入選択肢が増える例についても補足しておきます。



先ほどお伝えした通り、適職で働くと夢中になってレベルUPできるので、自尊心UPが可能となります。



その結果の一つとして「自分が好きなことor得意なことで稼ぐ現実にOKが出しやすくなる」というメンタルブロックの解除が起こったりするのです。





その結果、僕のように「本業の会社員では収入UPできなくても、副業で稼げるようになる」という選択肢が生まれたりします。



例えば某スキル売買サイトでは、以下のような「自分が社会還元できるスキル」を持っていれば、月5万円程度は稼げるチャンスを得られるのです。



給料以外で収入を得るチャンス


イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで

デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで


動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで

音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成

IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

占い系=占い自体から占い師養成まで

勉強系=資格取得アドバイスから就職・転職サポートまで





挙げればキリがありませんが、このように「趣味?と思っているようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです。(雑貨販売やネットショップ開設という手もあります)





そして実際に僕の知っている人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。



僕の知ってる副業・スキル活用者例


美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)

プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)

飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者





もちろん「絶対起業だ!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源を持てる適職」で働いていると、それだけでかなり将来の安心度が増しますよ♪



ぜひ、以下のリンク先から「あなたにとって快適&幸福度が高い、好きor得意を活かせる適職」を見つけて、幸福度をレベルUPする参考にしてくださいね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



販売職スタッフ正社員がきつい理由

目次

 

諒

ではまずはじめに、販売職スタッフ正社員がきつい理由についてご紹介していきます。

 

給与水準が低い

目次 1

 

給与水準が低いのが、きつい一番の原因です。

 

僕はアルバイトで終えたのですが、正社員になった先輩は「給料が低い!」と愚痴っていて、結局半年ほどで辞めていました…。

 

 

具体的には「正社員になった事で税金が増えて、アルバイト時代より月収が減った」とのこと。

 

「フルタイム(週5)の8時間勤務」をしていた先輩だったので、アルバイトのおおよその月給「8時間×900円=7,200円×20日=14万4千円」より、正社員の手取りが少なかったようです。

 

店長には「役職に就けばもっと増えるよ」と諭されたそうですが、それを振り切って辞めていたので、相当未来がないと思ったようですね。

 

顧客トラブルがストレス

目次 2

 

顧客トラブルがストレスなのも、販売職がきつい理由です。

 

特定のお客様と取引するルート営業などと違い、販売職は「不特定多数のお客様」と関わるので、一定確率で面倒臭い人が現れたりします。

 

 

例えば僕がゲームショップの販売員をしていた3年ほどの間にも、以下のようなクソ面倒臭い客を経験しましたから…。

 

僕が経験したクソ面倒臭い客

ゲームの攻略法を電話で質問してきて、店内のお客様対応に移るとクレームばかり言ってくるクズジジイ

人気商品の取置きでゴネてきて、閉店前にキレ続けてくるクソジジイ

商品の買取金額が安い!と、大声を上げてクレームを言ってくるヤンキー

親の金をくすねて息子がカードゲームを買いに来たのに、自分の監督不行き届きを棚に上げてクレームしてくるクズ親

 

今思い出しても腹が立つような「自分が間違っているのに、なぜかこちらがキレられる」という、アホな客対応が発生するのもきつい所です。

 

※自分の文章で稼ぐ自分社長になった今の僕なら、「フザケんじゃねぇ!失せろバーカ!」と言ってしまいそうです…。

 

このように販売職は職業柄「クレーマーにも謝る癖」が付きやすいので、自尊心が低下しやすいデメリットもあります…。

 

立ち仕事で肉体的ストレス

目次 3

 

健康面で言えば立ち仕事で肉体的ストレスというきつさもあります。

 

座って作業できる仕事であればこのリスクはありませんが、僕の場合はずっと立ちっぱなしだったので、仕事が終わるとふくらはぎがパンパンで、腰も痛かったです。

 

あくまで20代前半の仕事ではあったので、それほど重症化はしませんでしたが、ずっと続けていたら何らかの腰トラブルを抱えていたのでは無いか?と感じています…。

 

