見込みがある 怒られる

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「見込みがあるらしくメチャ怒られる…トラブル状況をスグ終えるコツを知りたい!」

相談女性2

営業職で「お客様の取引先ニーズ把握」など、必要な社会人経験を積んだから、それらを活かせる「転職サイト登録」「転職エージェント」比較情報を紹介してほしい!

相談男性3

毎日幸福な生活を勝ち取り、人生の快適時間UP・年収UPなどをキャリアUPする為に「現実の生き方を変える戦略」「成長・勉強に夢中になれる適職」を見つけたい!

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「見込みがあるから怒られる経験」を何度も経てきた為、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「見込みがあるから怒られる時対策」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選



また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪


\大島諒一が「自尊心復興」+「安心・安全を取り戻した」プロフィール/




見込みがあるから怒られる【考え方】

目次

 

諒

ではまずはじめに、見込みがあるから怒られる【考え方】についてご紹介していきます。

 

怒るのは変わる期待があるから

 

大前提として「怒るのは変わる期待があるから」という視点が大切です。

 

つまり「レベル5の新人くんを、いきなりレベル30相当のダンジョンには行かせないから、徐々に怒って修正&レネルUPさせている」ということです。

 

成長

 

とくに社員を大切に思っている組織ほど「一歩一歩積み重ねていく大切さ」を意識した上司が、それに対応した仕事を割り振りながら、徐々にステップUPさせていきます。

 

上司

A案件と、B案件と、Cプロジェクトは任せた!

諒

おい!俺は超人じゃねーんだから、同時は無理だわ!

 

その為「いつも怒られる…」と落ち込みそうになった時にも「それを含めてこの仕事を担当させてもらってる」と思えば良いでしょう♪

 

※ただしブラック企業で「いきなりレベル5でも、平気でレベル30相当のダンジョンに行かせる」現実もあるので、その時は迷わず逃げましょう!

 

怒られる機会は人を成長させる

 

怒られる機会は人を成長させるという視点も大切です。

 

例えば、自転車に乗れるようになる訓練も、何回もコケる中で「自分のバランス感覚」が養われていき、コケる回数が減るor無くなるわけです。

 

仕事もこれと同じで、ベテランほどミスが少なくなっていくのは、業務に慣れていくというだけでなく「ミスしそうになるポイント」を分かっているからです。

 

 

しかも、責任者や「人間的な魅力・厚みを持っている人」ほど、チャレンジした経験や失敗経験が多かったりするものです。

 

同僚

すみません、この度のミスでご迷惑をおかけしました…。

諒

まぁ、色々怒ったけど、俺も若い頃は色々迷惑かけたし、次に活かしてくれればOKよ♪

 

その為「この失敗が自分を成長させてくれている」「このミスを経て、自分はさらに魅力的になれる」という視点を持てれば、怒られる事に対するネガティブさが緩和されますよ♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

怒られなくなったら見限られた

 

逆に、変なミスをしたり上手くいかなかった時に、怒られなくなったら見限られたと考えた方が良いでしょう。

 

そもそも、まだ上手くできない事に時間がかかったり、やったことがないことでミスをするのは仕方ないので、それよりも早く立ち直り再発防止するのが大事です。

 

チェックリスト

 

にもかかわらず、何度も同じ事を怒られていては「無能で頼りにならない」というレッテルを貼られるだけです。

 

その為怒られたら、いかに早く立ち直って「過ちを繰り返さない」ようにできるかの方が、よっぽど重要だったりしますよ♪

 

 

なお、仕事に関しては「テキパキこなせる効率化」「ミスを発生させて時間膨張させない管理術」が非常に大切です。

 

そして僕は、社会に出てから「残業月平均60h」だったところから、最終的に「残業0」を獲得した経験があります。

 

その為、以下のリンク先にて「定時で帰る仕事術」を詳しく紹介しているので、合わせて参考に使ってください♪

定時で帰る仕事術!優秀な人のなり方まとめ

 

見込みがあるから怒られる人【特徴】

目次

 

諒

では次に、見込みがあるから怒られる人【特徴】についてご紹介していきます。

 

怒られた点を改善しない

 

怒られた点を改善しないから、仕事ができない人扱いされるケースは多いです。

 

