よく喋る人 仕事 できない

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「馬鹿ほどよく喋る人なのは男女同じ?うざいし仕事できない輩対策を知りたい!」

相談女性2

「弁護士付き退職代行」「転職サイト・エージェント」など、おすすめ対処法を紹介してほしい♪

相談男性3

「経験を活かせる場所」で働きたい!「ストレス解決」「有給休暇取得」など、余裕ある生き方を実現したい!

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「馬鹿ほどよく喋る人=男女共マジでうざい+仕事できない奴と呆れた経験」がある為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「馬鹿ほどよく喋る人=男女共マジでうざい+仕事できない奴体験談及び、快適人生をゲットするコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

馬鹿ほどよく喋る【賢い人との違い】

馬鹿ほどよく喋る 賢い人との違い

 

諒

ではまずはじめに、馬鹿ほどよく喋る【賢い人との違い】についてご紹介していきます。

 

蛇足・無駄話が多い

 

馬鹿な人は蛇足・無駄話が多い傾向があります。

 

馬鹿は簡単な話を難しくし、賢者は難しい話を簡単にする」という感じで、要するに「馬鹿は何を話せば良いか?が分からなくなっている」というわけです。

 

馬鹿ほどよく喋る 遊戯王 弱いだろ

出典:遊戯王

 

その為、賢い人なら二言〜三言で済むことを、馬鹿な人は色々話しまくって要点を得ないというケースが多いのです。

 

感情で紆余曲折する

 

馬鹿な人ほど、感情で紆余曲折するからよく喋るという側面もあります。

 

例えば、僕が上場企業の営業マンとして働いていた時、めちゃくちゃ仕事のできる企画部部長との会話で衝撃を受けたことがあります。

 

具体的には、その人は「話を始める前に“今から3点話します”」といった形で、自分の発言をまとめる為に、最初に題目を立てて、順序良く話す習慣を持っていたからです。

 

上司

あぁ、その件なら要点を端的に3点話すよ

諒

よろしくお願いします♪

 

その為、話の論点も筋が通っていて非常に分かりやすく、ご自身が忘れかかった場合も「あれ?あぁ今2点目だから、あと1つは〜」と自分で軌道修正されていました。

 

このように、賢い人は「自分の話すことを順序立てて整理して話す」事を自然とする人が多いです。

 

 

しかし、残念ながら馬鹿な人は「感情で思った事をとにかく話しまくる」という傾向があります。

 

もちろん、感情で話すことは悪いことではありませんが、馬鹿な人によくあるのは「で?つまり要点はどれですか?」と自分で軌道修正できない事です。

 

結果として、聞き手としても「あの人は何が言いたかったんだ?」と心に刺さったことが何もない状態で終わってしまう為、馬鹿のレッテルを貼られがちなのです。

 

他者依存しがち

 

馬鹿な人ほど他者依存しがちだから、よく喋るという側面もあります。

 

例えば、ビジネス社会でよく言われるのは「対案を出せ」という考え方です。

 

 

そして、賢い人は「自分はこう思って、こうやるつもりです」という自己完結で上司や周りに話したりしますが、馬鹿な人は「とにかくよく喋って、誰かに責任を負わせる事に躍起になる」傾向があります。

 

必然的に「他者依存思考=誰かのせいで責任転嫁する逃げ先を探す」為に、よく喋る傾向があるのです。

 

誰彼構わず喋る

 

馬鹿な人ほど、誰彼構わず喋るという側面もあります。

 

例えば、営業の世界では「決済権者に一番力点を置く」のが常識とされています。

 

なぜなら「どれだけ周りに営業成功しても、決裁権者がNOと言った瞬間に失注する」からです。

 

同僚

今日の訪問先、話が弾んで1時間以上も関われました♪

諒

やったじゃん♪で、相手はどんな感触だった♪

同僚

いやまぁ、相手は受付の子だったので、まだ担当責任者には会えてないんですけど…。

諒

なんでやねん!

 

このように、力の力点が統制できていない為、馬鹿な人は誰彼構わず喋る傾向があるのです。

 

馬鹿ほどよく喋る【特徴】

馬鹿ほどよく喋る 特徴

 

諒

では次に、馬鹿ほどよく喋る【特徴】についてご紹介していきます。

 

要領&頭が悪くてイライラする

 

要領&頭が悪くてイライラするというケースは多いです。

 

例えば「成果の出し方のコツを聞いてくる」「何でも頼ってくる」など「仲間だから良いように頼って良い(依存してOK)」と勘違いしているなどです。

 

その為「無視する」「ある程度波長を合わせずに、適当に関わる」などで、自然と一定の距離を取れるようになりますよ♪

 

悪口・愚痴がヒドい

 

自信がなかったり、自己否定が多い人ほど、悪口・愚痴がヒドいケースもあります。

 

なぜなら「人の脳は“主語を理解できない=自分と他人を区別できない”」為、自己否定が多い人ほど他者否定も多いからです。

 

その為、飲み会などに行って「ひたすら上司や先輩の愚痴で終わるケース」も多いですが、ハッキリ言ってどこかで辞めた方が良いでしょう!

