出世 遅いほうがいい

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「出世は遅いほうがいい?遅れた昇進のメリット・デメリットを知りたい!」

相談女性3

サラリーマンは「仕事で評価を上げる事」が必要?「年収・収入UP」だけでなく「時間の自由度UP」も重要?

相談男性3

社員がこれ以上「管理職まで出世できない」場合は無料転職エージェントを利用すべき?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

出世は遅いほうがいい【メリット】

目次

 

諒

ではまずはじめに、出世は遅いほうがいい【メリット】についてご紹介していきます。

 

出世競争・人事評価からの解放

 

出世競争・人事評価からの解放は、大きなメリットです。

 

もっと言えば「他者評価からの解放」「社会の目・周りの目からの解放」とも言えます。

 

そもそも「出世」「社内影響力の増加」には、以下のようなメリット・デメリットが存在しています。

 

出世のメリット

成長

  • 「年収UP」で生活の物質的裕福度が上がる
  • 「社内影響力UP」でやりたい事が実現しやすくなる
  • 「社内キャリア」が上がり、リストラ対象から遠ざかる

出世のデメリット

減少

  • 「責任」が増える為「長時間残業や接待・会議など」に束縛されやすくなる
  • 「プライベート抑圧」が増える可能性があり「オフや家族との時間を楽しめなくなるリスク」がある
  • 「会社内のみの能力」だった場合、他の企業で通用しない「市場価値の低い人材」に陥るリスクがある

 

このように「責任が増えてありがたいメリット」「責任が増えて迷惑なデメリット」があるわけです。

 

その為、少なくとも出世から外れる事で「会社内でのキャリアアップを断念する」わけですが、一方で「自主独立して優先できるものが増える」とも言えるのです♪

 

過剰な責任・重労働を拒否できる

 

過剰な責任・重労働を拒否できるメリットもあります。

 

そもそも、出世から外れる事は社内評価・人事評価から解放される為「必要以上に周りの期待に応えようとする気持ち」も浄化されます。

 

必然的に「過剰に頑張る事」「必要以上に責任を背負う事」も拒否しやすくなるのです♪

 

上司

大島君。今月は売り上げ達成しているから、もうちょっと頑張ってくれたら、インセンティブも増えるよ?

諒

いえ、必要な貢献は達成しましたし、後は自分の時間を大切にしたいので、ペースはこのままで行かせていただきます。

上司

そ、そうか…。分かった。うん。

 

もちろん「期待値以下を下回る」のは、リストラや左遷リスクに陥る可能性がある為NGですが「一定以上のラインは拒否できるようになる」だけでも、精神的にも非常に楽になりますよ♪

 

サビ残拒否・早帰りしやすい

 

サビ残拒否・早帰りしやすいというメリットもあります。

 

日本企業はどうしても「偉い人ほど朝早く出勤&夜遅くまで仕事」という風潮が強い為、責任が上がるほど「家庭を犠牲にしやすい傾向」があります。

 

人手不足 休めない 体調不良

 

しかし、出世競争から外れる事が出来れば「やる事やって、会社に必要な貢献を達成したら、後は自由」という判断もしやすくなります。

 

※もちろん「あなたが剛腕責任者で、どんどん早帰りして社内雰囲気自体を変えるor変な人扱いを受け入れられる」「現在の会社が、責任者ほど早帰りする風潮」なら、話は別ですが…。

 

 

必然的に「自分や家族の時間を大切にしやすくなる」というメリットは大きいと言えるのです♪

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

 

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

サービス残業のリスク

 

また合わせて、サービス残業のリスクについても補足しておきます。

 

具体的には「サービス残業などで、残業代がつかない正社員」として働いていた場合、時給換算すると悲惨なケースがあるのです。

 

固定残業代で長時間勤務の場合

借金 リボ払い

  • 年収400万円の例(賞与・固定残業代含む)
  • 年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円
  • 33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円
  • 1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このように、たとえボーナスを貰って年収400万円でも「残業代なしで22時ごろまで働いている人」は、アルバイト並みの時給になっているのです。

 

もちろん、月給制には「毎月同じ金額が入る安心感」がありますが、残業が多すぎる場合は「派遣社員のほう時給が高いケースも多い」のです。

 

 

そして出世していき「表面上は年収が上がった場合」でも、時給換算してみるとそれほど増えていないケースもあります。

 

固定残業代で長時間勤務の場合

否定 拒否 NO

  • 年収600万円の例(賞与・役職手当含む)
  • 年収600万円÷12ヶ月=月給約50万円
  • 50万円÷24日勤務(土曜日を4回出勤)=日給2万833円
  • 2万833円÷15時間勤務(残業5h/日)=時給1,388円

