新卒 地方配属 辞める

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「新卒で地方配属されたら辞めるべき?継続メリットデメリットを知りたい!」

相談女性3

人間関係スキルやキャリア可能性のメリットはあるけど「相手が年上ばかりでストレスも多い」から、将来が不安…。

相談男性3

世代が違いすぎて「入社してからずっと悩み相談相手がいない…。」雰囲気が合わないなら「退職&転職」すべき企業例は?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

新卒地方配属で辞める【継続利点】

目次

 

諒

ではまずはじめに、新卒地方配属で辞める【継続利点】についてご紹介していきます。

 

指導されやすい=成長しやすい

 

指導されやすい=成長しやすいメリットはあります。

 

なぜなら「新卒入社した会社が一番“成長させて貰いやすい環境の可能性が高い”」からです。

 

成長

 

もちろん、叱られたり指導される機会が多いのは、決して嬉しいわけではありませんが、その分確実に「早期転職組」より、仕事能力は早く上がっています。

 

その為、数ヶ月〜1年単位ではイヤな環境と感じていても、数年単位で考えれば「市場価値を上げやすい環境」とも言えるのです♪

 

 

ただし、これはあくまで「新卒+社員育成が手厚い会社」に限る為、年上ジジババばかりの会社に入ってしまったなど「社員育成が手薄い会社」だと、成長がしにくいリスクもあります。

 

実際僕の知り合いには「大企業エンジニアとして新卒入社したけど、あまりに市場価値の上がらない社内業務ばかりで怖くなり、しばらくして辞めた」というケースもいました。

 

その為、新卒入社した会社が潰れた場合に路頭に迷いそうだと思うなら「早期転職+社員育成が手厚い会社」を見つけて転職するのもアリですよ♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

若い内から色々任せてもらえる

 

若い内から色々任せてもらえるというメリットもあります。

 

新卒は基本的に「定年まで働き続けるだろうという想定」で関わって貰う事ができ「手を挙げるほどやらせて貰えるケースが多い」為、積極的に色んな事に挑戦しやすい環境にいるとも言えます。

 

出世 諦める

 

その為「今のうちに沢山経験して、レベルアップしておくんだ!」と捉えるのもアリですよ♪

 

頼れる同期・相談相手がいる

 

「新卒入社は自分一人だけ」というケースは少なく、一緒にスタートを切った頼れる同期・相談相手がいるというメリットも大きいです。

 

なぜなら、どれだけ最初から優秀な人であっても「周りに同じ逆境を経験している存在がいるorいない状況では、パフォーマンスが全然変わってくる」からです。

 

仕事 ミス 生きた心地 しない

 

「入社スグのイヤな研修を一緒に乗り切った」「職場のイヤな奴のストレスを、散々愚痴り合って発散しあった」など、同じ価値観を共有できる仲間がいなくなるのは、大きな喪失感があります。

 

もちろん、プライベートで繋がっていればその会話もできますが「同じ会社(船)にいるメンバー」ではなくなる為、今後絆が薄れて行く可能性は高いでしょう。

 

その為「一緒に成長していける仲間がいる(複数)」というのは、かなり心の支えになると言えます。

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

新卒地方配属で辞める【継続問題】

目次

 

諒

では次に、新卒地方配属で辞める【継続問題】についてご紹介していきます。

 

本音が怖くて忖度癖が増える

 

本音が怖くて忖度癖が増えるというデメリットが大きいです。

 

なぜなら、新卒のまま転職を経験せず成長すると、どうしても「逃げ道のない社内の歯車」になってしまう為「人間関係や上下関係が歪むことを恐れる=本音が言いにくくなってしまう」からです。

 

このように、馴れ合い文化に慣れてしまうと「自分の本音を伝える能力がドンドン退化してしまう=言われたままに動く“操り人形”になる人も多い」のです。

 

茹でガエルになる可能性アリ

 

