営業 やりたくない 転職1

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

営業をもうやりたくない人へ!転職経験者が語るおすすめの転職作法を知りたい!」

相談女性1

相手の思いを感じる顧客対応やコミュニケーション能力が必要だけど、自分は苦手なお客様ばかりだし、会社の契約販売実績に即したノルマ達成計画は厳しいからストレスが多い…。

相談男性2

プライドの高い強い世界で失敗すると辛いのは業界・業種問題で、上司や社内の先輩社員関係の悩みが絶えないから異動した方が良い?成果主義が不向きな人へのメリット・デメリット解説がほしい!

相談女性2

トップに信頼される行動ができる目標達成型人間になる方法や、初対面でも上手く新規開拓チャレンジして商談できるようになるコツ、成績アップして自信をつけるたり、キャリア・年収アップするコツを知りたい♪

相談男性3

退職して辞める理由を作るには?営業経験で可能な職種転換職業の特徴や、就職求人サービスとして「転職サイト登録」「転職エージェントサポート」のどちらに相談するのが良いか紹介して♪

相談女性3

性格や強みを活かす質問回答後に正社員の働き方提案してくれる、おすすめ無料適職診断情報や転職活動の方法(スキルチェック〜面接〜採用)を知りたい!

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕もメーカー営業がつまらないと感じて「自動車業界」「通信系IT業界」を離れた経験があるので、今のあなたの気持ちが痛いほどよく分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「メーカー営業がつまらない理由と、おすすめ転職方法・職種選択」を具体的に紹介します♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断を行うメリット

目次



なお最初に補足として、適職診断を行うメリットについてご紹介していきます。



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



毎日のストレスをDOWNできる

目次 1



毎日のストレスをDOWNできるのが、適職に転職する一番のメリットです。



なぜなら「自分が好きor得意な仕事に就いて自尊心を育むことで、思い通りの現実を創造したり、選択する力」を育めるからです♪





例えば嫌いor苦手な仕事で働いている人は「冒険気質なのにガマン中心の仕事」「運動が苦手なのに肉体系労働」など「どうせ自分なんて…」という「自分を苦しませる判断基準」で働いているので苦労します。





しかも不適職で働く人ほど「仕事がサビ残だらけで時間を奪われる」「人間関係がイライラと深いさの毎日で、人や自分のことが嫌いになる」という我慢の現実を生きている可能性が高いのです!



しかし適職に転職することでメンタルが安定し、「苦痛が不適職時代よりはるかに少なく、毎日を過ごせる」「好きなことや楽しいことを楽しめる精神的・経済的余裕が生まれる」というメリットが生まれますよ♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



自尊心UP=幸福度UPできる

目次 2



自尊心UP=幸福度UPできるというメリットもあります。



なぜなら「嫌いor苦手な不適職で働く人ほど、自分を苦しませるクセが強い」一方で「好きor得意な適職で働く人ほど、自分を喜ばせるクセが強い」人間になっていけるからです!





例えば僕は数学などの理系が大嫌いなのに「数学的素養がメインのIT系技術営業」は、ストレスが強すぎて、リボ払いで借金地獄にだったことがあります。



なぜなら「自分を苦しませて、努力しながらお金を稼ぐ毎日」が、お金や人間関係も「努力と我慢の毎日」を引き寄せ続けていたからです。





しかし、適職診断により判明した「本にまつわる仕事=物書き/WEBライター」に転職してからは、自分の得意分野だったので、毎日夢中で働けた上に「プライベートも夢中が増えた」のです。



物書き/WEBライターに転職した後の変化


お金=6年近くリボ払いの借金漬けだったのが、借金0になった上に、毎月それなりに使っているつもりでも、月数万円貯金できる余裕ができた

時間1=メンタルが安定したので「行きたかったレストラン」「ちょっとした旅行」など、我慢していた事も夢中でできる精神的・経済的余裕が生まれた

時間2=定時帰りになった上、年収はIT営業時代より減ったが「副業ブログで月1〜3万円レベルまでは稼げるようになり、収入はほぼ横ばい」に回復したので、結果的にIT営業時代より幸福度が激増した♪

人間関係=自分の得意分野で仕事ができるようになったので「憧れです♪」「あなたのお陰で成果が上がりました♪ありがとうございます♪」と取引先に感謝されたり、社内で褒められる機会が増えた





