残業 美徳

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「残業って美徳なの?」「残業時間が多いって職場としてキツいし、そもそも残業自慢してる人って狂ってない?」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も残業は美徳だと信じていた時期がありますが、ある時からパタっと周りに合わせず自分を貫いて帰るようにした経験があるので、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「残業が美徳と思う世代に従うのが危険な理由と対処法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

残業が美徳と信じる人がいる原因

 

ではまずはじめに、残業が美徳と信じる人がいる原因についてご紹介していきます。

 

24時間戦えますか?の信念が存続

上司

 

昭和時代のキャッチフレーズでもある「24時間戦えますか?の信念が存続」しているのが、残業を美徳としている人がいる原因です。

 

僕たちの時代には理解し難い価値観ですが「年功序列・終身雇用世代」には、以下のような価値観が正義とされてきました。

 

年功序列・終身雇用世代の価値観

いつかはクラウン(昇給・昇進して幹部や社長になり、いつかトヨタの最高級車クラウンに乗る)

24時間、戦えますか?(リゲインのCMキャッチフレーズで、男は1日中仕事で女は専業主婦という時代)

モーレツ社員、企業戦士(一生を賭ける我が会社に、粉骨砕身・滅私奉公で働き続けるという俗称)

 

このように「1日中会社にいて、ずっと会社に人生を捧げる」という価値観が高度経済成長期には当たり前だったわけです。

 

必然的にこの価値観を生きてきた人は「定時で帰る?甘ったれるな!身を粉にして働け!」と声高に叫ぶわけです。

 

とはいえ、今となっては僕ら「良くも悪くも一つの企業に居続けられない可能性が高い世代」にとっては、全然響かない上に面倒くさい「クソジジイ・クソババア理論」なんですけどね…。

 

家庭・自己を省みないのが忠誠の証

新人 育てる気がない

 

先程の価値観から派生しますが、家庭・自己を省みないのが忠誠の証としている人も残業が美徳と思っています。

 

つまり「俺はこれだけの時間(年月)を会社に捧げている!」というプライドが、サラリーマンのあるべき姿だと思い込んでいるわけです。

 

 

そのため会社をリストラされた人が「俺は●年も会社に全てを捧げてきたのに!それを紙切れ一枚でクビにするとはどういうことだ!」と怒鳴っている映画やドラマのシーンがあったりします。

 

もちろん現実でもそのような光景が繰り広げられていますが、はっきり言って「雇用を守る=必ずしも勤務時間・勤務年数の多い人ほど優先ではない」という真実を受け入れるべきです!

 

当然経営者側は「人件費が安くて利益を多く生み出す人材」ほど囲っておきたいわけですから、残業代が膨らんで人件費が高いのに、利益創出が少ない人ほどクビにしたいわけです。

 

 

つまり「残業が美徳と信じている滅私奉公人間」ほど、実はリストラ対象にされやすい危険な人材と分かります。

 

そのため情けない話ですが「労働組合が強すぎて終身雇用・年功序列世代を整理できずに、会社ごと外資に買収されたり沈んだ日本企業」が沢山出てきているわけですね…。

 

上の世代に合わせていれば正義

上司 嫌い 細かい

 

先程のような「終身雇用・年功序列世代」のような価値観は刷り込まれていないけれど、上の世代に合わせていれば正義と思い、残業を美徳としている若い世代もいます。

 

これは「親や先生に褒められるのが正解」という「ある種の思考停止状態に陥っている良い子ちゃん」ほどこの傾向があります。

 

もちろん親や先生に褒められるのは良いことですが、その人たちも人間ですから「必ずしも最適解をいつも教えているわけではない」という事実に気付くべきです!

 

 

そして良い子ちゃんほど「夜遅くまで働いている子ほど立派」という信念をそのまま受け入れて「残業を美徳としている僕は素晴らしい」と錯覚しているのです。

 

いつも思うのですが、同じ仕事量をこなすのであれば、より短時間に終わらせて自由時間を満喫した方が楽しくないですか?

