派遣 切られる 前兆

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「派遣社員が切られるクビ前兆は?派遣切り前兆からサバイブするコツを知りたい!」

相談女性3

「クビ・人員削減」に怯える事なく、無理な残業を押し付けられない「継続して安定した働き方が実現できる会社」に転職したい!また、適職を見つける診断方法を教えてほしい♪

相談男性3

「転職サイト登録」「転職エージェント」「ハローワーク」など、正社員の「おすすめ中途採用求人サービス」を紹介してください。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「派遣社員が切られるクビ前兆に何度も不安を感じた経験」がある為、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「派遣社員が切られるクビ前兆&状況改善のコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

派遣社員が切られるクビ前兆【種類】

目次

 

諒

ではまずはじめに、派遣社員が切られるクビ前兆【種類】についてご紹介していきます。

 

1ヶ月前までに宣告される

 

派遣切りが決定した場合、1ヶ月前までに宣告されるのが通例です。

 

なぜなら、一般的に「会社のルールとして1ヶ月以上前に退職に関する事柄を伝える」事になっているからです。

 

申請

 

そもそも、派遣社員とは「“派遣”されている社員」であり、社内常駐がイレギュラーな存在です。

 

その為「3ヶ月更新・2ヶ月更新・1ヶ月更新」など、違いこそありますが「どこかで派遣解除になるのが当然の雇用」という事実を、受け入れた方が良いでしょう。

 

景気悪化で派遣切り

 

景気悪化で派遣切りされる時は、定期的に社会問題化しています。

 

残念ながら「リーマンショック・コロナ渦など、景気悪化時にクビにしやすい」のが、派遣社員雇用する会社のメリットです。

 

その為、今後も「何らかの景気悪化で、派遣切りが社会問題化する可能性は高い」という事実を受け入れたほうが良いでしょう。

 

人件費削減で派遣切り

 

あなたが勤めている会社でのみ、人件費削減で派遣切りにあうケースもあります。

 

例えば「5年継続勤務後は、無期雇用義務が発生する」為、その前に派遣切りする悲惨な例は沢山あります。

 

 

他にも「会社の業績が悪い為、派遣常駐で“延命治療しているようなゾンビ企業“」など、派遣を都合よく利用しているケースがあります。

 

減少

 

幸い、WEBデザイナーやエンジニアなど「勤務経験UP=実績が上がる職種」なら、派遣勤務メリットもあります。

 

しかし「誰でもできる、代替制の高い事務職」「不況ごとに一斉派遣切りする期間工」などは、デメリットが強い為、早めの状況改善すべきですよ!

 

個人の問題で派遣切り

 

景気や会社に関係なく、個人の問題で派遣切りされるケースもあります。

 

これに関しては、単純にあなたの問題の為「今後改善するか?」「派遣切りされないような働き方を実現するか?」しかないでしょう。

 

※具体的な「個人問題の派遣切りケース」については後述

 

 

なお「転職後の自信喪失対策」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

派遣切りで切られるクビ前兆【雰囲気】

目次

 

諒

では次に、派遣切りで切られるクビ前兆【雰囲気】についてご紹介していきます。

 

上司や周りがよそよそしい雰囲気

 

上司や周りがよそよそしい雰囲気になっていることがあります。

 

実際、僕がクビになった時にも、上司や周りの人が「この人はもう関係ない人」という空気を纏っていました。

 

その為「最近、上司が目を合わせてくれない…。」「周りの人との距離を感じる…。」と感じるなら、次の更新がない可能性は高いです…。

 

上司が露骨に冷たくなる

 

上司が露骨に冷たくなるというケースは多いです。

 

とくに「身内に優しいタイプの上司」ほど、部外者と認識してから、急に距離を感じるケースがあるものです。

 

受容力

 

ちなみに僕も、このようなタイプの上司に出会ったことがあります。

 

具体的には、組織内にいた時は「君は優秀な営業マンになれる!」と励ましてくれたのに、更新がないと分かった途端、ほぼ話さなくなりましたからね…。

 