 

 

なぜなら「あなたがストレスの溜まる歪んだ働き方に染まっていっている証」だからです。

 

実際、僕は「転職サイトのWEBライター」に適職転職してから、愚痴に染まり切ったストレス解消の飲み会を断るようになりました。

 

具体的には「適職・天職で日々楽に働けるようになった為、他でストレス発散する必要がなくなった」為です。

 

馬鹿ほどよく喋る 僕のヒーローアカデミア スタンディング

出典:僕のヒーローアカデミア

 

その為、愚痴ばかりのネガティブ人間集団だとしたら、それに嫌悪感を持っているあなたも「ある程度ネガティブに染まっている」ので、長期的には転職を視野に入れた方が良いでしょう♪

 

面倒事を押し付けてくる

 

面倒事を押し付けてくるというケースもあります。

 

あるある

  • 飲み会の幹事・イベントの取りまとめなどを押し付けてくる
  • 「仲間のよしみで♪」と言って、仕事やサポート依頼をしてくる(奪う思考の人)

 

このように「仲間だから気軽に甘えられる」というマインドで、責任を押し付けてくる厄介なタイプも一定数います。

 

しかし、そもそも「あなたが先に相手に恩を感じるような事をしてもらっている」なら話は別ですが、相手が特に何もしてくれていないのに責任を押し付けてくるなら、断っても良いでしょう。

 

もしくは「じゃあ、次回同じような事があったら、お前はちゃんと引き受けてくれるんだろうな?約束だぞ?」と念を押しておくのもアリですよ。

 

不利益なことは無視してくる

 

不利益なことは無視してくる人も多いです。

 

「良いことだけは首を突っ込んで、悪い不利益はスグに避ける」というクズは、残念ながらどんな職場でも一定数いました。

 

 

とくに「責任を取りたくない」という人もいたりするので、責任転嫁できる相手に責任を押し付けて、自分は逃げるというケースがあります。

 

 

実際僕も、しばらくそういう相手に付け込まれましたが、ある時から「イヤ、それはお前がちゃんとやれよ?」と伝えられるようになってから、関わらなくなりました♪

 

女上司

ちょっとこれもやっておいて〜♪

諒

いやそれ!あなたの責任領域でしょ?自分でやって下さいよ!

女上司

そうね…、ごめんなさい…。

 

その為、あまり不愉快に感じるのであれば、ある程度キッチリ嫌味を言って、遠ざけたほうが良いですよ♪

 

何事も小バカにしてくる

 

何事も小バカにしてくる人も多いです。

 

「そんな事も分からないの?」「バカじゃないの?」といった、人をけなすことが当たり前になっている人格否定者ですね…。

 

 

しかし、逆に言えば「あなたが相手に対して、同様の事を言ってもOK」とも言えます。

 

「その位覚えておけよ?ボケました?」「頭悪いなぁ…」といった、相手の言葉尻と同じことを返すわけですね。

 

諒

そんなことも覚えてないの?シャキッとしろよ!

女上司

……。

 

これで相手が反発してきたら「イヤ、あなたもいつも同じような事言ってますから!」と言って、対等な立場で発言すれば良いですよ♪(時には忖度したほうが良いかもですが…)

 

機嫌が悪いと周りに当たる

 

機嫌が悪いと周りに当たる人も多いです。

 

イライラしてる理由は色々あると思いますが、日によって機嫌の上下が激しいのです。

 

 

実際僕も、このタイプと仕事した経験はありますが、とにかく「機嫌悪くいれば、周りが言うこと聞く」と勘違いしているんですよね…。

 

同僚 女性

ちょっとあんた!うるさいわよ!

諒

仕事してんだから仕方ないだろ!他の人は何も言ってないだろ?お前が我慢しろや?

 

このように、ある時我慢の限界が来てブチギレたのですが、それ以後少なくとも「僕に対するいじめ」は消えました。

 

こういうタイプは「いじめやすい人」を狙って攻撃する為、舐められないように仕返しする事で、安全圏へ離脱できたりしますよ♪

 

揚げ足をとって嫌味を言う

 

揚げ足をとって嫌味を言うケースもあります。

 

嫌味を言う人

  • そんなことも知らないの?どんな勉強を学校でしてきたんだか(笑)
  • これ一般常識だよ?どんな育ち方してきたの?
  • そんな年齢にもなってこれだけの事しかできないの?

