試用期間 辞める 気まずい

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「試用期間で辞めるのが気まずい…堂々と退職するコツを知りたい!」

相談女性1

退職意思を伝える場合は「2週間〜1・2ヶ月前」でOK?辞める時の円満な伝え方は「一身上の都合」がベスト?

相談男性2

「転職サイト」「転職エージェント」など、口コミで評判の求人サービスは?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も派遣など「研修〜試用期間中に辞めるのが気まずい時」に退職した経験がある為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「試用期間で辞めるのが気まずい時対策」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

試用期間で辞める=気まずい【退職OK】

試用期間 辞める 気まずい 退職OK

 

諒

ではまずはじめに、試用期間で辞める=気まずい【退職OK】についてご紹介していきます。

 

仕事が非常に厳しかった

 

仕事が非常に厳しかったという理由は多いです。

 

実際、僕が勤めた「準官公庁系の通信IT系営業職」では、勤めていた2年ほどの間に、後輩が10人ほど辞めていきましたから…。

 

 

とはいえ「難しい仕事からスグ逃げる人」というイメージを、次の転職先面接で持たれない為にも「ある程度自己防衛した!という考え方を持っておく」のがベターです。

 

具体的には「高度な知識が必要な業界なのに、未経験者も即戦力レベルをスグ求められ、そもそも在籍し続けるのが非常に厳しかった」などです。

 

このように、面接官が聞いても「それは仕方ない…」と思われる筋書きが必要ですよ♪

 

社員を大切にしない環境だった

 

社員を大切にしない環境だったという理由も多いです。

 

実際、求人票だけでは分からなかった社風や働き方に違和感を感じ、早めに辞める人は多いです。

 

具体的には「毎日壁に向かい、営業職が全力で声出ししている異常な状況だった!」「ノルマ未達時の叱責が尋常じゃなかった」などの正当理由があれば、辞めても仕方ないと言えるでしょう。

 

将来に不安を強く感じた

 

将来に不安を強く感じたという理由もあります。

 

例えば、僕が一時期一緒に働いた同僚は、以下のような理由で「大手企業を退職した」と話してくれました。

 

誰もが知る大手企業を退職した人の話

  • 「某大手飲料系メーカー・営業職(正社員)入社」したが、土日出勤常態化の環境にストレスが溜まった
  • 直属の上司が「子供の運動会に参加しながら、PCでリモート業務していた」という話を聞き、将来に絶望して退職した

 

このように「給与・福利厚生面は恵まれている大手企業勤務にも関わらず、ワークライフバランスが崩壊していた」という理由で、そのレールを外れたのです。

 

他にも、僕は「自動車営業・ルート営業」を新卒入社後3ヶ月で辞めたのですが「仕事のノルマがキツく、ストレスが溜まっていた時」に、先輩の以下のような発言を聞き、早期退職を決めたのです。

 

3ヶ月で退職する気持ちになった引き金

  • 10年上の先輩が「毎日昼飯がカップラーメン」だった為、その事を質問したら「俺のお小遣いは月3000円食費込みなんだよ…」と言われ、10年後の将来像に幻滅し、退職した

 

このように「その会社での10年後の姿に恐怖を感じた」のが決め手となり、ある時所長に「辞めさせて下さい!」と宣言して、飛び出してしまったのです。(思い返せば英断でした♪)

 

求人情報と著しく相違があった

 

求人情報と著しく相違があったという退職理由もあります。

 

実際、僕もこのパターンで辞めていますが、この場合で短期離職しても、次の転職先面接で「それは仕方ないね…。」と言ってもらえる確率が高いです。

 

もちろん、嘘を伝えてバレるとマズイですが「本当に求人と実態が異なっていた」のであれば、堂々と伝えて問題ありません。

 

 

例えば「ルート営業と聞いていたのに、実態は新規開拓営業だった」「残業なしは嘘で、実際は深夜までサビ残させて、残業代を払っていなかった」など、著しい反故は問題です。

 

このような「入社させてしまえば、いくらでも言う事を聞かせられる」と思っている腐ったブラック企業もたくさんある為、次回は同じ失敗を繰り返さぬよう、転職活動は慎重に行うべきでしょう。

 

試用期間で辞める=気まずい【体験談】

試用期間 辞める 気まずい 体験談

 

諒

では次に、試用期間で辞める=気まずい【体験談】についてご紹介していきます。

 

新卒3ヶ月で営業を辞めた

 

僕の社会人デビューは、新卒3ヶ月で営業を辞めた現実で始まりました。

 