上司

大丈夫!君なら更新されるよ♪

↓更新なしが分かった後

上司

…………。

 

その為、分かりやすい位「上司との心の距離が空いた」と感じるなら、契約更新がない予兆の可能性が高いのです。

 

上司が露骨に優しくなる

 

上司が露骨に優しくなるパターンもあります。

 

ちなみに僕はこの経験もあり、組織にいる時は「毎日上司からパワハラ叱責」を受けていたのに、更新がなくなったら「大島くん…。」と他人行儀になりましたから(苦笑)

 

涙 失業

 

その為、急に優しくなった上司が気持ち悪いと感じる時には、契約更新がない予兆と言えるのです。

 

※なお「理不尽なパワハラ上司に一矢報いたい」場合は、以下のリンク先情報もご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

正社員賞与が減ったor0になった

 

正社員賞与が減ったor0になったという雰囲気もあり得ます。

 

そもそも「賞与(ボーナス)とは、会社が稼げたから払えるお金」のため、それが出ない場合は「人件費削減を始めた」と言えるのです。

 

減少

 

その為、正社員組の賞与に異変があった場合には、その次に「非正規解雇が行われる可能性」は非常に高いと言えますよ。

 

今後についての面談が組まれた

 

今後についての面談が組まれた場合も、契約更新されない予兆です。

 

具体的には「派遣会社=担当営業から宣告」がありますし「紹介予定派遣=直属の上司から宣告」があります。

 

頭痛

 

今まで頑張ってきたのに「何らかの理由でクビを宣告される」のって、本当に辛いんですよねぇ…。

 

僕もこの経験がありますが、会議室で契約更新しないと宣告を受けた後は、思わずトイレに駆け込んで泣きましたからね…。

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

任される仕事が減ってきた

 

任される仕事が減ってきた場合も、契約更新されない雰囲気の一つです。

 

なぜなら「あなたルートで仕事を捌かなくなる準備」に入っているからです。

 

否定 拒否 NO

 

もちろん「単純な閑散期」「チームに仕事が無い」なら気にする必要はありませんが、あなただけ減っているのであれば、契約更新しない前触れと言えるでしょう。

 

 

その為、自分のキャリアを安定させるためには「どこで働いていても自尊心を保てる“適職”経験」を育むしかありません。

 

実際僕は「どこで働いていても不安な営業職」から「自分の個性を生かし、自尊心をドンドン育めるWEB制作者」になってから、幸福度が激増しましたから♪

 

その為、以下のリンク先にて「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「転職サイトおすすめランキング」を紹介している為、合わせて参考に使って下さい♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

派遣切りで切られるクビ前兆【会社問題】

目次

 

諒

では次に、派遣切りで切られるクビ前兆【会社問題】についてご紹介していきます。

 

不景気による人件費削減

 

不景気による人件費削減が、一番多いパターンです。

 

そもそも、派遣社員は「組織外部から“派遣”されている社員」なので、いないのが通常の状態です。

 

その為、会社の経営状態が悪化したり、人員整理する場合、一番最初にクビにされるのが派遣社員です。

 

派遣社員が常駐する理由

 

そもそも、派遣社員が常駐する理由を理解すれば、更新されない事実も納得できます。

 

なぜなら、派遣社員が常駐している組織は、大きく以下の3つのパターンに分かれるからです。

 

派遣社員が常駐している組織

現実思考

  • プロジェクト単位で「派遣社員・フリーランス」などを集めて組織構成し、プロジェクト終了後に解散(ITエンジニア系に多い)
  • 会社の経営状態が悪化しており、人員削減の代わりに即戦力&人件費の安い派遣社員を常駐化(古い会社に多い)
  • 会社が成長軌道に乗っており、人材育成が間に合わない為、即戦力の派遣社員をしばらく常駐化

 

僕はいずれの常駐経験もあるのですが、とくに「会社の経営状態悪化パターン」はかなり悲惨です…。

 

なぜなら「正社員採用をチラつかせながら、正社員が働かない穴埋めをさせられている可能性」が高いからです!

