パワハラ フラッシュバック1

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

パワハラのトラウマがフラッシュバックする状況を克服したい!浄化成功者が語る心理学テクや現実逃避用転職術を知りたい!」「うつ病などの病気や退職勧告・解雇などのクビに追い込まれないように対処したい!」

相談女性1

パワハラ上司に仕返しするのに効果的な考えや復讐嫌がらせ、苦痛を与える報復行為は?課長など相手の立場を絶対破壊する訴え方は窓口証拠提出での状況改善要求や賠償賠償の成功確率が一番高い?

相談男性2

会社で部下の仕事を注意して追い込む人の特徴や、問題暴言発言・暴力などのハラスメント被害を作るタイプは?同僚など職場の社内人間関係や厚生労働省などブラック企業労働問題の悩み相談した場合のリスクやメリット・デメリットを知りたい!

相談女性2

「弁護士付き退職代行」「転職サイト無料登録」「転職エージェント」など利用可能な求人サービスの対応先や活動方法、おすすめ対処方法を紹介してほしい♪

相談男性3

業界選びを失敗せずに経験を活かせる場所で働きたい!精神や気持ちが安定する人生が必要だから、我慢から解放されて働く業務ストレス解決したり、しっかり有給休暇取得して時間に余裕がある生き方を実現したい!

相談女性3

辞める理由の作り方や、適性能力や性格を活かせる適職診断の結果参考回答例や、副業などの対策内容を解説してほしい。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕もパワハラされた記憶が何度もフラッシュバックして、それを克服・浄化する方法を沢山探して実践してきたので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「パワハラフラッシュバックを浄化する方法」を具体的に紹介しています♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断を行うメリット

目次



なお最初に補足として、適職診断を行うメリットについてご紹介していきます。



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



毎日のストレスをDOWNできる

目次 1



毎日のストレスをDOWNできるのが、適職に転職する一番のメリットです。



なぜなら「自分が好きor得意な仕事に就いて自尊心を育むことで、思い通りの現実を創造したり、選択する力」を育めるからです♪





例えば嫌いor苦手な仕事で働いている人は「冒険気質なのにガマン中心の仕事」「運動が苦手なのに肉体系労働」など「どうせ自分なんて…」という「自分を苦しませる判断基準」で働いているので苦労します。





しかも不適職で働く人ほど「仕事がサビ残だらけで時間を奪われる」「人間関係がイライラと深いさの毎日で、人や自分のことが嫌いになる」という我慢の現実を生きている可能性が高いのです!



しかし適職に転職することでメンタルが安定し、「苦痛が不適職時代よりはるかに少なく、毎日を過ごせる」「好きなことや楽しいことを楽しめる精神的・経済的余裕が生まれる」というメリットが生まれますよ♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



自尊心UP=幸福度UPできる

目次 2



自尊心UP=幸福度UPできるというメリットもあります。



なぜなら「嫌いor苦手な不適職で働く人ほど、自分を苦しませるクセが強い」一方で「好きor得意な適職で働く人ほど、自分を喜ばせるクセが強い」人間になっていけるからです!





例えば僕は数学などの理系が大嫌いなのに「数学的素養がメインのIT系技術営業」は、ストレスが強すぎて、リボ払いで借金地獄にだったことがあります。



なぜなら「自分を苦しませて、努力しながらお金を稼ぐ毎日」が、お金や人間関係も「努力と我慢の毎日」を引き寄せ続けていたからです。





しかし、適職診断により判明した「本にまつわる仕事=物書き/WEBライター」に転職してからは、自分の得意分野だったので、毎日夢中で働けた上に「プライベートも夢中が増えた」のです。



物書き/WEBライターに転職した後の変化


お金=6年近くリボ払いの借金漬けだったのが、借金0になった上に、毎月それなりに使っているつもりでも、月数万円貯金できる余裕ができた

時間1=メンタルが安定したので「行きたかったレストラン」「ちょっとした旅行」など、我慢していた事も夢中でできる精神的・経済的余裕が生まれた

時間2=定時帰りになった上、年収はIT営業時代より減ったが「副業ブログで月1〜3万円レベルまでは稼げるようになり、収入はほぼ横ばい」に回復したので、結果的にIT営業時代より幸福度が激増した♪

