パワハラ 訴える デメリット

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

パワハラを訴えるデメリットは?経験者が語る最強の対処法を知りたい!」

相談女性1

パワハラ上司仕返しに効果的な考えや復讐嫌がらせ、苦痛を与える報復行為は?課長など相手の立場を絶対破壊する訴え方は?賠償賠償の成功確率が一番高い?

相談男性2

部下の仕事を注意して追い込む人の特徴や、問題発言・暴力などのハラスメント被害を作るタイプは?職場の社内人間関係などブラック労働問題の悩み相談した場合のリスクやメリット・デメリットを知りたい!

相談女性2

「弁護士付き退職代行」「転職サイト無料登録」「転職エージェント」など利用可能な求人サービスの対応先や活動方法、おすすめ対処方法を紹介してほしい♪

相談男性3

業界選びを失敗せずに経験を活かせる場所で働きたい!精神や気持ちが安定する人生が必要だから、我慢から解放されて働く業務ストレス解決したり、有給休暇取得して余裕ある生き方を実現したい!

相談女性3

辞める理由の作り方や、適性能力や性格を活かせる適職診断の結果参考回答例や、副業などの対策内容を解説してほしい。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕もパワハラを訴えるデメリットを感じながらも、仕返しする方法を徹底的に見つけ出して、それを実践した経験があるので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな僕が「パワハラを訴えるデメリットや、最強の対処法」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

パワハラを訴えるデメリット

目次

 

諒

ではまずはじめに、パワハラを訴えるデメリットについてご紹介していきます。

 

基本的に負ける確率が高い

目次 1

 

基本的に負ける確率が高いのが、一番のデメリットです。

 

よほど人格的な問題人間だと証明して、二度と合わない状態まで持ち込めない限りは、影響力の強い上司が優勢になる可能性大です。

 

しかも、たいていパワハラする人間のほうが、会社内での評価や信頼度が高いので、それを覆すためには「かなりの時間&労力&客観的証拠が必要になる」と言えます。

 

裁判はお金・時間がかかる

目次 2

 

もし仮に弁護士や裁判所を経由して勝訴を獲得しようとしても、裁判はお金・時間がかかるのもデメリットです。

 

どうしても「パワハラした相手に屈辱を与えたい!」「法的・社会的制裁を与え切らないと気が済まない」のであれば、断固として戦うのも良いでしょう。

 

しかし、それには「数年嫌いな相手と戦い続ける」「潤沢な資金があるor用意できる」という所まで覚悟しないと、結局デメリットの方が多いですよ!

 

訴え失敗して相手が会社に存続

目次 3

 

以上のことからも、訴え失敗して相手が会社に存続するのが一番のデメリットです。

 

とくに年功序列・終身雇用の会社だと、入社してしまえばよほど休職続きや勤務態度に問題がない限り、そのまま働き続けるのです。

 

しかも、こういったパワハラ相手ほど「パワハラする相手以外には良い顔するのが上手い」ので、なんだかんだ言って世渡り上手だったりします。

 

女上司

あ!●●部長♪お疲れ様です♪

上司

あぁ、お疲れ様♪

女上司

あ!大島!お前はまだ残業して働けよ!今月のノルマ未達だろ?

諒

(上にだけ良い顔しやがって…。マジでウゼェぞクソババア)

 

個人的には「真面目で繊細で一生懸命な人ほど馬鹿を見る社会」というのは腹が立って仕方ないのですが、現実問題としてこうなっているのだから仕方ありません。

 

そのため「自分がパワハラ相手から離れていく」か「パワハラ相手がどうしても会社にいられなくなるような決定的な打撃を与える」しか方法はないのです。

 

会社に居づらくなる

目次 10

 

パワハラを訴える一番確実に発生する事態が、会社に居づらくなるというデメリットです。

 

基本的に、パワハラは「立場が上の者が下のものに攻撃する」ものですから、必然的にパワハラ側の方が社内での信頼度が高い傾向があります。

 

そのため、仮に訴える前に戻ろうとしても「あなたがパワハラ相手に攻撃したという事実は消えない」わけですから、相手から仕返しされるリスクも高いです。

 

 

必然的に、出社することへの恐怖や不安も増えていく為、会社に居づらい気持ちも増えていくわけですね…。

 

異動・左遷させられる

目次 4

 

あなたの方に問題があるというレッテルを貼られて、異動・左遷させられるケースもあります。

 

とはいえ、これは必ずしも悪い結果になるとは限りません。

 

なぜなら、僕はこのパターンにハマった事があますが、万年目標未達の課長のもとでパワハラを受け続けているのを可哀想と判断した他の課長が、自分の課に引き抜いてくれたのです。

 

そして、パワハラ課長が「実は周りに信用されていない可哀想な人」と気づき、苦しんだ自分と情けないその女課長の姿を見て、ネガティブな気持ちが晴れたのです。

 

上司

大島ちゃん♪●●課長の元にいた時は大変やったやろ?

