中途入社 3ヶ月 退職理由

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「中途入社日から1ヶ月~3ヶ月・4ヶ月でも辞めて筋を通せる退職理由を、次の面接でも使いたい!」「中途入社者が仕事ができないから、いじめや放置を受けているので、今すぐでも辞めたい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も中途入社から3ヶ月以内で辞めたことがあり、退職経験を練り上げた経験があるので、あなたの今の悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「中途入社3ヶ月での退職理由」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

中途入社3ヶ月で退職したくなる理由

 

ではまずはじめに、中途入社3ヶ月で退職したくなる理由についてご紹介していきます。

 

人間関係に問題がある

 

人間関係に問題があるから、辞めると言い出したくなるケースは多いです。

 

とくに以下のようなケースは、辞めたくなる新入社員が続出します。

 

人間関係に問題があるケース

新入社員を「雑用を押し付ける駒」と勘違いしている

人格的に問題のあるチームリーダーの下に暫定的に人数合わせで入れられる

 

このように、すでに社内で嫌われている人の部下として、社内のベテランは配属を拒絶しているから、新入社員が充てがわれるケースがあるのです。

 

会社の社風が合わない

会社

 

会社の社風が合わないから、辞めると言い出したくなるケースも多いです。

 

僕もWEBライターに転職して最初に入社した会社が「典型的な体育会系の営業系会社」だったので、成果未達はクズ扱いでした。

 

結果的には半年間居続けはしましたが、女上司と何度もケンカしたり、納得いかないことには反抗表明するなど、非常に居心地の悪い会社でしたから。

 

 

そのため、そういった自分の肌に全く合わない会社に入ってしまったら、ムリをせず職場を変えるのがベターです。

 

仕事についていけない

社内ニート 転職

 

会社は問題なくても、仕事についていけないから辞めると言いたくなるケースもあります。

 

僕が勤めた準官公庁系の大手IT系企業では、合計2年間在籍していた内「同チームに入ってきた後輩が10人」辞めました。

 

最短記録では1週間でバックれた子もいましたが、とにかく仕事に求められる能力が高過ぎたので、ついていけなくなる子が続出したのです。

 

 

そのような「仕事内容が自分に見合わない」場合にも、辞めたいというケースは噴出しますよ♪

 

中途入社3ヶ月退職理由がNGの場合

残業ありきの会社

 

では次に、中途入社3ヶ月退職理由がNGの場合についてご紹介していきます。

 

スグ辞める危険な印象を与える

仕事 やらかした クビ

 

スグ辞める危険な印象を与えるので、3ヶ月の短期離職は好まれません。

 

なぜなら入社させる以上、一定以上の貢献を会社側は期待しており、求人に少なくない費用を投資しているからです。

 

例えば僕がいた会社でも「求人掲載に最低2週間20万円〜最高60万(オプションを含むと100万越えの場合アリ)」という費用がかかっていたからです。

 

 

さらに求人情報は1社だけでなく複数依頼する場合もあるので、場合によっては応募者を募集するために数百万円使っている企業もあるわけです。

 

その結果採用を決めたのに、スグ辞められてしまっては「求人掲載に使ったお金をドブに捨てたようなもの」なので、そのリスクを求人元企業は回避したいのです。

 

他に誇れるスキルや実績がない

出世 興味ない

 

他に誇れるスキルや実績がない場合も、3ヶ月の短期離職者は好まれません。

 

要するに「入社させて一から育てなければならない」ので、下手をすると新入社員より年齢を重ねている分「教育費用が余計かかる懸念」があるのです。

 

必然的に「中途であれば即戦力採用」というのが一般的な転職市場の暗黙のルールなので、誇れるスキルや経験がない場合は特殊な転職活動にならざるを得ません。

 

特殊な転職活動の例

学校卒業後3年以内なら第二新卒エージェントを使う

未経験OKなど一から成長できる企業に応募する

 

このような方法で入社しなければ、歴戦の経験者たちの中で未経験から成長していくのはかなり厳しいですよ♪!