 

上司

頑張り続けてくれたら、正社員の道もあるかもしれないよ〜♪

諒

あ?テメェがもっと働けよ?俺は一生お前に付き合うつもりはない!

 

その為、一生懸命働いても、組織の売上は減っていく為、遅かれ早かれあなたはクビになる可能性が高いのです…。

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

老害企業が多い問題の真因

 

ちなみに「人件費削減のために、派遣社員を“延命用に使い捨てている”老害企業が多い問題の真因」についても補足しておきます。

 

そもそも、経済世界には「70年周期説というバイオリズム」があるとされており、10年〜20年に1回は不景気が到来し、70年で組織は一新すると言われています。

 

※70年周期説=70年ごとに「制度破壊」や「価値観崩壊」が起こり、経済も上下を繰り返す

 

日本の70年周期説例

社交性

  • 2020年=新型コロナウイルス蔓延(何かの崩壊)
  • 1945年(75年前)=日本軍敗戦(帝国主義・財閥の崩壊)
  • 1867年(78年前)=大政奉還(徳川幕府体制の崩壊)
  • 1600年(267年(70年×3-13年))=関ヶ原の戦い(戦国時代の終焉)

 

このように「70年後の±10年」の間に「今まで主流とされてきた生き方が終焉を迎えている」わけです。

 

つまり「70年前=財閥人や帝国軍人」「140年前=侍や士族」が頂点を極めていたのに、それが突発的or徐々に崩壊したわけですね♪

 

自立

 

そして個人的には、2020年からのコロナウイルスが「会社に依存する“終身雇用時代の崩壊”」だと思っています。

 

つまり、派遣社員は「70年前=軍部・財閥に虐げられた国民」「140年前=幕府に反旗を翻した下級士族」の扱いと同じなわけです。

 

この事からも「これから沈んでいく組織」に波長を合わせ続けるのは、ある意味自殺行為と言えますよ!

 

減少

 

もちろん、全組織が該当はしませんが、これからは「超巨大組織or個人のフリーランス」という2極化が進んでいく可能性は高いですから♪

 

その為「成長できる組織の一員になる」「自ら適職で稼げるようになる」のが、派遣社員の生き残る道だと思っています。(僕が選んだのは後者)

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

会社自体の人員削減や規模縮小

 

世の中の景気自体とは関係なく、会社自体の人員削減や規模縮小というケースもあります。

 

とくに大きな組織程この傾向があり、一番最初に人員削減されるのは「派遣やパートなどの非正規」です。

 

※僕は工場・期間工時代に、派遣切りされた方達が「再雇用せよ!」と横断幕を広げ、会社の前で叫んでいた光景を、今でも鮮明に覚えています。

 

高揚性

 

個人的には「誰でもできる仕事ほど、今後のリスクが高い」と思っている為、あなたも似た境遇であれば、手に職をつけるなり正社員を目指した方が良いでしょう。

 

派遣社員は会社のセフレ扱い

 

厳しい言い方をすれば、派遣社員は会社のセフレ扱いと言えます。

 

僕自身、何年も派遣社員で働いたから分かるのですが、結局のところ「派遣社員=会社が一生面倒見る責任を放棄している存在」なのです。

 

エンジニア 転職サイト ランキング

 

そもそも、恋愛で言えば「恋愛or結婚=相手と共に生きる覚悟」と決めています。

 

しかし、会社にとって派遣社員とは「気持ち良い事だけ受け取っている存在」の為、まさにセフレ扱いというわけです…。

 

上司

あぁ、君はもう来月から来なくて良いから…。

同僚 女性

一生懸命働き続けてきたのに、あんまりな仕打ちです!