何度言っても改善する姿勢を見せず成長しない為、必然的に「叱る人の語気が荒ぶるケース」は多いものです。

 

 

ちなみに僕の場合は、以下のような指導で育ちました。

 

怒られた箇所の改善点

派遣 転職

  • 「初回のミスは仕方がない→2回目のミスはやり方記録・記憶に問題がある→3回目のミスは0にする」
  • 「1回目で作業手順を全力でメモ→2回目で抜けた部分や取りこぼしやすい手順を追加メモ→3回目からは完全にできる」

 

そもそも、逆の立場ならイヤですよね?「何度も同じことを言わせて、全く改善しない人に付き合う時間と行為」が…。

 

その為「作業手順orやり方のマニュアル化」を習慣にして「怒られないで責任を取れる仕組みを作る」のがベターです。

 

さらに「作業自体のミスを削減する習慣」も作って、抜けやミスがないようにする確実性向上の仕組みかも必要ですよ♪

 

上司や先輩への報連相が甘い

 

上司や先輩への報連相が甘い場合も、仕事ができない人扱いになるケースが多いです。

 

まずは念の為「報・連・相」について正しく理解できているか、以下を参考にしてください。

 

報・連・相

転職エージェント おすすめ

  • 報(報告)=既に完了した過去のことを伝える「●月までの●の件は既に終えました」
  • 連(連絡)=現在進捗中のことを伝える「現在進行中の●の作業は現状、50%進行済みです」
  • 相(相談)=未来の予定を伝える「来月予定の●社とのアポは、課長にも同行を願いたいです」

 

このように「現在・過去・未来」を切り分けて「上司などの責任者or関係各所に伝える」のが報連相です。

 

そして叱られやすい人は「作業を抱え込み、手がつけられなくなってから報連相するケース」が多いです。

 

 

しかし本当は「問題発生タイミング」ではなく「問題が発生しそうなタイミング」ですり合わせる必要があるのです。

 

家事で言うなら「もう燃えきった後or大出火」になる前の「ボヤになりつつある時」に、消防車を要請する感覚ですね…。

 

上司や責任者としても、問題が起こった時に「まだ未然に防げる状態で相談」を受けられれば、未然に防げる為、叱る必要もなくなりますから♪

 

リラックス

 

ただし「どうしたら良いでしょう?」という丸投げではなく「今後●なトラブルが想定され、■の対応をする気ですが、OKでしょうか?」など、自己案も添えましょう。

 

チームの責任者は上司ですが、該当業務の責任者はあなたですから、そこは「しっかり覚悟を持っている姿勢」で伝えないと、余計な叱られ要素を増やすだけですからね…。

 

※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

自己判断が多い

 

自己判断が多いから、仕事ができない人扱いされるケースも多いです。

 

とくに「初業務を未確認で実施する人」「責任を取る気がない逃げ腰の人」は、いつまでたっても落ち込む状況を引き寄せ続けます。

 

その為「一社会人として、問題ある行動や振る舞い」があるなら、早急に改善すべきでしょう。

 

メモや記録習慣がない

 

メモや記録習慣がないから、何度も相談したり手順を聞いてしまう結果、仕事ができない人扱いされるケースが多いです。

 

なぜなら、人の記憶は曖昧で「些細なミス&コミュニケーションエラーを発生させる可能性が高い」為、根拠や統一ルールがないと、いつまで経ってもミスを繰り返してしまうからです。

 

その為「記憶より記録」という習慣を持つことで、ミス激減が可能です。

 

段取り下手で時間膨張

 

段取り下手で時間膨張しているというケースもあります。

 

「そもそもタスクのスケジュール管理が下手」「どうでも良い仕事に時間をかけすぎる&重要な仕事が雑」など、全体的な管理能力不足というわけです。

 

時間

 

正直言って「段取り力=仕事ができるorできないの基準」と言える為、後ほど紹介する「段取り仕事術」を参考に、働き方を変えてみて下さい♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

残業・休日出勤などで後処理調整

 

段取り下手から派生しますが、残業・休日出勤などで後処理というケースもあります。

 

同僚

どうせこの仕事は終わらないんだから、サービス残業で終わらすしかないか…。

同僚 女性

休日出勤対応でやるしかないか…。友達との約束キャンセルになっちゃうな…。

 

