パワハラ フラッシュバック

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「パワハラがフラッシュバックして頭から離れない…」「うつ病などの病気や退職勧告・解雇などのクビに追い込まれないように対処したい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕もパワハラされた記憶が何度もフラッシュバックして、それを克服・浄化する方法を沢山探して実践してきたので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「パワハラフラッシュバックを浄化する方法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

パワハラをフラッシュバックしやすい人

 

ではまずはじめに、パワハラをフラッシュバックしやすい人についてご紹介していきます。

 

親に厳しく育てられた人

厳しい親

 

親に厳しく育てられた人は、仕事や人生に厳しく向き合う「完璧主義」になっており、それでパワハラを受けてしまい、トラウマを抱えてしまうケースがあります。

 

厳しく育てられた例

褒めてもらった経験が少なく「妥協と限界の基準が分からず、いつもギリギリまで自分を追い込む」

「男だから!」「長男だから!」「長女だから!」と育てられ「ミスを異常に恐れる癖が付いてる」

「上司や周りの目」がいつも気になって仕方ない

 

このような教育を親から受けてきていたり、クセが強い場合には、いつも後ろ向きな思考に囚われてストレスを溜め込みやすいです。

 

というより僕自身に「この傾向があるorあった」から分かるのですが「完璧でないと自分は評価されないし価値がない」と思い込んでいるんですよね…。

 

 

そのため「自分を労り愛する習慣」を身につけ、「自尊心=セルフラブ」を高める必要があります。

 

諒さん諒さん

「いつもよく頑張ってるね」「僕は君のことが大好きだよ」「信頼しているよ」「愛しているよ」

 

そんな愛情を、鏡を通して自分に言ってあげたり、リラックスできる時間を作って「自分の心身を労う」わけです。

 

 

そして具体的なやり方は後述しているので、ぜひ参考にしてくださいね♪

 

気持ちの切り替え方を知らない人

心理学

 

気持ちの切り替え方を知らない人も、パワハラを受けた後に気持ちを切り替えることができず、それが積み重なってフラッシュバックしてしまうケースです。

 

僕自身も気持ちの切り替え方を知らなかった時は、ただじっと耐えることが気持ちを前向きにする唯一の手段だと思っていましたから…。

 

しかし「感情はゴミと同じく、定期的に処理しないと生ゴミのように異臭を放つ」ので、あるレベルに達すると心が耐えきれなくなるのです。

 

そのため僕はこのことを理解してから「小さなイライラやストレス、ネガティブな気持ちはスグ吐き出す」癖を付けました。

 

 

そのため後述する「ネガティブな感情の処理の仕方」を実践すれば、徐々に溜まっているトラウマを減らしていくことができ、フラッシュバックから抜け出せますよ♪

 

周りを頼らず抱え込みやすい人

上司 先輩

 

周りを頼らず抱え込みやすい人も、日々のパワハラから来る小さなストレスを抱え込んで、大きなトラウマを背負ってしまいやすいケースです。

 

なぜなら気持ちの切り替えが上手い人は「自分のネガティブな感情を外に吐き出してスッキリするのが上手い」からです。

 

 

そのためいつまでもミスを引きずりやすい人は、中々人を頼ることができず「こんなダメな人間は自分だけだ…。」と前に進めないのです。

 

そしてこのような「人を頼れない性格」もまた、幼少期の親子関係で育まれていることが多いです。

 

不信感で育てられた例

「世の中は厳しい」「困っても誰も助けてくれない」と躾けられた

「人を頼るのは悪いこと」「人に頼るのは迷惑をかけること」という自力主義で育てられた

「信じられるのは家族だけ」という「特定カテゴリーの人」しか信用できないと教え込まれた

 

つまりこういうタイプの人は「いつまでも自分の頭の中でパワハラの記憶をグルグルと考え続けて、気持ちの切り替えが中々できない」というわけです。

 

しかもそのため「その気持ちわかるよ…。俺もそうだったから」といったアドバイスももらえないので、どんどん自信喪失するわけです。

 

 

でも逆の立場から考えてみると、あなたは「人から相談された時、いつも“イヤ”で“迷惑”だと感じた」のでしょうか?

 

もちろんキライな人や、忙しい時には「フザけんなよ、テメェ!」と思ったかもしれません。

 

しかし一方で、好きな人や自分が経験したことに関する悩み相談を受けた時には「俺に相談してくれるの?できる限り応援しよう」と思ったのではないでしょうか?

