引き寄せワーク

 

僕自身が「末端アルバイト社員→上場企業のビジネスマンから独立」まで導いてもらった年商3億円社長の教えをご紹介します。

 

「人生を変えるにはどうすれば?」「不満・不安のない人生を創りたい!」と心の中で叫んでいた僕を変え導いてくれたワークや体験談をまとめました。

 

「人生このままじゃイヤだ!」「もっと変化・成長したい」と思うのであれば、以下のリンクから読んでみてくださいね♪

 
仕事 辞める 理由 病気

 

D

どうも!大島諒一(りょうさん)です♪この記事を見て下さり、ありがとうございます♪

今回は仕事を辞める理由に病気はNG?円満に退職する方法23選のご紹介です。

 

「仕事を辞める理由に病気はNGかな?」「場合によっては、転職すべきか悩んでいる…。」

 

あなたのために、転職サイトのライターとして1,000以上の求人記事を書いた僕の視点・体験談などをまとめました。

 

仕事を辞める理由で病気はNGな理由

仕事 辞める 理由 病気 疑問

 

D

ではまずはじめに、仕事を辞める理由で病気はNGな理由についてご紹介していきます。

上司は生涯そこにいる予定の人

仕事 上司

 

まず一番押さえておくべきポイントは、上司は生涯そこにいる予定の人という事実です。

 

そのため「自分が生涯いる予定の会社」から外れようとしているあなたが「正常な判断をしていない異常者」に見えるのです。

 

結果として転職に寛容な社風でなければ、あなたへの関わり方も「会社を辞めずに続ける関わり方」をします。

 

 

そのため「会社残留が正解の上司や人事担当者VS転職が正解になったあなた」という構図になるのです。

 

結果として「病気を理由に辞める宣言」では、場合によって上司らに残留を押し切られる可能性が高いのです!

 

終身雇用世代にとって退職は異常事態

ブラック企業

 

そもそも終身雇用世代にとって退職は異常事態に映っています。

 

※転職が当たり前の世の中になって来ており、1回〜3回程度の転職経験者も増えてきてはいますが…。

 

 

例えばあなたも「高校or大学中退希望」と聞くと、「え?せっかく入った学校辞めちゃうの?」と思いませんか?

 

つまり「高卒・大卒が当たり前」のあなたに対して、後輩が「俺、大学(高校)辞めますor編入します」と伝えるようなものです。

 

終身雇用で同じ会社で60代まで働く予定の人に、途中で抜けると言っている訳ですからね♪

 

 

あなたの上司や人事担当者はこの感覚で、あなたの退職意思を確認してくるわけです。

 

そのため上役を説得できる自信に乏しければ、退職意思を伝えきれず「ずるずる働き続ける」可能性があるわけです。

 

飲み会に行っても「こんな会社辞めてやるよ!」と叫んでる人も結局辞めないのは、勇気がない負け犬なんですね…。

 

うつなど精神面は休職を勧められる

いじめ

 

病気を理由に退職意思を伝えた場合、うつなど精神面は休職を勧められる可能性も高いです。

 

繰り返しますが、「辞めるという選択肢」があり得ないと上司や人事担当者は思っています。

 

そのためうつによる退職意思では、退職以外のパターンを勧めるのが当たり前なわけです。

 

 

しかし休職中はある程度の給与保証がありますが、復職後会社に居づらいなど心理的負担が大きいのも事実です!

 

そのためきっぱり退職意思を伝える方法でないと、難易度が高いと言えるのです。

 

 

とくに「嘘のうつ」で押し切ろうとした場合には、受け手によって「根性がない」と判断し、個別面談で叱責されるケースもあり得えます。

 

このように思いつきの病気を理由に、退職意向を伝えるのは賢明ではないのです。

 

体調不良は診断書が必要な可能性が高い

確認 チェック

 

体調不良は診断書などが必要な可能性が高いので、退職までの難易度が非常に高いです。

 

なぜなら会社とは契約書に基づいた法的な部分も大きいので、辞めることに対して何らかの「証明書」を求めて来やすいからです。

 

 

しかも1日〜2日休む程度の診断書ではなく、今働いている会社での通常勤務に支障が出るというレベルの診断書でなければなりません。

 

そのため体調不良を理由とした退職もまた、難易度が高いと言わざるを得ません。

 