自由に売り場を離れられない

目次 4

 

自由に売り場を離れられないというきつさもあります。

 

「どうしてもトイレに行きたい場合は“1番行ってきます”と報告」していたのですが、羞恥心との戦いでいつもガマンしていましたから…。

※店頭でトイレという言葉を禁止するため、1番という隠語で対応していた

 

そのため頻繁にトイレに行きたい人にとってはキツいですし、自由に行動できないというストレスもあったわけです。

 

バイトが多くてシフトが不安定

目次 5

 

バイトが多くてシフトが不安定というきつさもあります。

 

学生やパートを含めて勤務を回していると、どうしても正社員だけの組織より不安定になりがちです。

 

特に「年末年始」「ゴールデンウィーク」「お盆」は休まれがちなので、必然的に正社員組が多く出勤して対応する流れになります。

 

 

このように「要所要所でお店の運営が不安定になりやすい」のも、販売職のきつさと言えるのです。

 

平日休みで疲れが取り切れない

目次 6

 

平日休みで疲れが取り切れないという面もありました。

 

販売職は「土日祝」が稼ぎ時なので、必然的に「休日出勤を前提としたシフト」を組まれがちですし、連休取得はあまりありませんでした。

 

そのため休みの日も「翌日は仕事だ…」というイヤ感を感じながら休んでいたので、休み切れた感覚が少なく「完全週休二日制(土日休み)」よりストレスが多かったです。

 

 

※ちなみに休みに関しては、以下のような取り決めが求人ルールに定められているので、転職する場合は参考にしてください。

 

休みに関する求人記載ルール

週休二日制=月に1回以上週2日休日取得できる(1ヶ月4〜5週の内、1回以上2日休みがあれば該当)

完全週休二日制=毎週必ず2日の休日をどこかで取得できる(週7日の内、各週どこかで2日休めば該当)

完全週休二日制(土日)=毎週必ず土日に休日を取得できる

完全週休二日制(土日祝)=毎週必ず土日に休日を取得+祝日も休める

休みに関する求人記載ルール補足

いずれの休日形態でも「年間休日日数●●日」という合計休日数が記載されているので、その日数により勤務日数の多さが分かる

最長=「年間休日125日」で、土日祝休み+夏季休暇・年末年始休暇などを含む

一般的=「年間休日110日」で、土日休み+祝日出勤or祝日休みで土曜に出勤変更

最短=「年間休日105日」で、労働基準法ギリギリの働き方

新商品・サービスの変化が激しい

目次 7

 

新商品・サービスの変化が激しいのも、販売職がきつい原因です。

 

どの販売職でもドンドン新商品やサービスが出てくるので、それを覚えるのが一苦労です。

 

若い世代の時は物覚えも良いので問題ないかもしれませんが、年齢を重ねていくと新商品について行き続けるのはキツいものがあるようです。

 

販売職スタッフ正社員が将来きつい理由

目次

 

諒

では次に、販売職スタッフ正社員が将来きつい理由についてご紹介していきます。

 

今後の社会情勢的影響が大きい

目次 1

 

今後の社会情勢的影響が大きい点において、飲食社員が将来底辺に陥る可能性が高い理由です。

 

具体的には「外国人スタッフの増加」「機械化による置き換え」の危険性が高いと言えるのです。

 

外国人スタッフの増加

目次 2

 

まず一つ目のリスクは、外国人スタッフの増加です。

 

極端な言い方をすれば「コミュニケーション能力が低くてもある程度対応可能・特殊なスキルが必要ない仕事」なので、人件費は安い方がメリットが大きいのです。

 

しかも発展途上国から日本にやって来て働く意欲のある人間は「野心・向上心が旺盛」なので、言語の壁をクリアできていれば非常に優秀と言えます。

 

即時翻訳機能の成熟

目次 3

 

外国人スタッフの増加と合わせて懸念すべきなのが、即時翻訳機能の成熟です。

 