諒

そうなんです♪引き抜いてくれて、本当にありがとうございます♪

 

※ただし、僕の場合は「それ以後その女課長の元に入った新人は4人ほど辞めていた」ので、僕の強運だったとも言えますが…。

 

社内に味方がいなくなる

目次 5

 

あなたが「上に楯突く面倒臭い奴」というレッテルを貼られた結果、社内に味方がいなくなるというデメリットもあります。

 

先ほどお伝えした通り、相手の方がキャリアや社内人脈も上なので「あいつは言うことを聞かない問題のある奴だ」という情報を浸透させてしまう危険性があるのです。

 

そのため、パワハラ相手の元に居続けた結果「周りに無視される」「窓際族に追い込まれる」など、自己都合退職へ促されてしまう可能性もあります。

 

退職を求められる

目次 6

 

パワハラ相手を訴えた場合に一番デメリットになるのが、退職を求められる可能性です。

 

会社は「協調性のある人間」しか生きにくい環境なので、その暗黙の了解を破ったあなたを「退職に追い込む可能性」は十分あります。

 

とはいえ個人的には、そんなクズパワハラ相手を放置し続ける「クソ会社」自体からオサラバした方が良いと思いますよ♪!

 

僕も経験がありますが、同じような業務遂行で通用するのに、転職で「驚くくらい働きやすい会社や人と出会うケース」はありますからね♪

 

転職活動に支障が出る

目次 8

 

転職活動に支障が出る可能性もあります。

 

転職を行う場合、時々「前職に勤務態度や就業状況を問い合わせるケース」があります。

 

その結果「パワハラを訴えて敗訴した上、社内を混乱に陥れた上で辞めた」などと言われてしまうと、転職先に悪印象を与えてしまう可能性もあるのです…。

 

まとめ
  • 基本的に負ける確率が高い
    • 裁判はお金・時間がかかる
    • 訴え失敗して相手が会社に存続
  • 会社に居づらくなる
  • 異動・左遷させられる
  • 社内に味方がいなくなる
  • 退職を求められる
  • 転職活動に支障が出る

パワハラを訴えるメリット

目次

 

諒

では次に、パワハラを訴えるメリットについてご紹介していきます。

 

自分より弱い者にしか強くない

目次 1

 

パワハラする上司のほとんどが、自分より弱い者にしか強くないという心理だと把握しておきましょう。

 

なぜなら「上の立場にも堂々と意見する人は、パワハラ上司ではなくカッコいい人」と映るはずだからです。

 

そのため、パワハラ上司に物申すためには、以下の二つの視点が欠かせません。

 

パワハラ上司に物申すコツ

必要に応じてパワハラ上司より上の立場の人間の力を借りる(上役や人事の力など)

自分が上司と部下の関係から抜け出して、対等に立った上でボコボコにする

 

この視点を持っておくことで「パワハラ上司に一矢報いる成功体験」を得ることができます。

 

上司に一矢報いる価値はある

目次 2

 

ちなみに、何度もパワハラ上司に言い返す経験をしてきた僕から言うと、上司に一矢報いる価値はあるとお伝えできます。

 

パワハラ上司に物申すコツ

自分の納得いなかい人間に反旗を翻して革命を起こせたという「自尊心の向上」を得ることができる

 

例えば侍の時代には「領土を広げて自己を拡張した結果、戦利品として領土や報奨金」を得ていたわけです。

 

 

そして、現代においては「パワハラ上司に堂々と物申せる存在」は貴重であり、以下のような戦利品を得られる可能性があるのです。

 

パワハラ上司に物申す結果として戦利品(領土や報奨金)

上司のポストが空いて昇進・昇格を得られる可能性がある

転職を覚悟して上司に一矢報いた結果、より「円満な上下関係」を引き寄せる可能性が上がる

 

このように「今の辛く苦しい上下関係をブレイクスルーするきっかけ」になることがあり、現実の幸福度UPの可能性が高いのです。

 

不快な相手に一矢報いた価値

目次 3

 

