入社2週間で退職

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「入社2週間で退職したい…経験者が語るメンタルを安定するコツまとめを読みたい!」

相談女性2

転職経験がないけど「転職サイト登録」「転職エージェントサービス」を使って「口コミ人気企業の正社員求人」を探す利用テクを知りたい♪

相談男性3

労働時間の少ない仕事に職種転換する為に「副業生活開始or資格取得」して給料の高い仕事に就きたい!その為、キャリアチェンジのメリット・デメリットを知りたい。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「入社2週間で退職したいと思った時期」を何度も経験した為、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「入社2週間で退職したい時にすべき事」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    診断方法:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    リクルートエージェント公式HPへ

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo.1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    Re就活公式HPへ

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選へ

入社2週間で退職したい原因

目次

 

諒

ではまずはじめに、入社2週間で退職したい原因についてご紹介していきます。

 

仕事が非常に厳しい

 

仕事が非常に厳しいという理由は多いです。

 

実際、僕が勤めた「準官公庁系の通信IT系営業職」では、勤めていた2年ほどの間に、後輩が10人ほど辞めていきましたから…。

 

 

とはいえ、仮に辞めてしまう場合も「難しい仕事からスグ逃げる人」というイメージを、次の転職先面接で持たれない為にも「ある程度自己防衛した!という考え方を持っておく」のがベターです。

 

否定 拒否 NO

 

具体的には「高度な知識が必要な業界なのに、未経験者も即戦力レベルをスグ求められ、そもそも在籍し続けるのが非常に厳しかった」などです。

 

このように、面接官が聞いても「それは仕方ない…」と思われる筋書きが必要ですよ♪

 

社員を大切にしない環境

 

社員を大切にしない環境という理由も多いです。

 

実際、求人票だけでは分からなかった社風や働き方に違和感を感じ、早めに辞める人は多いです。

 

具体的には「毎日壁に向かい、営業職が全力で声出ししている異常な状況だった!」「ノルマ未達時の叱責が尋常じゃなかった」などの正当理由があれば、辞めても仕方ないと言えるでしょう。

 

将来に不安を強く感じた

 

将来に不安を強く感じたという理由もあります。

 

例えば、僕が一時期一緒に働いた同僚は、以下のような理由で「大手企業を退職した」と話してくれました。

 

誰もが知る大手企業を退職した人の話

中途採用 放置 退職

  • 「某大手飲料系メーカー・営業職(正社員)入社」したが、土日出勤常態化の環境にストレスが溜まった
  • 直属の上司が「子供の運動会に参加しながら、PCでリモート業務していた」という話を聞き、将来に絶望して退職した

 

このように「給与・福利厚生面は恵まれている大手企業勤務にも関わらず、ワークライフバランスが崩壊していた」という理由で、そのレールを外れたのです。

 

他にも、僕は「自動車営業・ルート営業」を新卒入社後3ヶ月で辞めたのですが「仕事のノルマがキツく、ストレスが溜まっていた時」に、先輩の以下のような発言を聞き、早期退職を決めたのです。

 

3ヶ月で退職する気持ちになった引き金

減少

  • 10年上の先輩が「毎日昼飯がカップラーメン」だった為、その事を質問したら「俺のお小遣いは月3000円食費込みなんだよ…」と言われ、10年後の将来像に幻滅し、退職した

 

このように「その会社での10年後の姿に恐怖を感じた」のが決め手となり、ある時所長に「辞めさせて下さい!」と宣言して、飛び出してしまったのです。(思い返せば英断でした♪)

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

求人情報と著しく相違があった

 

求人情報と著しく相違があったというケースもあります。

 

実際、僕もこのパターンで辞めていますが、この場合で短期離職しても、次の転職先面接で「それは仕方ないね…。」と言ってもらえる確率が高いです。

 

もちろん、嘘を伝えてバレるとマズイですが「本当に求人と実態が異なっていた」のであれば、堂々と伝えて問題ありません。

 

 

例えば「ルート営業と聞いていたのに、実態は新規開拓営業だった」「残業なしは嘘で、実際は深夜までサビ残させて、残業代を払っていなかった」など、著しい反故は問題です。

 

このような「入社させてしまえば、いくらでも言う事を聞かせられる」と思っている腐ったブラック企業もたくさんある為、次回は同じ失敗を繰り返さぬよう、転職活動は慎重に行うべきでしょう。

