おっちょこちょい 向いてる仕事

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「おっちょこちょいな人に向いてる仕事の見つけ方は?適職発見のコツを知りたい!」

相談女性3

「おっちょこちょいな性格」に向いてる仕事は?ミスや失敗行動をしがちな場合の対策は?

相談男性3

「非公開求人情報」を収集するコツは?「応募〜エントリー〜選考〜面接〜採用」までのアドバイスを下さい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「おっちょこちょいな人に向いてる仕事は?」と悩んだ経験がある為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「おっちょこちょいな人に向いてる仕事の見つけ方」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

おっちょこちょい【特徴】

おっちょこちょい 特徴

 

諒

ではまずはじめに、おっちょこちょい【特徴】についてご紹介していきます。

 

好奇心旺盛で詰めが甘い

 

おっちょこちょいな人は、好奇心旺盛で詰めが甘いです。

 

良く言えば「色んな事にチャレンジできる性質」ですが、悪く言えば「どれも中途半端になりやすい」とも言えます。

 

その為「色々刺激がある仕事が向く」個性を活かした上で「ミスに対して寛容or何らかの対策を講じやすい仕事」の方が向いてると言えるでしょう♪

 

大枠で捉え整理整頓が苦手

 

大枠で捉え整理整頓が苦手という特徴もあります。

 

つまり「物事や仕事をザックリと理解する為、着手自体は早いが、細かいところが抜けていたりする」わけです。

 

必然的に「経理」「庶務」「データ分析」など、細かい作業が要求される仕事ほど、苦手意識が強くなる傾向があると言えるのです。

 

間違った方向に行きやすい

 

間違った方向に行きやすいという特徴もあります。

 

おっちょこちょいな人は、基本的に「あちこち行動や考えが、色々飛んでいってしまう性格」の為「一度方向性がズレてしまうと大変な仕事」には向きません。

 

おっちょこちょい 向いてる仕事 HUNTER×HUNTER 悪手

出典:HUNTER×HUNTER

 

その為「建築」「設計」「弁護士」など、冷静沈着&淡々と物事を進めるべき仕事には、向かないと言えるのです。

 

おっちょこちょいに向いてる仕事選び

おっちょこちょいに向いてる仕事選び

 

諒

では次に、おっちょこちょいに向いてる仕事選びについてご紹介していきます。

 

好奇心を活かせる仕事

 

好奇心を活かせる仕事は、非常に向いています。

 

なぜなら「次々と新しい刺激・トレンドを受け入れて行くのが得意な性格」と言える為、慎重に淡々と取り組む仕事より、適正が高いからです。

 

その為「IT系」「広告系」「運送系」などは、相性が良いと言えるでしょう♪

 

ミスチェック者が後ろにいる仕事

 

ミスチェック者が後ろにいる仕事も向いています。

 

おっちょこちょいな人は、言い換えれば「頭の回転が早い」「行動が素早い人」とも言えます。

 

その為「自分はアイデアorスピード主体の仕事で活躍する」「それ以降のミスチェック者に任せられる仕事」というのは、非常に相性が良いと言えるのです♪

 

何度も修正できる仕事

 

何度も修正できる仕事も、非常に向いています。

 

例えば、裁判関係の仕事は「一度出た判決に関しては、今後も当事者は原則覆せない」です(控訴して他の人が対応しますが、あなたが関わった裁判の結論は決着したままです)

 

おっちょこちょい 向いてる仕事 ONE PIECE 白ヒゲ

出典:ONE PIECE

 

その為、おっちょこちょいな人は「堅実&冷静沈着な仕事」は避けるべきですが、逆に言えば「多少失敗しても取り返せる」「何度も更新・上塗りできる仕事」は非常に向いていると言えます♪

 

具体的には「WEBライターなどの執筆系」「営業・接客など信頼を積み重ねる系」などは、非常に相性が良いと言えるでしょう♪

 

自己責任でできる仕事

 

自己責任でできる仕事も、相性が良いと言えます。

 

なぜなら「良くも悪くも、迷惑がかかるのは主に自分」の為、その分自由に取り組めるからです♪

 