茹でガエルになる可能性アリというデメリットもあります。

 

茹でガエルとは「最初は暖かい鍋で快適と思っているカエルが、段々高温になり、茹でガエル化して死ぬ」という例え話です。

 

つまり「終身雇用神話という快適鍋風呂に入っていたら、段々苦しくなってやがて死ぬ」という事です。

 

転職 半年 ミスばかり

 

実際「会社や上司の言う事を聞いていれば大丈夫」と思って自己投資せず「数年後〜数十年後に倒産やリストラに合い、路頭に迷う人」が続出しています。

 

とくに「歴史ある会社」「終身雇用を何とか維持している会社」ほど、こういった「会社倒産時に行き場を失い、命を絶つ人が多い」という事実もあります。

 

その為「どこで働いていても通用する市場価値を上げる」という視点でキャリアを考えて経験値を育まないと、悲惨な未来が待っています…。

 

 

※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

職場環境に生き方が左右される

 

職場環境に生き方が左右されるというデメリットもあります。

 

これは「職業病」とも言えますが、人は「環境の生き物」の為、職場環境に自分の性格やクセが染まっていくのです。

 

職業病の例

転職エージェント おすすめ

  • 人事などの評価職=人や物事を“点数評価”で見てしまいやすくなる
  • 接客・販売職やルート営業=人間関係を重視するあまり“本音が言いにくくなる”

 

このような職業病もありますし、会社の風土によっては「規律を重んじる性格」「ギスギスした体育会系」などに馴染んでしまう事もあります。

 

もちろん「自分の個性に合っている職業病や企業風土で大丈夫ならOK」ですが、そうでなければ「転職や自分で稼ぐ方法を考えるべき」でしょう。

 

将来がおおよそ決まってしまう

 

将来がおおよそ決まってしまうというデメリットもあります。

 

例えば、僕の場合「10年先輩が小遣い月3,000円(昼食代込み)」という自虐話を聞いた時に、未来に絶望して退職した経験があります。

 

上司

僕の小遣いは、月3000円食費込みなんよ…。

諒

(えぇ…。10年頑張って働いたら、10年後は毎食100円カップラーメンで遊興費0円かよ…。)

 

他にも僕の周りで「会社にいる自分の将来性が絶望的」と思い、転職した例があります。

 

ブラック企業・環境から脱出した例

成長

  • 「家族経営の会社=社長の一存で社員の給料が決まる」場所で「自分は有能なのに月給20万円以下」「愛人兼秘書はロクに働いてないのに月給60万」だった

→転職で年収1.5倍(お菓子メーカー勤務経験&特許を何個も持っていた為、それを評価されて給料UP)

  • 「某大手IT企業の営業マン」になったが「土日出勤が当たり前=月残業平均100時間越え」で毎日フラフラ

→大企業の為、一定勤続経験を積んだ後に「配置転換・異動願い」を提出→承認されて埼玉支店勤務へ

 

このように、現状に甘んじることなく「転職」「異動願いを受理して貰う」事によって、ドン底を脱出したケースもありますよ♪

 

 

なお、今後の収入基盤を考える上で、非常におすすめなのが「ブログ」です。

 

なぜなら「月額1,000円〜2,000円程度」で継続できる上、軌道に乗れば「会社員並み〜何倍も稼げるチャンスがある」からです。

 

そして、以下のリンク先にて「ブログの始め方」「ブログが稼げる根拠例」を紹介している為、合わせて参考に使って下さい♪
アフィリエイトブログの始め方
アフィリエイトブログは儲からないし稼げない=間違いの原因+理由解説!やめとけが嘘の根拠例まとめ

 

新卒地方配属で辞める【勤務継続】

目次

 

諒

では次に、新卒地方配属で辞める【勤務継続】についてご紹介していきます。

 

優良ホワイト企業で勤務しやすい

 

優良ホワイト企業で勤務しやすいなら、そのまま働き続けるべきでしょう。

 

とくに「福利厚生が充実している」「給料が良い」「定年まで見据えたキャリア形成ができる」などの魅力があるなら、そのまま働き続けるべきと言えますよ♪

 

 

※なお「失業保険」「職業訓練」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職不安がある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=職業訓練について知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4.  

