仕事 行きたくない 涙

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「どうしても仕事に行きたくない…」「今の自分と同じような、涙が溢れるような辛く苦しい状況克服方法を読んで、勇気づけをもらいたい…」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も営業マンになった時や、パワハラ上司と衝突していた時は、何度もこのような状況を経験したので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「苦しい状況を今スグ変えるコツ」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

仕事に行きたくない!涙が溢れる人の特徴

 

では次に、仕事に行きたくない!涙が溢れる人の特徴についてご紹介していきます。

 

親に厳しく育てられた

厳しい親

 

僕と同じように、親に厳しく育てられたから、仕事や人生に厳しく向き合う「完璧主義」になっており、それが苦しくなって涙が止まらないケースがあります。

 

厳しく育てられた例

褒めてもらった経験が少なく「妥協と限界の基準が分からず、いつもギリギリまで自分を追い込む」

「男だから!」「長男だから!」「長女だから!」と育てられ「理不尽な責任を背負う癖が付いてる」

「上司や周りの目」がいつも気になって仕方ない

 

このような教育を親から受けてきていたり、クセが強い場合には、自分を大切する生き方・働き方が分からずにストレスを溜め込みやすいです。

 

というより僕自身に「この傾向があるorあった」から分かるのですが「頑張り続けなければ、自分は評価されないし価値がない」と思い込んでいるんですよね…。

 

 

そのため「自分を労り愛する習慣」を身につけ、「自尊心=セルフラブ」を高める必要があります。

 

諒さん諒さん

「いつもよく頑張ってるね」「僕は君のことが大好きだよ」「信頼しているよ」「愛しているよ」

 

そんな愛情を、鏡を通して自分に言ってあげたり、リラックスできる時間を作って「自分の心身を労う」わけです。

 

 

そして具体的なやり方が分からなければ、以下のリンク先にて「僕が実践した、仕事に行きたくない毎日を変えるテク」を紹介しているので、ぜひ参考にして下さいね♪

 

人を信頼できずに悩みを抱え込む

上司 先輩

 

人を信頼できずに悩みを抱え込む人も、自分を追い込みすぎて涙を流しやすいケースです。

 

このタイプは、主に「自分or身内以外は信頼できない」といった価値観が原因で、プライベート以外の人間関係に不信感が蔓延していたりします。

 

不信感で育てられた例

「世の中は厳しい」「困っても誰も助けてくれない」と躾けられた

「人を頼るのは悪いこと」「人に頼るのは迷惑をかけること」という自力主義で育てられた

「信じられるのは家族だけ」という「特定カテゴリーの人」しか信用できないと教え込まれた

 

まぁ、これもだいたい僕自身が親や社会から刷り込まれた価値観でもあるわけですけどね…。

 

 

でも逆の立場から考えてみると、あなたは「人から相談された時、いつも“イヤ”で“迷惑”だと感じた」のでしょうか?

 

もちろんキライな人や、忙しい時には「フザけんなよ、テメェ!」と思ったかもしれません。

 

しかし一方で、好きな人や自分が経験したことに関する悩み相談を受けた時には「俺に相談してくれるの?できる限り応援しよう」と思ったのではないでしょうか?

 

 

つまり「基本的に人は頼られて嬉しい」ので、自ずと「じゃあ誰に相談すれば喜んでくれるだろう?という今の自分の悩みの相談先」が見つかるでしょう。

 

かつては僕も上司や先輩に相談したり、プライベートで親交のあったアニキに沢山相談にのってもらいましたから♪

 

抱え込むのではなく、時には手放すことも大事ですよ♪

 

迷惑に関することわざ

本

 

ちなみに僕の「迷惑に関する考え方」が変わった、迷惑に関することわざについてもご紹介しておきます。

 

世間一般的には「人様には迷惑をかけるな」「世の中には迷惑をかけてはいけない」という人も多いです。

 

 

しかし究極的に迷惑をかけない生き方を実践するには「いつも100%、100人中100人が“ありがとう”と言ってくれる行動と結果だけをし続ける」必要があるのです。

 

そんなことは絶対にあり得ないし、ムリだということが分かるでしょう。

 

 

例えば僕の知り合いに「日本でも有名なNPOに勤め、日本や海外の慈善事業に貢献する仕事」をしていた人がいます。

 

しかし彼女は「どれだけ良いことをしていても“人からの寄付という善意で飯を食ってる悪い奴ら”と非難される」と言っていました。

 

つまり「“善行”という大義名分のある慈善団体でも、見方を変えれば“他の組織の売り上げになっていたかもしれない寄付金”というお金を貰う迷惑を、社会にかけている」とも言えるのです。

 

 

以上の点から分かることは「人は生きている限り、誰かに迷惑をかけている一方で、誰かに迷惑をかけられている」とも捉えられるわけです。

 

そしてこの真理を突いているのが、僕の大好きなインドのことわざです。

 