このように、不適職から適職に転職したことで、不適職時代には考えられなかった幸福度UPを実現できたのです♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



我慢・努力・夢中の生き方

目次 3



そして適職・不適職で思い出すのは、「我慢・努力・夢中の生き方」です。



格言


我慢は努力に勝てず、努力は夢中に勝てない





つまり「我慢している人<努力している人<夢中になってる人が一番稼げたり幸福度が高い」ということです。



それまで「仕事は辛く苦しんだ対価」と思っていた僕にとってはカルチャーショックでしたが「お金は喜びの対価」と価値観を変えてから、お金を受け取ることへのストレスが激減しましたから♪



僕の我慢・努力・夢中時代


我慢ばかりで自己否定と抑圧の毎日=教育関係OA事務職時代の「裏方で無機質に働き続けた時代

努力ばかりでイライラと発狂の毎日=通信IT系営業マンに転職して「設計図や数値を扱う苦手分野でストレスを溜め込み続けた時代

夢中ばかりで快適で安心幸福な毎日=転職系WEBライターに転職して「人の喜怒哀楽を扱い自尊心を復興する、毎日夢中に働く時代





そして僕は今「自分の記事を通して日本人の自尊心を復興することに夢中」なわけですが、あなたが今の人生に「我慢」「努力」しているなら、引き寄せる現実を変える為に、自己投資を行うべきですね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



適職で収入選択肢が増える例

目次 4



また、適職で収入選択肢が増える例についても補足しておきます。



先ほどお伝えした通り、適職で働くと夢中になってレベルUPできるので、自尊心UPが可能となります。



その結果の一つとして「自分が好きなことor得意なことで稼ぐ現実にOKが出しやすくなる」というメンタルブロックの解除が起こったりするのです。





その結果、僕のように「本業の会社員では収入UPできなくても、副業で稼げるようになる」という選択肢が生まれたりします。



例えば某スキル売買サイトでは、以下のような「自分が社会還元できるスキル」を持っていれば、月5万円程度は稼げるチャンスを得られるのです。



給料以外で収入を得るチャンス


イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで

デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで


動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで

音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成

IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

占い系=占い自体から占い師養成まで

勉強系=資格取得アドバイスから就職・転職サポートまで





挙げればキリがありませんが、このように「趣味?と思っているようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです。(雑貨販売やネットショップ開設という手もあります)





そして実際に僕の知っている人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。



僕の知ってる副業・スキル活用者例


美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)

プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)

飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者





もちろん「絶対起業だ!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源を持てる適職」で働いていると、それだけでかなり将来の安心度が増しますよ♪



ぜひ、以下のリンク先から「あなたにとって快適&幸福度が高い、好きor得意を活かせる適職」を見つけて、幸福度をレベルUPする参考にしてくださいね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



営業をやりたくない転職原因(新規開拓)

目次

 

諒

ではまずはじめに、営業をやりたくない転職原因(新規開拓)についてご紹介していきます。

 

断られ続けるストレス

目次 1

 

断られ続けるストレスが重なってくると、病む瞬間が訪れます。

 

断られ続けた時の病む気持ち

全然売れる気配がない…。

「お断りします」ばかりで、自分を否定されているみたいに感じてきた…。

 

このような気持ちが心の中に芽生え始めたら要注意です。

 

暴言やきついクレーム

目次 2

 

暴言やきついクレームに遭遇して、病む瞬間もあります。

 

実際僕も新規開拓経験の中で、様々な暴言やクレームを経験してきました。

 

断られ続けた時の病む気持ち

お前んところからもう商品買ってるわ!ちゃんと情報確認してから連絡してこい!

そんな商品買っても金の無駄!もうかけてくるな!

デリカシーのない会社だな?ネットに悪い口コミばら撒くぞ!

 

こういったお叱りの言葉を戴いた時に「あ〜あ〜、俺何やってるんだろう…。」と悩み苦しんだことは、数え切れないほどあります…。

 

周りに相談できる人がいない

目次 3

 

周りに相談できる人がいないことで、病む瞬間もあります。

 

同じ社内や組織に「自分と同じ境遇を味わっている仲間」「かつてそれを乗り越えた先輩」がいれば、一緒に愚痴ってストレスを緩和できます。

 

しかし「周りに相談したり愚痴を言い合える仲間がいない」と、ある時「あぁ、この苦しみは自分だけなんだな」という絶望感に取り憑かれてしまうものです。

 

上司に怒られる

目次 4

 

お客様だけではなく上司に怒られることで、病む瞬間もあります。

 

上司に怒られた時の病む気持ち

ちゃんと受注は取れたんだろうな?

