パワハラ 訴える デメリット2

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

「パワハラを訴えるデメリットは?訴えずに安心・安定の人生を獲得するコツや改善用転職術を知りたい!」

相談女性1

パワハラ上司に仕返しするのに効果的な考えや復讐嫌がらせ、苦痛を与える報復行為は?課長など相手の立場を絶対破壊する訴え方は窓口証拠提出での状況改善要求や賠償賠償の成功確率が一番高い?

相談男性2

会社で部下の仕事を注意して追い込む人の特徴や、問題暴言発言・暴力などのハラスメント被害を作るタイプは?同僚など職場の社内人間関係や厚生労働省などブラック企業労働問題の悩み相談した場合のリスクやメリット・デメリットを知りたい!

相談女性2

「弁護士付き退職代行」「転職サイト無料登録」「転職エージェント」など利用可能な求人サービスの対応先や活動方法、おすすめ対処方法を紹介してほしい♪

相談男性3

業界選びを失敗せずに経験を活かせる場所で働きたい!精神や気持ちが安定する人生が必要だから、我慢から解放されて働く業務ストレス解決したり、しっかり有給休暇取得して時間に余裕がある生き方を実現したい!

相談女性3

辞める理由の作り方や、適性能力や性格を活かせる適職診断の結果参考回答例や、副業などの対策内容を解説してほしい。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕もパワハラを訴えるデメリットを感じながらも、仕返しする方法を徹底的に見つけ出して、それを実践した経験があるので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「パワハラを訴えるデメリットや、具体的な準備・実践方法」を具体的に紹介しています♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断を行うメリット

目次



なお最初に補足として、適職診断を行うメリットについてご紹介していきます。



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



毎日のストレスをDOWNできる

目次 1



毎日のストレスをDOWNできるのが、適職に転職する一番のメリットです。



なぜなら「自分が好きor得意な仕事に就いて自尊心を育むことで、思い通りの現実を創造したり、選択する力」を育めるからです♪





例えば嫌いor苦手な仕事で働いている人は「冒険気質なのにガマン中心の仕事」「運動が苦手なのに肉体系労働」など「どうせ自分なんて…」という「自分を苦しませる判断基準」で働いているので苦労します。





しかも不適職で働く人ほど「仕事がサビ残だらけで時間を奪われる」「人間関係がイライラと深いさの毎日で、人や自分のことが嫌いになる」という我慢の現実を生きている可能性が高いのです!



しかし適職に転職することでメンタルが安定し、「苦痛が不適職時代よりはるかに少なく、毎日を過ごせる」「好きなことや楽しいことを楽しめる精神的・経済的余裕が生まれる」というメリットが生まれますよ♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



自尊心UP=幸福度UPできる

目次 2



自尊心UP=幸福度UPできるというメリットもあります。



なぜなら「嫌いor苦手な不適職で働く人ほど、自分を苦しませるクセが強い」一方で「好きor得意な適職で働く人ほど、自分を喜ばせるクセが強い」人間になっていけるからです!





例えば僕は数学などの理系が大嫌いなのに「数学的素養がメインのIT系技術営業」は、ストレスが強すぎて、リボ払いで借金地獄にだったことがあります。



なぜなら「自分を苦しませて、努力しながらお金を稼ぐ毎日」が、お金や人間関係も「努力と我慢の毎日」を引き寄せ続けていたからです。





しかし、適職診断により判明した「本にまつわる仕事=物書き/WEBライター」に転職してからは、自分の得意分野だったので、毎日夢中で働けた上に「プライベートも夢中が増えた」のです。



物書き/WEBライターに転職した後の変化


お金=6年近くリボ払いの借金漬けだったのが、借金0になった上に、毎月それなりに使っているつもりでも、月数万円貯金できる余裕ができた

時間1=メンタルが安定したので「行きたかったレストラン」「ちょっとした旅行」など、我慢していた事も夢中でできる精神的・経済的余裕が生まれた

時間2=定時帰りになった上、年収はIT営業時代より減ったが「副業ブログで月1〜3万円レベルまでは稼げるようになり、収入はほぼ横ばい」に回復したので、結果的にIT営業時代より幸福度が激増した♪