その為「農業」「配送業」「運転手」など、自分で納得して行動しやすい仕事は、相性が良いと言えるのです。

 

おっちょこちょいに向いてる仕事例

おっちょこちょいに向いてる仕事例

 

諒

では次に、おっちょこちょいに向いてる仕事例についてご紹介していきます。

 

試験合格して公務員

 

「現在の年齢なら受験資格がある」「経験者採用枠に入れるようなスキルがある」なら、上から行動指針を与えられる試験合格して公務員になるのもアリです。

 

現状の日本で数少ない「終身雇用の環境」ですし「景気に左右されない安定した経済的基盤の代表例」とも言えます。

 

ただし「公務員受験経験者」として言わせて貰うと、ぶっちゃけ「有名大学入学レベル(偏差値60以上)の難易度=大学受験より難しい」です。

 

諒

数理・経済・社会学・民放・憲法・行政法…。勉強すること多すぎ…。

 

もちろん、入庁地域によって難易度は変わりますが、いずれにしても「学生時代以上の受験勉強をクリア」しなければ、公務員採用はかなり厳しいです!

 

清掃員

 

清掃員という働き方は、一つの選択肢としてアリです。

 

「高収入になりにくい」「AI・ロボットに置き換わりやすいリスクがある」などのデメリットはありますが「様々な場所で求められる」「責任が少ない」というメリットもあります。

 

その為「綺麗好き」「なるべく人と競争したり、頭を使う事はしたくない」なら、一つの選択肢としてアリでしょう♪

 

デバッガー

 

ゲームプログラムのバグなどを見つける、デバッガーという仕事もあります。

 

日本には「ゲームでひたすら壁にキャラクターをぶつけて、エラーがないか見つけるなどの仕事を“引きこもり専門集団”で組織し、上場した会社もある」と言います。

 

しかも「プログラムのバグを見つける仕事」の為、直接モノを作る側ではなく、責任も少ないです。

 

 

その為「ゲームが好き」「不具合を見つける仕事ならずっと出来る」なら、選択肢としてアリですよ♪

 

トラック運送ドライバー

 

人間関係でストレスを抱えやすいなら、トラック運送ドライバーという選択肢もあります。

 

「大型を運転できる免許が必要」「運ぶ物によっては責任が重い」というデメリットがありますが「人手不足市場で入りやすい」「特殊スキルになり得る」というメリットもあります。

 

その為「長時間運転が好きで続けやすい」「人と関わるストレスが少ない仕事が良い」なら、選択肢の一つにできるでしょう♪

 

タクシードライバー

 

大型の乗り物にはリスクを感じるのであれば、タクシードライバーという選択肢もあります。

 

具体的には「全国的にタクシードライバー不足で稼ぎやすい」「個人タクシーに独立できる」というメリットもあります。

 

おっちょこちょい 向いてる仕事 頭文字D 曲がれハチロク

出典:頭文字D

 

「トラック運送ドライバー」より対人関係スキルが求められますが、大型を運転するリスクよりこちらを選ぶという選択肢もアリでしょう♪

 

工場のライン作業

 

「責任が少ない」「言われた事をキッチリやれればOK」という点で、工場のライン作業という選択肢もあります。

 

実際、僕も約1年働きましたが「ひたすらルーティン作業」「人と話すストレスはほぼ無し」なので、業務ストレスはそれほどありません。

 

あえてデメリットをあげれば「やりがいを感じにくい」「正社員でないとクビになりやすい」「高給与にはなりにくい(マネージャーなどにならない限り)」という点があります。

 

 

しかし「趣味やプライベートが大事で、仕事は食う為」「ストレスは少ないのが一番」という方にとっては、選択肢にできますよ♪

 

コールセンター

 

人付き合いが得意なら、コールセンターという選択肢もあります。

 

「クレーム対応が必要」「多種多様な人を相手にする」というデメリットはありますが「自分自身の問題によるダメージは少ない」「マニュアルに沿って対話すればOK」「対応顧客層によっては気が楽」というメリットもあります。

 

その為「人間関係ストレス耐性は高い方」「人と話すのは好きor得意」なら、選択肢としてアリでしょう♪

 