いつまで未達を続けるつもりだ?

成果が上がらなければ、クビになるぞ?

 

僕自身もこのような言葉を浴びせられて、精神が病みかかった経験があります…。

 

自分の将来への絶望感

目次 5

 

自分の将来への絶望感に行き当たり、病む瞬間もあります。

 

自分の将来への絶望感で病む気持ち

この仕事を続けていける自信がない…。

将来このままで良いと思えない…。

この仕事は自分に合っていない…。

 

このような気持ちが出始めていたら要注意です。

 

そのためうつ病などの最悪の事態を避けるために「今スグではなくても休職したり転職できる準備をしておく」のがおすすめですよ♪

 

古臭いとしか思えない

目次 6

 

古臭いとしか思えない気持ちが頂点に達した時も、病む瞬間です。

 

ハッキリ言って昭和の時代とは違い「突然営業マンが連絡してきて、営業をかけられる経験を持つ人」は激減しています。

 

しかも電話の受け手は、電話がかかってきた時点で時間を奪われるわけなので、タイミングによってはかなり不機嫌になることも多いやり方です。

 

 

実際僕も「古臭いことやってんじゃねぇ!こっちの予定を考えろ!」と批判されてガチャ切りされることもありましたからね…。

 

成功確率の低さに腹が立つ

目次 7

 

成功確率の低さに腹が立つ気持ちが頂点に達して、病む瞬間もあります。

 

個人的な体験ですが「ある程度ターゲットを絞れた上で、成約を獲得できるのは4/100件程度」と感じました。

 

これはあくまで「商材購入需要があるターゲットを選別できたリストがある前提」という条件付きなので、無作為にテレアポや新規開拓営業をする場合は、さらに成約率が下がります。

 

 

必然的に「何百件かけても成約が獲得できない」というケースも多いので「これ、いつまでやっても地獄でしかない…」と感じてしまう人は、不適職の可能性と転職を考えたほうが良いでしょう。

 

受付から決済権者に進めない

目次 8

 

ある程度新規開拓やテレアポを実践して「電話相手と繋がれるレベル」に到達しても、受付から決済権者に進めないことで病む瞬間もあります。

 

実際「受付や新人が電話を取る」という会社は多いのですが、そこまでは行けても「実際に商材購入を決定する部門や上役を説得できない」というケースは多いです。

 

 

とくに「古い会社への新規開拓やテレアポが中心」「総務・人事などの営業慣れしていない部門への営業が中心」だと、かなり難易度が高かったりします。

 

実際僕が「大学の教授向けビジネス雑誌テレアポ営業」をしていた時は「高齢者ほど断られる一方で、若手の先生ほど検討が前向きだった」という体感があります。

 

しかしIT系の営業に転職してから「情報システム部や年齢の近い担当者」の確率が増えたので、話が弾む機会があり成約率も上がりましたからね♪

 

 

そのため「テレアポで売る商材のターゲットで、自分が説得しやすいマーケットが中心の会社」でテレアポを行うことで、より快適に営業をかけられやすくなったりします♪

 

もしくは「ルート営業」などのインバウンド中心の仕事に転職することで、強気で売り込むという感覚を減らすことも可能です。

 

職場が監獄・電話がバーベル

目次 9

 

職場が監獄・電話がバーベルという気持ちが強くなって、病む瞬間もあります。

 

「成約が取れない」「上司に叱責されるのが怖い」「仕事自体が辛く苦しい」という感覚が強くなってくると、犯罪者のような気持ちになってきます。

 

 

ぶっちゃけて言うと「1件成約が取れる」「ある程度社内で堂々としてられる成約獲得軌道に乗る」までは、監獄に感じる毎日は続きます。

 

そのためかつての僕のように「頑張って乗り越えるまでは継続する」という選択肢もアリです。

 

 

しかし不得手なことを無理して続けるのではなく、思い切って見限ってしまうのもアリです。

 

