中途採用 放置 退職

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「中途採用されたけど放置され続けてるから、退職時期なのか迷ってる…。」「中途入社が多い会社じゃないから、入社日から同期がいないので不安だし、続ける為の心得を知りたい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も中途採用後に放置されて退職した経験があるので、あなたの今の悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「中途採用後に放置された時に退職or存続する方法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

中途採用を放置する原因

 

ではまずはじめに、中途採用を放置する原因についてご紹介していきます。

 

即戦力扱いで教育予定なし

残業 辛い

 

即戦力扱いで教育予定なしというケースが一番多いです。

 

なぜなら転職求人を数多く扱ってきた中で分かったことですが、企業は以下のカテゴリーに分けて求職者選定しているからです。

 

求人のカテゴリー

完全未経験OK=若手や業種未経験を一から育てる予定(求人票には一から育成・教育環境アリなどと記載あり)

未経験OKor未経験歓迎=基本的には経験者が良いが、未経験でも採用予定(応募者を増やす目的でハードルを下げただけなので、入社後放置される可能性アリ)

経験者歓迎=即戦力を前提とした求人なので、教育予定なし(業務内容を求人票に事細かに記載して、それに対応できる人のみ応募希望という事前振るい分け)

 

そして中途採用で放置される危険性を一番持っているのが「未経験OKor未経験歓迎の扱いで入社」している場合です。

 

なぜなら「当初経験者採用で求人を出したが、反応が悪いので“現場でOJTするので未経験歓迎”に裾野を広げたケース」があるからです。

 

 

しかも「求人依頼者が人事や社長などの幹部」「現場配属先と求人依頼者の認識にズレがある」場合には、入社後「じゃあOJTで育成してね?♪」と人事や上から言われて、現場任せになるのです。

 

その結果現場では「なんだよ?使える奴くれるんじゃないのかよ?」という“使えない奴が入社してきた扱い”されてしまい、放置されて居心地が悪くなってしまうのです。

 

そのため「未経験歓迎レベルの求人」に応募する場合は、自発的に動く覚悟を持って入社しないと、放置されて戸惑う可能性が高いのです。

 

教育体制やシステムが不十分

研修

 

教育体制やシステムが不十分というケースもあります。

 

できて日の浅いベンチャー企業や社員数の少ない中小零細企業では、あまり中採用者を育てるという風土が熟成されておらず、手探り状態のケースがあるのです。

 

しかも人を育てるのではなく「どこかから即戦力を引っ張ってきて、不要になったら使い捨てる」ような発想をしているクズ組織は、離職率が高かったり非正規雇用が大勢いたりします。

 

 

よく言えば「完全実力主義」「自力で成長しやすい環境」とも言えますが、社風や雰囲気が合っていない場合には、毎日が地獄と言わざるを得ません。

 

そのため毎日息が詰まるような苦しさを感じるのであれば、ある程度「2年〜3年は勤めて実力をつけてこんなクソ職場辞めてやるよ!」くらいの目標設定をして働けば、気が楽になりますよ♪

 

高年齢者ばかりで育てる気がない

上司

 

ベンチャー企業などとは逆に、歴史の古い会社に多いのが、高年齢者ばかりで育てる気がないというケースもあります。

 

逆の立場で考えれば分かりますが「定年退職したら新人を育てても、自分に価値が還元されない」ので、本気になれる人は稀です。

 

※自分が退職した後も、その会社が発展していってほしいという意味で新人育成に情熱を注いでくれる熱い人も稀にいますが(幸い僕はこのタイプの方に恵まれました)

 

 

そのため「平均年齢が高い歴史ある会社ほど、研修が終わって現場に入ったら悲惨」ということは多いです。

 

だからこそ「自発的に成長していく」「社内で頼れる人の人脈を増やす」など、主体的な行動が求められます。

 

指導役に割ける人的余裕がない

NO

 

倒産間近で踏ん張っている会社やブラック企業に多いのが、指導役に割ける人的余裕がないケースです。

 