このように「仕事が上手く達成できない→自分の予定を潰して対応→自尊心が減っていく悪循環スパイラル」に陥っているわけですね。

 

その為「●時までに絶対終わらせる!」「休日は絶対休む!」という覚悟と仕組み作り&段取り力UPで、悪循環から脱出しましょうね♪

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

大雑把でミスなどが多い

 

大雑把でミスなどが多いという問題点もあります。

 

例えば、僕はWEBライターに職種転換してから「記事執筆→PC画面orスマホ画面など、執筆時と違うレイアウトの第三者視点Wチェック」を行なっています。

 

なぜなら「同じ視点で見直していると“これで大丈夫”という慢心でミスを見逃しやすい」からです。

 

チェックリスト

 

その為「作業を終える段取りに、ミスのWチェックも含めておく」事で、仕事ができない状態からステージアップできますよ♪

 

急なトラブル対処が下手

 

段取り下手から派生しますが、急なトラブル対処が下手という問題点もあります。

 

そもそも「一杯一杯のスケジュール管理」だと、不測の事態に対応出来ず、結果として予定のスケジュールから逸脱してしまうケースがあります。

 

その為「60秒のチェック忘れが、60分のミス訂正時間に膨張する」と思って、事前にチェック漏れ対策を施した方が良いのです♪(やり方は後述)

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

嫌いor苦手な不適職勤務

 

嫌いor苦手な不適職勤務だからというケースもあり得ます。

 

そもそも、誰しも「好きor得意なもの」「嫌いor苦手なもの」があるはずです。

 

 

実際、僕も「数学・理科系が物凄く嫌い&苦手なのに、理系通信IT系セールスエンジニアとして働いていた時」は、毎日12時間近く働いていたのにずっと半人前でした…。

 

IT転職サイト おすすめ

 

しかし、その後紆余曲折あって転職系WEBライターに職種転換してからは「得意な文系(国語などの文章力&歴史などのストーリー知識)の好き&得意」を活かせるようになり、適職に到達しました。

 

その為、あなたもかつての僕と同じように「不適職で働いている為、仕事ができない状態が続いている」なら、適職診断&転職する事で、有能人財にシフトできる可能性がありますよ♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

見込みがあるから怒られる【謝罪術】

目次

 

諒

では次に、見込みがあるから怒られる【謝罪術】についてご紹介していきます。

 

言い訳や人のせいにせず事実報告

 

何を怒られたにせよ、言い訳や人のせいにせず事実報告する姿勢が何より大切です。

 

なぜなら、謝罪する上で一番見苦しいのが、根暗な言い訳だからです。

 

諒

「でも…だって…●●だったら…●●であれば…」

 

この場合も「すでに問題を抱えている」という怒られる要素に「怒られた事実を真摯に受け止めていない」という怒られ要素が追加されてしまいます。

 

頭痛

 

さらに「キャパオーバーの仕事を振っていたなら、上司や会社にも責任がある」わけですが、それはあくまで「自分を責め過ぎる場合」の話です。

 

そもそも「すでに上司や先輩が怒って感情的になりやすい状態になっている」という「視点」を忘れてはいけません。

 

その為、あくまでも「自分の●●な点がミスを引き起こしました、申し訳ありません」という姿勢で一貫した報告をしましょう♪

 

対処や再発防止策も考えて伝える

 

ただ単に謝るだけではなく、対処や再発防止策も考えて伝えるのがオススメです。

 

そもそも、全く何も考えずに報告されても「お前は怒られてから何もしていなかったのか?」と思われてしまいます。

 

 

しかも「無能な人ほど言われたことしかやれないor言われたことすらやれない」ので、余計に上司や会社からの評価を落としてしまいます…。

 

減少

 

その為、以下のような対処や再発防止策も伝えましょう。

 

諒

自分は今回のミスに対して、●●な対応をしようと思うのですが

同僚

次に同じミスを繰り返さないように、自分は●●の再発防止策を実践しますor仕組み化します

上司

分かった…。それで良い。次は気をつけろよ?

