仕事 行きたくない 朝 泣く2

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

仕事に行きたくないから朝泣く?心と現実を安定させるコツを知りたい!」

相談女性1

仕事に行きたくないから毎日出社前の朝泣く…、営業就職入社したけど、パワハラ上司や先輩&同僚問題で辛い精神状態や欠勤、職場の悩みや人間関係ストレスが続いてる…。

相談男性2

泣いてる状況の解決方法や心身を考える気持ち整理、人事相談転勤やうつ病休職&休業治療で休む判断、我慢の多い無理なきつい働き方のブラック企業から逃げるおすすめ対処法を知りたい!

相談女性2

辞める理由や気分が心配の情緒から安心に変わる休み時間作り方、失業保険やお金(貯金)問題の解決方法を教えて♪

相談男性3

「無料転職サイトや適職診断」「キャリアカウンセリング」「エージェントサポート」「退職代行」など、会社や業界転職する為のサービスの人気口コミ・閲覧評判や、必要な相談先や対策アドバイスを紹介してほしい。

相談女性3

疲れて病気にならない労働時間や有給の余裕が得られる職種転換経験、勤続年数や失敗せずに社会生活や働く生き方を変える行動&活動体験を解説してほしい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も営業マンになった時や、パワハラ上司と衝突していた時は、仕事に行きたくないから朝泣く状況を経験したので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「仕事に行きたくないから朝泣く時の、心と現実を安定させるコツ」を具体的に紹介しています♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

適職診断を行うメリット

目次



なお最初に補足として、適職診断を行うメリットについてご紹介していきます。



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



毎日のストレスをDOWNできる

目次 1



毎日のストレスをDOWNできるのが、適職に転職する一番のメリットです。



なぜなら「自分が好きor得意な仕事に就いて自尊心を育むことで、思い通りの現実を創造したり、選択する力」を育めるからです♪





例えば嫌いor苦手な仕事で働いている人は「冒険気質なのにガマン中心の仕事」「運動が苦手なのに肉体系労働」など「どうせ自分なんて…」という「自分を苦しませる判断基準」で働いているので苦労します。





しかも不適職で働く人ほど「仕事がサビ残だらけで時間を奪われる」「人間関係がイライラと深いさの毎日で、人や自分のことが嫌いになる」という我慢の現実を生きている可能性が高いのです!



しかし適職に転職することでメンタルが安定し、「苦痛が不適職時代よりはるかに少なく、毎日を過ごせる」「好きなことや楽しいことを楽しめる精神的・経済的余裕が生まれる」というメリットが生まれますよ♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



自尊心UP=幸福度UPできる

目次 2



自尊心UP=幸福度UPできるというメリットもあります。



なぜなら「嫌いor苦手な不適職で働く人ほど、自分を苦しませるクセが強い」一方で「好きor得意な適職で働く人ほど、自分を喜ばせるクセが強い」人間になっていけるからです!





例えば僕は数学などの理系が大嫌いなのに「数学的素養がメインのIT系技術営業」は、ストレスが強すぎて、リボ払いで借金地獄にだったことがあります。



なぜなら「自分を苦しませて、努力しながらお金を稼ぐ毎日」が、お金や人間関係も「努力と我慢の毎日」を引き寄せ続けていたからです。





しかし、適職診断により判明した「本にまつわる仕事=物書き/WEBライター」に転職してからは、自分の得意分野だったので、毎日夢中で働けた上に「プライベートも夢中が増えた」のです。



物書き/WEBライターに転職した後の変化


お金=6年近くリボ払いの借金漬けだったのが、借金0になった上に、毎月それなりに使っているつもりでも、月数万円貯金できる余裕ができた

時間1=メンタルが安定したので「行きたかったレストラン」「ちょっとした旅行」など、我慢していた事も夢中でできる精神的・経済的余裕が生まれた

時間2=定時帰りになった上、年収はIT営業時代より減ったが「副業ブログで月1〜3万円レベルまでは稼げるようになり、収入はほぼ横ばい」に回復したので、結果的にIT営業時代より幸福度が激増した♪

人間関係=自分の得意分野で仕事ができるようになったので「憧れです♪」「あなたのお陰で成果が上がりました♪ありがとうございます♪」と取引先に感謝されたり、社内で褒められる機会が増えた





このように、不適職から適職に転職したことで、不適職時代には考えられなかった幸福度UPを実現できたのです♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



我慢・努力・夢中の生き方

目次 3



そして適職・不適職で思い出すのは、「我慢・努力・夢中の生き方」です。



格言


我慢は努力に勝てず、努力は夢中に勝てない





つまり「我慢している人<努力している人<夢中になってる人が一番稼げたり幸福度が高い」ということです。



それまで「仕事は辛く苦しんだ対価」と思っていた僕にとってはカルチャーショックでしたが「お金は喜びの対価」と価値観を変えてから、お金を受け取ることへのストレスが激減しましたから♪