学びたい先輩・上司がいる

 

学びたい先輩・上司がいる場合も、勤務継続した方が良いでしょう。

 

なぜなら「転職先はいくらでも見つけられるが“影響を受けたい”“憧れる”と感じられる年上は、簡単には見つからない」からです。

 

目次 10

 

残念ながら「毎月定額の給料が入ってくるサラリーマン」の性質上、魅力的と言えるほど自己研鑽している大人は、世の中にはそれほど多くないのが現状です。

 

※感覚的には「大企業レベルでも、10課に1名いるかな?(50〜100名中1名)」くらいのイメージです

 

その為「この人に付いて行きたい!学びたい!」と思える方がいるなら、その方にしっかり付いて学ぶのがベターですよ♪

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

新卒地方配属で辞める【転職必須】

目次

 

諒

では次に、新卒地方配属で辞める【転職必須】についてご紹介していきます。

 

斜陽産業or会社に将来性がない

 

斜陽産業or会社に将来性がないなら、どこかのタイミングで転職すべきです!

 

そして特に問題なのが「年功序列・終身雇用制が残っている+自分世代ではその恩恵を与えられない企業」にいる場合です。

 

 

なぜなら「どれだけ頑張っても勤続年数評価の為、やる気が有っても無くても同じだと気づき、早期にモチベーションを失った人が多い」からです。

 

もっと言うと「頑張ったら来月から月収50万になる会社」と「60歳手前になったら月収50万円になる会社」のどちらに、若いリーダーが多いか分かりますよね?

 

もちろん「高齢でもやる気のあるリーダー」が沢山いれば良いですが「若い時代に薄給で働かされて、ようやく高給を貰える人間」が、晩年に情熱を燃やせる例は非常に稀です。

 

 

しかも現代日本は、そのような「ピークを過ぎた晩年責任者が中心の年功序列組織」が多い一方で、若手がリーダーシップを発揮して、どんどん成長してきた「先進国」「新興国」と競争相手が激化しています。

 

その為、このような「イノベーションを生み出してきた企業」に対して、イノベーションを生む気骨あるリーダーを育んでこなかった日本企業は「若手が無能組織の尻拭い役に回されている」可能性が高いのです。

 

現代で年功序列は倒産危険予備軍

 

現代で年功序列は倒産危険予備軍なのに、それを理解していない会社だからクズとも言えます。

 

なぜなら「年功序列を前提に、長いスパンで製品知識習得や育成をしていたら、あっという間に製品寿命が尽きる」からです。

 

実際、以下のグラフから分かるように、商品ライフサイクルはここ30年で劇的に短くなっています。

 

商品ライフサイクル

プロダクトライフサイクル

出典:Logmi biz

 

このように「1970年以前は5年以上、商品の6割が売れ続けた」のに対して「2000年以降は3年以内に商品寿命が8割尽きる」のです。

 

しかし「会社に出勤してればOKと考えている人が蔓延している組織」が、立て続けに新商品・サービスを生み出して利益活動できると思いますか?

 

つまり「年功序列でじっくりものを作る組織VSイノベーターが多いスピーディーな組織」では、必然的に年功序列組織が喰われていくのも無理ないのです。

 

上司

俺の時代は、この商品を30年近く売り続けることができたからラクだったわ♪

諒

いや、変化の早い現代ではそんな物ほぼないから!俺の世代はスピーディーに仕事しなきゃならんの!アホか?!