人間関係=自分の得意分野で仕事ができるようになったので「憧れです♪」「あなたのお陰で成果が上がりました♪ありがとうございます♪」と取引先に感謝されたり、社内で褒められる機会が増えた





このように、不適職から適職に転職したことで、不適職時代には考えられなかった幸福度UPを実現できたのです♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



我慢・努力・夢中の生き方

目次 3



そして適職・不適職で思い出すのは、「我慢・努力・夢中の生き方」です。



格言


我慢は努力に勝てず、努力は夢中に勝てない





つまり「我慢している人<努力している人<夢中になってる人が一番稼げたり幸福度が高い」ということです。



それまで「仕事は辛く苦しんだ対価」と思っていた僕にとってはカルチャーショックでしたが「お金は喜びの対価」と価値観を変えてから、お金を受け取ることへのストレスが激減しましたから♪



僕の我慢・努力・夢中時代


我慢ばかりで自己否定と抑圧の毎日=教育関係OA事務職時代の「裏方で無機質に働き続けた時代

努力ばかりでイライラと発狂の毎日=通信IT系営業マンに転職して「設計図や数値を扱う苦手分野でストレスを溜め込み続けた時代

夢中ばかりで快適で安心幸福な毎日=転職系WEBライターに転職して「人の喜怒哀楽を扱い自尊心を復興する、毎日夢中に働く時代





そして僕は今「自分の記事を通して日本人の自尊心を復興することに夢中」なわけですが、あなたが今の人生に「我慢」「努力」しているなら、引き寄せる現実を変える為に、自己投資を行うべきですね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



適職で収入選択肢が増える例

目次 4



また、適職で収入選択肢が増える例についても補足しておきます。



先ほどお伝えした通り、適職で働くと夢中になってレベルUPできるので、自尊心UPが可能となります。



その結果の一つとして「自分が好きなことor得意なことで稼ぐ現実にOKが出しやすくなる」というメンタルブロックの解除が起こったりするのです。





その結果、僕のように「本業の会社員では収入UPできなくても、副業で稼げるようになる」という選択肢が生まれたりします。



例えば某スキル売買サイトでは、以下のような「自分が社会還元できるスキル」を持っていれば、月5万円程度は稼げるチャンスを得られるのです。



給料以外で収入を得るチャンス


イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで

デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで


動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで

音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成

IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

占い系=占い自体から占い師養成まで

勉強系=資格取得アドバイスから就職・転職サポートまで





挙げればキリがありませんが、このように「趣味?と思っているようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです。(雑貨販売やネットショップ開設という手もあります)





そして実際に僕の知っている人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。



僕の知ってる副業・スキル活用者例


美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)

プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)

飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者





もちろん「絶対起業だ!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源を持てる適職」で働いていると、それだけでかなり将来の安心度が増しますよ♪



ぜひ、以下のリンク先から「あなたにとって快適&幸福度が高い、好きor得意を活かせる適職」を見つけて、幸福度をレベルUPする参考にしてくださいね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



パワハラを訴えるデメリット

目次

 

諒

ではまずはじめに、訴えるデメリットについてご紹介していきます。

 

基本的に負ける確率が高い

目次 1

 

基本的に負ける確率が高いのが、一番のデメリットです。

 

よほど人格的に問題のある人間だと証明して、会社内で二度と合わない状態まで持ち込めない限りは、影響力が強い上司のほうが優勢になる可能性が高いです。

 

しかもたいていはパワハラをする人間のほうが、会社内での評価や信頼度が高いので、それを覆すためには、かなりの時間と労力と客観的証拠が必要になると言えます。

 

裁判はお金・時間がかかる

目次 2

 

もし仮に弁護士や裁判所を経由して勝訴を獲得しようとしても、裁判はお金・時間がかかるのもデメリットです。

 

どうしても「パワハラした相手に屈辱を与えたい!」「法的・社会的制裁を与え切らないと気が済まない」のであれば、断固として戦うのも良いでしょう。

 

しかしそれには「数年嫌いな相手と戦い続ける」「潤沢な資金があるor用意できる」という所まで覚悟しないと、結局デメリットの方が多いですよ!