人間関係=自分の得意分野で仕事ができるようになったので「憧れです♪」「あなたのお陰で成果が上がりました♪ありがとうございます♪」と取引先に感謝されたり、社内で褒められる機会が増えた





このように、不適職から適職に転職したことで、不適職時代には考えられなかった幸福度UPを実現できたのです♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



我慢・努力・夢中の生き方

目次 3



そして適職・不適職で思い出すのは、「我慢・努力・夢中の生き方」です。



格言


我慢は努力に勝てず、努力は夢中に勝てない





つまり「我慢している人<努力している人<夢中になってる人が一番稼げたり幸福度が高い」ということです。



それまで「仕事は辛く苦しんだ対価」と思っていた僕にとってはカルチャーショックでしたが「お金は喜びの対価」と価値観を変えてから、お金を受け取ることへのストレスが激減しましたから♪



僕の我慢・努力・夢中時代


我慢ばかりで自己否定と抑圧の毎日=教育関係OA事務職時代の「裏方で無機質に働き続けた時代

努力ばかりでイライラと発狂の毎日=通信IT系営業マンに転職して「設計図や数値を扱う苦手分野でストレスを溜め込み続けた時代

夢中ばかりで快適で安心幸福な毎日=転職系WEBライターに転職して「人の喜怒哀楽を扱い自尊心を復興する、毎日夢中に働く時代





そして僕は今「自分の記事を通して日本人の自尊心を復興することに夢中」なわけですが、あなたが今の人生に「我慢」「努力」しているなら、引き寄せる現実を変える為に、自己投資を行うべきですね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



適職で収入選択肢が増える例

目次 4



また、適職で収入選択肢が増える例についても補足しておきます。



先ほどお伝えした通り、適職で働くと夢中になってレベルUPできるので、自尊心UPが可能となります。



その結果の一つとして「自分が好きなことor得意なことで稼ぐ現実にOKが出しやすくなる」というメンタルブロックの解除が起こったりするのです。





その結果、僕のように「本業の会社員では収入UPできなくても、副業で稼げるようになる」という選択肢が生まれたりします。



例えば某スキル売買サイトでは、以下のような「自分が社会還元できるスキル」を持っていれば、月5万円程度は稼げるチャンスを得られるのです。



給料以外で収入を得るチャンス


イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで

デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで


動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで

音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成

IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

占い系=占い自体から占い師養成まで

勉強系=資格取得アドバイスから就職・転職サポートまで





挙げればキリがありませんが、このように「趣味?と思っているようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです。(雑貨販売やネットショップ開設という手もあります)





そして実際に僕の知っている人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。



僕の知ってる副業・スキル活用者例


美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)

プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)

飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者





もちろん「絶対起業だ!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源を持てる適職」で働いていると、それだけでかなり将来の安心度が増しますよ♪



ぜひ、以下のリンク先から「あなたにとって快適&幸福度が高い、好きor得意を活かせる適職」を見つけて、幸福度をレベルUPする参考にしてくださいね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



パワハラフラッシュバックトラウマ問題点

目次

 

諒

ではまずはじめに、パワハラフラッシュバックトラウマ問題点についてご紹介していきます。

 

生産的な助言が入ってこない

目次 1

 

生産的な助言が入ってこないのが一番の問題です。

 

例えば僕のパワハラフラッシュバックの原点は父親です。

 

そしてそんな父親は「母親から叱ってほしい」と頼まれた時だけ僕に関わってきたので「父親や上の存在=叱る専用の存在」と思い込んでいました。

 

 

そのため人生や仕事において「何を基準にして、何を大切に生きれば良いのか分からない状態」で社会に出て、ニートになったり「やたらと叱られる新規開拓営業」などを引き寄せました。

 

その後紆余曲折を経て一流の社長である師匠に出会い「心の直感に従う」「自分の人生で価値があると思うことをやる」などの基準を与えてもらい、成長する事ができました。

 

※他の細かなアドバイスを含めれば、師匠からのサポートやアドバイスで成長できた瞬間は数え切れません

 

 

僕はたまたま「親のパワハラフラッシュバックで厳しい上司を引き寄せ続けたけれども、育ての親とも呼べる人に出会えた」ので良かったです。

 