僕の我慢・努力・夢中時代


我慢ばかりで自己否定と抑圧の毎日=教育関係OA事務職時代の「裏方で無機質に働き続けた時代

努力ばかりでイライラと発狂の毎日=通信IT系営業マンに転職して「設計図や数値を扱う苦手分野でストレスを溜め込み続けた時代

夢中ばかりで快適で安心幸福な毎日=転職系WEBライターに転職して「人の喜怒哀楽を扱い自尊心を復興する、毎日夢中に働く時代





そして僕は今「自分の記事を通して日本人の自尊心を復興することに夢中」なわけですが、あなたが今の人生に「我慢」「努力」しているなら、引き寄せる現実を変える為に、自己投資を行うべきですね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



適職で収入選択肢が増える例

目次 4



また、適職で収入選択肢が増える例についても補足しておきます。



先ほどお伝えした通り、適職で働くと夢中になってレベルUPできるので、自尊心UPが可能となります。



その結果の一つとして「自分が好きなことor得意なことで稼ぐ現実にOKが出しやすくなる」というメンタルブロックの解除が起こったりするのです。





その結果、僕のように「本業の会社員では収入UPできなくても、副業で稼げるようになる」という選択肢が生まれたりします。



例えば某スキル売買サイトでは、以下のような「自分が社会還元できるスキル」を持っていれば、月5万円程度は稼げるチャンスを得られるのです。



給料以外で収入を得るチャンス


イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで

デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで


動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで

音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成

IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

占い系=占い自体から占い師養成まで

勉強系=資格取得アドバイスから就職・転職サポートまで





挙げればキリがありませんが、このように「趣味?と思っているようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです。(雑貨販売やネットショップ開設という手もあります)





そして実際に僕の知っている人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。



僕の知ってる副業・スキル活用者例


美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)

プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)

飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者





もちろん「絶対起業だ!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源を持てる適職」で働いていると、それだけでかなり将来の安心度が増しますよ♪



ぜひ、以下のリンク先から「あなたにとって快適&幸福度が高い、好きor得意を活かせる適職」を見つけて、幸福度をレベルUPする参考にしてくださいね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



仕事に行きたくない朝泣く【不快な原因】

目次

 

諒

では次に、仕事に行きたくない朝泣く【不快な原因】についてご紹介していきます。

 

人間関係に問題がある

目次 1

 

一番多い原因は、人間関係に問題があるケースですね。

 

極端なことを言えば、どれだけブラックな企業であっても快適な人間関係があれば仕事を続けられる一方で、どれだけホワイト企業でもイヤな人間関係だと居心地が非常に悪いです。

 

じっさい僕自身も、WEBライターとして転職した後に就いた課の女課長との関係が最悪で「なんでこんなに毎日キツイんだ…」とノイローゼになったので、気持ちがよく分かります…。

 

 

しかも最終的には「精神科に行ってきて下さい!」なんて人格否定みたいなことまで言われましたから(心療内科ではADHD=社会不適合障害の診療だそうか?と提案され、断りました)

 

しかし色々あって別の会社のWEBライターに転職したことで、人間関係も円滑でとても働きやすい毎日となり「あれはなんだったんだ…。」と拍子抜けしましたから(笑)

 

そのため能動的に環境を変えることで、ビックリするくらい状況が改善されることは良くあります。

 

仕事のプレッシャーがキツい

目次 2

 

仕事のプレッシャーがキツいというケースもありますね。

 

僕も営業職に転職した後は、周りとの営業能力の差が大きなプレッシャーとなり、朝は泣きながら出勤していたので、気持ちは痛いほど分かります…。

 

しかも「初アポが取れた訪問先で泣き出す(訪問先は優しい人だったので、頑張れと励まされました)」「飛び込み営業先でド叱られ、昼飯で入った吉野家で思わず号泣」という経験もしました…。

 

 

しかしこの時は「とにかく早く一人前の営業マンになる」と決意して転職したので、業務時間外は以下のような行動をとって、ドン底を脱出しました!

 

プレッシャーを克服した実体験

読みたいと思った一流の営業マンの本を、新刊・中古問わず手に入れて読み漁った

テレアポ・仕事のマナー・成功哲学などの知識・ノウハウ本を読みまくった

突出して優秀な人のセミナーや講習会に参加して、一挙手一投足を目に焼き付けた

信頼できる先輩や。プライベートでお付き合いのある「仕事のできる方」に相談に乗ってもらった

 

この時はとにかく「一人前になるまで転職NG」という選択肢だったので、このような行動を続けて半年ほど経ったら、それなりに仕事をこなせるようになりましたよ♪

 

ブラック企業でストレスフルな環境

目次 3

 

ブラック企業でストレスフルな環境が原因というケースもありますね。

 

人間関係は先ほどご紹介した通りですが、他にも「長時間労働でワークライフバランスがズタズタ」「超低賃金で生活がカツカツ」といったケースもあります。

 

じっさい僕の周りにも、そんな理不尽なブラック企業・環境から脱出した経験を持っている人もいます。

 