 

このように、正社員で出世していても「一緒に働いている派遣社員の方が時給が高い」という現実があるのです。

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職+諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=労働組合対応+安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「お金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=一括比較したい場合はこちら♪

転勤・異動を断りやすい

 

全国に支店・営業所などがある大企業ほど「出世の為に全国転勤族」になったりするわけですが、出世競争から外れる事で、転勤・異動を断りやすいというメリットもあります。

 

もちろん「全国を飛び回るのが好き!」なら、そのスタイルを続けていけば良いですが「何年〜何十年も定住地がない」というのは、それだけでメンタルを非常にやられます。

 

 

さらに「息子or娘がいる」場合、転勤族に付き合わせると、それだけ友達を作れる機会を奪ってしまう為、子育てに良くない可能性もあります

 

転職できない 無能

 

その為「可能な社内ポイント稼ぎから解放される」という点で言っても、出世競争から外れる事にメリットはあると言えるのです♪

 

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

出世は遅いほうがいい【デメリット】

目次

 

諒

では次に、出世は遅いほうがいい【デメリット】についてご紹介していきます。

 

仕事意欲は確実に下がる

 

仕事意欲は確実に下がるというデメリットがあります。

 

俗にいう「燃え尽き症候群」と呼ばれるものですが「今まで社内出世競争・他者評価の為に頑張ってきたモチベーション」が失われます。

 

結果として「会社の仕事にハリがなくなる」「今まで頑張ってきた緊張の糸が緩むor切れる」という感覚に陥ってしまうリスクもあります。

 

転職失敗 人生終わり

 

しかし、経験者として言わせていただくと「他者評価でのモチベーションが切れる→自己評価でのモチベーションを探し始める」という現象を起こせます。

 

必然的に「今の環境に合わせながら成長・出世していく道→自分らしい生き方に成長していく道」になる為、どちらかといえば、最終的にはメリットになりますよ♪

 

給料UPは見込めなくなる

 

給料UPは見込めなくなるというデメリットもあります。

 

残念ながら、会社の給料を劇的にUPするには「昇進」が一番成長率が高い唯一の方法です。

 

必然的に、出世を諦めてから「収入を増やして、生活水準を劇的にUPしたい」場合、会社でそのルートはほぼないと言えます。

 

ボーナス 自分だけ少ない

 

しかし、後ほど詳しくご紹介しますが「転職」「副業」などで収入UPも十分目指せる為、他のやり方でも十分道は拓けますよ♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

リストラ対象になりやすくなる

 

リストラ対象になりやすくなるというデメリットもあります。

 

当然「社内で高い位置につく責任者ほど重用され、平社員や地位の低い社員ほどリストラ対象にやりやすい」です。

 

人手不足 しわ寄せ

 

その為「抜群の貢献度を誇り、出世から外れても安泰な社員」「まずリストラ・早期退職がない組織(公務員・売上が今後も良好な企業)」でない限り、何らかの対策をしていく必要はありますよ!

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

年下・後輩の上司化があり得る

 

年下・後輩の上司化があり得るのもデメリットです。

 

しかし、そもそも「年上でもクソみたいな上司」もいれば「年下でも尊敬できる存在」はいるものです。

 

転職エージェント おすすめ

 

しかし、おそらく「年下+全然尊敬できないクソみたいな奴が上司」というのが、一番腹が立つ最悪のシナリオです。

 

その為、そのような状況に陥っても「市場価値を確かめておき、いざという時は転職して状況好転」「副業で稼いでおき、上司にもNOを言える基盤を育む」などの対策がベターですよ♪

 

 

※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

出世は遅いほうがいい【人事評価問題】

目次

 

諒

では次に、出世は遅いほうがいい【人事評価問題】についてご紹介していきます。

 

実力・実績など能力面問題

 

実力・実績など能力面問題で、出世競争から外れるケースは多いです。

 

そもそも出世とは「上に行くほど、ポストも減る=より優れた人材が選抜されていく」わけです。

 

 

必然的に「同期の中でも優秀な人間が上に行く」「年次が下であっても、優秀な人材が上に行く」という流れになります。

 

転職 後悔 立ち直れない

 

とは言え、後ほど紹介しますが「出世競争から外れた場合の改善策」も確実にある為、気を取り直してキャリアプランを練り直せばOKですよ♪

 

遅刻・欠勤など勤務面問題

 

遅刻・欠勤など勤務面問題のケースもあります。

 

そもそも、出世とは「責任範囲が広くなる&深くなる+部下など指導領域が増える」わけです。

 