具体的には「地元・名古屋で社員200人程度の軽自動車ディーラー・ルート営業マン」として働き始めました。

 

 

しかし、当時の僕は「実家暮らし・彼女を作った経験なし・自分に自信なし」という無いない尽くしのダメ人間でした…。

 

その上、以下のようなストレスフルな環境だった為、弱々メンタルでは全然やっていけなかったのです。

 

自動車営業がストレスフルだった理由

  • 営業先は強面モータース屋社長巡り&値段交渉
  • 担当エリアの売り上げが良く、受注がドンドン入ったが、営業所は皆出払っており、相談相手がいなかった

 

そして「ある時営業所で10年先輩から言われた話」が引き金となり、思わず退職を願い出てしまいました…。

 

同僚

俺のお小遣いは月3,000円食費込みなんだよ…

諒

え?…マジっすか?

 

このように「その会社での10年後の姿に恐怖を感じた」のが決め手となり、ある時所長に「辞めさせて下さい!」と宣言して、飛び出してしまったのです。

 

入社1週間でカメラマン退職

 

そして、車の営業マンを辞めた後に転職先が決まったのですが、その後も入社1週間でカメラマン退職しました。

 

具体的には、趣味のカメラ経験を活かして「結婚式場のカメラマン・ベンチャー会社」に採用されたのです。

 

 

しかし「オフィスはマンションの一室」「就業規則が無いような会社で、毎日徹夜続きや会社寝泊まりが当たり前」という環境にビビり、週明けに無断欠勤したのです。

 

そして案の定、携帯に何回も電話が来て呼び出しがあり、渋々出勤しました。

 

そこで、社長から叱責を浴びせられ、土下座して謝りましたが、帰って数時間後に上司から「クビです」と連絡を受けて失職しました。

 

諒

申し訳ありませんでした(土下座)

上司

残念ですが、クビです…。

入社半年で出版社営業をクビ

 

自己都合退職ではないですが、入社半年で出版社営業をクビという経験もあります。

 

具体的には、入社3ヶ月で辞めた自動車営業トラウマを克服する為に「大学の先生向けビジネス雑誌営業で、テレアポ&新規開拓7:ルート営業3」の仕事に就いたのです。

 

 

そして「半泣きになりながらテレアポの毎日」「恐怖を感じながら、新規開拓のドアノックローラー作戦」などを乗り越えていきました。

 

その結果、4ヶ月目でテレアポ成功した先生に「ゼミ生が買う決断を促す為、購入メリットプレゼンをして欲しい」と頼まれたのです。

 

そこは「観光系学部」だったのもあり、売る予定のビジネス誌から「観光系情報を引用」しながら、一生懸命プレゼン資料を作成して提案しました。

 

 

そして、プレゼンが終わった後に先生と別室へ戻り、以下のような感謝の言葉を伝えられたことを、今でも強く覚えています。

 

同僚

友人の中にも「ゼミで何か売らせて欲しい」と頼んでくるのがいるけど、今までは一切断ってました。でも今回大島さんにプレゼンをお願いして本当に良かった♪

諒

ありがとうございます♪(嬉)

 

このような感謝の言葉を戴けたことは本当に嬉しかったです♪

 

その後結果的に、そのゼミからは受注できなかったのですが、先生経由で紹介戴いた同学部の先生から受注が入り、初めてテレアポ成功体験ができました。

 

しかし、一生懸命努力し続けましたが、残念ながら「能力が我が社の基準に満たない」という理由にて、入社半年でクビになりました…。

 

 

※なお「失業保険」「職業訓練」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職不安がある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=職業訓練について知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4.  

入社2ヶ月で新規開拓営業退職

 

その後「出版社営業→通信系ルート営業」で働いた後、入社2ヶ月で新規開拓営業退職もあります。

 

具体的には、お金に困った為「入社がスグ決まると勧められて入った新規開拓営業の仕事」に就いたことがあるのですが、入社前の話と全然違い、2ヶ月で辞めました。

 

聞いた話と実態が全然違ったケース

  • 入社前の事前情報=既にNTT系列で固定通信回線をご利用いただいている企業向けのwi-fiルーター提案営業(既存顧客向けの新商品案内)
  • 入社後の実態=渋谷の飲食店を食べログからリストアップした情報で、ひたすらローラー作戦(金の●、漫画喫茶マンボ●など、明らかにwi-fi設置店などもお構いなしに強制飛び込み)

 