 

 

なお、今スグ退職しなくても、プライベート確保習慣を確立する事で、メンタルバランスを整えられるケースもあります。

 

具体的には「残業せずになるべく早く帰る」「時にはずる休みする」のもアリです。

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

入社2週間で退職【体験談】

目次

 

諒

では次に、入社2週間で退職【体験談】についてご紹介していきます。

 

入社1週間でカメラマン退職

 

僕は「車の新卒営業マンを3ヶ月で辞めた」のですが、その後も入社1週間でカメラマン退職しました。

 

具体的には、趣味のカメラ経験を活かして「結婚式場のカメラマン・ベンチャー会社」に採用されたのです。

 

 

しかし「オフィスはマンションの一室」「就業規則が無いような会社で、毎日徹夜続きや会社寝泊まりが当たり前」という環境にビビり、週明けに無断欠勤したのです。

 

結婚式

 

そして案の定、携帯に何回も電話が来て呼び出しがあり、渋々出勤しました。

 

そこで、社長から叱責を浴びせられ、土下座して謝りましたが、帰って数時間後に上司から「クビです」と連絡を受けて失職しました。

 

諒

申し訳ありませんでした(土下座)

上司

残念ですが、クビです…。

入社2週間で退職【問題点】

目次

 

諒

では次に、入社2週間で退職【問題点】についてご紹介していきます。

 

スグ辞める危険な印象を与える

 

スグ辞める危険な印象を与えるので、短期離職は好まれません。

 

なぜなら「会社側は資金投入して募集〜入社させる以上、一定以上の貢献を期待している」からです。

 

 

例えば、僕がいた転職サイト企業の求人掲載料金は「最低2週間20万円〜最高60万(オプションを含むと100万越え)」という費用がかかっていましたた。

 

 

さらに、求人情報は他の転職サイトに複数依頼するケースもある為、場合によっては「人員採用する為に“数百万円投資している企業”もある」わけです。

 

そのように、多額のお金を払って採用を決めたのに、スグ辞められてしまっては「求人掲載に使ったお金をドブに捨てたようなもの」になる為、そのリスクを求人企業は回避したいのです。

 

同僚

先輩が監督指導した子、1年で辞めたらしいですよ?

諒

え?マジで!手塩にかけて育てたのに…。

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

他に誇れるスキルや実績がない

 

他に誇れるスキルや実績がない場合も、短期離職者は好まれません。

 

なぜなら「入社させて一から育てなければならない」為「新入社員より教育費用・時間がかかる懸念」があるからです。

 

 

そして「中途=即戦力採用」が一般的な「暗黙のルール」なので、誇れるスキルや経験がない場合は、特殊な転職活動にならざるを得ません。

 

特殊な転職活動の例

中途採用 扱い ひどい

  • 学校卒業後3年以内なら第二新卒エージェントを使う
  • 未経験OKなど一から成長できる企業に応募する

 

このような方法で入社しなければ「歴戦の経験者たちがいる中で、未経験から成長するプロセスになる」為、非常に厳しい勤務となるのです…。(経験者談)

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. マイナビエージェント=求人数5万件以上!丁寧なエージェント対応希望者におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

前職と似た業種・職種で離職を懸念

 

前職と似た業種・職種で離職を懸念している為、短期離職が好まれないケースもあります。

 

なぜなら、同じような業種・職種に勤める場合は「同じようなトラブルが起こる可能性がある=同様の理由で早期離職される懸念がある」からです。

 

その為「この人は同じ理由で早期離職しそう…。」と思われる企業に応募した場合、採用確率がは下がると思っておいた方が良いでしょう。

 

入社2週間で退職【相談/休職/転職】

目次

 

諒

では次に、入社2週間で退職【相談/休職/転職】についてご紹介していきます。

 

信頼できる相談先に申告

 

今の仕事を続けていくことに不安や強いストレスを感じているのなら、信頼できる相談先に申告がベターです。

 

信頼できる相談先

俊敏性

  • 会社の相談窓口に内部通報
  • 人事の責任者に訴える
  • 上司を頼る

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

人事担当者や上司であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

退職代行に依頼

 

ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

 

そもそも、僕の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要です。

 

 

例えば、僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

 

※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

 

しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

 