ちなみに不快な相手に一矢報いた価値も補足しておきます。

 

そもそも、パワハラを受ける人間というのは「自分がパワハラを受けても仕方ない人間」という卑下意識が根底にあります。

 

自分がパワハラを受けても仕方ない人間と思っているケース

どうせ自分には価値がない…。

誰かにキツいことや厳しいことを言われても、それは全部自分が悪いからだ…。

私には快適な人生を生きる資格なんてないんだ…。

 

このような思いが根底にあるから、舐められたり、パワハラをしてくる人間を引き寄せるわけです。

 

しかし現実は不思議なもので、そういったパワハラ相手に一矢報いた成功体験ができると、心に一本の柱が通って、以下のような現実が手に入ったりします。

 

パワハラ相手に一矢報いた成功体験を得た結果

自分に今までパワハラしてきたような人間と出会っても、距離を置けるようになる

パワハラしてくる人間が現実から消えるor激減する

 

このような「現実を変えた成功体験に伴った報酬」が手に入るので、一矢報いる価値はあると経験者は断言しますよ♪

 

自分を護ったことで自尊心が高まる

目次 4

 

自分を護ったことで自尊心が高まるというメリットもあります。

 

なぜなら「今後理不尽なことや不愉快なことを言う人」が目の前に現れても、それを跳ね返す力を得るからです。

 

もちろん「全員絶対に跳ね返せる」とは限りませんが、少なくとも「理不尽な現実を変える反骨心」は手に入るので、一矢報いる成功体験は価値があると言えるのです♪

 

パワハラが現実から消える

目次 5

 

究極的なパターンですが、パワハラが現実から消えるメリットもあります。

 

「こいつにパワハラするとヤバい…。」というメンタルを確立できると、パワハラしてくる相手が目の前からいなくなります。

 

ここまで来たら「かなり有能な人間」になっている可能性も高いですが、少なくとも「パワハラに虐げられる卑下人間」を1mmでも乗り越える価値は大きいのです♪

 

上司

%&’$($’)(’&#%$”

諒

うざ!何言ってんだこのクソ上司は?頭飛んだか?(笑)

まとめ
  • 自分より弱い者にしか強くない
  • 上司に一矢報いる価値はある
    • 不快な相手に一矢報いた価値
  • 自分を護ったことで自尊心が高まる
  • パワハラが現実から消える
適職診断のおすすめ3選(リンク先にて適職診断情報を解説中)

自分の強みを知ることで、快適&幸福な仕事人生に近づける♪

パワハラを訴える!仕返し成就体験談

目次

 

諒

では次に、パワハラを訴える!仕返し成就体験談についてご紹介していきます。

 

仕事能力の低さが露呈した男上司

目次 1

 

パワハラ上司を追い込んだ成功体験として、仕事能力の低さが露呈した男上司の記憶があります。

 

具体的には「誰もが知るビジネス雑誌企業の営業」に転職して出会った「無能部長」の話です。

 

元々「総務畑から勤続10数年後に営業転換した人」だったのですが、営業ほぼ未経験の僕に毎日パワハラ三昧でしたから…。

 

パワハラ上司に叱責され続けた半年間

管理職会議では上役から色々叱責されていた為、いつも俺の仕事能力の低さを叱責してストレス発散していた

俺がテレアポ慣れできずに戸惑っていると、辺り構わず怒号で叱責してきた(席が俺を見える近くだったため)

 

このようなことが重なり、周りの課長部長に心配されるほどで、他の課長部長と飯に行った折に「パワハラ無能部長の酷さ」を密告していたのです。

 

同僚

大島君、だいぶ●●部長にきつく当たられてるけど大丈夫?

諒

正直メンタルはぐちゃぐちゃです…。マジできついですよ…。

 

結局、僕はその会社を半年で辞めることになったのですが、転機になったのは「パワハラ上司へも僕の仕事が割り振られた後」でした。

 

なぜなら「仕事能力が部長に相応しくない」と露見したので、僕の密告と相まって「こいつはこのまま同じ部長ポジションに置いておくのはマズい」と、社内に表面化したのです。

 

結果的に、僕の半年退職と時期を同じく「事実上の左遷で、他の組織へ降格及び異動」を命じられていました。

 

あの時は本当に「他の部長や課長に本音を吐露しておいて良かったな…」「自分が我慢すればOKと勘違いしなくて良かったな…。」という成功体験になりましたから♪

 

管理能力問題で降格した女上司

目次 2

 

