仕事 向いてない 半年

 

D

どうも!大島諒一(りょうちゃん)です♪この記事を見て下さり、ありがとうございます♪

今回は仕事に向いてない!半年で有利に転職する為のテク22選のご紹介です。

 

新入社員

「仕事に向いてないから半年で転職しようか考えてる」「本当に転職すべきか悩んでいる…。」

あなたのために、10社を自ら経験し、転職サイトのライターとして1,000以上の求人記事を書いた僕の視点・体験談などをまとめました。

 

仕事を半年で辞めるのはOK?

仕事 半年 辞める 疑問

 

D

ではまずはじめに、仕事を半年で辞めるのはOK?についてご紹介していきます。

明確な理由があれば罪悪感は必要なし

 

まず結論として、仕事を半年で辞める明確な理由があれば罪悪感は必要なしです。

 

なぜなら仕事は長く続けるというのが、終身雇用を生きてきた「今までの会社員生活」では当たり前の考え方なので、「石の上にも三年」と目上の人には必ず言われるからです。

 

しかしどうしても辞めたいと心がザワつくほど転職に失敗してしまったという自覚や感覚があるのであれば、そこまで周りの意見を聞いていては、あなたの適正に合った仕事に就ける時期がどんどん遅れていきます。

 

 

そのため、詳しくは後でご紹介していきますが、仕事を半年で辞めるのがOKだと転職先の面接担当者が聞いても感じるような理由があれば、辞めることに罪悪感を感じる必要はないのです。

 

どの会社も入社後半年は慣れない

 

とはいえ、どの会社も入社後半年は慣れないのが当たり前なので、新卒だろうが中途だろうがその期間は緊張したり不安になって、「ここに入社して良かったんだろうか?」と悩むものです。

 

さらに人間関係も構築できていないから、辞めたいという気持ちを膨らませてしまっている可能性もあります。

 

 

実際僕は入社2週間ですでに強面モータース屋さんの社長に対して、新卒で入った自動車営業の外回りをスタートし、2ヶ月目からはノルマを課されました。

 

僕以外の例でも、クリエイターの制作部に入社した子は、1週間該当アンケート調査で武者修行のようなことをさせられていたケースもありますし、非人道的ともいえる軍隊のような入社後研修で、心が一回死んだと言っていた先輩営業マンもいました。

 

 

このように、どの会社に入ってもある程度「マジかそれ!?」と思うような時期が用意されていたりするので、仮に転職しても似たような場面に出くわす可能性はあると心がけておきましょう。(半年〜1年は研修尽くしという超大手は除く)

 

可能なら半年~1年は経験するのがベター

 

以上の点からも、可能なら半年~1年は経験するのがベターです。

 

なぜなら転職する際に「前職で得た経験や知識」を話せるようになるのに、それくらいはかかるからです。

 

実際、紹介予定派遣も半年程度見極めるケースが多いのは、そのくらい期間を見ることで「入社した人物がどのような人か?」を見定められるからです。

 

 

さらにどんなクソったれな職場であっても学べることはあるので、それをせっかく入社できたのにスグに手放してしまうのは勿体ないという面もあります。

 

ただし、どうしても今の職場にいても状況が好転しない、引き延ばすだけ自分のストレスや将来性がダダ下がりなのであれば、自分の適性に合った職場を探すのがベターです。

 

仕事を半年で辞めるのがOKな場合

仕事 半年 辞める OK

 

D

では次に、仕事を半年で辞めるのがOKな場合についてご紹介していきます。

いじめやパワハラを受けている

 

いじめやパワハラを受けている為、どうしても今の職場に居続けられる自信がないのであれば、転職を視野に入れるのがベターです。

 

世の中には一定層「どうしても相容れない存在」というのがいるので、これ以上勤務し続けるのは気がおかしくなりそうだと感じているのなら、転職行動を始めるのが良いでしょう。

 

 

ただし何回か転職してみると分かるのですが、組織には必ず「どうしても自分とウマが合わない存在」というのが出てきます。

 