料理人/伝統工芸/大工など職人系

 

師匠から技術を叩き込んでもらえる、料理人/伝統工芸/大工など職人系などで技術を磨くのもアリです。

 

職人の世界は、極めていけば「匠」を目指せる為、そこまでレベルUPする選択肢もあります。

 

ただし「その仕事が数十年後も、需要が必ずあるとは限らない」為「他の人や機械に替えがきかない分野」に精通しておいた方が良いとも言えます。

 

経理・税務などの専門分野

 

やることが明確な経理・税務などの専門分野に転職し、ステップアップしていくのもアリです。

 

とくに「機械・AIに代替できる業務」は、今後どんどん衰退していく為、そうならない分野のスキルを蓄えるしかありません。

 

もちろん、経理・税務が「人手のかかる作業から、オフィスソフトに置き換わる懸念」もありますが、単純業務よりはもっと先の話です。

 

 

しかも「FP(ファイナンシャルプランナー)など、お金の悩み解決する仕事」は、コミュニケーションしながら問題解決する必要性がある為、あなたにしか出来ない仕事になり得ます。

 

その為「自分がずっと価値を提供できる、誇りある仕事は何か?」という視点でキャリアプランを考え直し、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

配送業・運転手

 

「体力に自信がある」「地図を覚えたり、運転に自信がある」なら、配送業・運転手という選択肢もあります。

 

なぜなら「多少のミスやトラブルも修正しやすい仕事」だからです(貴重品・割れ物を破損とかはヤバいですが、ご配送やルート間違えなら修正しやすいです)

 

 

実際、僕の知り合いには「高卒入社で運送会社に10年ほど勤務した後、個人事業主化した結果、年収1,000万円超えを達成した男性(30代前半)」もいました。

 

彼は「荷物1個で報酬が入る歩合給」で稼いでおり、会社員時代に「運送速度・能力」を高めていた為、他の個人事業主より3倍近く稼いでいるそうです。

 

※さらに「メルカリ利用者増」「在宅による通販利用者増」のトレンドに乗り、運送・個人事業は右肩上がりと言っていました

 

 

もちろん「生涯同じ仕事が出来るか?」は不安ですが、若い内からしっかり稼ぎ、余裕のある貯金を投資に回すなどの選択肢は、大変おすすめですよ♪

 

警備員

 

同じく体力面に自信があるなら、警備員という選択肢もあります。

 

護身術などで対応する想定もありますが、基本的には「見守り隊員的な業務」と言えます。

 

その為「体力・肉体面に自信がある」「人間関係ストレスが苦手」なら、選択肢の一つとしてアリですよ♪

 

交通誘導員

 

道路工事などで対応する、交通誘導員もあります。

 

「ずっと立ち仕事」「夜勤もある」といったデメリットがありますが「チームで動くが人間関係メインではない」「大きな責任はない」というメリットもあります。

 

その為「立ち仕事耐性がある」「あまり室内業務は好きじゃない」などであれば、選択肢の一つにする事ができますよ♪

 

農業・漁業など一次産業

 

働く時間を自分で律しやすい、農業・漁業など一次産業も選択肢としてアリです。

 

「海や川で仕事をする漁業」「米・畑で作物を耕す農業」など、天候・季節に応じて働ける範囲が広いです。

 

 

もちろん「農業法人」など、分業制で働く組織も増えていますが、徐々に慣れていきやすいタイプの仕事とも言えます♪

 

※ただし、失敗して不漁・不作の可能性もある為、努力は絶対に必要ですが

 

WEB系内勤職

 

個人的に、在宅勤務やリモートワークが実現可能なWEB系内勤職がおすすめです。

 

WEB系内勤職

  • WEBライター・WEBディレクター
  • WEBデザイナー
  • WEBマーケター・WEBコンサルタント
  • プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学&未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていた為、とても働きやすくなりました♪

 

しかも、強みとして「自分でHPを育てるスキルを蓄えられる」為、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

その上、HPを持てば「自分が伝えたいことを発信する力」「お金を稼ぐ力」も高めていける為、選択肢として非常におすすめです♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語記述で、理系的業務