ブラック企業・環境から脱出した例

家族経営の会社で、社長の一存で社員の給料が決まり、自分は有能という自覚があるのに月給20万円以下な一方で、愛人兼秘書は月給60万貰ってた

転職で年収1.5倍(お菓子メーカー勤務で特許を何個も持っていたので、それを評価されて給料UP)

某大手IT企業の営業マンになったが、土日出勤が当たり前=月残業平均100時間越えで毎日フラフラ

→大企業なので、一定勤続経験を積んだ後に配置転換・異動願いを提出→承認されて埼玉の支店勤務へ

 

このように現状に甘んじることなく、転職したり異動願いを受理してもらうことによって、ドン底を脱出したケースもありますよ♪

 

大きなミスをした後

目次 4

 

大きなミスをした後というケースもありますね。

 

僕も自動車営業マン時代に「“追加料金なしのホワイトor追加料金の発生するパールホワイト”」を確認せず納車して、クレームが来ないかヒヤヒヤした経験があります。

 

そんな時は「自分の判断が合っていたのか?」「トラブルになったらどうしよう…」といった不安が、自然と涙を流させるわけですね…。

 

 

しかし社会に出て10年以上修羅場を経験したからこそ分かりますが「ド叱られようと何があろうと、結局日常は続く」という、揺るがない現実と安心感があることが分かりました。

 

つまり「どんな失敗を責められても、どんなに泣く日があっても、結局最終的に“死ぬまで人生は大丈夫”」なんです♪

 

もちろんミスを上司や取引先に責められるのは辛く苦しいし、時には涙を流しますが、そんな経験があなたを成長させてくれるとも言えるのです。

 

 

そのため今は来たる「ドン底で最悪な経験」から逃げたいと思いますが、それを経験した結果「あの経験があったから成長できた」という未来があることも覚えておいて下さいね♪

 

自分の性格・適正に合わない仕事

目次 5

 

自分の性格・適正に合わない仕事に就いているのが原因というケースもありますね。

 

僕も「仕事=ムリして辛く苦しいことに取り組んだ対価」と思っていた頃の通信営業マン時代は、本当に毎日が「生きるのに必死」でした。

 

なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

 

 

しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、ムリなく快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しんだ対価」と思って働いているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪

 

仕事に行きたくない!朝泣く継続リスク

目次

 

諒

では次に、仕事に行きたくない!朝泣く継続リスクについてご紹介していきます。

 

心の底から笑えなくなる

目次 1

 

心の底から笑えなくなるリスクがあります。

 

なぜなら「毎日苦痛の中で生き続けている」ので、いつの間にか「何が楽しくて笑い、何がつまらなくて笑えないか?の区別がつかなくなる」からです。

 

それが段々エスカレートしていき「自分の喜怒哀楽が失われていく」のが、大きなリスクと言えます。

 

自傷行為or周りに当たるようになる

目次 2

 

自傷行為or周りに当たるようになるというリスクもあります。

 

「我慢してストレスを溜め込む癖が強い人」は、上手くストレスを発散できずにどんどん気持ちが沈んでいきます。

 

その結果「鬱屈したストレスを何かに向けたくなる衝動に駆られる」ので、自分を攻撃するか?家族や子供などの身近な弱い人を攻撃し始めるのです。

 

 

なぜなら「表面上は我慢して忘れたつもりでも、人の記憶は生まれてから死ぬまで蓄積され続けている」からです。

 

そのため「●●の時のお客様は横柄でクレームばかり言ってきて、本当に腹が立ったけど、自分はガマンするしかなかった」という記憶とストレスはずっと残るのです。

 

そのためこれを解決するには「自分でストレスを発散する方法を確立する」「ストレスの少ない適職にシフトする」しかありません!

 

病気になったりストレスで病む

目次 3

 

病気になったりストレスで病むというリスクもあります。

 

先ほどもお伝えした通り「過去に経験したイライラやストレスは溜まり続ける」ので、心の容量が一杯になると「そのストレスが外に溢れ出す」わけです。

 

それが「うつや異常な倦怠感などの精神的疾患」「身体的疾患となって体に現れる」などの、現実表面化を引き起こすのです。

 

 

下手をすると「社会復帰すること自体に恐怖を感じてニート化する」というリスクもあるので、転職準備など早めの対策を講じておくことをおすすめします♪!

 

仕事に行きたくない朝泣く【体験談】

目次

 

諒

では次に、仕事に行きたくない朝泣く【体験談】についてご紹介していきます。

 

取引先の車にぶつけて夜がパニック

目次 1

 

新卒で入った自動車営業マン時代に、取引先の車にぶつけて夜がパニックになった経験は、今でも鮮明に覚えています。

 

まだ新人で、なおかつ相手は取引先の怖いベテラン社員だったので、その日の夜は「怖くて動悸が早まるわ、うつになりそうで凹むわ」で涙が止まらなかったのです。

 

 

しかし「銀色の擦れが付いちゃったから、絶対バレてるだろうな…」と思って翌日謝罪訪問に伺ったのですが、何事もない雰囲気だったので隠したのです。

 

その後も結局「お前、ブツけただろ?」と言われることがなかったので、最終的に隠し通しました。

 

※とは言えこの数日間は、毎日「会社や携帯に取引先から怒鳴り声が飛び込んでくる恐怖」で、夜泣く毎日を過ごしましたが…。

 

電話で何度も聞き直してド叱られた

目次 2

 

電話で何度も聞き直してド叱られた時も、夜に泣きました。

 

トラブルが発生したのは、自動車営業マン時代に取引先のベテラン営業マンから受注が入った時です。

 

その時「“追加料金なしのホワイトor追加料金の発生するパールホワイト”」があったのですが、それを確認しようとして、以下のような流れでド叱られたのです!