この組織は「東京オリンピックに向けてwi-fiルーターを売り込んでみる」という実験営業部隊だったので、実態が固まっておらずムチャクチャでした…。

 

その為、あまりのブラック企業にストレスがピークとなり「親の紹介で正社員入社が決まった為、地元名古屋に帰ります」と伝えたのです。

 

 

そもそも、派遣担当営業マンも「あまり職場環境が良くない」と分かっていたようで「分かりました。では契約期間を短くしますね」と快く引き受けてくれました。

 

諒

地元・名古屋で正社員転職が決まったので、辞めさせていただきます(嘘だけど…。)

同僚

そうなんですね?分かりました。

 

正直辞めてしまえば二度と会うことは無くなったので、ぶっちゃけ嘘でも辞めることができました。

 

とはいえ「安易な転職は非常に危険」「スグに働けるという組織は、ブラック企業の可能性大」と痛感しました。

 

その為「ある程度ジックリ転職先を考える」「自分の適職・天職を明確にした上で転職活動を行う」「企業分析も行う」必要があると言えるでしょう。

 

半年で辞めた医療系WEBライター

 

その後、適職診断や占いなどの結果を踏まえて、職種転換の一大決心を固めたにもかかわらず、半年で辞めた医療系WEBライターの経験もあります。

 

実は、独学で2年ほど個人ブログを制作していましたが、プロとしてお金をもらって記事を書くのは初体験だったのです。

 

 

そして実際に入社してみると、色々なダメ出し・添削を受けてちょっと鬱(うつ)になったりしました。

 

営業はキャリア数年だった為「相応の自負」はあったものの、WEBライターとしては新卒同然だったので、かなり手痛い経験をしたんですよね…。

 

 

しかも「直属の女上司がヒステリー気味の厄介な姉ちゃん」だったので、1ヶ月に1回は口論になったり喧嘩になったのも、鬱っぽくなった原因です。

 

同僚 女性

記事の質にムラがあり、良い時は感動するのに悪い時は手直しが必要なくらい悪い

諒

コッチは毎日一生懸命やっとるんじゃボケ!ムラなんか気にしとれんわ!アホか!

 

同僚 女性

頻繁にトイレに行って席を離れているけれど、サボっているんですか?

諒

生理現象じゃボケ!そもそも席からトイレが遠すぎるんじゃ!改善を求む!

 

同僚 女性

いつもギリギリに出社してますけど、もっと早く来ないとクビにしますよ?

諒

いやいや、遅刻ワーストに入ってるあんたが言うことじゃないでしょ?アホですか?

 

このような「添削攻めや喧嘩トラブル」が何回もあり、結局半年で自主退職することになりました。

 

とはいえ「自分の気持ちと正当性を伝える」という意味では、WEBライターという仕事に必要な能力だったので、神様からの引き寄せ&天啓だったと今では思っており、感謝しています♪

 

試用期間で辞める=気まずい【退職手順】

試用期間 辞める 気まずい 退職手順

 

諒

では次に、試用期間で辞める=気まずい【退職手順】についてご紹介していきます。

 

契約更新時に辞めたいと伝えればOK

 

まず一番大切な結論からお伝えすると、契約更新時に辞めたいと伝えればOKです。

 

なぜなら、一般的に「会社のルールとして1ヶ月以上前に退職意思を伝える」事になっているので「組織の一員である以上、その規則に従う」のが筋だからです。

 

しかし、試用期間がある場合は「今後どうするか?」を確認されるケースも多い為、その時に辞めたいと申し出ればOKです。

 

 

ちなみに、聞かれるタイミングは各々変わってくると思いますが、僕は「1ヶ月ほど前の末日」に確認されました。

 

1ヶ月前までに退職報告がルール

 

ちなみに聞かれない場合に備えて、退職ルールに関しては1ヶ月前に更新しない報告が一般的です。

 

本当は「法律上2週間前までに退職意思を告げればOK」となっていますが、多くの会社は「就業規則で、1ヶ月前までに要報告」としているケースが大半です。

 

 

とは言え、あまりに理不尽な環境で「もう明日から行きたくない!」と思うなら、退職代行など「強制退職をサポートしてくれる仕組みを活用する」のもアリでしょう。

 

民法の2週間前は派遣非適用

 

ちなみに「正社員は、民法上2週間前に退職意思表示すれば強行退職できるルール」がありますが、民法の2週間前は派遣非適用です。

 

「何で正社員の方が、退職宣言期間が緩いねん!」と怒りたくもなりますが、法律上「現在の日本のルール」だから仕方ありません。

 