 

訴え失敗して相手が会社に存続

目次 3

 

以上のことからも、訴え失敗して相手が会社に存続するのが一番のデメリットです。

 

とくに年功序列・終身雇用の会社だと、入社してしまえばよほど休職続きや勤務態度に問題がない限り、そのまま働き続けるのです。

 

しかもこういったパワハラ相手ほど「パワハラする相手以外には良い顔するのが上手い」ので、なんだかんだ言って世渡り上手だったりします。

 

 

個人的には「真面目で繊細で一生懸命な人ほど馬鹿を見る社会」というのは腹が立って仕方ないのですが、現実問題としてこうなっているのだから仕方ありません。

 

そのため「自分がパワハラ相手から離れていく」か「パワハラ相手がどうしても会社にいられなくなるような決定的な打撃を与える」しか方法はないのです。

 

異動・左遷させられる

目次 4

 

あなたの方に問題があるというレッテルを貼られて、異動・左遷させられるケースもあります。

 

とはいえこれは必ずしも悪い結果になるとは限りません。

 

なぜなら僕は実際このパターンにハマった事があり、万年目標未達の課長のもとでパワハラを受け続けているのが可哀想と判断した他の課長が、自分の課に引き抜いてくれたのです。

 

 

そして半年もしたらこの課長が「実は周りに信用されていない可哀想な人だったんだ」と気づき、苦しんだ自分と情けないその女課長の姿を見て、ネガティブな気持ちが晴れたのです。

 

※ただし僕の場合は「それ以後その女課長の元に入った新人は4人ほど辞めていた」ので、僕の強運だったとも言えますが…。

 

社内に味方がいなくなる

目次 5

 

あなたが「上に楯突く面倒臭い奴」というレッテルを貼られた結果、社内に味方がいなくなるというデメリットもあります。

 

たいてい相手の方がキャリアも勤務時間も社内人脈も上なので、「あいつは言うことを聞かない問題のある奴だ」という情報を浸透させてしまう危険性があるのです。

 

そのためパワハラ相手の元に居続けた結果「周りに無視される」「窓際族に追い込まれる」などの自己都合退職へ促されてしまう可能性もあります。

 

退職を求められる

目次 6

 

パワハラ相手を訴えた場合に一番デメリットになるのが、退職を求められる可能性です。

 

会社は「協調性のある人間」しか生きにくい環境なので、その暗黙の了解を破ったあなたを「退職に追い込む可能性」は十分あります。

 

 

とはいえ個人的には、そんなクズパワハラ相手を放置し続ける「クソ会社」自体からオサラバした方が良いと思いますよ♪!

 

僕も経験がありますが、同じような業務遂行で通用するのに、転職する事で驚くくらい働きやすい会社や人と出会うケースはありますからね♪

 

\【上司に腹が立つ】パワハラを現実から消滅するコツ関連記事はこちら!/

パワハラを訴えるデメリット対策(癒し)

目次

 

諒

では次に、パワハラを訴えるデメリット対策(癒し)についてご紹介していきます。

 

瞑想音楽を聴く

目次 1

 

瞑想音楽を聴く習慣を取り入れるのもオススメです。

 

大好きなアーティストを聴くのもアリですが、Youtubeに上がっているリラックス音楽を聴く、瞑想を取り入れるのもオススメです。

 

 

じっさい僕も昼の休憩時間には、瞑想CDを10分ほど聴いて心身を落ち着ける習慣を取り入れていました。

 

その結果として、仕事前や仕事中もネガティブな気持ちに囚われないようできましたから♪

 

 

このようにネガティブな気持ちに歯止めが効かないのであれば、音楽の力を借りるのもオススメです!

