メーカー営業 楽

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「メーカー営業の役割って楽?」「メーカー営業マンのやりがいやホワイト企業転職先を見つけるコツを知りたい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕もメーカー営業の仕事が楽と感じて自動車業界・通信系IT業界にて活躍した経験があるので、今のあなたの気持ちが痛いほどよく分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「メーカー営業が楽な理由と、ホワイト企業の見つけ方」を具体的に紹介します♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

メーカー営業が楽な理由

営業 セールス

 

では次に、メーカー営業が楽な理由についてご紹介していきます。

 

顔馴染みの取引先がメイン

上司 先輩

 

顔馴染みの取引先がメインなのが、一番の楽な理由です。

 

なぜなら大抵の場合「会社間で関係構築できている」ので、よほどあなたの営業能力に問題がない限り「契約終了や取引解除」にはならないからです。

 

そのため「営業未経験者」など、一から営業として成長していきたい場合には、とてもおすすめの業種と言えるのです。

 

取引先も同業種なので話が早い

残業 辛い

 

取引先も同業種なので話が早いという楽さもあります。

 

新規開拓などで1から顧客説明をしてみると分かりますが、その商品やサービスを理解してもらうための「言語や考え方」から説明しなければならない時があるので、苦労が多いのです。

 

 

もちろん「営業能力向上」という意味では鍛えられるのですが、「ゴネる割に理解が遅い顧客」に当たった時はストレスが大変ですから…。

 

※とはいえエンドユーザーへの説明に同行して欲しいと言われるケースもあるので、その時は1から説明する必要があったりします

 

ノルマが比較的達成しやすい

成長

 

ノルマが比較的達成しやすいのも楽な理由です。

 

僕は新規開拓営業も経験したことがありますが「毎月or毎年0から成果を作っていく」のは本当に大変です…。

 

 

その点ある程度安定的な売り上げが上がってくるメーカー営業であれば「既存7〜8割・新規2〜3割」程度のイメージで目標達成できます。

 

※業界や業種によりある程度変動すると思いますが、個人的にはこのようなノルマ感覚で達成していました

 

 

そして中には100%既存顧客の企業もあるので、そういった会社に入社できれば営業としてかなり楽だと思いますよ♪

 

とはいえ「取引先が怖いorキツい」など、ネガティブな担当に当たってしまった場合はシンドイですが…。

 

休日が比較的豊富

睡眠

 

会社や業種にもよりますが、休日が比較的豊富という楽さもありました。

 

例えば僕の父はトヨタグループに勤めていましたが「祝日がない代わりに長期休暇が長いトヨタカレンダー」で働いていました。

 

他にも僕が通信系IT営業で働いていた時も「土日祝休み+大型連休あり」で休みが一番多かったです。

 

 

平日休みやシフト制で働いたことがある人なら分かるのですが、翌日が仕事だと地味に疲れが取れなくてキツいんですよね…。

 

なぜなら僕が平日休みで働いた時には、1ヶ月に一回「週6日勤務」になる週があったり、「火金」「月木」など、中途半端な1日休みしかなかったのです。

 

そのため休みの日も「翌日は仕事だ…」というイヤ感を感じながら休んでいたので、休み切れた感覚が少なく「完全週休二日制(土日休み)」よりストレスが多かったです。

 

 

※ちなみに休みに関しては、以下のような取り決めが求人ルールに定められているので、転職する場合は参考にしてください。

 

休みに関する求人記載ルール

週休二日制=月に1回以上週2日休日取得できる(1ヶ月4〜5週の内、1回以上2日休みがあれば該当)

完全週休二日制=毎週必ず2日の休日をどこかで取得できる(週7日の内、各週どこかで2日休めば該当)

完全週休二日制(土日)=毎週必ず土日に休日を取得できる

完全週休二日制(土日祝)=毎週必ず土日に休日を取得+祝日も休める

休みに関する求人記載ルール補足

いずれの休日形態でも「年間休日日数●●日」という合計休日数が記載されているので、その日数により勤務日数の多さが分かる

最長=「年間休日125日」で、土日祝休み+夏季休暇・年末年始休暇などを含む

一般的=「年間休日110日」で、土日休み+祝日出勤or祝日休みで土曜に出勤変更

最短=「年間休日105日」で、労働基準法ギリギリの働き方

残業が比較的短め

残業

 