世の中には「これ以上伸ばす必要はないと感じる能力」も沢山あるので、心を壊してしまう前に逃げてしまうのも手ですよ♪

 

営業をやりたくない転職原因(ルート)

目次

 

諒

では次に、営業をやりたくない転職原因(ルート)についてご紹介していきます。

 

顔馴染みの取引先がメイン

目次 1

 

顔馴染みの取引先がメインなのが、病む理由です。

 

なぜなら大抵の場合「会社間で関係構築できている」ので、極論を言えば「自分でなくても回る仕事」だからです。

 

そのため「受注を獲得した時の、営業としてのやりがいや楽しさ」に乏しいので、何のために仕事しているか分からなくなったりもします。

 

視野が広がらない

目次 2

 

視野が広がらないという病む原因もあります。

 

「井の中の蛙大海を知らず」ということわざがありますが、メーカー営業で同じ場所を繰り返し訪問しているだけだと、まさに大海を知らないまま時が過ぎていくのです。

 

しかも「同じことの繰り返して発展・成長していない」と、万一倒産や解雇にあった時に悲惨です。

 

 

そもそもメーカーは離職率が低いので求人があまり出ないので、もし転職先で同業種の能力をベースに転職する場合は難易度が上がります。

 

さらに「単なる御用聞き営業」しかしていなかった場合、同じ営業でも能力さが歴然としているので、社内で使い物にならない可能性が高いです。

 

そのため「営業能力があるからどこでも良い」という気持ちで転職すると、広告や不動産などの百戦錬磨の営業を目の当たりにした時に衝撃を受けると思います。

 

ノルマが比較的達成しやすい

目次 3

 

ノルマが比較的達成しやすいのも病む理由です。

 

つまらない根本原因は「自分がいなくても他ができる仕事」という面や、難易度が低くて手応えがない面が大きいです。

 

 

そして御用聞き営業しているだけでノルマを達成できてしまうと「実力で受注を勝ち取った手応えや、お客様からの感謝」という感動はほぼ皆無です。

 

もちろん「1件の受注を得る大変さ」はデメリットにもなり得ますが、それを乗り越えて得た成果は泣きそうなほど嬉しかったりしますからね♪

 

単なる中継ぎ営業ばかり

目次 4

 

単なる中継ぎ営業ばかりという病む原因あります。

 

なぜなら「社内にスペシャリストがいる」ので、その人をアサインするだけのケースが多いからです。

 

そのため「担当エンジニアや開発者」を連れていくだけの中継ぎ営業になると、自分がいる理由はほぼなくなるのです。

 

お客様との駆け引き交渉ばかり

目次 5

 

お客様との駆け引き交渉ばかりという病む原因もあります。

 

基本的に商品やサービスのことを取引先は知っているので、営業は基本的に「どれだけ値下げできるか?」という話に終始することが多いです。

 

そのため「来る日もくる日も金金金」というストレスやめんどくささを感じて、つまらなさと共に転職していくケースも多いのです。

 

営業をやりたくない!転職希望の叶え方

目次

 

諒

では次に、営業をやりたくない!転職希望の叶え方についてご紹介していきます。

 

転職を考える

目次 1

 

転職を考えるというのは、選択肢としてアリです。

 

なぜなら「自分に合っている環境や働き方のほうが、やりがいがUPする」からです。

 

もちろん今スグ転職する必要はありませんが、少なくとも「情報収集だけ始める」だけでも、視野を広げるメリットを享受できますから♪

 

業界問題=業種変換

目次 2

 

例えば業界問題=業種変換と考えることができます。

 

「今売っている商材は、本当に自分が心から貢献したいと思えるものか?」「もっとワクワクする商品を扱う業種はないか?」という自問自答をするわけですね♪

 

 

例えば僕の場合「ビジネス雑誌を大学生に売る営業」をしていた時がありましたが、正直言って内心では「俺が学生時代に、ビジネス誌欲しいと思わなかったな…」と心に一抹の疑問がありました。

 

しかし「転職情報を扱う仕事(WEBライター)」に転職してからは「現状を良くする為には、絶対に転職を考えたほうが良い!なぜなら俺がそう確信して行動してきたから♪」という情熱を感じました。

 

 

他にも「年功序列系の古い会社」は上からの指示が絶対で「やらされ感」が強く、正直つまらないと感じていましたが、同年代が多い会社では「一緒に創ってるやりがい」が強かったりもしました♪