 

もちろん会社員は有能すぎると「それに応じて仕事が降ってくる」のでバランスを取る必要がありますが、それでもなるべく効率よく仕事を終わらせて、定時で帰った方が人生がHAPPYです。

 

 

正直こういった「残業が美徳という親の信念を信じている人」にとって、サッサと定時で帰る僕は「嫌味で腹が立つ存在」だったようです。

 

しかしこちらは「人生の主導権は僕が握ってるからHAPPY」と思っていたので、そんな「残業沢山している俺凄いだろ?」的なアホとは距離を置いていましたから♪

 

己の信念を貫く言葉

日本の誇りの柱

 

ちなみに僕が大切にしている「己の信念を貫く言葉」も参考にご紹介しておきます。

 

己の信念を貫く言葉

I am the master of my fate, I am the captain of my soul

我は運命の支配者であり、我は魂の指揮官である

 

これは黒人として初めてアフリカ大統領となった「ネルソン・マンデラ大統領」を基にした映画「インビクタス・負けざる者たち」でフィーチャーされた言葉です。

 

27年もの間、政治犯として投獄され続けた一人の男が「アパルトヘイトという悲惨な過去を乗り越えて黒人・白人を融和し、一つのアフリカ共和国として一致団結」させた奇跡の実話です。

 

勇気と誇りを学べるとても素敵な映画なので、まだ見たことがないのであればぜひ見てみてくださいね♪

 

■「映画・インビクタス/負けざる者たち予告編」(2分28秒)

残業美徳世代に従うのが危険な理由

ミス 失敗

 

では次に、残業美徳世代に従うのが危険な理由についてご紹介していきます。

 

正社員神話の崩壊

社会人2年目 疲れた

 

正社員神話の崩壊が、最も顕著な「残業を美徳とし続けるのが危険な理由」です。

 

正社員神話三種の神器といえば「年功序列・終身雇用・潤沢な老後年金」と言えます。

 

そもそも戦後の高度経済成長時代は「働き手も増えて国家は右肩上がり」「就活生は金の卵!高級寿司屋で接待」「24時間戦えますか?」「いつかはクラウン」といった信念で突き進めたでしょう。

 

 

その流れで正社員神話も強烈な基盤を確保していたと思いますが「バブル崩壊」「人口増から減へ反転」「平均年齢増による高齢者の増加」などで、崩壊が始まりました。

 

終身雇用・年功序列の崩壊

上司

 

まず「終身雇用・年功序列の崩壊」を知る上で、過去と現在の「企業寿命」を知っておいた方が良いでしょう。

 

1965年〜2030年の企業寿命推移

企業寿命

※出典:リクルートワークス研究所

 

このグラフから分かる通り、1980年頃のバブル崩壊前までに正社員になった僕たちの両親世代にとっては「企業寿命=30年〜40年」です。

 

つまり「20歳前後に新卒入社して55歳以降に定年退職を迎える」のが成立していた世代では終身雇用・年功序列は機能していたわけです。

 

 

しかし一方でバブル崩壊後の21世紀(2000年)以降に社会に出た人にとっては「企業寿命=10年〜20年」です。

 

つまり「20代から働き始めて、60代でリタイアする場合」でも、平均2回〜4回は会社にいられなくなる危機が迫るということです(もしくは実際に倒産)

 

これが「正社員として入社できれば安泰で、後は年功序列と終身雇用が保証してくれる」という考えが、僕たちの世代に通用しない理由です(公務員などは違いますが)

 

 

したがって残業を美徳とする価値観もまた「悪戯に人件費を膨張させるだけの無能社員扱い」になってしまうので、どこに行ってもクズ扱いされる危険性があるのです。

 

会社員平均年収の低下

仕事 辞めたい お金 ない

 

会社員平均年収の低下もまた、残業が美徳と考えるのが危険な原因となっています。

 

そしてこの事実を知るために、「約20年間の日本の平均年収推移」「日本と世界の賃金上昇率の比較」という二つの指標をご覧ください。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、世界の主要先進国はこの20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下した」のです。

 

つまりこのままいけば、何も打開策を実施しない限り、今後20年間で日本はさらに10%以上の収入低下が想定されるわけです。

 

 

そして原因は色々ありますが、僕が認識している限りで日本の賃金低下を引き起こしている諸悪の根源は以下の通りです。

 