同業界転職だと話が伝わる可能性アリ

キャリア

 

稀にですが、同業界転職だと話が伝わる可能性アリです。

 

そのため同業界転職するのであれば、相応の理由を伝えて退職した方が良いです。

 

 

なぜなら同地域・同業界に勤めようとすると、意外に組織の誰かが繋がっていたりするからです。

 

つまり下手な退職理由はリスクが高いのです!(上司の元同僚があなたの転職先にいるなど)

 

 

例えば通信業界転職だと「au・docomo・softbank」での就業経験を活かして、他社にヘッドハントされたり転職していたりします。

 

そのため以下のようなケースが発生してしまう可能性があるのです。

 

■転職先(A)・転職元(B)が繋がっていた場合の会話

  • A=今度入って来た新人、前お前ん所に勤めてたわ
  • B=え?名前なんていうの?
  • A=●●って子だけど
  • B=あれ?そいつ●●の理由で辞めたけど
  • A=え?聞いてた転職理由と違うぞ!

 

このように「元同僚同士の飲み会」などで交流を持っている場合もあるわけです。

 

その結果、元職場と転職先に対して矛盾した退職理由を伝えていると、それがバレてしまうわけです!

 

 

そのため「中途半端な病気理由」で辞めた後に、転職先でもっと居づらい現実を作ってしまう可能性もあるのです。

 

だからこそ真実ではなくても良いので「正当性のある理由で退職すること」、なおかつ可能なら別業界への転職がベターです!

 

法律上真実を伝える義務ナシ!建前OK

政府 国会

 

しかし退職理由は絶対的なものではなく、法律上真実を伝える義務ナシ!建前OKです。

 

なぜなら本当のことを伝えているかは、本人しか知り得ない事実だからです。

 

そのため「それ本当に退職理由?」と思えるようなことで退職している人もいたりします。

 

 

例えば僕がNTTグループで営業をしていた時に、「カフェを開業するので辞めます」と言って辞めた先輩がいました。

 

しかし普段その人からカフェの話を聞かなかったですし、自由気質の強いタイプだったので、「カフェじゃないな?」と感じました。

 

とはいえ上司も「辞めるという意思」を汲んで、止めることはありませんでした。

 

 

ちなみに後ほど詳しくご紹介しますが、怪しいレベルでも突っ込まれない言い方は何通りかあります。

 

そのためそのパターンで退職意思を伝えれば、突っ込まれにくい状態で辞めることは可能です。

 

問題なのは突っ込まれた際に嘘がバレてしまう理由だと、円満退職から遠ざかってしまうので、その点に注意が必要なわけです。

 

転職前に自分の得意・好きを明確にする

DYM就職

 

なお、あなたが転職を考えているなら転職前に自分の得意・好きを明確にする必要もあるので、その点も紹介しておきます。

 

なぜならあなた自身の個性に合った仕事を選べない限り、ずっと苦しい現実が続いてしまうからです。

 

 

そのためどのような職種や業界が最適なのか?が明確になるように、僕の自己分析を参考としてご紹介します。

 

■大島諒一の好き・得意な事

  • アウトドアよりインドア派=室内業務派
  • 読書が好き=WEBライターや出版系向き
  • 芸術やデザインが好き=デザイナー向き
  • 人と情報共有が好きなので話す系向き
  • 自由が好き=IT系やベンチャー向き

■大島諒一の嫌い・苦手な事

  • 肉体労働や体を動かすのは苦手
  • ずっと人と一緒にいる仕事は嫌い
  • 公式通りが苦手=エンジニアに向かない
  • 規則が嫌い=大企業や公務員に向かない

 

以上のように僕は対人関係系とクリエイター系の両方に強みがあると分かりました。

 

そして結果的に「好きで得意」なWEBクリエイターに転職し、文字通り天職にたどり着いたのです。

 

このように自分の個性を棚卸した方が、転職をスムーズに進めることができますよ♪

 

 

そして「強み・弱みを知る」「より良い転職先を見つける」には、転職エージェントの登録がオススメです!

 

実際僕も自分を見つめ直したのは、転職を意識し出して「自分は何が好きか?」をエージェントと話し合ったからです。

 

 

そのため今すぐ転職する気は無くても、とりあえず「自分への求人情報」が手に入るようにしておくのがオススメです!