終身雇用・年功序列の崩壊リスク

 

そして「終身雇用・年功序列の崩壊リスク」も問題です。

 

※それを知る上で、過去と現在の「企業寿命」を知っておいた方が良いでしょう。

 

1965年〜2030年の企業寿命推移

企業寿命

※出典:リクルートワークス研究所

 

このグラフから分かる通り、バブル崩壊前までの世代にとっては「企業寿命=30年〜40年」です。

 

つまり「20歳前後に新卒入社して、55歳以降に定年退職が成立していた世代」では、終身雇用・年功序列が正しく機能していたわけです。

 

幸福

 

しかし一方で、バブル崩壊後以降の社会人にとっては「企業寿命=10年〜20年」です。

 

つまり「20代から働き始めて、60代でリタイアする場合」でも、平均2回〜4回は会社にいられなくなる危機が迫るということです(もしくは実際に倒産)

 

これの違いが「1つの事しかやらず変化しない企業文化」を残してしまっている為、その硬直が「100年に一度の大変革期」において、対応の遅れを生み出しているのです。

 

不適職でストレスが強い

 

不適職でストレスが強い場合も、どこかのタイミングで転職すべきでしょう。

 

例えば、僕は数学&理科が苦手で「文系大学卒」なのに「数学的素養が求められる、IT系セールスエンジニア」として働いていた時期があります。

 

必然的に、その時は「毎日計算式やルート設計図などと向き合う仕事」になってしまい、日々地獄のような感覚で「周りが敵だらけ…。」と感じながら働いていました…。

 

転職先 ブラックだった

 

しかし、その後紆余曲折を経て転職した「転職サイトのWEB制作職」は、自分の文系的素養を活かす事ができ、とても楽しく働けるようになりました♪

 

そして、この経験から言える事は「自分が苦手意識を感じる事を仕事にし続けるのは苦痛=周りが敵だらけ感覚に陥る」という事です。

 

その為、後で紹介する「適職診断」などを参考に「自分にとって快適な働き方」を見つめ直すのがおすすめですよ♪

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職+諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=労働組合対応+安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「お金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=一括比較したい場合はこちら♪

新卒地方配属で辞める【転職対策】

目次

 

諒

では次に、新卒地方配属で辞める【転職対策】についてご紹介していきます。

 

社会人経験は職歴として使える

 

社会人経験は職歴として使えるのが、転職利点です。

 

なぜなら「“ウチで一緒に働こう”と採用された経験」「社会人として働いた経験」を持っているからです。

 

その為、それなりに社会人として胸を張って転職できるのです。

 

特定環境に染まり切ってない

 

特定環境に染まり切ってないという利点もあります。

 

そもそも、会社毎に「独特の社風や環境」を持っている為、同じ職種からの転職でも、全く通用しないケースがあったりします。

 

 

実際、僕も「広告営業経験があるから、IT営業も行けるかな?」という思いで転職したら、奥深い知識を覚えるのに、もの凄く苦労しましたから…。

 

頭痛

 

さらに、働き方が全然違うケースもある為「特定企業で何年〜何十年働いていた経歴アリ」の人ほど、逆に「転職先が全く見つからないケースもある」のです。

 

その為「変な働き方や社風に染まっていない状態」の内に転職する事で、そのクセやネガティブポイントがない状態で、より良い企業に移れる可能性は高いですよ♪

 

やりたい仕事や適職スキルを育める

 

やりたい仕事や適職スキルを育めるメリットもあります。

 

そもそも「これから会社は“社員を守ってくれない流れ”を加速させるのに、一つの会社にペースを合わせて成長していたら、自分や大切な人を護れない」です。

 

 

そして「年功序列・終身雇用が崩壊した現代」において「会社でガマンし続けたらOK」という考え方に固執し続ける人は、ハッキリ言ってアホです。(注:あなたではありません)

 

キック 蹴り

 

だからこそ「自分が生涯続けていけると確信できる環境・適職」を一刻も早く確立するのは、とても正しいと言えるのです。

 