 

とはいえ、僕が派遣社員で働いていた時は、急に来なくなったり仕事をバックれる人を何人も見ました。

 

その為「本当にやってられっか!」となった時は「派遣社員の方がスグ辞めるよな(笑)」とも思いましたが…。

 

直属の上司に退職意向を伝える

 

そして、退職意思に関しては直属の上司に退職意向を伝えるのが筋です。(派遣であれば派遣営業担当になります)

 

当然あなたの監督責任者であり、チーム全体の仕事を指揮している為、その人に退職意向を伝えるのが一般的です。

 

 

具体的には「重要な話があると伝えてMTG時間を確保してもらう」など、ある程度まとまった問答時間を確保してもらうのがベターです。

 

諒

すみません。大事な話があるので、MTG予定を入れてもよろしいですか?

上司

あぁ、分かった。予定を共有しておいてくれ。

 

※よほど嫌いな上司であれば「●月末日を持って辞めたいと思います」と伝えてから、上司の対応を見るのもありですが…。

 

勤務時間中は避ける

 

そして退職を切り出す場合には、勤務時間中は避けるのがおすすめです。

 

なぜなら「勤務時間中は“上司も仕事に全集中で他事を考える余裕がない”為、辞める話を聞いてイラッとする可能性が高い」からです。

 

 

その為、具体的には以下のタイミングで伝えるのがベターです。

 

退職意思を伝えるタイミング

  • 定時後で、上司もまだ残っている時
  • 上司が早朝出勤する人だった場合、勤務前に朝イチで宣言
  • 一緒にご飯などへ行って宣言

 

このように「上司が100%責任者マインドではない時間帯&心の余裕がある時」に伝えるのがベターです。

 

そもそも、よほど淡白な上司でない限り「数分〜数十分理由を聞いたりする時間」をとる可能性が高いです。

 

 

その為、その事を踏まえると「業務時間外のタイミング」で言い出したほうが、上司に選択肢を提供できます。

 

だからこそ、個人的には「勤務終了後→昼休憩の後→勤務開始前」といった判断基準で行動するのがおすすめですよ♪

 

※ちなみに僕は、勤務時間中に退職宣言した時「今言うことじゃないでしょう?」と怒られたことがあるので、臨機応変に行動しましょうね…。

 

ポジティブな言い方に変える

 

そして一番大切なことは、ポジティブな言い方に変えることです。

 

例えば、退職理由で良くある「お金」「勤務時間」「人間関係」に関する問題をポジティブに言い換えると、以下のようにできます。

 

ポジティブな言い方変換例

  • 給料が少ないから辞める→もっとチャレンジして自分の可能性を試したい
  • 残業や休日出勤が多くてストレスで辞める→オン・オフを大切にしながら、長く安定して働ける場所に転職が決まった
  • 人間関係トラブルで辞める→長く落ち着いて働ける地元に戻る

 

大事なことは「長く働いて貢献できる場所に転職決定した」「次の場所では、この会社を辞める原因と同じ要素はない」というスタンスで伝えることです。

 

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて「このままでは将来がダメになる…」と感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


その為「半年後に辞めると宣言→退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を開始→ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決定」という危うさで転職先決定しました(苦笑)

僕のヒーローアカデミア ゴミ掃除

出典:僕のヒーローアカデミア


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」という事です。

しかも、ストレスで疲れ切ったり「もうこんな人生イヤだ…」という無気力状態に陥ると、逃げる気力すら湧かず「うつ」「過労死」など、心や体が死んでしまうリスクがあるのです…。

転職サイト登録対策なしorありの例

呪術廻戦 最強

出典:呪術廻戦

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


その為、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、非公開求人数21万件&公開求人30万件以上があり、幅広い要望に応えてくれる為「情報収集だけしたい」「履歴書/職務経歴書など、プロのアドバイスが欲しい」という転職初心者は、登録必須のサイトです♪

諒

備えあれば憂いなし♪

僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア



リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験OK多数」など「20代の就活やり直しサポート」してくれるサイトの為、20代は登録必須のサイトと言えますよ♪

諒

若い頃の苦労は買ってでもしよう♪

呪術廻戦 誇れ

出典:呪術廻戦



Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断は「自分に合った快適な働き方が分かるチェック方法」であり、僕自身「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

諒

自己の可能性の限界に挑戦するぜよ♪



るろうに剣心 答え

出典:るろうに剣心



適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


さらに、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 油断せずに行こう

出典:テニスの王子様