製造業 オワコン1

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

製造業メーカーはオワコンだからやめとけ?将来のリスクや辞めたい方向け転職術を知りたい!」「2025年や2030年など10年後には、大手企業大卒勤務どころかベンチャーでも、中途採用の履歴書の付加価値に使えなくなりそう?」

相談女性1

日本経済市場の会社ランキング企業でも、倒産の危険があるやばい危機的理由や原因は?現在世界一の大手トヨタのようなメーカーでもオワコン?年功序列で優秀な人間が不足している上に、パワハラ上司が多くて人間関係ストレスなの?

相談男性2

工場部品生産の雇用やアルバイトの営業販売くらいしかビジネス職種経験がないけど、職種転換して稼げる仕事でお金の年収UPを実現したい♪

相談女性2

自動車業界以外の仕事に転職したいけど、退職後の失業失敗対策や、派遣や期間工ではなく正社員採用で入れる場所を紹介して欲しい♪

相談男性3

努力して労働・残業時間を働き改革して減らすより、適職で夢中になって得意なことに取り組み、自尊心アップしたい!今後の快適な幸福生活を創り出すために、人生を根本的に見直したい!

相談女性3

自己能力を適切に評価できる人気適職診断サービスサイトを利用したり、天職アドバイスやおすすめ転職結果体験談を読みたい。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も製造業はオワコンだと思い、そこでの正社員安定ではなく別業界・職種に転職した経験があるので、今のあなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「製造業がオワコンな理由及び転職テクニックを具体的に紹介します♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断を行うメリット

目次



なお最初に補足として、適職診断を行うメリットについてご紹介していきます。



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



毎日のストレスをDOWNできる

目次 1



毎日のストレスをDOWNできるのが、適職に転職する一番のメリットです。



なぜなら「自分が好きor得意な仕事に就いて自尊心を育むことで、思い通りの現実を創造したり、選択する力」を育めるからです♪





例えば嫌いor苦手な仕事で働いている人は「冒険気質なのにガマン中心の仕事」「運動が苦手なのに肉体系労働」など「どうせ自分なんて…」という「自分を苦しませる判断基準」で働いているので苦労します。





しかも不適職で働く人ほど「仕事がサビ残だらけで時間を奪われる」「人間関係がイライラと深いさの毎日で、人や自分のことが嫌いになる」という我慢の現実を生きている可能性が高いのです!



しかし適職に転職することでメンタルが安定し、「苦痛が不適職時代よりはるかに少なく、毎日を過ごせる」「好きなことや楽しいことを楽しめる精神的・経済的余裕が生まれる」というメリットが生まれますよ♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



自尊心UP=幸福度UPできる

目次 2



自尊心UP=幸福度UPできるというメリットもあります。



なぜなら「嫌いor苦手な不適職で働く人ほど、自分を苦しませるクセが強い」一方で「好きor得意な適職で働く人ほど、自分を喜ばせるクセが強い」人間になっていけるからです!





例えば僕は数学などの理系が大嫌いなのに「数学的素養がメインのIT系技術営業」は、ストレスが強すぎて、リボ払いで借金地獄にだったことがあります。



なぜなら「自分を苦しませて、努力しながらお金を稼ぐ毎日」が、お金や人間関係も「努力と我慢の毎日」を引き寄せ続けていたからです。





しかし、適職診断により判明した「本にまつわる仕事=物書き/WEBライター」に転職してからは、自分の得意分野だったので、毎日夢中で働けた上に「プライベートも夢中が増えた」のです。



物書き/WEBライターに転職した後の変化


お金=6年近くリボ払いの借金漬けだったのが、借金0になった上に、毎月それなりに使っているつもりでも、月数万円貯金できる余裕ができた

時間1=メンタルが安定したので「行きたかったレストラン」「ちょっとした旅行」など、我慢していた事も夢中でできる精神的・経済的余裕が生まれた

時間2=定時帰りになった上、年収はIT営業時代より減ったが「副業ブログで月1〜3万円レベルまでは稼げるようになり、収入はほぼ横ばい」に回復したので、結果的にIT営業時代より幸福度が激増した♪