 

このように「モラルを盾にした人格否定」をしてくる為、イチイチ腹が立つんですよね!

 

 

そして、こういう人間がいる職場は「周りも見て見ぬふりをして“触らぬ神に祟りなし”状態」だったりします。

 

その為、あなたが「牙を向いて仕返し」するか?転職して目の前から消さない限り、手助けや守ってもらえる可能性は低いでしょう。

 

プライベートを執拗に聞く

 

プライベートを執拗に聞く人も多いです。

 

「恋人はいるの?」「家族とは仲良いの?」「地元は?」「貯金は?」「将来どう考えてるの?」と執拗に聞いてくる人がいますね。

 

時には職場にいると鬱陶しいタイプとも言えるので、必要以上に近づかず距離をとっておいた方が、精神衛生上良いですよ♪

 

単純に波長が合わない

 

単純に波長が合わないというケースもあります。

 

「文化系なのに体育会系に入ってしまった」「文系なのに理系に入ってしまった」など、あなたの個性と異なる環境に入ってしまった場合、地獄が続く可能性は高いです!

 

その為「間違った環境に居続けるストレス」から離れる為にも、自分の適職傾向を把握し始めたり、転職準備を始めておいた方が、低ストレスで毎日過ごせるでしょう♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=WEB職を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=営業職を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職を知りたい場合はこちら

馬鹿ほどよく喋る【体験談】

馬鹿ほどよく喋る 体験談

 

諒

では次に、馬鹿ほどよく喋る【体験談】についてご紹介していきます。

 

キレて仕事を全部引き受けた

 

僕にはキレて仕事を全部引き受けた経験があります。

 

具体的には、当時事務職で「研修に使う本のデータ加工・製本」を行なっていた時のことです。

 

 

しかし、一緒に働いていたおばさんが「何でもかんでも不満」ばかりで、あまりに他責だった為、ある日思わずキレてしまったのです!

 

女上司

本当に周りは仕事が出来ない人ばかりで、本当イヤになっちゃうわ…。

諒

いいっすよ?じゃあ今日の分、後は全部俺がやるんで!その代わり、あなたは責任取らないから、絶対文句言わんで下さいよ?

 

思わずそう言ってしまい、結果的にその日は「24時近くまで仕事する羽目」になり、キレたことを後悔しました…。

 

しかし、その後は「少なくとも、僕にはネチネチ言ってこなくなった」為、シンドかったけどキレてよかったなと思いました(笑)

 

キレて喧嘩してクビになった

 

良いパターンではありませんでしたが、キレて喧嘩してクビになった経験もあります。

 

具体的には、WEBライター未経験入社した会社で「モラルや仕事クオリティにうるさい女課長」の下に配属された時の事です。

 

※そこは「完全実力主義の会社」だった為「部下を叱責していればOK」という勘違いをしていた新任課長でした…。

 

 

そして事あるごとに難癖を付けてきた為、それに対して言い返したりキレたりして、何度もケンカになったのです。

 

女上司

トイレばかり行ってますけど、タバコ吸ってサボってるんですか?

諒

生理現象ですけど?一生懸命やってますけど?

 

女上司

派遣でもインセンティブあげるって言ってるんだから、もっと頑張ってください!

諒

速く帰るために派遣を選んでるので、それはできません(副業時間が無くなるやろ?何言うとるのこのオバハン?)

 

このように納得いかないことにはキッチリ筋を通してキレていたのですが、結果的に半年でクビになりました…。

 

しかし、自分の心を守り通せた為、自分の行動・結果に後悔はありませんでした♪(笑)

 

馬鹿ほどよく喋る【回避例】

馬鹿ほどよく喋る 回避例

 

諒

では次に、馬鹿ほどよく喋る【回避例】についてご紹介していきます。

 

※あまりにストレスが強いのであれば「異動/休職/転職」などを考えるのもアリですよ♪

 

信頼できる相談先に申告

 

今の仕事を続けていくことに不安や強いストレスを感じているのなら、信頼できる相談先に申告がベターです。

 

信頼できる相談先

  • 会社の相談窓口に内部通報
  • 人事の責任者に訴える
  • 上司を頼る

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

人事担当者や上司であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

異動願いを試みる

 

理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

 

その為ネガティブな話だけではなく、「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

諒

前線の営業で活躍するよりも、フォロー側の制作業務のほうが自分を活かせると思います!