管理能力問題で降格した女上司の記憶も強いです。

 

そこは営業職からWEBライター職に未経験転職して入った会社だったのですが、パワハラが酷い女上司の部下に配属されたのです。

 

そして、具体的には以下のようなパワハラが俺に対して行われました。

 

パワハラ上司に叱責され続けた半年間

仕事能力にムラがあるからと、派遣の更新期間を「3ヶ月→2ヶ月→1ヶ月」と短縮して脅す

派遣社員として入社した僕にも“インセンティブ払うので貢献してください”という始末

 

このように「徹底的に叱責・脅せば部下はやる気が出る」と勘違いしていた女上司だったので、その都度ケンカになっていました。

 

しかし、そのような「部下を蹴落とせば成果が上がる」と勘違いしていたアホだったので、辞めることが決まった後に「会社の相談窓口」にパワハラ実態を密告しておいたのです。

 

結果的に僕は辞めることになりましたが、そのパワハラクズ女上司は降格になっていたので「俺の気持ちの落とし前をつける」ことに成功できたわけですね♪

 

女上司

お世話になりました…。

諒

こちらこそお世話になりました♪(ふっ!降格処分になって良い気味だぜ)

 

※とはいえ思い返せば、そもそも「ブラック企業として有名な会社のグループ企業」だったので「徹底した実力主義」が強烈な社風でしたからね…。

 

だから「あんなクソみたいな会社で一生生きようとしがみ付いている彼女」が、今ではある意味哀れで可哀想とも思えてきます(笑)

 

一矢報いた後の好引き寄せ

目次 3

 

ちなみに、どちらのケースも僕は退職していますが、一矢報いた後の好引き寄せがあったので、後悔はありません。

 

具体的には、パワハラ上司に一矢報いた後「ステキと思える上司と巡り合う引き寄せ」を得たからです。

 

ステキと思える上司と巡り合う引き寄せ

営業職で一矢報いた後=次のIT企業営業職でも半年無能女上司に苦しんだが、その後尊敬できる男性課長の下に異動でき、一流の営業作法を学ばせて戴けた

WEBライターで一矢報いた後=「大島くんの好きにして」という基本スタンスで、放置ではなく「信頼」をベースに、ほぼ叱責されずに好きなように仕事させてもらえた

 

そのため「絶対あなたもそうなる」とは断言できませんが、僕は「一矢報いた上に、転職先でより働きやすい現実(報償)を得た」とお伝えしておきます。

 

まとめ
  • パワハラ上司を追い込んだ体験談=仕事能力の低さが露呈した男上司
  • パワハラ上司を追い込んだ体験談=管理能力問題で降格した女上司 

パワハラを訴えるデメリット回避策

目次

 

諒

では次に、パワハラを訴えるデメリット回避策についてご紹介していきます。

 

信頼できる相談先に申告

目次 1

 

今の仕事を続けていくことに不安や強いストレスを感じているのなら、信頼できる相談先に申告がベターです。

 

信頼できる相談先

会社の相談窓口に内部通報

人事の責任者に訴える

上司を頼る

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

人事担当者や上司であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

異動願いを試みる

目次 2

 

理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には先ほどと同じく「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

そのためネガティブな話だけではなく、「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

諒

前線の営業で活躍するよりも、フォロー側の制作業務のほうが自分を活かせると思います!

上司

そうか…。じゃあ検討してみるか♪

 

迷惑に関することわざ

目次 3

 

ちなみに僕の「迷惑に関する考え方」が変わった、迷惑に関することわざについてもご紹介しておきます。

 

世間一般的には「人様には迷惑をかけるな」「世の中には迷惑をかけてはいけない」という人も多いです。

 

しかし、究極的に迷惑をかけない生き方を実践するには「いつも100%、100人中100人が“ありがとう”と言ってくれる行動と結果だけをし続ける」必要があるのです。

 

そんなことは絶対にあり得ないし、ムリだということが分かるでしょう。

 

例えば僕の知り合いに「日本でも有名なNPOに勤め、日本や海外の慈善事業に貢献する仕事」をしていた人がいます。

 

しかし彼女は「どれだけ良いことをしていても“人からの寄付という善意で飯を食ってる悪い奴ら”と非難される」と言っていました。

 

つまり「“善行”の慈善団体でも、見方を変えれば“他の組織の売り上げになった寄付金”を貰う迷惑を、社会にかけている」とも言えるのです。

 