人間関係=自分の得意分野で仕事ができるようになったので「憧れです♪」「あなたのお陰で成果が上がりました♪ありがとうございます♪」と取引先に感謝されたり、社内で褒められる機会が増えた





このように、不適職から適職に転職したことで、不適職時代には考えられなかった幸福度UPを実現できたのです♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



我慢・努力・夢中の生き方

目次 3



そして適職・不適職で思い出すのは、「我慢・努力・夢中の生き方」です。



格言


我慢は努力に勝てず、努力は夢中に勝てない





つまり「我慢している人<努力している人<夢中になってる人が一番稼げたり幸福度が高い」ということです。



それまで「仕事は辛く苦しんだ対価」と思っていた僕にとってはカルチャーショックでしたが「お金は喜びの対価」と価値観を変えてから、お金を受け取ることへのストレスが激減しましたから♪



僕の我慢・努力・夢中時代


我慢ばかりで自己否定と抑圧の毎日=教育関係OA事務職時代の「裏方で無機質に働き続けた時代

努力ばかりでイライラと発狂の毎日=通信IT系営業マンに転職して「設計図や数値を扱う苦手分野でストレスを溜め込み続けた時代

夢中ばかりで快適で安心幸福な毎日=転職系WEBライターに転職して「人の喜怒哀楽を扱い自尊心を復興する、毎日夢中に働く時代





そして僕は今「自分の記事を通して日本人の自尊心を復興することに夢中」なわけですが、あなたが今の人生に「我慢」「努力」しているなら、引き寄せる現実を変える為に、自己投資を行うべきですね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



適職で収入選択肢が増える例

目次 4



また、適職で収入選択肢が増える例についても補足しておきます。



先ほどお伝えした通り、適職で働くと夢中になってレベルUPできるので、自尊心UPが可能となります。



その結果の一つとして「自分が好きなことor得意なことで稼ぐ現実にOKが出しやすくなる」というメンタルブロックの解除が起こったりするのです。





その結果、僕のように「本業の会社員では収入UPできなくても、副業で稼げるようになる」という選択肢が生まれたりします。



例えば某スキル売買サイトでは、以下のような「自分が社会還元できるスキル」を持っていれば、月5万円程度は稼げるチャンスを得られるのです。



給料以外で収入を得るチャンス


イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで

デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで


動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで

音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成

IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

占い系=占い自体から占い師養成まで

勉強系=資格取得アドバイスから就職・転職サポートまで





挙げればキリがありませんが、このように「趣味?と思っているようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです。(雑貨販売やネットショップ開設という手もあります)





そして実際に僕の知っている人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。



僕の知ってる副業・スキル活用者例


美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)

プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)

飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者





もちろん「絶対起業だ!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源を持てる適職」で働いていると、それだけでかなり将来の安心度が増しますよ♪



ぜひ、以下のリンク先から「あなたにとって快適&幸福度が高い、好きor得意を活かせる適職」を見つけて、幸福度をレベルUPする参考にしてくださいね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



製造業メーカーはやめとけという理由

目次

 

諒

ではまずはじめに、製造業メーカーはやめとけという理由についてご紹介していきます。

 

慣れたらつまらないし飽きる

目次 1

 

慣れたらつまらないし飽きるのが、一番の地獄理由です。

 

ハッキリ言って同じことを勤務時間内で淡々と繰り返していくので、8時間もやっていれば飽きます…。

 

もちろんライン内では作業工程が異なるので、ローテーションで違う仕事が出来たりもしますが、それでも一通り慣れたらやっぱり飽きるのです…。

 

慣れないと作業が追いつかない

目次 2

 

慣れないと作業が追いつかないので、それで後ろの人に迷惑がかかって精神的につらいという地獄もあります。

 

「自分が遅いことで、後工程の人に迷惑がかかる」のが目に見えて分かるので、かなりプレッシャーがかかります。

 

僕も最初は慣れていなくて、ベテランの人のサポートを受けて独り立ちしたのですが、それでも間に合っていない時は、内心「すいません…」と思いながら何とか切り抜けましたから(汗)

