大企業 資料作りばかり

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「大企業は資料作りばかりのリスクあり?倒産予備軍からの大脱出方法まとめを知りたい!」

相談女性3

大企業病は「組織が社内ルールだらけ」で、社員がチャレンジしない環境?「社員がリスクを恐れる評価制度」が症状の原因だから「弊害を取り除く経営対策&業務改善」が必要?

相談男性2

顧客と従業員のコミュニケーション低下」が事業成長を阻む?「自社理念・ビジョンの現場浸透」が生産性変化に重要?「意思決定における風通しの良さ」がモチベーション安定化の鍵?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「大企業で資料作りばかりになった」経験者の為、あなたの気持ちが痛いほどよく分かります…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「大企業で資料作りばかりになるなどメリット・デメリット&対策」を具体的に紹介します♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

大企業は資料作りばかり【勤務問題】

目次

 

諒

ではまずはじめに、大企業は資料作りばかり【勤務問題】についてご紹介していきます。

 

自己裁量権が非常に狭い

 

自己裁量権が非常に狭いという側面があります。

 

なぜなら「すでに慣例・ルールが細かく決まっている」「上司への根回し・決済が無い場合、ほとんどお金や仕事を動かせない」という、ガチガチの老体企業に陥っているケースが多いからです。

 

その為「何をやるにも上司に稟議を回してお伺い」「自社商品の事を自由に決められない&発言できない為、いつも他部署の回答を待ってから行動」など、やる事なす事手間がかかります。

 

中途採用 新人扱い いつまで

 

その為「スピーディーに仕事をしたい!」「自分の責任で色々挑戦したい!」という僕みたいな人にとっては、地獄のような環境になってしまっているのです…。

 

年功序列組織は上ほど働かない

 

年功序列組織は上ほど働かないという側面もあります。

 

なぜなら「勤務年数が実力になっている組織=若い時に辛い仕事を押し付けられて、歳を取るほど年収が増える&やりたく無い仕事を若手に押し付ける構図」になっているからです。

 

パワハラ上司 心理

 

しかし、残念ながら多くの古い大企業は「バブル崩壊以後、若手採用抑圧+非正規増加で穴埋めしてきた」という負の遺産を抱えながら、現在も経営活動しています。

 

必然的に「有名大企業で知名度があるから!」という理由で入社しても「年上の先輩がメチャ年上&仕事を老害から多量に押し付けられて潰れる若手が続出」という状況になっているわけです。

 

その為「有名大企業に正社員入社したら、定年退職まで安泰&老後も年金生活で安心」という神話は、もはや日本に存在しないと思った方が良いですよ!

 

終身雇用・年功序列の崩壊リスク

 

そして「終身雇用・年功序列の崩壊リスク」も問題です。

 

※それを知る上で、過去と現在の「企業寿命」を知っておいた方が良いでしょう。

 

1965年〜2030年の企業寿命推移

企業寿命

※出典:リクルートワークス研究所

 

このグラフから分かる通り、バブル崩壊前までの世代にとっては「企業寿命=30年〜40年」です。

 

つまり「20歳前後に新卒入社して、55歳以降に定年退職が成立していた世代」では、終身雇用・年功序列が正しく機能していたわけです。

 

幸福

 

しかし一方で、バブル崩壊後以降の社会人にとっては「企業寿命=10年〜20年」です。

 

つまり「20代から働き始めて、60代でリタイアする場合」でも、平均2回〜4回は会社にいられなくなる危機が迫るということです(もしくは実際に倒産)

 

その為、どれほど大きな企業にいるとしても「早期退職」「リストラ」「市場価値を上げる為の自己投資&転職準備」など、不足の事態に備えたリスク回避策をしておいた方が良いですよ!