以上の点から分かることは「人は生きている限り、誰かに迷惑をかけている一方で、誰かに迷惑をかけられている」とも捉えられるわけです。

 

そしてこの真理を突いているのが、僕の大好きなインドのことわざです。

 

インドのことわざ

あなたは他人に迷惑をかけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい

 

このように「迷惑をかけるというネガティブな現象」は、言い換えれば「人の迷惑を受け入れる器の広さ」になるのです。

 

 

だからこそ「人に頼るチャレンジの時が来た」と思って、人に悩みを相談してみるのもアリですよ♪

 

相田みつをの言葉

つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

くるしいことだってあるさ 人間だもの

まようときだってあるさ 凡夫だもの

あやまちだってあるよ おれだもの

愚痴をこぼしたっていいがな

弱音をはいたっていいがな 人間だもの

たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの

休職相談・精神科相談

目次 4

 

所属部署を変えるだけでは改善できず、一定期間の休養が欲しいのであれば、休職相談・精神科相談するのもアリです。

 

正社員であれば「数十年雇用関係を維持する責任」を会社が持っているので、最低限の給与保障or復職確約で休ませてくれるケースもあります。

 

じっさい車メーカーに勤めている僕の知り合いにも、このケースで復職した人がいます。

 

具体的には、メンタルがどうしても病んだ時に休職願いを出し、その間に海外放浪して精神面を鍛え、その後復職を迎えたという荒療治でしたが…。

 

他にも、精神科に相談することで「メンタル的な不調によって数週間〜数ヶ月休みをもらう」ケースもあるので、社内で事例がないか?可能性を探るのもアリです。

 

ただし「同じ部署に復職する場合、腫れ物扱いされて肩身の狭い思いをする」というケースもあるので、ある程度退職の覚悟も持っておいた方が良いでしょう。

 

退職代行に依頼

目次 5

 

ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

 

そもそも、僕自身の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要です。

 

例えば、僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

 

※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

 

しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

 

そのため、これ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

 

そもそも僕自身何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

 

そのため「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

 

転職準備を始める

目次 10

 

転職準備を始めるのも非常におすすめです。

 

なぜなら、自分の強みを活かせたり、自分に適した環境にシフトできれば、快適・幸福度がだいぶ上がるからです♪

 

例えば、同じ学校に通っていても「数学が好き」「理科が得意」「国語なら任せて♪」「日本史なら自信がある」など、好きor得意な傾向は異なるわけです。

 

仕事もこれと同じで「自分が好きor得意な業種・職種・会社」にマッチしているほど、ストレス少なく現場に向き合えるわけです。

 

実際僕は、文系大学・経営学部卒にも関わらず、IT系通信営業のセールスエンジニアとして働いていた時は、毎日が地獄のような苦痛でした。

 

なぜなら「配線図やルート設計図の制作」「通信料配分の計算」など、自分が嫌い&苦手で拒否したはずの「数学&理系的業務」ばかりだったからです。

 

諒

毎日夜遅くまで働いているのに、半人前レベルから抜けられない…。

 

しかし、本来自分の適正に合っていたWEBライターに転職してからは、通信営業時代のストレスが嘘のように快適な仕事人生を確立できたのです♪

 

諒

あ〜♪仕事って楽しいぜ♪

 

このように「自分の長所・強み」を見つめ直すのも大切ですし、今の辛い環境から脱出するために、転職サイトで情報収集を始めるのもおすすめですよ♪

 

まとめ
  • 信頼できる相談先に申告
  • 異動願いを試みる
  • 休職相談・精神科相談
    • 退職代行に依頼
    • 転職準備を始める

 

なお、リクナビネクストでは「適職診断を無料で受けられる」「転職先情報収集を行える」メリットもある為、今スグ登録しておくのがおすすめですよ♪

 

諒

ストレスが限界に達する前に、脱出準備は早めに始めたほうが、後々ラクになりますよ♪

 

生涯安定の経済基盤を獲得するコツ

目次

 

諒

では次に、生涯安定の経済基盤を獲得するコツについてご紹介してきます。

 

現状維持は将来10%以上不幸

目次 1

 

まず大切なお知らせからお伝えすると、現状維持は将来10%以上不幸になると断言できます!

 

もっと言うと「将来不安な会社」「今後も成長見込みのない会社」で働いており「稼げる資格や副業スキルも勉強していない」人は、沈没間際の船に乗っているに等しいのです!