 

ド叱られた流れ

僕=車のお色は白で良いんですよね?本当に白で大丈夫ですか?白ですね?白なんですね?

取引先=チッ!何回も同じこと聞きやがって?あぁ?白ったら白だ!そんなことも分からんのか!?何回も言わせやがって、ウゼェな…。

 

このように何度も「同じことを聞いてしまい、本当に聞きたかった“無償or有償”のどちらか?」を聞きそびれたのです。

 

そして結局「無償のほうの白」だと勝手に決めて納車をしたのですが、納車後しばらくは「色が違うぞボケ!」といったクレーム電話が来ないかヒヤヒヤした経験があります。

 

飛び込み営業でド叱られた

目次 3

 

東京に上京した後に勤めた「某大手ビジネス系雑誌の出版社」の営業マン時代に、飛び込み営業でド叱られた苦い経験もあります。

 

当時は「大学の先生(ゼミ)向けにビジネス雑誌購買の新規開拓を行う部隊」に配属されたのですが、そこでトラブルを引き起こしました。(僕の失態じゃなかったんですけどね…)

 

トラブルになった原因は、都内でも有数の「お坊ちゃま・お嬢様大学」で図書課のアポがあったので、普段中々入れないこともあり、アポ前に「教授棟」を回って挨拶回りしたのです。

 

 

そうしたら図書課のアポ後に、担当者から「教授棟の責任者から、●●の営業マンがいれば、こちらに来て欲しいという電話があった」と言われたのです。

 

何か悪い予感がしつつ伺ったら「ガングロ+茶髪+金色の縞々ネクタイをしたヤクザっぽいおっさん」がスゴイ剣幕で怒っていました。

 

怒られた時の発言

当大学はセキュリティの高さを売りにしており、学内での新規開拓や挨拶回りは言語道断!

当大学のブランドに傷をつけるだけでなく、御社の知名度からしても、今回の行動はレベルが低くて品位が無さすぎる!

ハイエナみたいな真似をして、出入り禁止にしても良いんだぞ!

 

言葉こそ丁寧語でしたが、ヤクザみたいな出立ちのオッチャンに小一時間ひたすら罵倒され続けて、メンタルはズタズタになりました…。

 

その後は駅前の吉野家で食事している時に「俺のミスかな?俺が悪いのかな?」と思いながら、ボロボロ涙を流し続けて会社に戻り、夜もずっと泣き崩れていたのは苦い経験です…。

 

仕事水準が低くて大否定された

目次 4

 

準官公庁系の某大手通信企業で営業マンをしていた時代も、仕事水準が低くて大否定された経験があります。

 

そもそもその会社は「早稲田・上智・慶應などの一流大学卒業生が、終身雇用でじっくり学んで働く環境」だったので、既卒で入った僕には修羅場でした。

 

覚える必要があったジャンル

新しく生まれてきたクラウドサービス(Office365/AWS)などの知識

インターネット固定回線(光回線/ADSLなど)の知識

モバイル回線(格安SIM/料金プラン)の知識 など

 

そのように膨大な知識が必要だったのです。

 

 

しかし周りは「通信の知識を知っていて、しかも業務が出来て当たり前」という態度で迫ってきました。

 

とはいっても僕は既卒の新人だったので、毎日深夜まで仕事や勉強をしても能力が間に合っていませんでした。

 

そして一生懸命勉強していたけれど、結局数ヶ月後に「言ってることが分からない」という顔をしてしまった時、女上司から強い避難とお叱りを受けたのです!

 

怒られた時の発言

あなたにとって何が分からないか?それがもう私には分からないわ!!

 

これを言われた時は流石に僕もイラッとして「こっちも一生懸命にやっとるんじゃ!」と思い、思わずトイレに駆け込み壁を飛び蹴りしてました。

 

※穴を開けてしまったので、そっと逃げました(翌日シールが貼ってあり直っていたので、良くあることなんだなと不思議と安心しました)

 

 

そもそも今振り返れば、僕にとってこの仕事は「苦手な数式・公式を用いた知識を覚える」という一番「自分に合っていない仕事環境」でした。

 

※数学は200点中0点を取るほど、僕は公式や理屈が苦手

 

さらに万年目標未達という「無能女課長」の下という最悪の状況で働いていたので、ミスが多かった上にメンタルも非常にやられたのです。

 

 

※ちなみにその後見かねた別の課長が僕を引っ張ってくださり、落ち着いて仕事できるようになったのは感謝しかありませんでした。

 

このように、人によって沢山の苦い経験があるということが分かれば、あなたも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

 

\【残業・休日出勤対策】1秒でも多く自分の時間を取り戻すノウハウ関連記事はこちら!/

仕事に行きたくない朝泣く【現状確認】

目次

 

諒

では次に、仕事に行きたくない朝泣く【現状確認】についてご紹介していきます。

 

将来泣かなくなるか?