インドのことわざ

あなたは他人に迷惑をかけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい

 

このように「迷惑をかけるというネガティブな現象」は、言い換えれば「人の迷惑を受け入れる器の広さ」になるのです。

 

 

だからこそ「人に頼るチャレンジの時が来た」と思って、人に悩みを相談してみるのもアリですよ♪

 

相田みつをの言葉

つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

くるしいことだってあるさ 人間だもの

まようときだってあるさ 凡夫だもの

あやまちだってあるよ おれだもの

愚痴をこぼしたっていいがな

弱音をはいたっていいがな 人間だもの

たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの

仕事に行きたくない!涙が溢れる理由

 

では次に、仕事に行きたくない!涙が溢れる理由についてご紹介していきます。

 

人間関係に問題がある

人間関係

 

一番多い原因は、人間関係に問題があるケースですね。

 

極端なことを言えば、どれだけブラックな企業であっても快適な人間関係があれば仕事を続けられる一方で、どれだけホワイト企業でもイヤな人間関係だと居心地が非常に悪いです。

 

じっさい僕自身も、WEBライターとして転職した後に就いた課の女課長との関係が最悪で「なんでこんなに毎日キツイんだ…」とノイローゼになったので、気持ちがよく分かります…。

 

 

しかも最終的には「精神科に行ってきて下さい!」なんて人格否定みたいなことまで言われましたから(心療内科ではADHD=社会不適合障害の診療だそうか?と提案され、断りました)

 

しかし色々あって別の会社のWEBライターに転職したことで、人間関係も円滑でとても働きやすい毎日となり「あれはなんだったんだ…。」と拍子抜けしましたから(笑)

 

そのため能動的に環境を変えることで、ビックリするくらい状況が改善されることは良くあります。

 

仕事のプレッシャーがキツい

プレッシャー

 

仕事のプレッシャーがキツいというケースもありますね。

 

僕も営業職に転職した後は、周りとの営業能力の差が大きなプレッシャーとなり、朝は泣きながら出勤していたので、気持ちは痛いほど分かります…。

 

しかも「初アポが取れた訪問先で泣き出す(訪問先は優しい人だったので、頑張れと励まされました)」「飛び込み営業先でド叱られ、昼飯で入った吉野家で思わず号泣」という経験もしました…。

 

 

しかしこの時は「とにかく早く一人前の営業マンになる」と決意して転職したので、業務時間外は以下のような行動をとって、ドン底を脱出しました!

 

プレッシャーを克服した実体験

読みたいと思った一流の営業マンの本を、新刊・中古問わず手に入れて読み漁った

テレアポ・仕事のマナー・成功哲学などの知識・ノウハウ本を読みまくった

突出して優秀な人のセミナーや講習会に参加して、一挙手一投足を目に焼き付けた

信頼できる先輩や。プライベートでお付き合いのある「仕事のできる方」に相談に乗ってもらった

 

この時はとにかく「一人前になるまで転職NG」という選択肢だったので、このような行動を続けて半年ほど経ったら、それなりに仕事をこなせるようになりましたよ♪

 

ブラック企業でストレスフルな環境

ブラック企業

 

ブラック企業でストレスフルな環境が原因というケースもありますね。

 

人間関係は先ほどご紹介した通りですが、他にも「長時間労働でワークライフバランスがズタズタ」「超低賃金で生活がカツカツ」といったケースもあります。

 

じっさい僕の周りにも、そんな理不尽なブラック企業・環境から脱出した経験を持っている人もいます。

 

ブラック企業・環境から脱出した例

家族経営の会社で、社長の一存で社員の給料が決まり、自分は有能という自覚があるのに月給20万円以下な一方で、愛人兼秘書は月給60万貰ってた

転職で年収1.5倍(お菓子メーカー勤務で特許を何個も持っていたので、それを評価されて給料UP)

某大手IT企業の営業マンになったが、土日出勤が当たり前=月残業平均100時間越えで毎日フラフラ

→大企業なので、一定勤続経験を積んだ後に配置転換・異動願いを提出→承認されて埼玉の支店勤務へ

 

このように現状に甘んじることなく、転職したり異動願いを受理してもらうことによって、ドン底を脱出したケースもありますよ♪

 

大きなミスをした後

ミス 失敗

 

大きなミスをした後というケースもありますね。

 

僕も自動車営業マン時代に「“追加料金なしのホワイトor追加料金の発生するパールホワイト”」を確認せず納車して、クレームが来ないかヒヤヒヤした経験があります。

 

そんな時は「自分の判断が合っていたのか?」「トラブルになったらどうしよう…」といった不安が、自然と涙を流させるわけですね…。

 

 

しかし社会に出て10年以上修羅場を経験したからこそ分かりますが「ド叱られようと何があろうと、結局日常は続く」という、揺るがない現実と安心感があることが分かりました。

 