しかしそうでなければ、「良いアドバイスやサポートも拒絶してしまうクセ」が染み付いてしまうので、人生の成長が難しい可能性が高いのです。

 

自分に愛情を注げない

目次 2

 

自分に愛情を注げないのも問題です。

 

師匠によく「愛情の反対は無関心だ」と言われてきましたが、パワハラフラッシュバックが生活に危害を及ぼしていると、それが原因で自分に愛情を注げていない場合がほとんどです。

 

なぜなら「愛情の受け取りさえも拒絶してしまうことが多い」ので、愛情が分からない状態で生きてしまうからです…。

 

 

実際僕も「上の存在は無関心+時々パワハラ」という認識になっていたので、転職して10回の上下関係の内、ほとんどが同じようなパターンの上司や先輩ばかり巡り合いました。

 

すなわち「基本的に放置されるが、結果が出てないと叱られる」という負の連鎖の繰り返していたのです。

 

 

幸い先ほどお伝えした「育ての親(師匠)」の教育指導によって「褒めてもらったり認めてくれる上司や先輩」も引き寄せられるようになりましたが、それまで4年ほどかかりましたから…。

 

しかし「パワハラしてくる上司」から逃げることで「親身になって僕のために叱ってくれていると分かる上司」に巡り会えたので、ガマンせずに逃げることもおすすめしますよ♪

 

社会人生活に支障が出続ける

目次 3

 

社会人生活に支障が出続けるという問題もあります。

 

なぜなら「パワハラされた状況と同じ事象が発生した場合に、恐怖がフラッシュバック」するからです。

 

そのため「どういう立ち居振る舞いが正解か?」が分からないので、僕のようにニート経験者になったり、パワハラフラッシュバックの事象と同じ現実ばかり引き寄せるのです。

 

 

 

しかも僕のように「お小遣いも少なめで自己肯定感も低め」だと、低収入の苦しい貧乏生活を引き寄せ続けて大変です…。

 

そのため「転職覚悟でパワハラ相手に一矢報いる」という成功体験を育んだり、「毒親」から解放される訓練をしたほうが良いでしょう。

 

※なお以下の記事にて「パワハラ相手に一矢報いてフラッシュバックを突破した成功体験談」を紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

パワハラフラッシュバック対策(習慣)

目次

 

諒

では次に、パワハラフラッシュバック対策(習慣)についてご紹介していきます。

 

瞑想音楽を聴く

目次 1

 

瞑想音楽を聴く習慣を取り入れるのもオススメです。

 

大好きなアーティストを聴くのもアリですが、Youtubeに上がっているリラックス音楽を聴く、瞑想を取り入れるのもオススメです。

 

 

じっさい僕も昼の休憩時間には、瞑想CDを10分ほど聴いて心身を落ち着ける習慣を取り入れていました。

 

その結果として、仕事前や仕事中もネガティブな気持ちに囚われないようできましたから♪

 

 

このようにネガティブな気持ちに歯止めが効かないのであれば、音楽の力を借りるのもオススメです!

 

また心のデトックスとして有名なハワイの秘術「オポノポノ」を聴き続けるのもオススメなので、以下に合わせて紹介しておきますね♪

 

■「(1時間バージョン)聞くだけ浄化☆オポノポノ☆」(1時間)

お風呂に入るor温泉に行く

目次 2

 

お風呂に入るor温泉に行くのもオススメです。

 

なぜなら「お風呂が好き・毎日入る人ほど幸福度が高い」という調査結果が出ているからです。

 

■「おふろ白書2017」〜おふろと幸福度〜

お風呂白書

出典:NORITZ

 

僕は昔「時間と水道代が勿体ない」という理由で、毎日シャワーで済ませている時期がありました。

 

 

しかしお風呂が「緊張状態を緩和する・体をゆるませる・深呼吸する」というリラックス効果がひじょうに高いことを知り、入浴を習慣化しました。

 

結果的に1週間のメリハリも付くようになったり、幸福エネルギーも増えて、やる気が維持できるようになりました。

 

そのため、かつての僕のように「忙しいからシャワーで済ます生活」を続けているなら、2日に1回でもOKなので、入浴習慣を取り入れるのがベターです♪

 