 

また心のデトックスとして有名なハワイの秘術「オポノポノ」を聴き続けるのもオススメなので、以下に合わせて紹介しておきますね♪

 

■「(1時間バージョン)聞くだけ浄化☆オポノポノ☆」(1時間)

お風呂に入るor温泉に行く

目次 2

 

お風呂に入るor温泉に行くのもオススメです。

 

なぜなら「お風呂が好き・毎日入る人ほど幸福度が高い」という調査結果が出ているからです。

 

■「おふろ白書2017」〜おふろと幸福度〜

お風呂白書

出典:NORITZ

 

僕は昔「時間と水道代が勿体ない」という理由で、毎日シャワーで済ませている時期がありました。

 

 

しかしお風呂が「緊張状態を緩和する・体をゆるませる・深呼吸する」というリラックス効果がひじょうに高いことを知り、入浴を習慣化しました。

 

結果的に1週間のメリハリも付くようになったり、幸福エネルギーも増えて、やる気が維持できるようになりました。

 

そのため、かつての僕のように「忙しいからシャワーで済ます生活」を続けているなら、2日に1回でもOKなので、入浴習慣を取り入れるのがベターです♪

 

趣味や恋愛など熱中先を見つける

目次 3

 

趣味や恋愛など熱中先を見つけることで、ON・OFFのバランスを取れたりします。

 

「何のために仕事しているのか?」に対する答えを持つことで、メリハリのついた生活を作れたりします。

 

ほかにも恋人を作ったり、家庭ができて仕事に熱中できるといったケースもあるので、プライベートを充実することで、仕事に行きたくない毎日を革命できたりしますよ♪

 

片付け・断捨離

目次 4

 

部屋などの余計なものを減らす「片付け・断捨離」に取り組むのもオススメです。

 

なぜなら心理学の世界では、部屋の中の状態と心・頭の状態は同じ」と言われているからです。

 

 

そのため部屋が汚いほど、心が汚れていて悩みやネガティブな考えが残りやすい一方で、部屋が綺麗なほど、心もキレイでスッキリした精神状態を維持しやすいです。

 

※言い換えると、「いつか使う物」が多い人ほど「やらなきゃいけないこと」が頭の中に多い一方、「必要十分な物だけ」揃えてる人ほど、シンプルな思考でラクに生きています。

 

 

例えばあなたも試験勉強前には、やたらと部屋掃除や机掃除をしたくなりませんでしたか?

 

あれは問題を解くという「問題を解く(キレイにする)」前に、現実的な周りの空間からキレイにして、問題に向き合っているのだと僕は思います。

 

また本人が部屋をキレイにするのが苦手でも、現代では家事代行という部屋掃除のプロに、月1回程度のスパンで依頼するという手もあります。(5,000円程度で頼めるようです)

 

パワハラを訴えるデメリット(心理浄化)

目次

 

諒

では次に、パワハラを訴えるデメリット(心理浄化)についてご紹介していきます。

 

※これらは正直、専門セミナーに行けば数千円〜数十万円はかかるような「超有料級のテクニック」なので、ぜひどれかは日常に取り入れてみてください♪

 

不安・恐怖を感じる自分を癒す

目次 1

 

心理学のテクニックを利用して、自分が過去に経験した「不安や恐怖を感じる気持ち」を取り除き、不安・恐怖を感じる自分を癒すがオススメです。

 

具体的なやり方は、利き手と逆手で交互にノートに書き、負の気持ちを感じた時の自分と出会い、仲直りするというものです。

※負の自分は利き手ではない方で書いて下さい。

 

負の感情・自分の癒し方

(負の気持ちを感じた時を思い出して書く)

挨拶をする

何歳かを聞く

いる場所を聞く

どんな気分かを聞く

ごめんね、許してなど過去の自分と和解する言葉を書く

最後に当時の自分の顔や服装を書いて表に出てきてもらう

 