 

その為「安定して働ける会社の正社員院ある」「一緒に成長したいと思う組織の正社員を目指す」「自らの力で生きていける適職で自尊心を育む」のが最善策と言えますよ♪

 

※なお「正社員転職サイトで情報収集」するのもおすすめな為、以下のリンク先も合わせてご参考に♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

繁忙期などのスポット採用

 

繁忙期などのスポット採用だったというケースもあります。

 

例えば僕は「大手ビジネス誌・営業マン」に転職した時、結果的に派遣切りされた経験があります。

 

※「半年後に契約社員登用もあった派遣契約」でしたが、僕の能力不足によりクビになったしだいです…。

 

営業職

 

このように「忙しい時期に人手が足りないから派遣を増員し、閑散期に入ったら派遣切りする」というケースは良くあります。

 

あなた個人に対する面談・クビ勧告

 

あなた個人に対する面談・クビ勧告というケースもあります。

 

「上司や同僚との折り合いが悪い」「勤務態度・能力に問題がある」「単純な人員削減」など、理由は千差万別です。

 

 

そして、予兆としては「振られる仕事が減ってくる」「引継ぎ要望が来る」など「あなたが居ない状態で仕事が回る手はず」を整えようとします。

 

柔軟性

 

その為、このような予兆を感じたなら、次の勤務先に目星をつけ始めた方が良いでしょう。

 

なお、具体的な転職先を考えるのであれば、生活基盤が安定する「正社員」を目指すのがおすすめです(時短勤務など“派遣と同様の働き方が可能な会社”は沢山あります)

 

そして、以下のリンク先にて「転職エージェント情報」を紹介しているので、ぜひ参考にして下さい♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

派遣切りで切られるクビ前兆【個人問題】

目次

 

諒

では次に、派遣切りで切られるクビ前兆【個人問題】についてご紹介していきます。

 

欠勤や遅刻が多い

 

欠勤や遅刻が多い為、契約更新されないケースはあります。

 

とくに「通常業務に支障をきたす」「社内の雰囲気を乱す」と判断された場合には、契約を打ち切られる可能性が高いです。

 

その為「一社会人として問題ある行動や振る舞い」に自覚があるのであれば、早急に改善したほうが良いでしょう!

 

業務が遅い・問題が多い

 

業務が遅い・問題が多い場合も、契約更新されない可能性があります。

 

なぜなら、会社の仕事は基本的にチーム戦の為、途中で分断するメンバーがいるのは、それだけで問題だからです。

 

終身雇用時代なら、それでも上手くやっていたかもしれませんが、残念ながら現代でそのような人間は、容赦なくクビにされますから…。

 

報連相がキチンと出来てない

 

報連相がキチンと出来てない場合も、クビになる可能性が高いです。

 

なぜなら先ほどもお伝えした通り、会社員の仕事はチーム戦の為、報連相で支障が出る人も問題だからです。

 

諒

お前?この問題が大きくなるまで、ミスを隠してたな?何で早く報告しなかったんだ!

同僚

すみません…。

 

まずは「報・連・相」について正しく理解できているか、以下を参考にしてください。

 

報・連・相

親密性

  • 報(報告)=完了した事・過去の事を伝える「●月までの●の件は既に終えました」
  • 連(連絡)=現在進捗中の事を伝える「現在進行中の●の作業は現状、50%進行済みです」
  • 相(相談)=未来の予定を伝える「来月予定の●社とのアポは、課長にも同行を願いたいです」

 

このように「現在・過去・未来を切り分けて、上司などの責任者や関係各所に伝える」のが報連相です。

 

継続力

 

そしてクビになりやすい人は「作業を自分で抱え込み、手がつけられなくなってから報連相する」ケースが多いです。

 

しかし「問題発生タイミングor問題炎上後のタイミング」ではなく「問題が発生しそうなタイミング」ですり合わせる必要があるのです。

 

※火事で言うなら「燃えきった後or大出火」になる前の「ボヤの時」に、消防車を要請する感覚ですね♪

 

柔軟性

 