趣味や恋愛など熱中先を見つける

目次 3

 

趣味や恋愛など熱中先を見つけることで、ON・OFFのバランスを取れたりします。

 

「何のために仕事しているのか?」に対する答えを持つことで、メリハリのついた生活を作れたりします。

 

ほかにも恋人を作ったり、家庭ができて仕事に熱中できるといったケースもあるので、プライベートを充実することで、仕事に行きたくない毎日を革命できたりしますよ♪

 

片付け・断捨離

目次 4

 

部屋などの余計なものを減らす「片付け・断捨離」に取り組むのもオススメです。

 

なぜなら心理学の世界では、部屋の中の状態と心・頭の状態は同じ」と言われているからです。

 

 

そのため部屋が汚いほど、心が汚れていて悩みやネガティブな考えが残りやすい一方で、部屋が綺麗なほど、心もキレイでスッキリした精神状態を維持しやすいです。

 

※言い換えると、「いつか使う物」が多い人ほど「やらなきゃいけないこと」が頭の中に多い一方、「必要十分な物だけ」揃えてる人ほど、シンプルな思考でラクに生きています。

 

 

例えばあなたも試験勉強前には、やたらと部屋掃除や机掃除をしたくなりませんでしたか?

 

あれは問題を解くという「問題を解く(キレイにする)」前に、現実的な周りの空間からキレイにして、問題に向き合っているのだと僕は思います。

 

また本人が部屋をキレイにするのが苦手でも、現代では家事代行という部屋掃除のプロに、月1回程度のスパンで依頼するという手もあります。(5,000円程度で頼めるようです)

 

パワハラフラッシュバック対策(心理術)

目次

 

諒

では次に、パワハラフラッシュバック対策(心理術)についてご紹介していきます。

 

※これらは正直、専門セミナーに行けば数千円〜数十万円はかかるような「超有料級のテクニック」なので、ぜひどれかは日常に取り入れてみてください♪

 

不安・恐怖を感じる自分を癒す

目次 1

 

心理学のテクニックを利用して、自分が過去に経験した「不安や恐怖を感じる気持ち」を取り除き、不安・恐怖を感じる自分を癒すがオススメです。

 

具体的なやり方は、利き手と逆手で交互にノートに書き、負の気持ちを感じた時の自分と出会い、仲直りするというものです。

※負の自分は利き手ではない方で書いて下さい。

 

負の感情・自分の癒し方

(負の気持ちを感じた時を思い出して書く)

挨拶をする

何歳かを聞く

いる場所を聞く

どんな気分かを聞く

ごめんね、許してなど過去の自分と和解する言葉を書く

最後に当時の自分の顔や服装を書いて表に出てきてもらう

 

ちなみにより分かりやすいように、僕が行った実例も合わせてご紹介しますね。(左が今の自分/右が過去の自分)

 

負の感情・自分の癒し方参考例

「こんにちわ」 「こんにちわ」

「今何歳?」「22歳」

「今どこにいるの?」 「入社したスズキの西営業所の自分の机」

「今どんな気分?」 「手続きが分からないのに売上げばかり上がって凄く怖い!成果が出るってとてもイヤだ

「そっか、それは辛かったね。でも大丈夫。君は今ではちゃんと仕事をこなせる人間になったから、もうその恐怖は手放して良いよ。今まで怖い思いに近付かないようにしてくれてありがとうね。もう出てきて良いよ」 「うん。もう大丈夫なんだ。ありがとう」

インナーチャイルド

     

    この時は自動車営業マンとして新人賞が狙えるペースで仕事が舞い込んだ時から、「売り上げが急上昇すると対応できなくなり、恐怖感が強まる」というトラウマができました。

     

    そのためこのテクニックを通じて、負の感情を浄化したのです。

     

    このように「過去の負の感情を持った時の自分」を癒すことで、より安心で快適な未来を構築できるようになりますよ♪

     

    タッピング

    目次 2

     

    不安や怒り、不満といった感情を軽減させるツボを押す、タッピングもオススメです。

     

    タッピングとは「針を使わない鍼灸治療」とも言われるもので、東洋医学で言われる「ツボ」を叩く事で、不安や不満、怒りを軽減するやり方です。

     