 

 

なお、僕はいきなり未経験転職したわけではなく、2年ほどブログ副業を実践していた結果、そのブログを成果物(ポートフォリオ)として転職することに成功しました。

 

その為、できれば職種転換する前に「スクールに通ってある程度基礎を固める」「独学で実力を育む」という期間が必要と言えます。

 

そして、以下のリンク先では、「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億円社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ

 

IT系職種の成長ルート

 

まず、IT系職種のステップUPルートを想像していただくために、IT系職種の成長ルートを補足しておきます。

 

■IT系職種の成長ルート全体像

おっちょこちょいな人に向いてる仕事 ITエンジニア ルート

■システム開発系エンジニアルート

おっちょこちょいな人に向いてる仕事 システム開発系エンジニア

 

  • システム開発系エンジニア=開発主体がプログラマーで、企画から全体統括するのがシステムエンジニア
  • C言語/PHP/Rubyなどを用いる
  • 業界・業種な多種多様なため、選択肢は多いが、自分に合った場所を選ぶ重要性が高い

 

■通信インフラ系エンジニア

おっちょこちょいな人に向いてる仕事 通信インフラ系エンジニア

  • 通信インフラ系エンジニア=運用・保守が機能チェック担当で、設計・構築が企画から全体を統括
  • Cisco技術者認定資格(CCNAなど)などを用いる
  • インフラ業界自体は今後も安泰だが、現場対応は夜間・休日対応などのトラブル対処もあるのがデメリット

 

■WEB系クリエイター

おっちょこちょいな人に向いてる仕事 WEB系クリエイター

  • WEB系クリエイター=WEBサイトを作る各担当者が在籍し、WEBディレクター/プロデューサー/プランナーが全体の方向性を統括
  • HTMLやJavaScriptなどを用いる
  • ライター/イラストレーターのような右脳系業務から、コーダーなどの左脳系業務まで幅広いが、各企業のHP担当者になるケースが多い

■機械系エンジニア

おっちょこちょいな人に向いてる仕事 機械系エンジニア

家電/自動車/半導体業界など、大型機械を動かすプログラムを作成するエンジニアであり、各企業・各業界で活躍できる能力になる

出典:ネットビジョンアカデミー

 

おおまかに、このような将来性になっており、僕は「WEBライター+HPの自主制作能力を伸ばしたタイプ」ですが、どの分野に精通していきたいか?をざっくりとでも考えながら学んでいくのがおすすめですよ♪

 

プログラマー・システムエンジニア

 

理系業務が得意なのであれば、プログラマー・システムエンジニアは選択肢にできます。

 

業務としては「コンピューターが特定のアクションを実行する命令(プログラミング言語のコード)を書き込む」という、デジタルの説明書(仕様書)を書くような仕事です。

 

 

また、一般的には「プログラマー=実務メインの人」「システムエンジニア=どのようなプログラムを書くか企画から携わる人」と言われており、主にシステムエンジニア(SE)が上位職種とされています。

 

そして、システムエンジニアは俗にいう「要件定義という始めの段階」から関わる為、顧客とコミュニケーションをとっていく能力も一定レベルで求められます。

 

 

とは言え、どちらも「IT人材不足」「プログラミング言語に精通するほど高年収になれる“実力・実績がモノを言う職種”」の為、高年収を目指しやすいキャリアと言えますよ♪

 

同僚

俺、次の派遣先が時給2,500円だったわ♪月給にすると40万円位かな。

諒

マジか!俺なんてWEBライターで良くても1,700円だから、30万円は越えんぞ!スゲェ職種やなぁ…

WEBデザイナー

 

美的センスが必要な仕事がしたいなら、Webデザイナーという選択肢もあります。

 

WEBデザイナーの場合は「目に見える形(主にHPデザイン)をプログラミング言語を使って作り出す仕事」と言える為、プログラマーなどよりデザインセンスが全面に出る仕事です。

 

 

個人的には、繊細で表現力の高い女性が多い印象の職種であり、なおかつプログラミング言語使用歴何年というプログラマーらの経歴と違い「自分が作成した成果物を見せられる仕事」です。