僕がいた会社の話ですが、残業が比較的短めという楽さもありました。

 

IT業界は創業が浅い企業も多いので、残業が多かったり働き方がメチャクチャな所もありますが、僕の場合は歴史ある会社だったので「残業抑制」にうるさかったです。

 

そのため平日でも19時〜20時には退勤できていたので、プライベートの予定を少しは入れられる余裕がありました♪

 

 

ただし勤務中は1分1秒を争うような働き方だったので、落ち着けるのは電車に乗って移動している時と休憩時間くらいでしたが…。

 

社内にスペシャリストがいる

本

 

営業マンとして活躍した僕の意見ですが「メーカーは自社製品・サービスを開発している」ので、社内にスペシャリストがいる楽さもありました。

 

つまり「分からないことや不明点は社内の人間に聞けば解決できる」ので、メーカーや開発元に問い合わせるという「余計な手間」が省けたからです。

 

もちろん社内でその人間を捕まえなければならなかったですが「身内の人間」に聞く方が「社外の人間」に聞くより突っ込んで質問できたのです。

 

 

そのため「大元・源流にいると強いな…」「代理店は説明があやふやになって大変だな…」と、その時本当に強く感じさせられましたから。

 

メーカー営業が楽じゃない理由

上司 嫌い 細かい

 

では次に、メーカー営業がが楽じゃない理由についてご紹介していきます。

 

※僕は某官公庁系の通信IT企業で「代理店向けに自社商品・サービスを売るメーカー営業」として活躍した経験があります。

 

無形商品で現物がない

クラウド

 

無形商品で現物がないのがきつい原因です。

 

車や家電など、手に取って触れるものは五感に訴えることができるので説得力がありますが、IT商品は形がないので「資料やデータ」でしか紹介できません。

 

もちろん「HPやシステム」を見せたり、通信であれば「スマホなどで実際の商品を見せながら伝える」ことが出来るケースもあります。

 

 

しかしそれでも商品を実際に見せられないケースも多いので、その場合は顧客への説得力が心細いと言えるのです。

 

新商品・サービスの変化が激しい

スマホ SNS

 

新商品・サービスの変化が激しいのもきつい原因です。

 

IT業界は「ドッグイヤー(犬の寿命は人間の1/7と言われており、IT業界は他業界の7倍の速さで進化)」と言われています。

 

そのためドンドン新商品やサービスが出てくるので、それを覚えるのも一苦労です。

 

 

若い世代の時は物覚えも良いので問題ないかもしれませんが、年齢を重ねていくと新商品について行き続けるのはキツいものがあるようです。

 

先ほど「スペシャリストの同行ができるのは楽」とお伝えしましたが、同行できない場合は自分で処理しなければならないので、その点が難しかったです。

 

※ちなみに僕のいた会社では「年齢を重ねるほど固定回線などの変化が少ない商材部隊」に行くなど、それなりの対処が行われていました。

 

奥深い基礎知識の勉強が必要

本

 

奥深い基礎知識の勉強が必要なのも楽じゃない原因です。

 

もちろん全て専門のエンジニアと営業できれば良いのですが、そうではない場合もあるので自己学習が必須だったのです。

 

 

そしてとくに「ITはプログラミング言語などの専門知識」「通信系も専門用語のオンパレード」なので、とにかく覚える分野が奥深いです。

 

実際僕も「セールスエンジニア」として活躍する流れになって行ったのですが、顧客によって知識レベルが異なるので、その対応が大変でしたから…。

 

ITに強い顧客だと知識が大変

仕事 覚えられない 怒られる

 

ITに強い顧客だと知識が大変というきつさもあります。

 

なぜなら「情報システム部」「エンジニア」へのプレゼンの場合、かなり奥深くまで突っ込まれるので手に負えない時があるのです。

 