つまり「どんな失敗を責められても、どんなに泣く日があっても、結局最終的に“死ぬまで人生は大丈夫”」なんです♪

 

もちろんミスを上司や取引先に責められるのは辛く苦しいし、時には涙を流しますが、そんな経験があなたを成長させてくれるとも言えるのです。

 

 

そのため今は来たる「ドン底で最悪な経験」から逃げたいと思いますが、それを経験した結果「あの経験があったから成長できた」という未来があることも覚えておいて下さいね♪

 

自分の性格・適正に合わない仕事

転職

 

自分の性格・適正に合わない仕事に就いているのが原因というケースもありますね。

 

僕も「仕事=ムリして辛く苦しいことに取り組んだ対価」と思っていた頃の通信営業マン時代は、本当に毎日が「生きるのに必死」でした。

 

なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

 

 

しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、ムリなく快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しんだ対価」と思って働いているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪

 

仕事に行きたくない!朝泣く時の最終手段

最終手段

 

では次に、仕事に行きたくない!朝泣く時の最終手段についてご紹介していきます。

 

異動・配置転換依頼

異動 配置転換

 

会社の規模がある程度大きければ、異動・配置転換依頼を考えてみるのがオススメです。

 

なぜなら転職は、転職先で人間関係構築や社風に馴染む感覚を0ベースで積み上げていかなければならないので、その点では非常に大変だからです。

 

そのため「人間関係に問題があるなら他の部署へ」「今の仕事に適性がないなら他の職種へ」シフトできるか?可能性を考えてみるのです。

 

 

会社としても、せっかく採用した人材を流出するのは損失ですから、退職は避けたいはずなので、相談に乗ってくれそうな上司や先輩、人事への相談がベターですよ♪

 

ちなみに、そもそも転職・退職したいと上司や先輩に切り出せば「今の会社にいる自分が否定された感覚になり、否定される確率大」です。

 

しかし一方で「今の会社で続けられる自信がない」という相談であれば「なんとか助けてあげたい親or兄(姉)心」で接してくれる可能性大なので、安心して相談しましょう♪

 

※ただしなるべく「異動経験のある人」「自分が異動しても利害関係が無いor少ない人」に相談するのがベターですよ♪

 

休職・精神科相談して休養+将来設計

睡眠

 

1日〜2日休みをもらっただけでは改善できなさそうであれば、休職・精神科相談して休養+将来設計するのもアリです。

 

正社員であれば「数十年雇用関係を維持する責任」を会社が持っているので、最低限の給与保障or復職確約で休ませてくれるケースもあります。

 

 

じっさい車メーカーに勤めている僕の知り合いにも、このケースで復職した人がいます。

 

具体的にはメンタルがどうしても病んだ時に休職願いを出し、休んでいる間に海外を放浪して精神面を鍛え、その後復職を迎えたという荒療治でしたが…。

 

他にも精神科に相談することで「メンタル的な不調によって数週間〜数ヶ月休みをもらう」ケースもあるので、社内で事例がないか?可能性を探るのもアリです。

 

 

ただし「同じ部署に復職する場合、腫れ物扱いされて肩身の狭い思いをする」というケースもあるので、ある程度退職の覚悟も持っておいた方が良いでしょう。

 

退職代行に依頼

退職代行

 

ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

 

そもそも僕自身の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要ということです。

 

 

例えば僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

 

※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

 

しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

 

 

そのためこれ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

 

そもそも僕自身何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

 

そのため「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

 

次回の転職を有利に進めるコツ

診断

 

とは言え好き放題やってしまうと「次の転職時に自己PRがネガティブになる」可能性が高いです。

 

そのため以下のような、次回の転職を有利に進めるコツを掴んでおきましょう♪

 

退職代行利用〜その後の流れ

→次回転職時の面接・自己PRには「前の会社を辞めたネガティブな転職理由&ポジティブな転職理由」を軽く伝える

ネガティブ例→「人格否定を伴う人間関係が続いて心が病みつつあったので、先輩などに相談して手は尽くしましたが、改善できる兆しがなかったので、残念ながら退職代行を利用して退職しました」

ポジティブ例→「また、自分が生涯携わる適職を改めてしっかり吟味した上で、御社の●●の仕事がとても魅力的に感じ、応募させていただきました

その他→「今までの自分の経験の●●が、きっとお役に立てると思います」(貢献可能なスキルや経験があれば)

 

感覚としては「相手にポジティブな退職理由の方が強く印象に残る」ようにするのがベターです。

 

ジトっと「俺はスグ辞めるぜ…。」というオーラで履歴書を書いたり、面接で話してしまうと「コイツは我が社に入れたくないな…。」と思われてしまいますから。

 

そのため「なるべく後腐れなく退職して、新天地では新たな気持ちで爽やかに生きる」くらい明るく行くのがオススメです♪

 

まとめ

 

以上が仕事に行きたくないし涙が出る!HAPPYを得る最強転職・退職術のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。