人手不足 経営者 無能

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「人手不足は経営者が無能の証?絶望クズ会社のリアルを知りたい!」

相談女性3

「人手不足の仕事を退職する理由」が必要!転職をスムーズに成功させるコツを知りたい!

相談男性3

転職エージェントから「希望企業探し~求人応募~書類選考~面接活動~採用内定」までサポートを受けるべき?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「人手不足は経営者が無能なだけだな…」と悩んだ経験者の為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「人手不足は経営者が無能な理由&対策」を具体的に紹介します♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

人手不足は経営者が無能【問題原因】

人手不足は経営者が無能 問題原因

 

諒

ではまずはじめに、人手不足は経営者が無能【問題原因】についてご紹介していきます。

 

経営者・管理職がとにかく無能

 

経営者・管理職がとにかく無能で呆れてしまい、離職者が後を絶たないケースは多いです。

 

大企業だと、良くも悪くも「経営幹部・社長の采配で大きく変わる事はない」ですが、中小零細・ベンチャーは「経営層のミス判断が現場で如実に出る」のです(大企業の大沈没もあり得ますが…。)

 

その為「変な方針・社内ルールが蔓延している」「経営層がとにかく無能でダメ」という場合「常時人手不足の自転車操業になっている可能性大」というわけです…。

 

会社や上司がハラスメント三昧

 

経営者が無能な環境だと、会社や上司がハラスメント三昧で、それが是正されないから常時人手不足というケースもあります。

 

上場企業であれば、ある程度企業コンプライアンスを意識している為「ハラスメント対策」をしっかりしている場合も多いですが、それが無い企業は「かなりずさん」だったりします。

 

しかも「会社の企業風土自体が、ハラスメントを容認しているケース」も多い為、その場合はサッサと脱出してしまいましょう♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

薄給・人件費節約しすぎ

 

人手不足が常態化している経営者無能企業に多い問題として、薄給・人件費節約しすぎというケースもあります。

 

そもそも「社員にやる気がなければ、長期的に必ず衰退する」のが自然の摂理なのですが、経営者がそれを理解していないのです。

 

ハンチョウ

出典:ハンチョウ

 

もちろん「薄給でもやりがいがあって楽しい企業」などもあり、必ずしも「薄給の会社=人手不足」とは限りません。

 

しかし、そういう会社は「給料面以外にメリットがある魅力的な会社」の為、人手不足とは程遠いというケースも多いですよ♪

 

※「研修・教育がしっかりしていて、成長できる会社」「支え合い、無理なく働きやすい会社」など

 

労働時間が長すぎる

 

労働時間が長すぎるから、人手不足に陥っているケースもあります。

 

「見込み残業40h以上」など、実質残業代前払いで「サービス残業+土日出勤常態化している企業」は多いです。

 

 

そして「オフを大切にしたい求職者」ほど、このような「勤務時間が長そうな会社」を応募対象から外しやすい為、必然的に応募総数が減ります。

 

その上「労働時間が長い+生涯勤め上げたいと思えない企業」の場合、必然的に離職率も高くなり、常時人手不足に陥っているというわけですね…。

 

補助金頼みのゾンビ企業

 

古い中小零細企業を中心に多いのが、補助金頼みのゾンビ企業というパターンです。

 

要するに「万年赤字」「行政or金融機関からの支援頼みで経営」「黒字回復の見込みなし」で、只々死ぬまで延命している企業というわけです。

 

 

実は、日本企業は結構これに陥っているパターンが多い為「こんな働き方なのに、なんで会社は延命できてるんだ?」と疑問に思う場合、実は会社として既に死んでたりするわけですね…。

 

その為、会社で昇進・昇格を目指して行っても「行政・金融機関の方針転換でいきなり潰れるリスクもある」為、早めに逃げ出した方が良いでしょう!

 

新人・中途定着率が悪い

 

新人・中途定着率が悪いから、常時人手不足になっているケースもあります。

 

求人票では中々実態が分からず、入社後に不満を感じる一番の点は「社内の雰囲気/人間関係など、数値化・言語化しにくい部分」です。

 

そして、会社の理不尽なルールや社風などを、無能経営者が全然改善しないから、人手不足の自転車操業を続けている企業も一定数あるのです。

 

若手を食い潰すブラック企業

 

「新たに設立されたベンチャー・スタートアップ系」「会社の肩書きはでかいが、労働組合などが強く高齢正社員が働かない系」に多いのが、若手を食い潰すブラック企業のパターンです。