会社員平均年収の低下原因

人材を「コスト(消耗品)扱い」し、内部留保(会社の貯金)を増やす一方で人件費をどんどん削ったツケ

非正規雇用の増加・派遣会社という「人を右から左に流すだけの中抜き組織の増加」

正規雇用に対してもみなし残業労働制などの「無給奉仕」を強いるワークライフバランス崩壊制度施行

変化の早い現代では創造性・想像性などが大切なのに、いまだに「暗記能力が高い=優秀」の教育を行なっているため、イノベーションが生まれない

お金や資産を蓄えるという「お金の教育」に関して全く触れていない為、収入UP・資産構築が他国よりショボい

戦後世代が全員「国を豊かにする」という一致団結行動を取った上で、その次の世代が「上の世代と同じことをしていれば良い」という信念で動き、時代が変わったのに僕たちの世代に「俺と同じやり方をやれ」と誤った指導をしている

 

これが僕たちの親世代と同じ価値観で仕事をしていても、先行きが悪くなる一方な要因となっており、「頑張って働いているのに、収入がどんどん先細る危険」を孕んでいるのです!

 

同一労働同一賃金で特権衰退

仕事 辞めたい お金 ない

 

同一労働同一賃金で特権衰退が始まっている点も見逃せません。

 

そもそも残業代に関しては「みなし残業などで、残業がつかない正社員」として働いていた場合、時給換算すると悲惨なケースがあるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)

年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円

33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円

1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このようにたとえボーナスを貰って年収400万円でも、残業代なしで22時ごろまで働いている人は、アルバイト並みの時給になっているということです。

 

もちろん月給制には安定して同額が入ってくるという安心感がありますが、時給換算で見ると時給制の方が良かったりする職場も多いのです。

 

茹でガエルになる可能性アリ

茹でガエル

 

茹でガエルになる可能性アリという点も見逃せません。

 

茹でガエルとは、最初は暖かい鍋で快適と思っているカエルが、段々温度が上がって高温になって「茹でガエル化して死ぬ」という例え話です。

 

つまり「残業美徳世代と同じ快適鍋風呂に入っていたら、段々苦しくなってやがて死ぬ」という意味です。

 

 

実際「会社や上司の言うことを聞いているから大丈夫」と思って努力や自己研鑽をせず、いざ数年後〜数十年後に倒産やリストラにあって路頭に迷う人が続出しています。

 

とくに歴史ある会社や「終身雇用をなんとか維持している会社」ほど、こういった「視界にも入れたくないクソジジイ・クソババア」が多いという事実があります。

 

そのためこういった環境に染まり切らずに「自己投資・自己研鑽」をしていないと、悲惨な未来が待っています。

 

70年周期説の一巡開始

感謝

 

茹でガエルになる危険性の論拠として、70年周期説の一巡開始という事実も知っておく必要があります。

 

経済世界には「70年周期説」という「好景気・不景気のバイオリズム」があるとされており、10年〜20年に1回は不景気が来ます。

 

※70年周期説=70年ごとに「制度破壊」や「価値観崩壊」が起こり、経済も上下を繰り返す

 

日本の70年周期説例

2020年=新型コロナウイルス蔓延

↓75年前

1945年=日本軍敗戦(帝国主義の崩壊)

↓78年前

1867年=大政奉還(徳川幕府体制の崩壊)

↓267年(70年×3-13年)

1600年=関ヶ原の戦い(戦国時代の終焉)

 

このように「70年後の±10年」の間に、今まで「主流」とされてきた生き方が終焉を迎えているわけです。

 

個人的には2020年からのコロナウイルスが「会社に依存する“終身雇用時代の崩壊”」だと思っています。

 

 

そのため「残業美徳世代=会社にしがみ付いていればOK」という価値観で、人件費に見合った働きができない人間になってしまうと大変危険です!

