常用型派遣 闇

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「常用型派遣は闇が深い…後悔リスクや脱出のコツを知りたい!」

相談女性1

「派遣切り&労働契約更新なし」で解雇の場合、雇い止め予告はいつ?有期or常用型派遣で企業雇用保険はいつからもらえる?

相談男性3

「転職サイト登録」「転職エージェント」「ハローワーク」など、「おすすめ求人サービス」を知りたい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「常用型派遣は闇が深い…」と分かりつつ、2回の就業経験がある為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「常用型派遣の闇理由+状況改善のコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

常用型派遣の闇【理由】

目次

 

諒

ではまずはじめに、常用型派遣の闇【理由】についてご紹介していきます。

 

正社員並みの責任経験を積めない

 

正社員並みの責任経験を積めないのが、一番の問題点です。

 

なぜなら「無期雇用社員は非正規+αであり、責任領域が狭いから雇用が収入が低い」為、それが増える挑戦をしない限り、将来のリスクがどんどん増えるからです。

 

同僚

私は正社員に近い雇用形態だ!

諒

いや…、だから正社員じゃないんだって…。正規雇用じゃないんだって…。

 

もちろん「自分は将来ずっと独身。最低限の生活しか求めない。何かあってもその時は大人しく死ぬ」という達観した考え方なら良いでしょう。

 

しかし「右肩上がりで生活を豊かにしたい」「将来の不安を減らしたい」のであれば「収入や責任領域を増やす努力」はしたほうが良いでしょう。

 

簡単な仕事領域しか任されない

 

常用型派遣という働き方は、簡単な仕事領域しか任されないのも問題です。

 

とはいえ、常用型派遣で働いた経験者から言わせて戴くと「常用型派遣でも正社員と同等か?下手をすると、正社員以上の責任を持たされる」ケースもありました。

 

 

その為「常用型派遣であろうと、職歴として誇れる経験を積む姿勢」は非常に大切です。

 

上司

お前は正社員じゃなかろう?なら格下じゃないか?可哀想になぁ…。

諒

(お前はこの会社でしか生きていけず、ろくな能力も無いんだから、もしもの時バイト位しか出来ないだろう?)

 

そうすることで「正社員への転職時、職務経歴書に書ける」「副業などのスキルに使える」メリットがあるため、自己研鑽に励むのがおすすめですよ♪

 

※なお「年功序列社会の問題点」などに関しては、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

正社員より失業リスクが高い

 

正社員より失業リスクが高いのもデメリットです。

 

言ってしまえば、常用型派遣とは「派遣より定着させて働かせやすい」「正社員より人件費を抑圧しやすい」存在です。

 

その為、派遣社員レベルに「言うことを聞かせやすい存在」でありながら、クビにしやすい立場で働かされ続けてしまうと言えるのです…。

 

汚れ仕事の可能性アリ

 

汚れ仕事の可能性アリなのもきつい理由です。

 

なぜなら「たらい回しされるリスクがある」為「他の人員が嫌がる職場」「使い捨て要因」に放り込まれるリスクが高いからです。(経験者談)

 

その為「どこに配属されても、人間関係や職場環境が悪い」「どこに行っても、心を許せる仲間が出来ない」という危険性があるのです…。

 

時給や年収が上がらない

 

時給や年収が上がらないというデメリットも大きいです。

 

残念ながら、正社員の場合は「昇進・昇格」で徐々にアップするケースはありますが、常用型派遣は現場からステップアップするルートがほとんどありません。

 

減少

 

実際、僕が常用型派遣だった時に、同じく常用型派遣の先輩がいたのですが、同年代の役職者より「年収が2〜3割少ない」という状況でしたから…。

 

同僚

ボーナスも無いし、一生懸命働いてるのに、なんで正社員より貧乏なんだ!

諒

悔しいなら、転職するか?副業で稼ぐ力を増やすしかないですね♪

 

その為、正社員組よりも年齢を重ねるにつれ「同じことをしているのに、報酬が数割少ない」という現実に、愕然とするリスクが高いのです!

 

※なお、万一に備えて「正社員転職先情報を転職サイトで探しておく」のもおすすめの為、以下のリンク先情報もご参考に♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活=20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

自由度が全然増えない

 

自由度が全然増えないというリスクもあります。

 

なぜなら、常用型派遣は「年収UPが少ない」「部下を持つなど、影響力UPが少ない」為、どこまで行っても変化がないからです。

 

借金 リボ払い

 

その為、若いうちは何となくの「ストレス」であっても、年齢を重ねるほど現実が厳しくなっていくと言えるのです…。

 

上昇志向がすり減る

 

上昇志向がすり減る問題もあります。

 

ずっと何年も昇進・昇給がない場合は、やる気やモチベーションが徐々に下がっていきます。

 

その為「常用型派遣で働き続けてしまうと、上昇志向がどんどん衰えていくリスク」は考えておいたほうが良いのです。

 

否定 拒否 NO

 

ちなみに、僕が常用型派遣時にやっていた「上昇志向維持のコツ」は以下の通りなので、参考して下さい♪

 