ちなみにより分かりやすいように、僕が行った実例も合わせてご紹介しますね。(左が今の自分/右が過去の自分)

 

負の感情・自分の癒し方参考例

「こんにちわ」 「こんにちわ」

「今何歳?」「22歳」

「今どこにいるの?」 「入社したスズキの西営業所の自分の机」

「今どんな気分?」 「手続きが分からないのに売上げばかり上がって凄く怖い!成果が出るってとてもイヤだ

「そっか、それは辛かったね。でも大丈夫。君は今ではちゃんと仕事をこなせる人間になったから、もうその恐怖は手放して良いよ。今まで怖い思いに近付かないようにしてくれてありがとうね。もう出てきて良いよ」 「うん。もう大丈夫なんだ。ありがとう」

インナーチャイルド

     

    この時は自動車営業マンとして新人賞が狙えるペースで仕事が舞い込んだ時から、「売り上げが急上昇すると対応できなくなり、恐怖感が強まる」というトラウマができました。

     

    そのためこのテクニックを通じて、負の感情を浄化したのです。

     

    このように「過去の負の感情を持った時の自分」を癒すことで、より安心で快適な未来を構築できるようになりますよ♪

     

    タッピング

    目次 2

     

    不安や怒り、不満といった感情を軽減させるツボを押す、タッピングもオススメです。

     

    タッピングとは「針を使わない鍼灸治療」とも言われるもので、東洋医学で言われる「ツボ」を叩く事で、不安や不満、怒りを軽減するやり方です。

     

    具体的なやり方はツボを順番に2~3本の指で叩いていくと同時に、解消したい感情の出来事をイメージしつつ、以下の流れで実践します。

     

    タッピングの流れ

    タッピング

    自分が解消したい感情や出来事のテーマを決める(過去に怖い上司に散々ド叱られた)

    セットアップフレーズを決める(上司の●●さんに怒られるのが怖い)(セットアップは感情を必ず書く事)

    セットアップをより短く表すリマインダーを決める(●●さんとはいつも円満、●●さんに褒められた)

    セットアップフレーズを唱えながら0番の位置をさする(0番をさする以外に、手のチョップ部分を叩きながらでも可)

    タッピングを行う(上記8箇所をリマインダーを3回程唱えながら叩く)

    叩き終わったら深呼吸して水やお茶を飲む

     

    1回だけでは根深い心の傷を癒せないかもしれませんが、特に「恐怖や不安を感じた時」に行ったり、何回も同じ出来事の恐怖をケアすることで、緩和することができますよ♪

     

    ※ちなみによりイメージがつきやすいように、参考動画も以下に紹介しておきますね♪(おおよそのやり方は一緒です)

       

      ■「一番簡単なタッピングのやり方」(8分22秒)

      ノートにネガティブな気持ちを書く

      目次 4

       

      ノートにネガティブな気持ちを書くのも大変効果があります。

       

      カラオケで叫んだり、段ボールを破るストレス解消法もありますが、紙に書くのは一番手軽にできるのでオススメです。

       

       

      「あんなミスをした自分なんてもうキライだ!」とか、落ちるとこまで気持ちを落とすんです。

       

      中途半端に後悔を引きずるより、「もう悩むのやめよう」と切り替えるタイミングを早めて、ミスを忘れることができるからです。

       

      この方法はイライラする人がいる場合にも気持ちを吐き出せるので、習得しておくのがオススメですよ♪

       

       

      そこでオススメなのが「紙に怒りや悲しみといったネガティブな気持ちを吐き出して燃やす」という、書き出しワークです。

       

      ■怒りや悲しみを書き出す例

      もっと俺のことちゃんと考えて仕事振れよ!クソ上司!!

      クソみたいに残業させやがって!いつでも辞めてやるぞブラック企業め!!