上司や責任者としても、問題発生時に「まだ未然に防げる状態で相談」を受けられれば、怒る必要もなくなりますから♪

 

ただし「どうしたら良いでしょう?」という丸投げではなく「今後●なトラブルが想定されており■の対応をする気ですが、OKでしょうか?」など、自己案も合わせて添えましょう。

 

チームの責任者は上司ですが、業務責任者はあなたですから、そこは「しっかり覚悟を持っている姿勢」を伝えないと、余計なクビ要素を増やすだけですからね…。

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

怒られた点を改善しない人

 

怒られた点を改善しない人も、クビになりやすいです。

 

例えば僕の場合「初回のミスは仕方がない、2回目のミスは記録・記憶に問題があり、3回目のミスは0にする」という指導で育ちました。

 

 

即ち「1回目=作業手順を全力でメモ→2回目=抜けた部分や取りこぼしやすい手順を追加メモ→3回目=完全にできる」という状況を作るように心がけました。

 

派遣 転職

 

そもそも逆の立場で考えれば「何度も同じことを言わせて、全く改善をしない人」に付き合うのはイヤですよね?

 

その気持ちになって、自分がなるべく「要領良くこなせる存在になる」必要性があるのです。

 

諒

おい!これは、前も同じこと言ったはずなのに、何で改善してないんだ?

同僚 女性

申し訳ありません…。

 

その為「作業手順orやり方のマニュアル化」を習慣にして「自分で責任を取れる仕組みを作る」のがベターです。

 

さらに「作業ミスを削減する習慣」も作り、確実性を向上する必要もありますよ♪

 

上司や先輩に反抗的

 

上司や先輩に反抗的という理由で、契約更新されないケースもあります。

 

ちなみに僕は、このパターンでクビになった経験がありますが「上司とのケンカが頻発→精神科病院に行く→契約が3ヶ月・2ヶ月→1ヶ月更新に短縮される→自主更新拒否」となりました。

 

悠然

 

とはいえ、具体的には「女性上司との相性が非常に悪かった」のですが「ブラック企業として有名な組織のグループ会社」だった為、結果的には反抗&クビになって良かったと思っていますが(笑)

 

※なお「パワハラ上司に成敗したい」場合は、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

自己流や前職通りを続ける

 

自己流や前職通りを続けるから、というケースもあります。

 

「前の会社ではこうやってました!」「僕のやり方を通します!」というのは、ある程度慣れてきてからやるべき事柄です。

 

 

さらに「チームの結束を崩してまでやろうとする」なら、最終的には「じゃあ別の会社でやってくださいね♪」となるのは必然です。

 

中途採用 放置 退職

 

もちろん、場合によっては「自己流や前職のやり方のほうが効率が良い」かもしれませんが、ある程度慣れて、波風を立てても大丈夫な時にやった方が良いでしょう♪

 

勤務継続に問題がある

 

勤務継続に問題がある為、契約更新されないケースもあります。

 

実際、僕はこのパターンで「営業能力が足りない為、半年で契約更新しない」と宣言され、涙を流した過去があります。

 

残念ながら、こればかりは「一生懸命頑張っても改善できない可能性がある」為、その時は諦めて次の勤め先を探すのがベターです。

 

どこまでいっても受身姿勢

 

どこまでいっても受身姿勢だと、今後の勤務継続が問題となり、クビになるケースもあります。

 

そもそも、社会人に求められる能力で一番大切なものに「自発性」「自己決断力」があります。

 

その為、子供のように「何か導いてください〜」という受身姿勢が顕著な場合だと、独り立ちできるか不安になる為、雇用を打ち切る可能性は十分あるのです。

 

派遣切りで切られるクビ前兆【体験談】

目次

 

諒

では次に、派遣切りで切られるクビ前兆【体験談】についてご紹介していきます。

 

入社半年で出版社営業をクビ

 

僕には、入社半年で出版社営業をクビという経験があります。

 