 

なぜならロクな仕事や貢献ができない「会社の看板でしか生きられない人間」に成り下がってしまうからです。

 

そのため「残業代で稼ぐのも程々にして、自分が生涯使えるスキル・資格・経験・自己投資も積極的に行う覚悟」が必要です。

 

土の時代から風の時代の到来

風の時代

 

スピリチュアルな話ではありますが、土の時代から風の時代の到来という面でも残業美徳世代に従い続けるのは危険です。

 

土の時代

土の時代=「土着・固定・所有」など、お金を中心とした「物質中心主義」の時代

例=家や車を所有する・会社という集団に所属する・現実的な物質を多く所有するほど幸福

風の時代

風の時代=「手放す・自由・共有」など、心を中心とした「自分らしさ中心主義」の時代

例=家や車もシェア・フリーで自由に生き方を個人が選ぶ・感情を大切に生きて不要なものは手放す

 

風の時代に移行しつつある現代では「テレワーク」「キャッシュレス決済」「定住地を持たないノマドライフ」など、風のような生き方が広がりつつあります。

 

どちらの時代が良い悪いではありませんが、単純に土の時代の生き方はこれからドンドン衰退していくという意味でも、会社に固定され続けるのがオワコンと言わざるを得ないのです。

 

そのため「長時間会社に居続ける人は、これからドンドン生き辛い世の中になる」ので、将来が悲惨なことになりかねないのです!

 

残業美徳世代からの脱却方法

レベルアップ

 

では次に、残業美徳世代からの脱却方法についてご紹介していきます。

 

仕事の効率をUPする

残業 多すぎ

 

残業を美徳としない一番の対策は、仕事の効率をUPすることです。

 

僕が残業をダラダラやっていた頃に残業と決別できたのは「何がなんでも19時には退社する!!」と決意したからです。

 

もちろん会議が長引いたり、仕事が押してそれ以上遅くまで残ることもありましたが、人の脳みそは優秀なので「19時に帰るのが当たり前」という現実に段々シフトしていきました♪

 

 

ちなみにその過程には「アイツばかり早く帰りやがって!」と妬まれることもあり、何度か殴りかかりそうなイラッとした場面もありましたが、仕事はこなしていたのでその内受け入れられました。

 

その後結果的にその職場から転職したので「早く帰るのが当たり前の環境」を引き寄せることができたのも、最初の「19時退勤の覚悟」の引き寄せ結果だと思っています。

 

そのためあなたも、今より早く帰ってプライベートを充実させる人生を選びたいのであれば、以下の記事にて「定時で帰る仕事術」をまとめたので、参考に使ってください♪

 

正社員+副業で収益安定

ボーナス

 

ちなみに早く帰って何をしていたかというと、正社員+副業で収益安定という生き方です。

 

もちろん「就業規定には副業禁止」としている会社も多いですが、今後も副業OKの会社は増加の一途を辿りますし、他に収入源を持つことは大きな精神安定につながります。

 

 

もちろんある程度まとまった収入が入ってくると、副業が会社にバレて本業が危なくなるという不安もあるでしょう。

 

とはいえそもそも僕に仕事術やビジネスを教えてくれた師匠は、副業禁止の会社にいたにも関わらず月収20万円以上稼いでしまい、会社にバレて独立した経緯を持っていました。

 

つまり「副業が軌道に乗ってしまえば独立したり、副業OKの会社に転職してしまえば良い」という考えで、積極的に「自分で稼ぐ能力」を高めるもアリということです♪

 

 

そのため「今の会社だけに依存し続けるリスク」より、「今の会社から独立できるだけのスキルや経験を、早めに帰って育むリターン」の方が大きいと、僕は確信を持ってあなたにお伝えします♪

 

※ただし年収20万円以上(月2〜3万円)稼げるようになってくると、場合によって会社と税金精査がズレてくる可能性があるので、副業に関しては事前に勉強しておきましょう

 

仕事が合っていないなら適職を再考

転職

 

仕事が合っていないなら適職を再考するのもオススメです。

 

なぜなら、どれだけ頑張っても「仕事が終わらない環境」なのであれば「あなた自身にとって働きにくい、適職ではない環境にいる可能性」が高いからです。

 

 

例えば僕は「仕事=自分の苦手なことに取り組む」と思って働いていた通信営業マン時代は、周りが「仕事ができてきつい人」ばかりで「ずっと半人前」でした。

 

なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

 

 

しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、劣等感を感じることなく、快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しい環境で働く」と思っているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪(転職の自己PRにも使えますよ♪)

 

まとめ

 

以上が残業は美徳という危険思想からオサラバ!誇りを取り戻す黒船的神情報のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。