 

そしてこれは「過去20年間の日本の年収推移」を理解すると、その現実が見えてきます。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、先進国は20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下」しており、このままだと日本はさらに10%以上収入低下が想定されるわけです。

 

今後も成長見込みのない会社で働いており、稼げる資格や副業スキルも勉強していない人の悲惨な20年後

現在20歳年上の先輩が得ている年収から10%以上減(50歳前に年収500万円なら、年収450万円以下)

年収は現在20歳年上の先輩と同じでも、サービス残業が10%増(平均40時間なら、毎月44時間)

人件費圧縮により社内の非正規雇用UP、リストラや早期退職勧告UPで居場所が減っていく

 

このような現実な上に「老後2000万円問題」「借金返済の増税」などの懸念材料もある中、今の延長線上で生きるあなたの選択肢は「ガマンして節約して耐える」のみです。

 

※しかも「僕の祖父母は年金生活でも子孫に還元」してくれましたが「両親は退職金と年金で手一杯」なので、僕たち世代は自分で切り拓くしかありません

 

このように、様々な右肩下がりの可能性がありますが、何も行動しない場合あなたの未来は「悪化」しかありません。

 

転職は勇気が必要ですし、新天地に慣れるのは努力が必要ですが、苦痛な現実が増えると分かっているのに今の場所に固執してガマンし続けるよりは、将来的に楽ですよ♪

 

「国のせいだ!親のせいだ!会社のせいだ!」と思って責めていても、このままでは私達の現実が悪化していく事実は変わらないので、具体的な改善策を練って行動しましょう♪

 

今後の安定経済基盤は3つ

目次 2

 

以上の厳しい現実を踏まえた上で、10社転職経験&1000件以上の求人を書いてきた転職WEBライターとして立場から言わせてもらうと、おすすめできる今後の安定経済基盤は3つと断言できます!

 

今後も安定の経済基盤3パターン

1.今後も安泰の業界・会社で働く

2.今後も働き続けたい会社で働く

3.会社や社会情勢に関係なく生きれるように、副業スキルを育む

 

ハッキリ断言させてもらうと、今後も安心して生きていく道はこの3パターンがベストです!

 

そのため、あなたの現実ルートがこれに入れていない場合は、転職情報収集や副業について学び始めたほうが良いのです!

 

今後も安泰の業界・会社で働く

目次 3

 

まず1番目の、今後も安泰の業界・会社で働くパターンとは、言ってしまえば「大型客船に乗ろう」ということです。

 

大型客船

 

そして、具体的な安泰の業界・会社とは「準国営企業(JAL/NTT)」「ライフライン系企業(ガス/電力/水道)」「市場が安泰な会社や、特別な特許技術を持っている会社」などです。

 

まず、準国営企業は「国の威信そのもので根幹」なので、リストラなどはありますが、倒産させないように国費投入などの可能性もあり、存続率は一般企業より高いです。

 

※例え大企業でも「シャープの鴻海(ホンハイ)買収」「ブリヂストンの8000人規模の人員を含む中国企業への売却」など、外資の危機やリストラの危機に晒されるリスクがあります

 

 

そしてライフライン系企業も、人間が生活している限り必須の分野なので、これらが0になることは、人間が肉体を捨てない限りあり得ません。

 

もちろん、そのような企業は「●●電力」「●●ガス」などの大会社もありますし、電気関連商品を扱う会社など、安泰企業もたくさんあります。

 

ただし、問題なのは「これらの企業は、現時点において“高学歴エリート”が新卒入社して活躍している狭き門の世界」ということです。

 

ぶっちゃけて言うと、僕はこの中で「新橋にあるNTTグループの本社で営業マンとして働いていた経験」があるのですが、そこでは「3ヶ月契約更新のある契約社員」でした。

 

そして、2年ほどで会社を辞める時には、正社員の同僚から「僕はしがみ付いてでも働き続けるよ…。羨ましいなぁ…」と言われた位なので、辞めないメリットのほうが大きいわけです。

 

このような「高学歴エリートが新卒で入る会社」は、中途で転職しようとする場合、よほど前職で有能な実績を持っていない限り、ほぼムリと言えるのです。

 

実態は「正社員登用をチラつかせながら、働かない正社員に変わって、クビリスクがある契約社員を働かせていた状況」だったので、クソだなと思って辞めましたから…。

 

そのため、あなたが僕のように「高学歴エリートの会社に正社員として入社ができない」のであれば、このパターンはほぼムリと言えます。

 

今後も働き続けたい会社

目次 4

 

会社の大きさや勤務継続メリットに関係なく、今後も働き続けたい会社で働くという選択肢もおすすめです。

 

なぜなら「会社が潰れない限り、一緒に成長・繁栄していく覚悟ができている」からです。

 

「会社の創業者に惚れている」「居心地が良くて、今後も一緒に働きたい」「特に不満がない」など、人によって今の会社を辞めるつもりがない理由は沢山あります。

 

しかし、このサイトを訪れているあなたは「今の会社や生き方に疑問を感じている」わけですから、このように「働き続けたいと自信を持って言える会社」を探し始める必要性が高いのではないでしょうか?