 

そうすることで、将来の選択肢をもっと広げることができますから♪

 

■第二新卒向けオススメ転職エージェント

 

■一般向けオススメ転職エージェント

 

とくにDYM就職利用には以下のメリットがあり、20代で経験の浅い方でも正社員を勝ち取れるサポート環境があります。

 

「第二新卒・派遣・契約社員・既卒・フリーター・ニート」など就職戦争に敗れた方でも、仕事の経験値をもっと積める環境を勝ち取れますよ♪

 

■DYM就職の主な特徴

  • フリーアナウンサー「宇垣美里さん」がイメージキャラクターを務め認知度UP中!
  • 面接応募先企業は2,000社以上を確保+書類選考無しで直面接可能
  • 最短1週間での入社も実現可能(面接地は全国各地にあり)

■株式会社DYM各相談場所住所

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌のほか以下もアリ

  • 東京=池袋/秋葉原
  • 関東圏=立川/横浜/千葉/大宮
  • 関西圏=京都/神戸
  • 東海圏=静岡
  • 東北圏=仙台
  • 中国圏=岡山/広島
  • 九州圏=北九州

 

■「DYM就職CM 宇垣美里さん主演」(30秒)

仕事を辞める理由で病気以外のNG

仕事 辞める 理由 病気 NO

 

D

では次に、仕事を辞める理由で病気以外のNGについてご紹介していきます。

合わないという曖昧な退職理由

メーカー

 

合わないという曖昧な退職理由は、説教部屋行きになってしまう可能性が非常に高いです。

 

もちろんそれが本心であっても、そのまま伝えたら「生涯その企業に勤めると決めている上司」が聞いたら怒り出すのは当然です。

 

 

先ほど大学(高校)の例で伝えたように、後輩が「合わないから辞めます」と言ったら、「ちょっと待て」と話し合うのでは無いでしょうか?

 

このような感覚で上司は「あなたのあいまいな退職意思」を砕きにかかってくる可能性が非常に高いのです。

 

 

そのため例えそれが本心だとしても、そのまま出してしまうのは円満退職から大きく遠ざかってしまいます!

 

しかも法律上最低2週間前には退職意思を伝えなければならないのもネックです。

 

そのためよほど優しい環境でない限り、退職が決まってもその後の2週間は地獄になる可能性が高いですよ!

 

介護など家庭の事情は親に確認される

葬儀 葬式

 

介護など家庭の事情は親に確認される可能性があるので、あまりオススメできません。

 

あなた自身で完結しやすい理由でないと、それなりのリスクがあると思っておいた方が良いです。

 

そのため親に確認されたら「介護が必要な人は今の所我が家にはいませんが」と、あなたの嘘が見抜かれかねません。

 

 

このように実家連絡の可能性もあるので、介護や家庭の事情を持ち出して辞めようとするのはリスキーです。

 

病気以外でオススメの言い方・伝え方

仕事 辞める 理由 病気 OK

 

D

では次に、病気以外でオススメの言い方・伝え方についてご紹介していきます。

転職先が決まった(面接前でもOK)

キャリア

 

まず最もオススメなのが、転職先が決まったという伝え方です。(面接前でもOK)

 

なぜなら「もう今の会社にいる意思がありません」とキッパリと伝えられるので、引き止められることが無くなるからです。

 

 

ちなみにこのパターンは転職先が確定していなくてもOKで、面接前や転職エージェント登録後レベルでも十分使えます。

 

要点はあくまで「会社での就業継続意思<転職意思」という決意を上司に伝えられればOKです。

 

なので「今は転職エージェントと相談して、第二新卒枠で話を詰めている最中です」などの切り返しができれば大丈夫です。

 

転職話を伝えた時の周りの反応

耐える

 

ちなみに転職話を伝えた時の周りの反応もお伝えしておきます。

 

そもそも終身雇用世代にとって転職という判断は異常事態です!

 

そのため「この先やっていけるのか?」「もっと悪くなるに決まってる!」とイヤミの一つや二つは言われるかもしれません。

 

 

しかしその根底には「自分は転職する自由がない」という気持ちがある、ただの負け犬の遠吠えです!