上昇志向を強めるor維持するコツ

成長

  • 職種転換を目指して資格取得や自己学習に励む
  • 正社員を目指して転職活動を行う
  • 副業を見越してスキルを蓄える

 

例えば、衰退産業の常用型派遣として働くより、IT業界などの「人材不足&平均年収が高い業界の正社員」にシフトすることで、生活を向上できますよ♪

 

実際若い世代を中心に、10・20万円程度から受講できる「プログラミングスクール」「WEBデザインスクール」の受講者が増えています。

 

※なお「プログラミング・WEBデザイン・動画編集」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

スキルUPスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%!転職コースは転職前提におすすめ♪
  2. テックアカデミー=無料プログラミング体験アリ!適正確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  4. WEBデザインスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  5. 動画編集スクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら

常用型派遣の闇【将来理由】

目次

 

諒

では次に、常用型派遣の闇【将来理由】についてご紹介していきます。

 

社会的信用が低いまま

 

社会的信用が低いままというデメリットがあります。

 

そもそも社会的信用が低い場合は、以下のようなデメリットがあります。

 

社会的信用が低いデメリット

エンジニア 転職サイト ランキング

  • 収入審査に引っかかったり、土地/物件/車購入などの高額ローンを組めない
  • クレジットカードが与信で落ちる
  • 恋人ができたり結婚する時に、ご両親挨拶などでトラブルになる

 

このように「一般的に非正規は未熟者扱い」される為、生涯を通して一人前になりきれない可能性が高いのです(大手のエース社員なら別ですが…。)

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

恋人・結婚の敷居が高い

 

恋人・結婚の敷居が高いというデメリットもあります。

 

あくまで「恋人を作るか?結婚するか?」は選べるのが現代ですが、常用型派遣で薄給だと「相手の親に拒絶される可能性」が非常に高いです。(相手が高収入なら別ですが…。)

 

キック 蹴り

 

とはいえ、雇用形態や経済状況に関係なく「夫婦二人三脚の田舎暮らしで、都会と真逆の人生を楽しんでいる夫婦」がいるのも事実です。

 

その為「自分にとって何が一番大切にしたい価値観か?」という基準に沿って生きれば、肩書きではない「真の幸福」を得られますよ♪

 

景気の影響でクビになりやすい

 

景気の影響でクビになりやすいデメリットもあります。

 

なぜなら、会社は「非正規(パート・アルバイトなど)>非正規(常用型派遣・契約社員など)<正社員」の順でクビにするからです。

 

 

その為景気が悪くなったり、売り上げが減った場合、真っ先に非正規をクビ候補に挙げます。

 

上司

お前、常用型派遣だからクビな。

同僚

どういうことだよ?正社員以上に一生懸命働いてきたのに!

 

そもそも「無期雇用“派遣”」という呼称の通り、組織の中にいるのが「“派遣”=派遣の状態」なので、将来切り離されても文句が言えないのです。

 

その為「雇用形態に左右されず、安心・安全の生き方を獲得すること」が必要になりますよ♪

 

※なお「転職後の自信喪失対策」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

良い企業への転職が厳しくなる

 

良い企業への転職が厳しくなるというデメリットもあります。

 

基本的に年齢が上がるほど転職は厳しくなりますし、即戦力が求められるものです。

 

その為、常用型派遣のまま誇れるスキルや職歴が積み上がっていないと、どんどん良い企業への転職チャンスが難しくなります。

 

求められるスキルが積めていない

 

適当に職場を選んでいた場合ですが、求められるスキルが積めていないというデメリットもあります。

 

実際僕も、事務職(常用型派遣)の時は「誰でもできる・AIに置き換われそうな単純作業」で、不安しか感じなかった記憶があります。

 

その為「自分の確固たるスキルを積んでいる」という覚悟のない職場で働き続けると、結局辛く苦しい未来になってしまう可能性大です。

 

年金・貯金・退職金無しの老後

 

年金・貯金・退職金無しの老後というデメリットもあり得ます。

 

例えばある時期「老後2,000万円問題」という、嘘か本当か分からない「必要な蓄え」が世間を騒然とさせましたが、一昔前なら退職金がおおよそこの金額でした。

 

 

しかし、貯金のみでこの金額を達成しようとした場合、残念ながら現実は以下のようになります。

 

貯金2,000万円達成例

目次 7

  • 40年で毎年50万円ずつ貯金し続ける(月4万円程度貯金)
  • 30年で毎年75万円ずつ貯金し続ける(月6万円程度貯金)
  • 20年で毎年100万円ずつ貯金し続ける(月8万円程度貯金)
  • 10年で毎年200万円ずつ貯金し続ける(月16万円程度貯金)

 

正直言って、平均年収が400万円前半になりつつある現代において、本当にこれが正論なのか?は疑問が残ります。

 

しかも残念ながら「ボーナスや退職金がないor少ない非正規」で、この達成は非常に難しいと言わざるを得ません。

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

貧困やホームレスの可能性

 

自活していける可能性がドンドン狭まる為、貧困やホームレスの可能性もあります。

 