 

その為「自分の携わった成果物を直接見れる仕事がしたい♪」「デザインセンスを育んでいきたい♪」という場合には、こちらの方が良いかもしれませんよ♪

 

WEBライター

 

僕が飛び込んだ職種ですが、WEBライターという選択肢もあります。

 

WEBライターの場合は「プログラミング言語」などは特に使用せず、主に文章力で勝負する職種です(自分でHPを持つ場合には必要になりますが…)

 

その為、プログラマーやWEBデザイナーと違って成果が見えにくい為、転職する場合も「このタイトルで記事を書いてください」など、実力を直接試されるケースが多いです。

 

上司

転職エージェントに相談するメリット・デメリットを5000文字以上で提出してください

諒

得意分野キターーー♪

 

さらに「副業の代表例に挙げられるような仕事+自宅で業務も可能」な為、人材の裾野が広がってきており、WEBライターだけでは将来が心許ない印象です。

 

その為「企業の正社員になるなら、Photoshopなどのデザインスキルやマーケタースキルを育み、WEBディレクターを目指す」など、多角的なスキル習得が必要と言えますよ♪

 

WEBマーケター

 

営業力や商品購買訴求に自信があるなら、WEBマーケターという選択肢もあります。

 

こちらはマーケターより「デジタルに特化したマーケター」であり「HP運営計画(SEOマーケ)」「アドリスティング(Googleにお金を払って金額分上位表示して貰う施策)」「SNSマーケ」などがあります。

 

各々やり方が違う為、必要とされるスキルの育み方も異なっていますが、例えば近年では「SNSフォロワー数1万人以上の方を優先採用」など、社員自身に発信力を求める企業も増えてきています。

 

 

その為「SEOマーケティングで企業HP閲覧数を増やす」「お客様のお悩みキーワードを見抜き、リスティングで稼ぐ」「SNS実績を増やして正社員転職を目指す」など、自分なりのルートで仕事先を見つけるのもアリでしょう♪

 

職種未経験から経験を積む

 

これらに共通する考え方として、職種未経験から経験を積むのもアリです。

 

実際、僕のWEBライター時代の後輩は「25歳の時(入社3年目)に第二新卒枠を利用し、東京から地元京都にて“未経験歓迎WEBデザイナー”に転職」していきました。

 

同僚

先輩♪俺、地元で転職決まりました♪未経験からWEBデザイナーをやります♪

諒

入社3年目だし、WEB制作に携わってきた能力もあるから大丈夫じゃない♪次の職場も楽しんでね♪

 

そして「年齢が若い時しかこのようなチャレンジができない」わけではなく、僕自身も30歳の時に営業職からWEBライターに転職したので、やりようはありますよ♪

 

独学で勉強する

 

一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

 

実際僕も、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

 

 

他にも「エステティシャンから独学で勉強してWEBデザイナーになった」という女の子もいましたし、プログラミング言語を学べばシステムエンジニアになれる道もあります。

 

もちろん「●●勤務経験1年以上」などの経歴が必要な求人には応募できませんが、スキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

 

職業訓練を受ける

 

職業訓練を受けられるスクールに通ったり、ハローワークなどで職業訓練を受けるのもアリです。

 

現在では「プログラミング」「WEBデザイン」などを10・20万円程度〜受講できるスクールも増えており、半年程度で基礎学習を終えることができます。

 

※なお「プログラミング・WEBデザイン・動画編集」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

スキルUPスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%で相談の価値アリ♪
  2. テックアカデミー=無料体験で適正確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=一括比較したい場合はこちら
  4. WEBデザインスクールランキング=一括比較したい場合はこちら
  5. 動画編集スクールランキング=一括比較したい場合はこちら

 

またハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

 

支援制度の区分け

  • 「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」
  • 「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

  • プログラミング言語
  • WEBアプリエンジニア
  • 建築系CAD
  • 保育士
  • 介護福祉士
  • 調理師
  • 自動車整備
  • 溶接技術
  • トラックドライバー
  • WEBデザイナー
  • 電気設備
  • ネイリスト など

 

このように、非常に幅広い訓練が用意されています。

 

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

  • 応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい
  • 実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要
  • 国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使いませんでしたが、職種自体を変えたいなら、ハローワーク相談もアリでしょう。

 

※なお「失業保険」「職業訓練」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職不安がある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=職業訓練について知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4.  