人を育てるというのは、自分の仕事もこなしながら並行して行うにはかなり厳しい役割です。

 

そのため「キッチリと指導役を任命していないまま新人を育てようとする会社」ほど危険と思っておいた方が良いでしょう。

 

 

なぜなら「●●さん教えてください!」という頼る先が分からないので、孤立したり社内ニートになってしまう可能性大だからです。

 

変な話ですが、僕はプライベートに仕事面を相談できる兄貴がいたので乗り切れましたが、相談先がないというのはかなり辛いです。

 

そのためこの場合も、自発的に相談できる先輩を見つけたり、自力で成長していくしかないとも言えます。

 

中途採用後に放置される問題点

ミス 失敗

 

では次に、中途採用後に放置される問題点についてご紹介していきます。

 

スキル・能力が育めない

スキル

 

まず一番の問題が、スキル・能力が育めない点です。

 

社内で使えるスキルや能力はもちろん、社外の他の会社に転職しても使える「普遍的なスキル」を磨くチャンスすら奪われているわけです。

 

例えば僕が転職する場合、以下のような自己PRを使います。

 

大島諒一の自己PR

転職サイトライター経験=WEBライター経験2年以上/求人記事を500社・1000件以上執筆/個人ブログで累計3,000記事以上執筆

営業経験=新規開拓・ルート営業経験合計3年以上/新規開拓単月100件達成/チームの先輩と連結売り上げ年商6,000万円達成

 

このように「会社で働いた中で、とくにアピールできる自信点」が思い浮かばないと、今後社会人としての自信が育たないままベテランになってしまうリスクがあります。

 

残念ながら「会社に出勤さえしていれば生きていけた」俺たちの親父世代とは時代が変わったので、自発的にレベルアップしなければ、将来がドンドン暗いものになってしまいますよ!

 

自尊心がドンドン低下する

会社 休む理由 めまい

 

自尊心がドンドン低下するというデメリットもあります。

 

そもそも自尊心が低下すると、以下のような“悪魔の囁き”が頭の中に響いてきます。

 

自尊心が低下すると聞こえてくる囁き例

どうせ自分なんていなくても良い…

仕事のできない自分は、なんて情けないんだ…

周りと違って自分は出来損ないだなぁ…

 

このように「仕事ができない=生きている価値がない」という自己否定がドンドン強まってしまうので、要注意です。

 

 

逆に独学でも主体的に他の人に学ばせてもらうでも良いですが、自尊心を向上すれば以下のような“神の囁き”が聞こえてくるものです。

 

自尊心が向上すると聞こえてくる囁き例

自分はなんて価値ある存在なんだ!

仕事ができる自分が誇らしいなぁ♪

周りは周り、自分は自分で素晴らしい最高傑作だなぁ↑

 

そのため主体的に自分をレベルアップしていくチャンスと思って、現実を変えるアクションを起こした方が良いのです。

 

他の職場でも生きていけなくなる

非正規 末路

 

一番懸念される問題点が、他の職場でも生きていけなくなるというケースです。

 

現代では「会社に貢献できない社員でも、雇用を守ってくれる終身雇用の会社」はほとんどありません。

 

※あっても公務員のような「入る時点で高いハードルを超えている人」の限られた世界です

 

 

そのため「仕事ができず会社をクビ=他で生きていける自信がなくて命を絶つ」という最悪の事態を引き起こしている人が、日本に毎年一定数いるのも事実です。

 

だからこそ「私はどこにいても価値がある」という確信を手に入れて、安心・安全の生き方を勝ち取れるように努力した方が良いのです。

 

中途採用後に放置中の打開策

レベルアップ

 

では次に、中途採用後に放置中の打開策についてご紹介していきます。

 

勉強資料を能動的に集める

診断

 

勉強資料を能動的に集めるのがオススメです。

 

勉強資料の例

過去の案件資料・データ

業務に関連する資料・データ など

 

「会社の誰も経験したことがなく、あなたが初めて対応する仕事」というケースは、よほどのベンチャー企業や新規部署でない限りあり得ません。

 