目次 1

 

将来泣かなくなるか?を考える必要があります。

 

例えば僕は新卒で入った自動車営業のルート営業を辞めたのですが、毎朝泣くストレスで過呼吸になった上に、先輩の以下のような発言で退職を決めたのです。

 

退職する気持ちになった引き金

10年上の先輩が毎日カップラーメンを食べている姿を見ていたので、質問したら「俺のお小遣いは月3000円食費込みなんだよ…」と言われ、10年後の将来像に幻滅した

 

このように「その会社での10年後の姿に恐怖を感じた」のが決め手となり、ある時所長に「辞めさせて下さい!」と宣言して、飛び出してしまったのです。

 

 

とはいえ、今振り返っても「あの時10年も経てば泣かない状況にはなっていたけれど、別の意味で心が泣いていた」と思っています。

 

そのためあなたも「ずっと現実的に泣くか?心が泣く現実が続く」と思うのであれば、もっと働きやすい環境に転職準備したほうが良いですよ♪

 

生涯続けたい仕事か?

目次 2

 

生涯続けたい仕事か?を考える必要もあります。

 

例えば一時期一緒に働いた人が、以下のような理由で大手企業を退職したと話してくれました。

 

誰もが知る大手企業を退職した人の話

誰もが知る大手飲料系メーカーのルート営業正社員になったが、土日出勤も常態化しており、直属の上司が「子供の運動会に参加しながら、PCでリモート業務をしていた」という話に絶望した

 

このように「給与・福利厚生面では良いと言われる大手企業に勤めたにも関わらず、ワークライフバランスが崩壊していた」という理由で、そのレールを外れたのです。

 

 

世の中には「社会的知名度の高い大手企業なのに、実態はストレスフルな会社」もあれば「無名だけれどホワイト企業」もあります。

 

そのため「離職率の低い会社」「同世代で働きやすい会社」など、長く腰を据えて働ける環境にシフトしたほうが、精神衛生上良いですよ♪

 

自分の強みに合っているか?

目次 3

 

自分の強みに合っているか?も考えたほうが良いでしょう。

 

なぜなら「自分にとって弱み・不得意な仕事」を続けていたら、毎日が苦しみの連続だからです。

 

 

例えば僕は「数学的素養が必要な通信IT系営業」をやっていた2年ほどは、何度も泣いたりストレスフルな仕事でした。

 

しかしその後職種転換した「文系的素養が必要な転職系WEBライター」の仕事は、ムリなく快適に働けるようのなったのです。

 

そのため「自分の苦手な分野で働いている」のであれば「自分の得意な分野に転職する」ことで、ビックリするくらい快適な毎日になりますよ♪

 

仕事に行きたくない朝泣く【現状改革】

目次

 

諒

では次に、仕事に行きたくない朝泣く【現状改革】についてご紹介していきます。

 

読書を通して自尊心を高める

目次 1

 

読書を通して自尊心を高めるのは、仕事に取り組む姿勢を変えるうえで、大変オススメです。

 

読書は「本を通して自分の悩み解決や成長を促進できる」という大きなメリットを持っています。

 

そのため気になる本を「憧れの人にオススメ本を聞く」「本屋で探してみる」事はとても価値があります。

 

 

ネガティブな気持ちになっているのは、次の成長への準備期間とも言えるので、時間のある時に本屋や中古本屋をフラついてみるのが良いですよ♪

 

瞑想音楽を聴く

目次 2

 

当面の感情を落ち着かせるために、瞑想音楽を聴く習慣を取り入れるのもオススメです。

 

大好きなアーティストを聴くのもアリですが、Youtubeに上がっているリラックス音楽を聴く、瞑想を取り入れるのもオススメです。

 

 

じっさい僕も昼の休憩時間には、瞑想CDを10分ほど聴いて心身を落ち着ける習慣を取り入れていました。

 

その結果として、仕事前や仕事中もネガティブな気持ちに囚われないようできましたから♪

 

 

このようにネガティブな気持ちに歯止めが効かないのであれば、音楽の力を借りるのもオススメです!