 

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

仕事能力より根回し・規則大事

 

仕事能力より根回し・規則大事という側面もあります。

 

実際、僕が勤めていた大企業でも「なぜこの人が課長?」といった形で、謎の昇進を果たしていた人が一定数いました。

 

しかし、裏を取ってみると「女性管理職推進の一環で、ムリやり昇進させた」「有能で尖っている人より、無能でも規則順守の人ほど高評価」という事実があったのです。

 

パワハラ トラウマ

 

その為「尖っていて扱いにくいけど有能な人」ほど変人扱いされる一方「取り立てて有能では無いが、従順で規律重視の人」ほど影響力が拡大していっているのです。

 

必然的に「尖っている有能な人は転職or起業独立していってしまう」という悪循環も発生している為、若手入社したら「先輩に憧れる人がいない…。」という絶望を味わう確率も高いのです。

 

※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

暇な部署だと仕事がなく不安

 

暇な部署だと仕事がなく不安という側面もあります。

 

古い大企業は組織母体も大きい為、配属される部署によっては、非常に暇になっているケースも時々あります。

 

もしくは「高齢者ばかりで若手育成に対応できず、新卒社内ニート状態にさせておく」など、面倒くさい事を避けているケースもあります。

 

社内ニート 開き直り

 

しかし「給料を貰いながら暇を続ける」のは非常にストレスフルな為、その環境に甘える事なく「積極的に仕事を貰いに行く」「自主学習を行う」などの対策を取るべきですよ♪

 

慣例・社内ルールが厳しい

 

慣例・社内ルールが厳しいという側面もあります。

 

具体的には「新しい挑戦がしにくい」「上場企業だと労働・管理査察が外部から入る事もある為、かなり厳密に働き方を規制される」などです。

 

仕事 ミス 生きた心地 しない

 

例えば、僕が勤めた「労働組合が強い大企業」では「20時までには原則全員帰宅奨励」となっていた為、会社に長く残って働けませんでした。

 

これは良く言えば「早く帰れる」わけですが、仕事量は変わっていない為1分1秒が戦いでしたし、時短勤務のワーママ先輩は「超てんてこ舞いで毎日忙しなく生きる」という状態でした…。

 

※ワーママ先輩は部署でも有名な「できる女性」だった為、育児子育てしながらキャリア継続を選びましたが、周りは「あれは●●にしかできない働き方だ…。」とムリゲー評価してましたから(苦笑)

 

残業 辛い

 

このように「監視環境が厳しいメリット・デメリットがある」のも、労働組合が強かったり、古い大企業に多いケースと言えるのです。

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

セキュリティ面の監視が厳しい

 

セキュリティ面の監視が厳しいという側面もあります。

 

セキュリティ面の監視が厳しい例

職場 監視カメラ ストレス

  • 部署内に「監視カメラ」が設置されており、勤務態度を逐一チェックされている
  • 社用PCは閲覧履歴を定期的にチェックされており、問題あるHPを見た場合はアラートが出る(ひどい場合は懲罰対象)

 

このように「監視体制がしっかりしている」のを安心と取るか?抑圧と取るか?は人によって様々ですが、少なくとも僕のようなタイプの人は、ストレスを感じてしまうのです…。

 

その為、現代は大企業勤めが必ずしも正義では無い為「もっとやりがいあるベンチャー・スタートアップに転職する」「多少年収が減っても、残業の少ないホワイト中小企業にシフトする」のもおすすめですよ♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

大企業は資料作りばかり【継続問題】

目次

 

諒

では次に、大企業は資料作りばかり【継続問題】についてご紹介していきます。

 

勤続年数が長い=優秀という幻想

 

勤続年数が長い=優秀という幻想に囚われてしまう問題は、非常に深刻です。

 

つまり「年齢」「勤務年数」など「一つの会社に何年いたか?」という考え方が、今でも評価基準になっているという問題です。

 

 

極端な事を言えば「転職回数が多い有能な人」より「転職回数が少ない無能な人」を高評価にしてしまうというわけですね。

 

同僚

まぁ、ぼちぼち・そこそこやっていければ…。(転職1回)

諒

僕にお任せいただければ、必ず売り上げをUPしてみせます!(転職10回)

上司

転職1回の彼を採用で。

諒

何でやねん!クソが!