 

暇つぶし出来ず眠気との戦い

目次 3

 

一度慣れてしまえば、あとは半目で無心になって仕事ができたりするので、暇つぶし出来ず眠気との戦いという地獄もあります。

 

同じことの繰り返しをひたすら続けるだけなので、お昼ご飯を食べた後などにウトウトしてしまうんですよね…。

 

そのためついウッカリ作業工程を間違えて、不良品を出したり失敗してしまう恐怖も感じたりするんです。

 

ミスで不良品を出したら怒られる

目次 4

 

ミスで不良品を出したら怒られるという地獄もあります。

 

僕が勤めていた所は「大型機械の各種部品の組み立て工場」で、最終的に「各部品が通電するかチェックする」ため、ミスしていれば不良品として弾かれていました。

 

そのため「不良品が世の中に出回る危険」はありませんでしたが、代わりにミスの箇所が発覚したら始末書提出やお咎めがあったので、それはそれでストレスでしたから…。

 

下痢などで自由にトイレに行けない

目次 5

 

下痢などで自由にトイレに行けないという地獄もあります。

 

僕の場合は「どうしてもトイレに行きたい場合は、手を挙げて監視している上長に報告」していたのですが、羞恥心との戦いでいつもガマンしていましたから…。

 

そのため頻繁にトイレに行きたい人にとってはキツいですし、自由に行動できないというストレスもあったわけです。

 

人間関係が希薄で淡白

目次 6

 

各自が淡々とライン作業に向き合い続けてから帰るだけなので、人間関係が希薄で淡白という地獄もあります。

 

僕が勤めていた間も飲み会の話はほとんど出ることがなく、仲の良い人が辞める時に数人で飲みに行っただけの付き合いでしたから…。

 

そのため「職場の人間関係が希薄になりがち」というのも、工場のライン作業デメリットと言えます。

 

繁忙期は残業や休日出勤常態化

目次 7

 

ライン作業は仕事効率などを劇的に上げることはできないので、繁忙期は残業や休日出勤常態化という地獄があります。

 

作業工程のリズムは基本的に一定なので、繁忙期で作る数が増える時期は「単純に勤務時間・日数を増やす」という対策を取られるのです。

 

実際僕自身も「基本的に週6日勤務で、土曜日は必ず出勤が常態化」していたので、貯金をするという名目が無ければかなりイヤでした。

 

製造業メーカーはやめとけ!勤務体験談

目次

 

諒

では次に、製造業メーカーはやめとけ!勤務体験談についてご紹介していきます。

 

入社〜慣れるまで(3ヶ月程度)

目次 1

 

まず入社〜慣れるまで(3ヶ月程度)についてです。

 

僕は名古屋にある「某財閥系企業傘下の電気会社」で「企業向け大型機械製作の工場ライン作業」に1年ほど勤めました。

 

ハッキリ言って当時は「新卒を3ヶ月で辞めた後に公務員受験失敗、23歳既卒でほぼ職歴なし」だったのですが、「Aの棒をBに置き、Cの棒をDに置く」といった簡単作業タイムを図られて合格採用されたのです。

 

 

そして配属された部署では、大型機械を動かす基盤に「特定の部品を並べていく作業」をする工程に入りました。

 

基盤

 

入れ間違えると次の作業の人が気づいたり、最終通電チェックで不良品だと分かるので、まず劣悪品が出回ることもなく、安心して作業に取り組めました。

 

とはいえ最初はラインのスピードに付いていけずに四苦八苦しましたが、3ヶ月も継続していたら自然と慣れてしまい、勤務中に眠くなる位でした(笑)

 

一通りの工程を経験(1年程度)

目次 2

 

3ヶ月が経った辺りから、他の作業も覚えてほしいということで別工程も対応し、一通りの工程を経験(1年程度)しました。

 

※ちなみに各仕事は「基盤に部品を置く→基盤を通電させる鉛の余分な部分を専門機械でカット→プラスチックの外枠組み付け→通電チェック」といった作業工程でした。

 