上司

そうか…。じゃあ検討してみるか♪

休職相談・精神科相談

 

所属部署を変えるだけでは改善できず、一定期間の休養が欲しいのであれば、休職相談・精神科相談するのもアリです。

 

正社員であれば「数十年雇用関係を維持する責任」を会社が持っているので、最低限の給与保障or復職確約で休ませてくれるケースもあります。

 

 

実際車メーカーに勤めている僕の知り合いにも、このケースで復職した人がいます。

 

具体的には、メンタルがどうしても病んだ時に休職願いを出し、その間に海外放浪して精神面を鍛え、その後復職を迎えたという荒療治でしたが…。

 

 

他にも、精神科に相談することで「メンタル的な不調によって数週間〜数ヶ月休みをもらう」ケースもあるので、社内で事例がないか?可能性を探るのもアリです。

 

ただし「同じ部署に復職する場合、腫れ物扱いされて肩身の狭い思いをする」というケースもあるので、ある程度退職の覚悟も持っておいた方が良いでしょう。

 

退職代行に依頼

 

ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

 

そもそも、僕の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要です。

 

 

例えば、僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

 

※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

 

しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

 

 

その為、これ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

 

そもそも僕は何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

 

その為「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

 

 

なお、以下のリンク先にてそんな「退職代行おすすめランキング」を紹介しているので、必要に応じて参考に使ってください♪

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=労働組合対応+安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「お金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=一括比較したい場合はこちら♪

転職準備を始める

 

転職準備を始めるのも非常におすすめです。

 

なぜなら、自分の強みを活かせたり、自分に適した環境にシフトできれば、快適・幸福度がだいぶ上がるからです♪

 

馬鹿ほどよく喋る 僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア

 

例えば、同じ学校に通っていても「数学が好き」「理科が得意」「国語なら任せて♪」「日本史なら自信がある」など、好きor得意な傾向は異なるわけです。

 

仕事もこれと同じで「自分が好きor得意な業種・職種・会社」にマッチしているほど、ストレス少なく現場に向き合えるわけです。

 

 

実際僕は、文系大学・経営学部卒にも関わらず、IT系通信営業のセールスエンジニアとして働いていた時は、毎日が地獄のような苦痛でした。

 

なぜなら「配線図やルート設計図の制作」「通信料配分の計算」など、自分が嫌い&苦手で拒否したはずの「数学&理系的業務」ばかりだったからです。

 

諒

毎日夜遅くまで働いているのに、半人前レベルから抜けられない…。

 

しかし、本来自分の適正に合っていたWEBライターに転職してからは、通信営業時代のストレスが嘘のように快適な仕事人生を確立できたのです♪

 

諒

あ〜♪仕事って楽しいぜ♪

 

このように「自分の長所・強み」を見つめ直すのも大切ですし、今の辛い環境から脱出するために、転職サイトで情報収集を始めるのもおすすめですよ♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=「非公開求人21万人以上」の日本TOPクラスサイト♪
  2. 転職エージェントランキング=一括比較したい場合はこちら♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=体験談を知りたい場合はこちら♪

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて「このままでは将来がダメになる…」と感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


その為「半年後に辞めると宣言→退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を開始→ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決定」という危うさで転職先決定しました(苦笑)

僕のヒーローアカデミア ゴミ掃除

出典:僕のヒーローアカデミア


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」という事です。

しかも、ストレスで疲れ切ったり「もうこんな人生イヤだ…」という無気力状態に陥ると、逃げる気力すら湧かず「うつ」「過労死」など、心や体が死んでしまうリスクがあるのです…。

転職サイト登録対策なしorありの例

呪術廻戦 最強

出典:呪術廻戦

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


その為、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、非公開求人数21万件&公開求人30万件以上があり、幅広い要望に応えてくれる為「情報収集だけしたい」「履歴書/職務経歴書など、プロのアドバイスが欲しい」という転職初心者は、登録必須のサイトです♪

諒

備えあれば憂いなし♪

僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア



リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験OK多数」など「20代の就活やり直しサポート」してくれるサイトの為、20代は登録必須のサイトと言えますよ♪

諒

若い頃の苦労は買ってでもしよう♪

呪術廻戦 誇れ

出典:呪術廻戦



Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断は「自分に合った快適な働き方が分かるチェック方法」であり、僕自身「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

諒

自己の可能性の限界に挑戦するぜよ♪



るろうに剣心 答え

出典:るろうに剣心



適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


さらに、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 油断せずに行こう

出典:テニスの王子様