具体的には、入社3ヶ月で辞めた自動車営業トラウマを克服する為に「大学の先生向けビジネス雑誌営業で、テレアポ&新規開拓7:ルート営業3」の仕事に就いたのです。

 

 

そして「半泣きになりながらテレアポの毎日」「恐怖を感じながら、新規開拓のドアノックローラー作戦」などを乗り越えていきました。

 

営業職

 

その結果、4ヶ月目でテレアポ成功した先生に「ゼミ生が買う決断を促す為、購入メリットプレゼンをして欲しい」と頼まれたのです。

 

そこは「観光系学部」だったのもあり、売る予定のビジネス誌から「観光系情報を引用」しながら、一生懸命プレゼン資料を作成して提案しました。

 

そして、プレゼンが終わった後に先生と別室へ戻り、以下のような感謝の言葉を伝えられたことを、今でも強く覚えています。

 

同僚

友人の中にも「ゼミで何か売らせて欲しい」と頼んでくるのがいるけど、今までは一切断ってました。でも今回大島さんにプレゼンをお願いして本当に良かった♪

諒

ありがとうございます♪(嬉)

 

このような感謝の言葉を戴けたことは本当に嬉しかったです♪

 

親密性

 

その後結果的に、そのゼミからは受注できなかったのですが、先生経由で紹介戴いた同学部の先生から受注が入り、初めてテレアポ成功体験ができました。

 

しかし、一生懸命努力し続けましたが、残念ながら「能力が我が社の基準に満たない」という理由にて、入社半年でクビになりました…。

 

入社2ヶ月で新規開拓営業退職

 

その後「出版社営業→通信系ルート営業」で働いた後、入社2ヶ月で新規開拓営業退職もあります。

 

具体的には、お金に困った為「入社がスグ決まると勧められて入った新規開拓営業の仕事」に就いたことがあるのですが、入社前の話と全然違い、2ヶ月で辞めました。

 

聞いた話と実態が全然違ったケース

減少

  • 入社前の事前情報=既にNTT系列で固定通信回線をご利用いただいている企業向けのwi-fiルーター提案営業(既存顧客向けの新商品案内)
  • 入社後の実態=渋谷の飲食店を食べログからリストアップした情報で、ひたすらローラー作戦(金の●、漫画喫茶マンボ●など、明らかにwi-fi設置店などもお構いなしに強制飛び込み)

 

この組織は「東京オリンピックに向けてwi-fiルーターを売り込んでみる」という実験営業部隊だったので、実態が固まっておらずムチャクチャでした…。

 

半年で辞めた医療系WEBライター

 

その後、適職診断や占いなどの結果を踏まえて、職種転換の一大決心を固めたにもかかわらず、半年で辞めた医療系WEBライターの経験もあります。

 

実は、独学で2年ほど個人ブログを制作していましたが、プロとしてお金をもらって記事を書くのは初体験だったのです。

 

カフェ

 

そして実際に入社してみると、色々なダメ出し・添削を受けてちょっと鬱(うつ)になったりしました。

 

営業はキャリア数年だった為「相応の自負」はあったものの、WEBライターとしては新卒同然だったので、かなり手痛い経験をしたんですよね…。

 

しかも「直属の女上司がヒステリー気味の厄介な姉ちゃん」だったので、1ヶ月に1回は口論になったり喧嘩になったのも、鬱っぽくなった原因です。

 

女上司

記事の質にムラがあり、良い時は感動するのに悪い時は手直しが必要なくらい悪い

諒

コッチは毎日一生懸命やっとるんじゃボケ!ムラなんか気にしとれんわ!アホか!

 

女上司

頻繁にトイレに行って席を離れているけれど、サボっているんですか?

諒

生理現象じゃボケ!そもそも席からトイレが遠すぎるんじゃ!改善を求む!

 

女上司

いつもギリギリに出社してますけど、もっと早く来ないとクビにしますよ?

諒

いやいや、遅刻ワーストに入ってるあんたが言うことじゃないでしょ?アホですか?