 

そして一人暮らし用品を購入した後、50万円ほど貯まった10ヶ月目に上長へ「仕事を2ヶ月後に辞めます」と報告したのです。

 

「大島くんは良く頑張ってくれるし優秀だから、社員になる道もあると思ってたんだけど…。」と残念がってもらえましたが、結局1年で辞めました。

 

もちろん正社員であれば、その後「ラインリーダー→マネージャー」というステップがあったのでしょうが、僕はその流れに乗っていなかったので、次のステージへと移って行ったわけです♪

 

 

とはいえ仮にあなたが「正社員」だったとしても、先ほどお伝えした通り「今後は発展途上国や機械が競争相手になる、将来性が厳しい働き方」なので、ライフキャリアとしては非常に厳しいです。

 

そのため僕のように、職種転換を考えて実行に移したり「自分にとっての適職は何か?自分が社会に影響を与えて稼ぎ続けられる働き方は?」という部分を明確にしていった方が良いですよ♪

 

製造業メーカーは将来オワコンでやめとけという理由

目次

 

諒

では次に、製造業メーカーは将来オワコンでやめとけという理由についてご紹介していきます。

 

雇用が不安定で切られやすい

目次 1

 

雇用が不安定で切られやすいというのが、将来精神的にきつくなる理由です。

 

実際僕が勤めていた工場でも、2009年のリーマンショックの時に大量解雇が発生していたので、僕が勤め始めた2年後(2011年)には「再雇用せよ!」と横断幕を掲げていた集団が正門に並んでいましたから。

 

このように工場のライン作業は、景気が良い時は「稼げる!住み込みOK」などと謳って人手を集めていますが、工場が減益するとスグ雇用整理する面倒臭い働き方とも言えます。

 

雇用の海外流出が顕著な働き方

目次 2

 

そして工場のライン作業は、雇用の海外流出が顕著な働き方という点でも精神的に将来きついです。

 

極端な言い方をすれば「コミュニケーション能力・特殊なスキルが必要ない仕事」なので、人件費は安い方がメリットが大きいのです。

 

そのため「日本人の雇用に1人当たり年300万払う」より「発展途上国での雇用に1人当たり年30万払う」方が、コストが10分の1で済むわけです。

 

 

このように単純労働ほど「人件費が安い方に流れる」ので、工場のライン作業ほど簡単な仕事はドンドン発展途上国にシフトして行っているわけです。

 

機械に奪われやすい働き方

目次 3

 

機械に奪われやすい働き方という点でも、精神的に将来きついです。

 

そもそも単純作業は誰でもできるので「機械を上回る手仕事や精緻な職人技」にでも昇華しない限り、機械に取って変わられる可能性が非常に高いのです。

 

しかもヒューマンエラーがない分、一定の同じ作業を淡々と繰り返すのは機械の方が優れていることが多い上、人件費を払うより機械を導入した方がコストが低くなるケースもあるわけです。

 

 

必然的に単純作業の工場のライン作業を続けていくと、将来的に何もスキルや経験を活かせる生き方がなく、機械に未来を潰されてしまうリスクもあるのです!

 

2045年のシンギュラリティ

目次 4

 

そして製造業従業員がいらないと言われる決定的なタイミングが、2045年のシンギュラリティです。

 

シンギュラリティ(技術的特異点)とは「人間の能力をAIが上回り始めるタイミング」と言われる現象です。

 

 

要するにあと20数年で「人間よりAIに任せたほうが良い」という時代になるので、その時はAIに人間が完全敗北するのです。

 

※もちろんこれは「製造業従業員」に限らず、基本的に機械に置き変わる仕事全般に言える事です。

 

\【残業・休日出勤対策】1秒でも多く自分の時間を取り戻すノウハウ関連記事はこちら!/

製造業メーカーはオワコンでやめとけ?勤務利点

目次

 

諒

ではまずはじめに、製造業メーカーはオワコンでやめとけ?勤務利点についてご紹介していきます。

 

ライン作業は精神的に楽

目次 1

 

まず結論からお伝えすると、ライン作業は精神的に楽です。

 