※なお「年功序列社会の問題点」などに関しては、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

時代は職務制から職能制へ

 

時代は職務制から職能制へシフトしている点も見逃せません。

 

職務制と職能制の違い

俊敏性

  • 職務制=「課長」「部長」など「職務(役職)に相応しい人」が基準
  • 職能制=「事務専門家」「税理専門家」など「能力に相応しい人」が基準

 

そして「終身雇用・年功序列は職務制メイン」でやってきた為「課長になりたい!」「部長になりたい!」という信念で昇進した人が大事にしたのは「社内政治」「コネ」だったわけです。

 

その為現代では、例えば「ITに疎い無能課長がほぼ仕事せず、部下の尽力で組織運営出来ているにも関わらず、課長の方が給料が高い+威張っている」という「歪んだ現実」を生んでいるのです。

 

パワハラ上司 心理

 

しかも、年功序列は「一定の勤続年数者から抜擢する」為「無能でも役職に就くバカ上司」が溢れているわけですね。

 

その為「無能で部下育成能力がないのに役職抜擢された為、叱るしか能がないアホ」が、残念ながら古い世代には多いのです…。(もちろん優秀で素晴らしい方もいますが…)

 

仕事 ミス 大損害

 

だからこそ、ダラダラやる気を削がれていく組織に居続けるより、少しでも「退職・転職の方向性に動いて行った方」が良いです。

 

なぜなら「世の中には何百万社も日本企業があり、あなたに合った働き方を実現できる場所は高確率である」と言えるからです♪

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」に関しても、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=WEB職を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=営業職を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職を知りたい場合はこちら

新卒地方配属で辞める【適職診断】

目次

 

諒

では次に、新卒地方配属で辞める【適職診断】についてご紹介していきます。

 

自分のキャリア設計を明確化

 

「現状の職場に納得できない」という葛藤のまま動けないのは「目指したい未来が不明確」だからであり、自分のキャリア設計を明確化するのがおすすめです。

 

なぜなら「自分の5年後〜10年後にどうなりたいか?が明確になれば、転職活動に勇気を持って歩み出せる」からです。

 

 

例えば僕は、27歳の時に事務職から営業職に職種転換しましたが、以下のような目標があった為、転職しても辛い時期を乗り越えられました♪

 

僕が事務職→営業職に転職した時

日本景気の誇りの柱

  • 一流のビジネスマンになりたい
  • 営業コンプレックスを克服したい

 

シンプルにこの二つを掲げて転職した為「現職より会社知名度が上」「新規開拓もあるバキバキの営業会社」に入りました。

 

そして、シンドい時期も沢山ありましたが、転職前に覚悟した目標があったからこそ「トータル3年ほど営業職で働いた」後に再転職し、適職と分かったWEB系制作職にシフトしました♪

 

その為、あなたも「そもそも何の為に転職するのか?」「現状から内定先企業に転職する事で、どうメリットが生まれるか?」を明確にするのがおすすめです。

 

転職する理由例

適職 不適職

  • 現職が残業50h以上の為、プライベート時間に自由が欲しい(もっとオフを優先できる組織がないか?探す)
  • 体育会系の社風に馴染めず、もっとアットホームな職場で働きたい(アットホームな職場と銘打つ求人を探す)
  • 今の職種に疑問を感じており、職種転換/業種転換を含めて検討している(適職診断で自分の適正を見つめ直す)

 

このように「一生勤めるという考え方」ではなく「自分が短期/中期/長期でメリットを感じる会社か?」を明確にすれば、今後の行動が明確になりますよ♪

 

適職診断で自己適正見極め

 

なお「どんな方向性で転職活動すれば良いか?」という悩みをスパッと解決したいなら、適職診断で自己適正見極めが一番おすすめです。

 

なぜなら「自分の性格傾向/好みの職場/働き方」が、質問回答形式で明確になるからです♪

 

チェックリスト

 