 

このような「添削攻めや喧嘩トラブル」が何回もあり、結局半年で自主退職することになりました。

 

とはいえ「自分の気持ちと正当性を伝える」という意味では、WEBライターという仕事に必要な能力だったので、神様からの引き寄せ&天啓だったと今では思っており、感謝しています♪

 

 

なお「20代前半の短期離職」であれば「第二新卒枠での転職」「若手未経験転職を募集している特化サイト利用」で、経済基盤を壊さず転職できる確率が上がります。

 

「業種・職種・企業」を変えるだけで、驚くほど働きやすくなるケースは多いので、3回以内の転職であれば、積極的に理想の働き方を追求すべきだと思います♪

 

そして、以下のリンク先にて「第二新卒転職サイトランキング」を詳しく紹介している為、こちらも参考にご活用ください♪

第二新卒/ニート/フリーター/既卒のおすすめ

  1. 第二新卒エージェントneo未経験1万人以上&18〜28歳22,500人支援実績で一番おすすめ♪
  2. UZUZ=平均12時間サポートで手厚く支援!アドバイザーは全員第二新卒or既卒経験者♪
  3. 第二新卒転職エージェントランキング=エージェントを一括ランキング比較したい場合はこちら

派遣切りされた後の対策例

目次

 

諒

では次に、派遣切りされた後の対策例についてご紹介していきます。

 

担当営業に他の勤務先紹介を受ける

 

担当営業に他の勤務先紹介を受けるのがオススメです。

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

 

その為「●●の会社は継続しにくい点(現場リーダーや仕事に問題がある)があるので、他の長く働ける場所に移りたいんです」といった「長く続けたい意思」も合わせて伝えるのがベターです。

 

失業保険受給して正社員を目指す

 

失業保険受給して正社員を目指すのもアリでしょう。

 

なぜなら「派遣社員は契約期間満了なら、“会社都合退職”としてスグ失業保険を貰える」からです。

 

 

もちろん、失業保険受給には一定の条件がありますが、お金をもらいながら転職活動できるのは、非常に大きなメリットと言えます。

 

 

もしくは「違う勤務先を再び紹介してもらう」「長期で働きやすい場所を探してもらう」のも、もちろんアリですよ♪

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「営業など僕の体験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

失業保険の受給方法

 

ちなみに念のため、失業保険の受給方法についてもご紹介します。

 

一般的に失業保険受給対象は、以下の通り。

 

失業保険受給対象

役所

  • 一般の離職者=離職の日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算12カ月以上
  • 特定理由離職者=離職の日以前1年間に被保険者期間が通算6カ月以上

特定理由離職者

感受性

  • 有期労働契約の更新を希望したが認められず離職した方
  • 出産や育児により離職し受給期間の延長措置を受けた方
  • 父・母の扶養や介護など家庭事情の急変により離職した方
  • 配偶者や扶養親族と別居生活を続けることが困難になり離職した方
  • 特定の理由で通勤が困難になり離職した方
  • 企業の人員整理などで希望退職者の募集に応じて離職した方

 

このような区分けですが、要するに「正社員=一般の離職者」「派遣・契約社員などで契約更新がある=特定理由離職者」といったイメージです。

 

そして派遣社員などの有期雇用は「契約期間満了=特定理由離職者」に該当する為「直近1年以内に6ヶ月以上被保険者(雇用保険支払い)アリ」なら、スグ失業給付を受給できます。

 

この場合は「派遣会社/勤務先企業から失業書類をもらう必要がある」のですが、他の派遣会社を利用したり、正社員就職前提であれば問題なく受け取れるでしょう。

 

親密性

 

ちなみに失業保険は「自己都合退職者=申請して約2〜3ヶ月(給付制限)+7日後」「特定理由離職者=申請して7日後」という違いがあります。

 

※7日間=失業状態チェック期間であり、その期間はボランティア・バイト・転職活動なども一切NG

 

 

その為「失業関連書類を受け取る→ハローワークで手続き→7日後から失業保険受給」すれば、退職翌月からお金を受け取れますよ♪

 