現在は「自分の脳みそで言語対応」しなければならない時代ですが、旅行などの簡単な言語の壁なら「ポケトーク」などの翻訳機で乗り越えられるようになりました。

 

そして今後「即時翻訳機能を持った翻訳機」が発売されれば、言語の壁を乗り越えて活躍できる人材が続出します。

 

 

必然的に「発展途上国から来る優秀な人材」が、比較的入社ハードルの低い飲食社員になる可能性は想定できるわけです。

 

実際すでに「日本在住の外国人スタッフを採用して、母国出店時の幹部候補として育成している会社」も増えています。

 

このように「日本人以外の人間と競争になる影響」を既に受け始めているのが、飲食業界と言えるのです。

 

機械に奪われやすい働き方

目次 4

 

機械に奪われやすい働き方という点でもリスクがあります。

 

とくに「簡単な調理・配膳」は機械でもできるようになりつつあるので「機械を上回る手仕事や精緻な職人技」にでも昇華しない限り、機械に取って変わられる可能性が非常に高いのです。

 

しかもヒューマンエラーがない分、一定の同じ作業を淡々と繰り返すのは機械の方が優れていることが多い上、人件費を払うより機械を導入した方がコストが低くなるケースもあるわけです。

 

\【残業・休日出勤対策】1秒でも多く自分の時間を取り戻すノウハウ関連記事はこちら!/

販売職スタッフがきつい体験談

目次

 

諒

では次に、販売職スタッフがきつい体験談についてご紹介していきます。

 

※僕はゲーム販売店の販売職経験があるので、その時の経験をご紹介します。

 

理不尽なクレームで難癖つけるクズ

目次 1

 

僕はゲームショップの販売職をやっていたのですが、そこでは理不尽なクレームで難癖つけるクズが後を断ちませんでした。

 

とくに印象的だったのが「ゲームの攻略情報を電話で問い合わせてくるオッサン」です。

 

僕のいたお店で買って行ったRPGゲームで先に進めなくなった時に「攻略本の内容を電話で教えてくれ」と要求してくる困ったオッサンが、定期的に電話をかけてきたのです。

 

 

周りに友達や話せる人がいないのか?週に1回は電話をかけてきて「●●のゲームの●●のアイテムが見つからないんだけど、どこにあるか教えて?」と相談してくるのです。

※当時はネットが普及していなかったので、皆攻略本を買ってゲームを攻略していた時代

 

最初「丁寧に相談を受けてしまった」のが災いして、このように定期的にかかってきたのですが、理解力が無いアホだったので、電話対応に毎回一時間ほどスタッフの時間が割かれていました。

 

しかもレジ前にお客様が一杯になったので切りますと言うと「お前は客を選り好みするのか?」と難癖付けてくるクズっぷりでした!

 

 

僕も一度「あのですね?良い加減にしてくださいよ?毎回何分電話に張り付いてると思ってるんですか?とんでもない迷惑です」とキレて切り返したのです。

 

そうしたら「とんでもない?その言葉遣い自体間違ってるぞ?バカかお前は?」と逆ギレされました。

 

 

結局数十分口論して終わりましたが、今思い出しても「死んで欲しいくらい鬱陶しいハゲ親父」だったことを覚えており、クソ腹が立ちます!

 

※店頭で同じ声の人間だと接客で分かり、顔が割れた後は店に来なくなったので、ネットの「匿名で誹謗中傷する肝っ玉の小さいクズ」と同じ神経だったようです

 

買取金額が低いと怒鳴るヤンキー

目次 2

 

買取金額が低いと怒鳴るヤンキーも、販売職を行っていた時に出会ったクズクレーム客です。

 

当時は「ゲーム箱の汚れ」「記録媒体(CD/DVD)に傷があった場合の研磨費用減額」などで値下がりがあったのですが、それに難癖を付けてくるヤンキーが定期的に来たのです。

 

 

買取金額が下がった理由を説明する度に「はぁ?これくらい問題ねーだろ!アホか?」「そん位そっちが損かぶれや?!」と大声でクレームしてくるのです。

 