 

 

つまり「基本的に人は頼られて嬉しい」ので、自ずと「じゃあ誰に相談すれば喜んでくれるだろう?という今の自分の悩みの相談先」が見つかるでしょう。

 

かつては僕も上司や先輩に相談したり、プライベートで親交のあったアニキに沢山相談にのってもらいましたから♪

 

抱え込むのではなく、時には手放すことも大事ですよ♪

 

迷惑に関することわざ

本

 

ちなみに僕の「迷惑に関する考え方」が変わった、迷惑に関することわざについてもご紹介しておきます。

 

世間一般的には「人様には迷惑をかけるな」「世の中には迷惑をかけてはいけない」という人も多いです。

 

 

しかし究極的に迷惑をかけない生き方を実践するには「いつも100%、100人中100人が“ありがとう”と言ってくれる行動と結果だけをし続ける」必要があるのです。

 

そんなことは絶対にあり得ないし、ムリだということが分かるでしょう。

 

 

例えば僕の知り合いに「日本でも有名なNPOに勤め、日本や海外の慈善事業に貢献する仕事」をしていた人がいます。

 

しかし彼女は「どれだけ良いことをしていても“人からの寄付という善意で飯を食ってる悪い奴ら”と非難される」と言っていました。

 

つまり「“善行”という大義名分のある慈善団体でも、見方を変えれば“他の組織の売り上げになっていたかもしれない寄付金”というお金を貰う迷惑を、社会にかけている」とも言えるのです。

 

 

以上の点から分かることは「人は生きている限り、誰かに迷惑をかけている一方で、誰かに迷惑をかけられている」とも捉えられるわけです。

 

そしてこの真理を突いているのが、僕の大好きなインドのことわざです。

 

インドのことわざ

あなたは他人に迷惑をかけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい

 

このように「迷惑をかけるというネガティブな現象」は、言い換えれば「人の迷惑を受け入れる器の広さ」になるのです。

 

 

だからこそ「人に頼るチャレンジの時が来た」と思って、人に悩みを相談してみるのもアリですよ♪

 

相田みつをの言葉

つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

くるしいことだってあるさ 人間だもの

まようときだってあるさ 凡夫だもの

あやまちだってあるよ おれだもの

愚痴をこぼしたっていいがな

弱音をはいたっていいがな 人間だもの

たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの

パワハラフラッシュバック浄化(習慣)

原因

 

では次に、パワハラフラッシュバック浄化(習慣)についてご紹介していきます。

 

小さなストレスを発散する習慣を取り入れれば、それだけパワハラフラッシュバックも和らぎますからね♪

 

リラックスする音楽を聴く

音楽

 

リラックスする音楽を聴く習慣を取り入れるのはオススメです。

 

大好きなアーティストを聴くのもアリですが、Youtubeに上がっているリラックス音楽を聴く、瞑想を取り入れるのもオススメです。

 

 

じっさい僕も昼の休憩時間には、瞑想CDを10分ほど聴いて心身を落ち着ける習慣を取り入れていました。

 

その結果として、仕事前や仕事中もネガティブな気持ちに囚われないようできましたから♪

 

 

このようにネガティブな気持ちに歯止めが効かないのであれば、音楽の力を借りるのもオススメです!

 

また心のデトックスとして有名なハワイの秘術「オポノポノ」を聴き続けるのもオススメなので、以下に合わせて紹介しておきますね♪

 

■「(1時間バージョン)聞くだけ浄化☆オポノポノ☆」(1時間)

定期的に肉を食べる

肉

 

気持ちを切り替えるためには、美味しいものを食べるのもオススメです。

 

もちろん好きな食べ物を食べるのが一番ですが、そうでないなら「牛肉」がベターです。

 

なぜなら牛肉には「幸せホルモン」と呼ばれている「セロトニンを作るトリプトファン」が豊富だからです。

 

 

この「セロトニン」が減ると、人はイライラや疲労感が増えやすいと言われているので、定期的に「トリプトファン」を摂取した方が良いのです。

 

実際僕もこの事を知ってから、週に一回は「いきなりステーキ」「ステーキくに」などのハンバーグorステーキランチを食べるようにしました。

 

結果的にランチ後「幸せオーラムンムン状態」で仕事に取り組む事ができ、とても効果的だったのを覚えています。

 

お風呂に入るor温泉に行く

お風呂

 

お風呂に入るor温泉に行くのもオススメです。

 

なぜなら「お風呂が好き・毎日入る人ほど幸福度が高い」という調査結果が出ているからです。

 