※とはいえ、僕の時とはルールが変わっている可能性がある為、ハローワークで「最新の正式手続き」を確認しておきましょう

 

失業保険受給の注意点

 

なお参考として、失業保険受給の注意点についても押さえておきましょう。

 

まず、失業保険は「雇用保険支払い期間」が一定期間ないとNGな為、給与明細に「雇用保険」というお金がキチンと引かれていたかチェックしましょう。

 

※「雇用保険支払いをゴマかすブラック企業勤めだった」「自分の想定より支払い期間が短かった」などのトラブルで、受給対象外という可能性もあり得るため

 

受容力

 

ちなみに「失業保険=給与(基本給/諸手当/残業代込み)の約6割程度=月給20万なら12万」であり、それほど余裕はない為、貯金があまり無い場合、転職先を早めに探しておくなどの「事前準備」が大事になりますよ♪

 

 

なお、僕はいきなり未経験転職したわけではなく、2年ほどブログ副業を実践していた結果、そのブログを成果物(ポートフォリオ)として転職することに成功しました。

 

その為、できれば職種転換する前に「スクールに通ってある程度基礎を固める」「独学で実力を育む」という期間が必要と言えます。

 

そして、以下のリンク先では、「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ!絶対バレない為の対策まとめ

 

僕の転職・退職体験談

転職サイト gif

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職



僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。


なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。


事務職で働いていて不安に感じていたこと

成長

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった



正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!


そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。




具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)


ルート営業 つらい

このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。




しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!



中途採用 放置 退職

そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪

失業後に4ヶ月かけて転職



また別の機会ですが、失業後に4ヶ月かけて転職した経験もあります。


この時は「失業保険即時受給=3ヶ月間月15万円程度」を受け取っていたのですが、その余裕に甘んじてダラダラ活動してしまい、貯金が底を付いてしまったのです…。


※「契約更新がある雇用(派遣/契約社員)は、契約満了後に最速で失業後2週間程度から受給開始できる」「正社員&自己都合退職は2〜3ヶ月給付制限がつく」


仕事 ミス 大損害

結局「お盆に実家帰省した折、両親から20万円をサポートを貰う→失業4ヶ月後に転職先決定」して、何とか窮地を脱しました…。


※正直言って、イオンのフードコートで両親に泣きながら「転職活動資金がないからお金を下さい…」と悔し涙を流した記憶が、今でも鮮明に残っています…。


涙 失業

そして、このように悔しい経験をした僕から言えることは、「自分の乗っている船(会社生活)が危機に陥った時、乗り換える船(転職先/稼ぎ先)を用意しておく」のが非常に大切です!


その為「転職ライター」「転職経験10回」「三職種以上」を経験した僕が、責任を持って「万一に備えた転職対策」について補足しておきます♪

辛い時は意欲が完全に0



まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


仕事量 少ない人

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!


保険を利用する安心例

祝日休みじゃない会社

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/




【職種転換+副業に最適】アフィリエイトブログ運営

アフィリエイトブログ

強烈な影響力のあるブログ TOPアイコン



また、今の所転職する気はないけれど「自分の力でお金を稼げるようになりたい!」「副業にチャレンジしたい!」方におすすめなのが「アフィリエイトブログ」です。


「初期投資0円〜3万円以内」「月額数百円〜3,000円以下」で稼ぐ環境を獲得でき、アルバイトの稼ぎでも維持できる為「初心者におすすめな最初の副業」として、自信を持っておすすめできます!


さらに、稼げるようになれば「会社依存の抑圧感覚を減らせる→上手く軌道に乗れば、会社員から独立できる(経験者談)」というメリットもあるので、挑戦しないのは損ですよ♪


\アフィリエイトブログの副業ノウハウはこちら/




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

まとめ

 

諒

以上が派遣社員が切られるクビ前兆はコレ!派遣切り前兆からサバイブするコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/