 

前職と似た業種・職種で離職を懸念

会社

 

短期離職した前の会社と同じような場所へ再転職している場合ですが、前職と似た業種・職種で離職を懸念しているため、3ヶ月の短期離職が好まれないケースもあります。

 

なぜなら同じような業種・職種に勤める場合は、同じようなトラブルが起こる可能性があり、同様の理由で早期離職される懸念があるのです。

 

そのため「この人は同じ理由で早期離職しそう」と思われる企業に応募した場合は、採用の確率が下がると思っておいた方が良いでしょう。

 

中途入社3ヶ月退職理由がOKの場合

メリット

 

では次に、中途入社3ヶ月退職理由がOKの場合についてご紹介していきます。

 

過去に長期で勤務した経験がある

パワハラ上司 仕返し

 

過去に長期で勤務した経験があるのであれば、3ヶ月の短期離職が続いていてもそれほど問題ありません。

 

なぜなら「長く安定して勤務した実績」があるので、短期離職の懸念をそれで払拭できるからです。

 

問題なのは「経歴詐称」

残業ありきの会社

 

問題なのは「経歴詐称」ということを覚えておいた方が良いです。

 

経歴詐称の例

営業経験が1年未満なのに勤務年数を水増しして、3年以上の勤務実績アリの求人に応募

必要なスキル・能力を持っていないのに、それを持っていると報告して応募

 

要するに「あなたが伝えた情報を信じて採用したのに、採用基準に満たない」など、損害を与える経歴詐称は問題です。

 

もちろん「法律で裁かれたり、刑務所行き」ということはありませんが、詐称したことが問題となった上で経歴詐称がバレれば、退職宣告される可能性大です。

 

そのため「明らかに入社後バレるマズイ嘘や経歴詐称」は止めておいた方が、安心して働けますよ♪

 

ネガティブな情報は伏せる

出世 興味ない

 

とはいえ「すでに短期離職した後に話せる長期経験がある」上で「短期離職の情報を一々伝えていたらネガティブな印象を与える」と思うのであれば、ネガティブな情報は伏せるのもおすすめです。

 

例えば僕は「新卒で自動車ディーラー営業マンを3ヶ月で辞めたという職歴」がありますが、面接時の履歴書には記載していません。

 

なぜならその後1年間公務員試験を行なっていたので、最初から「既卒で1年公務員試験を受験していたが、落ちたので民間企業就職に切り替えた」と伝えています。

 

 

しかも僕の場合は「営業職に再挑戦してトータル約3年の通信系IT企業営業マンの経験」があります。

 

そのため、わざわざネガティブな印象を与える「最初の短期離職の話」を面接でする必要がないと判断しています。

 

※先ほどお伝えした通り、厳密には「雇用保険被保険者証・年金手帳・源泉徴収票」に「前職で雇用手続き処理済み」の場合にはバレますが、面接時には未提出なので問題ありません。

 

大切なのは貢献できる経験値

レベルアップ

 

そして短期離職をネガティブに考えて転職失敗するのではなく、大切なのは貢献できる経験値だと、フォーカスする視点を変えましょう。

 

例えば僕は先ほどお伝えした通り「新卒入社3ヶ月で自動車営業マンを辞めた」短期離職経験がありますが「大手通信系IT企業でトータル約3年の勤務実績」もあります。

 

そのため「営業に関しては一人前レベルの貢献ができる」という自負があるので、短期離職のネガティブな話はあまりしません。

 

 

そして「長期勤務ほど信頼度が増す根拠」として覚えておいて欲しいのが、「500時間・5,000時間・50,000時間の法則」という普遍の法則です。

 

500時間・5,000時間・50,000時間の法則

500時間=その道で「趣味」程度は名乗れるようになるレベル

5,000時間=その道で「1人前」と名乗れるレベル

50,000時間=その道で「一流」と名乗れるレベル

1日10時間・週5日(約20日/月)で働く場合

500時間=2.5ヶ月が必要(3ヶ月程度で、とりあえずその道の人に見えるレベル)

5,000時間=25ヶ月(約2年)が必要(入社3年目で一人前になるレベル)

50,000時間=250ヶ月(約20年)が必要(40半ば頃でベテランになるレベル)

 

このような「法則」があるので「前職で経験したスキル」が身についているか?の基準として、入社3年は説得力があります。

 

そのため「少なくとも何らかの分野で3年以上の経験がある」のであれば、他の短期離職をネガティブに考える必要はありません。

 

※ただし「短期離職経験しかない」のであれば「どこかの分野で3年以上のスキルや経験を積んで自信をつけた方が良い」という見方もあります。

 

中途入社3ヶ月で辞める時の退職理由

 

では次に、中途入社3ヶ月で辞める時の退職理由についてご紹介していきます。

 

やりたい仕事・夢があるorできた

天職

 

やりたい仕事・夢があるorできたという理由が、一番無難かつ今の会社に納得してもらえる理由です。

 

辞める正当理由

●●の仕事にチャレンジする覚悟ができた

●●の業界で働こうと思っています

 