そのため前任者が残した資料やデータ、業務に関連するものを上司や先輩に相談して、見せてもらうようにするのがベターです。

 

 

意外に「少し手の空いた時間に読んでいた資料やデータが、後で割り振られた初めての仕事に役立ったりする」こともあるので、ぜひ探してみましょう♪

 

※ただし社外持ち出し厳禁のケースがほとんどなので、昼休み休憩や空いた時間に見るようにするのがオススメです

 

自分マニュアルを作る

適職診断

 

能動的に集めた勉強資料や、過去の「業務記録」などを参考に、自分マニュアルを作るのもオススメです。

 

そもそも仕事が暇な時に何もせず、忙しくなった時にテンパる人の特徴として「その場その場で手順や流れを変えるので、非常にムラっ気があるケース」が多いです。

 

そのため「具体的な手順を決めたマニュアル」を自分で持っておくことで、ミスを減らしたり、スムーズに仕事を完遂できるのです。

 

手順を明確化する例

チェックシートを作って手順を見える化

指差し確認して、記憶にも残すように冷静にチェックする など

恐れず上司や先輩に仕事をもらう

上司 先輩

 

恐れず上司や先輩に仕事をもらうのも、早く仕事を覚えるコツです。

 

そもそも忙しい上司や先輩ほど「あなたに仕事を振っていないだけで、振れる仕事を持っている」ケースが多いです。

 

そのため積極的に御用聞きすることで「あぁ、あいつに仕事振ってあげないとな」と上司や先輩に刷り込むのです。

 

 

仕事をしていないで「急にリストラや配置転換対象」になるより「あいつは良くやっている」という印象も持ってもらう為にも、暇な状態を受け身で続けるのはやめた方が良いですよ♪

 

エクセル関数などを学ぶ

エクセル

 

事務職などでパソコン作業レベルをアップさせておいた方が良いのであれば、エクセル関数などを学ぶのもおすすめです。

 

資料や統計データを用いた会議が無くなることは、今後しばらくないはずなので、レベルアップしておけば、あなたの評価は必ず上がりますから♪

 

そのため「ワード」「エクセル」「パワーポイント」といった業務用ソフトを学んでおくことで、後々その経験が活きてくる可能性は十分あります。

 

暇つぶしに仕事関連サイトを見る

天職

 

僕自身がよくやっていた方法ですが、暇つぶしに仕事関連サイトを見るのはオススメです。

 

なぜなら「時間があったので業務に関連する情報を見ていたという言い訳が立つ」からです。

 

ビジネス雑誌の営業マンをしていた時は「ビジネス系のHP」、転職WEBライターになった時は「転職や記事作成のHow to情報」を見ていました。

 

 

他にもゲーム系のエンジニアがゲーム記事や個人ブログを見ていても不思議ではないので、友達がそういうことをやっていました。

 

とはいえ必ずしも「スキルアップに直結した情報」だけを見れるわけではありませんが、色々な「知識というデータ」を蓄えることができるので、やっておいて損はないですよ♪

 

中途採用放置に耐えられない場合の退職術

計画年休

 

では次に、中途採用放置に耐えられない場合の退職術についてご紹介していきます。

 

今の仕事と転職活動を同時進行

転職

 

お金がない状態でも安心して転職するためには、今の仕事と転職活動を同時進行するのが一番安全です。

 

やはり生活費はある程度必要なので、以下のような行動基準がオススメです。

 

転職基準

BEST=転職先が決まった状態で辞める

BETTER=ある程度転職選考が進んだ状態で辞める

最低限=転職したい方向性がある程度決まった状態で辞める

 

もしくはある程度の貯金があれば、それを軸に「余裕がある間はリラックスする」のもアリです。

 

 

ちなみに僕自身も、勢いで会社を辞めて飛び出した経験があるので分かりますが「逃げ道がない状態での生活は非常に不安」なので、できれば避けたほうが良いですよ♪

 

ボーナス受給後に辞める

ボーナス

 