職種未経験歓迎に入社する

 

職種未経験歓迎に入社するという方法もおすすめです。

 

なぜなら「1から成長していける環境だと、会社側が提示している」為、独学より成長速度が速いからです。

 

さらに「講座受講でお金を払いながら成長する」より「入社すればお金をもらいながら成長できる」ので、真剣に学んで習得できるメリットもありますよ♪

 

 

なお、どのような会社で働くか?を明確にする為にも「適職診断」を受けるのは非常におすすめです。

 

実際僕は「通信IT系営業」では苦痛続きだったのに「WEB制作者」に職種転換してから、毎日の幸福度が激増しました♪

 

そして「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=WEB職を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=営業職を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職を知りたい場合はこちら

おっちょこちょい【ミス対策】

おっちょこちょい ミス対策

 

諒

では次に、おっちょこちょい【ミス対策】についてご紹介していきます。

 

60秒の確認を怠ることで、60分の修正作業が発生することもあるので、キッチリ未然防止するクセをつけましょう♪

 

メモをとって重要事項を見える化

 

メモをとって重要事項を見える化するのは、非常に大切です。

 

そもそも、人の記憶は非常に曖昧なので、会議や打ち合わせ・アポなどで「聞いたこと」は、記憶だけで残しておくのは非常に危険です。

 

 

実際、僕も「覚えておく」程度の裏付けで対応していた時は、良く上司や取引先と認識がズレてトラブルになることがありました。

 

しかし、メモを取るようになってから「●●の時に●●と言っていましたよ?」という証拠にもなり、上司や取引先の方向性とズレなくなりました。

 

上司

大島!A社への再アプローチの件はどうなった?

諒

課長!その顧客へのアプローチは、来月まで保留にしようって仰ってましたよ?ほら、俺のスケジュールに書いてありますから♪

上司

おぉ?そうだったか…。すまんすまん。また、進捗があったら聞かせてくれ。

 

さらに上司や取引先が、過去に言っていたことと異なる発言・方針を示した場合にも「これ前と違いますけど、大丈夫ですか?」と逆提案できる武器にもなります。

 

その為「会議や打ち合わせ・アポにはメモを取る癖」を付けておくことで、自己防衛の手段にもできるのです♪

 

手順を明確にしてミスを防止

 

手順を明確にしてミスを防止するのもおすすめです。

 

そもそも、ミスが多い人の特徴として「その場その場で手順や流れを変えるクセ」が強い傾向があります。

 

その為「具体的な手順を決めたマニュアル」を自分で持っておくことで、ミスを減らしたり、いつもと違う流れの違和感に気付けるのです。

 

手順を明確化してミスを防止する例

  • チェックシートを作って手順を見える化
  • 指差し確認して、冷静にチェックする など

Wチェックや相談を習慣化

 

Wチェックや相談を習慣化するのもおすすめです。

 

取引先へのメールや仕事手順の流れなど「自分ではOKと思っていても、第三者から見ると足りない点や改善点が見える」ことがあるのです。

 

おっちょこちょい 向いてる仕事 テニスの王子様 スケスケ

出典:テニスの王子様

 

とくに「該当業務の経験値があなたより高い人」であれば、それが見えやすいものです。

 

「忙しいから断られる」可能性も否定はできませんが、ミスしてチームに損害が出るより良いという場合もあるので、言うだけ言うのがおすすめです♪

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=「非公開求人21万人以上」の日本TOPクラスサイト♪
  2. 転職エージェントランキング=一括比較したい場合はこちら♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=体験談を知りたい場合はこちら♪

おっちょこちょい【適職診断】

おっちょこちょい 適職診断

 

諒

では次に、おっちょこちょい【適職診断】についてご紹介していきます。

 

自分のキャリア設計を明確化

 

「どんな仕事に転職すべきか?」という葛藤のまま動けないのは「目指したい未来が不明確」だからであり、自分のキャリア設計を明確化するのがおすすめです。

 