例えば昔の僕であれば「向上心のない後輩・お局的で高圧的にマウントを取りに来る女性」あたりがどうしても受け付けませんでした。

 

しかしこれは別の会社に転職しても大抵居たので、「へんに関わらずに一定の距離を取ろう」と自分の中で考え方を変えて納得した出来事もありました。

 

 

その為、もし転職先でも同じような状況に陥ったのであれば、それは立ち向かうべきあなたの心の問題があるのかもしれません。

 

実際僕の場合も、自分に正当性があると感じた意見や考えに関して、昔はどこか「周りの目を見て言わない」というクセがありましたが、それを克服してからは、向上心のない後輩に指導するようになったり、高圧的な女性に反論するようになれましたから♪

 

働き方が非人道的なブラック企業

 

働き方が非人道的なブラック企業であれば、仕事を半年で辞める相応の理由と言えるでしょう。

 

端から見ればどう考えてもブラック企業であっても、当事者たちは「これが当たり前」と受け入れていることもあるので、そこに染まってしまう前に、あなたの適性に合った会社を選びなおすというのは、非常に現実的です。

 

ただし見方を変えれば、そういったブラック企業である程度働いた経験というのは、その後「自分はあんな会社で頑張れたんだから、どこへ行っても大丈夫」という自信に変えることもできるので、あえて1年は続けてみるというのもアリです。

 

どう考えても将来のキャリアが見えない

 

どう考えても将来のキャリアが見えないのであれば、仕事を半年で辞めるというのはアリです。

 

「昇進できるポストが全然ない」「年収を上げられる余地がまるでない」「実際入社してみたら、この会社将来性が全然ないじゃないか」といったことはあるものです。

 

とくにあなたが向上心が強いのであれば、それを頭打ちにする組織とは早々におさらばすべきです。

 

 

「住めば都」ということわざもあるように、ジリジリとその環境に染まっていくと「まぁ、いいか」とせっかくの向上心にフタをしてしまう危険性もありますから。

 

若手で向上心のある存在であれば、あなたを欲しいと言ってくれる企業はごまんとありますよ♪

 

仕事を半年で辞めるべきでない場合

仕事 半年 辞める NO

 

D

では次に、仕事を半年で辞めるべきでない場合についてご紹介していきます。

上司や先輩から厳しく叱られた

 

上司や先輩から厳しく叱られたから辞めるというのは、ちょっと短絡的です。

 

いつも怒鳴り散らしていたり、人格破綻者としか思えない上司や先輩なら仕方ないですが、学生という親からお金を出してもらう側から、お金を稼ぐ側の社会人になった後で「1回も叱られたことがない」という人はほぼいません。

 

しかも叱る側になると分かりますが、叱る方もけっこう緊張感や恐怖感が走ったりするのです。

 

 

「どう受け取られるかな?」「悪いこと言っちゃったかな?」という気持ちを感じながらも、それ以上にあなたに良くなって欲しいという思いで叱っている人がほとんどなので、あなたが過ちや未熟さを戒める良い機会かもしれませんよ♪

 

成長点・改善点を受け入れようとしない

 

成長点・改善点を受け入れようとしない状態に陥っているのであれば、あなた自身がそのクセを今の会社で治せるようにした方が良いでしょう。

 

そもそも入社半年というのは、戦力になっていないわけですから、指導を受けて改善・成長していくのが当然です。

 

にも関わらず「スグに叱られる」「ここは自分の居場所じゃない」という気持ちに囚われて転職してしまっては、せっかくの成長できる機会をムダにしてしまっているわけです。

 

 

入社半年で辞めるのは、会社は人員補充すれば元どおり回るようになりますが、あなたの成長のチャンスはそこ以外ではなかなか来ないのかもしれません。

 

その為、「この状況は自分のためかも?」と感じるのであれば、先ほどお伝えしたように半年〜1年はそこで一通りの仕事を吸収して、そこからステージアップするのがオススメです。

 

半年で辞める決断前後にすべきこと

仕事 暇なとき スキルアップ

 

D

では次に、半年で辞める決断前後にすべきことについてご紹介していきます。

自己分析を行ってみる

 