ある程度お金に余裕を持った状態で辞めたいのであれば、ボーナス受給後に辞めるのがオススメです。

 

そもそもボーナスは会社の売り上げによっても左右されますが、勤務態度や成果など「個人の人事評価」で額が変わったりもします。

 

そのため「辞める仕事・会社への忠誠心」はどのみち下がる一方ですし、今後お付き合いのなくなる組織なので「罪悪感なく貰えるものはもらっておく」のがベターです。

 

 

※ただし辞めるからといって「イヤがらせ」など、双方に不快感の残るような行動はせずに「立つ鳥後を濁さず」の気持ちで、最後の日を迎えましょうね♪

 

失業保険受給対象後に辞める

役所

 

失業保険受給対象後に辞めるのもオススメです。

 

一般的に失業保険受給対象は、以下の通り。

 

失業保険受給対象

一般の離職者=離職の日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算12カ月以上

特定理由離職者=離職の日以前1年間に被保険者期間が通算6カ月以上

特定理由離職者

有期労働契約の更新を希望したが認められず離職した方

出産や育児により離職し受給期間の延長措置を受けた方

父・母の扶養や介護など家庭事情の急変により離職した方

配偶者や扶養親族と別居生活を続けることが困難になり離職した方

特定の理由で通勤が困難になり離職した方

企業の人員整理などで希望退職者の募集に応じて離職した方

 

このような区分けになるわけですが、要するに「正社員=一般の離職者」「派遣・契約社員などで契約更新がある=特定理由離職者」といったイメージです。

 

ちなみに失業保険は「一般の離職者=申請して約2ヶ月+7日後」「特定理由離職者=申請して7日後」という違いがあります。

 

※7日間とは失業状態などをチェックする審査期間であり、その期間は転職活動なども一切やってはいけない

 

 

そのため「正社員はボーナスをもらって辞める」「派遣や契約社員はスグに手続きして失業保険を貰う」という切り分けがオススメです。

 

失業保険受給の注意点

ミス 失敗

 

なお参考として、失業保険受給の注意点についても押さえておきましょう。

 

まず失業保険は「雇用保険」を支払っている期間が一定期間以上ないとNGなので、給与明細に「雇用保険」というお金がキチンと引かれていたかチェックしましょう。

 

※「雇用保険」を支払っていないブラック企業だったり、自分のイメージより支払っていた期間が短くて、受給対象になれないというトラブルもあり得るため

 

 

ちなみに失業保険は「額面給与の約6割程度」しかもらえず、それほど余裕があるわけではないので、ある程度金策に走ったほうが良いかもしれませんね。

 

※しかも失業保険受給を申請してからは、メルカリで物を売ったりしてお金を工面するのはOKですが、アルバイトなどの“労働”は日雇いでもNGです。

 

中途採用放置中の退職理由

 

では次に、中途採用放置中の退職理由についてご紹介していきます。

 

やりたい仕事・夢があるorできた

天職

 

やりたい仕事・夢があるorできたという理由が、一番無難かつ今の会社に納得してもらえる理由です。

 

辞める正当理由

●●の仕事にチャレンジする覚悟ができた

●●の業界で働こうと思っています

 

このように「今と違う自分になる」という覚悟を持って話せば、上司や人事も「それは仕方ない…」と言わざるを得ません。

 

 

そもそも会社を辞める上で大切な覚悟は「今の会社では“自分の求める変化・成長・安定が達成できない”」と割り切ることです。

 

そうでなければ、上司や人事が「今の会社にいれば良いじゃないか?」と提案して、あなたを引き止める可能性が強いからです。

 

※1ヶ月で何が分かるんだ?と言われそうですが、入社したからこそ夢への願望が強くなったという「これ以上来たくない」という覚悟で話せばOKです

 

僕自身が引き止められた例

 

ちなみに、あなたがどのような理由で上司や人事から引き止められるかは分かりませんが、参考として僕自身が引き止められた例についてご紹介しておきます。

 

僕が引き止められた例

いずれこの会社の社長になれると思って採用したのに!辞めるなんて本当にもったいないよ!