 

もちろん「組織の調和を保つ」「社内のルールに従う」など、一定の忍耐力は必要です。

 

しかし「我慢できる人が優秀」「組織に長くいただけの無能な人」が、組織の成長を邪魔している面も間違いなくあります。

 

その為「経歴を伸ばすためにガマンしてでも長く勤める」より「早めに見切りをつけて、若い時から挑戦経験を増やす」ほうが良いですよ♪

 

スキルより勤務年数重視

 

スキルより勤務年数重視なのも、大企業病の典型例だと言えます。

 

幸いなことに「年功序列が蔓延した古い組織」と違い、新興ベンチャーやIT系企業では「勤務年数よりスキル重視」にシフトできている会社も多いです。

 

 

しかし「泥舟のような沈みつつある組織」にいつまでも乗っていると「40代〜50代で誇れるスキルなし」という危険な未来に陥る可能性も高いです!

 

定時 18時 遅い

 

実際、年功序列から上手くシフトできない日本企業は没落していき「50代で年収1,000万円だった方がリストラに遭い、転職先が見つからずホームレス」という例も増えています。

 

上司

私は、50歳になるまで●●株式会社で課長をやっていました…。出来ることはハンコを押すことです。

諒

ウチは電子書類なので、その能力はいらないですね。前職では高給だったかもしれませんが、そのご年齢では当社の清掃業務以外はムリですね…。

上司

ありがとうございました…。他を当たります…。

 

その為、今からでも「自分が誇れるスキルを積み上げられる適職で働く」「副業を始めて経済的基盤の独立心を育む」のがおすすめですよ♪

 

転職回数がデメリットになる

 

転職回数がデメリットになるのも、大企業病に囚われた人のおかしな認識です。

 

日本社会は「転職回数は3回程度までという暗黙のルール」みたいなものが蔓延していますが、個人的にはもう少し多くても良いのでは?と思っています。

 

 

なぜなら「住居の良し悪しは3回程度でだんだん分かってくる」「恋愛も3人程度付き合ってから、だんだんコツが掴めてくる」からです。

 

親密性

 

その為、転職回数3回でストップがかかる風潮は「やっと自分の適職が掴めてきたレベル」であり、本質まで到達できていないケースもあるからです。

 

実際、システムエンジニアなどITの世界では、以下のようなフリーランスの方々が沢山活躍しています。

 

システムエンジニアなどのITの世界

冷静沈着

  • 「どのプログラミング言語にどれだけ“実務経験”があるか?」が基準

 

このように「単一企業でどれだけ勤めたか?」ではなく「プロジェクト合計で何年プログラミング言語経験を育んだか?」で判断されるのです。

 

個人的には、今後どの職歴もこのような「得意な業務経験の合計年数で評価を一般化すべき」と思っていますが、現状の日本の大企業ではまだまだ難しいようです…。

 

 

※なお「20代であれば現状(非正規/既卒/ニート/フリーター)に関わらず第二新卒転職エージェントを利用できる」為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

第二新卒/ニート/フリーター/既卒のおすすめ

  1. 第二新卒エージェントneo未経験1万人以上&18〜28歳22,500人支援実績で一番おすすめ♪
  2. UZUZ=平均12時間サポートで手厚く支援!アドバイザーは全員第二新卒or既卒経験者♪
  3. 第二新卒転職エージェントランキング=エージェントを一括ランキング比較したい場合はこちら

新卒一括採用問題

 

新卒一括採用問題も、日本の大企業病の問題を複雑化している原因です。

 

なぜなら「新卒で入社したルートが絶対で、そこから外れたら落第者のレッテルを貼られる」からです。

 

 

これは言い換えれば「初めて付き合った恋人との結婚強制」のようなものです。

 

自立

 

しかし、一体どれくらいの人が「最初に付き合った恋人が最高で、一度も別れたり浮気せず、生涯添い遂げれる」でしょうか?