 

これらは「勢いがあるから求人募集は大量に出せる」「会社の肩書きは大きいから、そこに引き寄せられる若手を食い潰せる」わけです。

 

 

ちなみに僕は、この両方のパターンで働いた経験がありますが「人材は消耗品」「若手に同様の待遇は用意できないが、ひとまず頑張らせる」というクズ企業でした。

 

上司

君達も頑張れば、この有名な会社で「正社員/昇進/昇格」が目指せるかもしれないよ?(責任は取れないけど…。)

女上司

成果を出せない人は辞めてもらって結構です!代わりはいくらでも入ってきますから♪(多分…。)

諒

無責任なクズばかりじゃねーか?FU●K!

 

その為「今後もこの企業で成長していきたいと思えない」なら、自分の適正に合った職場探しを始めるのがおすすめですよ♪

 

人手不足は経営者が無能【脱出知識】

人手不足は経営者が無能 脱出知識

 

諒

では次に、人手不足は経営者が無能【脱出知識】についてご紹介していきます。

 

人手不足=ブラックの証

 

大前提として、人手不足=ブラックの証と言えます。

 

なぜなら「人が集まらない組織運営を続けている時点で、企業として魅力がない」からです。

 

 

例えば「IT業界」「介護業界」などは、業界として人手不足と言われていますが「ホワイト企業は、十分に人材確保できているケースがほとんど」です。

 

逆に言えば「人気業界なのに人手不足」「常時人手不足と言い続けている企業風土」であれば、遠からず「倒産する可能性が高い」と言えるでしょう!

 

ホワイト企業は不足しない

 

繰り返しますが、ホワイト企業は不足しないと言えます。

 

ちなみに「ホワイト企業と呼ばれる要因は様々」ですが、共通点は「社員定着度が高い組織」と言えます。

 

ホワイト企業の所以(ゆえん)

  • 「年収/賞与など経済的メリットが多い」為、今後も生活安心度が高い
  • 「産休/育休など諸々の福利厚生が素晴らしい」為、転職する気にならない&出戻りやすい
  • 「職場雰囲気が素晴らしい」為、一度入社したら退職する人が少ない
  • 「仕事の割り振りに無理がない」為、各社員が快適に仕事しやすい環境を維持している

 

このように「社内が満たされているからホワイト企業」と言えるわけであり、このような企業は「●●不足」というワードをあまり使わない傾向があります。

 

そもそも「何かが足りないと感じている会社が作った製品・サービスを売っても、顧客を感動させられるはずがない!」と個人的には思っています。

 

スラムダンク 俺たちは強い

出典:スラムダンク

 

その為「いつも自分の会社は人手不足と言い続けている…。」と思うなら、あなた自身の人生も「足りないマインドで周りの人が迫ってくる状況」の為、早めにそこから逃げるべきですよ!

 

クソ企業を支える方が社会悪

 

クソ企業を支える方が社会悪とも言えます。

 

なぜなら「人手不足のクソ企業をあなたが頑張って支える続けるほど、会社が勘違いして仕事量などを増やし続ける」からです。

 

その結果「粗悪な品質」「何らかの不足状態」のままで「商品・サービス流通する」わけですから、会社自体が悪循環に陥っているわけです。

 

 

もちろん、あなたが「幹部or組織方針を変えられる立場」「昇進を目指して改革する意欲がある」なら、今後も頑張れば良いですが、そうでなければ共倒れリスクがあります。

 

その為、どこかのタイミングで「こんな常時人手不足クズ企業なんて、辞めてやらぁ!」と区切りをつけた方が良いですよ!

 

同僚

こんな常時人手不足クズ企業なんて、辞めてやらぁ!

諒

日本には400万社以上あるんだから、もっと良い新天地は絶対あるよ♪

 

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。

具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

カイジ 覚悟出典:カイジ



このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。

しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!


そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

カイジ 無気力出典:カイジ



それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪


転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちらが一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
「短期離職で誇れるキャリアがない…」「就活失敗したから、職種転換を含めて未経験OK企業に転職したい」なら、Re就活がおすすめです。

Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験からの職種転換OK企業多数」「転職博でイベント参加できる」など「20代の就活やり直しを徹底サポート」してくれるサイト。

登録するだけなら「スカウトなどは来ても、エージェントからの連絡なし」「情報収集のみに使える」為、キャリアのやり直しを考えるなら、登録必須のサイトと言えますよ♪

Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
「適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 俺が王様だ

出典:テニスの王子様