■「おふろ白書2017」〜おふろと幸福度〜

お風呂白書

出典:NORITZ

 

僕は昔「時間と水道代が勿体ない」という理由で、毎日シャワーで済ませている時期がありました。

 

 

しかしお風呂が「緊張状態を緩和する・体をゆるませる・深呼吸する」というリラックス効果がひじょうに高いことを知り、入浴を習慣化しました。

 

結果的に1週間のメリハリも付くようになったり、幸福エネルギーも増えて、やる気が維持できるようになりました。

 

そのため、かつての僕のように「忙しいからシャワーで済ます生活」を続けているなら、2日に1回でもOKなので、入浴習慣を取り入れるのがベターです♪

 

片付け・断捨離

断捨離

 

部屋などの余計なものを減らす「片付け・断捨離」に取り組むのもオススメです。

 

なぜなら心理学の世界では、部屋の中の状態と心・頭の状態は同じ」と言われているからです。

 

 

そのため部屋が汚いほど、心が汚れていて悩みやネガティブな考えが残りやすい一方で、部屋が綺麗なほど、心もキレイでスッキリした精神状態を維持しやすいです。

 

※言い換えると、「いつか使う物」が多い人ほど「やらなきゃいけないこと」が頭の中に多い一方、「必要十分な物だけ」揃えてる人ほど、シンプルな思考でラクに生きています。

 

 

例えばあなたも試験勉強前には、やたらと部屋掃除や机掃除をしたくなりませんでしたか?

 

あれは問題を解くという「問題を解く(キレイにする)」前に、現実的な周りの空間からキレイにして、問題に向き合っているのだと僕は思います。

 

汚部屋

 

また本人が部屋をキレイにするのが苦手でも、現代では家事代行という部屋掃除のプロに、月1回程度のスパンで依頼するという手もあります。(5,000円程度で頼めるようです)

 

パワハラフラッシュバック浄化(心理学)

心理学

では次に、パワハラフラッシュバック浄化(心理学)についてご紹介していきます。

 

これらは正直、専門セミナーに行けば数千円〜数十万円はかかるような「超有料級のテクニック」なので、ぜひどれかは日常に取り入れてみてください♪

 

※さらにスピリチュアルな話ですが、これらのワークで「パワハラ上司へのネガティブな気持ちを浄化」していくと、本当に異動したり目の前からいなくなったりもしますよ♪

 

不安・恐怖を感じる自分を癒す

愛

 

心理学のテクニックを利用して、自分が過去に経験した「不安や恐怖を感じる気持ち」を取り除き、不安・恐怖を感じる自分を癒すがオススメです。

 

具体的なやり方は、利き手と逆手で交互にノートに書き、負の気持ちを感じた時の自分と出会い、仲直りするというものです。

※負の自分は利き手ではない方で書いて下さい。

 

負の感情・自分の癒し方

(負の気持ちを感じた時を思い出して書く)

挨拶をする

何歳かを聞く

いる場所を聞く

どんな気分かを聞く

ごめんね、許してなど過去の自分と和解する言葉を書く

最後に当時の自分の顔や服装を書いて表に出てきてもらう

 

ちなみにより分かりやすいように、僕が行った実例も合わせてご紹介しますね。(左が今の自分/右が過去の自分)

 

負の感情・自分の癒し方参考例

「こんにちわ」 「こんにちわ」

「今何歳?」「22歳」

「今どこにいるの?」 「入社したスズキの西営業所の自分の机」

「今どんな気分?」 「手続きが分からないのに売上げばかり上がって凄く怖い!成果が出るってとてもイヤだ

「そっか、それは辛かったね。でも大丈夫。君は今ではちゃんと仕事をこなせる人間になったから、もうその恐怖は手放して良いよ。今まで怖い思いに近付かないようにしてくれてありがとうね。もう出てきて良いよ」 「うん。もう大丈夫なんだ。ありがとう」

インナーチャイルド

     

    この時は自動車営業マンとして新人賞が狙えるペースで仕事が舞い込んだ時から、「売り上げが急上昇すると対応できなくなり、恐怖感が強まる」というトラウマができました。

     

    そのためこのテクニックを通じて、負の感情を浄化したのです。

     

    このように「過去の負の感情を持った時の自分」を癒すことで、より安心で快適な未来を構築できるようになりますよ♪

     

    タッピング

    タッピング

     

    不安や怒り、不満といった感情を軽減させるツボを押す、タッピングもオススメです。

     