      こんな俺をずっと受け入れ続けてくれるとは思えない…どうせ俺なんて愛される価値がない…

       

      このような思いつく限りの「出来事に対するネガティブ感情」を紙に正直に書き出して、それを「グルグル黒く塗りつぶしながら吐き出す」ことで、キレイサッパリBYEBYEできます。

       

      ストレスケア1

       

      その後書き出したネガティブな感情を「火で燃やして浄化(宗教でいう供養のお焚き上げ)」することで、その気持ちがスーッと無くなると感じられます。

       

      ストレスケア2

       

      深く染み付いた感情は、1回で全て浄化できないので、その場合は翌日も同じトラウマを紙に書き出すのがオススメです♪

       

      できれば毎日、もしくは週1回やるだけでも心のトラウマが減っていくので、イヤな上下関係や人間関係がラクになっていく可能性が上がりますよ♪(火は100円ライターで十分ですから♪)

       

      パワハラを訴えるデメリット(社内対策)

      目次

       

      諒

      では次に、パワハラを訴えるデメリット(社内対策)についてご紹介していきます。

       

      信頼できる相談先に申告

      目次 1

       

      今の仕事を続けていくことに不安や強いストレスを感じているのなら、信頼できる相談先に申告がベターです。

       

      信頼できる相談先

      会社の相談窓口に内部通報

      人事の責任者に訴える

      上司を頼る

       

      なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

       

      人事担当者や上司であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

       

      異動願いを試みる

      目次 2

       

      理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

       

      具体的には先ほどと同じく「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

       

       

      ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

       

      そのためネガティブな話だけではなく、「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

       

      僕が別の課長に救われた話

      目次

       

      ちなみにあなたの「覚悟」の参考になるように、僕が別の課長に救われた話についてもご紹介しておきます。

       

      それは準官公庁系の某大手通信企業で営業マンをしていた新人時代の話です(新人といっても27歳頃の話なので、年齢は新人ではなかったです)

       

      そもそもその会社は「早稲田・上智・慶應などの一流大学卒業生が、終身雇用でじっくり学んで働く環境」だったので、既卒で入った僕には修羅場でした。

       

      覚える必要があったジャンル

      新しく生まれてきたクラウドサービス(Office365/AWS)などの知識

      インターネット固定回線(光回線/ADSLなど)の知識

      モバイル回線(格安SIM/料金プラン)の知識 など

       

      そのように膨大な知識が必要だったのです。

       

       

      しかし周りは「通信の知識を知っていて、しかも業務が出来て当たり前」という態度で迫ってきました。

       

      とはいっても僕は既卒の新人だったので、毎日深夜まで仕事や勉強をしても能力が間に合っていませんでした。

       

      そして一生懸命勉強していたけれど、結局数ヶ月後に「言ってることが分からない」という顔をしてしまった時、女上司から強い避難とお叱りを受けたのです!

       

      怒られた時の発言

      あなたにとって何が分からないか?それがもう私には分からないわ!!

       

      これを言われた時は流石に僕もイラッとして「こっちも一生懸命にやっとるんじゃ!」と思い、思わずトイレに駆け込み壁を飛び蹴りしてました。

       

      ※穴を開けてしまったので、そっと逃げました(翌日シールが貼ってあり直っていたので、良くあることなんだなと不思議と安心しました)

       

       

      そもそも今振り返れば、僕にとってこの仕事は「苦手な数式・公式を用いた知識を覚える」という一番「自分に合っていない仕事環境」でした。

       

      ※数学は200点中0点を取るほど、僕は公式や理屈が苦手

       

      さらに万年目標未達という「無能女課長」の下という最悪の状況で働いていたので、ミスが多かった上にメンタルも非常にやられたのです。

       

       

      そんな僕の状況を直属のリーダーに相談した結果、別の課長が僕を引っ張ってくださることになりました。

       

      そしてその後は「頼れる男の先輩の配下」に回してくれて、丁寧に仕事を教わることができ、安定して仕事できるようになりました。

       

      このように「行動すれば願望が叶う」と分かれば、あなたも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

       

      迷惑に関することわざ

      目次 3

       

      ちなみに僕の「迷惑に関する考え方」が変わった、迷惑に関することわざについてもご紹介しておきます。

       