そんな甘い気持ちでは、どの道失敗するだろうね…。

一緒にやってきた2年間を振り返っても、うちの会社でもっと昇っていけると思うよ?残ったら?

ムリだよムリ…。世の中厳しいんだから、思い通りに行くわけないよ?

 

このように「ポジティブな引き止めやネガティブな引き止め」など、色々な厳しいor暖かい引き止めをいただきました。

 

引き止める上司・同僚の視点

上司

 

ちなみにこのような時に直面したら忘れないでいて欲しいのが、引き止める上司・同僚の視点です。

 

引き止める上司・同僚の視点

上司or同僚が今まで自分がやったことがないorやった経験の少ない選択を取ろうとしている

要するに「妬み・嫉み・嫉妬・憧れ」といった負の感情で引き止めている

 

転職してやりたい仕事・業種に行こうとするのに引き止めるということは「自分は出来ないことをして羨ましい・ムカつく」という感情が根底にあるのです。

 

 

例えば僕が「準官公庁系の大手IT企業の営業マン」を辞めた時は、「羨ましいor貶される」のどちらかでした。

 

なぜならその会社の人達は、新卒から入って定年まで勤め上げる「終身雇用神話」に生きているので、僕の行動に「ムカつくor羨ましい」という感情が動いたのでしょう。

 

※まぁ、実は中途入社+契約社員だったので、どの道「僕にその会社での終身雇用は適用されていなかった」という側面もありますが…。

 

 

しかし「転職サイトのWEBライター」は「周りも新卒or1回〜複数回の転職経験を持つ上司or同僚ばかり」だったので100%応援されました

 

そのためこの例から分かるように「あなたが今いる環境で“当たり前とされている価値観”によって、上司や同僚の態度が異なる」ということも覚えておきましょう♪

 

他の転職先が見つかった

転職

 

他の転職先が見つかったという理由も、正当な退職理由になり得ます。

 

これは退職に先んじて転職活動を行っておいて、ある程度採用見込みが見えたら切り出すといったパターンです。

 

そのため「転職先が決まっていないならやりたいことがある退職」「転職先がある程度決まったなら事後報告退職」という切り分けになります。

 

生活基盤を移す・地元に帰る

実家

 

生活基盤を移す・地元に帰るという理由も、退職する上で正当な理由になります。

 

ただしあなたが「全国に支店を持つ大手企業」に勤めているのであれば「今の会社に居ながら異動願いを出せば良いのでは?」と切り返される可能性があります。

 

しかしそういった状況でなければ「退職も仕方ないな…。」という正当理由になるわけです。

 

 

ただし大切なことは「引っ越しor実家に帰って何をするか?」を伝えられるか?が一番大切です。

 

例えば正当な理由になるのは以下のようなケースです。

 

引っ越しor実家に変える場合の退職例

■実家が持ち家or自営業でいずれは継ぐ予定のため、UorJターンして生活基盤を変える退職理由

※「Uターン=故郷に戻る」「Jターン=地元に仕事は少ないので、近隣の大型都市に移って地元近隣で生活する」

■どうしても「●●に住んで人生を送りたい」という移住希望の退職理由

「沖縄に住みたい!」「奄美大島に住みたい!」など場所先行で引っ越している人も世の中にはいる

 

このような理由であれば、なんだかんだ言って辞める理由にはなります。

 

※ただし「●●に住みたい」という「移住先行の退職理由」は、相応の情熱がないと「引き止めに根負け」してしまう可能性があるので、あまりオススメはしません。

 

今の仕事を続けていけない

 

今の仕事を続けていけないという「やりたいことがあるわけでもなく、転職先が決まっているわけでもない」なら、穏便な退職は難しいでしょう。

 

ちなみに無断欠勤・無断退職を試みるのはオススメできません!