    タッピングとは「針を使わない鍼灸治療」とも言われるもので、東洋医学で言われる「ツボ」を叩く事で、不安や不満、怒りを軽減するやり方です。

     

    具体的なやり方はツボを順番に2~3本の指で叩いていくと同時に、解消したい感情の出来事をイメージしつつ、以下の流れで実践します。

     

    タッピングの流れ

    タッピング

    自分が解消したい感情や出来事のテーマを決める(過去に怖い上司に散々ド叱られた)

    セットアップフレーズを決める(上司の●●さんに怒られるのが怖い)(セットアップは感情を必ず書く事)

    セットアップをより短く表すリマインダーを決める(●●さんとはいつも円満、●●さんに褒められた)

    セットアップフレーズを唱えながら0番の位置をさする(0番をさする以外に、手のチョップ部分を叩きながらでも可)

    タッピングを行う(上記8箇所をリマインダーを3回程唱えながら叩く)

    叩き終わったら深呼吸して水やお茶を飲む

     

    1回だけでは根深い心の傷を癒せないかもしれませんが、特に「恐怖や不安を感じた時」に行ったり、何回も同じ出来事の恐怖をケアすることで、緩和することができますよ♪

     

    ※ちなみによりイメージがつきやすいように、参考動画も以下に紹介しておきますね♪(おおよそのやり方は一緒です)

       

      ■「一番簡単なタッピングのやり方」(8分22秒)

      ノートにネガティブな気持ちを書く

      適職診断

       

      ノートにネガティブな気持ちを書くのも大変効果があります。

       

      カラオケで叫んだり、段ボールを破るストレス解消法もありますが、紙に書くのは一番手軽にできるのでオススメです。

       

       

      「あんなミスをした自分なんてもうキライだ!」とか、落ちるとこまで気持ちを落とすんです。

       

      中途半端に後悔を引きずるより、「もう悩むのやめよう」と切り替えるタイミングを早めて、ミスを忘れることができるからです。

       

      この方法はイライラする人がいる場合にも気持ちを吐き出せるので、習得しておくのがオススメですよ♪

       

       

      そこでオススメなのが「紙に怒りや悲しみといったネガティブな気持ちを吐き出して燃やす」という、書き出しワークです。

       

      ■怒りや悲しみを書き出す例

      もっと俺のことちゃんと考えて仕事振れよ!クソ上司!!

      クソみたいに残業させやがって!いつでも辞めてやるぞブラック企業め!!

      こんな俺をずっと受け入れ続けてくれるとは思えない…どうせ俺なんて愛される価値がない…

       

      このような思いつく限りの「出来事に対するネガティブ感情」を紙に正直に書き出して、それを「グルグル黒く塗りつぶしながら吐き出す」ことで、キレイサッパリBYEBYEできます。

       

      ストレスケア1

       

      その後書き出したネガティブな感情を「火で燃やして浄化(宗教でいう供養のお焚き上げ)」することで、その気持ちがスーッと無くなると感じられます。

       

      ストレスケア2

       

      深く染み付いた感情は、1回で全て浄化できないので、その場合は翌日も同じトラウマを紙に書き出すのがオススメです♪

       

      できれば毎日、もしくは週1回やるだけでも心のトラウマが減っていくので、イヤな上下関係や人間関係がラクになっていく可能性が上がりますよ♪(火は100円ライターで十分ですから♪)

       

      自分の生き方・適職を再考

      転職

       

      最後に、自分の生き方・適職を再考するのもおすすめです。

       

      なぜなら、気に入らない人が居続ける状況は「あなた自身にとって働きにくい、適職ではない環境にいる可能性」が高いからです。

       

       

      例えば僕は「仕事=自分の苦手なことに取り組む」と思って働いていた通信営業マン時代は、「ずっときつい仕事と上下関係」でした。

       

      なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

       

       

      しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、快適に仕事ができるようになったのです。

       

      そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しい環境で働く」と思っているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

       

      ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪(転職の自己PRにも使えますよ♪)

       

      まとめ

       

      以上がパワハラがフラッシュバック!根深いトラウマを克服した有料級浄化術のご紹介でした。

       

      自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

       

      自分の適職・天職を知るメリット

      チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

      カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

      ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

      自分の適職・天職を知らないデメリット

      「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

      今の自分から何も変わらず変化ナシ…

      何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

       

      あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

       

       

      ※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

       

       

      ※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

       

       

      強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

       

      自分だけの適職・天職の見つけ方

      向いてる仕事
      振り返り



      今の仕事が本当に合っているのか?

      本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

      自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

      頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



      そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。