 

このように「業種を変えることで、やりがいが強まるケースは多い」ので、そのような「自分がやりがいを感じる業種の情報収集を行うメリット」はあると言えます。

 

営業問題=職種変換

目次 3

 

営業問題=職種変換という選択肢もあります。

 

これは積み上げてきた営業経験を放棄する可能性もあるので、正直ちょっと大変ですが、上手くいけば働きやすさが大幅UPするかもしれません。

 

実際僕は「事務・営業・WEBライターという3つの職種を未経験から経験」してきましたが、働き方ややりがいは全く異なっていたと感じていますから♪

 

 

例えば「将棋や囲碁が好きで、本当は1対1より戦局を優勢に進めるのが好き」であれば、営業から企画系やマーケティングにステップUPを考えることができます。

 

他にも「商品を売ることよりも、育てたり育成が好き」であれば、人事系に職種転換・ステップUPもアリと言えます。

 

このように「自分が情熱を持って注げる職種」を考えて社内異動願いを志すか?それを受け入れてくれる会社の情報収集を、リクナビネクストなどの転職サイトで始めるのがベターですよ♪

 

\メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

 

\【上司に腹が立つ】パワハラを現実から消滅するコツ関連記事はこちら!/

営業をやりたくない!転職用職種転換例

目次

 

諒

では次に、営業をやりたくない!転職用職種転換例についてご紹介していきます。

 

なぜなら似た業種や職種では同じ転職原因にブチ当たる可能性が高いので、未経験から別職種にチャレンジするのもアリですよ♪(転職した結果、自分に合っていたりもしますから♪)

 

営業職・販売職

目次 1

 

人前に立って話したりするのが得意なら、同じジャンルですが営業職・販売職がシフトする転職先としてあります。

 

改めて営業職を経験した立場から言わせてもらうと、職種を人前に立つ仕事に変えるメリット・デメリットは以下の通り。

 

人前に立つ仕事への職種転換メリット

コミュニケーション能力が確実に上がる

コミュニケーション能力は人間関係能力であり、時に言うべきことを言う力が付き、自尊心が高まる

インセンティブがあったり基本給が上がるなど、収入UPの可能性が高い

個人の仕事能力を上げることで、周りに合わせず早めに帰ったりも出来るようになる(営業)

人前に立つ仕事への職種転換デメリット

お金や商品のやり取りをベースとした人間関係で動くので、とにかくストレスが多い

面倒なことを言ってくる顧客に対してストレスが溜まる

上司や同僚に気が強い人間が増えるので、内勤職より人間関係問題のレベルが上がる

仕事ができないとかなり直球でダメ出しや悪口を言われる

 

このように良くも悪くも「人と関わる良い点と悪い点が思い切り表面化する」のが人前に立つ仕事の全貌です。

 

そのため離職率も高かったりするので「営業職で収入を上げたい!」「自分に自信をつけたい!」という確固とした目的がなければ、そもそも職種転換しない方が良いジャンルとも言えます。

 

経理・税務などの専門分野

目次 2

 

内勤の中でもより専門性の高い、経理・税務などの専門分野にステップアップしていくのもアリです。

 

とくに「既に何らかの資格系内勤職」で働いているのであれば、それを生かして別業界に転職するのもアリです。

 

 

しかも、現在はそんな働き方をしていなくても「FP(ファイナンシャルプランナー)などの仕事」は、勉強して仕事に昇華するチャンスもあります。

 

そのため「自分がずっと価値を提供できる誇りある仕事は何か?」という視点で、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

WEB系内勤職

目次 3

 

個人的に僕がとった選択肢ですが、収入UPなどを目指せるWEB系内勤職もおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

すでにプログラマーやエンジニアとして活躍しているのであれば、それを自動車業界以外の場所で使えるようになれば良いのです。

 

そして僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

まとめ

 

諒

以上が営業をもうやりたくない人へ!転職経験者が語るおすすめの転職作法のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

 

適職診断@おすすめ3選

向いてる仕事 適職診断
適職で生きていない時の悩み


今の仕事を一生続けていける自信がない…。

今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

もっと好きで得意な仕事で生きることは出来ないのかな?

適職に転職した人の話や体験談を読みたい♪





そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分に向いている適職の見つけ方」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/