もちろんこちらも「専門のエンジニア」と同行して来訪できれば良いのですが、それが出来なかった場合の営業はかなり地獄です。

 

ITに疎い顧客だと説明が大変

仕事 吐き気 辞めたい

 

ITに疎い顧客だと説明が大変というきつさもあります。

 

歴史の古い会社や情報システム部がない会社だと、IT知識に疎い人しかいないので、かなり初心者レベルから説明しなければならなくなります。

 

さらにシステムやサービスを社内で周知するために「利用の仕方を伝える説明会などが必要になったりする」事もあります。

 

 

IT系にある程度耐性がある会社や、情報システム部がある会社は、そこが社内説明を巻き取って対応してくれたりしますが、そうでない場合は手間がかかるのです…。

 

競争相手との見積り競争

仕事 辞めたい お金 ない

 

競争相手との見積り競争になりやすいのもきつい原因です。

 

独自サービスであれば商品の差別化がしやすいですが、僕のように「大手三社が独占してるスマホサービス」は、どうしても見積もり競争になりがちでした。

 

比較対象も「月額料金」「利用できるパケット通信量上限」など、それほど差別化できるものもないので、比較見積もり競争に流れ込む事も多かったです。

 

メーカー営業を辞めたい場合の職種転換

適職

 

では次に、メーカー営業を辞めたい場合の職種転換についてご紹介していきます。

 

なぜなら似た業種や職種では同じ転職原因にブチ当たる可能性が高いので、未経験から別職種にチャレンジするのもアリですよ♪(転職した結果、自分に合っていたりもしますから♪)

 

人前に立つ営業・販売職

営業 セールス

 

同じジャンルではありますが、人前に立つ営業・販売職がシフトする転職先としてあります。

 

改めて営業職を経験した立場から言わせてもらうと、職種を人前に立つ仕事に変えるメリット・デメリットは以下の通り。

 

人前に立つ仕事への職種転換メリット

コミュニケーション能力が確実に上がる

コミュニケーション能力は人間関係能力であり、時に言うべきことを言う力が付き、自尊心が高まる

インセンティブがあったり基本給が上がるなど、収入UPの可能性が高い

個人の仕事能力を上げることで、周りに合わせず早めに帰ったりも出来るようになる(営業)

人前に立つ仕事への職種転換デメリット

お金や商品のやり取りをベースとした人間関係で動くので、とにかくストレスが多い

面倒なことを言ってくる顧客に対してストレスが溜まる

上司や同僚に気が強い人間が増えるので、内勤職より人間関係問題のレベルが上がる

仕事ができないとかなり直球でダメ出しや悪口を言われる

 

このように良くも悪くも「人と関わる良い点と悪い点が思い切り表面化する」のが人前に立つ仕事の全貌です。

 

そのため離職率も高かったりするので「収入を上げたい!」「自分に自信をつけたい!」という確固とした目的がなければ、そもそも職種転換しない方が良いジャンルとも言えます。

 

経理・税務などの専門分野

役所

 

内勤の中でもより専門性の高い、経理・税務などの専門分野にステップアップしていくのもアリです。

 

とくに「他の人や機械に代替できる業務」は今後どんどんあなたの手を離れていくので、そうならない分野のスキルを蓄えるしかありません。

 

もちろん経理や税務が「人手のかかる作業からオフィスソフトに置き換わる懸念」もありますが、単純業務よりはもっと先の話です。

 

 

しかも「FP(ファイナンシャルプランナー)など、個人や企業のお金の悩みを解決する仕事」は、コミュニケーションして問題解決する必要性がある分、あなたにしか出来ない仕事になり得ます。

 

そのため「自分がずっと価値を提供できる誇りある仕事は何か?」という視点で、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

WEB系内勤職

SEO

 

個人的に営業や販売ほどストレスを抱えることなく、収入UPなどを目指せるWEB系内勤職がおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

まとめ

 

以上がメーカー営業は楽?経験者が語るメリット・デメリットや最強の転職術のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。