 

そのため「あぁ、この人は不自由な人生なんだな…。」くらいに思っておけば良いです。

 

そもそも人は「自分が羨ましいと思う相手」に対して、「賞賛や尊敬or皮肉・イヤミ」のどちらかに反応が分かれますから♪

 

転職話を伝えた時の体験談

自己紹介

 

また合わせて、僕の転職話を伝えた時の体験談についてもご紹介しておきます。

 

僕は地元名古屋から上京して東京で転職した時には、最初親や周りの友人から猛反対されました。

 

「東京に行くなんて辞めといた方が良い」「わざわざ生き方変える必要なんてなくない?」といった具合ですね。

 

 

しかし数年後に友人と再会した時には「俺もお前みたいに東京行ってみたかったけど、そんな勇気はなかった」と言われました。

 

つまり自分が出来ないことに対する苛立ちを僕にブツけてた訳だったんです。

 

 

そのため転職話に対して周りがイヤミを言って来たのであれば、軽く受け流せば良いと思います。

 

その上で「年収UP」「待遇UP」などを果たして「見たか!俺の転職は正解だったぞ!ザマァ」と心の中で言い返せば良いのです。

 

僕自身人より多く転職を経験してきましたが、悪くなったことは一度も無いですし、そうしないように努力して来ましたから♪

 

他の業種・職種にチャレンジしたい

副業

 

他の業種・職種にチャレンジしたいという理由も、覚悟が決まっていれば使うことができます。

 

ただしこの言い方を使う時は、ポジティブな気持ちで円満退職できる場合に限ります。

 

なぜなら「自分が所属している組織がイヤになったから、こんな会社辞めてやる!」と言われたら、誰だって腹が立つからです。

 

 

そのため例えば「現職で最前線に立つ営業をやってきたけど、独学で学んでたエンジニアにチャレンジする」といった退職理由にするわけです。

 

実際僕はこのパターンで転職した人間ですし、WEBライターからWEBデザイナーに未経験転職した後輩も同様でした。

 

このように「じゃあ頑張れ!」と上司や周りに言ってもらえるような覚悟・前提があるなら、この理由で伝えても大丈夫でしょう♪

 

引っ越しアリで地元・実家に帰る

名古屋

 

現在働いている会社が実家近くだと使えませんが、引っ越しアリで地元・実家に帰るも退職理由として使えます。

 

なぜなら退職した後に地元に帰ったかどうかまでは、会社も追ってこないからです。

 

 

もし転職後に同僚や上司に会ったとしても「色々あって地元に帰れなくて、急いで仕事先探して今働いています」と正当化すれば良いです。

 

それに1億2,000万人以上いる日本社会において、同じ人に偶然再会する確率は非常に低いです。

 

そのためあくまで心の反論材料を作っておく程度で良いでしょう。

 

一身上の都合(知り合いの会社の誘い)

転職エージェント

 

一身上の都合(知り合いの会社の誘い)で、そちらに移るという理由を使うこともできます。

 

実際僕も「教育関係の仕事を俺とやらないか?」と誘われたことがあったので、向上心があるタイプなら通用します。

 

 

ただし知り合いに誘われたというのは、嘘でもある程度業界までは考えておいた方が良いです。

 

その上可能なら、年上の先輩や親戚に誘われたと言った方が無難です。

 

 

なぜなら若手同世代起業イメージで取られると、余計なツッコミが入ってくる可能性があるからです。

 

その為具体的なイメージが出来なければ、やはり転職エージェントに相談して、転職意思を固めた伝え方の方がベターです。

 

退職時に伝えない方が良い事

耐える

 

D

では次に、退職時に伝えない方が良い事についてご紹介していきます。

会社に対する不満や批判

会社

 

会社に対する不満や批判は言わない方が賢明です。

 

なぜなら会社を退く時点であなたの影響力は0になるので、円満退職どころか批判・批評される可能性が高いからです。

 

新入社員

残業常態化のクズ会社だから、もう辞めたいと思ったんですよね

そういった事を言っても、ケンカやトラブルになるだけです。

 

 

どうしても吐き出したいなら、「ノートに殴り書きして破り捨てる」「会社の評判サイトに真実を書き込む」あたりにした方が良いです。

 

直接言っても改善する見込みはないですし、あなたに何のメリットも生み出しませんからね…。

 

今の仕事に対する不満や批判

出社

 