今まで複数の職種を経験してきた僕から言っても、工場のライン作業は「営業のような無理難題を吹っかける面倒な顧客ストレスはない」「WEBライターのようにカツカツ動く効率重視さはない」です。

 

 

もちろんどの職種の問題も、慣れてしまえば適応できるのですが、淡々と「目の前の工程に向き合い続けるだけ」で済むライン作業は、精神的なダメージをそれほど受けません。

 

そもそも目の前の商品がこちらにダメ出ししてくることも無ければ、ラインのスピードが繁忙期だからと言って急に加速したりはしないですからね♪(笑)

 

 

そしてここからは、そんなライン作業の「精神的に楽な具体的理由」をご紹介します。

 

簡単業務が多くて難易度が低い

目次 2

 

簡単業務多くて難易度が低いのが、一番精神的に楽な理由です。

 

例えば僕の場合は「社会人慣れするリハビリ+東京上京資金の貯金」を目的として、工場のライン作業で1年アルバイトしました。

 

実際「言われた作業を淡々と繰り返し続ける仕事」なので、一度慣れてしまえば簡単ですし、ある意味「誰でもできる仕事」と言えます。

 

 

そのため「うつ病経験者やニートを長く続けていたなど、いきなり難易度の高い仕事に就くのにはハードルを感じる人」にとっては、おすすめの職業と言えます。

 

人間関係ストレスが少なくて楽

目次 3

 

人間関係ストレスが少なくて楽なのも、精神的に楽な理由です。

 

そもそも仕事自体、各工程は独立した作業を続けるだけなので、会話をする機会もほとんどなく、作業が終われば帰宅するだけなので接点は休憩時間くらいです。

 

そのため「組織の人間関係に埋もれるのがイヤだ」「面倒くさい人間関係はゴメンだ!」という人にとっては、この働き方は精神衛生上とても良いです。

 

時間通りに仕事を終えられる

目次 4

 

時間通りに仕事を終えられるのも、精神的に楽な理由です。

 

一般的な会社勤務の仕事は、各個人で退勤時間がバラバラになるものですが、工場のライン作業は「ライン停止」で仕事が終わるので、キッチリした時間で終わります。

 

また24時間交代制のライン作業であっても、交代時間に入れ替わることができるので、ズルズルと終了時間が伸びるということはないでしょう。

 

 

そのため「●時に帰れる」となって時間が大きくズレることがないので、仕事終わりの予定が立てやすいとも言えるのです。

 

製造業はオワコンでやめとけ?生き残り術

目次

 

諒

では次に、製造業はオワコンでやめとけ?生き残り術についてご紹介していきます。

 

職人レベルまで昇華する

目次 1

 

職人レベルまで昇華することで、その工程で無くてはならない人物になるのもアリです。

 

どんな仕事でも極めれば「なくてはならない人」になることはできるので、そこまでレベルUPすれば地獄は抜けられます。

 

ただし「その仕事が数十年必ずあり続ける保証はない」ので、あまり「他の人や機械に替えがきかない分野」に精通しておいた方が良いとも言えます。

 

管理職にステップアップ

目次 2

 

現場作業を卒業して、管理職にステップアップするのもおすすめです。

 

マネジメントはどんな会社でも必要とされるスキルなので、その経験を積んでいくのは職務経歴上も大きなプラスにできます。

 

そのため「人を動かして管理するマネジメント経験」を積める将来像があるのであれば、今の場所でステージアップしていくのもアリでしょう♪

 

\【上司に腹が立つ】パワハラを現実から消滅するコツ関連記事はこちら!/

まとめ

 

諒

以上が製造業メーカーはオワコンだからやめとけ!将来のリスクや辞めたい方向け転職術のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

 

適職診断@おすすめ3選

向いてる仕事 適職診断
適職で生きていない時の悩み


今の仕事を一生続けていける自信がない…。

今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

もっと好きで得意な仕事で生きることは出来ないのかな?

適職に転職した人の話や体験談を読みたい♪





そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分に向いている適職の見つけ方」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/