    具体的なやり方はツボを順番に2~3本の指で叩いていくと同時に、解消したい感情の出来事をイメージしつつ、以下の流れで実践します。

     

    タッピングの流れ

    タッピング

    自分が解消したい感情や出来事のテーマを決める(過去に怖い上司に散々ド叱られた)

    セットアップフレーズを決める(上司の●●さんに怒られるのが怖い)(セットアップは感情を必ず書く事)

    セットアップをより短く表すリマインダーを決める(●●さんとはいつも円満、●●さんに褒められた)

    セットアップフレーズを唱えながら0番の位置をさする(0番をさする以外に、手のチョップ部分を叩きながらでも可)

    タッピングを行う(上記8箇所をリマインダーを3回程唱えながら叩く)

    叩き終わったら深呼吸して水やお茶を飲む

     

    1回だけでは根深い心の傷を癒せないかもしれませんが、特に「恐怖や不安を感じた時」に行ったり、何回も同じ出来事の恐怖をケアすることで、緩和することができますよ♪

     

    ※ちなみによりイメージがつきやすいように、参考動画も以下に紹介しておきますね♪(おおよそのやり方は一緒です)

       

      ■「一番簡単なタッピングのやり方」(8分22秒)

      ノートにネガティブな気持ちを書く

      目次 3

       

      ノートにネガティブな気持ちを書くのも大変効果があります。

       

      カラオケで叫んだり、段ボールを破るストレス解消法もありますが、紙に書くのは一番手軽にできるのでオススメです。

       

       

      「あんなミスをした自分なんてもうキライだ!」とか、落ちるとこまで気持ちを落とすんです。

       

      中途半端に後悔を引きずるより、「もう悩むのやめよう」と切り替えるタイミングを早めて、ミスを忘れることができるからです。

       

      この方法はイライラする人がいる場合にも気持ちを吐き出せるので、習得しておくのがオススメですよ♪

       

       

      そこでオススメなのが「紙に怒りや悲しみといったネガティブな気持ちを吐き出して燃やす」という、書き出しワークです。

       

      ■怒りや悲しみを書き出す例

      もっと俺のことちゃんと考えて仕事振れよ!クソ上司!!

      クソみたいに残業させやがって!いつでも辞めてやるぞブラック企業め!!

      こんな俺をずっと受け入れ続けてくれるとは思えない…どうせ俺なんて愛される価値がない…

       

      このような思いつく限りの「出来事に対するネガティブ感情」を紙に正直に書き出して、それを「グルグル黒く塗りつぶしながら吐き出す」ことで、キレイサッパリBYEBYEできます。

       

      ストレスケア1

       

      その後書き出したネガティブな感情を「火で燃やして浄化(宗教でいう供養のお焚き上げ)」することで、その気持ちがスーッと無くなると感じられます。

       

      ストレスケア2

       

      深く染み付いた感情は、1回で全て浄化できないので、その場合は翌日も同じトラウマを紙に書き出すのがオススメです♪

       

      できれば毎日、もしくは週1回やるだけでも心のトラウマが減っていくので、イヤな上下関係や人間関係がラクになっていく可能性が上がりますよ♪(火は100円ライターで十分ですから♪)

       

      \【上司に腹が立つ】パワハラを現実から消滅するコツ関連記事はこちら!/

      まとめ

       

      諒

      以上がパワハラのトラウマがフラッシュバックする状況を克服!浄化成功者が語る心理学テクや現実逃避用転職術のご紹介でした。

       

      自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

       

      自分の適職・天職を知るメリット

      チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

      カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

      ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

      自分の適職・天職を知らないデメリット

      「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

      今の自分から何も変わらず変化ナシ…

      何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

       

      あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

       

      \【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

       

      強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

       

      \メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

       

      適職診断@おすすめ3選

      向いてる仕事 適職診断
      適職で生きていない時の悩み


      今の仕事を一生続けていける自信がない…。

      今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

      もっと好きで得意な仕事で生きることは出来ないのかな?

      適職に転職した人の話や体験談を読みたい♪





      そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分に向いている適職の見つけ方」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



      \人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/