 

このように、恋愛で考えればおかしいと分かるような「価値観の歪み」が、日本経済社会では一般化したままなのです。

 

高年齢ほど転職が厳しくなる

 

新卒一括採用のまま勤め上げる一番の問題は、高年齢ほど転職が厳しくなるというリスクです。

 

普通に考えれば「営業一筋30年」「車の技術開発で20年」などのキャリアは、どんどん市場価値が高まっていて良いはずです。

 

 

しかし残念ながら、現代日本社会では「35歳以降に転職する」場合、その経験が正当評価されるキャリアUPルートはまだまだ少数派です…。(ビズリーチなどが切り開いていますが…)

 

否定 拒否 NO

 

これは「本当の意味で、まだまだ日本社会が“個人のスキルや才能を正当評価していない証”」と言えますよね?

 

その為、今後の選択肢としては「歪な評価制度の中でガマンして生き続けるか?」「若い内から、新しい働き方にシフトしていくか?」を選ぶ必要性が出てくるわけです♪

 

 

なお「転職先相談相手=転職エージェント」情報も、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

大企業は資料作りばかり【体験談】

目次

 

諒

では次に、大企業は資料作りばかり【老害体験談】についてご紹介していきます。

 

会議満載で職場放棄のジジイ幹部達

 

年功序列で思い出すのが、会議満載で職場放棄のジジイ幹部達です。

 

そこは「大手有名ビジネス雑誌・営業部隊」だったのですが、部長以上はほとんど一日中席にいませんでした。

 

 

なぜなら、ひたすら「会議!会議!会議!で、スケジュールが埋まっていた」からです。

 

減少

 

しかし、1日8時間近く会議室に籠る割に、何か意思決定したわけでもなく「景気が悪いなぁ…」「どんな商品なら売れるか分からんなぁ…」といった、成果0丸出し発言を自席でしている始末です。

 

上司

今日も会議で有益なアイデアが出なかったなぁ…。

諒

F●CK!(俺の何倍も給料貰ってる「年収1,000万超えの幹部」が、そんな非生産的な時間の使い方してたら、会社潰れるぞ!穀潰しが!)

 

結果的に「若手が頑張って稼ぐ→会議という名の穀潰しジジイ幹部を養う構図」だった為、苦痛しかなかったですね…。

 

能力がないのに課長になったババア

 

能力がないのに課長になったババアの記憶も鮮明です。

 

具体的には、準官公庁系の某大手通信企業で営業マンをしていた頃の話です。

 

 

そもそも、その会社は「早稲田・上智・慶應などの一流大学卒業生が、ほぼ終身雇用でじっくり学んで働く環境」だったので、既卒で入った僕には修羅場でした。

 

覚える必要があったジャンル

IT転職サイト おすすめ

  • 新しく生まれてきたクラウドサービス(Office365/AWS)などの知識
  • インターネット固定回線(光回線/ADSLなど)の知識
  • モバイル回線(格安SIM/料金プラン)の知識 など

 

そのように膨大な知識が必要だったのです。

 

頭痛

 

しかし、周りは「通信の知識を知っていて、しかも業務が出来て当たり前」という態度で迫ってきました。

 

と言っても僕は既卒の新人だった為、毎日深夜まで勉強しても能力が間に合っていませんでした。(会社の残業は月20時間程度だが、自宅学習の毎日)

 

 

そして、一生懸命勉強していたけれど、結局数ヶ月後に「言ってることが分からない」という顔をしてしまった時、女上司から強い非難とお叱りを受けたのです!

 

女上司

あなたにとって何が分からないか?それがもう私には分からないわ!!

諒

(怒!)

 

これを言われた時は流石に僕もイラッとして「こっちも一生懸命にやっとるんじゃ!」と思い、思わずトイレに駆け込み壁を飛び蹴りしてました。

 

キック 蹴り

 

※穴を開けてしまいましたが、そっと逃げました(翌日シールが貼ってあり直っていたので、良くあることなんだなと安心しました)

 

そもそも今振り返れば、僕にとってこの仕事は「苦手な数式・公式を用いた知識を覚える」という一番「自分に合っていない仕事環境」でした。

 

※数学は200点中0点を取るほど、僕は公式や理屈が苦手

 

 

さらに、万年目標未達という「無能女課長」の下という最悪の状況で働いていたので、ミスが多かった上メンタルも非常にやられたのです。

 

女上司

 