今の仕事に対する不満や批判も同様に、辞めておいた方が賢明です。

 

新入社員

俺今の仕事向いてなかったんすよ…。入社するんじゃなかった…。

そういった仕事への侮辱や非難ですね。

 

 

もちろん本当にあなたにとっては「向いていない仕事」かもしれませんが、他の人は人生を使って誇りを持ってやっているのです。

 

それを批判的に言ってしまっては、余計な火種を作ってしまうだけです。

 

そのためその気持ちは自分の中にしまっておくか、会社とは関係ない人間との飲み会で話すなどに留めておくのがベターです。

 

職場の人間関係問題

会話

 

職場の人間関係問題を言うのも辞めておいた方が良いでしょう。

 

会社内に所属していれば、その改善に向けて動いてくれることもあるかもしれません。

 

しかし転職を決意している時にその話を出しても、「もういなくなる奴が何言ってるんだ?」と反発されて終わりです!

 

 

そのため過去の経験談として胸にしまっておくか、会社に関係ない人との会話の中で話す程度にしておくのがベターです。

 

ただしどうしても一矢報いたいのであれば、辞め側に「俺はあなたのことを1ミリも尊敬できませんでした」位の仕返しはアリですよ♪

 

転職する場合の必須知識

NO

 

D

では次に、転職する場合の必須知識についてご紹介していきます。

失業保険給付は原則4ヶ月後

政府 国会

 

ハローワークに行ってお金を貰える失業保険給付は原則4ヶ月後になります。

 

基本的に自分で宣言して辞めた場合は「自己都合退職扱い」になるので、3ヶ月の給付制限が付くのです。

 

 

そしてハローワークでの手続き後から約4ヶ月目に、雇用保険を支払っていた直近1年間の平均月収の6割を貰えます。

 

残業代なども含む月給なので、例えば月収30万円なら「月収18万円」が3ヶ月ほど支給されるのです。(年齢などにより変動あり)

 

そのため給付制限中はバイトなどをして食い繋がないと、無給期間になるのです。

 

派遣・契約社員は即受給できる可能性アリ

転職理由

 

ただし覚えておいて欲しいのは、派遣・契約社員は即受給できる可能性アリです。

 

通常の失業と異なり、契約更新がある派遣・契約社員では失業保険受給の制限が緩和されているのです。

 

 

具体的には「1年以内に雇用保険を6ヶ月以上加入」「会社都合での退職」であれば、退職月から失業保険受給が可能です。

 

実際僕自身も「契約社員時代1回・派遣社員時代2回=合計3回」失業保険を受給しましたから。

 

※なお僕が実際に失業保険を受給した時の流れは以下の通りです。

 

■失業保険をスグ受給できた時の流れ

  • 契約更新時に「更新しない」と担当営業に伝える
  • 同じ派遣・契約会社を利用しない旨を伝えて離職票を発行してもらう
  • 離職票を受領後ハローワークにて失業保険受給手続きを行う

■失業保険受給手続きに必要なもの

  • 証明写真(3cm×2.5cmを2枚)
  • 失業保険振り込み用の通帳orキャッシュカード
  • 個人番号確認カード

 

通常「契約期間満了後1ヶ月間に、同じ派遣会社からの就業を希望していながら就業がない場合」に「会社都合退職」となります。

 

 

しかし僕が辞めた時は「派遣会社が就業場所を提供できなかった」と判断してくれたようで、「会社都合退職」として離職票を発行してくれました。

 

このように「契約満了時に同じ派遣会社にて別の派遣先紹介依頼をしない場合、会社都合退職として失業保険受給できる(可能性がある)」ということです。

 

※ただし派遣会社によって異なるので、絶対にスグ失業保険受給できるとは思わず担当に確認してください。(僕は責任を取れません)

 

離職票が中々受け取れない場合の対処法

確認 チェック

 

また合わせて、離職票が中々受け取れない場合の対処法についてもご紹介しておきます。

 

なぜなら退職手続きは「会社・ハローワーク間」にて10日以内にするよう定められていますが、離職者の基に届ける義務ではないのです。

 

そのため離職票が中々届かないことに不安を覚えるケースもあるからです。

 

そういう場合は退職翌日から12日以降であれば「失業保険の仮手続き」ができるので、ハローワークに出向いて手続きするのがオススメです。

 