 

だからこそ、転職サイトに登録して「自分が働き続けたい会社・生き方を引き寄せ始める」ことが必要と言えるでしょう!

 

副業スキルを育む

目次 5

 

僕が転職以外に取った選択肢ですが、副業スキルを育むというのも非常におすすめです。

 

そして、この副業スキルを育むというのは「自分の船を自分の手で作りor買い、大きくしていく」ようなものです。

 

ヨット

 

例えばスキル売買サイトでは、以下のような能力を持っている人には、給料以外で収入を得るチャンスがあります。

 

給料以外で収入を得るチャンス

  • イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで
  • デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで
  • 動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで
  • 音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
  • 文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成
  • IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

 

挙げればキリありませんが、このように「趣味?のようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです(雑貨販売やネットショップ開設もアリ)

 

 

そして実際に僕の知人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)
  • プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)
  • 飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者

 

もちろん「絶対起業成功!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源」を持てる人間になると、それだけでかなりメンタルが安定しますよ♪

 

ちなみに副業経験を積むには、以下のパターンがおすすめです。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 転職先自体でレベルUP=自分がワクワクした気持ちで働ける仕事で副業スキルUP(僕がWEBライターとして文章スキルを磨いたやり方)
  • 残業少なめの会社で副業開始=時間確保して副業に挑戦時間を作って、知識と経験を積む
  • 副業OKの会社で副業開始=堂々と副業できる為、転職後に自分の好きor得意なことを始めてみる(リクナビネクストでは400件以上が副業OK)

 

副業OK

 

このようなやり方がありますし、年収20万円以上稼がなければ、副業事実は会社側にバレませんし、適切に対処すれば、転職しなくても副業収入を得ることは可能です♪

 

※なお、以下の記事では「副業禁止企業で副業収入を得るためのコツ」を解説しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

また、以下の記事では「副業ブログの始め方」を以下の記事にて紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

転職準備最大のメリット

目次 6

 

そして、転職準備最大のメリットは「苦痛を感じる会社・上司・生き方から距離を置ける&転職すれば永遠に縁切りできる」点にあります。

 

そもそも「副業スキルを育む」と決意しても、毎日長時間残業だったりストレスフルな状況で生きていると、心身が安定しません。

 

しかし、転職サイトに登録して情報収集を行い、来るべき日に転職した結果、ワークライフバランスが劇的に改善できた例は沢山あります。

 

ワークライフバランスが劇的に改善できた例

  • 「体育会系の周りは敵という会社」から転職して「周りと協力・強調して仲間として働く会社」に転職してストレスが激減
  • 「会社の肩書は良いけど、毎日残業だらけのエンジニア」から転職して「基本的に定時帰り〜月平均20時間程度」でワークライフバランスが劇的に向上
  • 「社歴が長いだけで仕事をしない、老害がイッパイの会社」から「同年代が多い会社に転職」した結果、人間関係ストレスが激減

 

このように転職することで「イヤな現実を縁切りできる」ので、リクナビネクストに登録して情報収集を始めるだけでも、徐々に不快な現実縁切りをスタートできるのです♪

 

 

逆に現代日本では「我慢さえしてればOK」と甘んじて現実を何も変えず、取り返しのつかないレベルで行き場がなくなり、路頭に迷ってしまうリスクがあります!

 

今の会社から放り出されて路頭に迷う将来例

突然のリストラに会い、何も誇れるスキルがなくて転職先が見つからず、路頭に迷う

 

このような絶望的な未来を避ける為にも、今のうちからリクナビネクストに登録して「イヤな会社や人間関係からの縁切り」を始めるべきです!

 

 

1年後〜数年後に「なんであの時チャレンジしなかったんだ?」と後悔する情けない人生が良いですか?