※ちなみにその後見かねた別の課長が僕を引っ張ってくださり、落ち着いて仕事できるようになったのは感謝しかありませんでした。

 

上司

大変やったな♪大島ちゃん♪

諒

助けていただき、ありがとうございます♪

 

そしてその後「WEBライターという物書き」に転職しましたが、こちらは一日中取り組んでいても苦痛なく仕事できる環境だったのです!♪

 

このように、働く環境によってキツさは変わると分かれば、あなたも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

 

※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

定年退職前で仕事をしないジジイ

 

同じく準官公庁系のIT企業での話ですが、定年退職前で仕事をしないジジイもいました。

 

その企業は中途入社契約社員が即辞めていく環境だったのですが、僕は踏ん張って継続していたのです(2年目の頃には、後輩は10人ほど辞めました)

 

 

その為、そんなタフさも買われたのか?組織内でも「最難関レベルの商材を扱う部署」に配属されたのです。

 

自己信頼

 

しかし、残念ながらそこは「定年退職前の人ばかりが集まる、平均年齢50歳近い墓場部署」だったのです…。

 

しかも定年退職前ジジイは、面倒なことを任されたくない為、仕事をドンドン若手に振ってきました。

 

ちなみに、会社としては「僕に“定年退職組の能力を吸収”して欲しい」という魂胆だったと思いますが、あまりの理不尽さに腹が立った為、結局部署移動した数ヶ月後に辞めました。

 

中途採用 放置 退職

 

そもそも、僕は契約社員で入社でしたが「ボーナスなし」「昇給確約なし」など、正社員組より明らかに待遇が悪かったのです。

 

つまり「年功序列で働かない正社員組の穴埋めに若手契約社員を入社させて、人件費をケチりながら働かせる」という構図だったわけですね…。

 

上司

じゃあ大島くん、後を頼むね…。

諒

はい…。(高齢正社員が働かない、高級取りなのに仕事ができない…。年功序列は負の温床やな…。F●CK!)

 

※そして辞める時に、正社員組の数人から「辞めるなんて羨ましいなぁ…。」と言われましたから、その会社で腐らなくて本当に良かったと思います♪

 

 

なお、いきなり辞める選択をしなくても「プライベートの時間を確保するコツ」を学ぶ事で、メンタルバランスを取れることがあります。

 

正直言って、いきなり辞めるのはリスクが高いですから、少しずつ「プライベート時間を増やす」事で、リラックスタイムを増やし、心を落ち着かせられますから♪

 

そして、以下のリンク先にて「定時で帰る仕事術」「会社をずる休みするコツ」を紹介している為、合わせて参考にご活用ください♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

大企業は資料作りばかり【適職診断】

目次

 

諒

では次に、大企業は資料作りばかり【適職診断】についてご紹介していきます。

 

自分のキャリア設計を明確化

 

今の場所から転職すべきか?を迷うのは「目指したい未来が不明確」だからであり、自分のキャリア設計を明確化するのがおすすめです。

 

なぜなら「自分の5年後〜10年後にどうなりたいか?が明確になれば、内定先企業がそれに沿っているか?違うか?が分かる」からです。

 

 

例えば僕は、27歳の時に事務職から営業職に職種転換しましたが、以下のような目標があった為、転職しても辛い時期を乗り越えられました♪

 

僕が事務職→営業職に転職した時

日本景気の誇りの柱

  • 一流のビジネスマンになりたい
  • 営業コンプレックスを克服したい

 

シンプルにこの二つを掲げて転職した為「現職より会社知名度が上」「新規開拓もあるバキバキの営業会社」に入りました。

 

そして、シンドい時期も沢山ありましたが、転職前に覚悟した目標があったからこそ「トータル3年ほど営業職で働いた」後に再転職し、適職と分かったWEB系制作職にシフトしました♪

 

その為、あなたも「そもそも何の為に転職するのか?」「現状より内定先企業でどうメリットが生まれるか?」を明確にするのがおすすめです。

 