僕の妹はうつ病になって社会人として生きていける可能性がドンドン狭まり、最終的には自殺して一生を終えました。(享年20代前半)

 

生活保護やホームレスが悪いとは言いませんが、自尊心が基本的にはズタズタにやられるので、なるべく避けたい未来と言えます。

 

 

その為、まずは少なくとも「会社を辞める勇気を持つこと」から始めることをおすすめします。

 

今スグ退職しなくても「退職する手順」が分かっていれば、いざと言う時に一歩踏み出せますからね♪

 

その為、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「退職代行おすすめランキング」を紹介しているので、合わせて参考にして下さい。

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

常用型派遣の闇【勤務メリット】

目次

 

諒

では次に、常用型派遣の闇【勤務メリット】についてご紹介していきます。

 

給料は安定しやすい

 

給料は安定しやすいというメリットが大きいです。

 

なぜなら、派遣社員は基本的に時給ですが、常用型派遣は月給制が一般的であり「休日や欠勤数で収入が変動しない安心感がある」からです。

 

とくに時給制の働き方は「お盆/年末年始/大型連休がある月」は万単位で手取りが減る為、これを避けられるだけでも大きなメリットと言えますよ♪

 

交通費など福利厚生UP

 

意外に侮れないのが、交通費など福利厚生UPというメリットです。

 

交通費だけでも「月数千円〜1万円以上」の年収差になりますし、その他の福利厚生もメリットを与えてくれます。

 

その為「派遣社員では得られない福利厚生を最大限利用できる」という点でも、常用型派遣で働くメリットはあります。

 

 

※なお「好条件の就業先を見つける為の転職エージェント相談」もおすすめな為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

大手や有名企業で働ける

 

大手や有名企業で働けるというメリットも大きいです。

 

しかも、正社員募集では中々入社できないような組織に入れるチャンスも多い為、このメリットを利用して数年働くのは、おすすめの選択肢と言えます。

 

俊敏性

 

実際僕も、このメリットを利用して、NTTグループで数年働くことができ「上場企業の最前線で働けるという自尊心」を育めましたからね♪

 

自分の時間を確保しやすい

 

自分の時間を確保しやすいのも、常用型派遣の持つメリットです。

 

フルタイムの「正社員」として勤めると、どうしても「週5日・8時間勤務」以上になってしまいます。

 

 

しかし、常用型派遣であれば「残業なしor少なめ」などもある為、自分の時間を確保しやすいケースが「正社員よりは多い」です。

 

幸福

 

その為「副業や起業など、副収入確保に時間を使いやすい」というメリットもあるのです。

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」なども、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

責任が少ないので精神的に楽

 

責任が少ないので精神的に楽というメリットもあります。

 

ただし、ずっと責任を持たない人生を選び続けると「より責任を取れる人や組織に振り回される」という危険性もあります。

 

減少

 

その為、個人的には「常用型派遣では責任をあまり取らないが、副業などに挑戦し、何らかの責任を取る経験をしていく」というチャレンジは、おすすめしておきます。

 

※しかし、先ほどお伝えした通り、正社員以上に働かされる常用型派遣もあるので、その状況からは早めに逃げた方が良いでしょう。

 

副業などに専念しやすい

 

責任が少ないという面に付随して、副業などに専念しやすいというメリットもあります。

 

というよりも「本業があって、常用型派遣を副業にしている」という感覚が正解かもしれませんが(笑)

 

※なお「副業しやすいWEBライターなどのリアル」「適職診断」なども、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

副業ブログや情報発信勉強

 

時間に余裕があるうちに副業ブログや情報発信勉強もおすすめです。

 

現在はある程度「整ったパッケージ」も売っていたり「ブログの始め方ノウハウ」も広まっている為、初心者が完全独学で始められる程度に、ハードルは下がっています。

 

そして、独学で習得して収入源を作り出すのもOKですし、僕のように会社員として「社会で通用するレベル」まで昇華してから、フリーランス化するのもアリです♪

 

 

なお、実際僕は「通信IT系営業マン→副業ブログ実践→WEBライター転職」した後、フリーランスとして独立した経緯があります。

 

その為、そんな僕自身が実践してきた「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」に関して、以下のリンク先にて各々まとめている為、合わせて参考にして下さい♪

アフィリエイトブログの始め方

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ

 

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。

具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

カイジ 覚悟出典:カイジ



このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。

しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!


そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

カイジ 無気力出典:カイジ



それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪


転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちらが一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
「短期離職で誇れるキャリアがない…」「就活失敗したから、職種転換を含めて未経験OK企業に転職したい」なら、Re就活がおすすめです。

Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験からの職種転換OK企業多数」「転職博でイベント参加できる」など「20代の就活やり直しを徹底サポート」してくれるサイト。

登録するだけなら「スカウトなどは来ても、エージェントからの連絡なし」「情報収集のみに使える」為、キャリアのやり直しを考えるなら、登録必須のサイトと言えますよ♪

Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
「適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 俺が王様だ

出典:テニスの王子様