なぜなら「自分の5年後〜10年後にどうなりたいか?が明確になれば、転職活動に勇気を持って歩み出せる」からです。

 

例えば僕は、27歳の時に事務職から営業職に職種転換しましたが、以下のような目標があった為、転職しても辛い時期を乗り越えられました♪

 

僕が事務職→営業職に転職した時

  • 一流のビジネスマンになりたい
  • 営業コンプレックスを克服したい

 

シンプルにこの二つを掲げて転職した為「現職より会社知名度が上」「新規開拓もあるバキバキの営業会社」に入りました。

 

そして、シンドい時期も沢山ありましたが、転職前に覚悟した目標があったからこそ「トータル3年ほど営業職で働いた」後に再転職し、適職と分かったWEB系制作職にシフトしました♪

 

その為、あなたも「そもそも何の為に転職するのか?」「現状から内定先企業に転職する事で、どうメリットが生まれるか?」を明確にするのがおすすめです。

 

転職する理由例

  • 現職が残業50h以上の為、プライベート時間に自由が欲しい(もっとオフを優先できる組織がないか?探す)
  • 体育会系の社風に馴染めず、もっとアットホームな職場で働きたい(アットホームな職場と銘打つ求人を探す)
  • 今の職種に疑問を感じており、職種転換/業種転換を含めて検討している(適職診断で自分の適正を見つめ直す)

 

このように「一生勤めるという考え方」ではなく「自分が短期/中期/長期でメリットを感じる会社か?」を明確にすれば、今後の行動が明確になりますよ♪

 

適職診断で自己適正見極め

 

なお「どんな方向性で転職活動すれば良いか?」という悩みをスパッと解決したいなら、適職診断で自己適正見極めが一番おすすめです。

 

なぜなら「自分の性格傾向/好みの職場/働き方」が、質問回答形式で明確になるからです♪

 

例えば僕は、適職診断結果を参考にして、以下のような企業は「自分に合ってないと判断」するようにしています。

 

大島諒一の不適職・職場例

  • 僕に合っていない職場例=ルール・規律重視で社員自由度が低い会社
  • 僕に合っていない働き方例=スピード感がなく、根回しなどでジックリと事を進める働き方

 

実はこの不適職にドンピシャな仕事を2年ほどしていましたが、何度も新橋で電車を待っている時「線路に飛び降りたら楽になるかな…。」と思うほど辛かったです(苦笑)

 

その為「適職診断結果によって、不適職or不適正職場と分かった」場合は、適職+適正職場を目指した方が良いでしょう♪

 

おっちょこちょい 向いてる仕事 僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=自分の個性を知りたい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて「このままでは将来がダメになる…」と感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


その為「半年後に辞めると宣言→退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を開始→ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決定」という危うさで転職先決定しました(苦笑)

僕のヒーローアカデミア ゴミ掃除

出典:僕のヒーローアカデミア


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」という事です。

しかも、ストレスで疲れ切ったり「もうこんな人生イヤだ…」という無気力状態に陥ると、逃げる気力すら湧かず「うつ」「過労死」など、心や体が死んでしまうリスクがあるのです…。

転職サイト登録対策なしorありの例

呪術廻戦 最強

出典:呪術廻戦

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


その為、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、非公開求人数21万件&公開求人30万件以上があり、幅広い要望に応えてくれる為「情報収集だけしたい」「履歴書/職務経歴書など、プロのアドバイスが欲しい」という転職初心者は、登録必須のサイトです♪

諒

備えあれば憂いなし♪

僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア



リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験OK多数」など「20代の就活やり直しサポート」してくれるサイトの為、20代は登録必須のサイトと言えますよ♪

諒

若い頃の苦労は買ってでもしよう♪

呪術廻戦 誇れ

出典:呪術廻戦



Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断は「自分に合った快適な働き方が分かるチェック方法」であり、僕自身「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

諒

自己の可能性の限界に挑戦するぜよ♪



るろうに剣心 答え

出典:るろうに剣心



適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


さらに、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 油断せずに行こう

出典:テニスの王子様