 

それよりも「あの時、現実のルートを少しずつ変え始めてくれて、本当にありがとう俺or私」と自分を誇れる人生が良いですよね♪

 

学生時代は進路を親や周りが決めてくれたかもしれませんが、社会人時代は「どんな人生を生きるのも自己責任」です。

 

もちろん、会社内評価や指導は上司や会社がしてくれますが「あなたの人生の責任」は、あなたしか取れないのです!!

 

そのため「現在の延長線上は、後悔・不安・絶望が増え続ける」のであれば、今すぐリクナビNEXTに登録して「今のクソッタレな現実を拒絶する行動」を起こすべきです!

 

良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?

 

\転職参考記事!/

 

まとめ

 

諒

以上がパワハラを訴えるデメリット6選!経験者が語る最強の対処法まとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

リクナビネクスト無料登録メリット(リンク先にてリクナビNEXT情報を解説中)

退職・転職を思い立ってから急いで準備を始める前に、逃げ先情報を増やして安心をストックできる♪

意欲が弱い内からの転職サイト登録利点

転職サイト gif

諒

なお最後に補足として、意欲が弱い内からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。

キツい時は登録意欲すら無くなる

目次 1



キツい時は登録意欲すら無くなるのが、転職意欲が少ない内から登録しておく、一番のメリットです!!



あなたも人生で深く悩んだ時期に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありますよね?



それと同じ状況が「今勤めている会社」で起こってしまうと、そこから逃げようとする気力すら湧かず、もっときつい現実に発展するリスクがあるのです!



転職サイト登録対策なしorありの例


■突然退職=ストレスが頂点になり辞める→転職活動を始める→アルバイトor貯金を崩しながら転職先を急いで探す!!

0から転職活動開始すると大抵3ヶ月以上かかる為、場合によっては貯金が足らず逃げられません

■転職サイトで情報収集して退職気力に余裕のある内から転職サイト登録→ストレスが頂点の時に退職→安心して転職先確保

僕は退職1ヶ月以内に正社員転職先を勝ち取った為、同じことをすれば最悪状況を回避できますよ♪



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が可能ですよ♪

転職サイト登録は一種の保険

目次 8

このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!



保険を利用する安心例


■医療・がん保険高額医療費が発生した時などのリスクを回避

■自動車保険事故や、慰謝料問題などのリスクを回避

■転職保険働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは、今の会社に居られなくなった時のリスク回避保険」として利用できるのです!



後ほど紹介する「リクナビネクスト」は、登録利用料無料も大きなメリットです(報酬は求人企業が支払っている為)

\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

求人ストックで選択肢を増やせる



転職意欲が低い内の登録メリットとして、求人ストックで選択肢を増やせるという利点もあります!



これは「メールアドレス登録+職務経歴書」を入力することで「転職先オファーをストックして、情報収集をシステム化できる」のです♪





例えば、僕がおすすめするリクナビネクストでは「直近3ヶ月で20件ほどのオファー」を受け取りました。



リクナビネクストで職務経歴書入力しておくメリット


オファー メリット

職務経歴書登録で受け取ったオファー例

オファー例



このように、今スグ登録しておけば「上司のパワハラでストレスが頂点に達した時」「ガマンの毎日に嫌気がさした時」の逃げ道確保を、15分もあれば対策できるのです♪



職務経歴書を入力しておいた方が良い理由


オファーやスカウトは採用企業側の追加料金支払いの為、採用本気度が高い

未経験採用であってもオファーを出すほど育成意欲が高いため、採用確率が高い

電話勧誘がない+メールを受け取るだけなので、ストレスフリー



PS.職務経歴書に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

リクナビネクスト登録利点

リクナビネクスト

そして業界最大級の転職サイトである、リクナビネクスト登録利点をご紹介しておきます。



リクナビネクスト登録メリット


就活で誰もが使用した「リクナビ」の転職版なので、使い方が理解しやすい

業界最大級の求人掲載数なので、転職しなくても必ず登録しておきたいサイト

電話や応募催促がキツい転職エージェントより気軽に使える

職務経歴書登録しておけば、自分の市場価値が分かる



このように「転職情報が一番集まっているサイト」なので、転職意欲が弱い内から登録メリットは大きいのです!!



しかも、再補足しておくと「職務経歴書登録でオファーやスカウトメールをストックできる」という利点もあります。



そのため「今の会社に一生勤めるつもりはない」なら、今スグ登録しておくべきサイトと言えます!!!



良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?


今スグ人生を変える覚悟を決めてリクナビネクストに登録すれば、理想の未来を引き寄せ始められますよ♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/