結局店長も一々クレームしてくるのが面倒になったので「あの客の買取は、Aクラス買取(値引きなし)にしといて良いよ」と諦めてしまったくらいですから…。

 

 

とはいえ心理学の勉強をしてきた今の僕なら分かるのですが、そんなヤンキーはきっと「他の誰かから理不尽なプレッシャーを掛けられている可哀想な存在」だったと分かります。

 

なぜなら人は「誰かにされた事と同じ不快感を、誰かに与えたくなるもの」なので、普段からムチャクチャ言われる仕事や生活環境にいるから「荒んだ人間」になっているだけなのです。

 

しかしそんな可哀想な底辺クズ人間を相手にしなければならない時があるのも「不特定多数の顧客と関わる販売職」の辛いところと言えるのです…。

 

\【上司に腹が立つ】パワハラを現実から消滅するコツ関連記事はこちら!/

販売職スタッフ正社員がきつい!職種転換

目次

 

諒

では次に、販売職スタッフ正社員がきつい!職種転換についてご紹介していきます。

 

なぜなら似た業種や職種では同じ転職原因にブチ当たる可能性が高いので、未経験から別職種にチャレンジするのもアリですよ♪(転職した結果、自分に合っていたりもしますから♪)

 

人前に立つ営業・販売職

目次 1

 

同じジャンルではありますが、人前に立つ営業・販売職がシフトする転職先としてあります。

 

改めて販売職を経験した立場から言わせてもらうと、職種を人前に立つ仕事に変えるメリット・デメリットは以下の通り。

 

人前に立つ仕事への職種転換メリット

コミュニケーション能力が確実に上がる

コミュニケーション能力は人間関係能力であり、時に言うべきことを言う力が付き、自尊心が高まる

インセンティブがあったり基本給が上がるなど、収入UPの可能性が高い

個人の仕事能力を上げることで、周りに合わせず早めに帰ったりも出来るようになる(営業)

人前に立つ仕事への職種転換デメリット

お金や商品のやり取りをベースとした人間関係で動くので、とにかくストレスが多い

面倒なことを言ってくる顧客に対してストレスが溜まる

上司や同僚に気が強い人間が増えるので、内勤職より人間関係問題のレベルが上がる

仕事ができないとかなり直球でダメ出しや悪口を言われる

 

このように良くも悪くも「人と関わる良い点と悪い点が思い切り表面化する」のが人前に立つ仕事の全貌です。

 

そのため離職率も高かったりするので「営業職で収入を上げたい!」「販売職で自分に自信をつけたい!」という確固とした目的がなければ、そもそも職種転換しない方が良いジャンルとも言えます。

 

経理・税務などの専門分野

目次 2

 

内勤の中でもより専門性の高い、経理・税務などの専門分野にステップアップしていくのもアリです。

 

とくに「他の人や機械に代替できる業務」は今後どんどんあなたの手を離れていくので、そうならない分野のスキルを蓄えるしかありません。

 

もちろん経理や税務が「人手のかかる作業からオフィスソフトに置き換わる懸念」もありますが、単純業務よりはもっと先の話です。

 

 

しかも「FP(ファイナンシャルプランナー)など、個人や企業のお金の悩みを解決する仕事」は、コミュニケーションして問題解決する必要性がある分、あなたにしか出来ない仕事になり得ます。

 

そのため「自分がずっと価値を提供できる誇りある仕事は何か?」という視点で、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

WEB系内勤職

目次 3

 

個人的に営業や販売ほどストレスを抱えることなく、収入UPなどを目指せるWEB系内勤職がおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

\【上司に腹が立つ】パワハラを現実から消滅するコツ関連記事はこちら!/

まとめ

 

諒

以上が販売職スタッフ正社員はきつい!辞めたい方向け販売職から転職する方法まとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

 

適職診断@おすすめ3選

向いてる仕事 適職診断
適職で生きていない時の悩み


今の仕事を一生続けていける自信がない…。

今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

もっと好きで得意な仕事で生きることは出来ないのかな?

適職に転職した人の話や体験談を読みたい♪





そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分に向いている適職の見つけ方」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/