必然的に「仕事はできるけど、勤務面がずさんすぎる人」は、出世コースから外さざるを得なくなります。

 

ボーナス 自分だけ少ない

 

もちろん、世の中には「成果至上主義で、実績さえあれば、勤務態度は多少目を瞑る」という組織もあります。

 

しかし「その人の部下も同じような行動を取ってしまうリスク」もある為、結果的に内部の規律が崩壊しやすくなるとも言えるのです…。

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

職場の人間関係・評価問題

 

職場の人間関係・評価問題というケースもあります。

 

「仕事ができる」「勤務態度も良い」としても「この人が上役になるのはちょっとなぁ…。」という場合、職場評価が悪くて出世コースから外れる可能性はあります。

 

転職先 ブラックだった

 

勿論「社内で愛想を振りまけ」というわけではないのですが、世の中には「取引先には良い顔をするのに、社内では横柄な態度の人」も一定数います。

 

他にも「上役にはペコペコするが、後輩などにはパワハラ気質な人」も、昔は出世コースに乗ったかもしれませんが、コンプライアンスの厳しい現在では、このタイプも外れる可能性があります。

 

その為「社外・社内問わずフラットに人間関係を築ける人」でない場合、出世コースから外れる可能性は十分あるのです。

 

 

※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

組織とのミスマッチ問題

 

組織とのミスマッチ問題というケースもあります。

 

例えば「実績重視の会社で、人情強めの人」「体育会系の会社で文系的な人」など「組織の一翼を担う人としては不適格」とされるなどですね…。

 

こればかりは、あなたが現在の会社と波長が合っていないとも言える為、そのまま現状維持するか?転職などでルートを変えるのもアリでしょう。

 

昇進ポストが詰まってる問題

 

昇進ポストが詰まってる問題もあります。

 

残念ながら「出世していくほど、空きポストは減っていくもの」ですし、よほど急成長し続けている会社でない限り、どこかで出世コースは止まります。

 

転職 内定 迷う やめたほうがいい

 

その為、今以上に出世していきたいなら「自ら出世コースを切り拓く」のがおすすめですよ♪

 

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

出世は遅いほうがいい【メンタル問題】

目次

 

諒

では次に、出世は遅いほうがいい【メンタル問題】についてご紹介していきます。

 

消極的+自己否定思考が強い

 

消極的+自己否定思考が強いと、出世コースから外れやすいです。

 

なぜなら「上に立つ者は下を指導する責任がある為、消極的+自己否定思考が強い人は、後陣育成に向かない」からです。

 

転職活動 途中でやめる

 

その為「平社員で活躍してもらう分までは構わないが、出世して課・部を持って貰える器ではない」と判断されやすいのです。

 

他責思考が強い

 

他責思考が強い人も、出世コースを外れやすいです。

 

そもそも「出世=責任者=自分の責任領域を自責で対応する人」の為、他責思考が強い人ほど組織を潰してしまいやすいです。

 

諒

●●さん。前年度の売上実績が30%も未達だったのは大問題ですよ!

上司

それは…。部下のA・B・Cが本当に無能で、アイツらがダメダメなんですよ…。

諒

●●さん。それはあなたの指導育成不足でしょう!?良いです。これ以上は部下の子達も可哀想なので、評価査定の見直しをさせて戴きます。

 

このように「部下・状況や環境・取引先」など、他人のせいにする人は「問題解決せずに迷惑を振りまくだけ」の為、平社員ではギリギリ雇えても、出世させるわけにはいかないのです。

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

成長意欲が弱いorない

 

成長意欲が弱いorない為、出世コースから外れてしまうケースもあります。

 

そもそも「会社は永続的に維持&発展していくもの」として機能しています。

 

その為、強い影響力を持つ責任者に「自己成長を放棄している存在」がいると、成長鈍化&組織崩壊するリスクが出来てしまいます。

 

ボーナス 下がった 辞める

 

その為「出世コースを登っていく人は、自己成長意欲に貪欲な人」が選抜される可能性が高いのは、自然の摂理と言えるのです。

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職+諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=労働組合対応+安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「お金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=一括比較したい場合はこちら♪

出世は遅いほうがいい【将来ルート】

目次

 

諒

では次に、出世は遅いほうがいい【将来ルート】についてご紹介していきます。

 

現状維持して逃げ切る

 

「既に今の会社で十分貢献した」「リストラ対象にはならなそう」なのであれば、現状維持して逃げ切るのもアリでしょう。

 

ただし「人生100年時代」「退職金への課税」など、現状維持で逃げ切れる人は残念ながらドンドン少なくなっています。

 