 

また心のデトックスとして有名なハワイの秘術「オポノポノ」を聴き続けるのもオススメなので、以下に合わせて紹介しておきますね♪

 

■「(1時間バージョン)聞くだけ浄化☆オポノポノ☆」(1時間)

お風呂に入るor温泉に行く

目次 3

 

お風呂に入るor温泉に行くのもオススメです。

 

なぜなら「お風呂が好き・毎日入る人ほど幸福度が高い」という調査結果が出ているからです。

 

■「おふろ白書2017」〜おふろと幸福度〜

お風呂白書

出典:NORITZ

 

僕は昔「時間と水道代が勿体ない」という理由で、毎日シャワーで済ませている時期がありました。

 

 

しかしお風呂が「緊張状態を緩和する・体をゆるませる・深呼吸する」というリラックス効果がひじょうに高いことを知り、入浴を習慣化しました。

 

結果的に1週間のメリハリも付くようになったり、幸福エネルギーも増えて、やる気が維持できるようになりました。

 

そのため、かつての僕のように「忙しいからシャワーで済ます生活」を続けているなら、2日に1回でもOKなので、入浴習慣を取り入れるのがベターです♪

 

ノートにネガティブな気持ちを書く

目次 4

 

ストレス発散という意味では、ノートにネガティブな気持ちを書くのも大変効果があります。

 

カラオケで叫んだり、段ボールを破るストレス解消法もありますが、紙に書くのは一番手軽にできるのでオススメです。

 

 

「あんなミスをした自分なんてもうキライだ!」とか、落ちるとこまで気持ちを落とすんです。

 

中途半端に後悔を引きずるより、「もう悩むのやめよう」と切り替えるタイミングを早めて、ミスを忘れることができるからです。

 

この方法はイライラする人がいる場合にも気持ちを吐き出せるので、習得しておくのがオススメですよ♪

 

 

そこでオススメなのが「紙に怒りや悲しみといったネガティブな気持ちを吐き出して燃やす」という、書き出しワークです。

 

■怒りや悲しみを書き出す例

もっと俺のことちゃんと考えて仕事振れよ!クソ上司!!

クソみたいに残業させやがって!いつでも辞めてやるぞブラック企業め!!

こんな俺をずっと受け入れ続けてくれるとは思えない…どうせ俺なんて愛される価値がない…

 

このような思いつく限りの「出来事に対するネガティブ感情」を紙に正直に書き出して、それを「グルグル黒く塗りつぶしながら吐き出す」ことで、キレイサッパリBYEBYEできます。

 

ストレスケア1

 

その後書き出したネガティブな感情を「火で燃やして浄化(宗教でいう供養のお焚き上げ)」することで、その気持ちがスーッと無くなると感じられます。

 

ストレスケア2

 

深く染み付いた感情は、1回で全て浄化できないので、その場合は翌日も同じトラウマを紙に書き出すのがオススメです♪

 

できれば毎日、もしくは週1回やるだけでも心のトラウマが減っていくので、イヤな上下関係や人間関係がラクになっていく可能性が上がりますよ♪(火は100円ライターで十分ですから♪)

 

趣味や恋愛など熱中先を見つける

目次 5

 

趣味や恋愛など熱中先を見つけることで、ON・OFFのバランスを取れたりします。

 

「何のために仕事しているのか?」に対する答えを持つことで、メリハリのついた生活を作れたりします。

 

ほかにも恋人を作ったり、家庭ができて仕事に熱中できるといったケースもあるので、プライベートを充実することで、感情のバランスをとれますよ♪

 

仕事に行きたくない朝泣く【社内改革】

目次

 

諒

では次に、仕事に行きたくない朝泣く【社内改革】についてご紹介していきます。

 

信頼できる人に相談

目次 1

 

上司や先輩、プライベートで頼れる人など、信頼できる人に相談するのがオススメです。

 

そして相談する相手を選ぶ基準としては「相談内容に利害関係がない人」「同じ悩みを経験したことがある人」にしておいた方が良いです。

 

 

例えば職場の人間関係(上司との関係)で悩んでいるのであれば「上司と利害関係のない別部署の先輩」「プライベートの同職種経験者」といった感じです。

 

なぜなら上司に忖度して発言せざるを得ない人では本音で話し合えないですし、自分と同じ悩みを経験していないと「的外れなアドバイス」が来るからです。

 

それに、少なくとも「自分が今経験している苦しみは、自分だけじゃない」と分かるだけでも、だいぶ心が和らぐので、思い切って相談するのがオススメですよ♪

 

異動願いを試みる

目次 2

 

理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には先ほどと同じく「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

そのためネガティブな話だけではなく、「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

僕が別の課長に救われた話

目次

 

ちなみにあなたの「覚悟」の参考になるように、僕が別の課長に救われた話についてもご紹介しておきます。

 

それは準官公庁系の某大手通信企業で営業マンをしていた新人時代の話です(新人といっても27歳頃の話なので、年齢は新人ではなかったです)

 

そもそもその会社は「早稲田・上智・慶應などの一流大学卒業生が、終身雇用でじっくり学んで働く環境」だったので、既卒で入った僕には修羅場でした。

 

覚える必要があったジャンル

新しく生まれてきたクラウドサービス(Office365/AWS)などの知識

インターネット固定回線(光回線/ADSLなど)の知識

モバイル回線(格安SIM/料金プラン)の知識 など

 

そのように膨大な知識が必要だったのです。

 

 

しかし周りは「通信の知識を知っていて、しかも業務が出来て当たり前」という態度で迫ってきました。

 

とはいっても僕は既卒の新人だったので、毎日深夜まで仕事や勉強をしても能力が間に合っていませんでした。

 

そして一生懸命勉強していたけれど、結局数ヶ月後に「言ってることが分からない」という顔をしてしまった時、女上司から強い避難とお叱りを受けたのです!