このように「今と違う自分になる」という覚悟を持って話せば、上司や人事も「それは仕方ない…」と言わざるを得ません。

 

 

そもそも会社を辞める上で大切な覚悟は「今の会社では“自分の求める変化・成長・安定が達成できない”」と割り切ることです。

 

そうでなければ、上司や人事が「今の会社にいれば良いじゃないか?」と提案して、あなたを引き止める可能性が強いからです。

 

※1ヶ月で何が分かるんだ?と言われそうですが、入社したからこそ夢への願望が強くなったという「これ以上来たくない」という覚悟で話せばOKです

 

僕自身が引き止められた例

 

ちなみに、あなたがどのような理由で上司や人事から引き止められるかは分かりませんが、参考として僕自身が引き止められた例についてご紹介しておきます。

 

僕が引き止められた例

いずれこの会社の社長になれると思って採用したのに!辞めるなんて本当にもったいないよ!

そんな甘い気持ちでは、どの道失敗するだろうね…。

一緒にやってきた2年間を振り返っても、うちの会社でもっと昇っていけると思うよ?残ったら?

ムリだよムリ…。世の中厳しいんだから、思い通りに行くわけないよ?

 

このように「ポジティブな引き止めやネガティブな引き止め」など、色々な厳しいor暖かい引き止めをいただきました。

 

引き止める上司・同僚の視点

上司

 

ちなみにこのような時に直面したら忘れないでいて欲しいのが、引き止める上司・同僚の視点です。

 

引き止める上司・同僚の視点

上司or同僚が今まで自分がやったことがないorやった経験の少ない選択を取ろうとしている

要するに「妬み・嫉み・嫉妬・憧れ」といった負の感情で引き止めている

 

転職してやりたい仕事・業種に行こうとするのに引き止めるということは「自分は出来ないことをして羨ましい・ムカつく」という感情が根底にあるのです。

 

 

例えば僕が「準官公庁系の大手IT企業の営業マン」を辞めた時は、「羨ましいor貶される」のどちらかでした。

 

なぜならその会社の人達は、新卒から入って定年まで勤め上げる「終身雇用神話」に生きているので、僕の行動に「ムカつくor羨ましい」という感情が動いたのでしょう。

 

※まぁ、実は中途入社+契約社員だったので、どの道「僕にその会社での終身雇用は適用されていなかった」という側面もありますが…。

 

 

しかし「転職サイトのWEBライター」は「周りも新卒or1回〜複数回の転職経験を持つ上司or同僚ばかり」だったので100%応援されました

 

そのためこの例から分かるように「あなたが今いる環境で“当たり前とされている価値観”によって、上司や同僚の態度が異なる」ということも覚えておきましょう♪

 

他の転職先が見つかった

転職

 

他の転職先が見つかったという理由も、正当な退職理由になり得ます。

 

これは退職に先んじて転職活動を行っておいて、ある程度採用見込みが見えたら切り出すといったパターンです。

 

そのため「転職先が決まっていないならやりたいことがある退職」「転職先がある程度決まったなら事後報告退職」という切り分けになります。

 

生活基盤を移す・地元に帰る

実家

 

生活基盤を移す・地元に帰るという理由も、退職する上で正当な理由になります。

 

ただしあなたが「全国に支店を持つ大手企業」に勤めているのであれば「今の会社に居ながら異動願いを出せば良いのでは?」と切り返される可能性があります。

 

しかしそういった状況でなければ「退職も仕方ないな…。」という正当理由になるわけです。

 

 

ただし大切なことは「引っ越しor実家に帰って何をするか?」を伝えられるか?が一番大切です。

 

例えば正当な理由になるのは以下のようなケースです。

 

引っ越しor実家に変える場合の退職例

■実家が持ち家or自営業でいずれは継ぐ予定のため、UorJターンして生活基盤を変える退職理由

※「Uターン=故郷に戻る」「Jターン=地元に仕事は少ないので、近隣の大型都市に移って地元近隣で生活する」

■どうしても「●●に住んで人生を送りたい」という移住希望の退職理由

「沖縄に住みたい!」「奄美大島に住みたい!」など場所先行で引っ越している人も世の中にはいる

 

このような理由であれば、なんだかんだ言って辞める理由にはなります。

 

※ただし「●●に住みたい」という「移住先行の退職理由」は、相応の情熱がないと「引き止めに根負け」してしまう可能性があるので、あまりオススメはしません。

 

今の仕事を続けていけない

 

今の仕事を続けていけないという「やりたいことがあるわけでもなく、転職先が決まっているわけでもない」なら、穏便な退職は難しいでしょう。

 

ちなみに無断欠勤・無断退職を試みるのはオススメできません!