まずは自己分析を行ってみるのがオススメです。

 

社会に出てから改めて自分の強みや弱み、好き嫌いを棚卸する機会というのは、自分で作らないと一生来ないので、仕事が暇な時にやってみるのが大変オススメです。

 

しかも自己分析してノートに書き出すというのは、改めて自分の適性を見つめ直すことができ、「あ、自分で自分のことをこう思ってたんだ」と再理解できます。

 

 

さらに自己分析することで、今働いている職種・職場が本当に自分に合っているか?も見つめ直すことができ、より良い転職先を見つけるきっかけにできたりするので、時間がある時にやるのがオススメです。

 

実際僕自身も仕事が暇なときに、ノートに自分の自己分析を書いて再理解していましたから♪

 

人というのは経験した出来事によって、数ヶ月〜数年経っただけでも考え方が変わったりするので、就職活動の時などに見出した自己分析とは違う結果がでる可能性も高いです。

 

自分の将来像を明確にする

 

自己分析の派生ではありますが、自分の将来像を明確にするのもオススメです。

 

「海外旅行に行ける回数を年1回、今までよりプラスしたいから、年収30万以上はアップしたい」「将来を考えて投資セミナーとかにも参加したいから、残業は少なめの会社が良い」など、理想を書き出すうちに、より良い働き方を考える機会になるからです。

 

とくに働き方や自分の理想的な生き方と、今の会社での働き方にズレがあることも分かったりするので、やってみる価値はあります。

 

今の職種のレベルアップを考える

 

今の職種のレベルアップを考えるのもオススメです。

 

年収アップに有利な資格を取得したり、より業務効率をアップするためにエクセル講座などに通うなど、あなたの職種に沿ったレベルアップ法がきっとあるはずです。

 

暇なときを何もしないで過ごすというのは勿体無いので、こういったコツコツとレベルアップを図っていくことで、着実に年収アップや働きやすさアップにつなげていくことができますよ♪

 

別の職種へのキャリアチェンジを考える

 

個人的には、今の職種に対して将来性を感じていなかったり、ワクワクを感じていないのであれば、別の職種へのキャリアチェンジを考えるのもオススメです。

 

僕自身も「事務職・営業職・WEBクリエイター職」を経験してきましたが、チャレンジした分より自分の適性に合った、楽で楽しく働ける職種に近づいたという確信があります。

 

もちろん全くの未経験で飛び込んだわけでなく、独学で勉強していたりしてはいました。

 

 

しかし転職することで、前職種であったようなストレスが無くなったりもしたので、自分が本当はやってみたいと思っている職種にチャレンジするのはアリだと思っています。

 

とくにあなたがまだ若いのであれば、第二新卒エージェントであれば、未経験でも働ける求人を出している企業がある可能性も高いですから、登録して相談してみるのもオススメです。

 

副業について考える

 

終身雇用がほぼ崩壊している現代だからこそ、暇な時間を使って副業について考えるのもオススメです。

 

そもそも副業が禁止なのは基本的に公務員だけであり、会社法で「業務に支障が出るため禁止」といった努力目標レベルの企業がほとんどです。

 

さらに近年では大手のみずほフィナンシャルグループ副業解禁を発表したなど、自分で稼ぐことがどんどん容認されていっています。

 

 

副業は有名なところではスキルを販売する「ココナラ」や写真素材を用意して収入を得る「ストックフォト」、他にもアフィリエイトや FX、ウーバーイーツやYou tuberなど稼ぎ方はどんどん多様化しています。

 

その中でもあなたの職種と関連した副業を、会社の不利益にならない形で始めたり、趣味を仕事に絡めてみたりすることで、数千円〜数万円アップを目指すことができますし、場合によっては数十万円〜数百万円入ってきて、起業にこぎつけられる可能性もありますよ♪

 

仕事を半年で辞める罪悪感を減らすテク

デメリット

 

D

では次に、仕事を半年で辞める罪悪感を減らすテクについてご紹介していきます。

過去より現在・未来に意識をシフト

 