 

それでOKであればGOサインが出ますし、ダメなら「●●したほうが良い」というアドバイスをもらえるはずです(しかもミスに対する真摯な姿勢も伝えられます)

 

受容力

 

もちろん、再発防止策はある程度ミス対策が落ち着いてから報告すればOKですが、少なくとも「すでにある程度決めておく」必要があります。

 

再発防止策の例

柔軟性

  • 指差し確認を行う
  • チェックシートを作る
  • 重要な文章送信などが不安なら、上司や先輩に相談した上で送る など

 

このような「再発防止策を決めておく」ことで「ミスを起こさないためには、どうするつもりだ?」と聞かれた時に、スムーズに返答できますよ♪

 

※なお、以下のリンク先にて「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

見込みがあるから怒られる【改善対策】

目次

 

諒

では次に、見込みがあるから怒られる【改善対策】についてご紹介していきます。

 

メモをとって重要事項を見える化

 

メモをとって重要事項を見える化するのは、非常に大切です。

 

そもそも、人の記憶は非常に曖昧なので、会議や打ち合わせ・アポなどで「聞いたこと」は、記憶だけで残しておくのは非常に危険です。

 

 

実際、僕も「覚えておく」程度の裏付けで対応していた時は、良く上司や取引先と認識がズレてトラブルになることがありました。

 

申請

 

しかし、メモを取るようになってから「●●の時に●●と言っていましたよ?」という証拠にもなり、上司や取引先の方向性とズレなくなりました。

 

上司

大島!A社への再アプローチの件はどうなった?

諒

課長!その顧客へのアプローチは、来月まで保留にしようって仰ってましたよ?ほら、俺のスケジュールに書いてありますから♪

上司

おぉ?そうだったか…。すまんすまん。また、進捗があったら聞かせてくれ。

 

さらに上司や取引先が、過去に言っていたことと異なる発言・方針を示した場合にも「これ前と違いますけど、大丈夫ですか?」と逆提案できる武器にもなります。

 

その為「会議や打ち合わせ・アポにはメモを取る癖」を付けておくことで、自己防衛の手段にもできるのです♪

 

手順を明確にしてミスを防止

 

手順を明確にしてミスを防止するのもオススメです。

 

そもそも、ミスが多い人の特徴として「その場その場で手順や流れを変えるクセ」が強い傾向があります。

 

 

その為「具体的な手順を決めたマニュアル」を自分で持っておくことで、ミスを減らしたり、いつもと違う流れの違和感に気付けるのです。

 

手順を明確化してミスを防止する例

継続力

  • チェックシートを作って手順を見える化
  • 指差し確認して、冷静にチェックする など

Wチェックや相談を習慣化

 

Wチェックや相談を習慣化するのもオススメです。

 

取引先へのメールや仕事手順の流れなど「自分ではOKと思っていても、第三者から見ると足りない点や改善点が見える」ことがあるのです。

 

 

とくに「該当業務の経験値があなたより高い人」であれば、それが見えやすいものです。

 

現実思考

 

「忙しいから断られる」可能性も否定はできませんが、ミスしてチームに損害が出るより良いという場合もあるので、言うだけ言うのがオススメです♪

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

見込みがあるから怒られる【状況改善】

目次

 

諒

では次に、見込みがあるから怒られる【状況改善】についてご紹介していきます。

 

※あまりにストレスが強い状況が続くなら「異動・休職・適職への転職」などを考えるのもアリですよ♪

 

信頼できる相談先に申告

 

今の仕事を続けていくことに不安や強いストレスを感じているのなら、信頼できる相談先に申告がベターです。

 

信頼できる相談先

俊敏性

  • 会社の相談窓口に内部通報
  • 人事の責任者に訴える
  • 上司を頼る

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

人事担当者や上司であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

異動願いを試みる

 

理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

適職 不適職

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

その為ネガティブな話だけではなく、「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

諒

前線の営業で活躍するよりも、フォロー側の制作業務のほうが自分を活かせると思います!