 

なぜなら僕はこの理由で「無断欠勤→社長呼び出し→土下座して謝罪→クビ」を言い渡された経験があります。

 

 

そのためこのような退職パターンは「ビックリするくらいハートへのダメージがデカい」ので、よほど「上司や同僚と殴り合ってでも辞める覚悟」がなければオススメしません。

 

退職代行

退職代行

 

そのためなるべく穏便に済ますには「退職代行利用」で、お金を使ってでも「自己防衛した状態」で辞めるのがオススメです。

 

会社を辞めた経験が少ないと「上司や同僚に否定される=自分の人格否定と感じる」ケースもありますから…。

 

 

そもそも日本には「400万近い企業」があるので、あなたが「ムリなく豊かに生きていける環境」も数多く存在するのです。

 

そのため勇気を持って一歩踏み出せば「ムリに我慢し続ける自分にサヨナラ」しても「何だかんだ生きていける=大丈夫」な世界にシフトできますよ♪

 

中途入社3ヶ月退職理由【補足】

革命

 

では次に、中途入社3ヶ月退職理由【補足】についてご紹介していきます。

 

何でも我慢しすぎない

プレッシャー

 

何でも我慢しすぎない方が良いです。

 

日本には我慢すればそのうち良くなるという謎の信仰心がありますが「我慢は体に毒」です。

 

そのため不愉快な現実に対しては、素直に反抗した方が良いです。

 

 

良い顔ばかりしていては舐められますし、突っ込まれる一方なので、時には不快感を露わにした方が良いですよ♪!

 

イヤなことはキッパリ断る練習

NO

 

イヤなことはキッパリ断る練習をするのもオススメです。

 

なぜなら「受け入れること」と「拒絶すべきこと」を分けれるようにならないと、押しつぶされてしまうからです。

 

 

ちなみに普段から人に対してイヤミを言ったり、NOを言えない場合には、それを口に出すトレーニングを始めるのが一番です。

 

そこでオススメなのが「TVを見ている時にツッコミやイヤミを入れる」という練習がオススメです。

 

■TVへのツッコミやイヤミ例

クロちゃん本当に気持ち悪いなぁ…。

こんな犯罪者、死刑にすれば良いのに…。

ギャル系芸能人ってノリばっかりでうるさいなぁ…。

 

こういったネガティブに感じた気持ちも、自然に吐き出すクセを付けていくわけですね。

 

 

そしてこれを3週間も続けると、人に対して自然とネガティブな事を言えるようになってきます。

 

諒さん諒さん

やめてください。今の言葉不愉快です

 

このようにイヤなことはイヤと言えないと、どんどんイヤな仕事や人を引き寄せますから、勇気を持って練習してみてください!

 

最悪キレてしまってもOK

 

最悪キレてしまってもOKです。

 

なぜなら何でも我慢して抱え込んでしまう人ほど、怒りを抑え込んでしまい「喜怒哀楽を抑圧してしまう」癖があるからです。

 

 

そもそも心理学の世界では「怒りは感情表明の土台」になっており、怒りを抑え込むほど他の感情も抑えてしまうのです。

 

喜怒哀楽

 

そのため「怒りポイント」を突いてくる環境なのであれば、キレて人生をシフトする時がきている可能性もあるのです。

 

 

だからこそキレた上で就業先を変えたり、転職などのステージアップを考えるのも良いでしょう。

 

キレて居心地が悪くなる程度の人間関係なら、日本には400万法人以上の会社・環境があるので、今の会社に一生を捧げる必要はありませんよ♪

 

働きやすい適職環境に行く

転職

 

働きやすい適職環境に行く方向性を見つけるのもおすすめです。

 

なぜなら「そもそも自分が快適に働ける生き方であれば、変な現実は周りから減っていく」からです。

 

 

例えば僕は「仕事=自分の苦手なことに取り組む」と思って働いていた通信営業マン時代は、「ずっと周りが変な人or敵ばかり」でした。

 

なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

 

 

しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、人間関係や就業環境も円滑になり、快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しい環境で働く」と思っているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪(転職の自己PRにも使えますよ♪)

 

まとめ

 

以上が中途入社3ヶ月での退職理由!経験者が語る穏便な離職のお作法まとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしてもお金がない時に「スグお金を作る方法」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。