 

なぜなら僕はこの理由で「無断欠勤→社長呼び出し→土下座して謝罪→クビ」を言い渡された経験があります。

 

 

そのためこのような退職パターンは「ビックリするくらいハートへのダメージがデカい」ので、よほど「上司や同僚と殴り合ってでも辞める覚悟」がなければオススメしません。

 

退職代行

退職代行

 

そのためなるべく穏便に済ますには「退職代行利用」で、お金を使ってでも「自己防衛した状態」で辞めるのがオススメです。

 

会社を辞めた経験が少ないと「上司や同僚に否定される=自分の人格否定と感じる」ケースもありますから…。

 

 

そもそも日本には「400万近い企業」があるので、あなたが「ムリなく豊かに生きていける環境」も数多く存在するのです。

 

そのため勇気を持って一歩踏み出せば「ムリに我慢し続ける自分にサヨナラ」しても「何だかんだ生きていける=大丈夫」な世界にシフトできますよ♪

 

中途採用放置中の退職理由【補足】

革命

 

では次に、中途採用放置中の退職理由【補足】についてご紹介していきます。

 

何でも我慢しすぎない

プレッシャー

 

何でも我慢しすぎない方が良いです。

 

日本には我慢すればそのうち良くなるという謎の信仰心がありますが「我慢は体に毒」です。

 

そのため不愉快な現実に対しては、素直に反抗した方が良いです。

 

 

良い顔ばかりしていては舐められますし、突っ込まれる一方なので、時には不快感を露わにした方が良いですよ♪!

 

イヤなことはキッパリ断る練習

NO

 

イヤなことはキッパリ断る練習をするのもオススメです。

 

なぜなら「受け入れること」と「拒絶すべきこと」を分けれるようにならないと、押しつぶされてしまうからです。

 

 

ちなみに普段から人に対してイヤミを言ったり、NOを言えない場合には、それを口に出すトレーニングを始めるのが一番です。

 

そこでオススメなのが「TVを見ている時にツッコミやイヤミを入れる」という練習がオススメです。

 

■TVへのツッコミやイヤミ例

クロちゃん本当に気持ち悪いなぁ…。

こんな犯罪者、死刑にすれば良いのに…。

ギャル系芸能人ってノリばっかりでうるさいなぁ…。

 

こういったネガティブに感じた気持ちも、自然に吐き出すクセを付けていくわけですね。

 

 

そしてこれを3週間も続けると、人に対して自然とネガティブな事を言えるようになってきます。

 

諒さん諒さん

やめてください。今の言葉不愉快です

 

このようにイヤなことはイヤと言えないと、どんどんイヤな仕事や人を引き寄せますから、勇気を持って練習してみてください!

 

最悪キレてしまってもOK

 

最悪キレてしまってもOKです。

 

なぜなら何でも我慢して抱え込んでしまう人ほど、怒りを抑え込んでしまい「喜怒哀楽を抑圧してしまう」癖があるからです。

 

 

そもそも心理学の世界では「怒りは感情表明の土台」になっており、怒りを抑え込むほど他の感情も抑えてしまうのです。

 

喜怒哀楽

 

そのため「怒りポイント」を突いてくる環境なのであれば、キレて人生をシフトする時がきている可能性もあるのです。

 

 

だからこそキレた上で就業先を変えたり、転職などのステージアップを考えるのも良いでしょう。

 

キレて居心地が悪くなる程度の人間関係なら、日本には400万法人以上の会社・環境があるので、今の会社に一生を捧げる必要はありませんよ♪

 

働きやすい適職環境に行く

転職

 

働きやすい適職環境に行く方向性を見つけるのもおすすめです。

 

なぜなら「そもそも自分が快適に働ける生き方であれば、変な現実は周りから減っていく」からです。

 

 

例えば僕は「仕事=自分の苦手なことに取り組む」と思って働いていた通信営業マン時代は、「ずっと周りが変な人or敵ばかり」でした。

 

なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

 

 

しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、人間関係や就業環境も円滑になり、快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しい環境で働く」と思っているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪(転職の自己PRにも使えますよ♪)

 

まとめ

 

以上が中途採用後に放置されてる!退職or存続を判断する経験者アドバイスのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。