まず一番大切なことが、過去より現在・未来に意識をシフトすることです。

 

過去は変えられないですけれど、これからの行動次第で未来はいかようにも良い方向に変えていくことが可能です。

 

 

してしまったことに悩むのであれば反省する必要がありますが、それを引きずってさらに連鎖的に失敗を増やしてしまう方がもっと大変です。

 

そのため、気持ちを前向きにスッキリさせることことが重要ですよ♪

 

先人の仕事の大失敗例を学ぶ

 

そして自分の行動を後悔せずに、前向きに生きるのにオススメなのが、先人の仕事の大失敗例を学ぶというものです。

 

例えばアメブロ、AbemaTVなどで有名なサイバーエージェントの特集を見ていて驚いたのですが、10億赤字にした新入社員もいるという話を聞きました。

 

同社には新入社員の中から優秀なプレゼンをした人は、その事業提案で社長を任せるという制度があるそうなのですが、それを事業化した結果失敗して、10億円の赤字を叩き出したというのです。

 

それでもその後その人は本社に戻って活躍しているという話だったので、組織によってはそんな失敗に対しても寛容なんだなと感心したものです。

 

 

他にも仕事で大失敗をして立ち直れないような逆境を経験した人が面白おかしく話す、「しくじり先生〜俺みたいになるな〜」を見るのもオススメです。

 

自分よりはるかに地獄を見てきた人たちの話を聞いて、「自分の大失敗よりキツい経験を乗り越えてきた人もいっぱいあるんだな」と、気分を楽にすることができますよ♪

 

■「しくじり先生〜俺みたいになるな〜」(10分16秒)

美味しいものを食べたりリフレッシュ

 

気持ちを切り替えるためには、美味しいものを食べたりリフレッシュするのもオススメです。

 

自分なりのリフレッシュ法を持っておいた方が、後々メンタルバランスを整えられるようになります。

 

 

人によってはタバコを吸う、お酒を飲むというものもありますし、それ以外にも僕のように近場のスーパー銭湯にいく、彼女がいない時は月1〜2回風俗に行くという方法もアリです。

 

他にも普段は行かないようなちょっと高めの美味しいものを食べにいくというのも、気持ちをリフレッシュできるのでオススメですよ♪

 

ノートにネガティブな気持ちを殴り書き

 

自分の行動に後悔してしまうなら、ノートにネガティブな気持ちを殴り書きするのも大変効果があります。

 

気持ちを吐き出すというのは、カラオケで叫んだり、段ボールをビリビリに破るというストレス解消法もありますが、紙に書くというのは一番手軽にできるのでオススメです。

 

 

「あんな大失敗をした自分なんてもうキライだ!」「生きてる価値なんてあるのかな?自分なんて死ね!」とか、落ちるとこまで気持ちを落とすんです。

 

中途半端に不安や後悔を引きずるより気持ちを落とした方が、「もう悩むのやめよう」と切り替えるタイミングを早めることができるからです。

 

この方法は自分を責め切るのにも使えますが、イライラする人がいたり、現れた場合にも気持ちを吐き出すことができるので、習得しておくのがオススメですよ♪

 

仕事が向いてない=半年で辞めるテク

仕事 半年 辞める 考え方 テク

 

D

では次に、仕事が向いてない=半年で辞めるテクについてご紹介していきます。

ポジティブな転職理由を明確にする

 

まず何よりも勢いで辞めてしまう前に、ポジティブな転職理由を明確にする必要があります。

 

「前の会社がクソだったので、転職を希望して面接にきました」という転職希望者が来たら、採用面接官はきっと採用しないでしょう。

 

 

そのため、たとえ辞める理由がネガティブなものであったとしても、そこは次の職場では引きずらずに、次の会社でどんな理由で希望を感じて転職したかを伝えられるようにするのです。

 

離職半年では強く前職の話をする必要もないので、「自分の未熟さを感じて、改めて転職エージェントの方としっかり適性を見出した上で御社の面接に伺わせていただきました」くらいしっかり考えてきたという印象を与えるだけでも、だいぶ違いますよ♪

 