上司

そうか…。じゃあ検討してみるか♪

 

転職準備を始める

 

転職準備を始めるのも非常におすすめです。

 

なぜなら、自分の強みを活かせたり、自分に適した環境にシフトできれば、快適・幸福度がだいぶ上がるからです♪

 

貯金 成長

 

例えば、同じ学校に通っていても「数学が好き」「理科が得意」「国語なら任せて♪」「日本史なら自信がある」など、好きor得意な傾向は異なるわけです。

 

仕事もこれと同じで「自分が好きor得意な業種・職種・会社」にマッチしているほど、ストレス少なく現場に向き合えるわけです。

 

実際僕は、文系大学・経営学部卒にも関わらず、IT系通信営業のセールスエンジニアとして働いていた時は、毎日が地獄のような苦痛でした。

 

 

なぜなら「配線図やルート設計図の制作」「通信料配分の計算」など、自分が嫌い&苦手で拒否したはずの「数学&理系的業務」ばかりだったからです。

 

諒

毎日夜遅くまで働いているのに、半人前レベルから抜けられない…。

 

しかし、本来自分の適正に合っていたWEBライターに転職してからは、通信営業時代のストレスが嘘のように快適な仕事人生を確立できたのです♪

 

諒

あ〜♪仕事って楽しいぜ♪

 

このように「自分の長所・強み」を見つめ直すのも大切ですし、今の辛い環境から脱出するために、転職サイトで情報収集を始めるのもおすすめですよ♪

 

 

なお、僕が実際に「自分が働きやすい環境・働き方」に到達する上で、とても参考になったのが「適職診断」です。

 

これは「自分の得意・不得意を棚卸しできる」「自分が認識していなかった強みが理解できる」ため「社会人の自己分析・他己分析」と言えるものです。

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

 

 

また合わせて「20代向け転職サイト=RE就活「全年齢向け転職サイト=リクナビNEXT」に関しても、各々紹介している為、こちらもご参考に♪

Re就活の求人口コミ・評判!適職診断体験談などまとめ

リクナビネクストの口コミ・評判!適職診断体験談まとめ

 

僕の転職・退職体験談

転職サイト gif

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職



僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。


なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。


事務職で働いていて不安に感じていたこと

成長

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった



正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!


そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。




具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)


ルート営業 つらい

このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。




しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!



中途採用 放置 退職

そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪

失業後に4ヶ月かけて転職



また別の機会ですが、失業後に4ヶ月かけて転職した経験もあります。


この時は「失業保険即時受給=3ヶ月間月15万円程度」を受け取っていたのですが、その余裕に甘んじてダラダラ活動してしまい、貯金が底を付いてしまったのです…。


※「契約更新がある雇用(派遣/契約社員)は、契約満了後に最速で失業後2週間程度から受給開始できる」「正社員&自己都合退職は2〜3ヶ月給付制限がつく」


仕事 ミス 大損害

結局「お盆に実家帰省した折、両親から20万円をサポートを貰う→失業4ヶ月後に転職先決定」して、何とか窮地を脱しました…。


※正直言って、イオンのフードコートで両親に泣きながら「転職活動資金がないからお金を下さい…」と悔し涙を流した記憶が、今でも鮮明に残っています…。


涙 失業

そして、このように悔しい経験をした僕から言えることは、「自分の乗っている船(会社生活)が危機に陥った時、乗り換える船(転職先/稼ぎ先)を用意しておく」のが非常に大切です!


その為「転職ライター」「転職経験10回」「三職種以上」を経験した僕が、責任を持って「万一に備えた転職対策」について補足しておきます♪

辛い時は意欲が完全に0



まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


仕事量 少ない人

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!


保険を利用する安心例

祝日休みじゃない会社

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/




【職種転換+副業に最適】アフィリエイトブログ運営

アフィリエイトブログ

強烈な影響力のあるブログ TOPアイコン



また、今の所転職する気はないけれど「自分の力でお金を稼げるようになりたい!」「副業にチャレンジしたい!」方におすすめなのが「アフィリエイトブログ」です。


「初期投資0円〜3万円以内」「月額数百円〜3,000円以下」で稼ぐ環境を獲得でき、アルバイトの稼ぎでも維持できる為「初心者におすすめな最初の副業」として、自信を持っておすすめできます!


さらに、稼げるようになれば「会社依存の抑圧感覚を減らせる→上手く軌道に乗れば、会社員から独立できる(経験者談)」というメリットもあるので、挑戦しないのは損ですよ♪


\アフィリエイトブログの副業ノウハウはこちら/




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選



また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪


\大島諒一が「自尊心復興」+「安心・安全を取り戻した」プロフィール/




まとめ

 

諒

以上が見込みがあるらしくメチャ怒られる…トラブル状況をスグ終えるコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/