 

怒られた時の発言

あなたにとって何が分からないか?それがもう私には分からないわ!!

 

これを言われた時は流石に僕もイラッとして「こっちも一生懸命にやっとるんじゃ!」と思い、思わずトイレに駆け込み壁を飛び蹴りしてました。

 

※穴を開けてしまったので、そっと逃げました(翌日シールが貼ってあり直っていたので、良くあることなんだなと不思議と安心しました)

 

 

そもそも今振り返れば、僕にとってこの仕事は「苦手な数式・公式を用いた知識を覚える」という一番「自分に合っていない仕事環境」でした。

 

※数学は200点中0点を取るほど、僕は公式や理屈が苦手

 

さらに万年目標未達という「無能女課長」の下という最悪の状況で働いていたので、ミスが多かった上にメンタルも非常にやられたのです。

 

 

そんな僕の状況を直属のリーダーに相談した結果、別の課長が僕を引っ張ってくださることになりました。

 

そしてその後は「頼れる男の先輩の配下」に回してくれて、丁寧に仕事を教わることができ、安定して仕事できるようになりました。

 

このように「行動すれば願望が叶う」と分かれば、あなたも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

 

迷惑に関することわざ

目次 3

 

ちなみに僕の「迷惑に関する考え方」が変わった、迷惑に関することわざについてもご紹介しておきます。

 

世間一般的には「人様には迷惑をかけるな」「世の中には迷惑をかけてはいけない」という人も多いです。

 

 

しかし究極的に迷惑をかけない生き方を実践するには「いつも100%、100人中100人が“ありがとう”と言ってくれる行動と結果だけをし続ける」必要があるのです。

 

そんなことは絶対にあり得ないし、ムリだということが分かるでしょう。

 

 

例えば僕の知り合いに「日本でも有名なNPOに勤め、日本や海外の慈善事業に貢献する仕事」をしていた人がいます。

 

しかし彼女は「どれだけ良いことをしていても“人からの寄付という善意で飯を食ってる悪い奴ら”と非難される」と言っていました。

 

つまり「“善行”という大義名分のある慈善団体でも、見方を変えれば“他の組織の売り上げになっていたかもしれない寄付金”というお金を貰う迷惑を、社会にかけている」とも言えるのです。

 

 

以上の点から分かることは「人は生きている限り、誰かに迷惑をかけている一方で、誰かに迷惑をかけられている」とも捉えられるわけです。

 

そしてこの真理を突いているのが、僕の大好きなインドのことわざです。

インドのことわざ

あなたは他人に迷惑をかけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい

 

このように「迷惑をかけるというネガティブな現象」は、言い換えれば「人の迷惑を受け入れる器の広さ」になるのです。

 

 

だからこそ「人に頼るチャレンジの時が来た」と思って、人に悩みを相談してみるのもアリですよ♪

 

相田みつをの言葉

つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

くるしいことだってあるさ 人間だもの

まようときだってあるさ 凡夫だもの

あやまちだってあるよ おれだもの

愚痴をこぼしたっていいがな

弱音をはいたっていいがな 人間だもの

たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの

仕事以外重視の人生

目次 4

 

異動や転職、職種転換が必要な場合もありますが、いっそのこと仕事以外重視の人生もアリです。

 

例えば、僕の親族に「モルディブに行ったら“ここで働かない?”とヘッドハントされて、毎日美しい景色を見たくて事務職から転職した」ケースがあります。

 

このように「●●で生きていきたいから、そこで仕事を探して生活基盤を確立する」というケースはあります。

 

 

他に僕が工場のライン作業で働いていた時も「劇団がメインで仕事はサブ」「バンド趣味が生き甲斐で、仕事は最低限」という人もいました。

 

プライドさえ邪魔をしなければ「仕事よりも大事な生き方を優先する」という人も一定数いるので、正社員に固定されず風任せに生きるのも一興です。

 

在宅勤務OKな企業が増加

目次 5

 

在宅勤務OKな企業が増加しているのが、働く場所に自由度を持たせられる一番の利点です。

 

コロナウイルスの蔓延は悲観すべき事実ですが、それに伴って「必ずしも出社して働く必要はないのでは?」という価値観転換が起こったことは大きいです。

 

 

実際一日中自宅にいても働けるという成功体験を積み上げている会社や業種・職種も多いですからね♪

 

そのため、もしあなたの会社がそれに対応しているのであれば、苦痛を感じる住環境を変える選択肢を考えるのがベターです。

 

気持ちの良い生活環境や生活エリアって、かなり人生の幸福度に影響を与えますからね♪

 

若い会社ほど融通が利く

目次 6

 

厳しい言い方をすれば「社内平均年齢が高い、頭の硬い人が多い会社」よりも、在宅勤務などは若い会社ほど融通が利くと言えます。

 