転職前に自分の得意・好きを明確にする

仕事 半年 辞める 自己紹介

 

とはいえ、転職するにあたっては、転職前に自分の得意・好きを明確にする必要もあります。

 

なぜなら人によっては天職と感じる仕事でも、別の人にとっては苦痛と感じることもあるわけなので、要するにあなた自身の個性に合った仕事を選べない限り、ずっとそれが続いてしまうからです。

 

そのため、あなたにとってどのような職種や業界が最適なのか?をイメージしやすいように、僕の自己分析を参考にご紹介します。

 

■大島諒一の好き・得意な事

  • アウトドアよりインドア派なので室内業務に向く
  • 読書が好きで一日中読んでいても飽きないのでWEBライターや出版系向き
  • 芸術やデザインを学んだり勉強したり見るのが好きなのでデザイナー向き
  • 人と話したり情報共有するのが好きなので営業向き
  • 自由が好きで開放的な社風や環境が好きなのでIT系やベンチャー向き

■大島諒一の嫌い・苦手な事

  • 肉体労働や体を動かすのは苦手
  • ずっと人と一緒にいることや体育会系のノリは嫌い
  • 教科書通りや数学や科学などの公式を用いる系は苦手なのでエンジニアに向かない
  • 規律や規則に沿うのが嫌いなので大企業や公務員に向かない

 

以上のように、僕は人と話すのが好きな一方で、1日PCの前に座っていても苦痛ではないので、営業のような対人関係系と、制作などのクリエイター系の両方に強みがあるという両面があると分かりました。

 

しかし結果的に、ある程度はできる営業ではなく、好きで得意という面を持つWEBクリエイターに転職し、文字通り天職にたどり着いたなという確信を今では持っています。

 

このように、自分がどういった個性を持っているかを棚卸した方が、その後転職をスムーズに進めることができますよ♪

 

退職は最低2週間前に伝える必要アリ

 

退職は最低2週間前に伝える必要アリということも、覚えておかなければなりません。

 

もちろん退職の意思を伝えて出社拒否というのもできなくはないですが、色々とややこしいことになるので、できる限り出社をした方が良いです。

 

退職が決まると面白いもので、社内でも「この人はもう関係ない人」という距離感で関わってくれるので、精神的負担を意外に感じなかったりします。

 

 

もちろん単純作業などは指示される可能性が高いですが、カンタンな仕事や引き継ぎをやりながら給料が発生していると思えば、意外と切り抜けられるものですよ♪

 

ある程度転職活動を始めておく

 

退職の意思を示してから2週間は出勤する必要があるので、ある程度転職活動を始めておくのがベターです。

 

アルバイトや派遣社員でも最低2週間、正社員なら最低半年は余裕を持たないと転職は難しいので、早め早めに動いた方が良いからです。

 

もちろんなかには即日内定もありますが、よほど行きたい職種や業界でない限りは、ステップダウンになってしまう可能性も高いので、貯金と相談しながら慎重に動いた方が良いです。(即日内定は離職率が高い可能性もアリ)

 

 

なお、給与未払いや精神疾患を証明できるレベルなどの正当な理由がない限り、自己都合退職扱いになって失業保険をスグに受け取ることはできないので、お金の余裕は確保しておきましょう。

※失業保険は過去2年以内に1年以上の給与受領実績が必要な上、3ヶ月の待機期間が発生

 

転職エージェントに相談する

 

もっとも最善の策は、転職エージェントに相談する方法です。

 

とくに第二新卒専門のエージェントであれば、早期離職というデメリット以上に、若手を欲しいと思っている企業の求人が集まっている上、プロのエージェントの添削も受けることができるので、面接対策もバッチリだからです。

 

そのため、どうしても仕事を半年で辞めるという事態に陥ったことを逆にポジティブに捉えて、プロのサポートをもらって、より良い職場探しをするのがオススメです。

 

仕事に向いてないから半年で転職まとめ

 

以上が仕事に向いてない!半年で有利に転職する為のテク22選のご紹介でした。

 

ぜひ素敵な天職人生を見つけて楽しんで下さいね。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