「●月12日以降」であれば離職票なしで手続き可能なので、支給時期を後ろ倒ししすぎる危険はありません。

 

そして離職票は認定日までに最悪提出できれば良いので、初回手続きから1ヶ月近くまで後出し可能なのです。

 

 

そのため「失業保険の申請に来たが、まだ離職票が無いので仮手続きしたい」とハローワークで伝えれば、申請できますよ♪

 

転職活動期間は1〜3ヶ月欲しい

時間

 

また可能なら転職活動期間は1〜3ヶ月欲しいところです。

 

もちろん派遣・契約社員なら2週間程度で決まることもありますし、正社員でもスムーズならそれ位で決まります。

 

しかし熟慮して考えたいのであれば、やはり3ヶ月は転職活動できる余裕が欲しいところです。

 

転職活動用貯金も余裕が欲しい

お金

 

また時間的余裕だけではなく、転職活動用貯金も余裕が欲しい所です。

 

仮に3ヶ月無給で転職活動をするのであれば、「1ヶ月の生活費×3ヶ月」といったイメージですね。

 

とはいえアルバイトをして収入を確保するという方法もあるので、必ずしも3ヶ月分が必要というわけではありません。

 

僕自身の食い繋いだ転職体験談

自己紹介

 

ちなみに参考として、僕自身の食い繋いだ転職体験談についてもご紹介しておきます。

 

僕は東京上京と共に転職活動を行い、2ヶ月目に転職先が決まりました。

 

 

その時は以下のような収支状況だったことを今でも覚えています。

 

■東京上京時の収支上京

  • 上京時の貯金は約50万円
  • 初期費用を払い残り15万円
  • 家賃6万5,000円
  • 諸々の支出は約15万円
  • 日雇い派遣で約12万円
  • 結果毎月3万円の赤字

 

このように毎月3万円以上赤字になる中で、貯金が尽きないように転職活動してたので、とても不安だったのです。

 

 

そのためもし仕事を辞めるのであれば、余裕を持った活動方法を計画しておいたほうが良いです。

 

勢いで辞めて急いで転職した結果、あまり良くない転職先に入ってしまっては元も子もないですからね!

 

 

ちなみに今の仕事を続けるのがどうしても精神的にキツいのであれば、親にお金を借りるなどの支援を頼めないか考えるのもアリです。

 

恥ずかしながら僕も転職活動時にお金が底を尽き、親に20万円支援してもらい乗り切ったこともありましたから。

 

急いで転職して失敗した例

自己紹介

 

また合わせて参考までに、急いで転職して失敗した例についてもご紹介しておきます。

 

僕は通信系営業 (派遣)で働いた時に、お金に困っていて業務内容をしっかり確認せず、墓場みたいな職場に入ってしまったことがあります。

 

■僕が勤めた通信営業部署

  • 個人の契約は1ヶ月更新
  • 渋谷の飲食店に手当たり次第飛び込み営業
  • wi-fiルーター拡販の為に3ヶ月単位で存続が更新されている期間限定部署
  • 日銭に困っている人間が50人位寄せ集められた営業部隊
  • 方針は1日訪問件数ノルマ達成の人海戦術

 

結果的に2ヶ月で辞めたのですが、数ヶ月先あるか不明の部署で一生懸命働けという方が無理難題だと思った経験でした。

 

このようにあなたも焦って転職先や働き方を決めてしまうと、痛い目をみる可能性があるので気をつけてください!

 

仕事を辞める理由に病気やNGまとめ

 

以上が仕事を辞める理由に病気はNG?円満に退職する方法23選のご紹介でした。

 

ぜひ素敵な天職人生を見つけて楽しんで下さいね。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

★年商3億円社長★から教わった人生好転ワーク13個を一部無料公開中★

引き寄せワーク

 

最後に、僕自身が「末端アルバイト社員→上場企業のビジネスマンから独立」まで導いてもらった年商3億円社長の教えをご紹介します。

 

「人生を変えるにはどうすれば?」「不満・不安のない人生を創りたい!」と心の中で叫んでいた僕を変え導いてくれたワークや体験談をまとめました。

 

「人生このままじゃイヤだ!」「もっと変化・成長したい」と思うのであれば、以下のリンクから読んでみてくださいね♪