※例えば、一説によると「年金制度は“1950年以降に生まれた人”にとっては負け確定」とも言われています

 

中途採用 放置 退職

 

その為、あなたが「1970年以前生まれの方」なら「出世諦め+現状維持で逃げ切り」でも何とかいけるかもしれません。

 

しかし、僕のように1970年以降生まれの方なら「出世は諦めても、何らかの対策を講じる」べきでしょう。

 

副業を始めて自由度を増やす

 

副業を始めて自由度を増やすという選択肢もあります。

 

そもそも「出世競争に向き合った事がある方」なら「一定程度の誇り・実力」をお持ちの可能性が高いです。

 

その上で「現状の会社を辞めるつもりはない」のであれば「副業で経済基盤増加にチャレンジ」「仕事経験を他に活かす」のは、おすすめの選択肢です。

 

ハイクラス転職

 

しかも「確定申告のやり方」を覚えておけば、会社員収入と別で副業収入を会社にバレず稼ぐ事が可能ですし、副業収入が増えれば「会社で何かあった時の保険」にも繋がりますから♪

 

 

なお「自分の人生経験を活かす」「低リスクで副業に取り組む」上でおすすめなのが「ブログ」です。

 

具体的には「会社に迷惑をかけない形で、自分の蓄えてきたスキル・知識をブログに注ぐ」「仕事とは別の趣味・興味でブログを始める」という方法があります。

 

そして、以下のリンク先では、「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億円社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ

 

転職して状況改善を図る

 

転職して状況改善を図るという選択肢もあります。

 

例えば、僕の知り合いには「平社員で出世の椅子が詰まっていた所から、転職活動を行った結果“部長待遇”で転職が決まった」などのケースがありました。

 

このように「実力&市場価値が高まっていれば、それを適正評価してくれる会社に転職する事で、年収UPや昇進をゲットできる可能性がある」のです。

 

目次 10

 

その為「今より働き方をプライベート寄りにしたい」「もっと昇進・出世して上を目指せる会社に転職したい」などの思いを、転職エージェントに相談するのもアリですよ♪

 

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=「非公開求人21万人以上」の日本TOPクラスサイト♪
  2. 転職エージェントランキング=一括比較したい場合はこちら♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=体験談を知りたい場合はこちら♪

出世は遅いほうがいい【情報収集】

目次

 

諒

では次に、出世は遅いほうがいい【情報収集】についてご紹介していきます。

 

転職サイトで数打ち

 

転職サイトで数打ちするのもおすすめです。

 

なぜなら「応募上限がない為、比較の意味を兼ねてたくさん応募できる」ので、良い転職先と出会いやすいからです。

 

このように「転職先の情報収集を転職サイトでしておく」のもおすすめな為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活=20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

転職エージェントでジックリ相談

 

転職エージェントでジックリ相談するのもおすすめです。

 

やはり「転職希望条件を伝えて、求人を教えてもらう」「履歴書・職務経歴書の書き方や面接アドバイスをもらう」だけでも、転職成功率は劇的にUPしますから♪

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=「非公開求人21万人以上」の日本TOPクラスサイト♪
  2. 転職エージェントランキング=一括比較したい場合はこちら♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=体験談を知りたい場合はこちら♪

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて「このままでは将来がダメになる…」と感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


その為「半年後に辞めると宣言→退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を開始→ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決定」という危うさで転職先決定しました(苦笑)

僕のヒーローアカデミア ゴミ掃除

出典:僕のヒーローアカデミア


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」という事です。

しかも、ストレスで疲れ切ったり「もうこんな人生イヤだ…」という無気力状態に陥ると、逃げる気力すら湧かず「うつ」「過労死」など、心や体が死んでしまうリスクがあるのです…。

転職サイト登録対策なしorありの例

呪術廻戦 最強

出典:呪術廻戦

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


その為、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、非公開求人数21万件&公開求人30万件以上があり、幅広い要望に応えてくれる為「情報収集だけしたい」「履歴書/職務経歴書など、プロのアドバイスが欲しい」という転職初心者は、登録必須のサイトです♪

諒

備えあれば憂いなし♪

僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア



リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験OK多数」など「20代の就活やり直しサポート」してくれるサイトの為、20代は登録必須のサイトと言えますよ♪

諒

若い頃の苦労は買ってでもしよう♪

呪術廻戦 誇れ

出典:呪術廻戦



Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断は「自分に合った快適な働き方が分かるチェック方法」であり、僕自身「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

諒

自己の可能性の限界に挑戦するぜよ♪



るろうに剣心 答え

出典:るろうに剣心



適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


さらに、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 油断せずに行こう

出典:テニスの王子様