エンジニア 転職サイト ランキング

 

その為、これ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

 

そもそも僕は何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

 

その為「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

 

 

※なお、以下のリンク先にて「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

転職準備を始める

 

転職準備を始めるのも非常におすすめです。

 

なぜなら、自分の強みを活かせたり、自分に適した環境にシフトできれば、快適・幸福度がだいぶ上がるからです♪

 

貯金 成長

 

例えば、同じ学校に通っていても「数学が好き」「理科が得意」「国語なら任せて♪」「日本史なら自信がある」など、好きor得意な傾向は異なるわけです。

 

仕事もこれと同じで「自分が好きor得意な業種・職種・会社」にマッチしているほど、ストレス少なく現場に向き合えるわけです。

 

 

実際僕は、文系大学・経営学部卒にも関わらず、IT系通信営業のセールスエンジニアとして働いていた時は、毎日が地獄のような苦痛でした。

 

なぜなら「配線図やルート設計図の制作」「通信料配分の計算」など、自分が嫌い&苦手で拒否したはずの「数学&理系的業務」ばかりだったからです。

 

諒

毎日夜遅くまで働いているのに、半人前レベルから抜けられない…。

 

しかし、本来自分の適正に合っていたWEBライターに転職してからは、通信営業時代のストレスが嘘のように快適な仕事人生を確立できたのです♪

 

諒

あ〜♪仕事って楽しいぜ♪

 

このように「自分の長所・強み」を見つめ直すのも大切ですし、今の辛い環境から脱出するために、転職サイトで情報収集を始めるのもおすすめですよ♪

 

 

なお、僕が実際に「自分が働きやすい環境・働き方」に到達する上で、とても参考になったのが「適職診断」です。

 

これは「自分の得意・不得意を棚卸しできる」「自分が認識していなかった強みが理解できる」ため「社会人の自己分析・他己分析」と言えるものです。

 

そして「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

まとめ

 

諒

以上が入社2週間で退職したい…経験者が語るメンタルを安定するコツまとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/

低意欲からの転職サイト登録利点

目次


諒

なお最後に補足として、低意欲からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    診断方法:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    リクルートエージェント公式HPへ

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo.1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    Re就活公式HPへ

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選へ

辛い時は意欲が完全に0



辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


涙 失業

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます。


保険を利用する安心例

休むのも仕事

  • 転職保険=働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避
  • 自動車保険=事故や、慰謝料問題などのリスクを回避
  • 医療・がん保険=高額医療費が発生した時などのリスクを回避



例えば実際に「事故った時」「病気になった時」に「どこに相談すれば良いか分からない…。」「何をすれば安心を取り戻せるか不明…。」だと、メチャクチャ不安ですよね?


しかし「少なくとも相談先が分かっている」「実際にどんな行動を取れば良いかイメージできている」なら、その不安が実際に訪れても、スグ安心を取り戻せるわけです♪


その為「転職サイト」も同じく「過労で倒れる」「ストレスが頂点に達する」「クビになる」など「不測の事態に備える為の保険」として利用できるのです♪

登録だけしておく利点



また、登録だけしておく利点も大きいです。



登録だけしておく利点

適職 不適職

  • 「希望業種・職種」に沿った求人情報を受け取れる&閲覧できるようになり「自分の市場価値が分かる」「転職先イメージが明確になる」
  • 転職エージェントに登録&相談すれば「具体的な応募書類添削&面接対策サポート」「転職相談先」が手に入る



このように「実際に登録しておくだけでも、今より確実に現実が良くなる」と言えるのです♪


しかも「無料で利用&情報収集できる」「市場価値&転職イメージが明確になる」為、とりあえず「今スグ登録」しておいて損はないですよ♪

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【20代転職+適職診断】Re就活

Re就活がおすすめな理由

Re就活



Re就活」は20代専門転職サイトであり「フリーター/既卒/ニート」「就活失敗した若手の"第二新卒枠“就活再挑戦」「未経験職種転換」など、20代の転職をサポートしてくれるサイトです。


さらに「WEBセミナー」「累計1万社以上が参加+年間2万人が参加する転職博」「個性を明確にできる適職診断」なども利用できる為「20代なら必ず登録しておきたいサイト」と言えますよ♪


\20代が選ぶ、20代向け転職サイトNo.1!無料登録して求人を探す/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/