      世間一般的には「人様には迷惑をかけるな」「世の中には迷惑をかけてはいけない」という人も多いです。

       

       

      しかし究極的に迷惑をかけない生き方を実践するには「いつも100%、100人中100人が“ありがとう”と言ってくれる行動と結果だけをし続ける」必要があるのです。

       

      そんなことは絶対にあり得ないし、ムリだということが分かるでしょう。

       

       

      例えば僕の知り合いに「日本でも有名なNPOに勤め、日本や海外の慈善事業に貢献する仕事」をしていた人がいます。

       

      しかし彼女は「どれだけ良いことをしていても“人からの寄付という善意で飯を食ってる悪い奴ら”と非難される」と言っていました。

       

      つまり「“善行”という大義名分のある慈善団体でも、見方を変えれば“他の組織の売り上げになっていたかもしれない寄付金”というお金を貰う迷惑を、社会にかけている」とも言えるのです。

       

       

      以上の点から分かることは「人は生きている限り、誰かに迷惑をかけている一方で、誰かに迷惑をかけられている」とも捉えられるわけです。

       

      そしてこの真理を突いているのが、僕の大好きなインドのことわざです。

       

      インドのことわざ

      あなたは他人に迷惑をかけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい

       

      このように「迷惑をかけるというネガティブな現象」は、言い換えれば「人の迷惑を受け入れる器の広さ」になるのです。

       

       

      だからこそ「人に頼るチャレンジの時が来た」と思って、人に悩みを相談してみるのもアリですよ♪

       

      相田みつをの言葉

      つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

      くるしいことだってあるさ 人間だもの

      まようときだってあるさ 凡夫だもの

      あやまちだってあるよ おれだもの

      愚痴をこぼしたっていいがな

      弱音をはいたっていいがな 人間だもの

      たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの

      休職・精神科相談して休養+将来設計

      目次 4

       

      所属部署を変えるだけでは改善できず、一定期間の休養が欲しいのであれば、休職・精神科相談して休養+将来設計するのもアリです。

       

      正社員であれば「数十年雇用関係を維持する責任」を会社が持っているので、最低限の給与保障or復職確約で休ませてくれるケースもあります。

       

       

      じっさい車メーカーに勤めている僕の知り合いにも、このケースで復職した人がいます。

       

      具体的にはメンタルがどうしても病んだ時に休職願いを出し、休んでいる間に海外を放浪して精神面を鍛え、その後復職を迎えたという荒療治でしたが…。

       

      他にも精神科に相談することで「メンタル的な不調によって数週間〜数ヶ月休みをもらう」ケースもあるので、社内で事例がないか?可能性を探るのもアリです。

       

       

      ただし「同じ部署に復職する場合、腫れ物扱いされて肩身の狭い思いをする」というケースもあるので、ある程度退職の覚悟も持っておいた方が良いでしょう。

       

      退職代行に依頼

      目次 5

       

      ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

       

      そもそも僕自身の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要ということです。

       

       

      例えば僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

       

      ※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

       

      しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

       

       

      そのためこれ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

       

      そもそも僕自身何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

       

      そのため「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

       

      まとめ

       

      諒

      以上がパワハラを訴えるデメリット!訴えずに安心・安定の人生を獲得するコツや改善用転職術まとめのご紹介でした。

       

      自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

       

      自分の適職・天職を知るメリット

      チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

      カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

      ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

      自分の適職・天職を知らないデメリット

      「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

      今の自分から何も変わらず変化ナシ…

      何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

       

      あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

       

      \【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

       

      強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

       

      \メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

       

      適職診断@おすすめ3選

      向いてる仕事 適職診断
      適職で生きていない時の悩み


      今の仕事を一生続けていける自信がない…。

      今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

      もっと好きで得意な仕事で生きることは出来ないのかな?

      適職に転職した人の話や体験談を読みたい♪





      そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分に向いている適職の見つけ方」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



      \人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/