とくにIT系業種の職種では在宅勤務実現率が高いので、必然的に地元に帰って働けるように異動を実現したり、転職実現しやすいと言えるのです。

 

幸い現代においては「転職数回は当たり前の世の中になりつつある」ので、転職経験を1回増やして、落ち着ける環境を手に入れるのもアリですよ♪

 

仕事に行きたくない朝泣く【社外改革】

目次

 

諒

では次に、仕事に行きたくない朝泣く【社外改革】についてご紹介していきます。

 

副業を始める

目次 1

 

副業を始めるという生き方が、個人的には一番おすすめです。

 

なぜなら「会社に何かあっても生きていける収入源」を持っていれば、給料が安かろうが倒産の危機に陥ろうが、上からのプレッシャーに対しても堂々と「NO」を言える自尊心を持てるからです(笑)

 

もちろん「就業規定には副業禁止」としている会社も多いですが、今後も副業OKの会社は増加の一途を辿るでしょう。

 

 

とはいえ僕に仕事術やビジネスを教えてくれた師匠は、副業禁止の会社にいたにも関わらず月収20万円以上稼いでしまい、会社にバレて独立した経緯がありました。

 

つまり「副業が軌道に乗ってしまえば独立したり、副業OKの会社に転職してしまえば良い」という考えで、積極的に「自分で稼ぐ能力」を高めるもアリということです♪

 

※ただし年収20万円以上(月2〜3万円)稼げるようになってくると、場合によって会社と税金精査がズレてくる可能性があるので、副業に関しては事前に勉強しておきましょう

 

適職を明確化して転職

目次 2

 

適職を明確化して転職もおすすめです。

 

例えば僕の場合「数学的素養が重要視される通信系IT企業のセールスエンジニア」として活躍していた時期がありますが、その時は毎日が地獄でした。

 

なぜなら「高校の数学テストで200点中0点をとるほど理系が苦手」なのに、その才能が必要な仕事に就いていたからです。

 

 

しかしその後紆余曲折あり、文系的才能を活かせるWEBライターに転職してから、仕事もするするとレベルアップできたのです。

 

そのため、今あなたが就いている働き方が問題だと感じるのであれば、転職サイトに登録して情報を集めたり、自己分析し直したほうが良いでしょう♪

 

人生の1/3を投資する仕事が、苦痛で不得意な分野というのは、一種の悲劇ですからね…。

 

副業しやすい適職へ転職

目次 3

 

個人的に僕が取った選択肢ですが、副業しやすい適職へ転職もアリです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

もちろん「未経験から完全独学でブログやプログラミングを始める」のもアリですが、やはり「お金を貰いながら現場で実践的に学ぶ」ほうが、成長は早いですからね♪

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

独学で勉強する

目次 4

 

副業で稼げる職種転換を一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

 

実際僕も、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

 

他にも「エステティシャンから独学で勉強してWEBデザイナーになった」という女の子もいましたし、プログラミング言語を学べばシステムエンジニアになれる道もあります。

 

 

もちろん「●●勤務経験1年以上」などの経歴が必要な中途採用求人には応募できませんが、時間がある内にスキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

 

職業訓練を受ける

目次 5

 

ヒューマンアカデミーなどの「資格取得・社会人学校」に行ったり、ハローワークなどで職業訓練を受けるのもアリです。

 

僕もヒューマンアカデミーには「WEBデザイナー」に関する資料請求と入校相談に行きましたが、数十万円払って専門スキルを学べる魅力があります。

 

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー

 

またハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

 

支援制度の区分け

「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」

「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

プログラミング言語

WEBアプリエンジニア

建築系CAD

保育士

介護福祉士

調理師

自動車整備

溶接技術

トラックドライバー

WEBデザイナー

電気設備

ネイリスト など

 

このように非常に幅広い訓練が用意されています。

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい

実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要

国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使ったことはありませんが、職種自体を変えたいのであれば、ハローワークで相談してみるのもアリでしょう。

 

職種未経験歓迎に入社する

目次 6

 

職種未経験歓迎に入社するという方法もおすすめです。

 

なぜなら「1から成長していける環境だと会社側が提示している」ので、独学して学ぶより早いからです。

 

さらに「講座受講でお金を払いながら成長する」より「入社すればお金をもらいながら成長できる」ので、真剣に学んで習得できるメリットもあります。

 

 

ちなみに僕はこのパターンを使って転職したタイプであり、リクナビNEXTでは「職種未経験歓迎」という応募検索もできますよ♪

 

まとめ

 

諒

以上が仕事に行きたくないから朝泣く!失業10回経験者が語る心と現実を安定させるコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\メルアド登録5分+職務経歴書10分で転職地獄を回避する!/

 

適職診断@おすすめ3選

向いてる仕事 適職診断
適職で生きていない時の悩み


今の仕事を一生続けていける自信がない…。

今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

もっと好きで得意な仕事で生きることは出来ないのかな?

適職に転職した人の話や体験談を読みたい♪





そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分に向いている適職の見つけ方」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/