転職する理由例

適職 不適職

  • 現職が残業50h以上の為、プライベート時間に自由が欲しい(もっとオフを優先できる組織がないか?探す)
  • 体育会系の社風に馴染めず、もっとアットホームな職場で働きたい(アットホームな職場と銘打つ求人を探す)
  • 今の職種に疑問を感じており、職種転換/業種転換を含めて検討している(適職診断で自分の適正を見つめ直す)

 

このように「一生勤めるという考え方」ではなく「自分が短期/中期/長期でメリットを感じる会社か?」を明確にすれば、内定企業に入社すべきか?が明確になりますよ♪

 

適職診断で自己適正見極め

 

なお「内定先企業が自分に合っているか?」という悩みをスパッと解決したいなら、適職診断で自己適正見極めが一番おすすめです。

 

なぜなら「自分の性格傾向/好みの職場/働き方」が、質問回答形式で明確になるからです♪

 

チェックリスト

 

例えば僕は、適職診断結果を参考にして、以下のような企業は「自分に合ってないと判断=内定が仮に出ても断る」ようにしています。

 

大島諒一の不適職・職場例

日本景気の誇りの柱

  • 僕に合っていない職場例=ルール・規律重視で社員自由度が低い会社
  • 僕に合っていない働き方例=スピード感がなく、根回しなどでジックリと事を進める働き方

 

実はこの不適職にドンピシャな仕事を2年ほどしていましたが、何度も新橋で電車を待っている時「線路に飛び降りたら楽になるかな…。」と思うほど辛かったです(苦笑)

 

その為「適職診断結果によって、内定先企業が不適職・不適正職場と分かった」場合は、迷わずお断りした方が良いでしょう♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

転職サイト gif

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職



僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。


なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。


事務職で働いていて不安に感じていたこと

成長

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった



正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!


そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。




具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)


ルート営業 つらい

このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。




しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!



中途採用 放置 退職

そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪

失業後に4ヶ月かけて転職



また別の機会ですが、失業後に4ヶ月かけて転職した経験もあります。


この時は「失業保険即時受給=3ヶ月間月15万円程度」を受け取っていたのですが、その余裕に甘んじてダラダラ活動してしまい、貯金が底を付いてしまったのです…。


※「契約更新がある雇用(派遣/契約社員)は、契約満了後に最速で失業後2週間程度から受給開始できる」「正社員&自己都合退職は2〜3ヶ月給付制限がつく」


仕事 ミス 大損害

結局「お盆に実家帰省した折、両親から20万円をサポートを貰う→失業4ヶ月後に転職先決定」して、何とか窮地を脱しました…。


※正直言って、イオンのフードコートで両親に泣きながら「転職活動資金がないからお金を下さい…」と悔し涙を流した記憶が、今でも鮮明に残っています…。


涙 失業

そして、このように悔しい経験をした僕から言えることは、「自分の乗っている船(会社生活)が危機に陥った時、乗り換える船(転職先/稼ぎ先)を用意しておく」のが非常に大切です!


その為「転職ライター」「転職経験10回」「三職種以上」を経験した僕が、責任を持って「万一に備えた転職対策」について補足しておきます♪

辛い時は意欲が完全に0



まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


仕事量 少ない人

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!


保険を利用する安心例

祝日休みじゃない会社

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/




【職種転換+副業に最適】アフィリエイトブログ運営

アフィリエイトブログ

強烈な影響力のあるブログ TOPアイコン



また、今の所転職する気はないけれど「自分の力でお金を稼げるようになりたい!」「副業にチャレンジしたい!」方におすすめなのが「アフィリエイトブログ」です。


「初期投資0円〜3万円以内」「月額数百円〜3,000円以下」で稼ぐ環境を獲得でき、アルバイトの稼ぎでも維持できる為「初心者におすすめな最初の副業」として、自信を持っておすすめできます!


さらに、稼げるようになれば「会社依存の抑圧感覚を減らせる→上手く軌道に乗れば、会社員から独立できる(経験者談)」というメリットもあるので、挑戦しないのは損ですよ♪


\アフィリエイトブログの副業ノウハウはこちら/




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

まとめ

 

諒

以上が大企業は資料作りばかりのリスクあり!倒産予備軍からの大脱出方法まとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/