例えば僕は、適職診断結果を参考にして、以下のような企業は「自分に合ってないと判断」するようにしています。

 

大島諒一の不適職・職場例

日本景気の誇りの柱

  • 僕に合っていない職場例=ルール・規律重視で社員自由度が低い会社
  • 僕に合っていない働き方例=スピード感がなく、根回しなどでジックリと事を進める働き方

 

実はこの不適職にドンピシャな仕事を2年ほどしていましたが、何度も新橋で電車を待っている時「線路に飛び降りたら楽になるかな…。」と思うほど辛かったです(苦笑)

 

その為「適職診断結果によって、不適職or不適正職場と分かった」場合は、適職+適正職場を目指した方が良いでしょう♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=自分の個性を知りたい場合はこちら

新卒地方配属で辞める【情報収集】

目次

 

諒

では次に、新卒地方配属で辞める【情報収集】についてご紹介していきます。

 

20代は第二新卒転職エージェント

 

20代は第二新卒転職エージェントがおすすめです。

 

なぜなら「過去・現在の職歴に関係なく、20代であれば転職先を斡旋・サポートしてくれる」からです。

 

そして「20代であれば現状(非正規/既卒/ニート/フリーター)に関わらず第二新卒転職エージェントを利用できる」為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

第二新卒/ニート/フリーター/既卒のおすすめ

  1. 第二新卒エージェントneo=未経験1万人以上&18〜28歳22,500人支援実績で一番おすすめ♪
  2. UZUZ=平均12時間サポートで手厚く支援!アドバイザーは全員第二新卒or既卒経験者♪
  3. 第二新卒転職エージェントランキング=エージェントを一括ランキング比較したい場合はこちら

転職サイトで数打ち

 

転職サイトで数打ちするのもおすすめです。

 

なぜなら「応募上限がない為、比較の意味を兼ねてたくさん応募できる」ので、良い転職先と出会いやすいからです。

 

このように「転職先の情報収集を転職サイトでしておく」のもおすすめな為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活=20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

転職エージェントでジックリ相談

 

転職エージェントでジックリ相談するのもおすすめです。

 

やはり「転職希望条件を伝えて、求人を教えてもらう」「履歴書・職務経歴書の書き方や面接アドバイスをもらう」だけでも、転職成功率は劇的にUPしますから♪

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=「非公開求人21万人以上」の日本TOPクラスサイト♪
  2. 転職エージェントランキング=一括比較したい場合はこちら♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=体験談を知りたい場合はこちら♪

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて「このままでは将来がダメになる…」と感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


その為「半年後に辞めると宣言→退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を開始→ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決定」という危うさで転職先決定しました(苦笑)

僕のヒーローアカデミア ゴミ掃除

出典:僕のヒーローアカデミア


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」という事です。

しかも、ストレスで疲れ切ったり「もうこんな人生イヤだ…」という無気力状態に陥ると、逃げる気力すら湧かず「うつ」「過労死」など、心や体が死んでしまうリスクがあるのです…。

転職サイト登録対策なしorありの例

呪術廻戦 最強

出典:呪術廻戦

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


その為、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、非公開求人数21万件&公開求人30万件以上があり、幅広い要望に応えてくれる為「情報収集だけしたい」「履歴書/職務経歴書など、プロのアドバイスが欲しい」という転職初心者は、登録必須のサイトです♪

諒

備えあれば憂いなし♪

僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア



リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験OK多数」など「20代の就活やり直しサポート」してくれるサイトの為、20代は登録必須のサイトと言えますよ♪

諒

若い頃の苦労は買ってでもしよう♪

呪術廻戦 誇れ

出典:呪術廻戦



Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断は「自分に合った快適な働き方が分かるチェック方法」であり、僕自身「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

諒

自己の可能性の限界に挑戦するぜよ♪



るろうに剣心 答え

出典:るろうに剣心



適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


さらに、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 油断せずに行こう

出典:テニスの王子様